すべての謎にエロがある@得意な科目は家庭科

since 2003.08.06
ビジター数合計 25000+
ユニークビジター数合計 10000+
2004 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 |
2013 | 03 | 05 | 07 | 10 |
2014 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 04 | 05 | 11 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2019 | 01 |
移行
人々は非情だなと僕は思った。
 | 

2014-06-28

[]乾き。

大平晋也アニメパートのために鑑賞。いじめられっ子が水の中に落とされてるシーンとか。

いかにもではあったんだが、もっと派手なシーンやって欲しい。



映画感想は……。

不思議の国のアリスが再三出てくるように、確かにゴスロリ世界観と親和性は高いものの、その枠に収まっている感じ。

若く美しいうちに死のうという人生設計若者の間で共感呼ぶ時代じゃあないと思うんだけど、どうなんでしょうか。

それとも僕が映画見れてないんでしょうか。



あと1カットカットがとにかく短くて、とにかく疲れた。

非常に細かくカットが割られ続ける編集のされ方で、切迫感、白昼夢感、ドラッグ感は確かにある。

さらに一カットカットの切り方、編集センスも良い。

なんだけど、それが切れ目なくずっと続くとなると、

いかにセンスがあろうとも平板に感じてきてしまうのが人間の性というもので……。

カット単位のレイアウトもちょっと面白みに欠けるというか、それを補うためのこの編集なんだろうか。


というわけで、この映画は非常に見難いんだけど、

じゃあそれは話が追えなくなるレベルなのかというと全くそんなことはなくて、

説明自体はそこそこ丁寧だし話もそこまで複雑ではない(というかセリフでフォローできる)ので、

たぶんボーっと見ていても話は追える。

でも1カットはやたら短いので視覚情報はやたら入ってくる。落ち着かない。そして疲れる。

いや、本当に疲れた。



あとは……ハラ切り裂かれたりボコボコに殴られたりしても、みんな割と元気な感じで良かったです。

やっぱり人間、元気が大事



あとオールドボーイに言及してもいいのかなこれ。よく分からんけど。


[]攻殻機動隊border3

トグサかっこいい。あとなんかあったっけ? まあそれだけで十分ですよね。


死んでるんだか生きてるんだか分からない紛争地帯の謎のリーダー、という

作中キャラ「カルディス人独立戦争英雄“スクラサス”」のモデルの一人と思われるバグダディが、

2014年6月現在、元気に中東を荒らしまわってるって言うぜ。今も世の中荒れ放題。ボヤボヤしてると後ろからバッサリだ!

[]聖闘士星矢

前情報なしでも、さとうけいいち監督作と分かるくらいクセがある作品。つーかタイバニとノリが酷似してる。

原作の骨格だけは尊重しつつも、さとうけいいち世界観に出来るだけ引き寄せつつ再解釈された作品になっている。

とにかくビジュアル面白さがよかった。空中楼閣サンクチュアリ爆笑したけど、良く考えるとシュテルンビルドと同じ虚飾の町という発想で作ってるんだろうな……。

デスマスクのミュージカルなど笑いに満ちた作品だったけれども、その中でも一番笑えたのは、

お前何処の乙女ゲーキャラだよってツラして出てきたムウ。

いや、ホント、お前だれ?


キャラタイバニ

星矢は主役の格を備えた若き虎徹みたいな性格だし、

スコーピオンダークサイドに落ちた虎徹、

紫龍はスカイハイ(途中で「ありがとう! そして、ありがとう!」とか言い出しても全く違和感ないくらいスカイハイ)。

瞬はヘタレバーナビー


一輝? そんなヤツ居たっけ?

2014-06-26

[]戦場のメリークリスマス

8点。見直すともっと上行くかも。

話の面白さもあるけど、絵作りやたら凝ってるのが良かった。

古い邦画ホント構図がしっかりしてるよなあ。

あとビートたけし凄い。あんなシームレス狂気に入り込めてしまう

日常暴力が一緒ではなくきちんと別れているにもかかわらず、

 そこにまるで境目がないかのように自由に行き来してしまう)たけしも凄いが、

この能力を見抜く大島渚も凄い。



戦場からこその

日本と英国の間にある様々な価値の相違を超えた魂の結びつき。

助けられた、助けられなかった、「運」が良かった、「運」が悪かった。

ローレンスとハラ軍曹立場はやがて完全に逆転するが、

ハラ軍曹の口から出てくる言葉は全く同じだった。

二人の間に生まれた奇妙な友情は、立場を超える。


いろいろな感慨の沸く良いラストシーン……ではあるが、まあぶっちゃけたけしなので何となく笑えてしまうのはご愛嬌ということで。

2014-06-20

[]幕末太陽傳

何度も出てくる壊れた時計っていろいろ解釈の仕様があるけど、

一番素直に解釈すると体を壊した佐平次自身のことを表しているんだな。

騙し騙しで動かしているけれど、どうしても壊れてしまって

やがて針は止まってしまうだろう……。


もう一人の主役である高杉晋作も史実では結核で若死にする人だし、

心中、犬や猫の死体死体の振りをした金造、墓場と、直接的な死のイメージに溢れ返った映画で、

そこには監督死生観が色濃く反映されているのだろう。

見ている間はその映画全体から発する強烈な明るさに目を奪われて陰鬱雰囲気は微塵も感じないのに、(だからこそ、か)

