Daisukのよ〜わからへん! このページをアンテナに追加 RSSフィード


感想がメインのため基本的にネタバレが含まれます。はじめて来た方はコチラをどうぞ

一覧表示[アニメ] [備忘録] [1話] [全話] [OPデモED] [今季視聴作品] [パッケージ] [漫画] [ゲーム] [雑記]
最新表示[アニメ] [備忘録] [1話] [全話] [OPデモED] [今季視聴作品] [パッケージ] [漫画] [ゲーム] [雑記]
OP・ED・劇中音響[2006] [2007] [2008] [2009] [2010] [2011] [2012] [2013] [2014] [2015]
アニメまとめ[2009番外編] [ゼロ年代] [2010] [2010番外編] [2011] [2011番外編] [2012] [2012番外編] [2013] [2014] [2015] [2016]

2017-01-18

Fate/Grand Orderは良いゲーム

ガチャは悪い文明だけどね!!

開口一番ゲーム紹介漫画ネタと、一体誰に対しての記事なのか。

という小ネタはさて置き、第1部が昨年末に終了し、その盛り上がりによってますますユーザーを増やしつつある『Fate/Grand Order』。

終盤は奈須きのこ中心のシナリオとなり、TYPE-MOONのADV演出によって『Fate/stay night』・『Fate/hollow ataraxia』といった、ビジュアルノベル時代のFateさながらの演出が楽しめる作品になった。

しかし、実はゲームとして非常によく出来ているのだが、その点はあまり話題になっていない。

インターフェース

f:id:Daisuk:20170117201223p:image

パーティー編成でキャラクターだけでなく概念礼装(キャラクター用の装備)とマスター装備も設定できる。

f:id:Daisuk:20170117201222p:image

そのため別のパーティーで同じキャラクターに別の装備をつけることができる。これはコンシュマーゲームでも珍しい。

おかげでフリック1つで最適なパーティーを使用できる。

f:id:Daisuk:20170117233451p:image

パーティー編成や戦闘中に確認できる相性早見も便利。他にも敵味方のバフ・デバフ状況や、スキル再使用までのターン数など、マスクデータ以外はわかりやすく表示してくれる。

コレクション

再臨(育成して進化)すると見た目が変わるというのは色々なゲームが採用しているが、変化前のほうが好みだったと育成を後悔することはよくある。

f:id:Daisuk:20170117201224p:image

しかし、このゲームでは強さはそのまま、好みで見た目を変化させることができるのだ。しかもアイコンと戦闘グラフィックと立ち絵の全てを個別に設定できるという徹底ぶり。

f:id:Daisuk:20170118020653p:image

そうして自分好みにしたキャラクター達を、他のプレイヤーにフレンド(助っ人キャラ)として見せつけることができる。

エルメロイII世は眼鏡スーツが人気だが、私は不良魔術師を推す。

バランス調整

育成のためにはアイテム集めが必要で、戦闘には時間回復するAPを消費する。

主人公の最大レベルならAPの回復までに11時間程かかるので、睡眠中や仕事中に全回復してしまうことは殆ど無い。

f:id:Daisuk:20170118132637p:image

そうして最大効率でサービス開始から1年半近く毎日プレイしてきたが、攻略・趣味のためのキャラクター育成はほとんど済んだものの、スキル上げ等やれることは多い。

育成が済んだといっても戦闘で退屈するということはなく、ボスに初見で負けることも多い。

もちろんそこまで育成せずとも、負けた際に聖晶石(課金アイテム)を使ってリトライすれば絶対に勝てる。

聖晶石は大量に配られるため、カエルを自画像に使用されている某漫画家は1か月程度で課金することなくクリアできたとの事。

f:id:Daisuk:20170117213906p:image

最高難度の通常クエストでも、上記のような誰でも入手できるキャラクターだけでクリアできる。ストーリーだけ楽しみたい人は、強いフレンドと聖晶石を駆使すると良い。

まとめ

『Fate/Grand Order』は遊ぶ人の事が考えられているゲームである。

これらは最初からそのように作られたのではなく、内外ユーザーに送られてくる要望等に対しての日々のアップデートによって、完成度を高めていったことによる。

現在報告されている不具合やアップデート内容をゲーム画面から確認できることからも、その覚悟が伝わってくる。(もちろん優先度はあるが)

