偽帝ドミトリの<タコ足>雑録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

【タイトル一覧】

2006-12-22(金)

[] 共同体から流出して生きるということ(『論語』その1)

 孔子曰く「若者よ、身内では父母に仕えておくこと(孝)、世間に出ては自分をへりくだっておくこと(悌)だ。何事もおろそかにせず、誠実で人から信じられるように。誰でも嫌うことなく、また、人柄の厚い人に親しんでいく。このように生活して、まだ余力があれば、書物を学ぶように。」

『論語』*1学而6)

△最近、放置していた社会科学に立ち返り、大塚久雄*2や藤原保信*3アマルティア・セン*4を読み、その目線で宮台真司の『自由な新世紀・不自由なあなた』*5を読み返している。

△考えてみれば自明だが、孔子は共同体に自足していたわけではなく、失われた共同体をベタに回復させようとしていたわけでもない。儒教の説く「孝悌」は、すでに再帰的な共同性を志向していたはずである。

*1論語 (岩波文庫 青202-1)

*2『社会科学の方法』社会科学の方法―ヴェーバーとマルクス (岩波新書)『社会科学における人間』社会科学における人間 (岩波新書)

*3『自由主義の再検討』自由主義の再検討 (岩波新書)

*4『貧困の克服』貧困の克服―アジア発展の鍵は何か (集英社新書)

*5自由な新世紀・不自由なあなた宮台真司の著作(「MIYADAI.com Blog : 宮台真司の著作リスト」参照)の中でも、現在に至る宮台氏の転換点を告げる重要な1冊。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Dmitri1906/20061222/1166730315