スキルズ・トゥ・ペイ・ザ・¥ このページをアンテナに追加 RSSフィード

スキルズ・トゥ・ペイ・ザ・¥

2016-05-25

[] 無料DLフランス現行シーンに触れる 仏インディーレーベル「ラ・スーテレーヌ」  無料DLでフランス現行シーンに触れる 仏インディーレーベル「ラ・スーテレーヌ」 - スキルズ・トゥ・ペイ・ザ・¥ を含むブックマーク

f:id:Dirk_Diggler:20160525005116j:image

 休日にbandcamp内を「name your price」や「free download」といったタグで探っていると、その二つで共に多く引っかかる「La Souterraine」というレーベルに辿り着いた。

 しかもこのレーベル、この音源一覧のアルバムは全て投げ銭DLが可能(つまり0円でもオーケー)となっており、丸一日を費やして大体の音源を把握し、そのクオリティの高さ、そしてそれを広く解放拡散してしまうレーベルの心意気/太っ腹加減に感動。後日に色々と調べてみると、以下のリンクで事情通の方が既に紹介しており、非常にためになりました。

 今から約1年前の2014年1月、パリのレーベルAlmost Musiqueの代表者バンジャマン・カシュラとパリのラジオ局アリグルFMのDJだったローラン・バジョンが中心になって、フランス語で「アンダーグラウンド」を意味するラ・スーテレーヌ(La Souterraine)というサイトを立ち上げました。

(略)

 このサイトが音源を紹介する唯一の条件は「YouTubeでほとんど紹介されていない」ということなので、フランスでもまったく知られていないミュージシャンがほとんどですが、商業ベースに乗らない良質なフランスのインディーポップをたっぷり聴くことができます。

フランスの「アンダーグラウンド」ポップスのショーケース、ラ・スーテレーヌ(La Souterraine) - ふつごぽんTMBL

 自分も丸一日かけてDLした結果、アーティスト/アルバム単位で幾つか「凄く良いな!」と思った音源を以下に挙げてみます。

Baron Rétif & Concepcion Perez「disque d'or」

 「J Dilla的なビートを生演奏・上ものはジャジーだったりインストファンクっぽかったり」という、正に「今、ONな感じ」の人たち。ラッパーをフィーチャーした曲もあり。

2024「Mostla tape」

 ドラムが非常に気持ち良いロックバンド。音像が良い感じにスカスカでギターとベースもオールディーズっぽい音色だけど、オルガンなど鍵盤系の音も随所に盛り込まれていて緻密な印象。

Les Passagers「Mostla Tape」

 女性Voのグループ(?)。全体的にレイドバックしてる印象がありつつビートが立った曲も凄く良い。M7「Acheter ta peau」でヤられました。

 とりあえず3アーティストを。

 で、折角かなりの数の音源をDLさせて貰ったので、自分でも「お薦めmix」を作ってみました。この「ラ・スーテレーヌ」からは音源をリリースしていないものの、コンピのみに参加しているアーティストも何組かおり、そういう人たちの音源も混ぜてあります(ステレオラブ、レティシアのソロ曲も入れました)。

Guide to Mostla (soundcloud)

DLコチラからどうぞ)

 そもそもこのラ・スーテレーヌというレーベルが話題になったのは、フランスの総合文化雑誌テレラマでニコラ・ポーガムのミックステープが紹介されたのがきっかけでした(テレラマの年間ベストアルバムの一枚にも選ばれています)。ニコラ・ポーガムは1970年生まれで、90年代に組んでいたダ・カーポというグループのCDは日本で出たこともあります。キャリアが長いとはいってもまったく無名だったのですが、去年テレラマで取り上げられたことで注目され、フィジカルのソロCDを出すことができました。

(略)

 〜ヒップホップ界隈ではこのようなミックステープは既に普通のものですが、インディーポップではまだ珍しい試みだと言えるでしょう。このような試みが将来どのような実を結ぶのかはまだわかりませんが、注目をつづけていきたいと思います。

 ともかくフランス語で歌われる最新ポップスが無料でダウンロードして聞けるなんて、これほどうれしいことはありません。「アンダーグラウンド」とはいっても、どろどろしていたりとっつきにくかったりするものではありません。それでも特に売れるための配慮をした音づくりをしていないので、「アンダーグラウンド」ならではの自由な気風を感じとることができると言えるでしょう。現在の商業的なヴァリエテ・フランセーズに不満があるひとの中には、むしろ「こういうフレンチポップスが聞きたかった」と思うひとも多いのではないでしょうか。

