Hatena::ブログ(Diary)

Digital-Penguin workbench このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


このバナーは、foryou,inc.様のご好意によりフリーライセンスで提供されています。

2014-02-11

[][][]好奇心の入り口へようこそ

今回はちょっと毛色の違うエントリです。


僕の地元は川崎です。特に川崎駅周辺は庭的なアレです。

そんな川崎駅周辺に新しい面白スポットが出来ました、というか移転してきました。その名も東芝未来科学館

東芝未来科学館:トップ


もともと市内の東芝工場の敷地内にあった東芝科学館が、ラゾーナ川崎プラザに隣接する東芝スマートコミュニティセンターに移転リニューアルという形で1月31日にオープンしたものです。以前は川崎駅からバスに乗らなければ行けなかったのですが、ここは実質駅直結。駅からラゾーナ川崎の中を通り、そのまま東芝のビルに繋がる通路を通って辿り着くことが出来ます。残念ながら規模的には移転前より小さくなってしまったのですが。

P2080580


まぁとにかくそんなものが身近に出来たので、2歳児をつれて行ってみました。無料だし。無料だし!



科学の入り口


個人的にはサイエンスゾーンの超電導実演が面白かったです。

その場で液体窒素-196℃まで冷やした金属の入った箱を、円形の磁石レールの上で浮上させてリニアモーターカーのように走行させるのですが、これがとてもわかりやすい。磁気浮上だけなら大学の実験でもやったことがあるのですが、レールがあるだけでだいぶワクワク感が違います。ピン止め効果とかもわかりやすく実演してくれて、大人も十分楽しめます。まぁ2歳児にはちょっと早いですが。

P2080469



途中からですが、実演の様子です。

D




他にも静電気の部屋では、真ん中のロボットみたいなのに触れていると髪の毛がぶわーっと立ち上がったりして面白いです。これは2歳児も親と手をつないで体験できるのでちょっと楽しかったみたい。

P2080513



展示ではヒッグス粒子など、最近の科学的な話題にも触れています。

P2080511




2歳児には難しいので今回は断念しましたが、真ん中のステージでは一日数回(平日2回、土日3回)、サイエンスショーをやっています。この日は超低温ということで、やっぱり液体窒素が活躍してたみたいです。

P2080515


大雪の日にもかかわらず結構人がいました。

P2080541



そしてこれらの実演とは別に、休日にはホールで工作などのイベントをやってたりします。この日は空気の力でくるくる回る紙工作。サイエンスショーもですが、1回30分のイベントなのでとても気軽に参加できます。

2歳児はですね…ハサミとかはまだ扱えないので工作自体はアレでしたが、作ったものを一緒に投げたり回したりして楽しんでいました。大丈夫、お父さんだけが楽しかったわけじゃないぞ大丈夫。

P2080491



未来の入り口


その他の展示も体験型のものが多くて楽しかったのでざっとご紹介。


大型モニターやタッチパネルなどのセンサー、東芝の技術が駆使された色々なゲーム。

P2080514

P2080523

P2080527

スマート家電をゲット!って本当に貰えたらいいのに…。というのはおいといて、通り一遍の企業広報的なショールームに終わらず、子供たちの興味を引くために色々考えているのは良いなぁ、と思います。これをやることでほんとうに勉強になるのか、ってことよりまず、楽しいと思ってもらいたいってのは分かる。


2歳児には「子供用」でも位置が高すぎました…。

P2080548


こちらも対象は120cm以上…。

P2080516


落ちてくる漢字に手をかざすとエフェクトが発生して街に変化が現れます。2歳児でもちょっと楽しい様子。

P2080558


まぁ東芝という私企業の運営ですから、アピールも勿論随所にあるわけです。


こちらは世界最高速「台北101」のエレベータについての展示。

P2080550



最新家電やら4Kシアターやら。

P2080517

P2080518



なかなか面白かったのは「マチスキャナー」。入り口でタブレットを借りて、街を模した白いジオラマにあるマーカにかざすとARで3Dの建物が出てきたり、街の施設に関するクイズが出てきたりします。東芝の技術がどこでどのように活躍しているのか、というアピールでもあり、子供たちには単純に楽しめる遊びになっていて良い展示じゃないでしょうか。

P2080528

P2080533






興味の入り口


ところでこの科学館のある「スマートコミュニティセンター」なる建物は、ビルの省エネや最適運用、あるいはそれを地域レベルで統合管理するような事業の研究開発拠点でもある(と僕は理解している)わけですが、所在地である川崎市と既にそうした「スマートコミュニティ事業」の協定を結んでいたりします。川崎駅周辺の商業ビル群や市役所などを一元管理して「地域全体でのエネルギー合理化」を実現する取り組みや、施設の利用状況のビッグデータ化や防災など総合的な地域の利便性向上を目指す実証実験を始めている…はずです。まぁこの地域はもともと東芝が非常に強いわけです。細かい話はやめておきますが。


