Daisukeyの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-05-23

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20180523

2018-05-16

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20180516

2018-05-11

[]農と食の新しい倫理 農と食の新しい倫理を含むブックマーク 農と食の新しい倫理のブックマークコメント


農と食の新しい倫理 - 株式会社昭和堂



日本の農と食をめぐる諸問題倫理観点から根本的に見直そうとする、『農と食の新しい倫理』が出版されました。私は以下の論文を分担執筆しました。日本和食文化遺産化をめぐる問題について論じたものです。

「第6章 食文化の「型」――文化遺産としての「和食」」

いろいろ大変でしたが、ようやく刊行されて感無量です。ワークショップや授業に使えるよう、各章ごとに内容に応じたワークやディスカッションテーマを付けるなど、多数工夫が凝らしてあります社会学関係以外でも食や農に関心ある方々には面白い内容だと思いますので、ぜひお手に取っていただけますと幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

食に偏っていた私自身に農の世界を教えていただき、本企画にお誘いただいた秋津元輝先生をはじめ、難航した原稿執筆編集を支えていただいた編者や他の執筆者先生方に感謝いたします。ありがとうございました。

http://www.showado-kyoto.jp/book/b353278.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20180511

2018-05-08

[]はじめての沖縄 はじめての沖縄を含むブックマーク はじめての沖縄のブックマークコメント


はじめての沖縄

はじめての沖縄 (よりみちパン! セ)

はじめての沖縄 (よりみちパン! セ)



著者の岸政彦先生よりお送りいただきました。これまでの調査や岸先生が出会ったエピソードをもとに、(社会学者が?)沖縄を語ることはどのようなことか(もしくは、どのようであってはいけないのか)、という語り方や姿勢についてみっちり語られています。ありがとうございます勉強させていただきます

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20180508

2018-04-08

[]携帯電話メールアドレス変更 携帯電話メールアドレス変更を含むブックマーク 携帯電話メールアドレス変更のブックマークコメント


長らく使っていたau携帯電話がついに壊れたので、これを機会にガラケー使用をやめ、スマートフォンに乗り換えました。つきましては、ezwebメールアドレスは使えなくなります

もし私のezwebメールアドレス登録されていた方は、これから電話メールするときは、PCメールにご連絡ください。

なお電話番号MNPをしまして、以前のものがそのまま使えますので、変更は無用です。

ご面倒をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20180408

2018-04-07

[]日本の分断 日本の分断を含むブックマーク 日本の分断のブックマークコメント




著書の吉川先生より恵投いただきました。ありがとうございます吉川先生ブログの読者だったものとしてもうれしいです。先生駄洒落交じりのユーモアテイストで、かつまじめで時にずばりと本質を突く語り口には、大いに学ばさせていただいておりました。(再開はされないのでしょうか。。。)


SSPプロジェクト|総格差社会日本を読み解く調査科学

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20180407

2018-04-03

[]指示と言語 指示と言語を含むブックマーク 指示と言語のブックマークコメント


京都大学学術出版会:指示と言語



 書評サークル「綴葉編集委員会」でいっしょだった著者の黒澤雅惠さんよりいただきました。京都大学大学院人間環境学研究科に提出された博士論文を基にした著書です。言語哲学は興味があるもののできていないところですので、勉強させていただきますありがとうございました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20180403

2018-03-30

[]2015年SSM調査報告書 2015年SSM調査報告書を含むブックマーク 2015年SSM調査報告書のブックマークコメント


2015年社会階層社会移動に関する全国調査SSM調査)」の報告書が、研究プロジェクトHP上にアップされました。どうぞご参照ください。

研究報告書
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/2015SSM-PJ/report.html


