Hatena::ブログ(Diary)

GameSalad(ゲーサラ)+Unity日記 「コード不要!マルチプラットフォーム!無料でスタート!」

2016-05-19

台湾の友人による独立後第一弾「Roll Turtle」遂にリリース!

f:id:Dyun:20160519132716j:image

このブログを通じて知り合った友人が独立後初となるアプリを遂に完成させ
この程めでたくリリースされました!パフパフーーーッ!ドンドンドンッ!

iOS版:
https://goo.gl/ypUysK

(Android版は近日リリース予定だそうです)

その名も「Roll Turtle」!!
名前の通り、カメがコロコロと転がる操作が楽しいアクションパズルゲームです。
(ちなみに私は、日本語タイトルとして「コロカメ」を推したのですが
スルーされた模様。。。)

もちろんGameSaladで作られております!
いや〜今月のGame of the month(←GameSalad社が毎月開催している
GameSalad製アプリのミニコンテスト)はコレでほぼ決まりでしょう!
って言うぐらいに良くできたゲームです。

日本円360円の有料アプリですが、その価値は十分にあります。
あ、もちろんアプリ内課金や広告表示はありませんよ!



Roll Turtleのココが凄い!

・キャラが可愛くてアニメーションが細かい!
さすが本業!ゲーム中以外の細かい演出もよく作りこまれています。

・シンプル操作!
画面の左半分か右半分、どちらかをタッチ。それだけ!

・だけど奥が深い!
ステージクリアだけじゃあ、はっきり言ってマダマダ。。。



かくいう私も、全部で5つあるワールドの一つ目をクリアしたものの
(最後にはボスキャラが登場。それまでとは一風変わった展開となります)
集めたタマゴ(各ステージに3つずつある)の数が足りなくて、まだ2つ目の
ワールドに進めておりません( ;´Д`)
Kira君でも誰でもいいので、攻略サイト作ってくれ〜!

とにかく渾身のこの一作!
手応えのあるパズルゲームや「ゼルダの伝説」など「アクションで仕掛けを解く系」
が好きな人、GameSaladに興味のある人は是非プレイしてみて下さい!

2016-05-12

チェイス・ザ・マウスをアップデートしました。

f:id:Dyun:20160512102120p:image
いまいちつまらなかった「とうそうチュウ」モード
(ニャンコハンターからただ逃げ回って、だいたい同じぐらいの
タイミングで詰んで終わり)にもパワーアップフードが出現する様にしました。

フード出現まで耐えれば一気に大逆転を狙えることや
出現したフードを「どこだ、どこだ!?」と探す楽しみが増えたので
体感的に3倍ぐらい面白くなった様に思います。というか、今までゴメンナサイ。

現在、Apple、GooglePlay、AmazonAppStoreともリリース済み。
ただ、設定でコントローラーの左右位置を変更できることをうっかり忘れており
コントローラー位置を右に設定した際に表示が重なってしまう不具合を発見!
修正版はなる早でアップ致します。
当分の間、ご容赦のほどを。。。

【5/13追記】修正版リリースが無事に完了しました。
Appleの審査完了が、申請翌朝。Amazon並みに早くてびっくり!

チェイス・ザ・マウス[ニャンコハンターから逃走中]

Apple
https://goo.gl/9QXSp6

GooglePlay
https://goo.gl/OHL1BP

AmazonAppStore
http://goo.gl/LnUIj1

2016-05-08

俺の考えたNintendo NX第2弾!

先日、任天堂がU字型をした奇妙なコントローラーの特許
取得したことが少し話題になりました。

http://gamerant.com/nintendo-u-controller-patent/

フィットネスとか何とか、説明はある様なのですが
そんなのは横に置いておいて、私はピーンときました。
これはNintendo NXのコントローラーに違いない!

ということで、以前適当にでっち上げたデザイン画を
適当にアップデートしてみることにしました。
それがこちら。

f:id:Dyun:20160508202522p:image

いかがでしょう?
以前のクマが逆さまになった様なデザインよりもグーンと
スマートになり、さらにコントローラーを中央から分割することで
小型のWiiリモコンに変身するではありませんか!?

さらにさらに、本体をオプションのヘッドマウントキットと
合体させれば、VRゲーム機に変身!!

さすがは任天堂の最新の特許技術。
1日も早く市場にその姿を現して欲しいものですね!

(注意)ジョークですからね〜 怒っちゃやーよ!( ^ω^ )

2016-04-26

開発中アプリのドット絵

f:id:Dyun:20160426201650g:image
f:id:Dyun:20160426201649p:image

ツイッターの方で公開したものを、こちらにも掲載致します。
16x16サイズのモンスターが色替え含め全32種類。
上下左右各2パターンのアニメになっております。

自作アプリ等の素材として、ご自由に使って頂いて結構です。
その際、このサイトへのリンクやツイッター(@jjnohara)の
フォローやリツイートをして頂けると嬉しいです(^-^)

2016-03-19

Miitomoが15年前に作ったゲームに似てる件

任天堂初のスマホアプリ「Miitimo」がリリースされましたね!

https://miitomo.com/ja/

Miiを介して、友達同士でコミュケーションを取るこのアプリ
私がゲーム会社に勤めていた頃に、初めて企画したゲーム
なかよしの素(もと)」とコンセプトが似ているんですね。

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/5907.html

共通するのは、キャラクターを介して他人とコミュニケーションを取るところと
コミュニケーション相手が、不特定との出会い等によるものではなく、
リアルな友達等というところ。

Miitomoでは、各個人のMiiの質問に答える様な形なのに対して
なかよしの素」では、グループ内で共有する1匹の「ポペット」からの
質問に答えたり、お話を聞いたり、ミニゲームを介することで、
グループ内での流行や、好み、知られざる一面などが共有されていきます。

あの当時はスマホSNSなどはまだなく、壁紙や着メロ、メール機能を応用した
釣りゲームや簡単なコミュニケーションゲームが流行していました。
しかし同時に、メールの遅延や、出会い系サイトが社会問題化したのもこの頃でした。

そんな訳で「なかよしの素」では、メール機能も使わず、出会い要素もなく
リアル友人間でのコミュケーションを基本とすることになったのでした。
グループへの参加は、ゲームの外でパスワードを直接教えあうというスタイル。

任天堂さんの場合、その企業精神的に出会い要素などを避けられたと思うのですが
我々の場合、周辺環境的に「やりたくてもできなかった」だけなんですけどね〜