Hatena::ブログ(Diary)

 問わず語り

ページビュー
1343350

2013-09-30

見わたせばいたるところに秋がいる



        f:id:EPOM:20130930043431j:image

      柿色の映えてよく来たよく来たね  ゑぽむ




        f:id:EPOM:20130930043524j:image

        北鎌の通りすがりの喫茶店   ゑぽむ




        f:id:EPOM:20130930043636j:image

      本当よサンタクロースに会えるのよ  ゑぽむ



        
         f:id:EPOM:20130930043737j:image

       カンカンと鐘が鳴るなり明月院   ゑぽむ 



日射しは強くてまだ汗ばむけれど 日陰はひんやり


早く重ね着したいものだ


オーバーコートが着たいなあ


秋冬が一番好き






                 ・



       

2013-09-29

仲良しは美しいこと実篤さま



        f:id:EPOM:20130930140551j:image

            キキ&ピピ 仲良し



        f:id:EPOM:20130929044425j:image

        赤毛のアン萌える心をあらわせば  エポム





              ・

2013-09-28

唯一の被爆国なり昔日の


このことを語ろうとすれば激しく怒り暴れ出すだろう 自制できない


したがって皮肉ることすらできないのだ


語るに堕ちた首相 東電枕詞に(政府)をつけての答弁



では惜しくも亡くなった高田渡さんの歌で




D




D




     き○がいに刃物鉄砲核の順  ゑぽむ



     帰国すな帰化してしまえどこへでも   ゑぽむ



     都知事殿亡き妻嘆きおろうもの   ゑぽむ



     わたくしはお後がよろしでは明日   ゑぽむ






               ・





2013-09-27

秋深しホウキに乗るを夢見ては



        f:id:EPOM:20130927034425j:image

       秋深し読書の帳もあるらしき  ゑぽむ


ヒラヒラの蝶も動きが落ち着き私にも写せます!という按配です
花が本なら蝶は帳面 何を書き取っているのでしょう




        f:id:EPOM:20130927034704j:image

       どっすんと橙様の居てござる  ゑぽむ


柑橘の生る木は見てもたのしいですが 橙(だいだい)って
たべられないのでしょうか  一度拾って賞味したいな




        f:id:EPOM:20130927035040j:image

       皆して小さな秋を歌ってる   ゑぽむ


タマスダレは実に清楚な白が美しい事です
「誰かさんが誰かさんが小さい秋み〜つけた〜♪」
日射しは強くなっても日陰はひんやり 風も心地よいです



さても東北は短い秋を美しく彩ってあっという間に寒さがきます
どうか皆さまに御自愛くださいと念じてやみません
魔法を使えるのだったらいいのに
ホウキに乗って舞い降りて元の静かな暮らしに戻してさしあげられたら
そんな事を夢見ます




               ・

2013-09-26

詫びつつも分かち合いたいこの嫌さ



        f:id:EPOM:20130926051102j:image

        玄関に叩きのめした殺虫犯  ゑぽむ



洗濯物にでもくっついて入ってきてしまったのでしょうが運の尽き
この虫も好きですが猫や私が刺されちゃ困る 大いに困る
    その直後!!!!!!!!


        
        f:id:EPOM:20130926051405j:image

    見たくないものを見つめることも事も手だ  ゑぽむ


トイレのドアをあけると 居たんです 数年ぶりの出会い!
チャバネならそんなに怖くはありません
キンチョールでツヤツヤに仕上げました アップしてごめんなさいm(__)m




       f:id:EPOM:20130926051724j:image

     猫たらし猫にまみれて気もそぞろ   ゑぽむ



これはほんのお詫びとお礼のしるしでございます
御不快な画像2枚 どうももうしわけございませぬ





              ・

2013-09-25

そぞろ歩いて



        f:id:EPOM:20130925051523j:image

      ホームがね工事中ってめったにない  ゑぽむ


北鎌倉駅も老朽化してきました 驛百選に選ばれているのですから
外見はそのままに階段エレベーターの修理 設置 工事が行われています




        f:id:EPOM:20130925051959j:image

       あぁかの日結われし緑の黒髪が  ゑぽむ


草も季節が廻り 豊かな緑の黒髪も こんなふう



        f:id:EPOM:20130925052839j:image

      虹だわと独り言ちては見惚れては  ゑぽむ




        f:id:EPOM:20130925053137j:image

       懐かしい画だったっけ誰だっけ   画ぽむ




ず〜っと変わらない事はない
すべてがススイススイと姿を変えて行く
こういう定め そうでなければ 







             ・

2013-09-24

徒然なるままに



        f:id:EPOM:20130924041752j:image

      そりゃそうよ日々振り回す刃物沙汰  ゑぽむ


ほんのたまにもしくじって血をみることも無くなった
まかないの手抜き達人なり それを感じさせないのが主婦たるもの!