私は以下の報告論文担当しています

単著「食選択と社会階層―国産食品・オーガニック食品購入の規定要因―」第4巻『教育?』6章

(共著)「「日本のくらしと仕事に関する全国調査」の概要と調査設計」第1巻『調査方法概要10



初めて参加した大規模社会調査プロジェクトでしたが、多くを学ぶことができました。勧誘していただいた太郎丸先生定住外国人タスクグループに加えていただいた竹ノ下弘久先生、拙い発表にコメントアドバイスを多々いただきました教育1班のみなさまに感謝いたしますありがとうございました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20180330

2018-03-26

[]肉食行為研究 肉食行為の研究を含むブックマーク 肉食行為の研究のブックマークコメント


肉食行為の研究 - 平凡社

肉食行為の研究

肉食行為の研究



 編者の野林厚志先生よりご恵贈いただきました。野林先生たちのみんぱくでの共同研究の成果です。僕も若手の人類学者の方々と野性獣肉の消費をめぐる共同研究班に入れていただいているのですが、肉食をめぐる深い森のなかを攻めあぐねているところで、とても参考になります。勉強させていただきます本当にありがとうございました


消費からみた狩猟研究の新展開――野生獣肉の流通と食文化をめぐる応用人類学的研究 | 国立民族学博物館

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20180326

2017-10-10

[]戦争と農業 戦争と農業を含むブックマーク 戦争と農業のブックマークコメント


戦争と農業 | インターナショナル新書



 藤原辰史さんよりいただきました。生産力が高くてすごいです。『食べること考えること』に続く一冊と言えるでしょうか、藤原さんの追及されているテーマが現代の問題と結び付けられて、より一般向けに書かれています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20171010

2017-09-20

[]トラクター世界史 トラクターの世界史を含むブックマーク トラクターの世界史のブックマークコメント


トラクターの世界史|新書|中央公論新社



 著者の藤原辰史さんよりご恵投いただきました。トラクター修士課程時代から追いかけてきたテーマだそうです。「〇〇の世界史」は色々なものがありますが、その中でもなるほどこう来たか!という驚きがあります。しかし藤原先生生産性にはいつも感嘆させられています。本当に勉強になります、どうもありがとうございました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20170920

2017-09-14

[]<土>という精神 <土>という精神を含むブックマーク <土>という精神のブックマークコメント


no title



 翻訳者太田和彦さんにいただきました。勉強しないといけない農と食の倫理分野の第一人者のものです。どうもありがとうございました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20170914

2017-05-22

[]社会的企業への新しい見方 社会的企業への新しい見方を含むブックマーク 社会的企業への新しい見方のブックマークコメント


社会的企業への新しい見方 - ミネルヴァ書房 ―人文・法経・教育・心理・福祉などを刊行する出版社



 同僚の米澤旦先生いただきました。米澤先生と同じく大学生協にかかわっていた身として(私はちょっと院生理事をやってたくらいですが)、意を感じるところ大いにあり、たいへん勉強になります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20170522

2017-04-19

[]マンガアニメ論文レポートを書く マンガ・アニメで論文・レポートを書くを含むブックマーク マンガ・アニメで論文・レポートを書くのブックマークコメント


マンガ・アニメで論文・レポートを書く - ミネルヴァ書房 ―人文・法経・教育・心理・福祉などを刊行する出版社



 執筆者西村大志さんよりご恵投いただきました。西村さんは「第10章 食―ひとり飯にみる違和感共感のゆくえ」で、『かっこいいスキヤキ』『孤独のグルメ』『花のズボラ飯』『食の軍師』など久住昌之作品を題材に、食べることのメディアの発信と受け止められ方(とその変化)について論じておられますタイムリー話題社会学概念の結びつきが絶妙で、西村さんのお仕事はいつも本当に参考になります
 食漫画レポート卒業論文を書きたいという学生もけっこういますので、ぜひとも読んで参考にしてもらおうと思います。どうもありがとうございました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20170419

2017-04-12

[]群島大学 群島と大学を含むブックマーク 群島と大学のブックマークコメント


群島と大学 石原 俊(著) - 共和国 | 版元ドットコム

群島と大学: 冷戦ガラパゴスを超えて

群島と大学: 冷戦ガラパゴスを超えて



 同僚の石原俊先生いただきました。前半が石原先生がこれまでなされてきた島嶼歴史社会学に関する論文エッセイ、後半がここ数年なされておられる大学をめぐる議論となっています。どうもありがとうございました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20170412

