Devil’s Own −残骸Calling2− このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2011-01-03

今すぐ使える!映画ドラえもん全作品レビュー

 あけまして、ぼくドラえも…すみません発作が。あけましておめでとうございます。ダイシックスです。今年もよろしくおねがいします。

 かねて予告していた通り年末に劇場映画ドラえもん全30作を見終えました。作品ごとにtwitterで感想をつぶやいていたのですが、140文字では表現しきれない部分もあるので、これを基にした全作レビューをまとめておきます。一応、これが私の感想文決定稿です。冬休みの宿題や受験の手引きなどにどしどし活用していただければいいかとおもいます。

後日追加:ネタバレ含みますので各自ご判断願います。

1.『恐竜』〜『大魔境』

f:id:DieSixx:20110101200247j:image:w300:right

大長編ドラえもん」は映画化を前提とした連作シリーズで、第18作『ねじまき都市冒険記』まではほぼ毎年、藤子・F・不二雄自身の手で原作が描かれている(病床に伏していた1988年『パラレル西遊記』を除く)。藤子氏が手掛けた大長編を見たり読んだりしていると、その多くが「非日常世界での冒険を通して、少年少女が成長する物語」だということがわかる。ジュヴナイル映画の黄金律ともいうべき基本構造だが、こうした作劇は『ドラえもん』の世界観の根幹を揺るがしかねないものだった。ご存じのとおり、『ドラえもん』は短編漫画を基本としている。永続的に月日がめぐる「終わらない日常」を舞台としており、のび太たち登場人物が成長してはいけないのだ(学年誌連載の場合はのび太の年齢は読者に合わせて変化したりもしている)。したがって、『ドラえもん』という素材を用いて、長編映画のストーリーを構成する作業は、思いのほか難儀だったのではないか。だが、『ドラえもん』が依拠している「終わらない日常」が、逆説的に大長編に効果をもたらすことになった。安全で永続的な「終わらない日常」に裏打ちされているからこそ、それが突き崩される展開には緊迫するし、のび太たちの「成長」には強くうたれる。第1作『のび太の恐竜』以下の3作品は、藤子氏が『ドラえもん』の素材を用いながら少年少女の成長譚を洗練させていく過程ともいえる。(画像は第1作『恐竜』)

恐竜』(福富博/1980)

 『野生のエルザ』に着想を得た記念すべき第1作。ドラえもん一行が冒険を余儀なくされる状況や、悪役組織との対立関係など展開に無理も多く、決して高い完成度とはいえない。今見ると、『ET』ミーツ『ジュラシック・パーク』という趣があり、実際スピルバーグも本作にインスパイアされて『ET』を製作したという噂がまことしやかに囁かれたりもした。正直この話はかなり眉唾というかハリウッドコンプレックスむきだしの都市伝説だとおもうが、本作がどことなくウェルメイドなアメリカ映画を彷彿とさせることはたしかである。話のスケールは小さいが、のび太とピー助との交流が繊細に描かれ、忘れがたい印象をのこす。劣等生で弱虫だが心優しいのび太を、誰もが好きにならずにはいられないだろう。異生物との邂逅を通した少年の成長物語、綿々と紡がれていく大長編のプロトタイプともいうべき作品だ。

『宇宙開拓史』(西牧秀夫/1981)

 畳の裏側が彼方の星に通じていて…。非日常空間での冒険とロマン、大長編ドラえもんの方向性を決定づけた2作目。惑星の開拓移民と資源を狙う大企業の対立、二挺拳銃で大活躍するのび太など、宇宙を舞台としながらも内容はオーソドックスな西部劇といえる。地球ではうだつも上がらない僕でも、別の星に行けば超強くて、超ちやほやされるんだぜというボンクラ幻想を地で行くコンセプト。『アバター』を筆頭に今やアメリカ映画の王道ともいえるが、あくまでのび太の成長に寄り添っているところが良かった。どうして映画になるとあんなにのび太が勇敢なのか。こうした性格造形にれっきとした必然があることが、この作品を見るとよくわかる。ラスト、コーヤコーヤ星に別れを告げる場面で、クレムがのび太に教えてもらったあやとりを見せるくだりは感動的だ。原作にはなかったが、いい脚色だった。

『大魔境』(西牧秀夫/1982)

 のび太と同じく「お約束」として揶揄されることも多い「映画になると優しくなるジャイアン」は本作から。ジャイアンにしても都合良くキャラクターが変化するわけではなくて、彼なりの悩みと葛藤、責任がしっかりと描かれている。本作ではジャイアンをフィーチャーしつつも、前2作では描かることがなかったレギュラーメンバー5人のつながりをより明確に打ち出してみせた。主題歌「だからみんなで」をバックに、ひとりまたひとりと敵に向かって歩いていくシーンはせりふを一切用いないシンプルな演出で涙を誘う。ドラえもんと4人の少年少女が冒険を通して認め合い、結束を強めていく、大長編を象徴する名場面といえるだろう。すべてが解決したあと、もう一度タイムマシンで自分たちを助けにいくというラストにも胸が熱くなる。巨神像が暴れだす場面は『大魔神』を思わせ、なかなかのスペクタクル

2.『海底鬼岩城』〜『竜の騎士』

f:id:DieSixx:20110101200522j:image:w300:right

異生物・異人類との共生(『恐竜』)、異世界での冒険とロマンス(『宇宙開拓史』)、5人の仲間で力を合わせる(『大魔境』)といった大長編の骨子が1作ごと形成されていき、芝山努監督の恐怖演出を加えた『海底鬼岩城』で完成を見せる。以降芝山は第25作『ワンニャン時空伝』に至るまで、シリーズ最多のメガホンをとることになり、絶望表現、恐怖演出において高いスキルを発揮した。長編ドラマ作劇の要領を得たのか、藤子氏のストーリーテリングもキレキレに冴えわたっている。舞台設定やプロットも毎回驚くほどに考え抜かれており、舌を巻く。ここから数年はまさしく黄金期ともいうべき傑作群だ。(画像は第7作『鉄人兵団』)

『海底鬼岩城』(芝山努/1983)

 芝山努が初登板。瀕死のジャイアンスネ夫を見ながら「シヌノデスカ」と冷たく言い放つバギー、沈没船の中に座る船長の白骨死体、後半の禍々しい画面設計などこれまでの3作とはまったく雰囲気の異なる恐怖シーンが続出する。ある世代にとって映画ドラえもんトレードマークともいえるホラー要素は、やはり芝山の資質に依るところが大きかったのだろう。バミューダトライアングルやムー、アトランティスの伝説などを材に、独自の物語を構築する藤子氏の手腕にも驚嘆するほかない。みなに馬鹿にされながらも、ただひとり自分に優しくしてくれたしずかちゃんのために、ぽんこつバギーがとる行動には思わず涙。手に汗にぎる冒険と、空想を刺激するロマン、大長編のエッセンスがぎっしりと詰まった傑作だ。

『魔界大冒険』(芝山努/1984)

 シナリオ構成が作を追うごとに洗練されていくのを感じる一本。今回の舞台はドラえもんのび太もしもボックスで呼び出したパラレルワールドであるため、他のレギュラーメンバーすらも別人というのが何とも切ない。こうしたパラレルワールドのうすら寒さもさりげなく描かれており、唐突なエンドマークの登場には誰もが愕然としたとおもう。序盤に登場するドラえもんのび太の石像の存在が不安感を煽り、後半は魔界の禍々しい美術設計に引き込まれる。ダークファンタジーとしての映画ドラえもんの剣呑としたムードを存分に味わえる作品。

『宇宙小戦争(リトル・スター・ウォーズ)』(芝山努/1985)

宇宙を舞台としながらその内容は古典的な西部劇だった『宇宙開拓史』とは違い、今回は『スターウォーズ』を引き写した王道のSF戦争アクションである。MGMロゴマークを始め古今東西の映画をパロディにしたオープニングが楽しい。本作のハイライトは、しずかちゃんが敵に立ち向かっていく展開に尽きる。もはやのび太ジャイアンの勇敢さは当たり前となってしまったが、しずかちゃんはあくまでも普通の女の子として描かれている。本当はこわくて、逃げ出したくてたまらない。それでも、泣きながら立ち向かっていく。しずかちゃんより更に臆病なスネ夫もなけなしの勇気を振り絞って活躍を見せる。私はこういう展開に弱いのだ。戦闘シーンも勇壮で申し分なく、武田鉄矢が歌う主題歌「少年期」も出色。

『鉄人兵団』(芝山努/1986)