        f:id:EPOM:20130924042226j:image

       江ノ電の発車音する喫茶店   ゑぽむ


小さな金管楽器かな バックがお洒落だ 若者よ謳歌せよ
青い目の友人と話がはずんでいたようだ
この国を少しでも豊かにしておくれ 
実は腐敗しているのだよ 感じているだろう 豊かな感受性をもって
どうか何かのかたちで尽しておくれ




        f:id:EPOM:20130924042745j:image

       お疲れのお局さまは丸々く   ゑぽむ


急に二人の妹が発生!!!くたびれて眠ってしまった先住みけ
遠慮しいしい気遣っていつものお気に入り椅子で眠る 丸く
    

      「スコティッシュ耳のペタンコお姫様  ゑ」





               ・

2013-09-23

猫じゃらしたわむれる仔に涙ぐみ



        f:id:EPOM:20130923043036j:image

       もう怖くないのよさあさ遊びましょ ゑぽむ


埃まみれのネズミの猫じゃらしを作り直した ミンク

キキもピピも大喜び  作り甲斐のあることよ




        f:id:EPOM:20130923043311j:image

       妹よここの母さん良さげだわ   ゑぽむ


黒猫キキの頭の上に! 小さなピピを見つけて下さい

シャーっと言わなくなりまして 一緒に遊んでおりまする




        f:id:EPOM:20130923043538j:image

       お眠りよ安心おしよママがいる  ゑぽむ


膝の上で くつろぎ眠るキキ  夜は添い寝をしてくれる



みけは大人だもんで そっと近づいては鼻と鼻とで挨拶してる

きっと 三匹は三姉妹になれる

思えば りぼん コバ みけ  しらっと独り孤高としてた

猫がたわむれる姿を見るのは心豊かなものである



猫の国では りぼんとコバ 仲良くしているよねぇ





            (=^・^=)

2013-09-22

兄をして忘れ仇はふるさとよ



兄が高校一年の時に妹の私は小学校4年生というギャップ


なれど 他所の家は知らぬので 疑問なく成長


この兄はや俳優の面構えにて 鏡の自分に見惚れる やぁつっ!


まぁ 優しさは持ち合わせていたから天は二物を与え給うたかしらん


それはともかく7歳違いの遊びとは


本の題名を言い その作者を答えるという 高等さ


兄は本など読まず 読んでいる妹を「吐き気がする」などと言って


からかい 小突いて 邪魔ばっかの可愛がり方だった


しかしながら どこへ行くにも連れての行動


釣りに行くとて自転車の前に父がこしらえた台に座らせ


うららかな川辺に遊んだものだった


「兄さま うんち」  なに そっちでしろ!


離れたくないので背中から一尺ほどのところでしゃがむ


ん? 臭いぞ EPOM


「兄さま 紙ィ〜」


おおお〜 hinomasao殿のごとく話題がずれたhttp://d.hatena.ne.jp/hinomasao


作家当て遊びのことだった


走れメロス! 太宰治


野菊の墓! 伊東左千夫


コタンの口笛! 石森延夫


あぁ 無情!  ジャン・バルジャン  ちがうよ〜〜〜兄さま


すると兄さま 高校生のくせに子供になって悔しがる


兄さまは 女性にモテモテ モテ過ぎで 結果X2にて独身


そうそう 昨日はあぁ無情 レ・ミゼラブルを観た 感動なり



        f:id:EPOM:20130922055034j:image

        隣席が唯々諾々と洟すすり  ゑぽむ




               ・

   この画像はぜひ最後までご覧ください
D






.

