Hatena::ブログ(Diary)

diaの備忘録

2008年08月13日

Macで動くfoobar2000

Macでfoobar2000を起動する方法

私は音楽ファイルは基本的にape+zipで保存し、foobar2000(fb2k)で聞いています。Windowsだとこれでまったく問題ないのですが、Macでこのファイルを聞こうとするやりかたが見つからず、せっかくMacbookを買ったのにBootCampのWindowsで起動していることが多いという状態が長く続いていました。

ところが、昨日見つけた

http://www.hydrogenaudio.org/forums/lofiversion/index.php/t36625.html

で、Wineで動かせばいいんじゃん!と思いつきました。で、以下が現在最も簡単と思われる手順です(Intel Macのみです、念のため)。

  • MikuInstallerをインストールします。下の方のダウンロードからダウンロードできます。
    • 私はReadMeの1の方法、MikuInstaller自体をMacのApplicationsに入れる方法をとりました
  • MikuInstallerのReadMeに従い、X11をインストールします。
    • 10.4 TigerならインストールDVDからX11をインストールします
    • 10.5 Leopardなら、XQuartzをインストールします*1
      • 左メニューのReleaseから最新のバージョンのPackageをクリックし、Installationのpkgへのリンクをクリック
  • あとは、EXEをクリックして、数秒待てばfoobarが起動します。

私は、NTFS上のfoobar2000を起動しているので設定ファイルとかは書き込まれませんが、読み込みはできるのでWindowsで使っているスキンそのままに音楽を聴くことができました。

注意点として、GDI+を要求するOn-Screen Display GDI+などのちょっと特殊な拡張を使っていると、foobarが固まってしまうようですので、気をつけてください。では。

*1:Macのセキュリティアップデートの度に再インストールしなければならない

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/DianthuDia/20080813/1218603374
リンク元