Hatena::ブログ(Diary)

脳無しの呟き《土鍋と麦酒と炬燵猫》(旧) RSSフィード

2012/03/23

鶏しょうが鍋ふたたび

先週末に風邪をひいたことをきっかけにして、日曜日からは毎日生姜を使った料理を晩ご飯として作っている。生姜を食べてから寝るとアフォのように汗が噴き出していて、早朝に目が覚めるパターンです。着替えないと風邪が悪化するレベルになっていることも。ちなみに日曜日から昨日までに作ったものは以下。

上記のうち鶏しょうが鍋は元々あるレシピ *1 に薄口醤油を追加して作ったのだけども、画像のおかげかいろんなところで評判が良かったようなので、改めて今回のレシピを書いておくことにします。

■鶏しょうが鍋(2人前くらい)

  • 鶏もも肉 1枚
  • 生姜 1かけ〜好きなだけ
  • 水菜 3〜4株
  • 絹ごし豆腐 1丁
  • えのき 1袋
  • 塩 小さじ1
  • 鶏がらスープ粉末 大さじ1
  • 粗挽き黒こしょう 小さじ1〜2
  • 酒 1/2 カップ
  • 薄口醤油 大さじ1
  • 水 1,100cc
  1. 材料は適当な大きさに切る。生姜は皮を包丁の背で削ぎ落してから千切り。
  2. 土鍋に水と切った鶏もも肉を入れて強めの中火で煮る。沸騰してきたら灰汁を取り、火を弱火にする。
  3. 2に酒・千切りにした生姜・粗挽き黒こしょうを入れて 10 分程度煮る。
  4. 時間が来たら、さらに塩・鶏がらスープ・薄口醤油を入れて混ぜる。
  5. 調味料が混ざったら、残りの具材を投入。土鍋に蓋をして、穴から湯気が噴くまで放置したら完成。
    鶏しょうが鍋

粗挽き黒こしょうを多めにしたのと薄口醤油を追加したので、出汁の味がかなりしっかりした感じになった。今回、生姜は親指大を2かけくらいの分量にして、それもしっかり食べた。前回作った時は口直し用にポン酢や柚子胡椒を用意したのだけど、今回は必要なしなくらい出汁がおいしかったです。

野菜は好きなものを入れたら良いし、肉が足りないなら豚バラスライスを切ったものなど追加すると良いと思います。この時期は白菜が高くなってきたので使っていないけど、白菜を入れるなら水分多めになるので、味付けは味見をしながら調味料を追加するか、元の水の分量を気持ち減らして調理に入る感じで。

Twitter でリクエストのあった生姜の炊き込みご飯レシピはまた後日。