鏡面世界というコンセプトだけでも偉大な発明というべきだろう。この設定の導入により、シリーズ中最も熾烈な鉄人兵団との戦いが『ドラえもん』の日常世界において実現可能となった。東京タワー国会議事堂など実在の建物も含めた大都市が次々と破壊される光景に、「今見ているのは本当に『ドラえもん』なのか」と固唾をのむほかない。人類と同じような進化と闘争の歴史を持つメカトピアもまた、地球と鏡像関係にある。鉄人兵団の攻撃ぶりも壮絶だが、ロボット美少女リルルが一瞬だけ見せる冷酷な表情は本気で怖い。そんなリルルが少しずつ心境を変化させラストの行動に至るまでが丹念に描きこまれており、ラストののび太のせりふには泣かされる。この時期の作品はどれも必見だが、中でも頭一つ抜きんでた印象のある大傑作だ。

『竜の騎士』(芝山努/1987)

『海底』〜『鉄人』までの作品群と比較するとさすがにスケールが小さい印象。そもそも誤解から生じた争いだけに盛り上がりに欠けるというか、種を守るためバンホーだけ過去に残るとか展開に必然性があればよかったとおもうのだが…。とはいえ藤子氏のストーリーテリングは神業の域に達している。一見、荒唐無稽で幼稚にも思える作品世界(多くの物語は、まさにのび太がそうした発想をみなに馬鹿にされることから始まっている。)を、現実の神話や伝説、オカルティズムを引用し、細部の描写を積み重ねることで確かな説得力を持たせていく。絶滅した生物が地下で独自に進化し、文明を築いていたというアイディアは面白く、文明起源の謎がタイムパラドックスを用いながら明らかになるシナリオ構成も見事。

3.『パラレル西遊記』〜『アニマル惑星

f:id:DieSixx:20110101201022j:image:w300:right

 奇想天外摩訶不思議、だが現実味は確かにある作品世界を毎年のように「でっちあげ」続けるのにもさすがに無理がある。『パラレル西遊記』以降の作品群は、コンセプトそれ自体に驚くということは少なくなってきた。だが、展開やビジュアルにさまざまな趣向を凝らすことによって安定したクオリティを維持している。この時期の映画ドラえもんプログラムピクチャーとして円熟の高みにあったといえるだろう。原作者不在で『パラレル西遊記』という良作をものにできたことはスタッフの自信につながったかもしれない。芝山努の作家性がもっとも顕著なのもこの時期だ。(画像は第11作『アニマル惑星』)

『パラレル西遊記』(芝山努/1988)

 藤子氏存命中では唯一原作がない映画オリジナル作品。れっきとした原作者がいるなかで、代役としてシナリオを任されたもとひら了氏へのプレッシャーは想像するほかない。藤子的なSFすこしふしぎ)観は希薄だが、「西遊記」というモチーフを、タイムパラドックスを絡めながらうまく構成しており、他の大長編と並べても遜色ない傑作に仕上がっているのではないか。特筆すべきは、芝山演出の真骨頂ともいうべき徹底したホラー描写。異様に暗く不吉な背景画、妖怪化した大人たちの恐ろしさ、ママがゆっくりと階段を上ってくる場面などにはちびっこを本気で打ちのめそうとする酷薄さを感じる。後半では痛快なアクションへと大きく舵を切っており、母子の絆というシンプルなテーマも胸をうつ。ドラえもんが「危険が危ない!」と叫ぶ場面も語り草。

『日本誕生』(芝山努/1989)

丁寧な作画と画面設計、上映時間も初めて100分を越え、記念すべき10作目を集大成にしようという気概が伺える。家出して行き場のないのび太をからかうジャイアンスネ夫の背景が不動産のポスターになっていたりと、細やかで計算されたルックにはしびれる。5人が家出して集まるという「空き地に集合!」的な展開もいい。悪役キガゾンビと彼が操る土偶型のロボット(?)ツチダマが戦慄的で、ドラえもんが神隠しについて説明する場面や遭難したのび太が見る夢にも不気味な味わいがある。のび太が作り出したペガサス、グリフィン、ドラゴンとの交流は、彼の独創性と優しさが伝わってくる素敵なエピソード。原作者とスタッフが最良のコンディションで、1作目を語りなおしたかのような作品だ。

『アニマル惑星(プラネット)』(芝山努/1990)

同じくホラー色の強い『パラレル西遊記』が「怪奇」だとすれば、本作は間違いなく「恐怖」においてひとつの頂点を見せた作品だ。『パラレル西遊記』とは違い、本作の「こわさ」ははっきりこれだと指差すことができない。幼少期に、VHSで繰り返し見たおぼえがあるが、見るたびに不穏な気持ちにさせられたことを思い出す。得体のしれないピンク色の靄、巨大な月、荒廃したニムゲの惑星、ガスマスクを被ったニムゲのデザイン、光の回廊を使い月から逃げていく動物たちのイメージ、食物を生産し続けている無人の工場、不気味な音楽…。一見メルヘンな世界に散りばめられたさりげない要素が不安を掻き立てる。ニムゲを見てしまったスネ夫が表情を凍りつかせる場面では、三段階のカットインを用いており、ヒッチコックの映画か、楳図かずおの漫画のようである。環境問題への言及(ママが地球環境について説明する場面も気味が悪い…)にやや教条的なきらいもあるが、荒廃したニムゲの星へのび太が単独潜入する場面はスリリング。傑作。

4.『ドラビアンナイト』〜『ブリキの迷宮』

f:id:DieSixx:20110101201203g:image:w300:right

『アニマル惑星』において恐怖表現はひとまず鳴りをひそめる。さすがにやりすぎだったということか。ここからの3作は、ドラえもん=4次元ポケットの万能性を否定していく「アンチドラえもん」3部作ともいうべき作品群である。思うにドラえもん=4次元ポケットの存在は、その自由さゆえにとても不自由なものだったのではないか。ドラえもん無効化の流れはある意味必然だったわけだが、こうした禁じ手を用いて新たに物語を躍動させる藤子氏の胆力には感心する。4次元ポケットの紛失(『ドラビアンナイト』)から、ドラえもんの一時的な故障(『雲の王国』)、そして完全な機能停止(『ブリキの迷宮』)に至るまでのエスカレーションも実に巧みだ。(画像は第14作『ブリキの迷宮』)

ドラビアンナイト』(芝山努/1991)

 中盤までは行方知れずのしずかちゃんを探すことがドラマの推進力となっており、後半はいつもの冒険活劇。それにしてもしずかちゃんが閉じ込められた絵本をのび太のママが燃やしてしまうシーンには当時かなり動揺した。体操服姿で奴隷商人に連れまわされるしずかちゃんの悲壮感も生々しいが、サディスティックな欲望の萌芽を自分の中に初めて認めたことも告白しておく。いずれにしても多感な幼稚園児には刺激が強すぎた。もうひとつの特徴は、ドラえもんの4次元ポケットが長時間紛失してしまう展開だろう。代わりに数々の魔法道具をあやつる船乗りシンドバットが登場し、活躍を見せる。キャラクターとしては大して掘り下げられたわけではないが、なかなか印象深かった。

『雲の王国』(芝山努/1992)

絶滅危惧種を保護している天上界との衝突と相互理解。プロットはほぼ『竜の騎士』のリライトである。ネタ切れ感はあるが、ドンジャラ村のホイやキー坊の登場などテレビシリーズとのリンクが図られたり、ノア計画の大洪水やドラえもんの故障・特攻などのインパクトは絶大で、初期の傑作群に間に合わなかった世代にとっては特別な作品である。また「戦争映画」としての映画ドラえもんを見たときに、『雲の王国』はひとつの完成形といえるかもしれない。大量破壊兵器による牽制、膠着状態が、「指導者」の過ちによって取り返しのつかない事態へエスカレートしていく様子はリアルな戦争そのもの。環境主義や左翼思想に若干の欺瞞が感じられるものの、十分面白い90年代の代表作。

ブリキの迷宮(ラビリンス)』(芝山努/1993)

ドラえもんが拷問の末完全に機能停止し、物語の大部分はのび太たち4人によって語られている。海に廃棄されたドラえもんは絶望表現ここに極まりといったところで、「アンチドラえもん」の流れにとどめを刺した。本作が優れているのは、4次元ポケットの万能性を徹底否定することで、ドラえもんの真のアイデンティティを観客に訴えかけた点ではないだろうか。スペアポケットによる形勢逆転のアイディアは秀抜というほかなく、ドラえもんのび太の分かちがたい絆を見事に表現して見せた。ドラえもんと4次元ポケットは等価ではない。4次元ポケットが使えなくても、役に立たなくても、のび太ドラえもんがいなくちゃ駄目なんだ、素直にそう思えて心がふるえた。ナポギストラーが「糸まきのうた」を歌いながら絶命する場面もなにげにトラウマ