ここまでユーザーが快適に遊ぶことに配慮するのには理由がある。そう、ガチャだ。

ガチャを何回もやってもすべて外れる確率 @ke!san生活や実務に役立つ計算サイト

たとえ1万円使っても、一番レアのキャラクター達を入手できる確率は38%しかない。狙ったキャラクターだったらもっと低い。

ということで、プレイヤーに気持ちよくお金を出させるために、ゲームにストレスをなるべく感じない様にしているのではないかと疑っている。

え?魅力あふれるキャラクター達やストーリーを楽しませるためじゃないかって?ごもっとも。

せっかく快適にプレイできるのに、欲しいキャラクターを入手できずにフラストレーションをためるのは勿体無い。

去年は8月から12月までで、3万円分ぐらいガチャを回せるアイテムを無料配布してくれた。おかげで12月に欲しかったキャラクターが追加された際、無料で手に入れることができた。

なのでこれを読んでいる人達は、今すぐアプリをダウンロードしてアイテムを貯めておくことで、徹頭徹尾『Fate/Grand Order』が良いゲームとなるに違いない。(総課金○万円ユーザーより)

2015-04-28

艦これのイベントを攻略する際の心がけ

艦これは運の要素が非常に大きいゲームです。

ボスを倒す道のりですが、到達するための羅針盤、攻撃の倍率を決める交戦形態、誰が誰を攻撃し、その攻撃がクリティカルになるかどうかなど、確率の要素が多く存在します。そのため攻略情報どおりの編成であっても、数回でボスを倒せる事があれば、何十回やっても倒せない事もあります。

ちなみに今回のイベントであるトラック泊の最終ステージではたった2回で済んでしまい、改めて運が重要であることを痛感しました。

f:id:Daisuk:20150214154523j:image

そんなわけで他の方の成功例を参考に挑んでも撤退を重ねてしまうのですが、その数も増えていくと、つい自分の運が悪いから失敗するのだと考えてしまい、ゲーム自体にストレスを感じるようになります。しかしその成功例は本当に最適解なのでしょうか?今回のイベントでも成功例の編成は複数あります。

こういった編成から攻略の可能性が一番高いものを選びたいものです。そこで攻略の可能性が高い編成の条件について考えてみました。

  • 確率の要素をなくす
  • 確率を上げる
  • 試行回数を増やす

確率の要素をなくす

自分が持てる最大の艦隊編成でボスに挑もうにも、羅針盤という名のルーレットに勝たなければ戦えません。ルート固定をするためには編成条件を満たさなければなりませんが、火力低下により敵を倒せる確率は下がります。どちらを選んでもクリアは可能ですが、断然ルート固定を推奨します。

複数の確率全てが良い方向に転ばなければ勝てないというのは、運に対して連勝しなければならないとも言えます。そう考えると絶望的に聞こえますが、ルート固定によって連勝しなければならない数を減らせるということです。制空権を握る場合も、敵編成によってはどう転ぶかわからない制空値ではなく、必ず制空優勢となるように編成することで、運に勝たなければならない数を減らすことが出来ます。

f:id:Daisuk:20150222172054j:image f:id:Daisuk:20150222172052j:image

ゲージ削り時の編成です。今回のイベントでは軽空母2隻により航空優勢が確実に取れ、潜水艦を入れることで渦潮を回避するルートが確定するこの編成が一番安定しました。

確率を上げる

ボスを倒すためには昼戦でも夜戦でも強力な攻撃を複数回当てなければなりません。誰を狙うかは自動で決まってしまいますが、攻撃の数を増やす・相手からの直撃を減らすことで確率が上がります。

特に効果的なのは制空権を握る事と支援艦隊を使用する事でしょう。前者は弾着観測射撃によって戦艦重巡などの火力が倍近く上がるうえ、敵の航空戦力が減るため敵空母の攻撃を弱体化できます。後者は単純に手数が増えます。キラ付けも命中・回避率共に上昇するため非常に有効です。