2017-03-22

[]基礎ゼミ 社会学 基礎ゼミ 社会学を含むブックマーク 基礎ゼミ 社会学のブックマークコメント


世界思想社|File not Found (404) ファイル未検出

基礎ゼミ 社会学 (〈基礎ゼミ〉シリーズ)

基礎ゼミ 社会学 (〈基礎ゼミ〉シリーズ)



 世界思想社編集者の東知史さんにご恵投いただきました。タイミングよく、一年生向けの社会学のグループワークを担当しておりますので、ありがたく参考にさせていただきます。全国の社会学部生に対する少人数の導入教育教科書として、需要はかなり高いのではないでしょうか。どうもありがとうございました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20170322

2017-03-20

[]文化を食べる 文化を飲む 文化を食べる 文化を飲むを含むブックマーク 文化を食べる 文化を飲むのブックマークコメント




 編者の阿良田麻里子先生にご恵投いただきました。東京工業大学の「ぐるなび」寄附講座で実施されていた共同研究の成果です。世界各地の食文化の現地調査をまとめておられます。授業などでも活用させていただこうと思います。どうもありがとうございました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20170320

2017-02-28

[]越境と連動の日系移民教育越境と連動の日系移民教育史を含むブックマーク 越境と連動の日系移民教育史のブックマークコメント


越境と連動の日系移民教育史 - ミネルヴァ書房 ―人文・法経・教育・心理・福祉などを刊行する出版社



 執筆者西村大志さんにご恵投いただきました。ブラジルフィリピンハワイアメリカの日系教育史を中心に、複数地域を横断的・越境史的に把握することをめざした共同研究の成果だそうです。西村さんは「第11章 衣と身体技法からみるブラジル移民──下着としゃがむことを中心に」を担当されておられます衣服身体からブラジル日系移民をみるとは、目の付け所がさすがだと思います。どうもありがとうございました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20170228

2017-02-08

[]「国家を超える」とは 「国家を超える」とはを含むブックマーク 「国家を超える」とはのブックマークコメント


2016年春刊行『「国家を超える」とは・・・民族・ジェンダー・宗教』 : 図書出版「新幹社」



 執筆者永田貴聖さんにご恵投いただきました。「ジェンダーエスニシティ宗教研究会の成果だそうです。複合的マイノリティインターセクショナリティについては僕も勉強中でして、おりをみて講義の場などでも触れていければと思います。どうもありがとうございました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20170208

2017-01-24

[]政治理論 政治の理論を含むブックマーク 政治の理論のブックマークコメント


政治の理論|全集・その他|中央公論新社

政治の理論 (中公叢書)

政治の理論 (中公叢書)



 またも稲葉振一郎先生いただきました。すごい生産量ですね。当日記稲葉先生の本の紹介で埋め尽くされる日も近そう…。いつもいつもありがとうございます勉強させていただきます

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20170124

2016-12-06

[]宇宙倫理学入門 宇宙倫理学入門を含むブックマーク 宇宙倫理学入門のブックマークコメント


宇宙倫理学入門 - 株式会社ナカニシヤ出版

宇宙倫理学入門

宇宙倫理学入門



 同僚の稲葉振一郎先生いただきました。SF読書会の末端構成員だった身としては、こういう分野で研究を産み出していけるというのは本当にすごいと思います。稲葉先生は真のSF者、と改めて感じ入ったしだいです。どうもありがとうございました。勉強させていただきます