2013-09-21

あ ぁ・なぞズ



        f:id:EPOM:20130921045842j:image

     何をする場所か知らねど あ・びーとる  ゑぽむ




        f:id:EPOM:20130921050019j:image

     商いは何か知らねど あ・きゃめる   ゑぽむ




        f:id:EPOM:20130921050122j:image

       確実に猫であるのに月の輪が   ゑぽむ





仔猫にず〜っと付き添うわけにもいかぬのでお買い物


気付かなかった看板が目に入った


うんと寝不足のおかげであるかもしれぬ


人間 たまにはこういうこともあっていいということ


視線がまったく新しい何かを見つけてしまう





キキはしっかり慣れて居なくなって心配して大捜索したら


わたくしの作業台の下の箱の隙間でグッスリコン(-_-)zzz


日々これ口実 いや 好日である





            =^_^=

2013-09-20

新しい家族


キキとピピを家まで送ってきていただきました
鈴木さんと浜田さんに感謝の気持でいっぱいです。
そして紹介して下さった御近所の三浦さん ありがとうございますm(__)m




        f:id:EPOM:20130920040159j:image

              ピピ


小さな女の子です シャーッシャーッ!!! 連続でごきげんななめ





        f:id:EPOM:20130920040415j:image

              キキ


魔女の宅急便黒猫そっくりなのでキキです
彼女は最初から懐いてくれました
抱っこ抱っことせがみます  すりすりしますがまだ後姿のみ!



りぼんとみけはぺットショップから来ましたから
ふんわり穏やかでした
コバは太郎が拾って育て14歳で我が家に来て
馴染むまでは押し入れで目をランランと光らせていました


昨日から家族となったキキとピピは全く違った星の元に生まれました
捨てられて飢えてさまよっていたところを
シングルマザーに保護されたのです
我が子だけでも大変でしょうに猫の仔まで面倒をみてくれて・・・。
キキの右目は結膜炎が重症化していて危うく目を失うところを
駆けこんだ動物病院のドクターに治療して頂き事なきを得ました。


二人とも怯えていて しかし助けられたのです
そして私が育てることになりました


夕べから今朝にかけて 私はお産の後のように忙しいママをしました
キキを抱きしめ ピピを抱きお布団で寝ました


不安から彼女たちは絶えず鳴いています
ケージの中はひっくり返っています!


みけは箪笥のうえから降りてきませんでしたが
ようようやって来て 様子をうかがっては
私の足元にきて不安そうです
でも優しくしなくちゃというふうです


さあ 私はママになって頑張らなくちゃ!


一晩中鳴いて大暴れのピピはチビっこ
キキは甘えんぼです



みけの御機嫌をそこねないよう十分に気をくばって
三人と三匹の暮らしを穏やかにしていこうっと


今 夫が水を飲みに起きてきて「うるさい!」と一言

息子たちは夜泣きで困りました
思い出しましょうか




             =^_^=

2013-09-19

明るい日



        f:id:EPOM:20130919052316j:image

      わたくしがわたくしを撮る時間旅   ゑぽむ


きくしゃんと別れてバスに乗ると「過去のわたくしに会った」

赤いフレームのメガネ おかっぱの髪 文庫本 EPOMちゃんじゃないの!




        f:id:EPOM:20130919052659j:image


太郎はよくよくハウツー本を買っていた
それは「努力しないで解る数学」とか「速読の技術」「古典は易しい」
そういう本を読んで役に立ったかと訊くと「そうでもないなぁ」と
私は生まれて初めて高橋源一郎さんだから買った
「ぼくらの文章教室」正解の読み心地 そうだそうだの連続にて
私はこの線でいこうと意を強くした感ありにて このまんま!


枝雀さんと小佐田定雄さんコンビの本は読むべしと未読にて楽しみ



さて窓を閉めて毛布をかけて眠れる心地よさ
我慢した甲斐があったというもの 秋の本格的な訪れ
心ゆくまで楽しもう




          