他にも命中率を上げるために艦娘にあった砲のサイズを装備させる・命中率が上がる装備を使用する・航空戦のダメージを減らすために対空カットインを使うといった手段がありますので、積極的に利用します。

試行回数を増やす

どれだけ編成を工夫しても確率の要素は無くなりませんので、試行回数が必要になります。そこでまとまった試行回数を確保できるようにプレイヤーの状況によって編成を変える必要があります。

  • 期間があって、資源もある場合(各50000程度)

プレイ時間が取れる場合、大和型を運用しつつキラ3重付けを推奨します。大和型は中破でも鋼材を1000程度消費するため、キラ付けでなるべく被弾しないようにします。周回中もMVPを取りやすいため、付け直しの資源も少なめです。支援艦隊は決戦支援は必須で、道中はMAP次第でしょう。

プレイ時間が取れない場合、大和型やキラ付けなしで、ひたすら試行回数を増やすほうが良いでしょう。ただし疲労は必ず抜いてください。支援艦隊はやはり決戦支援は必須で、道中はMAP次第です。

  • 期間があるが、資源はない場合

大和型を使わず、支援艦隊は道中・決戦支援どちらも使用します。全艦3重キラ付けは非常に時間がかかりますが、周回数は一番少なくすむ編成と思います。実際5-5を最近キラ付けなし・支援なしでプレイしていますが、攻略までの周回数が1.5倍に増えました。

  • 期間がない場合

大和型を運用しつつ支援艦隊も惜しまず使用し、攻略の可能性が高い編成の試行回数を増やします。資源がある場合は疲労を抜いてすぐに出撃し、時間がある場合はキラ3重付けで突破する確率をあげます。どちらもない場合は、課金でキラ3重付けも選択肢に入れます。

f:id:Daisuk:20150426225230j:image f:id:Daisuk:20150426225229j:image

f:id:Daisuk:20150329234526j:image f:id:Daisuk:20150329234524j:image

削り終了時、残り1週間で資源が2万以下とかなり心もとない状況でした。そこで大和型を使わず、念入りにキラ付けを行いました。連合艦隊は昼戦と夜戦で艦隊が異なり、大和型の必要性はより下がります。実際昼戦で残り2艦にまで追い込めました。

まとめ

こうしてベストな編成を選べたとしても、まだまだ確率の要素が多いことに変わりはありません。そこで失敗が立て込んでも不満を貯めないように心がけていることがあります。それは少々不合理であっても好きな艦娘を入れ、こだわりの装備を使用するなど、自分で考えた編成で挑むということです。

成功例に固執して周回を重ねる度に運の悪さに一喜一憂するのではなく、あくまで参考として適宜編成を見直し、自分の艦隊を勝利に導こうとする姿勢こそが、艦これのイベントを攻略する上で一番大切なことかもしれません。

2015-01-22

深海棲艦版「艦これ」にみえる、アニメ版「艦これ」

1話

アバンから航空部隊の攻撃を受けて壊滅する「深海棲艦」

f:id:Daisuk:20150122212704j:image

見慣れない「艦娘」に近づいたため攻撃される「深海棲艦駆逐艦」

f:id:Daisuk:20150122211620j:image

f:id:Daisuk:20150122213128j:image

大勢の「艦娘」に攻撃を受けて一人佇む「深海棲艦戦艦

f:id:Daisuk:20150122213340j:image

f:id:Daisuk:20150122211956j:image

爆撃に仲間を失った日の戦艦は何を思っていたのだろう。

f:id:Daisuk:20150122211414j:image

3話

奇襲を仕掛けてきた「艦娘」に対し、裏をかいて挟撃を仕掛けるも返り討ちに合う「深海棲艦軽空母部隊」

f:id:Daisuk:20150122215005j:image

「深海棲艦」が撤退する中、操縦席のような部位に被弾した「深海棲艦艦上爆撃機」の赤い視界。

f:id:Daisuk:20150122214155j:image

f:id:Daisuk:20150122214122j:image

爆撃を放った直後に散った日の航空機は何を思っていたのだろう。

f:id:Daisuk:20150122214241j:image

サイド艦娘

f:id:Daisuk:20150122213620j:image

f:id:Daisuk:20150122221747j:image

「深海棲艦戦艦」を「艦上爆撃機」で沈める前に一人構える「艦娘正規空母」や、「艦上爆撃機」によって危機に陥る「艦娘駆逐艦」等、「深海棲艦」と同じ構図が繰り返される。

