Hatena::ブログ(Diary)

萬覚書

2018-08-12

映画(2018/3/19〜2018/3/31)

今更ながら3月分の映画レビュー。それ以降も映画鑑賞をしているため一度3月分で区切る。


モーターサイクル・ダイアリーズ(2018/3/19) 8点/10点
起承転結というほどの展開はなく、ネタバレのしようもないような平たい作品だが、最後の「これは偉業の物語ではない。同じ大志と夢を持った二つの人生が、しばし併走した物語である。」という言葉がこの映画を物語っていると感じた。

マルコヴィッチの穴(2018/3/19) 9点/10点
作品自体が奇抜な発想なため、最初から最後まで展開が全く読めなかった。筋とは関係ないが、アイ・アム・サム役のSean Pennが流暢に話していた点が面白かった。

プロデューサーズ(2018/3/21) 6点/10点
ミュージカル映画は「ラ・ラ・ランド」くらいしか経験がないため戸惑いを感じたが、中盤あたりにはこの世界に入り込むことができたし何となく楽しめた。

十二人の怒れる男(2018/3/21) 8点/10点
筋書きとしてはがある殺人事件に関して議論をしているだけのシンプルな作品であり、且つ議論としても際立ったものはなかったのだが、面白かった。映画としての面白さよりも議論としての面白さがあった。

その男、凶暴につき(2018/3/21) 9点/10点
俺が今まで観てきた数少ない邦画の中ではトップレベル。最初の方の歩いているシーンと不穏なBGMがカッコいい。

キッズ・リターン(2018/3/24) 8点/10点
登場人物、話し方、街並み、定食屋を含めた1990年代に漂う雰囲気が自分にとってノスタルジックで良かった。「その男、凶暴につき」と比べるとソフトではあるが、全体的に殺伐としていて

ホテル・ルワンダ(2018/3/25) 6点/10点
記憶が確かならば河合塾本郷校で浪人していた時に英語の講師が勧めていた作品。ルワンダ内戦を描いた教養映画として観るべきものとして捉えて鑑賞したが、エンターテインメント映画として観ると決して面白くはない。

イントゥ・ザ・ワイルド(2018/3/26) 7点/10点
思っていたほどwildな場所にいるわけではなかった。

そして父になる(2018/3/27) 6点/10点
結末が消化不良な感じがした。俺自身、結婚もしていないし子供もいないので作品への共感はほとんどなかった。

風の谷のナウシカ(2018/3/28) 5点/10点
固有名詞が多く話についていけないこともあり、あらすじを調べて追いながら鑑賞した。特に印象に残る点はなかった。

時計じかけのオレンジ(2018/3/29) 9点/10点
何度も見返したい作品。タイトル、展開、雰囲気どれをとっても普通ではない気配が漂っている。作品のセンス的に1970年代のものとは感じられず、映像、展開、メッセージ性どれをとっても良かった作品だと思う。特にオープニングは今まで観た映画の中でも、「レオン」「アメリ」と並ぶくらいトップクラスだと個人的に感じる。

プラダを着た悪魔(2018/3/31) 8点/10点
ファッション界隈の話なので映像が華々しく、目の保養になった。実際自分がサラリーマンとして働いて一年ということで、"仕事ができる"というのがどういうことか改めて考えさせられた。

2018-07-23

独善的雑感

今の職場において、一つ一つの現場的で業務的な学びは積極的に放棄しており、「組織の在り方や一つ一つの業務の背景や意義を理解する」というテーマを持って仕事をしているつもりである。

前の職場の壮行会で「社長になることを想定して勉強してきます」と発言して周囲に苦笑いを強要したが、別に冗談ではなく、先のテーマを掲げると自然とそういった考えに行きつく(他社員の苦笑いは、俺の普段の仕事ぶりと発言内容とのギャップに対してだと推測される)。地位にも出世競争にも興味がないため、俺が順調にキャリアを重ねていく心配(?)は無いのだが、そんな小市民な俺でも俯瞰的な視点は常に意識したいと考えている。東大だとすぐに俯瞰的物事を見たがる東大生然とした学生(あまり意味のない形容句)が多かったので、こうした部分は影響されているなと感じる。



社会人1年目そして今のこの数か月間の職場においては、厖大なマニュアルを利用して時間内に連続的に答えを出しながら職務を遂行しなければならないわけで、例えば大学時代にカフェでを時間もかけて米大学院レベルの財政学の原文を読み込みオラついてる数式と格闘しながら自分にとっての一つの解釈を得る、というようなこととは正反対のことを行わなければならない。

しかも仕事をしていると分からないことに頻繁に遭遇する。分からないこと・困難→解決策の模索→判断といった一連の流れの中で、どのように解決に向かってアプローチするか、そのために何を使ってどのような情報にアクセスするか、が重要になってくる。そしてこれからそういった能力がますます必要になってくるため、今からこうして鍛えていくことは悪くないと思う。俺はまだ2年目のペーペーだが、役職者は傍から見ていて大変そうだなと思う。