      明日乞う御期待  仔猫が来ます
          キキとピピです 
      

2013-09-18

友あり遠方より来る



        f:id:EPOM:20130918032319j:image

      むかご摘み炊きこみご飯ほっこほこ  ゑぽむ


朝食を済ませて掃除洗濯 そして! 長年のブロ友との待ち合わせ
それは きくしゃん 三度目の邂逅  




        f:id:EPOM:20130918032637j:image

        友と見る花の姿よ幸深く   ゑぽむ


       

        f:id:EPOM:20130918032914j:image

      ブロ友が署名しているシャンデリア  ゑぽむ




        f:id:EPOM:20130918033036j:image

      話したね話し尽きない空つづく    ゑぽむ




        f:id:EPOM:20130918033224j:image

      みいつけた一番星に感謝する    ゑぽむ




きくしゃんと一万六千歩も鎌倉行脚をした 
教えてもらうという場面もあった あぁ良かった!
もう10年近い交流に幼馴染みのように錯覚してしまう


また会おうね 今度は出かけて行こうかな山口に
東北の人間は京都より向こうの方と気が合うのだと聞いたことがある
そういえばそうだ  なぜかなあ






               ・

2013-09-17

台風一過



        f:id:EPOM:20130917045235j:image


80センチのタイを二本縫った 台風の情報ラジオを聴きながら
こういう単調な作業は苦手なのだけれど ひたすら返し縫いした
母の物差しのビシっ!を思い出しながら 真っすぐに・・・
そしてアンティークレースをつけた  好きなピンク
北鎌倉にレースの店ができた ウィンドウをのぞいたら
これとほぼ同じレースが額に入って五万円もしていた びっくり!!!



        f:id:EPOM:20130917045735j:image

       御寺の紫陽花鉢のころころり   ゑぽむ


成福寺と円覚寺を午後になって訪ねた あちらこちらに木の枝や
せっかく咲いた花が散り まだ熟さない銀杏の実がおちていた
紫陽花の鉢はちゃんと直しておきました が!合掌をわすれちゃった!




        f:id:EPOM:20130917050136j:image

       振り向けば台風一過冨士の方   ゑぽむ




        f:id:EPOM:20130917050228j:image

道々摘んだ花と落ちていた椎の枝と竹トンボのついたモミジの枝



どちらのお寺も初めて見る草木の散らかり様でした
お寺は自然にきれいなのではなく 早朝修行僧たちが
掃き清めるのだと知っていながら 荒れ寺のような雰囲気に
自然の猛威を感じました



窓を開けるとひんやりした空気の心地よいこと
今日は湿度の低い晴れの予報
昨日の分を歩きましょう





               ・

2013-09-16

台風こもごも



        f:id:EPOM:20130916040328j:image

      あなた待ってわたしをおいて行かないで  ゑぽむ



鳩は一生パートナーを変えないといいます
我が兄はX2 甥はX1 彼等は事情のある人間で正直者なのかな
事情という熟語はひっくり返すと大変です いえただ思いついただけ




        f:id:EPOM:20130916040646j:image

      古書店の幾億紙魚の好ましく   ゑぽむ


古本の匂いは好きです 頁をめくると時折小さな虫が現れます
紙魚(しみ)と読みます 本の虫 私と同じです!
「あら 元気?」そしてまた頁をめくります。




昨日はザンザンザンザン降りの雨でしたので完全装備で出かけました
ら・ら・ら カンカン照りの晴れになり その蒸し暑い事!
ブーツを履いてレインコートはたたんでバックに
大きな雨傘日傘になりました


本日は台風本番でしょう ただ今4時15分
ただならぬ風が吹き始めています
どちらも被害がありませんよう
この台風が過ぎたら すっきりと秋の中でちょっぴりホッとしたいもの