で、何を考えたのかその協業が世間的に可視化された第一弾がまさかの東芝提供Webアニメ「Double Circle」

Double Circle(ダブルサークル) | TOSHIBA
東芝川崎市を舞台にスマートコミュニティをテーマに描くオリジナルWEBアニメ「Double Circle」。川崎市で暮らす人々がヒーローとなり、「エネルギー」「環境」「ICTを活用した地域経済の活性化 ...

D


なんかイケメンの川崎市役所員とかナイスバディな東芝社員とかが活躍するヒーローアニメでして、それの企画展も今やってたりします。なんだこれ。本気な感じは嫌いじゃないけど。

P2080520

P2080555

溝の口方面にはヒーローがいるけど、この辺にはいなかったのでぜひ頑張って街を守って欲しいです。



アザラシだったはずのタマちゃんがいつのまにか幼女に…。

P2080556



まぁ興味を持ってもらうための入り口として、こういうのだってアリですよね。



他にもヘルスケアから環境、エネルギーなど今後の日本を担う最先端の技術の一端がコンパクトに展示されています。

P2080512


ワンフロアですし単一企業ですし、ボリューム的には九段下科学技術館(あそこは本当に凄いよ)などと比べたらどうしたって物足りないです。でもこういう施設が近所にあるっていうのはとても嬉しいことで、科学に関する関心や科学的な視点を育む「入口」として身近で気軽な良い遊び場だと思うので、またもう少し子供が大きくなったら一緒に訪れようと思います。さすがに2歳児には早すぎましたけどね。


無料だし、大人だってラゾーナの買い物のついでとかに寄ってみるのもありだと思いますよ。



あ、念のため断っておきますが僕は東芝社員とか関係会社社員とかではないですよ。どちらかというとむしろ(以下自主規制)

2013-12-31

[]反省しています #2013app

気がつけばもう大晦日じゃないですか。


いやなんかもう本当にすいません。今年は全然書いてないですよね、blog。頻度が低くなってもひと月に最低1記事、という自分内ルールがあったんですが、それも11月に途切れてますしね。まぁ2歳になって常に構って欲しい我が子が、休みともなると1日中へばりついてきて気が付くと休日なんかあっという間に終わってますよ。今は横で「はたらくくるま」のPVかなんか見てますけど。iPadで。

だったら平日に書けばいいだけのことですから言い訳にもならないんですがね。何故かエントリの書けない1年、特に後半はそんなかんじで根本的な原因はよく分かっていません。あ、でも今年は子供向けアプリの話はいくつか書きましたね。来年もそれは書こうと思いますよ。

2歳と遊ぶあいぱっど - Digital-Penguin workbench
あれから数ヶ月立ちまして、2歳になった我が子は相変わらず「ぱっぱ(iPadのこと)」が大好きです。順調にリンゴマークの虜です。いやNexusでもKindleでもSurfaceでも渡せば楽しく遊ぶだろう ...

2歳と僕とiPad - Digital-Penguin workbench
先日、AppStoreでキッズアプリが特集されていた際に知ったのですが、今Sago Sagoというカナダデベロッパーさんの幼児向けアプリがアツいと僕の中で評判です。 というかうちの子が熱中しすぎて ...


子供のことだったらいくらでもネタあるんですけど、それは別のblogでやってますしね。先日遊具から落ちて骨折って大変ですよもう。そっちの手で平然と遊んでますけどね、本人。

日刊じゃないでじぺんNo.554 #kopen0416 | でじたるぺんぎんの曖昧な供述
不定期子ペン日記No.234 先ずは経過報告。 骨折翌日からは、ギプスで安定して痛みが引いてきたのか慣れたのか、直接右腕に触れたり動かしたりするとき以外はほとんど痛がらなくなった。というか触っても「い ...



ああ、別のblogといえば写真ブログのほうも夏の花火ネタを最後に止まってるじゃないですか。あれはいかんですね。近日中に何とかします。せっかくOM-D(EM5)買ったんでなんかいい感じのエントリにしようと温めすぎて忘れ…書き損ねていました。

Digital-Penguin Workshop(仮)
先日、三脚を購入しました。 特定の目的を想定したわけではなくて、そろそろ三脚使った撮影とかもしてみたいなー、位の感覚だったのですが、ちょうど近隣で花火大会が開催される上にその日は個人的に夏休み、とい ...



