すべての謎にエロがある@得意な科目は家庭科

since 2003.08.06
ビジター数合計 25000+
ユニークビジター数合計 10000+
2004 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 |
2013 | 03 | 05 | 07 | 10 |
2014 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 04 | 05 | 11 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2019 | 01 |
移行
人々は非情だなと僕は思った。
 |  

2018-09-23

[]若おかみは小学生!

アニメーションが非常に巧い。

地味な部分の巧さだけじゃなくてコミカル描写にも品があって良い。出っ歯解釈とかも、ああそこそういう風に描くんだって感じ。

テレビアニメの方でEDが変わった時に、映画のシーンを編集したものだと気付くまで

テレビでもできるじゃないかこういうのだよこういうの、と勝手勘違いしてたんだが、そういう問題ではなかった。



話をまとめるために描かなければならない内容が多いためか、話の転がし方が急なのは気になった。

特に、おっこがどういう風に親の死と対峙したのかは、もう少しハッキリと描いてもよかったのではないか。

対峙の切っ掛けが強制的で強烈なものだったので、映画を見ている側としてはそっちに意識が引きずられすぎてしまって、

おっこがどう対峙しているのかが曖昧になってしまっているように感じた。


この映画主人公は、「思い出のマーニー」のような自意識へ向かうやり方とは全く別のやり方で親の死に対峙していて、

その対比として一番最初のお客が描かれているんじゃないかと思うんだけど、むしろその違いが気になってしまうんだな。

少年の立ち直り方とおっこの立ち直りの差異ってなんなんだろう、という。

主人公少女(おっこ)の立場と描かれ方は一歩間違うと大変危うい話にもなるので、その綱渡りがどれくらい成功しているんだろう、ってのは

考えておかなくちゃいけないことのような気がする。

で、その点に対して、画作りの良さはけっこう寄与しているんじゃないかなーと思った。

2018-09-09

失われたものたちの本

例の本、我慢できずに読んでしまった。


読んだ人の多くは「はてしない物語」を類例に挙げそうだし、それは概ね合ってると思うけど、

「海辺の王国」あたりと比較した方がより面白いんじゃなかろうか。

これらの作品は、

人生の中で失われたものそのもの基本的にどうにもならないし、

子どもからといって安易回復の機会が与えられるわけでもないってあたりが

だいたい共通しているところだと思うけど、

「失われたものたちの本」はそのような厳しさに対する語り口が結末も含めて独特なのが面白い

子ども向けには子ども向けらしく優しい嘘をつけばいいのだ、

みたいなのとはちょうど正反対のやり方で

子ども向けの物語を描こうとしているのは良いと思う。


あと、読んでいる最中

押しつぶされるような圧迫感があり、

内容の残酷さ(と、そこから類推される主人公の心境)も相まって不安と暗さばかりが先立つんだけど、

構成がかなりしっかり練られているおかげで、

読み終わってパラパラめくりかえしたときに残酷だけど面白い冒険譚として思い返せるのも良い。

2018-07-25

やっぱ自分想像以上に分かりにくいんだろうな

最後エピソード

「お父さん」「お母さん」ではなく個人名を言えとしつこく要求することに対してどう思うのか、ってのが

この映画の大きな分かれ目であると思うんだけど、

そこをすっ飛ばして「お兄ちゃん」のとこだけ切り取る見方をしたとすると

それはマジでホームムービー以外の何物でもないから

相当ツラい映画になるのではないか

2018-07-22

バケモノの子の時も保守的云々がよく言われていたけど、

細田守家族観保守的なのではなく、説明の仕方が足りないんだと思う。

あれだけ犬(ゆっこ)を家族の一員としてかなりの尺を割きつつ描写して、あまつさえファミリーツリーにだってしっかり組み込まれているにもかかわらず、

映画を見た人(一応プロと思われる人のレビュー、しかも複数)に「血縁」という言葉でくくられちゃうってのは、

(まあ犬と人の間に血縁関係があると考える個性的な人なのかもしれないし、上映中に寝てただけかもしれないけど)

やっぱり見せ方が悪いんだと思う。


ツリーの説明のところ、説明過多みたいな批判もあったりするけどたぶん逆なんだよ。情報量が全然足りてない。

骨格だけを強調しちゃうから家族のつながりといったらイコール血縁だな! みたいな思想の人は

血縁」というワードでくくるのが最適と思ってしまう。

そういうのを丁寧に潰すような説明を、その「家族血縁!」と客が勝手に思うタイミングそのものにきちんと入れておく必要が、たぶんある。

数分くらい前のことだってすっかり忘れてシーンを解釈するのが映画の観客というものなので。

で、そういう純粋技術的なコントロールをするところに、脚本家なりの補佐があった方がいいんじゃないか、という気がする。

2018-07-20

なんたらかんたら:|| 2020年公開予定

あの「バケモノの子」を作った細田監督の最新作。笑いあり涙ありで楽しめました。夏のアニメ映画オススメですよ!

 |