5.『夢幻三剣士』〜『ねじ巻き都市冒険記』

f:id:DieSixx:20110111013409j:image:w300:right

 『ブリキの迷宮』は、『ドラえもん』という素材を使って表現しうるドラマの臨界点だったとおもう。この先、マンネリズムを防ぐには、ママやパパ、ドラミ出来杉といったサブキャラクターをストーリーに介入させていくか、ゲストキャラクターにフォーカスしていくしかないだろう。いずれにしても、のび太たちレギュラー陣は後景化せざるをえない。だが、藤子氏は敢えてのび太たち5人の物語を貫き続ける。はっきり言って、ここまですべての作品を見てきたものにとって、後の作品はかなり退屈だ。だが、自己模倣の道を選んだからこそこの映画シリーズは世代を超えて愛され続けたともいえる。以降の作品群も特定の世代にとってみれば、忘れられない宝物のような映画になっているにちがいない。ここからは否定的な感想も出てくるけど、これは言うまでもなく私個人の感想であり相対論にすぎないので、気にしないでくださいね。(画像は第17作『銀河超特急』)

夢幻三剣士』(芝山努/1994)

作品のクオリティははっきりと低下した。夢の世界で、好みの登場人物になりきり、ストーリーを演じるというアイディアはおもしろいし、しだいに夢と現実の境界が曖昧となっていき驚きのラストカットへとつながる展開も好きだ。だが、せっかく用意した「三銃士」のモチーフも大して活かされることがないし、舞台設定も悪役キャラクターも『魔界大冒険』の残滓でしかない。ジャイアンスネ夫が唐突に退場してしまったり、夢の中にしずかちゃんがふたり登場していたりと整合性にも欠ける。テーマ曲に頼りきった演出もいかがなものか。とはいえ妖霊大帝オドロームやその手下たちの描写では、久々にストレートな恐怖演出が冴えわたっていて忘れがたい。何よりものび太、しずかが焼け死んでしまう場面の衝撃はシリーズ屈指。

『創世日記』(芝山努/1995)

のび太は夏休みの宿題として、ドラえもんの道具創世セットで小宇宙を作る。だが、そこでは哺乳類とは別に昆虫人も独自の進化をとげていた。のび太地球を作成していく過程は、男の子特有のものづくりの楽しさに溢れている。『キテレツ大百科』に顕著な藤子氏の工作マインドが感じられる一幕だ。暗躍する昆虫人がどう絡んでいくのか期待が高まるが…。脱線に脱線を重ねるストーリーに、ドラマはどんどん失速していき、大した盛り上がりもないまま終わってしまう。結局パラレルワールドの話だし、昆虫人といえばこちらは当然ドラえもん版『スターシップ・トゥルーパーズ』を期待しているわけで、話し合いで解決など求めてないのだよ。

銀河超特急(エクスプレス)』(芝山努/1996)

銀河鉄道、保安官、忍者、海賊、恐竜と少年趣味の一大ショーケース。パラサイト生命体ヤドリのコンセプトはなかなか秀逸で、寄生されたスネ夫のび太の表情はけっこうこわい。友達のこういう顔見てしまったらその後の関係に支障をきたしてしまいそうだなあ…。狡猾で手ごわいキャラクターではあるが、登場の必然性がうすく攻勢も甘いために敵役としてはいまいち弱い印象。のび太の射撃が久々に大活躍するがいくらなんでも神業過ぎていまいち高揚できない。堅苦しいメッセージ性が取り払われ、久々に風通しがいい。メンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」も相まって映画ならではのリッチさがみなぎる忘れ難い作品ではある。

『ねじ巻き都市(シティー)冒険記』(芝山努/1997)

ここ数作にくらべれば展開にもひねりがあるし、各キャラクターの見せ場もそれなりに用意されており満足度は高い。だがのび太たちが作ったぬいぐるみ王国のキャラクターが、なんだか全然かわいくないのだよな。理科室の骨格標本や小便小僧、乗り物のパンダからなるデコボコ一座のほうが魅力的だったし、もっとフィーチャーしてほしかった。前科百犯の脱獄囚は現実だとたしかに怖いが、映画ドラえもんの悪役としてはさすがに矮小化され過ぎている気がする。泣いても笑ってもこれが藤子氏の遺作。のび太たちレギュラー陣が別れの挨拶をしながらどこでもドアの向こうへ去っていき、これ以降エンドクレジットにも一切登場しない。これは藤子氏からの惜別という意味もあるのだろうか。感傷的な気分にさせられた。

6.『南海大冒険』〜『ワンニャン時空伝』

f:id:DieSixx:20110101202909j:image:w300:right

偉大な原作者、藤子・F・不二雄氏没後に作られたオリジナル映画については否定的見解も多く見かける。『南海大冒険』から『ワンニャン時空伝』までシナリオを執筆したのはテレビシリーズも手掛けた岸間信明。原作の世界観やキャラクターの魅力を熟知したうえで、良質なエンターテインメントを提供している。しかし、細かい描写を積み重ね、ウソの世界をまるまるでっち上げて信じさせるようなパワーはなく、あくまでもファンタジーの世界にとどまっている印象だ。メガロマニアックとすらいえる発想力と語りの精密さは、やはり藤子氏の天才だった。といいつつ、やや息切れ気味だった晩年の作品群と比べれば、岸間氏の仕事にもフレッシュな魅力がある。風当たりの強い作品群だとおもうが、出来のいいものは積極的に評価していきたい。(画像は第25作『ワンニャン時空伝』)

南海大冒険』(芝山努/1998)

海賊船での胸躍る冒険とロマンス。怪しい悪役にチームワークで立ち向かうストレートな展開。新しいものは何もないが、かつての藤子氏の作劇を徹底踏襲することで皮肉にも久々の痛快作となった。各キャラクターの心情がたいへん丁寧に描きこまれており、のび太の手を離してしまったジャイアンがそのことをとても後悔しており、その後の行動に活きてくる展開などはなかなかよくできているとおもう。オープニング、エンディングともに主題歌をなぜか吉川ひなのが歌っており、かなりひどい出来。

『宇宙漂流記』(芝山努/1999)

今回もプロットに真新しさはないが、宮武一貴スタジオぬえを起用した宇宙船のデザイン素晴らしく、魅惑的なゲストキャラ、幻覚を見せる危険な惑星、スペクタキュラーな戦闘シーケンスなどさまざまな要素がバランスよく配分された映画ドラえもんの王道となった。芝山氏直筆のイラストによって歴代作品を振り返る20周年記念のエンディングも素敵。歌はSPEED

太陽王伝説』(芝山努/2000)

童話「王子と乞食」をモチーフに、前半はのび太と王子ティオの替え玉生活を描いたコメディ、後半ではティオの王国をめぐる魔女レディナとの戦いを描く。前後半でカラーが異なるが、あくまでのび太とティオの友情と成長が中心に据えられている。ここへきて初めて、レギュラー陣以外のゲストキャラクターが深く掘り下げられることになった。外見はのび太そっくりだが、性格は尊大で熱血気質の王子ティオは緒方恵美の好演もあいまって魅力的に造形されている。のび太のママに気圧されながらも自分の母親の面影を見てしまったり、ジャイアンと全力で殴りあったり、しずかちゃんを泣かせてしまったりと、のび太側の「日常」を通してティオが少しずつ成長していく過程を活写していく。キャラクターそれぞれに見せ場があり伏線回収も絶妙だ。ディズニースピルバーグなどどことなく王道のアメリカ映画を思わせる傑作。なお、本作のオープニング主題歌はウィーン少年合唱団が唄っているのだが、これが吉川ひなのとはまた別の意味で脱力。ただアニメーションはかっこいい。

『翼の勇者たち』(芝山努/2001)

いよいよドラえもん一行は狂言回しへと退き、バードピアの飛べない鳥人グースケの成長が丹念に描かれている。ハイライトとなる中盤の飛行レースシーンは『ファントム・メナス』を経由し、遠く『ベン・ハー』の残響が聞こえるかのようだ。グースケの描写に腐心するあまり、鳥人王国という設定や、悪役などの描きこみが希薄でバランスを欠くところもある。なによりスネ夫に懐く雛鳥が、単なるマスコットどまりで物語にまったく活かされなかったことが残念だが、マンネリズム防止の方向性としては正当に評価できる好編といえる。