f:id:Daisuk:20150122213748j:image

もっともエモーショナルなシーン。NHKの戦時フィルムのようなBGMが流れ、すれ違う飛行機にはしゃぐ子どもたちと、様々な予感をはらんだ風。

第二次世界大戦という悲劇的な歴史に対し、「特型駆逐艦1番艦吹雪」はどのような活躍を見せるのだろう。

2014-07-20

艦これのめんどくさい作業を極力減らした勲章入手作戦

勲章入手のために毎月1-5・2-5・5-5に挑んでいますが、代わり映えしないため飽きてきました。しかし特殊な改装を行うには必要なため、必ずクリアしておきたいところ。せめて無駄な手間は省けないかと考え、実践してみました。

・装備の入れ替えをしない

・キラ付け作業はついでに行う

・5-5のキラ付け貼り直しは最低限

装備の入れ替えをしない

1-5は対潜、2-5は重巡、5-5は最大戦力と各MAPに必要な艦がほぼ重複していません。そのため艦隊や装備が揃っていれば、装備の入れ替えを省くことが出来ます。

編成も手間がかかるため、基本的に攻略に取り掛かる際はバケツは惜しまず使用しましょう。

  • 1-5編成

f:id:Daisuk:20140720170756j:image

  • 2-5編成

f:id:Daisuk:20140720170744j:image

  • 5-5主力艦隊

f:id:Daisuk:20140720170755j:image

  • 5-5前衛支援艦隊

f:id:Daisuk:20140720170751j:image

  • 5-5決戦支援艦隊

f:id:Daisuk:20140720170753j:image

  • 北方鼠輸送作戦(遠征)

f:id:Daisuk:20140720170750j:image

  • 東京急行(遠征)

f:id:Daisuk:20140720170747j:image

  • 東京急行(弐)(遠征)

f:id:Daisuk:20140720170746j:image

艦娘は大和型2・長門型1・戦艦4・航戦1・(軽)空母7・(航)重巡6・軽巡3・駆逐20・あきつ丸

武装は長距離砲18・中距離砲12・短距離砲8・徹甲弾3・水偵7・艦戦10・艦爆(攻)14・水爆6・ドラム缶17・艦偵1・ソナー3・爆雷3・照明3

その中でも攻略難易度の高い5-5主力艦隊用に46cm6・烈風改1・烈風9は是非欲しいところです。支援艦隊の最後のスロットは火力を上げる装備でも電探でも構わないと思います。主力艦隊が強力なため、余程のことがない限り火力不足にはなりません。

キラ付け作業はついでに行う

基本的には演習の昼S勝利と、デイリー任務で行います。

疲労度】@艦隊これくしょん -艦これ- 攻略 Wiki*

  • 1-5

MVPがばらけるためキラ付けはほぼ不要です。剥がれたら付け直す程度でよいでしょう。

  • 2-5

キラ付けする手間よりも、試行回数を増やすほうが良いです。

  • 5-5

支援艦隊は疲労がランダムですが、中央値を取ると前衛支援は-3・決戦支援は-5となります。3ヶ月連続で20周以内でクリアしていますので、前衛支援は予め3回のキラ付けをしておけば半分程度削ることができます。決戦支援については旗艦のみで構わないため、剥がれる度にキラ付を行うか別の駆逐艦等に切り替えると良いです。

結論として、5-5に挑む前に主力艦隊6と前衛支援艦隊6と決戦支援1の計13人を3回キラ付けすれば準備完了です。【敵艦隊主力を撃滅せよ!】では高速修復剤(バケツ)が手に入るため、1日2回1-1を廻すことでバケツ回収と同時に2回のキラ付けが行えます。のべ39回のため、毎日行えば20日で全員のキラ付けが完了します。

