Hatena::ブログ(Diary)

TAKUYA’s CODE RECORDER このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-06-25

AMEE API / Creating A Profile Item

|

http://my.amee.com/developers/wiki/CreatingAProfileItem

  • Overview
    • Profilesの中のProfileItemsをメンテナンスすることは、AMEEの基本的な機能
      • ユーザーやAMEE APIの活動は、ProfileやProfileCategory、ProfileItemのエンティティとの相互連携に焦点があてられている
    • このページでは、ProfileItemの作成方法や、AMEE APIを使ってProfileへ保管する方法について述べる
  • Steps
    • 適切なDataItemを見つける
      • 適切なDataItemを見つけ、そのUIDをProfileItem生成時に利用する
      • 見つけ方は、DataCategoriesをブラウズするか、ドリルダウン機能を使う
      • 具体例が掲載されている
    • 適切なProfileCategoryを見つける
      • ProfileCategoryは、選択したDataItemが属しているDataCategoryと一致する
      • 例えば、'Lighting'というDataCategoryのURLが'/data/home/lighting'だとすると、'Lighting'のProfileCategoryは、'/profiles/CD856C3E44F5/home/lighting'になるだろう('CD856C3E44F5'はProfileを示す)
    • DataItemのUIDを使って、ProfileCategoryResourceへProfileItemをPOSTする
      • ProfileItemsは、適切なProfileCategoryResourceと連携しながら作成される
      • 'dataItemUid=CF5529D388A0'を'/profiles/6953209126F6/home/lighting'にPOSTすることで、新しいProfileItemを作成することができる
      • その時に返ってくるレスポンスの具体例が掲載されている
    • 必要ならばProfileItemValuesを更新する
      • ProfileItemResourceやProfileItemValueResourceのドキュメントを参照
Connection: close