いずれにせよ、来年のテーマとしてはより活発になる子供との生活を大切にしつつも、自分のための作業なり趣味なりのサイクルを綺麗に回せるようにしたいなぁと思っております。blogもその一環として組み込んで、今年よりは生存確認しやすいように楽しんで動かせたらな〜と考えておりますので、その折にはお付き合いいただけると幸いです。


そのためにはやっぱり習慣化って大事ですよね。今年も、部分的には習慣化出来たんです。iPhoneアプリの助けを借りて。


たとえば春にエントリした「MoneyTron」。

子供の頃からお小遣い帳の類の継続に成功したことがなかったのですが、これはちゃんと続いています。まぁ小さな取りこぼしはあると思いますが、ほぼ全ての金銭の出入りを記録できているんじゃないかと思います。

※価格は情報取得時点のものです。ご購入前にその時点の価格を確認願います。

MoneyTron - おこづかい帳 1.4.2 (¥200) App
カテゴリ: ファイナンス
販売元: webtron Inc.(サイズ: 5.4 MB)


物欲のための小遣い管理 - Digital-Penguin workbench
私事で恐縮ですが、先日とうとう念願のiMacを購入し、無事我が書斎という名のリビングの隅に無事設置されました。 開封の儀とかそういうのは他の方にお任せいたします。適当なリボルテックダンボーも手元にあ ...

本来の目的だったiMac購入時の家庭内借金の返済はですね、まぁその、ええと、OM-Dを買っていなければ、まぁ、だからその、つまり、まだです。来年頑張ります。




それから「Lift」。

※価格は情報取得時点のものです。ご購入前にその時点の価格を確認願います。

Lift - Daily Motivation 1.9 (無料) App
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
販売元: Lift Worldwide(サイズ: 6.6 MB)

筋トレだったり英語の勉強(iKnow)だったりの実施を記録しています。うっかり忘れて1週間位まとめて入れることも多いんですが、一応継続はしています。SNSっぽい使い方も出来るようなんですが、自身の記録以外の使い方は今のところしていません。記録する、という行為自体が習慣化を促してくれるのがいいですよね。逆に頑張るつもりで入れたものの、全く実行できない「目標」も浮き彫りに出来ます。

数年前のダイエットからじわじわとリバウンドしてきている感もあるので、来年はアクティビティトラッカーなんかも入手してさらに運動の習慣化を目指したいと思います。




あ、今年はもうひとつ、春頃に始めてから毎日欠かさず立ち上げているアプリがありました。

パズル&ドラゴンズ」。

※価格は情報取得時点のものです。ご購入前にその時点の価格を確認願います。

パズル&ドラゴンズ 6.3.0 (無料) App
カテゴリ: ゲーム
販売元: GungHo Online Entertainment, Inc.(サイズ: 44.2 MB)


いやまぁ、面白いですよね。こんなにゲームに嵌ったのっていつ依頼でしょうか。無課金なので歩みは遅いですが250日を超えてもまだ楽しいです。今日は朝から五右衛門ハイランダーが無事進化しましてご満悦です。もうね、楽しくて楽しくて今まではblogの下書きやってた仕事の休憩時間なんかもついつい立ち上げたりなんかして記事を書く暇もなく…あっ。



みなさまそれでは良いお年を。



今年定番になったiPhoneアプリ #2013app - #RyoAnnaBlog



さて天空龍超級で勝てるパーティを考えないと。

2013-12-07

[]SAVE the Genius!

2013年10月22日のApple新製品発表イベントにおいて発表された数字によると、AppStoreの登録アプリ数は100万件、累計ダウンロード数は600億件を超えたそうです。同時期の数字を確認していませんが、遅れてきたGoogle Playもその急増する端末シェアを背景に、ほぼ同じ数字程度まで追い上げているとか。とにかくスマートフォンアプリの市場は隆盛を極め、多種多様な選択肢をユーザにもたらしてくれています。

f:id:Digi-Penguin:20131207063441p:image


そして、Appleが確立したそのiOSのためのプラットフォームでは、黎明期より現在に至るまで、その数字を下支えする欠かせない存在として個人開発者(またはそれに近い小規模法人)の存在がありました。無論PCの世界でも昔から個人の開発したフリーウェアやシェアウェア、あるいは有志によるオープンソース開発に拠る優れたソフトウェアは数多く存在しました。ですが、Appleが提示してみせたのはすべての開発者に平等な開発条件であり、登録料を払う程度の覚悟さえあれば誰もが同じ流通プラットフォームで勝負できる世界。それまでプログラミングの素人だった人さえも、iPhoneの示した可能性に魅力を感じ、その旺盛な学習意欲と好奇心、そしてオリジナリティ溢れるアイディアを武器に参入しました。