それだと日数が掛かり過ぎるので演習のMVPを利用します。演習では戦艦がほぼ確実にMVPを取るため、戦艦をローテーションして使えば5-5のためにキラ付けを行う必要はありません。その場合はキラ付けを行うのは駆逐艦2・(軽)空母5だけでよいため、11日で済みます。

5-5のキラ付け貼り直しは最低限

f:id:Daisuk:20140716072254j:image

1周する度にキラ付けを行うのは正規空母の2人だけです。

軽空母は旗艦のため疲労しにくく、大破しても進軍できるように応急修理要因を装備させます。ゲージ最後では対空値を上げるために烈風に変えています。

戦艦は前の方にいる艦ほどMVPになりやすいため、取得率によって疲労度が均等になるように並び替えをします。

いずれにしても少しづつ疲労が溜まるため、キラキラが剥がれてしまった場合はキラ付けを3回行います。

支援艦隊は先程述べたように10周程度でキラキラが剥がれます。付け直すか、次回に持ち越すかはゲージの削り具合等で決めてください。

まとめ

5-5は敷居が高いと感じていたのですが、突き詰めてみるとかなり容易に準備できることがわかりました。ただし挑む最中のキラキラ貼り直しについて、劇的に楽になる方法は思いつきませんでした。最後はやっぱり楽しむ心なのでしょう。

資源は2万程度あれば十分で、各種遠征を1日2回行えば自然回復と合わせて10日程度で溜まります。こうしてみると、片手間に準備ができてしまえるのが5-5です。私もそうでしたが、難易度から敬遠されていた方々がこの記事で少しでも気楽に構えていただけるようになれば幸いです。

2014-06-15

艦これ5-5を毎月無理なくクリアする方法について考える

戦果200と勲章に目が眩んで挑んでみましたが、一週間ほど艦これ漬けのような状態になってしまいました。そこでもっと気軽に挑戦することは出来ないかなと思考をめぐらしたのが今回の記事です。

作戦

特に艦これ周回主義さんは各種ルートを比較されており、とても参考になりました。

各ルートを実際に試しての所感です。

  • 大和型は少しでもダメージをもらうと修理費用が高いので割にあわない。
  • ダメコンは毎月クリアすることを考えると使いたくない。
  • 軽空母を入れると、道中の開幕爆撃や空母系の砲撃で撤退の可能性が上がる。
  • 前衛支援や決戦支援を入れると、ボスへの到達率や撃破率が2倍以上上がる。
  • キラキラを付けるとボスへの到達率が2倍近く上がる。
  • 潜水艦はキラキラ3重でも当たると中・大破。
  • 制空値は最低420は欲しいが、あればあるほど敵空母やレ級の攻撃による事故が減る。

ということで正規空母3・高速戦艦3に、毎回支援を出すのが一番確実な編成と感じました。空母はレ級の取り巻きを撃沈できる攻撃力を確保しつつ極力制空値が高くなるように、戦艦は昼連撃と夜連撃で主力を撃沈できるようにします。

編成

主力艦隊

瑞鶴戦闘機爆戦戦闘機戦闘機
高速戦艦索敵機電探
高速戦艦索敵機電探
高速戦艦索敵機電探
加賀戦闘機爆戦戦闘機戦闘機
大鳳戦闘機爆戦戦闘機戦闘機

ちなみに戦闘機を全て烈風にすると制空値460となります。これぐらいあればボスでは確実に航空優勢がとれますし、レ級などの開幕航空攻撃で大破することもありませんでした。

前衛支援・決戦支援

駆逐艦ソナー
駆逐艦ソナー
軽空母彗星甲or流星改彗星甲or流星改彗星甲or流星改彗星甲or流星改
軽空母彗星甲or流星改彗星甲or流星改彗星甲or流星改彗星甲or流星改
戦艦
戦艦