ロボット王国(キングダム)』(芝山努/2002)

人間がロボットの「人間性」をはく奪するという、これまでの『ドラえもん』には意外と見られなかった『鉄腕アトム』的主題をもつ作品。これはドラえもんの存在そのものに関わるテーマでもあり(『ブリキの王国』ですでに回答が得られている気もするが)、姉弟同然に育った人間の王女とロボット少年の確執にこのテーマがどう絡んでくるか、期待が高まったが、必要な描写を怠った挙句の唐突な愁嘆場にかなり興醒め。冒頭のタイムマシンでの戦闘はなかなかよかった。

『ふしぎ風使い』(芝山努/2003)

スネ夫が操られて途中まで完全な悪役、という展開はいいとしてもその後必要な落し前も描かれないために単なる嫌な奴になってしまっている。前作と同じくキャラクターの行動に何の動機づけもないので感情移入もできない。もはやアイディアのかけらもない惰性と予定調和の産物。

『ワンニャン時空伝』(芝山努/2004)

『のら犬「イチ」の国』を原案に、のび太とイチ(そしてハチ)の友情をていねいに描いていくシンプルながら王道のストーリー。ひさびさにタイムパラドックスのトリックが冴えたシナリオ構成。のび太とイチ、ハチの絆を取ってつけたようなせりふではなく、けん玉というアイテムを用いて表現することで素直に感動できるようになっている。加えてこのけん玉のび太のおばあちゃんにもつながっているという徹底した「継承」と「絆」のテーマには感心した。これ!これ!こういうの見せてくれなきゃ!『帰ってきたドラえもん』に始まる一連の感動中編を手がけ、後に『恐竜2006』『緑の巨人伝』を監督する渡辺歩が作画を担当。しずかちゃんを筆頭にキャラクターデザインが大幅に変化している。ひさびさにメンバー全員が力を合わせるクライマックスも、これまで見られなかったカーチェイスの迫力もあいまって圧巻の出来。大山のぶ代ら主要キャスト、そして芝山努監督はついにこれで最終作だが、有終の美を飾るのにふさわしい傑作になった。

7.感動中編(『帰ってきたドラえもん』〜『ぼくの生まれた日』)

f:id:DieSixx:20110102185239j:image:w300:right

1998年『南海大冒険』から2002年『ロボット王国』までの5年間は、原典でも特にドラマ要素の強い短編を原作・原案とした中編作品が同時上映されている。いわゆる感動中編5部作と呼ばれる作品群で、この時期に映画館でドラえもんを見た世代には、メインプログラムよりもこちらの方が印象に残っているという人も多いとおもう。言及を避けるには惜しい作品群なので、特別に補足しておきたい。この5作は、後に長編のメガホンをとることにもなる渡辺歩が監督、作画監督を手掛けている。細部まで作りこまれた美術背景、季節感と日常風景の繊細な描写が目を引き、長編ではあまり見られなかったメロドラマ的味わいもある。私が今回この5部作を見返していていちばん驚いたのは、それぞれにはっきり季節感をもって描かれている点である。テレビシリーズで同エピソードがアニメ化された際は、ここまで細やかな季節の演出はなかったと記憶しているし、長編映画では基本的に春休みか夏休みを舞台としているのため、画期的な試みだったのではないだろうか。(画像は『のび太の結婚前夜』)

『帰ってきたドラえもん』(渡辺歩/1998)

藤子氏によって描かれた『ドラえもん』の最終回は3本存在しているが、そのうちもっとも有名なものが『さようならドラえもん』だろう。その後、連載再開の第1回として描かれた『帰ってきたドラえもん』と合わせて映像化したのが本作。なので、この映画は2部構成といった印象もある。ひとつ目のクライマックスは、のび太ジャイアンに喧嘩を挑む場面だ。現存する最終回はどれも「のび太の自立」をテーマとしているが、『さようならドラえもん』は最もその色合いが強い。のび太にとっての「超えるべき壁」がジャイアンというのはどうかとおもうが、この際どうでもいい。降りしきる雨の中繰り広げられる泥臭い喧嘩は渡辺歩の真骨頂といったところで、大映ドラマばりの過剰演出がいい方向に働いているとおもう。ふたつめのクライマックスは文字どおり「帰ってきたドラえもん」の場面だが、「ウソ800」という小道具を用いた展開は天才的だ。ジャイアンスネ夫を懲らしめた後、のび太が見せる空虚な表情が実にいい。「ドラえもんの不在」をのび太が心から認めたことが結果としてドラえもんの帰還へとつながっていく。「本当に必要なもの」はドラえもんだったと解釈することもでき、「のび太の自立」というテーマから逸脱せずにストーリーを収束させる完璧なハッピーエンドだ。このエピソードによって、ドラえもんの「保護者」としての役割は終わり、ふたりは互いになくてはならないかけがえのない関係へと変化したといえる。

のび太の結婚前夜』(渡辺歩/1999)

ドラえもんのび太が物語に一切干渉することなく、あくまでも傍観者に徹している。このエピソードの事実上の主役は成人した未来ののび太たちであり、ドラえもんのび太が立ち会っていない場面(先生との会話やバチェラーパーティーでのジャイアンのせりふ)も挿入されるなど、かつてないほど大人のドラマが展開している。前作では「のび太の自立」が描かれていたが、今回強調されるのは「変わらないのび太」の姿だ。冒頭、横断歩道で老婆の手を引く少年期ののび太、大人になったのび太一行が子猫を飼い主に届けるプロット、そしてラストのタンポポに至るまで、変わることのないのび太の優しさが円環構造としてきれいに配置されている。子猫を届けた父娘を見て、しずかの心に結婚への迷いが生じるというテーマ移行もスムーズだ。しずかと両親の結婚前夜を写しとる手つきは繊細そのもの。ここには、成瀬にも通じる日本映画最良のうつくしさがあるように思うがどうだろうか。

『おばあちゃんの思い出』(渡辺歩/2000)

一連の中編作品のなかでは最もわかりやすく「感動」へ振れた作品かもしれない。落ち葉や落日のイメージを印象付けながら子ども映画でぎりぎり表現しうる限り、「死」のモチーフへ近接している。ほとんど無尽蔵ともいえるおばあちゃんの愛情が印象的だが、つぎはぎのぬいぐるみによって、それがママへと継承されていく表現も見事。私がこの作品でもっとも胸をうたれたのは、5年生ののび太が幼いジャイアンスネ夫に負けてあげるというくだりである。これは確か本作オリジナルの展開だったようにおもうが、改めてのび太の成長をうかがわせる秀逸な場面だ。渡辺の監督作にはたびたび登場する「坂道」の光景も美しく、ノスタルジーの苦々しさまでも飲み込んだ名作だ。

『がんばれ!ジャイアン!!』(渡辺歩/2001)

不器用で男気に満ちた劇場版ジャイアニズム(「お前のものは俺のもの〜」の方ではない)が味わえる作品。随所に挿入される三味線の音、降りしきる雪の情景、昭和の下町を彷彿させる剛田家の設計、妙に芝居がかったジャイアンのせりふ回しなど、松竹の人情コメディやAプロダクション時代の『ど根性ガエル』を思わせるユーモアペーソスが魅力だ。コメディ演出が光る前半部と人情味にあふれる後半部、どちらも「走る」行為によって躍動しており、登場人物のシンプルな身振りが男泣きを誘う。連載当初のび太の結婚相手はジャイ子だった。それがドラえもんの介入によってしずかちゃんへと改変されることになり、少女マンガ家を目指す乙女チックなジャイ子の性格は後々付与されたものだ。藤子氏は、のび太にとって回避すべき障害物に過ぎなかったジャイ子をもう一度拾い上げ、かつての自分を重ね合わせるかのような新しいキャラクター像へと変容させていった。ここに私は藤子氏の自作に対する並々ならぬ愛情を感じてしまう。エンドクレジットのラストは余計な説明は一切ないが、ジャイアンジャイ子というキャラクターへのスタッフの愛情が感じられ、心憎い。

『ぼくの生まれた日』(渡辺歩/2002)