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20161206

2016-11-23

[]ラングザマー ラングザマーを含むブックマーク ラングザマーのブックマークコメント


no title



 ひとり出版社共和国」の下平尾直さんにいただきました。「境界文学シリーズの一冊で、ハンガリー人の母を持ち、スイスで育ち、フランス文学翻訳をしつつ、ドイツ語創作を行うイルマ・ラクーザさんによる読書論です。タイトルの「ラングザマー」は、ドイツ語形容詞langsamの比較級です。収録されている多和田葉子さんのエッセによると、このタイトル意図するのは、ただゆっくりすることではありません。過去に書かれた言葉をじっくり読むことを通して、別の時間の流れ方を知るということです。ゆっくりとした時間ゆっくりしているけれども過去未来へと何千年も跳躍できる力強い「遅さ」を、文学を読む経験から教えてくれます。

 久しぶりに文学しました。下平尾さん、ありがとうございました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20161123

2016-06-10

[]在日朝鮮人という民族経験 在日朝鮮人という民族経験を含むブックマーク 在日朝鮮人という民族経験のブックマークコメント


生 活 書 院



 京大社会学教室の先輩である李洪章さんよりいただきました。お忙しいところわざわざご恵投いただきまことありがとうございました。ありがたく読ませていただきます7月研究会では、どうぞよろしくお願いします。

「李洪章の研究紹介」(李洪章さんのホームページ
http://leehongjang.blogspot.jp/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20160610

2016-05-31

[]<オトコの育児>の社会学 <オトコの育児>の社会学を含むブックマーク <オトコの育児>の社会学のブックマークコメント


〈オトコの育児〉の社会学 - ミネルヴァ書房 ―人文・法経・教育・心理・福祉などを刊行する出版社



 編著者の一人である西川知亨さんよりご恵投いただきました。どうもありがとうございました。研究室の先輩方も執筆されておられ刺激になります。ジェンダー的に圧倒的な非対称な育児の現状において、鈍感すぎるオトコに「気づき」と「行動」をうながし、「協力」にとどまらない子育てのあり方と、より伸びやかな家族のかたちを創出することを目指したものだそうです。
 じつは西川さんのお子さんとうちの子どもは保育園の同じクラスで、保護者仲間でもあります。学術書で、知人のお子さんの顔をリアルに思い浮かべながら読めるものというのは珍しいのではないでしょうか。園でほかの保護者の方々にも読んでもらって意見を聞いてみたいような気もします。読書会提案するのもありかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20160531

2016-05-20

[]不平等との闘い 不平等との闘いを含むブックマーク 不平等との闘いのブックマークコメント


文春新書『不平等との闘い ルソーからピケティまで』稲葉振一郎 | 新書 - 文藝春秋BOOKS



 同僚の稲葉振一郎先生いただきました。グローバル・シティに関連して格差論文を書いたこともあるくせに、不平等についての学説歴史については無知なので、とても勉強になります。ありがとうございました。

P.S.
 新入生向けの秋学期科目で、ビブリオバトルをする授業があるのですが、さっそく紹介文献リストにこれを入れておいたら、本書を紹介した学生が優勝しました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20160520

2016-04-28

[]食と農のアフリカ食と農のアフリカ史を含むブックマーク 食と農のアフリカ史のブックマークコメント


食と農のアフリカ史 - 株式会社昭和堂



 食研究仲間のバナナ学者佐藤靖明さんよりご献本いただきました。アフリカにおける自然環境農業食文化関係歴史的視点を導入し、現代的変容の諸相をも包摂しうる新たな農耕文化研究を構築することを目指した論文集ということです。教員生活一年目ということでなかなか忙しい状況ですが、勉強させていただきますありがとうございました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20160428

2016-04-13

[]〈群島〉の歴史社会学 〈群島〉の歴史社会学を含むブックマーク 〈群島〉の歴史社会学のブックマークコメント


〈群島〉の歴史社会学 | 弘文堂



 京都大学文学研究科社会学教室の先輩であり、現在同じ大学学部に勤めている歴史社会学者石原俊さんよりご献本いただきました。日本が島々から成り立っているという、当たり前でありながらも実は忘れられがちな視点提供してくれます。教科書として使うことも可能な、弘文堂から出されている「現代社会学シリーズの一冊です。どうもありがとうございました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20160413