理由は後述しますが駆逐艦の装備をソナーとしているのが本記事の最大のポイントです。

キラ付け

  • 疲労度】@艦隊これくしょん -艦これ- 攻略 Wiki*

この数値を今回の攻略に適用します。

  • ボス夜戦を考えると-17
  • 旗艦は+9〜+12
  • MVPを取ると+10
  • 空母はMVPを取ることはない
  • 1-1の疲労度は1周ごとに+12〜+14
  • 演習の昼でS勝利となれば+1

キラ付けの効果は比例するとも、ボーダーラインともいわれています。どちらが正しいかはわかりませんが、事前に1-1を3周しておき、5-5を挑む度に旗艦やMVP以外の艦娘が1-1を周ると高い値を維持できます。

一度キラキラがなくなった場合、再度1-1を2周・3周するか、別の日に持ち越しするかは状況次第です。

  • 支援艦隊】@艦隊これくしょん -艦これ- 攻略 Wiki*

支援艦隊のキラ付け効果の体感です。

  • 前衛支援はキラ付けが旗艦だけだと6割、全艦だと9割程度で支援してくれる
  • 決戦支援はキラ付けが旗艦だけでもほぼ確実に支援してくれる
  • 疲労度の減り方は通常戦闘より緩やか

前衛支援は全員、決戦支援は旗艦のキラ付けによってほぼすべての戦闘に参加してくれます。疲労度の減り方はゆるやかなため、主力艦隊ほど丁寧にキラ付はしなくても構いません。演習のS勝利を重ねるだけでもかなり持ちます。

開戦

5-5を1周する(1-1でキラ付け修理込み)と燃料・弾薬・鉄は1200程度、ボーキサイトは200程度減ります。つまり10周するだけで1万以上の資源を消費することになるわけです。月末に挑むも資源が足りず、諦めるという状況が一番怖いので、攻略は月の中盤までには始めましょう。

第1週:遠征で資源を貯めつつ、10回邀撃と演習でキラ付け

遠征はプレイヤーの生活で効率の良い方法が異なります。

今回の記事のポイントは、5-5攻略に欠かせないキラ付けをいかに無理なく行うかです。

  • 任務デイリーの10回邀撃を使って主力艦隊のキラ付け

キラ付けは作業と思うと気が重いですが、何かのついでと思えば楽になります。1-1ならば艦隊撃破、主力撃破と併せて7回キラ付けが可能ですので、だいたい3日で済みます。

  • 演習で支援艦隊のレベルを上げつつキラ付け

演習は昼でS勝利を取れるように相手に合わせてメンバーを細かく変えます。装備は手間がかかるのでそのまま。

潜水艦メインー → 軽空母と駆逐艦を中心に、戦艦を一人入れます。ほぼS勝利確定です。

戦艦・空母メイン → 戦艦中心で空母系は入れません。B勝利になるぐらいならば、夜戦に突入して経験値を稼ぎたいところ。

駆逐艦・単艦放置 → レベルを上げたい艦娘を旗艦に、軽空母・駆逐艦・戦艦を入れます。キラ付はあくまでもついでぐらいの気持ちで行います。

旗艦低レベル・後列高レベル → 昼S勝利が取れるかどうか見極めます。相手に大和型がいれば放置が良いと思います。

第2週:全艦隊を使って5-5に挑む

5-5に挑む際は前衛や決戦支援だけでなく、キラ付け専用の艦隊枠を設けます。数時間程度の遠征を行うよりも、キラ付けのために艦隊を入れ替える手間を減らすほうが精神的に楽です。私は第2艦隊:前衛支援、第3艦隊:決戦支援、第4艦隊:1-1キラ付け艦隊(まるゆ・LV1駆逐艦など)で行っています。

1度挑む毎に主力艦隊のキラ付けを行わなければならないので、挑戦する際は最低3時間はプレイできる環境を整えた方が良いでしょう。

  • 出撃

クリックひとつ失敗しただけでキラ付けに費やした時間が無駄になりますので、支援や主力艦隊を5-5に向かわせる際には注意を払います。

  • 5-5-1

単縦でも複縦でも変わらないように思います。この段階のレ級は通常海域のフラグシップ戦艦ぐらいの怖さですが、こちらも支援や燃料弾薬と最高の状態ですので、ほぼ無傷で通れます。