誕生日に叱られたからといって家出をするのび太はとんでもない親知らずだとおもうが、雨の中を歩くシーケンスの寂寥感は味わい深い。ここでは、しずか、スネ夫ジャイアンと彼らの母親との絆がさりげなく描かれており、エンドクレジットでまた別の意味を持ってくる。こういうのを伏線というのだよ。「ぼくなんて生まれてこなければよかった」というのび太のせりふに、ドラえもんが割と本気になって怒るところもいい。のび太ドラえもんが雨の中を走る場面には、公園のシーソー(『帰ってきたドラえもん』)、教会(『のび太の結婚前夜』)、坂道(『おばあちゃんの思い出』)が登場する。細かいが、のび太の人生の「厚み」を物語るシーケンスだ。注目すべきポイントを挙げるときりがないが、何といっても、のび太、パパ、ママ、そしてドラえもんがエレベートボタンを使って木の上まで昇っていくラストシーンに尽きるのではないか。導入部の蟻の行列に始まり、雨の中をさまよい歩くのび太、一目散に病院へ向かうパパ、そして再び雨の中を走るのび太ドラえもんといった具合に、「前進」運動がこの映画の基本的な身振りとなっている。タケコプターどこでもドアも最後まで頑なに使用を避けているのだ。それだけに、最後の上昇運動には言いようもないカタルシスと多幸感が横溢する。のび太ドラえもんに手を差し伸べ、4人が身を寄せ合うカットは微笑ましく、5部作の末尾を感動的に飾ってくれた。

7.『恐竜2006』〜『人魚大海戦』

f:id:DieSixx:20110102162037j:image:w300:right

ここからはキャストがリニューアルされた後の作品群。オリジナルとリメイクを毎年交互に製作していく方式をとっており、2011年現在オリジナル2作、リメイク3作がリリースされている。ちなみに2011年は、第7作『鉄人兵団』のリメイクが公開予定。それにしても、固定概念というものはおそろしい。幼少期から、大山のぶ代らキャストに慣れ親しみ、その印象が身体の芯までしみついてしまった人間にとって、水田わさびら新キャスト陣でリニューアルした『ドラえもん』(以下「わさドラ」)を受け入れるのは、想像以上に大変だった。だがその違和感さえ克服すれば、「わさドラ」にも独自の魅力があるといえる。まずはキャラクター造形が、原作漫画に準じていること。水田わさび演じるドラえもんは、ずいぶんノリが軽くかなり頼りないが、これにより原作初期にあったスラップスティックギャグ漫画としての魅力が加味されたようにおもう。全体的にキャストの声のトーンが高めなのが気になるが、若々しくなったジャイアンなども魅力的で、5作通して見てみると私は「わさドラ」もまた気に入っている。(画像は第29作『新・宇宙開拓史』)

恐竜2006』(渡辺歩/2006)

キャストリニューアル第1作。キャラクターデザインのび太の部屋、空き地など背景はより原作に準じている。元々完成度が高いとはいえない原作だが、『ジュラシック・パーク』的恐竜アクションを大幅に追加し、作画もレベルがアップしているのでかなり楽しめる作品になったといえるだろう。ただ、のび太泣きすぎ。恐竜ハンター動きすぎ。このケレン味溢れる過剰演出をどうとるか。これが本作の評価の分かれ目となるだろう。しかし、のぶドラ版では描かれなかった場面やせりふが補てんされていたり、特にのび太ジャイアンの友情やスネ夫の心の変化が描かれたことは評価すべきだ。いいところもたくさんあるのだが、いくらなんでもオーバーアクトがすぎる。

『新魔界大冒険』(寺本幸代/2007)

真保裕一を脚本に迎え、持ち前の高いストーリーテリング能力を発揮している。ただ、元々簡潔な三幕構成だったのでどんな新機軸を打ち出そうが蛇足な印象。美夜子と母親のキャラクタードラマなどは、魔界星での冒険やメジューサの恐ろしいデザインを捨て去ってまで付け足すべき要素だったのかはなはだ疑問である。原作やのぶドラ版の持ち味だった悪夢的なムードは皆無にひとしい。よくも悪くも『ハリー・ポッター』以降のジュブナイルという感じだろうか。『恐竜2006』ほど過剰な愁嘆場が演じられるわけではないので、それなりに楽しめるリメイクではある。

『緑の巨人伝』(渡辺歩/2008)

わさドラ初のオリジナル作品。のび太とキー坊の交流と日常を描く前半部はすばらしい。背景も細部に至るまで丹念に描きこまれており、ジャイアンスネ夫が手すりをつたって日陰を歩いている場面など、これまで意外と見られなかったリアルな小学生描写も高く評価したい。後半に進むにつれ物語はどんどんおかしな方向へ。出来杉くんがかなり唐突に深いことを言い始めたり、のび太とキー坊がタケコプターもなしに空を飛んでいたりと、引っかかるところも確かにあった。だが、まさかここまでおかしなことになるとは…開いた口がふさがらないとはこのことである。いったい何がどうしたのか。チープな背景に、統一感のない作画、躁鬱病としか思えないキャラクターのテンション。「深遠」で「高尚」だと思われる「メッセージ」らしきものが語られるが、深すぎて何を言いたいのかまったくわからないため、押しつけがましさと説教臭さだけが印象に残る。何の前ふりも伏線もなく、いきなり『ぼくの生まれた日』とか引用されてもなあ…置いてきぼり感が尋常じゃない。自分が見てるのは『ドラえもん』なのか。カルト教団の教育ビデオじゃないのか。子供たちは一体これをどう見たのだろうと余計な心配をしてしまう怪作。

『新・宇宙開拓史』(腰繁男/2009)

新キャラ・マリーナのエピソードは明らかに蛇足で、かなり取ってつけた感がある。特に父親のエピソードなどは無理やり伏線を張ってみようと努力しているが、その伏線自体が露骨に浮いてしまっているためまったく上手くいっていない。『新魔界大冒険』のように既存のキャラクターを掘り下げていくならまだしも、新しいキャラクターの見せ場を作るために物語の推進力を停滞させるのはいただけない。だが、それ以外は概ね原典の漫画版に準じており、評価できるリメイクといえる。のぶドラ版にはなかったのび太ギラーミンのメキシカンスタンドオフが描かれたり、チャーミンやコーヤコーヤ星の動物たちもたいへんキュートにリライトされている。のび太ドラえもんが大活躍する場面で『スーパーマン』を思わせるBGMが流れたり、トカイトカイ星の場面がなくなったかわりにコーヤコーヤ星で西部劇的な街並みが表現されていたりと、原作の方向性に準じた改変や脚色はおおむねいい方向に働いているとおもう。わさドラ期に入ってから安易なタレントのキャスティングが目立ってくるが、本作のアヤカ・ウィルソンはいちばんひどかった。でも、かわいいのでいいとおもう。

人魚大海戦』(楠葉宏三/2010)

海になった街のビジュアルの楽しさ、オカルト人魚伝説を背景とした世界観、人魚の王女ソフィアの凛としたうつくしさなど藤子マインドの残滓はかすかに見受けられる。少なくとも、のび太たちが人魚王国に出向く第2幕途中まではかなり引き込まれた。しかし、ゲストとのび太たちの細やか交流や「人魚の剣」をめぐるドラマの描写が淡白で納得もできないため、高揚感がまったくない。こども映画に徹したぶん『緑の巨人伝』よりははるかにいい出来だが、全体としては「それなりに楽しめる」という一言に尽きるというか、無難な印象ではある。

終わりに

当たり前のことだが、あらためて藤子・F・不二雄の遺産の偉大さに気づかされる思いだった。同時に、大山のぶ代らキャスト陣、芝山努を筆頭とするスタッフの仕事ぶりにも心動かされ、良質なプログラムピクチャーを毎年劇場で見ることができた幸福に感謝したい。それにしても、ウェスタン、SF、ホラー、戦争、サスペンス、コメディとほぼ全ジャンルを横断する大長編のショーケースぶりには驚く。恋愛要素は少ないが(エロはある)、ここに感動中編5部作を加えると恋愛やメロドラマも網羅することができ、もう映画にとって大事なもののすべてが『ドラえもん』にあるといっても過言ではない。いやこれはアジテーションとかじゃないよ。まじで。今回全作を通して見てみて、私の中のゆるぎないテーゼとして確信した。

映画のすべてはドラえもんにある。

それから、今回初めて気がついたのは作詞家武田鉄矢の仕事ぶりである。藤子氏の没後、武田氏も主題歌の作詞から勇退されてしまったが、映画ドラえもんの魅力を凝縮したかのような、あたたかくそれでいて切ないひだまりのような詩世界は、間違いなく初期の傑作群において絶大な効果をもたらしている。近年の人気歌手を起用したタイアップが悪いとは言わないけど、やっぱり主題歌は作品世界への深い理解と愛情を持っている人に作ってほしいものです。青山○ルマとかmihi○GTとか悪いとは言いませんが…。

