発見コーチ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-06-10 採用業務こそ共創する場だ このエントリーを含むブックマーク

こんなのを同人誌として書いてみています。12まで書ききれるか...。

「採用業務こそ共創の場」

エンジニアのみなさんが「ねぇ、僕と契約して採用業務を手伝ってよ」そう言われた時に、あなたなら、どう答えますか?私はその契約にサインして採用業務を手伝っていますが、普通だったらメインの仕事もあるし、影響出そうなので嫌だなぁと「他の人はいないんですか?」と言ってしまうかもしれません。この嫌だなぁと思ったり、実際に面接したら、情報収集が目的な感じの人で時間が勿体ない気がしてしまったなんていう時もありませんか?

採用業務は会社にとっても、現場にとっても必要なことで、頭ではわかっていてもなんとなく敬遠してしまうことの1つになってしまっています。 プロジェクトや部署を越えて仲間を迎えるプロフェッショナルな人々の物語という映画やドラマになりそうな形でありながら、なかなかそうはいかないのが採用業務。しかし見方を変えれば、最近は企業の枠を越えた協業や、市民、企業、行政が枠を越えて課題に向き合ったりと「枠を越えた活動」が起きていますが、実は採用業務は企業の中で普通に「枠を越える」で変化を起こせる社内プロジェクトではないかと思っています。「変化」は過去のやり方が悪いからダメなんです...ではなく、自分の「こうやってみたい!」の前にこうやってみたい!の周りの人や物事の課題を解きほぐすことで進みたい方向に歩み始めて、ふりかえればそれが「変化」になっていち...というようなことなのかなと。

今回の執筆では、ここ数年採用業務に関わってきた中で感じた課題について書きながら、社内プロジェクト化のポイントや業務改善ポイントを伝えていきたいと思います。


1.人事と現場の関係性が良くない

【課題感】

人事に対して現場のエンジニアが思う印象は、勤怠について必要な残業かどうかを尋ねられたりと働き方にやいのやいの言ってくる部署、または忙しい時に限って研修への参加を命令してくる部署というような感じで、人事側は組織のために行っていることなのですが、現場にとってはなぜかマイナスに感じることがあったりして、人事の人がくると身構えてしまうような関係性になっていることが多いものです。そして採用における面接への参加も人事から依頼されるものです。そして往々にしてプロジェクトのリーダーや上司を介して頼まれるものではなくて、現場の状況を無視して突然舞い込んできたりします。採用業務が良い悪いとか以前に、人事からの依頼という時点でなんとなく気持ちが乗らない…なんてことも発生しているかもしれません。また、人事側も実は現場の人の時間を使うことに対して「申し訳ない」と思っている人もいて「採用面接の面接官をしていただいてもよいでしょうか?」とお伺いをかけるような関係になっています。そして採用業務もよほどの強化期間でない限りないプロジェクトチームのような「採用業務用」の関係性を構築してから行われることはありません。物事をいい形で進めるには、まずこの関係性を「課題」と考えた方よいでしょう。お互いに言い淀むような関係では仕事はしづらいですから。

【ポイント】

普段からプロジェクトで仕事を進めている方には当たり前のことかもしれませんが、プロジェクトにすると、情報の共有や、各自の行動がやりやすくなります。企業の中では既にプロジェクト的に採用業務を始めているところもあります。プロジェクトともなれば、関係者を集めたキックオフミーティングして、決まっているビジョンを伝えるだけではなくて、最初から共に考えたり、チーム作りも大切な要素になることはエンジニアのみなさんなら納得してもらえるかもしれませんね。

    • 93679

2016-03-21 【告知】対話の時間の話 その2 このエントリーを含むブックマーク

「話し合う」事を大切にするということ自体は昔から言われていますが、その話し合いの仕方や会話の質などに注目され始めて、実際に多くの場所で話し合い方を工夫され始めたのは2000年以降な気がしています。

話し合う、対話をする、会話をする、おしゃべりをする、日本語にはいろんな表し方があって、そのどれもがそんなには大きな違いなく使われています。みなさんがしたい場はどんな場でしょう?