逃走するラストシーンを見終わった後には映画全体に散りばめられていた死のモチーフの印象が強く際立っていく。

見ている間も面白ければ終わった後の余韻も最高という

いやー贅沢な映画だなーこれ

2014-06-19

[]幕末太陽傳

傑作。2014年の今見ても全く古さを感じさせない。

上映当時の品川の風景から始まるオープニングからしてセンスが良い。佐平次がセットを壊し現代まで逃走するという、幻のラストシーンの構想が実現しなかったのが本当に悔やまれる。


何よりも喜劇としての出来が素晴らしい作品

幕末という時代や佐平次の病気といった重さ(何度も出てくる犬や人間死体がいかにも佐平次の行く先を暗示しているかのよう)と、落語をベースにした物語とそれを支える芝居の軽妙さ、この二者のコントラストが良く映える。そしてそれによって、死を笑い飛ばし逃げ出しながら猶あっけらかんと刹那的に生きようとする雰囲気にこそ、喜劇としての面白さは成り立つ。

ていうかエヴァマジで関係ない。


映画を実際に見ているときは、

佐平次の病気を一本通した軸にしつつ、割と行き当たりばったり気味に落語が並べられているという印象を受けるのだが、

終わってみれば

佐平次が居残りになるまで、若旦那を助けて遊郭を出て行くくだり、そこからラストまでと

分かりやすい区切りのつけられる構成になっており、非常にまとまった印象に変わる。

そのストーリーラインに乗っかって見るには、序盤の混沌とした中から佐平次を主役格として出来るだけ早く認識する必要があるのだが、

これはプロットの工夫よりも俳優の力によるものの方が大きそうだ。

フランキー堺、凄いね。

2014-06-08

麻雀

「5年、そんなになりますか。こういうところに居ると時間感覚がどうも分からなくて。」

G1=精神と時の部屋

[]グランド・ブタペスト・ホテル

7点。

ホテル小道具はとても手が込んでそうな感じ。

コミカルなズームアップ、影絵風の平面的な動きの演出もあり、アニメーションとの親和性は割と高い。

[]闇のあとの光

4点。

何あのレンズ。なめてんの?

スプリットフィールドフィルター付けっぱなしで面白エフェクト試してみました、ってのはいいけど

はいはいそうですね、としか……。

[]アクト・オブ・キリング

8点。

デブの演技力の高さで1点加点。彼が居なかったらこの映画雰囲気は全く異なっていたであろう。存在感高すぎ。


その辺に住んでる普通の一般住民が昔は笑顔で虐殺してました……という話だと戦慄するのだが、

少なくともこの映画で描かれるのは土地のチンピラヤクザがやっていた虐殺についてだけであり、

政府が治安維持チンピラヤクザを上手く使うなんて世界中何処でもあることと言われてはいるので(日本も含めて)、

まあ想像範疇ではあった。

それが現在進行形で礼賛されていて、映画という形でまとまったのは凄いけど。


虐殺被害者の息子が、自分の親がドラム缶の下から発見された事を作り笑いをしながら虐殺当事者に喋っているシーンが凄まじい。

しかも、それに対して虐殺側は、そのエピソード映画の尺的に入れるのは厳しいんじゃないかという事を真顔で言う。何とも言えない。

2014-06-02

[]ロボットガールズZ

70年代マジンガー80年代金田風アクション90年代勇者シリーズサンライズ立ち、男排除00年代、何でも擬人化10年代、この40年のアニメの歴史が全て詰まったロボットアニメの総決算的作品適当)。姉御肌のZちゃん、寡黙ロリのグレちゃん、癒し系グレンダさん、そんなロボットガールズチームZの面々が、光子力を狙って襲いかかってくる機械獣少女たちを容赦なくボコボコにしていく様が描かれる。

池畠博史監督の色(一番分かりやすいのは、ハヤテのごとく!39話「よいこの友達 借金執事万才!」)が強く出た作品で、パロディネタの多さやバトルの多い作品世界と良く合っており、個性と企画のマッチングに成功している幸福作品なのではないだろうか。作画的にかなりヤンチャなシーンも見受けられたが、そのような絵が描かれる必然性ストーリー演出を通じてきちんと持たせており、キャラを壊さないようにしながら面白い動きを入れ込む匙加減が非常に良かった。

テレビシリーズから映画化なのでスクリーンで見ると画面構成の単調さが若干キツいなーと思う部分があった反面、キャラクターの顔崩れが一切無かったといっていいほどにディティールはしっかりしており、何だかんだ言いながらもかわいい女の子が売り、という点に対するブレは無い。ハチャメチャに見える雰囲気とは対照的に非常に良く制御されて作られた作品、という印象を受けた。

 |