Hatena::ブログ(Diary)

脳無しの呟き《土鍋と麦酒と炬燵猫》(旧) RSSフィード Twitter

2010/11/27

Ustream Producer 使ってライブ配信するための覚書(追記あり)

Twitter での某ハッシュ参加者の間で、地味に Ustream を使ったラジオ配信がブーム。もともとはハッシュに関連するであろう話題がメインだと思うのだけど、すでにただの深夜番組な感じになっているような気がしないでもない(それはそれで愉快)。そういう状況を横目で眺めつつ、「そういやぁ Producer って出てたっけ」とか思って確認してみるとあるじゃないですか Mac OS X バージョン。というわけで、改めて Ustream を利用したライブ動画配信に関する覚書。

基本的なことはすべて『Do It Myself』に書かれているので、そちらを参照する。それを踏まえて、私の作った環境等を1から記述しておくことにする。

購入したもの

メインマシンである MacBook にはすでにカメラが実装されているけれど、こちらは固定なので Web カメラを別途購入する。Web カメラを購入するとたいていの場合マイクも付いているのだけど、これまた別に USB 接続のヘッドセットも購入。お金を払う物に関してはこれだけ。MacBook に搭載された機能で良いのであれば、何も買わなくて大丈夫。

ちなみに私が購入したのは以下。

iBUFFALO Webカメラ Cmos200万画素 マイク内蔵 オートフォーカス ブラック BSW20KM01HBK

iBUFFALO Webカメラ Cmos200万画素 マイク内蔵 オートフォーカス ブラック BSW20KM01HBK

サンワサプライ USBヘッドセット MM-HSUSB10SV

サンワサプライ USBヘッドセット MM-HSUSB10SV

ちなみに購入したヘッドセットは、手元でマイク音声のミュート ON / OFF が可能なので重宝してます。ちょっと咳き込む時とかトイレ等で席外す時にかなり使えます。

MacBook にインストールするアプリケーション

単純に音声と映像を流すだけなら何もいらないのだけど、例えば BGM も一緒に流したいであるとか映像にエフェクトをかけたいであるとかを考えると何かしらの用意が必要。

配信手順(Skype を使ったゲスト乱入を想定する場合その1)

【2010/11/28 追記】こちらの設定だと Ustrem への音声出力が低くなってしまうので結構つらいかも。その場合は「その2」を参照してみる。

  1. MacBook に Web カメラとヘッドセットを接続する。
  2. システム環境設定から『サウンド』の設定を行う。出力は Soundflower (2ch)、入力は接続したヘッドセットを選択する。
  3. Skype を起動する。音声の設定は以下。
    • 出力デバイス『Soundflower (16ch)』
    • 入力デバイス『Soundflower (2ch)』
    • 呼び出し音『Soundflower (16ch)』
  4. CamTwist を起動し、Web カメラを選択。(エフェクトのセットを作っておくと便利)
  5. LadioCast を起動。
    • 入力1『ヘッドセット』(AUX1)
    • 入力2『Soundflower (2ch)』(AUX2)
    • 入力3『Soundflower (16ch)』(メイン)
    • 出力メイン『ヘッドセット』
    • 出力 AUX1『Soundflower (2ch)』
    • 出力 AUX2『Soundflower (16ch)』
  6. Ustream Producer を起動してログインする。Live Input で CamTwist と Soundflower (16ch) にチェックを入れる。
  7. (初回だけ)各種インジケータを触りつつ、音量を調整。これは誰かに協力してもらって実際の配信を閲覧してもらって状況を確認するのがベスト。1人の場合は映像を録画して、それを確認する。

Ustream での基本的な配信設定は Web からログインして行っておくこと。私の場合、閲覧をパスワードで制限。閲覧者には Twitter でログインしてもらって、書き込みには自動的にハッシュタグを付けてコメントを流すようにしてます。ちなみに、Ustream Producer からの配信者発言には Web で設定したハッシュが挿入されないので注意。

配信手順(Skype を使ったゲスト乱入を想定する場合その2)【2010/11/28 追記分】

  1. MacBook に Web カメラとヘッドセットを接続する。
  2. システム環境設定から『サウンド』の設定を行う。出力は Soundflower (2ch)、入力は接続したヘッドセットを選択する。
  3. Skype を起動する。音声の設定は「その1」と同じ。
    • 出力デバイス『Soundflower (16ch)』
    • 入力デバイス『Soundflower (2ch)』
    • 呼び出し音『Soundflower (16ch)』
  4. CamTwist を起動し、Web カメラを選択。
  5. LadioCast を起動。
    • 入力1『ヘッドセット』(AUX2)
    • 入力2『Soundflower (2ch)』(メイン)
    • 入力3『Soundflower (16ch)』(AUX1)
    • 出力メイン『ヘッドセット』
    • 出力 AUX1『Soundflower (2ch)』
    • 出力 AUX2『Soundflower (16ch)』
  6. Ustream Producer を起動してログインする。Live Input で CamTwist と Soundflower (2ch) にチェックを入れる。

こちらの設定であれば、Ustream 側へ流れる音量レベルも上がるはず。「その1」との違いは、Skype の相手側に BGM が流れないということ。また、Ustream Producer の画面右側にあるヘッドフォンのマークはクリックしておかないと、音声がハウリングして聞こえるので注意。

ラジオライクな配信を行う場合の LadioCast の設定

  • 入力1『ヘッドセット』(AUX1)
  • 入力2『Soundflower (2ch)』(メイン&AUX1)
  • 入力3『N/A』
  • 出力メイン『ヘッドセット』
  • 出力 AUX1『Soundflower (16ch)』
  • 出力 AUX2『N/A』

BGM に関して

iTunes を起動して音楽を流せばそのまま Ustream に流れるのだけど、とりあえず Free な音源を大量にダウンロードしてます。検索するといろいろあるのだけど、海外の方が種類は多いですね。私が拝借したのは以下から。

大量にダウンロードすると、後から整理するのが大変です。これだけで数日は掛かる。あと、iTunes をキーボードショートカットで操作できるアプリケーションを導入(SizzlingKeys)。キーボード操作で BGM の音量操作等ができるのはかなり便利。

というわけで

http://ustre.am/cvJC にて気が向いたら放送。パスワードを設定しているけど、放送前に Twitter にて告知するので多分大丈夫。しかし、みんな独自ハッシュ付けてるけど、まとめちゃえばいんじゃないのとか思ったりしたのは内緒。そしたらハッシュも盛り上がるかもね、とか。

それにしても、音声関係が難しい。ミキサーとか触ったことなかったし。あと、先に書いたけども配信時の音量調整が大変。やはり、数名に聞いてもらって随時アドバイスをもらいつつ調整するのが無難ですね。うまく調整できたらアプリケーションの設定画面はスクリーンショットに撮っておくとか、そういうことも必要。

その他の便利なツールに関しては、もうちょっと調べてからかな。いきなりあれこれインストールしても使い方を覚えるまでが大変。まぁそこまで頑張って配信してるわけでもないけど。ともかくは安上がりな遊びという感じですか。

もし配信時にお会いできましたら、よろしくお願いしますですはい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Dullahan/20101127/1290852735