今日は実に久しぶりに家にこもって創るといたしましょう




               ・

2013-09-15

結婚記念日


もうもう牛のよう 


何十年も経ちました


亡父は結婚式の前の日に


「嫌になったら帰って来い」


と言いましたが


嫌になることは星の数ほどあったけど


帰りませなんだ


夫は企業戦士だか傭兵だかでしたから


深夜や明け方に帰っては来ましたが


鍵なぞ持たぬひとで 


私はひたすら待ちました


何ヶ月も帰らぬこともありました


大けがしてるのじゃないかしら


戦死しているのじゃないかしら


悲観的な私は最悪ばかりを考えて


独りの夜を過ごしました


幼い子等は眠っており 


見知らぬ町は冷たくありました


よくぞ孤独に耐えて いき抜いたものだと 


うらなりの自分にびっくり


いいえ 夫が強かった 


頑張り抜いて今があります


体力には自信満々だった彼も


疲れてきたようです


そろそろ 戦士の休息の時でしょうか


ゆるゆると 


休む計画をたててほしいです


縁あって 二人は無事に生きています


そして転勤の多さに伴い


転校ばかりの子供らも悩んだのです 


しかし人生の糧となっているでしょう


それを知るのはいつでしょう


まあ 私たちにはもう関係のないことです


一人の人間として生きていくでしょう


健康な体だけは手渡してやれました


さて 東日本大震災 


こんなことが起きるなんて


そして福島原発の崩壊 レベル3


人間はかくも愚かだった


せめて個人として 


原発反対とシュプレヒコール!!!


そして 


日本全体の渚に打ち寄せられている


猛毒を知らしめること


海の続く対岸の国からいつ賠償請求が来るか 


時間の問題です


オリンピックにうつつをぬかす場合ではない


そしてオリンピック反対デモを報道しない


マスコミのだらしなさ


言論統制という信じられない


化け物が歩きまわっています 退化です


結婚記念日に多くの真実をとらまえ考え


明日の子供たちをどう守るのか微力ながら考えて


出来ることをしたいと


切におもいます





                ・




     結婚記念日 カウンターが20万を超えています
     半年での達成です 皆さまありがとうございます。





                ・
        

2013-09-14

八木重吉さん


秋になると殊更に八木重吉さんのことを想う


詩集「秋の瞳」より



        f:id:EPOM:20130914042122j:image



        

            


         果物


        
        秋になると


        果物はなにもかも忘れ


        うっとり実ってゆくらしい



        

        f:id:EPOM:20130914042413j:image
       



        

        祈りおる椅子の十字の知るすべて  ゑぽむ





重吉さんは柏市の東葛飾高等学校英語教師をしていた

私は縁あってその地に住み 詩碑に出会った

そして 夫君と子供二人を失った登美子夫人は

歌人吉野秀雄と再婚し彼の子供たちを育て

鎌倉で暮らしておられた  これもご縁




今日はコスモスの日だという

花ことばは愛情  ギリシャ語 コスモス 宇宙の意




どうか 清らかな海になりますよう 核の毒性が消える方法が


みつかりますように





              ・

2013-09-13

野草の美しい事


        f:id:EPOM:20130913021411j:image

     ややそなたわらわを摘んでなんとする  ゑぽむ




        f:id:EPOM:20130913021530j:image

     ねぎの花摘んでつくづく手の臭し    ゑぽむ




        f:id:EPOM:20130913021736j:image

      文句垂れおやじ健二の妻を知る    ゑぽむ




庭をもたぬことはわたしにとって幸いなり


こうして気に入った部分を切り取って家に連れかえればいいのだ


丸山健二の一面を知った 彼がエッセイを書いていたとは・・・


「田舎暮らしに殺されない法」は痛快だったから


田舎に行こう 地元に帰ろう という一つのスローガン


いささかはがゆかった   しかし各人の自由なのだ


私は常に単独行動だが それは私に合っているようだ








               ・

2013-09-12

わたくしに創作の秋来たるかな



        f:id:EPOM:20130912052737j:image

左の黒のカメオはルースを骨董屋さんから依頼されブローチに仕上げた
大きいのだ 8×6、5センチ 片ぱいが出ていて色っぽい
右は私の貧弱な作なり しかしきれいでしょ




        f:id:EPOM:20130912053116j:image

淡水パールが生まれる過程が見られる素材 いただいたので
抜けた部分にあこや真珠をつけてペンダントにした
左の3点はベルギーレースに何やらつけてイアリングに
一番上は自分用 歩いていると「まあ素敵!」と褒められるが売れぬ
「あなただから似合うのでしょう」とのことで「あ・そうですか」



        f:id:EPOM:20130912053536j:image

これはアンティークボタンにサフィレットガラスをアレンジして
渾身の作なれど あまり理解はされない
そもそもサフィレットガラスとは
19世紀のチェコスロバキアのヤブロネッツ村だけで
ひそかにつくられていたという
ヒ素と金を含有 製造方法はよくわかっていないし
もう作れない この光は私を惹きつけてやまない



        f:id:EPOM:20130912053944j:image

どうしても捨てられない素材を盛り合わせたペンダント
懐中時計の殻につめこんだ 中心にシルバーの小さなクツ
小さなベネチアガラスもあります
欲しい方いらっしゃいますか? 
多い場合は抽選!!! でもいらっしゃるかしら お待ちしています!
(お気持ち御寄附をお願い致しますm(__)m)