2016-04-01

[]着任の挨拶 着任の挨拶を含むブックマーク 着任の挨拶のブックマークコメント


2016年4月1日より、わたくし安井大輔は東京都港区明治学院大学社会学部社会学科に専任講師として着任いたしました。
身にあまる重責ではありますが、今後は研究教育一意専心いたす所存ですので、どうか何卒よろしくご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20160401

2016-03-31

自己紹介 自己紹介を含むブックマーク 自己紹介のブックマークコメント


はじめまして安井大輔と申します。

専門は社会学で、文化人類学にも関心があります。
社会学のなかでは、主にエスニシティ論、社会階層論の分野で仕事をしています。

多分野の若手研究者院生と人文社会科学アプローチで食の問題を考える研究会をしています。
興味関心ある方はどうぞお気軽にご連絡ください。
Google グループ

研究業績などは↓をご覧ください。
安井大輔 - 研究者 - researchmap

===

Self-Introduction Self-Introductionを含むブックマーク Self-Introductionのブックマークコメント

Hello, I'm Daisuke YASUI.

I hold a seminar about food in terms of humanities and social science.
If you are interested this seminar, please contact me.
Google グループ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20160331

2016-03-11

[]オーラヒストリーとは何か オーラルヒストリーとは何かを含むブックマーク オーラルヒストリーとは何かのブックマークコメント


連れ合い翻訳しました本が出版されましたので紹介します。
断片的な語りからいかにして歴史叙述を行うかということが論じられていますオーラヒストリーという言葉をご存じの方には得るところが多い一冊です。インタビュー口述資料分析方法に関心ある方にも参考になると思いますので、ぜひどうぞ。図書館に購入依頼など出していただけますと大変ありがたいです。



オーラヒストリーとは何か』
アレッサンドロポルテッリ(著)/ 朴 沙羅(訳)

第1章 ルイージトラストゥッリの死
? 方法論をめぐって
第2章 調査 対等な関係を求める実験として
第3章 オーラヒストリーとは何か
第4章 「私の生きた時代」−オーラヒストリーにおける時間役割
? 二つの産業文化
第1部 テルニ イタリアウンブリア州
第5章 世界の分割−文化が移り行くときの音と空間
第6章 ユークロニアの夢−労働者階級記憶とありえたかもしれない世界
第7章 町いちばんゴミ屋さん−労働者ヴァルテロ・ペポローニの人生とその時代
第8章 ある工業都市スポーツ労働政治
第9章 民謡類型学
第2部 ハーラン アメリカケンタッキー州
第10章 模範的家父長制−企業城下町から組合事業所まで
第11章 中立なんてありえない−ハーラン郡炭鉱労働者ストライキ(一九三一−三二)にみる文化的階級闘争
? 学際的方法
第12章 法が口述されるとき−「四月七日事件
第13章 『アブサロム、アブサロム!』−オーラヒストリー文学

著者紹介
アレッサンドロポルテッリ〉
1942年ローマ生まれ。シエナ大学ローマ大学ラ・サピエンツァ校で研究教育活動従事。専攻は、アメリカ文学

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20160311

2015-11-30

[]インディオの気まぐれな魂 インディオの気まぐれな魂を含むブックマーク インディオの気まぐれな魂のブックマークコメント


blog 水声社 » Blog Archive » 11月の新刊:インディオの気まぐれな魂《叢書 人類学の転回》



 翻訳者近藤先生よりご献本いただきました。水声社《叢書 人類学の転回》シリーズは、文化人類学に関心ある人に不可欠な作品をそろえた大変素晴らしい企画です。チェックしておかなければと思いつつ、忙しさにかまけていました。勉強しておかなければと思っていたものなので、とてもうれしいです。大切に読ませていただきますありがとうございました。

blog 水声社 » Blog Archive » 《叢書 人類学の転回》まもなく刊行開始!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Daisukey/20151130