とはいえ、そうしたプラットフォームだからこその難しさも当然あります。100万のアプリがひしめき合う世界で、無名の個人開発者が認識され、ダウンロードされ、安定した収入を得られるようになるのはやはり簡単なことではありません。比較的初期に参入し人気アプリを生み出した開発者の方でも、次々と新しいアプリが生まれ話題となり流行り廃りが変化し続けるAppStoreでコンスタントに稼ぐのは並大抵のことではないはずです。才能があっても努力をしても、個人開発者がそれを専業として「食べていく」「家族を養っていく」ために立ちふさがる現実



iPhoneゲームの真髄


さて、ここで一人の個人開発者さんをご紹介します。


Studio Loupe

日本生まれ、ハワイ育ちのiPhoneアプリ開発者、リオ・リーバス(@)さんの屋号です。

2008年の11月にiPod touchに触れ、プログラミングに縁のなかったという彼が独学で最初のアプリをリリースしたのが2009年の1月末。そこから彼は、独創的で、シンプルで、美しく、そして実に「iPhoneらしい」ゲームを次々に生み出します。僕が彼のアプリに初めて触れたのは、おそらく「SUSOKU」だったと思います。

※価格は情報取得時点のものです。ご購入前にその時点の価格を確認願います。

SUSOKU 1.1 (¥100) App
カテゴリ: ゲーム
販売元: Studio Loupe(サイズ: 4.8 MB)

僕がiPhoneを使うようになって暫くの間、有料アプリを買うことはとても少なく、ましてやゲームなんて無料で十分だと思っていました。だからこのゲームを買ったのもユーザ1名にiPadプレゼント!に釣られたからという実に不純というか、ある意味思惑通りというか。余談ですが、この時リオさんは当時アメリカだけでしか発売されない初代iPad購入のためにハワイまで行ってるんですよね。お金ないのに


で、まぁ理由はともかく落としたのだから遊ばないと損。ということでやってみるとこれがまぁ面白い

上に表示される数字を、「隣り合う2つの数字」の足し算でつくる。正解すれば新しいお題とパネルが表示される。それを繰り返して、時間内にいくつクリアできるかを競う。言葉にすればただそれだけのゲームです。難しいことは何もなく、直感的に理解でき、すぐに遊べるゲーム。それなのに、そこにはiPhoneゲームとしての魅力が凝縮されていたのです。

f:id:Digi-Penguin:20131206101103p:image f:id:Digi-Penguin:20131206101105p:image

1分のスキマ時間で遊べる携帯電話の手軽さと、スマートフォンならではのタッチ操作の爽快感。その上なんといっても、純粋にゲームとして熱い



このゲームとの出会いを機に僕はStudio Loupeアプリの虜となり、過去のゲームも含め次々に遊び倒すことになったのでした。

というわけで以下は個人的なStudio Loupeゲーム傑作選。とりあえず今からでもまず遊んで欲しいので、無料版があるものはあえてそちらを紹介しておきます。


SUSOKUと同じシステムですが、こちらは「同じ並びの色のパネル」を探す「COLOR PAIRS」。

f:id:Digi-Penguin:20131206101108p:image

※価格は情報取得時点のものです。ご購入前にその時点の価格を確認願います。

COLOR PAIRS 1.01 (無料) App
カテゴリ: ゲーム
販売元: Studio Loupe(サイズ: 533 KB


IQ mirror」は、たったひとつの「非対称」を探し出すゲーム。ここまで紹介したものはいずれも一つ一つは単純だけど、タイムトライアルにすることで格段に熱いゲーム性を獲得することに成功しています。そしてまた、画面デザインが良いのですよね。

f:id:Digi-Penguin:20131206101110p:image

※価格は情報取得時点のものです。ご購入前にその時点の価格を確認願います。

iQ mirror 1.0 (無料) App
カテゴリ: ゲーム
販売元: Studio Loupe(サイズ: 2.6 MB)


iPadでも素敵なゲーム「Super Worm Ball」をリリースされています。対戦型のエアホッケーのようですが、操るのはマレットではなくテーブル上を可愛く蠢くワーム。実は放っておくとそれぞれのワームが勝手に試合してるみたいになってそれはそれで楽しいのです。

f:id:Digi-Penguin:20131206101122p:image

※価格は情報取得時点のものです。ご購入前にその時点の価格を確認願います。

SUPER WORM BALL 1.0 (¥300) App
カテゴリ: ゲーム
販売元: Studio Loupe(サイズ: 1.5 MB)