なにはともあれバザーの秋  私にできるのはこういう手仕事
少しは役にたてるでしょうか



        f:id:EPOM:20130912090631j:image
クリスマスバージョンも暑いうちから準備万端 パリコレならぬナニコレ




             ・



        
        

2013-09-11

「四国はどこまで入れ換え可能か」



        f:id:EPOM:20130911034918j:image

       福島は沖縄はなどと秋の空   ゑぽむ


北鎌倉駅の隣のたまごやさんというスーパーの前には
「どうぞご自由にお持ち下さい」と本がカゴに入っている
昨日は題名に惹かれてひょいと頂いた ら! マンガだった!新潮文庫
それで 申し訳ないのだが表紙に落書きをしちゃった




        f:id:EPOM:20130911035307j:image


私は頭痛薬とソラナックスを2錠ずつ服用  マンガも「語る!」



        f:id:EPOM:20130911035543j:image

          魚の身投げは丘に上がることか




        f:id:EPOM:20130911035920j:image


      この地図のなんとひたりと海の旅    ゑ






              ・



        

2013-09-10

オリンピック招致決定に憤怒



日傘で身を隠しての夏だった


やっと空を見上げたら 確認飛行物体が!!!



        f:id:EPOM:20130910040443j:image

       天高くスヌーピー船肥ゆる秋   ゑぽむ



スヌーピーの話は以前にもアップした 子供ながらあっぱれなのである


いや子供だからあっぱれなのだ   作者シュルツ氏の想いの結晶




秋がくるたびに思い出す俳句がある


もう何年も前だ  当時小学5年生の女の子は成長しただろうな



        「天国はもう秋ですかお父さん」


たしか交通事故で父上を亡くしたのだったと記憶するが・・・


「天国はもう秋ですか」お母さん おばあちゃん お姉ちゃん


子供の名前は書くにしのびない  みな呼びかけている




宮沢賢治は書いている


「世界全体が幸福にならない限り個人の幸福はありえない」と



金子みすずは「浜は祭りのようだけど 海の底では・・・」と



私は昨日 哀しかった 怒りさえおぼえた


もうクーベルタン男爵の思想は微塵もない商業主義の化け物が


レベル3の国にやってくる


ボイコットする国もあるかもしれない


たった7年でなにをする気だ 7年でどう煙にまくのだ  






               ・

2013-09-09


やっとやっと一息つける気温になった


なんと厳しい夏だったことか


昨夜庄内酒田の友人から電話があった


雨ばかり降っていて 特産のメロンも柿も不作と


送ってもらったメロンメロンらしさは形だけだった


期待しないで庄内柿を「待てくれの〜」とのこと


関東は暑さにあえいでいたが日本海側は雨ばかりだったのだ


彼女は不幸をかき集めて抱いているような質だけれど


すこしも話題にはせず あはは あははと笑いながら話す


夫からのDVと心の彷徨・・・息子たちとの不和


娘と慎ましく暮らしている 庄内美人だ




さて  ひじきの煮物が食べたくなった


私だって煮物を焦がさないこともある フフ・・・


        
        f:id:EPOM:20130909030709j:image



わたしのはちょっとちがう 母の味を受け継いだ上で


自分流をプラスワン  それは火を止めてから


ピーマンの千切りを混ぜ込む


子供のピーマン嫌いは解消される


それはゴボウをもっと香ばしくしたものに変身する


久しぶりにご飯がすすんだ おいしかった!




        f:id:EPOM:20130909031317j:image



御近所の人形作家 浜いさおさんの作品展がある


この子は可愛らしいが ほかの作品はちょっとならず引く・・・


若いころは憧れたものだが 




実に確かに秋はきた   夏の後姿にバイバイだ






             ・

2013-09-08

つぐなうということ



毎日帰宅して楽しみなのは7チャンネルの映画だ


過日 とても心惹かれて夢中にさせる物語を観た


それは「7つの贈り物」


主人公は航空会社のエンジニアでエリートだ


美しいフィアンセと二人


彼女はもらったばかりの大きなダイヤのリングに見惚れている


「そんなに見ると輝きがなくなるぞ」軽口で幸せをかみしめる


そこに仕事の電話が入る


彼女は止めるが 彼はこれだけ読んだら仕事は終わりだと応え・・・


そこに対向車のライトが!