最後に、個人的に映画ドラえもんのベスト10を選んでおきたいとおもう。みなさんはどれが好きでしょうか。アンケートとかとりたいけど、こんな弱小ブログでは票が集まりそうにないのでやめておきます。もしよければコメントでこっそりおしえてくださいね。

  1. 『海底鬼岩城』
  2. ブリキの迷宮』
  3. 『鉄人兵団』
  4. 『アニマル惑星
  5. 『パラレル西遊記
  6. 『魔界大冒険』
  7. 太陽王伝説』
  8. 『宇宙開拓史』
  9. 『宇宙小戦争』
  10. 『ワンニャン時空伝』

Togetter映画ドラえもんの感想まとめ」

http://togetter.com/li/79405

おまけ:主題歌部門1位

島崎和歌子「何かいい事きっとある」(『ブリキの迷宮』主題歌)

D

kimtetsukimtetsu 2011/01/05 10:48 宇宙小戦争の主題歌は武田鉄矢の「少年期」ですよ

DieSixxDieSixx 2011/01/05 12:32 これはひどい間違い!お恥ずかしい。井上陽水かっていう…。訂正しました。ご指摘ありがとうございます。

通りすがり通りすがり 2011/01/05 17:41 こうして読むと、俺は劇場版で一番いい時代の作品を観てきたんだな〜と思った。
記事でいえば2〜3節のあたりかな。

DieSixxDieSixx 2011/01/05 19:45 2〜3節の作品が完成度は突出していますが、世代によってフェイバリットにも違いが出てくるのも大きな特徴だと思いますね。私は世代が遅れたので第10作までを劇場で見られなかったのがかなりくやしいです。

まごころまごころ 2011/01/05 23:53 感動しました!どうもありがとうございます。
初期から数えて十数本しか観ていませんが、ベスト3は順に『魔界大冒険』『鉄人兵団』『海底鬼岩城』です。『恐竜』はマンガ版のラストに特に号泣した記憶があります。

DieSixxDieSixx 2011/01/06 00:28 >まごころさん
コメントありがとうございます!ちょう王道、横綱3本セレクトですね!私も大好きです。『海底』〜『鉄人』の4本は名画といってもいい傑作ですね。

越智越智 2011/01/06 04:32 当時の感動を追体験できてとても嬉しかったです。
ありがとうございます。

「恐竜」〜「竜の騎士」まで劇場で見ました。
その後は中学生になったので自然とドラえもんからは離れることに……

でも今になって思えば、自分は最高の初期作品と共に成長できた
奇跡の世代だったのかもしれません。

ベスト3は順に「海底鬼岩城」「魔界大冒険」「大魔境」
うーん、ベタ過ぎてつまらないですね。

take1117take1117 2011/01/06 10:26 僕が劇場で見たのは「ブリキ」からです
でもビデオでみた「鉄人」が一番好きです、アクションも感動も同時に楽しめて「今度の映画は、何が何だかとにかくすごいぞ」ってのはほんとだって感じです。そんなわけで今年のリメイクは期待と不安5分5分です・・大人になってから見直すと別の感想になるってのがドラえもんの映画の醍醐味ですね♪
PS「もも太郎のなんなのさ」の感想も書いてあげって

DieSixxDieSixx 2011/01/06 13:30 >越智さん
コメントありがとうございます!『恐竜』〜『竜の騎士』の劇場体験は心底うらやましい!春休みに映画館で映画を見るというところになんともいえないイベント感覚がありましたよね。
3本もすばらしいセレクト!『魔界大冒険』は、いま主題歌が差し替えられてしまっているので劇場で見られた方が本当にうらやましいです。

>take1117さん
おっ、『ブリキ』は私も映画館で観ましたよ。あの頃はちっちゃいおもちゃももらえましたねぇ…今ももらえるのかしら。
『鉄人』を始めとする初期の傑作群は私も、ビデオ世代ですね。当時の小学生には、『鉄人』派と『鬼岩城』派で血みどろの抗争があったのもいい思い出です。
『桃太郎のなんなのさ』はかなり迷ったんですよね。色々な方に指摘も受けていて。私も原作漫画大好きなんですが、今回は「春休み映画」に絞りました。また機会があれば、ドラミちゃんはドラえもんズと合わせて書いてみたいですね。

anatanonikudoreianatanonikudorei 2011/01/06 14:01 僕は劇場版でもしっかりママが登場してストーリーをカオスにする装置として機能してるところが好きです!
現実世界と冒険世界の共存がドラえもんの醍醐味ですもんね

DieSixxDieSixx 2011/01/06 14:56 >anatanonikudoreiさん(すごい名前!かっこいい!)
コメントありがとうございます。
ママの存在は、いろんなところで活かされてましたね。
母親は子供にとってもっとも身近で安心できる存在ですからね。ママが主人公を危険にさらしてしまったり、逆にママに危険が及んだりする展開にはかなりはらはらしちゃったものです。
『パラ西』もですが、『雲の王国』の大洪水でのび太が「ママー」って絶望的にさけぶところもインパクトありましたね。

米さん米さん 2011/01/06 16:19 鉄人兵団〜ねじ巻き辺りまで劇場で観てました。
レビューを拝見して、ハッと思い出しました。
劇場版は怖いんですよね!
非日常を楽しんでいくうちに、得体の知れない場所まで足を踏み入れすぎたような感じで。
相手は圧倒的大多数の集団でしかも『大人』。
さらにドラえもんの無能力化・別離は、とても心細い気持ちになりました。
ドラえもんは何でも知っているし(道具で)何でもできる。自分の中でのドラえもんは『友達』より『保護者』の面が強かったんだなと思いました。

DieSixxDieSixx 2011/01/06 18:09 >米さん
すごい!10年以上も劇場で見られているんですね。
のび太たちの気がつかないところで、じわじわと危険が迫ってくるようすには、ふつうの怪奇映画では味わえない、得体のしれないこわさがありましたね。『保護者』としてのドラえもんは、間違いなく大山さんの功績も大きかったとおもいます。「ドラえもん」という安全パイが突き崩される瞬間は、子供心にはものすごい絶望感がありました。

dekarabiadekarabia 2011/01/06 21:57 ・自分がドラえもんを見たのは確か幼稚園の年少時でしたね・・・・もう20年前か早いな・・・・
初めて漫画で泣いたのがのびたの恐竜でしたね、あののび太が別れの時に意地ををはるのがもう壺に入ってオイオイ泣いた記憶があります。
正直に言うと順位は良さでは決められないので印象順に挙げると
1位恐竜2位魔界大冒険(もしもBOXの場面は神を超えた)3位鉄人兵団(リルル最後のセリフ、変えたらマジで怒りそうだ)
4位開拓史(決闘の緊張感)5位三銃士(挿入歌は歴代屈指)
・・・こんな感じですね、ああドラえもんは最高だw

DieSixxDieSixx 2011/01/06 22:11 >dekarabiaさん
アニメも最高ですが、原作もまたいいんですよね。『恐竜』の原作はとくにすばらしくて、ご指摘の場面もですが、のび太がジャイアンを助けてあげたり、しずちゃんを守ってあげられないって泣いちゃうところとか本当に大好きです。
5位に『三剣士』が入ってるのがいいですね。あの挿入歌はかっこいい。『三剣士』は感想でちょっと否定的なこと書いてしまいましたが、しずかちゃんがキュートなので捨てがたい作品です。

レモレモ 2011/01/07 00:27 初期〜中期ぐらいは映画かビデオで観てました。
マンガは「翼の勇者たち」まで持ってたはず。(押入れにしまってあるw)
なんで大体はストーリーわかるんだけど「パラレル西遊記」だけは知らないのよね。マンガ出てないし。
こちらのレビューみてて観たくなりました!
「大魔境」「海底鬼岩城」「魔界大冒険」とかスキだったな〜
あと『宇宙開拓史』の最後の対決のとこ、あそこもよくないですか?
のび太がかっこいいんですよね〜

