妄想科學日報 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2007-07-09

[]自転車の危険性について

自転車通勤の危険性について心配する声があったので、統計的にどの程度危険なのか調べてみた。

データは基本的にページが見つかりません|警察庁Webサイトから。

自転車はバイクより危険

まず、年間死者数推移から通行中の死者数をカウントする。残念ながら数字のみで詳しい説明がないので、ここで言う死者数が何を表しているのかよく解らない部分がある(例えば、「自動車乗車中の事故による死者」というのは乗っていた人が死んだ場合のみを言うのか、それとも通行人を轢いてしまったような場合もカウントされているのか。別途「歩行中の事故による死者」もカウントされていることから、恐らく前者だとは思うが確証はない。


自動車は圧倒的に死者数が多い。平成18年までの平均では月あたり250〜300人、衝突安全基準の変化によるものかそれ以降は劇的に減少しているが、それでも月150人である。

自動二輪・原付は変動が大きい。少ない月は30人程度、多い月で70〜80人。何故か8月がピーク。

自転車はバイクよりも事故死例が多いようだ。少ない月で50人、多い月で90人程度。

歩行者は予想より遥かに事故が多い。最低でも100人以上、多い月は300人程度。


恐らく、歩行者に死者が多いのは幼児や高齢者など咄嗟の危険を回避し難い層も含まれるからだろうと思われる。これに関しては別途研究があった(PDF)のでそちらを参照してみると、小学校低学年付近が突出して多く、20代〜40代あたりはほとんど例がないことが解る。その後徐々に増加、とりわけ50代以降は女性の死亡率が高まる。また、意外にも低年齢児童を含め飛び出しによる事故よりもそうでない事故の方が遥かに多い。

それを勘案すると、通勤する年代での死者数は月あたり10人〜40人程度と考えられる。

一方、自動車が最も事故死率が高いのは、ひとつは多分相対速度の問題だろう。バイクや自転車は基本的に車道の端を走行するため、降車する車のドアに激突する・追い越しの車に接触するなどの例はあっても反対車線の車と正面衝突することはまず考えられない。正面衝突では、互いに時速50km/hで走行しても相対速度は100km/hになるため危険性が非常に大きい。

また、複数の乗車が多いため1件の事故で複数の死者が出ている可能性も考慮されるべきである。あくまで事故件数ではなく死者数での比較であるので、「事故に遭う確率」とするとまた話が違ってくる筈だ。


自転車については年齢別の適切なデータを見付けることができなかった(リスクと生活:自動車交通事故のリスク50年(21)で人口あたり年齢別自転車事故統計データらしきものがあるのだが、ところによって自動車とも自転車とも書いてあるのでどちらが正しいのか解らない)ので適切な比較ができないのだが、一見すると確かに自転車は死亡事故例が多い。元々、自動車と違って事故から身を守る頑丈な殻もなく、衝撃を柔らげる方法もないから、そのこと自体はあまり不思議ではない。ただ、遥かに速度が出て、身を守る方法がない自動二輪・原付の方が事故が少ないのは意外だった。


なお電車事故の件数は年間で500件程度(Wikipedia:鉄道事故の項に拠る)とのことだが、大半は踏切障害事故であり鉄道の乗客が死傷する例は非常に少ない。


こうして見ると、確かに通勤中の死亡率は自転車の方が電車+歩行通勤よりも高いと言える。ただし自動車通勤よりは低い。

自身が事故に遭う危険性だけでなく、誤って歩行者に衝突するなどの可能性もある。自転車保険は必須。

自転車通勤のメリット

実のところメリットはあまり多くない。ひとつは満員電車という苦行から逃れられること、及び列車の運行トラブルと無縁であること。もうひとつは運動になること。

満員電車がどの程度苦痛かは人によるが、あまり長時間の電車通勤を強いられるような環境では遠過ぎて自転車通勤できないので、実際のところメリットとしては薄い。運行トラブルについては、場合によって休息の名目ともなるので必ずしもメリットではない。

そうすると、自転車通勤とは事実上運動のためだけにあるようなものと言い切っても良かろうと思う。これがどれほどのメリットになるかは……各人の健康状態による。

alsograficoalsografico 2007/07/10 03:50 こんにちは、いつも面白く日記拝見させていただいています。
一人の自転車愛好家としての感想をちょっとだけ・・・
現在25歳、高校の頃から通学通勤に自転車を使っていますが、結論から言いますとあまりメリットはないと思います、あくまで数字に表せるものに関しては。
荷物は詰めませんし、雨の日はまともに乗れません。歩道が悪ければ段差が痛いですし車道は車が怖いです;
単純に、乗ってて気持ちがいいことと健康によいこと、なにより自転車が好きでないと苦痛になるだけかもです★
なんだかネガティブな意見ですみません;

DocSeriDocSeri 2007/07/10 08:48 その「乗っていて気持ちいい」「自転車が好き」が理解されないと、根本的に話が通じなくなるんですよね。「ママチャリで充分」も含め。

dummyneptune13dummyneptune13 2017/07/04 20:26 ・電車よりも早く目的地に着く
電車は待ち時間や経路が限定されるため、駅チカならまだ分かるが、それまでの移動経路を勘案しても、自動車やバイクが通れない経路を通れたり、平均時速40km, 時速60〜70kmは軽々と出る自転車の移動速度をも考えると電車よりも目的地に着く時間は早くなるのは当たり前の事実であると言えよう。
・雨の日でも通勤が可能
そもそも、実際の環境下でどの程度の降雨で通勤が不可能になるのかと言えば、現実には路面上10cm程度の水が貯まる程度の降雨であろう。
逆に言えばそれ以下であれば、十分に通勤が可能であると言える。
大切な書類は丁寧に包装し、濡れぬように配慮しつつ、通勤すれば良い。(ぶっちゃけここは電車通勤でも同じである)
・安全性に難がある
バイクを例に取ってみれば容易いことだが、全くプロテクタなどの防護処置を施していない状態でバイクに跨がって時速60kmで突っ込めばそれは死亡事故になるのは自明の理である訳だよ。
出せる状況がバイクと変わらんのに何の防護策を取らない自転車ユーザーの例を挙げ連ねたところでその批評はバイアスが掛かっているので、何の意味もないのだが?
キチッと防護策を取った自転車とバイクとで統計を取らないとまるで意味がないぞ?

主題の通り、全くの妄想の範疇での机上の空論だな。

DocSeriDocSeri 2017/07/05 16:15 ご自分には可能である、というのは大変結構ですが、もっと一般寄りの話をしておりますので特殊事例を主張されましても参考になりません。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/DocSeri/20070709/1183950135
Connection: close