シートン俗物記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-08-26 曇り

[][][]あー、くだらねぇ

【温室効果ガス 30%削減の衝撃】(1)民主案 36万円家計負担増

http://sankei.jp.msn.com/life/environment/090826/env0908260823000-n1.htm

「光熱費払えない」悲鳴

 「こんな負担は納得できない」

 8月5日に東京・霞が関の経済産業省で開かれた総合資源エネルギー調査会需給部会。消費者団体の代表として参加した日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会の三村光代最高顧問は思わず声を上げた。政府が6月にまとめた二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出削減に伴う家計負担の増加額として「1世帯あたり年間7万7千円」との試算が示されたからだ。

 三村さんは「生活が苦しい家庭にとっては年間1千円、500円の負担増でも軽くはない」と光熱費に温室効果ガスの排出削減対策費用を安易に転嫁しないよう訴えた。


相変わらず、産経はどうしようもねぇな。こんなところまで「ミンス危ない!」かよ。お前らホントどうしようもねぇ、ブクマ付けている連中も真に受けてんじゃねぇよ。


まず、最初に述べておかなくてはならないこと。それは、経済産業省は終始「温暖化対策」に消極的でネグろうとし続けていた、ということ。温暖化対策会議で経産省の態度=日本政府の対応は「化石賞」を贈られるほどに後ろ向きなものだった。連中に温暖化対策を真剣に進める気がないのは最初から明らかで、こんなアジビラみたいな話を持ち出すとは。


で、ググって見ればわかる。思わず声を上げちゃった「日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会」ってどういうところなのか。


・社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会

http://www.nacs.or.jp/hojo/index.html

NACSは経済産業省の許可を受け1988年(昭和63年)に発足した消費生活に関する我が国最大の専門家集団です。

サイトを読めば、「競輪事業」とも繋がりがあるのもわかるわけで、簡単に云ってしまえば、「経産省キャリアの天下り先の一つ」にして「御用シンクタンク」ってところかな?


で、この負担どうのこうのという話に欠けている部分。それは、温暖化対策の事業は決して負担だけではなく、新規産業育成に繋がる、ということ。こうした「家計負担が増える」、「産業競争力が落ちる」、「経済成長の妨げ」という言い掛かりはドイツで同様の例がある。ドイツにおいてはSPD(社会民主党)と連立を組んでいた「緑の党」が独政界におけるキャスティングボードを握ったこともあって、先進的な環境政策が多数導入された。自然エネルギー導入のためのフィードインタリフもその一つ。日本が遅れて導入しようとしているレベルよりも遙かに先進的だ。当然ながらドイツ財界、産業界やCDU(キリスト教民主同盟)から批判があったわけだが、結果として自然エネルギー関連産業は現在では自動車産業に迫る規模まで拡大しており、ドイツの太陽電池産業は日本をその座から追い落とすほどに盛況だ。


面白いのは、ドイツではフィードインタリフ制度を利用した「市民の太陽光発電所」が盛んに造られている、ということ。市民が共同出資して太陽光パネルを購入。電力売却による利益を分配するシステムが定着しているのだ。ま、これは送電網と発電所が「規制緩和」によって「分割民営化」されている事による。つまり、市民の側が自分の欲しい「グリーンな」電力を各発電会社から購入出来る事が効いている。

日本では発電と送電は同じ会社が担い、地域独占体制が崩れないよう経産省が「規制」を強いているわけで*1、この件に関してはネオリベな方々も統制を支持したがるのが不思議だ。


つまり、温暖化対策事業は決して家庭の負担や産業力の低下に留まるものではない。新たな産業の萌芽であり、エネルギー安全保障政策の一端でもある。温暖化対策による自然エネルギー開発のありようは、従来の中央集権的にして旧弊的な電力政策を、地域分権的なスマートな電力政策へ変更を迫る。経産省が乗り気でないのも当然ではあるね。


温暖化対策に関しては他も同じ。自分は自動車中心とした交通政策には反対だから、自動車については触れないが*2、高断熱住宅、高効率な交通機関、省エネ家電、産業設備、etc、開発が行われれば、これも新たな産業として成り行く可能性を秘めているわけだ。であれば、単に負担と考えるのではなく、次世代産業投資と考えるべきだろう。

少なくとも、公共事業のありようとして、土木工事に費やすよりはよほど効果的な金の使い方だと思うのだが、いかがだろう。土木事業については知らぬふりで、その抑制は「雇用を減らす」とか反対したがりそうな皆様にも賛成して貰えると思うのだが。


