Hatena::ブログ(Diary)

脳無しの呟き《土鍋と麦酒と炬燵猫》(旧) RSSフィード

2012/02/15

Pinterest を使ってみた雑感

Pinterest を始めて 10 日ほど経ったけど、Tumblr *1 とは違って自身のアップ用ボード(カテゴリ)を詳細に分けた。Tumblr ではリブログするコンテンツをカテゴライズすることは任意なのだけど、Pinterest ではカテゴリ別にボードを作成し、そこに画像を登録することになるのが大きな違い。

さらに違うところは Tumblr が『人をフォローするだけ』に対して、Pinterest は『特定のボードだけをフォローする』という使い方ができるところ。Tumblr ではありがちの「猫画像は見たいのだけど他はなぁ」的な小さな悩みが解消されること。逆に言えば、常にカテゴライズすることを要求されるので Pinterest は面倒。興味のあるコンテンツ(画像だけでなくテキストや動画やあれこれ)をどんどんリブログ(クリップ)していくのが Tumblr なのだけど、Pinterest は気に入った画像をカテゴライズして各ボードに Pin して貼り付けていくのが基本になるようだ。

Pinterest / Dullahan のホーム

私が現在作成しているボードは7種類あって、そのうち5種類(我が家の猫さん・土鍋で作ったもの・毎年撮影している桜・気が向いたら撮影する雲・その他)は自身が撮影したものだけを集めるボードで拾い物は混ぜない。残り2種類(食べ物系および動物系)は、Tumblr 的な使い方で、ネット上に流れる画像を Pin するという感じ。流速が速いのは後者になるけど、これは仕方ないところですか。ちなみに食べ物系の Pin は Tumblr 以上に集まるので、個人的には良い感じ。お腹が空いている時にやると大変なことになる。

最近よく Tumblr との違いを考えるのだけど、結局は似て非なるものだということで納得している。個人的には最初の入り方も影響している気はするのだけど、Tumblr は流れてきたコンテンツをリブログするという受動的なイメージ。Pinterest は自身がコンテンツを Pin していかないとダメなんじゃないかという能動的なイメージになっている。実際はどちらも自身から発信していくことが重要な気がしてるけど。

あと、Tumblr は何でもありな雰囲気だけど、Pinterest はもう少し選別する意識があるというか。というのも、Tumblr というのはリブログしたからと言ってそれが常に肯定的な意味ではないことがあるから。晒し目的に使用されるケースも多い。Pinterest は常に肯定的でかつ自身が気に入ったものを Pin するイメージなので、このあたりの雰囲気を踏まえるとかなり別物のような気がしているのが現状での感想。恐らくはサイトデザインから受けるイメージも大きい。そういう意味で、私の中では Tumblr と Pinterest は同居できるサービスになっているので、どちらかを止めるということはなさそう *2 。時間がないから触れないというのはあるけど。

Pinterest に要望することがあるとすれば、Andorid 用の公式アプリが欲しいかな。Tumblr アプリは見栄えも良くて好きなのだけど、似たような感じでリリースしてくれたらいいなと思っている。

*1:『Dullahan《土鍋と麦酒と炬燵猫》

*2:テキストのリブログをすることも多いので、そういう意味でも止めない。