同・ふつごぽんTMBL

 ↑常々思っていたことを簡潔にまとめて下さっています。インディーロック界、ジャズ界なんかでも、こういう波が幾つか立てばシーンの活性化にも繋がるような気がします。



2012-11-27

[][] 夜の略奪者たち「ビーツ、ライムズ・アンド・ライフ」  []夜の略奪者たち「ビーツ、ライムズ・アンド・ライフ」[] - スキルズ・トゥ・ペイ・ザ・¥ を含むブックマーク

f:id:Dirk_Diggler:20121128163332j:image

言わずと知れたニュースクールの代表選手:ア・トライヴ・コールド・クエスト(ATCQ)の面々に、俳優のマイケル・ラパポートが監督として迫ったドキュメンタリー作品。

ラパポートはグループ結成〜一躍時代の寵児に〜不仲説などが取り沙汰され解散〜そして再結成ツアーまで…という具合に、ATCQが歩んできた(それこそ、1stのタイトルにあるような)“ライムの小径”を、メンバーそれぞれの想いと共に振り返り、丁寧に掬い上げてみせる。初監督作として上出来の部類に仕上がっているのは、一重に「ずっと彼らのファンだった。グループがどうして解散するに至ったかを知りたかった」という、ラパポート当人の真摯な「トライヴ愛」がなせる業だったのではないかと思う。

以下に見所というか、個人的に面白かったエピソードを挙げておきます。

  • 結成からネイティヴタン始動まで。辛うじて生き残っている人、もう半分引退したに等しい人、そして別の道を歩んでいる人。こういう現在が先に映し出されているから、蜜月に大挙してステージに上がっている映像を見ると、もうそれだけが涙腺が緩んでしまう。その時は永遠に続くかのように感じられた楽しい時って、振り返ってみると一瞬なんだなぁ、と。
  • 「Bonita Applebum」の革新性と、「The Low End Theory」が発売された時の彼らの「無敵感」を熱っぽく語るファレル・ウィリアムス。
  • どんな時でも学者然とした語りで安定感のあるクエストラヴ先生はドヤ顔でこんなことを言う。「1993年11月9日に、クラシックなヒップホップにとって最重要とも言える2枚のアルバムが発売された。それがATCQの3rd『Midnight Marauders』と、ウータン・クランのデビューアルバム」(発売が同じ日だったのか!)
  • ビースティーズの三人もインタビューに答えるが、大写しになったMCAに「ハッ……!」となってしまい、ちょっと涙ぐんで何を喋っていたかあんまり覚えてない。
  • その『Midnight Marauders』と言えば有名な「ヒップホップ友達の輪」的な顔写真だけど、当時「呼ばれた?」「オレ呼ばれてない!」みたいな感じでヒップホップ界隈は騒然となった、という話が可笑しい。「呼ばれなかったので、これから頑張って呼ばれるようになってやろうと思った」と振り返るコモンがいじらしい。ちなみに一覧はこのページに。
  • 『The Love Movement』の時はメンバー間の緊張がピークにあったらしく、「皮肉だよな。メンバー間に愛なんかこれっぽっちも残ってないのにこんなタイトルなんて。いっそ『The Last Movement』とかの方がまだ良かったよ」とファイフ。そして遂に解散を発表する。
  • このドキュメントで印象的なのは、写っている現在の4人。簡単に言うと、今だ活動を続けるQティップ/アリの現役組と、「ヒップホップは表現方法の一つなので、別に無くても生きていける」と別の道を歩んだファイフ/ジャロビのセミリタイア組にきっちり別れている、という点。仲が良かった結成時でも、つるでいたのは大抵この組み合わせだったみたい。ファイフはバスケ好きが高じてNCAA?のスカウトみたいなことをやっており、ジャロビは飲食店を経営している。ショウビズ界に身を置く緊張感からか、現役組の精悍な様と、セミリタイア組のダルっとした体型が、残酷にも対照的に何某かを物語ってしまっている。
  • もちろんファイフは糖尿病っていうハンデがあり、全身全霊を芸能活動に傾けられないのはわかるけど、ファイフ自身がリユニオン・ツアー(ロック・ザ・ベルズ2008)を申し出ておいて、ツアー中の体調不良を理由にQティップに当たる、なんていう様は、両者の言い分がわかるだけに観ていて非常に痛々しく思えた。ツアーメイトであるデラの面々にも「(二人の諍いを)もう見てられないよ・・・」とボヤかれるほど。芸事に身を置く人間が歳を取る、ってこういうことなんだなぁ。
  • まぁ色々あって、最終的には仲直りするんだけど、その先で待っているのがなんと日本ツアー(サマソニ2010)。これってまるっきり「スパイナル・タップ」と同じじゃんか!(「アンヴィル!」もそうか)
  • 来日したQティップとアリが訪れるのはディスクユニオン渋谷店。地下のジャズやファンク/ソウルのフロア。そこでレコードを視聴するQティップ。自分も2010年以降にあそこで視聴したことあるから、同じヘッドフォンを使ったことに……!
  • エンドロールでは「ATCQはあと1枚、レコードディールが残っている」と結ぶ。楽しみにしています。