正面衝突!!!   見知らぬバンの6人は死亡


そしてフィアンセは路上にたたきつめられ死亡


半年後彼は肺癌の弟に移植を申し出る


その後 肝臓移植 腎臓移植 骨髄移植


骨髄液をとる時は麻酔をせずにと注文する すごい痛み


DVで苦しむ母親と子供たちには豪邸を差し出す「逃げろ」と


きみの美しい子供たちをきみが強く守るのだと励まして


そしてラスト


目の不自由なピアニスト


特殊な血液型の女性に


角膜と心臓を差し出すべく彼の計画は実行される


「ここに自殺者がいます 救急車をお願いします」


それは 誰ですか?


「僕です」




D



事故ではない 罪なのだろう 彼はこうして罪をつぐなった


心臓を移植され元気になった彼女は


目が見えるようになったピアニストを訪ねる


「エミリー?」   「そうよ」


お互いの体の中に生きている罪の犯者を彼等は深く愛していた






              ・

2013-09-07

懐かしい写真



        f:id:EPOM:20130907053345j:image

       9年も経った写真と思えない  ゑぽむ



これはりぼんが一ヶ月ほどの仔猫の頃 好奇心満々


直後インコのホコちゃんに鼻をつっつかれてびっくりして鳴いた


先住鳥のほうが強いのだ  桜文鳥ピーちゃんは「なによ!」と


もう一羽白文鳥のフーちゃんもいた


三羽とも12年も私たちのそばにいてくれた


掌で卵を産むことはしばしばで 次郎も体験 嬉しそうだったな


キュウリの皮をむいたのが好きだった


肩にのって 頭にのって カップボードの上は糞だらけだった


この写真は「いい色」の時に賞をもらった 懐かしい


hatenaでは「うちの子になってくれてありがとう」で


コバの写真がピックアップされた  嬉しかったな


小さくて暖かくてふんわりしたこの子たち





福島の放置された夥しい数のペット達を想うと身を切られるようだ


どうか可愛がられた記憶を胸にそれぞれの神の国に行ってください


置いて来ざるをえなかった多くの方々のお悲しみ


いつも思って可愛がりますね








                ・

2013-09-06

贈り物



まりんかさん御主人の作品を頂きました



        f:id:EPOM:20130906041342j:image


        灯をたまわる幸を涙ぐむ   ゑぽむ




        f:id:EPOM:20130906041504j:image

       竹トンボ活けて優しき心受く  ゑぽむ




        f:id:EPOM:20130906041609j:image


       久しぶりみけが無邪気にお箱入り  ゑぽむ



       みけが送って頂いた箱に入った!



思えばこんな私がぎりぎりに頑張っていた 


そこになんというほのかな優しい灯だろう 心にしみてありがたくて・・


竹トンボの絵が猫なのも ほんとに嬉しい これはお兄さんの作品


りぼんが コバが 飛んでいる


私はまだまだ哀しいし 弱った心に沁み入って


ありがたくて 感謝しますのいっぱいの心


ブログで知り合った友人の縁はなんて素敵なのだろう


もっともっと私にできることをします


精いっぱいします


ありがとうございます


まりんかさん 御主人さま お兄さま





                ・

2013-09-05

御親父は居ない



        f:id:EPOM:20130905041622j:image

        遭ったはず地震雷大雨に   ゑぽむ



昨日は地震で大いに揺れた 怖かった


次いで雷鳴が轟いた  あぁ怖い!


歩きはじめると 黒雲がきて


あっと言う間に土砂降り 


久方ぶりの雨だった


水害のおきている所の分を少し手伝ったことになったろうか


今朝も雷鳴 雨が降り出した


神様が怒っている


なす術もない


竜巻は昨日のところからどこに行こうか決めたのだろうか


皆 茫然としていなさる


雨の上がった公園は 何も無かったかのように 取り澄まして晴天


     
            暑い!







