「この世界の片隅に」、内容以外の感想

今年の下半期から非人道的環境で働いており、クッソ忙しくて映画にもなかなか行けない状態なのだけど、そうは言ってもまさか「この世界の片隅に」を観ないわけにもいかぬ。公開初日は無理だったが、公開翌週の平日に観に行った。2回観た。

2009年秋に公開された片渕須直監督の前作「マイマイ新子と千年の魔法」はオレにとって本当に特別で、生涯に数本しか出会えぬ類の映画だった。心を奪われて逆上したオレは当時このダイアリにあれこれ書いたし、上映延長願いの署名活動にも署名したし、延長上映に何度も足を運んだ。片渕監督にご挨拶したりTwitterで絡む機会も一瞬あった。数え切れぬほどの多くのファンと接する監督からすればいちいち覚えちゃいられないくらい小さなことなれど、ファンのおっさんことオレにとっては実に嬉しいものであった。

ゆえに監督の次作「この世界の片隅に」のクラウドファンディングにも参加した。「この世界の片隅に」が傑作になると読みきって出資する、という先見の明がオレにあったわけではない。観てもいない映画を応援するつもりなど全然なかった。あくまで「マイマイ新子」に出会えたことへの感謝、監督へのお賽銭のようなつもりだった。そもそも、映画「この世界の片隅に」が凡作になる可能性だって大いにあると思っていたのだ。なぜなら片渕監督の初監督作品「アリーテ姫」は、まあ、ウン、いいですね。なるほど。はい。という感じで、正直オレには全然ピンとこない映画だったからだ。つまり「マイマイ新子」のみがオレのためだけに神が遣わした奇跡の映画であって他はそうでもなかった、という展開はいかにもありそうに思えたのだ。

だが先日観た「この世界の片隅に」は明らかに「本物」だった。控えめに言っても、今年最高の映画である。小さい公開規模ながら今回はヒットしており、上映館も増えつつある。いやー、こうでないとな。「マイマイ新子」の時なんか誰も知らなかったからな。嬉しい。

それでも今回、オレは落ち着いている。「マイマイ新子」がオレ個人にグッときたのとは違って、「この世界の片隅に」が万人に届く、より成熟した作品だったからかもしれぬ。また、映画が素晴らしいほどに原作の凄さを思い知るという構造になっているためかもしれない。それ自体がたいへんな傑作である原作に対しても、片渕監督は揺るがぬ実力を証明したのだ。ちなみに「マイマイ新子」ではけっこう好き放題にオリジナルやってましたからね。だからオレにとっての特別の中の特別な映画ではなく、「この世界の片隅に」は万人が胸を打たれる立派な、どこに出しても誇らしく、誰にとっても愛らしく、破格の実在感を持った、みんなの特別な映画になった。本当によかったと思うのだ。

コメント
0件
トラックバック
0件
ブックマーク
0 users
Dersu
Dersu

pencroft