人と人とが言葉で(実際は言葉以外でもやり取りはされていますが)やり取りするのは、多くの人はいつもしていると考えているでしょうから、あまり「むずかしい」とは感じないと思います。そして実際にも「話をしてください」と言われてまったく話が始まらないケースは少ないでしょう。

当たり前にできることなので、場にいる人のそれぞれの感覚と言いますか、いわゆる暗黙知というものでなりたちます。暗黙知暗黙知のやりとりですから、よほど同じ環境で育たない限り、ズレが生じます。まったく違ったりする事ならズレも意識してお互いに調整できますが、お互いに飲み込んで話を続けるので時には気持ち悪さを生んだりもします。

そこで、話し合いの仕方を入れるのはありでしょう。まずは暗黙知をお互いに使わない、もしくは使えないカタチで言葉のやり取りをするので、ズレは少なくなります。しかし、話し合いの仕方が入るとたまに、その話し合いの仕方が正しく「仕方」になっているかが気になって、単なる言葉のやり取りが、中身よりも外身に気が向いてしまうことがあります。つまりは話し合う当人同士だけだと、しっかりと質のよいから話し合いができるだけの関係性と形式知が必要になるのではないかと考えるわけです。

はい。話し合いに対して第三者で、話し合いの質や仕方を考えて場を見る人の存在が いるとなんとなく良さそうな気がしませんか?

対話の時間を作るのには、簡単にできるからこそ、場をつくることが大切になります。場を見て「仕方」を築くことができる人がいることで、言葉のやり取りの仕方を実体験できます。そして、ここが大事ですが、質のよい言葉のやり取りを体験すると、その体験者は次の場所でも体現することができます。これもまた簡単だからできることだと思います。

今回、体感してもらう勉強会は、そんな「対話の時間」についてのみ体感する会になります。

そのためには最初にどんな対話の時間をなんのためにやりたいのかを少し各自で意識してもらうところから始めたいと思います。

なんとなく対話の時間を取り入れてみたいと思っている方や、会議などの会社の場で対話の時間になっていないと感じている方などいらしたら、ぜひ足を運んでいただけるとうれしいです。

申し込み:

http://kokucheese.com/event/index/381956/

アジェンダ

18:45〜 開場:

19:00〜 ガオ流対話の場づくり講座

講師:高柳謙(ダイアログデザイン)

カンファレンスでの話し合いの場からTの勉強会英語学習勉強会、マンション理事会の場、企業内研修でも参加者の話し合う場を作ってきた経験を元に人と人とが話をするという「場」についてお話します。

【学べること】空間の使い方、場を見る視点

19:30〜 空間の作り方ワーク

参加者自身の開催したい場を考え、それに適した場づくりについて実際に場をつくりながら、自分の視点を身に付けていただきます。

【学べること】参加者と開催者の感覚の違い    

参加者:話し合いの場をつくりたい方/話し合う場の手伝いをしたい方/場の使い方に興味がある方

定員:10名※追加で会場協力の富士ゼロックス社員の方が参加あります。

参加費:2000円

日時:2016年3月25日(金)19:00〜21:00(開場18:30)

場所:富士ゼロックス・R&Dスクエア・共創造ラボラトリー

   神奈川県横浜市西区みなとみらい6の1

https://www.fujixerox.co.jp/company/profile/location/map002.html

申し込み:

入館登録のため会社名(所属名)、氏名、フリガナをご提出ください

2016-03-08 【告知】対話の時間の作り方講座 このエントリーを含むブックマーク

今年はファシリテーターとして立つ場が多様になってきています。以前、翔泳社さんでさせていただいた未来会議を別の場所でとか、デブサミ2016で司会、フューチャーセッションハッカソン、小さいものだと企業の会議のファシリテートもしました。研修でワークショップをする場合もファシリテーターとして実施していますしが、今年はやっとずっと考えていた顧問ファシリテーターとして企業と契約をさせていただいての横断的な組織へのファシリテーターとして関わるやり方を始めることもできました。