People’s Instinctive Travels and the Pat
Tribe Called Quest
Jive / Sbme Europe (2005-01-04)
売り上げランキング: 82968

Low End Theory
Low End Theory
posted with amazlet at 12.11.28
Tribe Called Quest
Jive / Sbme Europe (2005-05-17)
売り上げランキング: 45131

Midnight Marauders
Midnight Marauders
posted with amazlet at 12.11.28
Tribe Called Quest
Jive (1993-11-09)
売り上げランキング: 11507

The Love Movement
The Love Movement
posted with amazlet at 12.11.28
Tribe Called Quest
Jive (2005-05-17)
売り上げランキング: 58085

D



2012-08-25

[][] 8.25(土)は「RETURN TO FOREVER Vol.2」です!  []8.25(土)は「RETURN TO FOREVER Vol.2」です![] - スキルズ・トゥ・ペイ・ザ・¥ を含むブックマーク

【RETURN TO FOREVER Vol.2】

■ 2012/8/25(sat) 14:00〜21:00 ¥1500 (2ドリンク付き)

f:id:Dirk_Diggler:20120807140914j:image:left■ DJs:

DiRRKDiGGLER,@norinori70,@Ginger does'em all,@mochilon,@moriura(ex.quinta_mind)

■GUEST DJs:

トーニャハーディング

HOMECUT


■place:喫茶SMiLE →渋谷区宇田川町11-11 柳光ビル本館 3F


タイムテーブルは↑のようになっております。

トップバッターは前回のquinta_mindから名前をmoriuraと一新しての氏のプレイは、なんとドラマーがリーダーのジャズを中心に選曲とのこと!渋い!期待してます!

2番手は私でありまして、ジャズ/フュージョンというザックリした括りで広く浅く色々とかけたいと思っております。

3番手は「昭.和.の.S.E.X.」でDL可能な数々のミックスも大好評なnorinori70兄さんが「モンクミンガスドルフィー/サンラヘッドハンターズラリーヤング、みたいなかんじ」で繰り広げる60分!必聴です!

4番手はミゼル兄弟ミックスアルバムが大好評!なGinger does'em all氏によるVocal Jazz!唯一歌モノをかける人!ここのところめっきり歌謡曲づいている氏の新局面に期待です!

ゲストのトーニャハーディング氏は私と同じくジャズ/フュージョンとのことですが、「シャカタクでフロアをロックする!」と鼻息も荒かったので楽しみです!

ゲストもう一名、HOMECUT氏は「ワールドミュージックとしてのジャズ」を展開してくれるとのことで、こちらも期待大!

大トリを努めてくれるのは前回のハードバップでの熱狂が記憶に新しいmochilon氏が、なんと今回はボサノヴァという新境地に!こちらも耳が離せない!

最後は皆でバックトゥバックを予定しています。ジャズの大ネタを皆で持ち寄ってかける予定です。

いよいよあと残り20日を切った「RTF Vol.2」!皆さんのご来場をお待ちしております!!





