Hatena::ブログ(Diary)

脳無しの呟き《土鍋と麦酒と炬燵猫》(旧) RSSフィード Twitter

2012/03/25

生姜と油揚げの炊き込みご飯

先日書いたのだけど今週は生姜週間ということで、現在も継続中。前回の続き *1 で作ったのは以下。

というわけで、今回は後回しにしていた炊き込みご飯の作り方など。

■生姜と油揚げの炊き込みご飯(文化鍋バージョン)

  • 米 2合
  • 油揚げ 1枚
  • 生姜 1かけ
  • だし汁 360cc
  • 醤油 大さじ2
  • 酒 大さじ2
  • みりん 小さじ3
  1. 米を研いでざるにあけ、若干水分を切る。その後文化鍋に米とだし汁を入れて 30 分以上吸水させる。ちなみに寒いこの時期は1時間くらい吸水させている。
  2. 吸水中に具材を用意。油抜きして水分を切った油揚げは2cm 角くらいに切り、生姜は包丁の背で皮を剥いでから千切り。そして吸水が終わったらそれらを鍋に追加して炊く *2
  3. 炊きあがったら軽く混ぜて、おひつに移動する。

醤油を入れるからお焦げが出来やすいので注意。分量間違わずに炊飯器で炊飯するなら問題ないだろうけど、文化鍋や土鍋で作る場合は多少の慣れが必要かもしれない。ちなみに今回は、最初の段階で火を入れる時間が長くなってしまった(沸騰するまで待つのだけど、沸騰させすぎて水分減った)ので、出来上がりのお焦げが多めになってしまった。

1歩間違うと焦げてしまって終了だったけど、とりあえずセーフな感じ。たまにはこんなこともあるよねー。まぁそれでも味の方はなかなか良い感じ。残った1膳分は冷凍して保存した。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Dullahan/20120325/1332674037
リンク元