ドワ・Tのゲーム日和

2014-01-01 あけましておめでとうございます

[] あけましておめでとうございます 18:59

 新年あけたね。

 我が家は変わりなく、落ち着いた形で新年を迎えたよ。

 私個人としては去年だいぶ怠けてたので適当なところでまた何かに入れ込んで行きたいところ。

 とりあえず、今年が実りあるものにしたいね。

 まあこんなですが、今年も一年よろしくお願いします。

[] 映画「永遠の0」 19:18

 話題の邦画「永遠の0」を見てきたよ。

 いい映画だった。

 傑作といってもいい出来だね。

 と、書きつつ前に原作小説を書いたときに酷評したんだけどねw

 映画版では尺の問題もあるんだろうけどだいぶ内容が削られていた。

 それによって、どうして特攻に行ったかということに焦点が合って非常に分かりやすいものになっていたね。

 お陰で特攻に行った理由に関してはたぶんこうだろうという私なりの答えはでた。

 まあ、合っているかは相変わらず分からない仕様だけどw

 ただ惜しい点は乱戦を嫌う理由が描かれなかったことだね。

 あれにもちゃんとした理由があっただけにそれだけは惜しいと思ったよ。


 で、ここからは言っても詮無いことだけど良くも悪くも反戦映画だった。

 第二次大戦の日本の戦争を賛辞するような作品が日本で作るのは難しいのは分かってるけど残念でならない。

 まあ原作からしてそうなんだけどw

 では何をもって反戦と断言するかというと、「勝たなければ、敵を倒さなければ、愛するものが、大事なものが、無くなってしまう」という側面を一切描いていないことなんだよね。

 正直、誰だって死にたくなかったろうし、本当にお国のためにどれだけ死んだかも疑わしい。

 しかし、これだけは断言できる。

 緒戦の頃ならいざ知らず、劣勢になってきた頃は、負ければ日本に残してきた大事な人に戦火が及びかねないと誰もが思っていただろう。

 生き残って家族の下に帰ることだけが、愛ではないと思う。

 実際に戦争に行った方々はこの映画を見てどんな風な感想を抱くのだろうか。

[] 猫、預かった 20:47

 友人に頼まれて二泊三日ほど猫を預かることになった。

 それも三匹。

 久々に我が家が猫々帝国と化したよw

f:id:DowaT:20101103095644j:image:w360

 まず、シロくん。

 若いせいか一番順応が早く、既にご飯もトイレも家で済ませた。

f:id:DowaT:20101103095719j:image:w360

 次いでシンイチくん。

 シロくんと一緒に探検を済ませると寝やすい場所を確保して、すやすやと。

 その後にご飯を食べていた。

 あとはトイレを無事にしてくれれば問題なしだね。

 ……で、最後の一匹マロンちゃんなのだが。

f:id:DowaT:20101103095700j:image:w360

 連れてこられた猫のテンプレート的な対応であるベッドの下に潜って出てこない。

 まあ下手に刺激するの何なので放置しとくしかないだろう。

 私が居ないうちにご飯とか食べてくれるといいんだけどね。

f:id:DowaT:20101103101029j:image:w360

 そして、そんなことは露知らず、もう我が家同様に過ごしている二匹だったw

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/DowaT/20140101
Connection: close