開花する才能


こうしてゲームでそのセンスを発揮し続けてきた彼に、転機が訪れます。あるいは天啓というべきか。

今までとは全く異なるジャンル、計算機アプリ。それが今やKDDIの社内公式ビジネスアプリとしても採用されている「FusionCalc」です。

※価格は情報取得時点のものです。ご購入前にその時点の価格を確認願います。

フュージョン計算機 1.9.3 (¥200) App
カテゴリ: 仕事効率化
販売元: Studio Loupe(サイズ: 2.9 MB)

これね。

本当に便利なんです。いや本当に。計算した結果をちょっと横においておける、って素晴らしい発想。メモリ機能のある計算機とかあるけど、そういう次元じゃない。本当にひょい、って横にどけておく。あとでまた計算に使いたい時に使える。いらなきゃ捨てるし、いきなり合算も出来る。

f:id:Digi-Penguin:20131206101113p:image

計算機の少し面倒なところ、普通の計算機なら諦めるところを、iPhoneアプリとして作るならば補完できちゃうんですよね。多くの人がその煩わしさに慣れて、声に出して言う程でもなかったニーズに気づいて、実にiPhoneらしいスマートな操作性で実現してしまったのです。




そして、もう一つ。

彼は、新たにいたのくまんぼう(@)さんと組んだGimmiQというユニットで、一つの革新的アプリを世に送り出します。国連主催のWorld Summit Awards受賞に至ったエポックメイキングなiPadアプリ、「Magic Reader」。

※価格は情報取得時点のものです。ご購入前にその時点の価格を確認願います。

MagicReader 1.5 (無料) App
カテゴリ: ブック
販売元: GimmiQ(サイズ: 24.8 MB)



どんなものかはスクショよりもプロモを見ていただければよく分かるかと。

D

お子さん可愛いですね。いやそれは本題ではないですが。


正直言うと、まだまだ粗削りではあると思います。人によって首の動きでスイスイめくれる人とそうでない人がいる。コツを掴むと自然にできるんだと思いますが、僕は実はちょっと苦手。

でも、何よりもこの仕組みを誰よりも先に作ったという事実(このアプリに関してはリオさんお一人ではありませんが)。紛れもない開発者の天性の資質です。もっと技術力のあるプログラマは世の中にたくさんいるだろうし、センサーの調整をもっと上手にやれる専門家もいるのでしょう。

でも開発者として他者に変え難く、何よりも得難いのは、その発想力と行動力なのです。




最高のアプリ、最大の挑戦


そんな彼が先日、これまでの集大成とも言えるひとつのアプリをリリースしました。


「FusionCalc」の超進化版、「メモれる電卓 FusionCalc2」。横にどけておいた数字がなんだったかわかるようにメモを書いたり出来ます。まだFusion Calcシリーズに触れていないのなら、機能が増えたこのアプリをぜひ試してみてください。無料ですしね。

f:id:Digi-Penguin:20131206101131p:image f:id:Digi-Penguin:20131206191723p:image

※価格は情報取得時点のものです。ご購入前にその時点の価格を確認願います。

メモれる電卓 FusionCalc2 2.0.2 (無料) App
カテゴリ: 仕事効率化
販売元: Studio Loupe(サイズ: 5.2 MB)


追記:記事を書いてる最中は気がついてなかったのですが、広告なしの有料版がリリースされていました。因みに通常価格500円ですが、12月20日から300円のセールを行うそうです。

※価格は情報取得時点のものです。ご購入前にその時点の価格を確認願います。

メモれる電卓 FusionCalc2 Pro 2.0 (¥500) App
カテゴリ: 仕事効率化
販売元: Studio Loupe(サイズ: 3.6 MB)


カート機能など使い方を詳しく紹介した記事はこちら。

FusionCalc2: メモのように数字を保存できる超便利な電卓アプリの新バージョン!無料。 - たのしいiPhone! AppBank
フラットデザインになった「FusionCalc2」!追加機能にも注目です。 「FusionCalc」といえば、計算結果をドラッグして保存できる便利機能で有名な電卓アプリです。 その「Fu ...


そして、彼はこのアプリアプリ開発者としての人生を賭ける、と宣言したのです。

アプリ開発引退をかけた渾身の新作!FusionCalc2をリリース!〜これで駄目なら俺は辞めるぞ!〜 / スタジオルーペ|個人iPhoneアプリ開発者のブログ
iPhoneアプリ開発を始めて5年、それなりのヒットや話題作を作る事ができ、国連主催のイベントで賞を頂くというような光栄な事もありましたが、なんだかんだとギリギリの生活がずるずる続いていたところもあり ...

