すべての謎にエロがある@得意な科目は家庭科

since 2003.08.06
ビジター数合計 25000+
ユニークビジター数合計 10000+
2004 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 |
2013 | 03 | 05 | 07 | 10 |
2014 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 04 | 05 | 11 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2019 | 01 |
移行
人々は非情だなと僕は思った。
 | 

2010-02-28

Gフォースはアニメなのか、それとも実写なのか

出てくる動物は基本的にCGで、その他は実写ベース。なので最初はロジャー・ラビット*1の系譜として考えていたのだけれども、予告を何度も見ているうちに、どう位置づけるべきなのか良く分からなくなった。


最近CG技術の発達と共に、映画におけるアニメと実写の境界が凄く曖昧になってきている、というのは改めて言うまでもなく散々指摘されてきている。で、Gフォースくらい実写に溶け込めてしまうと、それはもうアニメというよりは実写として区切っていいんじゃないか、と思えてきてしまう。作る側の技術ではなく、あくまで見る側の視点からアニメ的であるか実写的であるかを判断し、それを持ってアニメであるか実写であるかを決める。実際、自分も含め多くの人はそういう区分の仕方をしているはずだ。


この時僕らが思う「アニメ的」とはなんなのか? そういった抽象概念は、それまで見てきたアニメがどういうものであったかによって各個人の中で規定される。CGにより実写とアニメの境界が揺らぐ以前から、各個人が持つアニメイメージは千差万別だ。人によっては名劇だろうし、ガンダムだろうし、かわいい女の子が出てくるものかもしれないし、怪しげなサブカル的なものかもしれないし、水墨画だったり人形劇だったりピンホールアニメだったりするかもしれないし、それらの幾つかの組み合わせもしくは全部だったりするかもしれない。


まあ、そういう区分け自体に大して意味はないと思う。思うんだけど、そこで不安なのは、アニメという言葉が単純にレガシー技術を指す隔離されたものとして広く認知されてしまうことで、それはアニメに対するイメージ更新されなくなるということと表裏一体でもある。卵が先か鶏が先かという話かもしれないけれど、もしそうなってしまったとき、「アニメ」の代わりにどういう括り方や呼び方をするのが自分にとって一番しっくりくるのか、ちょっと見当が付かない。


ということを思った

*1アニメキャラ現実世界に実在するという世界観で、実写に2Dアニメキャラが合成され実際に動き回る

2010-02-23

ガンダムUC@新宿ピカデリー

ガンダム押井監督して、宇宙世紀なんて無かった! ファースト信仰幻想だった! ニュータイプもただのアニメ雑誌だった! とやるべき。やってくれ。もはや悪夢に近い。


面白いかどうかと聞かれれば、なのはとおおよそ同じくらい、と答える感じ。

2010-02-21

ガクト=圧倒的な存在感


というわけでノイタミナ発表会見終わった

四畳半PVの湯浅度とさらい屋PV中澤度が高すぎて、もやしもん実写がノイタミナ枠(特撮みたいな扱いっぽいけども)なのも全然OK

いやー四畳半楽しみすぎる

2010-02-06

涼宮ハルヒの消失

良かった。今年入ってからアニメ映画10本くらい見てるけど、一番面白い


中盤あたりの、キョンの説明聞いてハルヒが興奮するシーン。

Tachikenという人には「同じ演出は2話にあったでござるよ ニンニン」と言われたけど*1、あそこのポイント主観と客観が逆転するところだと思う。それまでのカメラワークからすると有り得ないくらいキャラにフィーチャーしてて、しかもそれが話の転換点と直接同期するので、開放感がありとても気持ちいい。話のスジからして逆転しちゃいけないんじゃないかという気もするけど、ハルヒの魅力度が上がるのも確かで、かつハルヒが魅力的でないとまずい話なので、あそこは凄くいいなーと思った。ハルヒかわいい


ネックはキョンの走りが派手でなかったこと。あと原作読んだときも思ったんだけど、キョンは考え抜いた末選択をしているように見せかけて、その実何も考えてねえなという印象に変わりは無かった。

*1:言われたので軽く見返してるけど、無くね?

TachikenTachiken 2010/02/08 07:39 見返してみたら2話じゃなくて#2第1話でした(シャッフルの弊害)。申し訳ない。
自分が言いたかったのは15分前後の「気がついた!」のシーンと似てるよね、ということでした。

2010-02-03

バカテス4話とにかくいい

テーマ距離感で、まあ見たまんまなので見てもらえればいいんだけど

(噴水、柵、街灯あたりが露骨)

個人的に一番良かったのは

美波フレームの外へ出て行かせないとこ そうねーそういうの大好きだね


いわゆるシャフト演出って奇抜で目を引く割に、その演出で伝えたい、伝えなきゃいけない主題がたいして無い場合が多い。なので見ていてどんどん感覚が麻痺してくるんだけど、本来凄く劇的で面白いはずで、ラスト近くでパッと色彩が変わった瞬間にあーこれかー、と思った。

2010-02-02

バカテス4話がとてもよかった

あおきえい+シャフト大沼心)で、なるほどこうなるのかという感じ

うん いいねー

 |