DieSixxDieSixx 2011/01/07 00:41 >レモさん
コメントありがとうございます!『パラ西』、主題歌もいいし結構お勧めですよ。『海底』、『魔界』の悪夢的なムードが好きであればけっこうハマるとおもいます。
おっしゃる通り、『宇宙開拓史』のギラーミンとの対決は本当にかっこいい!!原作だとかなり本格的な早撃ち対決なんですよね。のび太は「映画でいきなりかっこよくなる」って、よく言われますが、『宇宙開拓史』はのび太の中で少しずつ「男らしさ」が育っていく過程がいいですね。

aaayoaaayo 2011/01/07 01:38 久しぶりにドラえもん熱が高まる記事でした。
私は劇場で見たのは南海大冒険〜ふしぎ風使いという世代ですが、他の作品もビデオで何度も見ました。
私は鉄人兵団、パラレル西遊記、日本誕生、雲の王国辺りが好きですね。パラレルは藤子先生じゃないのにあんなに面白いのが不思議。南海大冒険も思い出補正のせいか好きです。
あと、最後の主題歌部門1位が私と一緒で共感しました。武田鉄矢さんじゃないんですが、これとパラレルの「君がいるから」が大好きなんですよね。

神尾そら神尾そら 2011/01/07 02:01 僕も最近ドラえもんの大長編を見てTwitterで感想を呟いてたので共感出来る記事でした。

三剣士と創世日記は大長編らしくは無いんですが、のび太としずちゃんの未来を暗喩してる所は短編の延長線っぽくて好きだったりします。
あの時期には既に短編ドラえもんも中断していらっしゃったそうでして、短編ネタが混じってた所もあったのかもしれません。
創世日記はちょっと残念な出来だとは思うんですけどね。
死後の大長編では確かに太陽王伝説やワンニャン時空伝の出来が良い方だと思います。

アンチドラえもん三部作は感じますね。
ドラビアンで匂わせてましたが、雲の王国は仲間ともはぐれたのび太が壊れたドラえもんと共に帰って行く中盤は「最終回」っぽい印象がありましたし、
ブリキの迷宮は明確にドラえもんに頼れないというテーマを打ちだしててチャモチャ星人との共通性も感じられて良かったと思います。
晩年の大長編はのび太の自立がテーマになってる気がします。

でも中期の大長編シリーズが最も面白かったというのは同意ですね。
海底鬼岩城〜鉄人兵団までの時期はかなり脂乗ってましたし。
鉄人兵団のリメイクは不安半分期待半分です。上手く補完してくれる出来である事を祈ってます。

kagehienskagehiens 2011/01/07 03:06 30分かけて読了しました。

いやはや・・・。語りたいことはあまりに多いですが、上手く文章にできる気がしないですね…。

私は1〜15ぐらいまでしか見たことはありませんが、
いずれもコミックと映像(ほぼビデオです)の両側から堪能してました。

レビューの宇宙小戦争のところを読んでいて「そういえば主題歌が鉄板だよな…」と内心考えた瞬間に少年期について触れてあるところが目に入り、思わずニヤッとしてしまいました。

ちなみに、私の選ぶベストは、「宇宙小戦争」「竜の騎士」「鉄人兵団」「日本誕生」あたりです。
「日本誕生」だけ映画館での初見でした。
「宇宙小戦争」はラジコン戦車無双がツボでした。あと歌。…あぁ僕はいつごろ大人になるんだろう(32才・男性)。
「鉄人兵団」はメカ萌えで一押し。コントローラーだけ別物付けて起動させるDIY感(自作PC的な)が素敵です。
「竜の騎士」はユカタン半島のクレーターの全貌が正式に発表された91年より前なので、現実にある不思議と物語の謎がリンクしている感じがとても好きでした。

いやぁ、大長編って本当にいいものですね!!

DieSixxDieSixx 2011/01/08 02:04 >aaayoさん
コメントありがとうございます!これまでではいちばんお若い世代!『南海大冒険』は楽しいですよね。藤子氏のオリジナルも、そうでないものも、ちびっこは分け隔てなく観ているわけで、今回は全作品をなるべくフラットな視点で並べてみたかったんですよね。藤子さんが描かれた作品はもちろん素晴らしい遺産ですが、それ以外の作品も楽しめたのは大きな収穫でした。

『何かいい事きっとある』は、名曲ですよね。武田さんの歌詞には少年っぽさがあるものが多いですが、こんな乙女チックな歌詞も書けることに驚きです。島崎さんの歌声も超キュートで、アレンジもいいんですよね。作曲の芹澤廣明さんは、『タッチ』や『ハートを磨くっきゃない』などの名曲も書かれています。

DieSixxDieSixx 2011/01/08 02:21 >神尾そらさん
コメントありがとうございます!
>三剣士と創世日記は大長編らしくは無いんですが、のび太としずちゃんの未来を暗喩してる所は短編の延長線っぽくて好きだったりします。

鋭いご指摘!のび太としずかちゃんのロマンスって大長編(特に映画版)では意外とあっさりしてるんですよね。『三剣士』は、確かにジャイ・スネが後景化してしまったぶん、しずかちゃんとの関係が際立った気がします。そうか、そういう見方もあったのかと感動しました!

便宜上名付けたアンチドラえもん三部作ですが、共感いただきうれしいです。悪役側の恐怖感は『アニマル』で極まった感がありますが、ここから「絶望」というまた別のベクトルでトラウマ体験を作りだしていくあたりに、藤子さんの気迫を感じますね。きれいごとではない本当の「夢と現実」を子供たちの心にいかに刻み込むかを、ものすごく意識している作家さんだなと今回感じました。中期作品群は、藤子氏も映画スタッフもまさに脂が乗り切った傑作ぞろいですね。これを毎年作っていたのには本当に驚きます。

DieSixxDieSixx 2011/01/08 02:28 >kagehiensさん
コメントありがとうございます。映画と原作にはそれぞれの持ち味を活かした、それぞれの良さがありますよね。こと恐怖表現に関しても、藤子氏と芝山氏ではアプローチが違っているような気がして、それがどちらも怖いのがすごい。本当に奇跡のシンクロだったようにおもいます。
ご指摘されている『宇宙小戦争』のラジコンと『鉄人兵団』のメカニック描写!あの男の子マインドあふれる展開がたまんないんですよね。短編でもプラモだけで島作っちゃう話とかありましたが、ああいうDIY精神には思わずぐっときちゃいます。『竜の騎士』とユカタン半島の関連性も興味深いですね。今は隕石説が有力ですが、あの作品では彗星になっているところも時代を感じます。

いじるーいじるー 2011/01/08 15:18 はじめまして。おそらくブログ主さんとは大体同じ年代なんじゃないかなあと予想しているものです。
自分には兄が二人いたので物心つく頃には、藤子作品の漫画、ビデオ(なぜかベータとVHS双方で録られていました)に不足しない非常に恵まれた環境でした。ドラえもんも当然のように繰り返し見ていましたし、劇場にもドラビアンから漂流記あたりまでは毎年通っていました。
そんな自分としては、ブログ主さんのレビューを全くの違和感もなくすんなり共感できました。こういった区切りでの視点は感嘆するしかなく、ブログ主さんのドラえもん愛にニヤニヤしっぱなしでした。

ただ自分としては、もちろんドラえもんの映画も大好きなのですが同時上映のドラミとドラえもんズの印象がかなり強く、特にミニドラ&アララのドラミ作品と七不思議〜ムシムシまでドラえもんズ作品は本編のドラえもん映画と全く遜色ない、むしろ超えるものさえある傑作だと常々感じているのですが、ブログ主さんはどうでしょうか?

できればいずれ取り上げてほしいなあ〜と思いつつ、やはりドラえもんはいいなあと再認識致しました。それでは、駄文失礼しました。

P.S 怪物くんのデーモンの剣も何気に名作ですよね?

ぱかぱか 2011/01/08 17:02 「恐竜2006」は非常に個性的な演技を描くアニメーターさんがたくさん参加していますので、驚くほどよく動いています。恐竜バトルのシーンはこれドラえもんじゃない!すげえと思いました。このメンツの絵柄を統一した小西賢一さんはさぞかし苦労されたことでしょう。作画ファンで長編ドラ好きの私にはたまらない1本になりました。でもたしかにオーバーですね(笑)
恐竜がよかったので巨人伝は渡辺歩監督に期待していただけに非常に残念でした。脚本が別の方だったからでしょうか?パラレル〜はずっとノーマークで何気なく借りたらすごく面白かったのを覚えています。アニマルの部屋の隅でおびえるジャイアンがいとおしいです。大魔境のキラリと光る涙もいいです。鬼岩城と創世日記のドラえもんのウンチクが群を抜いていて凄くて好きです。

Die7Die7 2011/01/09 14:22 >いじるーさん
熱のこもったコメントありがとうございます!生粋の藤子Fファンの方に賛辞をいただいて、本当にうれしいです!
正直ここまで大きな反響をいただけるとは思っていなかったので、併映作品は認知度の高い感動作だけになってしまいました。『桃太郎のなんなのさ』が入っていないなど、すでにご指摘もうけており、いつか「完全版」を作れればなと思っています。ドラえもんズ、ドラミちゃんは私もリアルタイム世代なのでぜひレビューしたいですね。私は「七不思議」が一番好きです!