こちらは奥さんのブログ

アプリ開発歴5年の夫の収益とは!?引退を語ったインタビュー記事に注目! | AppMama - iPhoneアプリ開発者の妻のブログ
シビアなことを言えば「FusionCalc2」の価値というのは収益が表しています。 夫は世界中でこの計算機が使われることを目指して開発、改良しているので、その思いの中で月20万、30万の収益ではまだま ...




当然のことですが、個人開発者の皆さんにもそれぞれ生活があります。そんな彼らがこのステージを降りる決断をしたとき、それを止めることは出来ません。少なくとも僕は彼らの人生に責任を追うことなんか出来ませんし。今いる場所が最高峰ってわけじゃない。新しい挑戦でこそ輝く人だっているのだし、それはそれで次のステップを素直に応援したいと思います。


でも、それは去ると決めた人の話。彼はまだ、チャレンジを続けるか否か、その分岐点に佇んでいます。ならばいちファンとして、全てのユーザに問いかけねばならないでしょう。


App Storeは、この才能を手放して良いのか?


ブログでは、Studio Loupeを応援しています。





written by iHatenaSync

2013-10-02

[][]2歳と僕とiPad

先日、AppStoreでキッズアプリが特集されていた際に知ったのですが、今Sago Sagoというカナダデベロッパーさんの幼児向けアプリがアツいと僕の中で評判です。

というかうちの子が熱中しすぎて少し困っています。


Sago Sago - Apps for Toddlers and Preschoolers
Sago Sago is a team of designers and developers who create apps that children love and parents trust ...


成長するお絵描きログ


中でもお勧めしたいのは、「思い出お絵描き」。

※価格は情報取得時点のものです。ご購入前にその時点の価格を確認願います。

思い出お絵描き 2.2 (¥300) App
カテゴリ: 教育
販売元: Sago Sago(サイズ: 45.4 MB)



内容はとてもシンプルで、白紙か、アプリで用意されたテーマか、写真を撮ってその上にお絵描きが出来ます。

f:id:Digi-Penguin:20131002212151p:image


で、このアプリはお絵描きの過程と、その時の周囲の音声を記録してくれます。

つまり、子供が何を話しながら、どういう描き順でお絵描きをしたのかが全て記録されるということです。


そして記録された動画は勿論アプリ内再生と、動画として書き出すことが可能。


うちの子はまだ形を描こうという意識はなく、ただ線をぐちゃぐちゃ描くだけです。それだけでも僕らとのやりとりや、歌を歌いながら描いている様子が記録されていて凄く楽しいです。更にそのうち丸や四角を描くようになり、アンパンマンや動物の絵を描くようになったとき、その成長が(このアプリで描く限り)どんどんと記録されるのだと思うとこれから先、使い続けるのがとても楽しみなアプリです。

f:id:Digi-Penguin:20131002212154p:image


それに、僕のいないときでもこれで遊んでるわけで。

そうすると先日も仕事から帰ってからこのアプリを開いたら動画が増えてて、見てみたらお絵描きしながら「おとうさんはー?」とか言ってる子供の声が記録されてたりして、それだけでなんだかもう泣きそうですよお父さんは。


因みに僕の声が入っていて気持ち悪い恥ずかしいのですが、書き出した動画はこんな感じ。やばいですかわいいです。

D


動画の最初か最後に記録日時を表示してくれたら最高なんだけど。



小さな友達、小さな冒険


他のアプリも簡単にご紹介。

うちの子が今一番好きなのは「森の冒険」。

※価格は情報取得時点のものです。ご購入前にその時点の価格を確認願います。

森の冒険 1.1 (¥200) App
カテゴリ: 教育
販売元: Sago Sago(サイズ: 40.1 MB)


小鳥をタップやドラッグで誘導して、森の中を飛び回るアプリです。森の中には幾つかのイベント発生ポイントがあって、そこに小鳥を連れて行くと特定の行動をしてくれます。

f:id:Digi-Penguin:20131002212148p:image


その行動というのが「辛いものを食べて驚いて火を吹く」とか、「水を飲んでゲップをする」とか。要は、幼児が手を叩いて喜ぶような「いかにもな」リアクションなのです。

f:id:Digi-Penguin:20131002212143p:image


パターンは決まってるので少し大きい子はすぐに飽きてしまうかも知れませんが、繰り返しが大好きなうちの2歳児くらいだと毎日楽しそうに遊んでいます。


たまに小鳥に対して歌を歌ってあげていたり、「おどってー」とか声をかけたりしていて、どこか友達のつもりなのかも知れません。





形と色と数字に触れる


Pet Cafe」も内容はとてもシンプル。

こちらは3種類の遊びができて、今回紹介している他のアプリと比べるとストレートな知育系、という印象。

※価格は情報取得時点のものです。ご購入前にその時点の価格を確認願います。

ペットカフェ 1.1 (¥200) App
カテゴリ: 教育
販売元: Sago Sago(サイズ: 29.5 MB)