  • 5-5-2

複縦の方が安定します。ここで数艦小破になるとレ級やボスが苦しくなりますが、諦めつつ進軍しましょう。中破の場合もキラ付けがもったいないので進軍しましょう。

  • 5-5-3

旗艦が小破なら複縦、そうでなければ単縦が好きです。効果はわかりません(爆)

開幕航空は上記の装備であれば小破が出るか出ないかと思ってよいです。こちらは支援艦隊含めて最低2艦は減らしておきたい所です。

開幕魚雷は一発大破もありえますが、対処しようがないので祈ります。

昼砲撃は一発大破ほどではないですが、小破した艦だと大破する可能性があります、祈りましょう。

雷撃戦では昼砲撃の間に大抵中破まで追い込めるため、あまり気にしなくてもいいです。

戦艦が一人でも中破しているとボスは苦しいです。それでもここは陣形・決戦支援・夜戦にかけて進軍です。ちなみに次は羅針盤ですが、5回に1回はボスから外れると思ったほうが良いです。外れた場合、次は到達できると思えば気が楽になるかもしれません。

  • 5-5-4

単縦一択です。敵艦隊は輪形陣でボスを守りますので、いかにしてその守りを抜いてボスに当てるかが勝負です。

開幕航空は連戦で艦載機が減っているため痛いです。ここでいままでのダメージが累積して中破が出ます。戦艦が中破しないことを祈りましょう。

相手は潜水艦がいるため、決戦支援で2人沈めてくれると、ボスを含めて3人になります。こうなるとずいぶん楽になります。

輪形陣のため開幕を含めて雷撃は気にしなくてよいです。

昼砲撃でなるべく取り巻きを減らしたいのですが、レ級が硬すぎます。小破や中破の状態だと、昼連撃でもレ級やボスはなかなか沈みません。

夜戦はこちらの戦艦が一人でも残っていればチャンスはあるので行います。レ級に向かうだろうと半ば諦めつつ、それでも最後の一撃にかけましょう。

  • 帰投後

戦艦の大破、空母の中破はバケツを使用した入渠。その後旗艦や先ほどの戦いでMVPを取った艦を除き、順番に1-1でキラ付けを行います。戦艦がMVPを取ると思いますので、覚えるのが面倒であれば戦艦はキラキラがなくなった場合のみ付け直すのも良いです。

  • 撤退

5-5については上記を繰り返すのですが、前衛支援のキラキラがなくなりだしたら、やめどきだと思ってください。もちろんあと1回で倒せる。次に挑む時間がない等であれば、支援艦隊に適宜キラ付けをするのもやぶさかではありません。その場合はキラキラがなくなってから数分間待ち、疲労度を回復させてから行います。

第3週、第4週

今月、もしくは来月の5-5突破に向けて、資源蓄積や演習のキラ付けに努めましょう。主力艦隊のキラ付けについては5-5に挑む数日前から行えば良いので、気楽に構えるのも良いと思います。

まとめ

以上長くなってしまいましたので、まとめ直します。

  • 支援艦隊のキラ付けは演習S勝利で行う
  • 主力艦隊のキラ付けは任務の中で済ませる
  • 装備は入れ替えない
  • 5-5に挑む際はキラ付けの艦隊枠を用意する

今回紹介したのは無理なくクリアする方法といいますか、なるべくクリックする回数を減らしたり、なにかのついでに攻略の準備を行える方法です。

ちなみに5月の最終週に考えたのですが、6月14日現在、5-5に8回挑んで1度しか撃破出来ていません。ボスには3度到達しましたが倒しきれなかったので、火力不足のようです。キラ付けの手間が少し増えますが、戦艦を旗艦にしたほうが良いように感じています。もしくは決戦支援も全艦キラ付けするほうが良いかもしれません。

通常海域のボスゲージは撃破しなければならず、イベントよりも運の要素が大きいように思います。5-5については未だに最適解が見つかっておらず、とにかく苦戦しています。もっと簡単にクリアできる方法があれば、ぜひ教えていただきたいです。よろしくお願いします。