どの場においてもダイアログファシリテーターをベースにして、参加者が話し合うことと「今」という場に対して向き合っています。特に最近は「後の先」「参加者の思考を飛ばさない促進」「違和感」を大事にするように意識しています。そして、変わらないのは「人の関係性」と「空間」の使い方と「時間(セッション)」の捉え方です。人の関係性は、初めて会うのか、知っている人か、その先一緒にいる人かなどですが、それをどう活かすかを場のつくりの視点に入れることです。組織の中での対話の場では、人の関係性の「過去」についてどう扱うかも大切な要素です。その時々において、自分にとっての、または組織にとって良いと思う選択肢、もしくは選択肢も1つしかなく選んだものが「今」になっていることと、参加者の時間軸のズレ、空白をお互いの情報で埋めあっていくプロセス。どこにどう時間をかけるか、どこをゴールとしておいていたか、その場で考えて、ファシリテーターが選ぶこともあれば、参加者に委ねることもあります。

今日も未来会議の説明をするところで、決まったフォーマットがありますか?と質問を受けて、毎回毎回違います。と答えました。人、空間、テーマが完全に一緒な場などはないので、ひとつひとつの場が新鮮でリアルです。そのような場を重ねてきたことで、昔考えていた部分に肉付けできたこと、シンプルにそぎ落としたこと、そして何より今の私のファシリテーターとしての「在り方」をお話ししながら、「ファシリテーターは人の数だけ在り方、やり方がある」という持論に基づいて、講義とワークを行う予定です。

今回は、富士ゼロックスのR&Dスクエア「お客様共創ラボラトリー」に協力いただき、場所を提供していただきます。社員の方も参加されますが、私も初めての空間ですので、どういう視点で場を考えていくかをリアルにお見せできると思います。

参加者:話し合いの場をつくりたい方/

話し合う場の手伝いをしたい方/

場(空間)の使い方に興味がある方

定員:10名※追加で会場協力の富士ゼロックス社員の方が参加あります。

参加費:2000円

日時:2016年3月25日(金)19:00〜21:00(開場18:30)

場所:富士ゼロックス・R&Dスクエア・共創造ラボラトリー

   神奈川県横浜市西区みなとみらい6の1

https://www.fujixerox.co.jp/company/profile/location/map002.html

詳細、お申し込みはこちらになります。

http://kokucheese.com/event/index/381956/

※89796

2016-02-09 The Physical Web を触ってみた このエントリーを含むブックマーク

Facebookタイムラインで見かけたサンワサプライの「Physical Web Beacon」が気になって購入してみました。購入した理由は3つ。「Physical Web」についてはこちら

  1. アプリインストールするだけで使えそうだった。
  2. 勉強会などのイベントで使えそうだと思った。
  3. 販売が国内で心の購買障壁が低かった。

ちょっとコスト的には高い感じはありますが、3個入りなので、使えたら知り合いのコミュニティにプレゼントも良いなぁと思ったのが、ぽちった瞬間の心情です。(笑)

さて、届いたものはこちら。

f:id:DiscoveryCoach:20160209123525j:image:w360

起動は簡単で、本体は特にネジ止めされたりしていないので、薬のふたを開けるようにぱかっと開けて、ボタン電池と基盤の間の絶縁体(プラスチック)を外せば、動き出します。後はアプリの画面で確認。今回は二つのアプリ(Physical Web)(Blesh Physical Web)を使ってみました。どちらもシンプルですが、(Blesh Physical Web)の方がURL Editorが詳細でした。私の端末はAndroidなので、Google Playから。

f:id:DiscoveryCoach:20160209123526p:image:w360

ガジェット側を起動した後に、アプリを起動すると勝手に検出してくれて、検出後に登録されているURLが表示されます。デフォルトgoogleさんですね。ちなみに2台起動中してたら「Save」ができなかったので、起動を1台ずつにする必要があります。とめるのは「電池を抜く」ですけどね。スイッチはないので。(笑)

f:id:DiscoveryCoach:20160209123527p:image:w640

※更新する時はガジェット側内側にあるボタンを押すことが必要です。

※い良充┰腓任垢、検出順という結論に。

【感想】

  • 使い勝手はシンプルさもあって、かなりよいかと。
  • 既存のアプリを使う場合、プログラミング知識いらない。
  • イベントでの使い方はアンケートフォームへの誘導など、まさに新しいプロモーション。※ただ、既存アプリだとちょっと面白くない感があるので、カンファレンスには専用アプリとかでそうだし、これを活用したコミュニティが出現する可能性あり。
  • イベントで利用するスケジュールや資料の配布はかなり楽になりそうです。
  • 1個でよい。お友達と一緒に購入ならありかも。
  • Beaconとはぜんぜん発想の出発点が違うので、似たものかな?という印象には注意。
  • ふたがわの3Dプリンタ用3Dデータが欲しい。