一つ目は食べ物のシルエットを正しい形に重ねる「形合わせ」。正しい方に重ねると食べ物のシルエットが絵に変わって、待ってる動物が食べられる、という仕組み。動物たちが大抵は食べてよろこんでくれるんだけど、たまに苦手な食べ物や酸っぱい食べ物で変なリアクションをするのがやっぱりうちの子は楽しいみたい。

f:id:Digi-Penguin:20131002212146p:image


二つ目は3色を混ぜて作るジュース。

赤、青、黄色の3色で、同時に出すと混ざった色に。遊んでるうちに色の関係を学べるってことですね。

f:id:Digi-Penguin:20131002212140p:image


三つ目は同じ食べ物が10個出てきて、動物たちに食べさせてあげる遊び。最初に一つずつカウントして、食べさせると数字が減ります。食べさせる動物と食べ物の色が決まっていて、色合わせの要素もあります。

f:id:Digi-Penguin:20131002212137p:image

うちの子は何故か最近「いち、にー、さん、しー、よん、ごー」と覚えてしまってるので、これで矯正出来ないものが画策中。



9つの音色を楽しもう


最後に紹介するのは「音楽ボックス」。

※価格は情報取得時点のものです。ご購入前にその時点の価格を確認願います。

音楽ボックス 1.1 (¥200) App
カテゴリ: 教育
販売元: Sago Sago(サイズ: 16.9 MB)

9種類の音の中から一つを選ぶと、真っ白なフィールドに動物が玉を運んできます。画面を触るとカラフルな玉が増えて、ぶつかり合って音色を奏でる、ただそれだけのアプリです。

f:id:Digi-Penguin:20131002212135p:image


指で触れて玉を弾くもよし、iPadを傾けてぶつけあわせるもよし。シンプルさでいうならこれが一番シンプル。楽しい色と動き、心地よい音色。乳幼児の最初のおもちゃのように、視覚と聴覚で直感的に楽しむアプリです。

f:id:Digi-Penguin:20131002212132p:image

同じ玉を触り続けると弾けて動物が出てきたりとか、ちょっとしたギミックは隠れてますが。





親子で触れて、親子が触れ合う

紹介したアプリ一つ一つは小粒で、ところどころ物足りなさとか未完成な印象もあります。

どれも子供にちょっとした驚き、刺激を与えつつ、知育とか情操教育の第一歩をすこしだけ手助けしてくれます。ただ子供に与えて遊ばせておくのではなく、親が子供と寄り添って会話しながら遊ぶことで物足りない部分が補完され、本当の楽しみ方が見えてくるような、そんなアプリたちです。


親と子のiPadを通じた関わり方というものを真剣に考えている会社なのかな、と感じましたので、今後も応援しつつ注目したいと思います。



なお、いずれのアプリも0〜5歳向けに作られているようですが、個人差もあると思いますし、範囲内でも上の方の年齢だとすぐに飽きてしまうかもしれません。お子さんが好きそうなやつから選んで、反応を見るのが良いんじゃないかと思います。

written by iHatenaSync

2013-09-15

[]Google Mapsの罠?

Google Mapsって便利ですよね。

スマートフォン電子コンパス機能と組み合わせれば、僕のような方向音痴でもそれなりに目的地にたどり着けてしまう優れものです。iOS6で物別れして以降のiPhoneの標準マップでは未だに追いつけないレベルの情報量も魅力的です。

※価格は情報取得時点のものです。ご購入前にその時点の価格を確認願います。

Google Maps 2.4.3 (無料) App
カテゴリ: ナビゲーション
販売元: Google, Inc.(サイズ: 10.2 MB)



以前、このサイトで変則的な形ながら紹介させて頂いた@さんのお店、「らーめん春友流」さん。

神戸からイベントで上京してきたTwitterフォロワーの@さんと一緒に食べに行こう、ということになりまして、最初は近くの戸部駅で待ち合わせる予定でした。ところが少し遅れてくるので横浜駅から走る」と不思議な事を言い出す*1に「乗り換えて戸部か高島町のほうがいいと思う」と進言したものの、「走ったほうが急いでいる感じがするから」と更に不思議な事を言うので、それ以上あれこれ言っても混乱するだけだと思い、最終的に店舗前で現地集合となりました。