7月1日付で新しい職場に"勉強"として来て早一か月が経とうとしている。
6月29日の記事において、この数か月間は人間関係を極力絶ちたいと書いたが、仕事と柔道ブラジリアン柔術の時間以外は孤独を十分に愉しんでいる。ただ柔道柔術だけで週4-6は活動しているわけで対人の時間は意外に多いかもしれない。真夜中に独りで様々な考えを巡らせながら134号線を愛車と走るのは至高の時間である。

2018-07-12

7月上旬

数か月間における"違う環境"での仕事。現在の業務難易度は高いわけではなく、元々の職場から比べると仕事自体は楽になった。しかし新入社員として育ってきた環境を抜け出して、一人で新しい環境に飛び込み、役割を期待されて戦力として働くということに対しては幾ばくか内圧を感じざるを得ない。また、この1年3か月間はひたすら先輩社員から教えを乞う立場であったのだが、今は自分よりも上の人に教えるような立場になることもあり戸惑いを感じている。

この職場においては耳学問を大切にしようと心掛けているのだが、現時点での情報量は期待していたものと比べて少ないため、自分からもう少し積極的にコミュニケートしていかなければならない。



ブラジリアン柔術も期間限定で新しい環境で始めた。柔術はブランクがあるのでテクニックを思い出しながら取り組んでいる。やはり難しいと感じるのは、無数にインプットされていくテクニックを如何に身体に染み込ませて体得していくか、ということである。

スパイダーガードもクロスガードもハーフガードもデラヒーバもラッソーもXガードもベリンボロも一応何となくは覚えているものの技術として獲得したと言える段階までどれも達していないのが現状である。パスガードについては、感覚に依るところが大きく、俺の場合は立ち技的なパスガードになっていると認識しているため細かいテクニックを詰めていく必要性がある。



増量計画について。体重は毎日計測しているが、すべて載せると見にくいので推移を抜粋。夏場の柔道柔術で日々大量にカロリーを消費しているため、簡単には太れないが少しずつ前進している。

7月1日 63.6kg
7月3日 64.4kg
7月4日 65.1kg
7月10日 65.5kg
7月12日 66.5kg




最近心を動かされた出来事が二つ。

一つ目はロシアW杯日本代表。サッカーには一切の興味がなく、代表戦も特に熱心に観戦することはなかった。しかし今回のW杯は、絶対にベスト8に進出する戦略と采配を駆使して強豪相手に善戦し、ベルギーを追い詰めたところまでいった。さらに今回のメンバーは平均年齢が高く、そのベテランたちが気迫と泥臭さで戦い抜いたことに感銘を受けた。

二つ目は中学生の柔道の試合を観に行ったこと。中学生にも知り合いは多く、中学の総体が近所で行われるということで試合をたまたま観戦しに行った。小学生の頃から知っている子が多いので、様々な面で成長を感じることが多々あった。一試合一試合を真剣に戦っている彼ら彼女らを観ていて、その純真さや健気さに羨ましさを覚え、同時に俺も二十代後半になり中高生に比べて明確に伸びしろが狭くなってきたため、むしろ中高生以上に一生懸命に打ち込まなければならないということを痛感した。

2018-06-29

新しい環境

会社からの指令により7月からしばらくの間、新しい環境に飛び込むことになった。
何をするのか具体的にまだ分からない部分があり、それはそれで楽しみにしている。一社員としてのミッションはあるが、それだけではなく仕事の面でもプライベートの面でも幾つかの独自のミッションを自分に課そうと考えている。色々と構想は練っているのだが、その一部を以下に記す。

・仕事を丁寧に行う
当たり前のようだが1年3か月間なかなか出来なかったこと、そして大変重要なことだと認識していることである。俺の上司の言う"早く、丁寧に、美しく"というあのフレーズを叩き込み、勤務時間内の業務や雑務に加えて、出勤から帰宅までの動作一つ一つや身なりに至るまでを丁寧ににすることを心掛けたい。

人間関係を極力絶つ
理想は浪人時代、仮面浪人時代、大学1年生のように一人で勉強や読書に励む生活。絶好の行楽日和、周りが浮かれている中、仄暗い自習室で頭を抱えながら格闘していたストイックなあの日々。
人間嫌いだから外部との接触を断つというわけでは決してない。社会人として働き始めてから、常識、社会通念、不文律、スタンダード、マニュアル…こういったものに絶えず囲まれ、嫌でも"皆"と同じ色に染め上げられているため、出来る限り一人の時間を作ることで、ショッキングカラーを上から塗りつぶしていきたい。まぁ既に職場では変わった奴扱いされているのだが。