【課題】

  • セキュリティ面というか、ふたを開けたら誰でもEditできるので、気づいたら書き換えられてたとかあるかも。
  • アプリからの飛び先で結局ログインが必要な画面が出たら意味がないかもしれない。

まずはさくっと情報共有な感じで投稿です。

※87929

2016-02-02 ファシリテーターの関わり方 このエントリーを含むブックマーク

2月1日にファシリテーターズ・インタビュー Vol.10 尾形 慎哉×和田あずみを行ってきました。

ファシリテーターズ・インタビューでインタビューさせていただいている方々はファシリテーターとして場作りをしているわけではなくて、何かのためにファシリテーションを扱っているという方にも来ていただいてます。


今日来ていただいた尾形さんもその一人で、ファシリテーターと呼ばれるのは違和感があるという方でした。もちろん私もやってることの全てが、これはファシリテーション、これはファシリテーションじゃないとか、それはファシリテーターの役目じゃない...とかそんな厳密な分け目はありません。ファシリテーターとしてやっているだけであって、プロデューサーとしてやっている...とか、コミュニティマネージャーでやってます...とかあるでしょう。


ただ、話を聴いていると、対話を用いた場に向き合っている人たちは、ダイアログにおけるファシリテーションを意識、無意識はおいておいて実践している風に思えています。そして参加者を信じている。誘導しない、ある方向に流れ出す、または考えが溢れだすやり方を好むファシリテーターは私がイメージするファシリテーターに近いことが認識できるようにはなりました。

プロジェクトにおける...とか、コミュニティにおける...とか、扱う範囲でやることは変わりそうだなぁというのと、でも「対話」と「関係性」は外せないかなとか...。


正直に言うと、まだ「巻き込み力」がファシリテーションなのかはまだ悩み中なのかもしれない。

話は変わるが、今日の尾形さんのインタビューからコミュニティやプロジェクトのメンバーになって共に進むファシリテーションと、私の様に第三者としての感覚、立場を活かしたファシリテーションをする二通りのアプローチがあることも明確にできました。まだ他にもありそうですが、こうやってファシリテーターファシリテーションを実施する人)にインタビューしていくことで見つかっていく気がしています。


ファシリテーター

尾形慎哉(株式会社グラグリッド代表取締役/サービスプロデューサー) 

企業や地域の価値創造プロジェクトを手がけるプロデューサー。

サービスデザインのアプローチで、食、農業、福祉、ツーリズムなどの分野における共創プロジェクトを展開。

2014年に「食」で生産者消費者がつながるプラットフォームコミュニティキッチン」を法人化。共同で立ち上げた「ツーリズムデザイン研究会」では、ツーリズムの持つ可能性を見いだす対話セッションを不定期に開催している。

1977年福島県生まれ。東北工業大学工学部工業意匠学科卒。小樽商科大学大学院商学研究科アントレプレナーシップ専攻修了。2000年からデザインコンサルティング会社でATMや券売機、デジタルカメラユーザビリティ評価や、事務機、業務システムなどのUI設計に従事。また、人間中心設計の開発プロセス研究にも携わる。2011年に独立し、人と社会の関係性をデザインする株式会社グラグリッドを共同設立。HCD-Net認定 人間中心設計専門家


【インタビュアー】

和田あずみ:株式会社DeNAトラベル Webディレクター

オンライン旅行サイト『DeNAトラベル』のユーザー調査・サービス開発・UIデザイン・アクセスログ等の定量調査に従事している。

産業技術大学院大学 履修証明プログラム 人間中心デザイン 修了。

環境NPO団体でのファシリテーション経験をいかし、デザインの現場NPO活動においてグラフィックファシリテーションを用いた合意形成を行っている。HCD-netフォーラム、情報デザインフォーラム、デザイン系の勉強会、Code for Japan等のイベントでグラフィックレコーディングを行っている


#87456