■関連リンク



2011-12-02

[][] JAZZを流行らせたい。  []JAZZを流行らせたい。[] - スキルズ・トゥ・ペイ・ザ・¥ を含むブックマーク

f:id:Dirk_Diggler:20111124115717j:image

もう二週間も前の話になってしまいますが、自分仕切りの初イベント「RETURN TO FOREVER」は無事終了いたしました。

夜が更けるにつれ雨足が強まる中、喫茶SMiLEにお越しくださった方々にはもう一生足を向けて寝ることができません(多分様々な方向に足を向けて眠れないので蒲団の中でグルグル回りながら寝ています)。

本当にありがとうございました!

「ナイスパーティー!」と評判も良かったため、近いうちに第二回のRTFも開催できればなぁ、と考えております(来年の春ぐらいを予定)。

イベントの詳細は暗黒皇帝さんの「メモリの藻屑 、記憶領域のゴミ」をご参照あれ。

DJ陣では、クラブジャズではなくアコースティックなジャズでフロアをロックオンしていたモチロンくんにMVPを贈呈したいと思います。彼が本イベントに触発されて作ったという「おどりジャズmix Vol.1」がとても良い感じなので皆様も是非DLしたら良いと思います。

雑感としては第1回をやってみて、イベントの方向性がよりクリアになったような気がします。上記でも少し触れましたが、所謂クラブジャズ解釈とは離れた、アコースティックなジャズで皆を躍らせたり、最終的にはシャカタク「Nightbirds」で思わず歓声を上げたくなるような、クリスタルな恋人たちが集うアダルトなイベントにしたいと思います。

また次回もよろしくお願いいたします!



2011-11-13

[][] 11.19(土)は「RETURN TO FOREVER」です!  []11.19(土)は「RETURN TO FOREVER」です![] - スキルズ・トゥ・ペイ・ザ・¥ を含むブックマーク

いよいよ今週末に迫りました!ジャズ/フュージョンを存分に楽しんでいただくためのイベント:「RETURN TO FOREVER」が11月19日(土)に行われます!(イベントを思い立った経緯

いよいよ当日まで1週間を切りましたが、今回は各DJsのタイムテーブルを発表したいと思います!!

■第一部(しっとり)

15:00〜15:30 quinta_mind

15:30〜16:00 DiRRKDiGGLER

16:00〜16:30 ginger does’em all

16:30〜17:00 norinori70

17:00〜17:30 mochilon

■第ニ部(アゲ)

17:30〜18:10 quinta_mind

18:10〜18:50 ginger does’em all

18:50〜19:30 mochilon

19:30〜20:10 norinori70

20:10〜21:00 DiRRKDiGGLER

【RTF】は二部構成のイベントとして考えております。

まず第一部、開始15時から17時30分までは土曜の午後をメロウに演出!ラウンジーにしっとりと浸っていただき、そして陽が暮れて第二部からはフロア仕様の「踊れるJazz」で皆様にグイグイ迫っていきます!

そしてなんと!今回はご来場の皆様にちょっとした贈り物を用意しております!それは……!

ミュージシャンとしても活躍中のginger does’em allmochilon両氏にお願いして、今回のイベントをテーマにJazz音源をエディットしてもらった「RTF EP」を先着30名様にプレゼントさせていただきます!

これがですねぇ、もう本当に売り物としてお金をいただいても皆さん文句は言わないんじゃないか?と思わせるに十二分なクオリティでして。皆さん、これを貰いに来るだけでも損はしないと思いますよ!(もちろんずっとイベントを楽しんでいってもらいたいですけど!)

最近、某こぶ平(ぼんぼんかつジャズマニアとして有名)の話題が出たときに、世の中には「ジャズなんてスカしてやがる」とお思いになる方が一部いらっしゃると知ってショックを受けたのですが、むしろそういう方々にこそ是非来て頂きたいです!

クールで、そして熱い、ジャズ/フュージョンを【RETURN TO FOREVER】でご堪能下さい!

【RETURN TO FOREVER】

■ 2011/11/19(sat) 15:00〜21:00

■ DJs:

DiRRKDiGGLER (Jazz/Fusion)

norinori70 (Spiritual Jazz)

Ginger does'em all (Jazz/Jazzfunk)

mochilon (Hard-Bop)

quinta_mind (Bossa Nova/Latin)

■ place:喫茶SMiLE →渋谷区宇田川町11-11 柳光ビル本館 3F

■ charge:\300+1Drink Order