・トレーニングを行い、同時進行で体重を今よりも10kg増量させる(現在63-64kg)
ドカ食い&プロテイン&ウェイトトレ。この方法で2015年秋〜2016年春にかけて60kgの体重を70kgまで増やした。なので不可能ではないと思う。今俺が必要なのは、体重90kgの大外刈りを移り腰で叩きつけるくらいのパワーである。

ブラジリアン柔術練習量を増やす
ブラジリアン柔術練習できる場所は現段階で2つある。一つは会員制の柔術教室で、もう一つは自由参加型のサークル形式のもの。7月から通勤等の関係もありもう1つ増えるかもしれない。俺が欲しいのはパスガード力よりも、引き込んで下から相手をコントロールする力である。柔術に関わる人をすべて"我以外皆我師"と仰いで全てを吸収したい。


気分は2016年1月に2週間ほど行った沖縄一人合宿の時のそれと同じようである。沖縄ゲストハウスに滞在して、誰とも言葉を交わさずに勉強と読書とトレーニングだけに集中していたあの合宿は非常に有意義であった。先代のブログに文章で残しているため何をやったか見返すことができ、こういった時にブログを続けていてよかったと感じる。あの時の息抜きは、沖縄ラジオで地元の音楽を聴きながらインプレッサスポーツで今帰仁村まで爆走ドライブであった(当時の記事URLhttp://d.hatena.ne.jp/ein-Mann+Moratorium-days/20160116/1452971872)。今回もBRZでの伊豆箱根ドライブ若しくは首都高速一人サーキットが息抜きのメインになりそうである。

長渕剛の「逆流」という曲の中にあるように、"誰もが僕の居場所を知っていたから"、"ここを出ていく"のである。

2018-06-15

梅雨の時期

近頃は更新どころかブログの存在すら忘れていた。社会人2年目として数か月か経過して、少し心境の変化が生じたことも原因としてあるのかもしれない。

最近夜中になると、部屋の明かりと冷房を全て消し、キャンドルを灯して窓を開けるようにしている。ワンルームの部屋がかなり狭いため、キャンドルの灯のみで事足りる。さらに現住居はビルもなく穏やかな地域に位置しているため、窓を開けていると、シンと静まり返った中に微かに聞こえる虫や生活の音、吹いてくる風やにおいが心地よい。俺が根を張っている職場や街でバカになっている五感が悦びを感じているのが分かる。

普段お酒を飲むことはないが、このシチュエーションではコンビニで購入したクラフトビールを飲むことが多い。ビール以外も飲みたいのだが専用グラスを入手するところから始めなければならない。



先日、半年ぶりくらいに柔道の試合に出場した。
結果は背負い投げで技ありをとられて優勢負けである。序盤に俺が放った右の巴投げで技ありをカウントして欲しかったことや相手の掛け逃げ気味の攻めに指導をとって欲しかったことなど疑問点は幾つかあるのだが、判定競技なので結果に関しては仕方がない。問題は中身であり、ケンカ四つに対して終始組み手が良くならず、途中担ぎ系から方向転換して狙っていた内股や隅返しが最後までかけられなかったことは反省点である。

あとは寝技。回転式送り襟締めや加藤返しのチャンスが何度かあったが不発。最近ブラジリアン柔術にも復帰したので一つ一つ丁寧に練習したい。



本日は久しぶりに良い休日と感じられた日であった。
良い休日というのは、必ずしも良い景観を観ることができたとか様々な場所を沢山回れたとかそういういった類のものとは一致はせず、人混みもなく気儘にゆっくりと自分のペースで好きなことをできた日のことを指す。

ルートは、ポーラ美術館(箱根町)→箱根スカイライン芦ノ湖スカイライン湯河原パークウェイ→湯河原温泉湘南地域で買い物、と通常よりもボリュームは小さいのだが、その一つ一つにおいて自分だけの時間を感じることができた点で非常に充実していた。

本日は雨天のため山道は濃霧であったが、霧の中を走るのもまた良い。今までも霧の中のターンパイクや箱根新道を走ったこともある。ほとんど車は走っていないため進路を阻まれることはなく、ただでさえ山や峠を走るという非日常的な体験が霧が加わることでさらに加速される。

そして温泉。平日の雨の昼間、湯河原の源泉掛け流し温泉とはいえども、ほとんど貸し切りの状態で野天風呂を愉しむことができた。湯河原の緑を眼前にして、湯に浸かりながら自由に物思いに耽る、そして風呂から上がれば峠を走った疲労を休憩室で回復させる、これ以上には何も望むことはない。

3連休の1日目から雨天ということでそれまでは強く卍な気分であったが、むしろ雨天によって意外な愉しみ方を発見できた。

f:id:Das-Man:20180615232134p:image
画像は芦ノ湖スカイライン途中にあるパーキング。この場所は2年5か月2週間ぶりの訪問。