P1120088




しばらく待っていると「マップ上はついたのにそれらしき場所がない」とのメッセージが。

電話で話しながら誘導しようと思ったけれど、どうも彼がいるのは隣町。僕もその辺りの土地勘は殆ど無く、「何かパスタ屋さんがある」とか「ほっともっとがあった」とか微妙なランドマークを告げられても的確なナビゲートなど出来るはずもなく。そもそも何故そんなところに、と思いながら話すも彼は「Googleマップの示す通りに来た」の一点張り。以前の僕の記事でも分かる通り、横浜駅からもそんなに複雑な道でもなく、「らーめん春友流」も大通りに面した非常にわかり易い場所。もしかして彼は少し残念な人なのだろうか。


最終的にはとりあえず「戸部7丁目交差点」を目指せ、と告げて暫く待つと、どうにか道の向こうで帽子を振る笑顔の彼の姿が。ちょっと残念な人かもしれないけど良い笑顔だ。



しかし、迷った事情を聞き、実際に確かめたところ、残念なのは彼ではないことが分かったのです。さてここからは名誉回復と、これから初めてお店を目指す方への注意喚起。




マップに従ったら迷った?


彼が言うには、Google Mapsで検索すると全然違う場所が表示されたとのこと。


本当にそんなことあるの?

Google Mapsを起動してみます。お店はこの辺り

f:id:Digi-Penguin:20130914232550p:image



で、検索窓に「らーめん春友流」

f:id:Digi-Penguin:20130914232553p:image

ちゃんと出てくる。素晴らしい。表示されている住所もあってる。


で、出てきたそれをタップする、と…。

なんかピンの位置がおかしい。たしかに@さんが迷っていたと思われる隣町の方に…。

f:id:Digi-Penguin:20130914232557p:image


おかしい。

おかしいので、下に表示されているお店の登録情報を開いてみると…。

f:id:Digi-Penguin:20130914232600p:image


横浜市西区38-7」。


…住所、違くね?

調べてみると、このピンの位置は「横浜市西区平沼一丁目38-7」。

つまり、「らーめん春友流」の住所「横浜市西区戸部本町38-7」の「戸部本町」が省略されて登録された結果、何らかの優先順位によって隣町の同じ番地に勝手にピンをたてられてしまった様子。



これは間違えても仕方ない

というか、なぜ横浜駅から走った方が早いと彼が判断してしまったのかもこれで納得。この位置だと他の駅よりどうみても横浜の方が近いです。そりゃ冷静に見たら最寄りと言われている駅の方が明らかに遠いからおかしいんだけど、そんなの土地勘もない地名に馴染みもない場所じゃ気づかないよね。


念のため、「戸部本町」まだ含めて住所で検索すれば

f:id:Digi-Penguin:20130914232603p:image

そうそう、この位置ですよね。




ちなみに彼は食べログからマップを開いたとのことで、「食べログアプリも検証。

f:id:Digi-Penguin:20130914232606p:image

食べログ記事内の住所はあっている


f:id:Digi-Penguin:20130914232610p:image

アプリ内マップも正しい


でも、ナビゲートのために右上の「マップでみる」からGoogle Mapsに移動すると…。

f:id:Digi-Penguin:20130914232613p:image

やっぱり駄目。


※価格は情報取得時点のものです。ご購入前にその時点の価格を確認願います。

食べログ 4.8.0 (無料) App
カテゴリ: フード/ドリンク
販売元: Kakaku.com, Inc.(サイズ: 6.5 MB)



この情報については店主にも伝えたので、そのうち然るべきところに報告されたりして直るんじゃないかと思いますが、登録された情報によってはこんな風に間違えた誘導をされる可能性が他のお店とかでもあり得るってことですねー。春友流さんだけの問題じゃありません。

Google Mapsの完成度が高くて信頼できるだけに、こういうことがあってもなかなか地図側の間違いだとは気づきにくいですよね。



てことでみなさんも初めて行く場所が見当たらなくておかしいとおもったら住所情報など見直した方が良いかもしれません。あと、登録される方は(誰がどうやってるか知らないけど)省略せずに正確な情報をお願いします




ついでにお店の(友情出演的な)支援ということで


こちらが正しい地図ですよ。


大きな地図で見る



定番のラーメン(味玉)。

P1120068




あと、新メニューの旨辛ラーメン

P1130198




餃子

P1130200




カレー

P1130201

*1:まぁ、「あまり遅れるとラーメンなくなるかも」とか言って必要以上に焦らせた僕が悪いのですが。