ちなみに、現在環境(温暖化対策を含む)関連の産業助成による公共事業は「グリーン・ニューディール」として各国で盛んに進められているわけだ。

かつて自分も太陽電池を始めとする自然エネルギーへの補助は次代産業になりうる、と主張した。


・原子力の不経済学

http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20070222/1172133672


他にもゴネネタを探してくるバカ連中を批判してきている。


・なにが「舶来品信仰」だか

http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20071213/1197535987


・ヨーロッパは天国じゃない

http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20071220/1198139863


・HALTAN イズ アンデッド

http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20081023/1224751712


・デッドリー・HALTAN

http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20081025/1224923972


・リターン・オブ・HALTAN

http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20081024/1224838641


金を使う=負担する、事は、有効需要の創出、になるんじゃないの?負担だ、で思考を停止するのは賢い事とは思えんな。

で、そんなに一人あたりの負担がどうのいうなら、原子力についてはどう考えるんだろうね。ウランは日本では産出しないから、エネルギー安全保障にもならない。ウランの可採掘年数を考えれば、今後の原子力発電の増加はエネルギーコストを増大させる。一方で、廃棄物処分はもちろん、再処理工場さえろくに操業出来ない。こうしたものに、毎年兆を越す支出が為され、電力会社が掛かるコストを上乗せしている事は不問か?ま、産経は原子力好きだものな。


結論を纏めるよ。


1.家庭の負担、ばかりが云われるが、それは次代産業への公共投資でもある。

2.ムダ公共(土木)事業をやる金があるなら、環境対策投資に使えば、需要創出の効果も高く、ムダにもならない。

3.負担どうのこうのいうなら、原子力はどうよ?


以上。


【参考】

永久機関・公共事業

http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20081030/1225290486


「財源は?」とか云うヤツはバカ

http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20090728/1248703668


直流と交流 エジソンとテスラのリターンマッチ

http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20070314/1173860451


環境エネルギー政策研究所

http://www.isep.or.jp/


環境再生と環境教育の場-C.A.T.

http://www.geocities.co.jp/NatureLand/5908/cat.html

http://www.cat.org.uk/index.tmpl?refer=index&init=1



グリーン革命(上)

グリーン革命(上)

グリーン革命(下)

グリーン革命(下)

持続可能な発展の経済学

持続可能な発展の経済学

*1:この仕掛けがないと、原子力発電も不可能

*2:エコカー減税、で売れ行きがどうなったか考えればいい

gengen 2009/08/26 23:11 ほんと、理系とは思えない発言の連続でほんとくだらないエントリーですね。
二言目には環境って言う奴に限って、ろくなのが居ないって言う好例。

蟹の人蟹の人 2009/08/27 10:04 麻生首相も「地球温暖化防止はわれわれの責任」というコメントを出してるわけですが。
そういえば、温暖化の防止のためにガソリン代値下げに反対とか言った政府与党もありましたなあ。

書を守るもの書を守るもの 2009/08/27 21:02 紹介されている過去エントリにフィードインタリフ制度の説明が見当たらなかったので(見落としていたらすみません)、ご参考までに。

http://energy-decentral.cocolog-nifty.com/blog/files/080616.pdfより、
RPS制度(p.10)
○ 充分に市場化された複数の
技術を競争させるには適して
いるが
× 新技術の普及拡大には不適

フィードインタリフ制度(p.11)
○ メーカーによる新技術への投
資を促し、技術開発が進むが
× 成熟した技術に適用すると、電
力価格を人為的に操作するこ
との弊害が出る

「分散型エネルギー社会を目指して」
http://energy-decentral.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/rpsfit_f7e0.html
経由。

時々拝見時々拝見 2009/08/28 09:29 (産経にとっては明らかでないかも、本気で考えたりもします。)
利益は一部(の高速道路利用者等)に、負担は全員に、が「民主」の度し難さはおいといて、
新産業の話に、古産業(既得権益)人間が反対する構図でしょうか。
使用量に応じて負担を義務づけるとか貧乏人に優しい策を出してほしいです。加害者負担は当然ですし。
あと、車道のない道路、何とかしてほしいです。自動車道以外、歩道のない道路はありませんから。

お日様大好きお日様大好き 2009/08/30 13:09 日本で儲からない太陽光の市民共同発電所をここ15年やってきました。設置年度毎発電原価を出来れば期待耐用年ちっくの長期に亘って地域限定期間限定通貨で支援する事で見えてくるものがあると考えています。自分が使うエネルギーの決定権は取り戻したいものです。因みに既存の電力システムは地域から富を収奪するだけですね。

Dr-SetonDr-Seton 2009/09/04 23:09 皆様、コメントありがとうございます。
相変わらず返事遅くてすいません。

genさん
なるほど。私は一言目には環境って云うヤツなので、ろくなヤツ、ということでよろしいですね。

蟹の人さん
現政権与党も高速無料化とかガソリン減税とか度し難い事を実施しようとしてますね。止めろっての。

書を守るものさん
感謝です。紹介先も参考にさせて頂きます。

時々拝見さん
まぁ、今時自動車の恩恵を受けない人、というのはいませんから、それなりに民主党の政策は筋が通っているとは思います。が、やはり、今後の環境政策と財政問題、そして交通体系に関する見方が皮相すぎますね。一言で云えば、クソです。氏ね、鳩山。

お日様大好きさん
素晴らしい試みの紹介ありがとうございます。今後、政策に盛り込まれていくといいですね。
現在、太陽電池の効率向上が急テンポですし、価格も下がってきています。先駆者として、導入のコンサルティングなどされてみてはいかがでしょう。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20090826/1251293014