                ・

2013-09-04

猫にお悔やみ



        f:id:EPOM:20130904051635j:image

      姉さんからコバにお悔やみたまわった  ゑぽむ



なんだかしばらく話してないなあ・・・と 電話して


ねえねえ 私ね熱中症になっちゃったのよと言った


すると あらぁ!私はね腸閉そくで入院したのよと!


どうして連絡してくれないのよ


だってEPOMさんがとんでくるとたいへんだと思ってね


だれにも内緒にしていたの


次甥にも黙っていて退院してから連絡すると


「僕も息子だぞ!」と怒ったそうだ そりゃそうだ


19歳も上の姉は何十本もお医者に匙を投げられても


そのたびによみがえる人だ


腸閉そくくらいはものの数ではなかったのだろう


優しい手紙  私が物ごころついた頃には嫁いでいた


お母さんと娘に間違われたこともある


美人で頭が良くて性格よくて なによ! 一人占め(−−〆)


でも天然で創造力が皆無 で、私なんかを羨む


日本橋で待ち合わせて何か買ってもらうのが楽しみ


早く元気になってほしい


そうそう お悔やみは(一万円札)だった


コバの好きなものは「にんべん」どれだけ買ったらいいのだろ


私が好きなものを買うことにしましょう ちゃっかりと!






              ・

2013-09-03

厳夏にさよなら



        f:id:EPOM:20130903045459j:image
     
       もうダメと大向日葵の大往生  ゑぽむ


近年は品種改良された小さい向日葵ばかりでつまらなかったが

近所の原っぱに昔ながらの大きな花が立派に咲いていた アップせず

今やっと 登場してもらった これで私の目の高さ


  「ひまわりは金の油を身にあびてゆらりと高し日のちひささよ」

                    前田夕暮




        f:id:EPOM:20130903045918j:image

    ペットロス症候群にはこれが一番 連絡まちNPO
    chiaraさん ありがとうございますm(__)m(=^・^=)






               ・

2013-09-02

暑くって煮えてしまった思考です



        f:id:EPOM:20130902041308j:image

        蜘蛛の巣に主のおらぬ昼日中  ゑぽむ


昨日の暑さといったらもう話にならぬほどで我慢強い自分の限界を知った
蜘蛛はどこかに避暑して夜を待つのか




        f:id:EPOM:20130902041629j:image

       夾竹桃の花の赤さよその赤さ  ゑぽむ


夾竹桃の赤い花の色は禍々しい 毒があるからなお赤い
この枝を折って帰宅しどうしようかと思いあぐねた日々があった
苦しい時はいつか終わる そう信じても来る日も来る日も苦しかった
逃れたかった ドクターとの約束があったから 決行しなかった
さんまさんが「生きてるだけでまる儲け」って言うのだそうか
真理だなあ 生きてるだけでまる儲けだ ほんとにそうだ まったくだ




        f:id:EPOM:20130902042200j:image

      ほのあかく雲をそめたるサンセット   ゑぽむ


故郷の空もこうであろうか 空はどこまでも続いている
なんだか思い出した・・
♪空は世界へ続いてる 空は世界を抱いている みんなごらんよ 
 あの空を  空は僕らの私らの 心よ心よ 少年赤十字♪
たしかJRC?のバッチをつけて嬉しかった気がする
まだあるのかな ないのかな
あれあれ また思い出した
「私たちは心身を強健にし国家と社会のために尽すことを誓います」
なんだったのでしょう 解らない




              ・

2013-09-01

故郷は遠くにありて思うもの



        f:id:EPOM:20130901042716j:image

        
ペットの持ち込み禁止ペットは「もの」扱いだからこういう表示になる


それは致し方ない  「持ち込み」改め「連れ込み」じゃヘンだし・・・


Bookoffで涼みながら本を手に取る



        f:id:EPOM:20130901043138j:image

        「楽しい終末」 今である



        f:id:EPOM:20130901043416j:image


        f:id:EPOM:20130901043441j:image

    以前にもアップしたが義父のコレクション マッチ箱


    何故「きずく」がひらがななのか 「きづく」なら良かったに
       



福島はうちすてられた「もの」であり 放置 遺棄されているのだ


私たち夫婦が故郷を訪れることはもうあるまい


どんなに辛いか これは筆舌に尽くし難い





               ・