すべての謎にエロがある@得意な科目は家庭科

since 2003.08.06
ビジター数合計 25000+
ユニークビジター数合計 10000+
2004 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 |
2013 | 03 | 05 | 07 | 10 |
2014 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 04 | 05 | 11 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2019 | 01 |
移行
人々は非情だなと僕は思った。
 | 

2014-01-02

結局、この半年ほどずっと風立ちぬのことを考えていた。


僕にとってあの映画堀越二郎は、エゴイストであることと同じくらいに悲観主義者であり、それはあの映画を見る上でとても重要な事であった。

ラスト菜穂子に「来て」と受け入れられることでそのキャラクター造形は完遂されるはずだったが、結局、彼女は「生きて」と言う。それは単なる許しなどではなく、拒絶でもある。この映画の大きなテーマの一つである矛盾そのもののようなシーンだった。


もし二郎兵器を作ることに葛藤していたら。何度かシミュレーションしてみたが、やはり駄作しか生まれ得ないように思う。そういった誠実さを欠いたやり方は、人生を描くことから最も遠いところにある。ある種の思想 ─戦争は一部の人間の暴走に拠るものであり、庶民は一律に平和を願っていた─ を刷り込むための「プロパガンダ映画」としてならば良いかもしれないが。



未だに「風立ちぬ」については考えがまとまらない。描かれる対象があまりに広範すぎて、考えれば考えただけ何かを返してくれるだけに、余計にまとまらない。どこかで打ち切るしかないんだろうけど…。

 |