幽鬼の源

2009-02-21

[]【+1】城跡

書かれている情景から推測するとおそらく関東の某有名心霊スポットではないかと思うが、そのスポットで起こった怪異の中でも非常に珍しいものはないだろうか。

どちらかというと心霊的なあやかしというよりは妖怪っぽい印象の方が強いが、なかなか緊迫感のある書きぶりで事の顛末を書いている。

ただし矢継ぎ早に起こる怪異があまりにもバラエティに富んでいるために、時系列的に羅列しているという感じになってしまっており、怪異の肝が絞りきれなかったという印象が残ってしまった(文章の長さを見るとそれぞれの怪異に関するエピソードがほぼ同じ分量になってしまっており、クライマックスというか肝に当たる部分が明瞭でないのは明らかである)。

内容の衝撃度から考えると、きっかけに当たる橋の上のエピソードを削りに削って、“ガキ”の襲来の部分をもっとボリュームたっぷりに書き込んだ方が迫力ある内容になったのではないだろうか。

文章の長短によって読ませる部分にメリハリを付けるような工夫をしないと、突出した部分がなくて何となく平板な印象で終わってしまうという感じがする。

部分的には非常に希少な体験だっただけに、惜しい気がする。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Drunken_Pluto_T/20090221/p1