>ぱかさん
『恐竜2006』の作画事情、たいへん興味深いですね。ありがとうございます!ラストの過剰な「泣き」演出で大きく減点してしまいましたが、恐竜バトルシーンの迫力や、ドルマンスタインがけっこう怖かったりして、基本的にはいいアップグレードだったとおもうんですよね。わさドラキャストの認知度が高まるにつれて、評価も上がってくるのではとおもいます。
ドラえもんや出来杉くんのウンチクは、藤子F時代の大きな魅力のひとつですね。神は細部に宿るとはまさにこのことだと思いました。

マルムマルム 2011/01/09 16:44 世代別に分けて下さって凄いわかりやすかったです。
僕はちょうど90年代前半世代だったので『雲の王国』『アニマルプラネット』『ブリキの迷宮』がベスト3ですね。どの作品も当時はビビりながら見ていたのですが、逆にそれで印象に残っているのかもしれません。

DieSixxDieSixx 2011/01/11 00:29 >マルムさん
私もリアルタイムど真ん中は『アニマル惑星』〜『夢幻三剣士』までの90年代前半ですので、思い入れは強いですね。今見ても本当に面白いし、こわい!

CowboyCowboy 2011/06/08 12:46 楽しく拝見しました。
ドラえもんまた観ます!

俺の順位を一応残します

1位 リトルスターウォーズ
2位 パラレル西遊記
3位 鉄人兵団
4位 恐竜
5位 ふしぎ風使い
6位 海底鬼岩城
7位 日本誕生
8位 魔界大冒険

かなー。順位は毎日入れ替わりそう、、、
キャスト一新されてからはどーも肌に合いません。
みんなうるさいんだもん。

DieSixxDieSixx 2011/06/08 22:19 >Cowboyさん
コメントどうもです。「パラレル西遊記」高評価がうれしいですね。
新キャストに関しては私の知る限り否定派8割といったところですが、なるべくフラットな評価を心がけました。これから新キャストになじんだ世代が成長してくるとまた変わってくるかなと思います。
新キャストになってからは作品はいまいちですが、「新鉄人兵団」はなかなか健闘していましたよ。

summersummer 2011/09/17 01:36 はじめまして。
大好きなドラえもんの長編映画の感想ということで、偶然このブログを見つけて最後まで読ませて頂きましたが、細やかな指摘と好きなものに対する温かな心遣いに感激してしまいました。
なにより、私の中で一番大好きな「ブリキの迷宮」(歌も含め)がブログ主さんの中でも高評価ということでとても嬉しいです。
私は映画一本一本というよりは、シーン毎に受ける印象の方が強く、ドラえもんの長編映画もシーン毎の印象による順位付けが否めません^^;
もしブログ主さんが、映画丸ごと一本総合しての感想ではなく、シーン毎での感想と言われたら、印象的なシーンとしてどれを挙げるか気になります。
映画はいきものだと思うので、個々の切り取られた部分だけを評価するのはよくないとも思うんですけどね…
そして、新キャストでの作品のお話ですが、「新鉄人兵団」の出来については同意せざるを得ません。なかなかに健闘していたし、素直に良い作品だったと言えると私も思います。

DieSixxDieSixx 2011/09/19 16:58 >summerさん
コメントありがとうございます!
「ブリキの迷宮」は最高ですよね。歌もかわいいし。とにかくドラえもんとのび太の絆にぐっと来てしまいます。

シーンごとで…との質問、いろいろと考えますが、やはり『ブリキ〜』でスペアポケットの存在にのび太が気がつくところはテンションあがりますね。あの逆転劇、大好きです。
ほかだと、『鉄人兵団』終盤でリルルとのび太が対峙する場面。のび太が「撃つぞ!」って脅すとリルルがちょっとだけうれしそうな顔をするんですよね。でもやっぱり撃てなくて「いくじなし!」って言われちゃうというあの流れ。繊細な描写が光る名場面です。

あとは「リトル・スターウォーズ」でしずかちゃんがありったけの勇気をふりしぼって敵に立ち向かっていく場面。あそこも本当に大好きです。

中篇では本文にも書きましたが「ぼくの生まれた日」のクライマックス。エレベートボタンで野比家の4人が上昇し、身を寄せ合うカット。思い出すだけで泣けてきますね。

「新鉄人兵団」は思ったより健闘していたと思います。原作は神格化されているのですごく難しかったと思うのですが、原作の欠点をしっかりブラッシュアップしようとしてたと思うんですよね。ただピッポの存在がノイズだったかなあ・・・。あの電子頭脳のままでよかったのではという気がしてきます。

summersummer 2011/10/18 06:40 コメント返し、ありがとうございます。
懲りずにまたコメントを残してしまいます…;;

「ブリキの迷宮」の歌は、なんといっても歌詞の可愛らしいこと!なんだか微笑ましいような気分で聞いてしまいます。
故障して海に捨てられたドラえもんがのび太を思う描写は、何度見ても泣いてしまいます。でも、だからこそその後の逆転劇が爽快に効いてくるんですね。のび太がスペアを見つけるシーンではいつも、「でかしたのび太!えらいぞのび太!」とガッツポーズを…笑 何度見てもそこの反応は変わらない。

「鉄人兵団」だと、やはりしずかとリルルのシーンが印象的です。特に、しずかちゃんの「ときどき理屈に合わないことをするのが人間なの」には深く考えさせられるものがあるし、一度は怒ってリルルのところを離れますが、怪我もしているし放ってはおけない、と戻る場面ではしずかちゃんの人間らしい優しさが垣間見ることができます。
「宇宙小戦争」では、珍しくスネ夫が勇気を持って男を見せる場面が印象的でした。また、歌に関していえば、当時、小学生だった私が親が買ってくれたビデオを何度も何度も巻き戻して聞いたくらい非常に印象深いです。歌詞も自分で聞き取って書きとめたりしました。でも、当時はなんのことだかさっぱりでしたが笑 それでもいい曲だということはなんとなくわかっていました。

「僕の生まれた日」は、お母さんとお父さんが「君に似たら〜」「あなたに似たら〜」と言い合うシーン、そして未来から来たのび太が生まれたての赤ん坊(幼い自分ですが)を見て猿みたいと言ったらお父さんが顔を真っ赤にさせて怒るシーンが印象的です。どちらも微笑ましいというか家庭的というかほっこりしてしまいますね。

「新鉄人兵団」でのピッポの存在ですが、自分も多少、煩わしく思っていましたが、もともとこのお話は、特に後半〜エンドは、のび太&ドラえもんたちとしずか&リルルという分かれ方をしていて、その上、どちらかといえば比重はしずかたちの方が重く、リルルがいなくなったときなど、のび太たちにしてみればびっくり!終わってから聞かされて…というあっけなさが感じられます。そこを考慮して、やはり主人公であるのび太にも比重を、ということだったのかなとも思えます。

長々とすみません。やはり好きなことを語れるというのは楽しいですね。

みるこなみるこな 2011/11/24 15:48 今まさに海底鬼岩城をかりてきて見ながら、このブログにたどりつきました。
当時劇場で見た世代のなので懐かしくって..
放射性物質を地球人はばらまいたり、、の下りにどきっとしました。
私の一位は宇宙小戦争です!

rentaro12rentaro12 2013/03/25 09:31 三十路のおっさんです…いや,正にドラえもんと共に成長してきた世代と言っても良いかと思います。
個人的には僕自身が3月12日生まれで、幼少期には,毎年ドラえもん映画の全国公開初日とよく被っていたので思い出深いんです。

恐らく僕世代は現在の声優さん達については否定的な見方をする人が大部分かな?…と。

しかし、レビューを拝見して、懐かしい想いと共に
現在の声優さん達のリメイク作品を観てみようかなと思いました。すごく参考になりましたよ!

僕の一番好きな作品…と、言うか心に残っているのは
『小宇宙戦争』 あれはドキドキしっぱなしでした。
10回以上は観ましたね((笑
☆少年期 と、共に素晴らしい作品です。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。