Hatena::ブログ(Diary)

 問わず語り

ページビュー
1302596

2015-05-15

人形のカード遊び


f:id:EPOM:20150515063120j:image

f:id:EPOM:20150515063146j:image

f:id:EPOM:20150515063211j:image


 トランプの角が欠けていましたので
 ちょっとお直し!
 それがまあ 実に難しかったのです
 私は花やドレープのような曲線は得意ですが
 真っ直ぐの線は初めてのことで何度もやり直しをしました
 アップで映すにはためらわれるので
 全体像でどうぞ





               ・

2015-05-09

小さな女の子


 身長11センチの小さなレースドールのお直しです
 今回は順を追って


f:id:EPOM:20150509052220j:image 
        
        f:id:EPOM:20150509052247j:image


f:id:EPOM:20150509052340j:image
        
        f:id:EPOM:20150509052404j:image


 壊れていたレース部分を埋めてお花を植えました
 花も葉っぱも数ミリの世界です
 後ろ姿はまだ手を入れますがここまでのお披露目といたします。
 

2015-05-05

レースドールを創り直す


 
        f:id:EPOM:20150505161315j:image

        f:id:EPOM:20150505161408j:image

        f:id:EPOM:20150505161441j:image


 これは修復とは言えないと夫が云いました
 なぜなら元と同じに作り直していないからです
 高々と掲げた花束は美しい手だったのです
 その手が無いのですから こうするしかありませんでした
 
 しかし美しい人形です
 三枚目の後姿はちょっと難度が高くて
 ご覧の通りになりました

 どうしてこうも壊れやすいドールが創られたのか
 儚いことですが
 私のような獰猛な精神を持つ者が
 こうして創りなおすのでしょうね





               ・

2015-05-03

お直し完成納め


        f:id:EPOM:20150503153409j:image

 お直しが完成してオーナーに褒めてもらってきました
 これが出来たからわずかに心が楽になったのが不思議です
 やはり 創っていなさいということなのでしょうね

 少しづつ傷みのある人形を預かり
 手直しをしていくことになりました
 私にとって何よりの励みになります

 

2015-04-30

アンティーク修復=元気


        f:id:EPOM:20150430042758j:image

 イギリスのアンティークコンポート
 まるで嵐の過ぎ去った朝のようなありさまを受け取り
 直しを続行中 茎折れ花落ち落涙しそうなふうだったが 
 翼の折れたエンゼルも黄色の薔薇を持ち
 まだ痛々しくも立ち上がった

 まるで陶器のような風合いの粘土ができたおかげの修復
 色合いはどこを直したのか解らないと自信がある
 サイズは縦横25×20センチほど
 天使の身長は12センチ

 完成までもう少し頑張ろう!

 私の不調も完成とともに天使に取り去ってもらえますように




                ・

2015-04-21

琥珀


        f:id:EPOM:20150421024221j:image

 これは久慈琥珀 高価 自分では買えない
 姉からの生き形見   ブルーアンバー
 


        f:id:EPOM:20150421024459j:image

 これは昨日に引き続き預かった宝物 チェリーアンバー
 樹脂が億年土の中で輝いたもの
 琥珀色のそのものとは違って熱処理がなされていて
 可愛らしい色のチェリーの粒

 古いイギリスのビーズでこしらえたピアスを添えて
 格段に素敵なイアリングとピアスに作り上げるからね






                ・

2015-02-09

水曜日は祝日


日曜日の朝は一週間ためたアイロンかけ
夫のYシャツ、ハンカチ、スーツ・・・
何十年も同じことの繰り返し
あぁこれでホッとして区切りがつくのだ
ほんとは毎日すればいいのに苦手なんだなぁ これが
アイロンは嫌い 冬場はまあまあ・・・


夫がカレンダーを見て
「お、水曜日は休みか 何の日だ?
 2月11日 大化の改新か 天皇誕生日じゃないし 建国記念日か
 エライ日だなぁ これって祝祭日か」とブツブツ。。。


大化の改新とは可笑しいなぁ
この人は天然に面白い
私にはまったく無いところをもっている
返事はしないが アハハと笑った


その日にスイカにチャージ一万円してくれるんだそうだ ありがたい
コンビニでお茶も買えるししばらく裕福な気分になれる
一枚のカードで東京駅はすごい騒ぎだったけど
あれは理解を超える なんでしょうね 平和ということ?


さて大化の改新を祝っておごってもらおうっと


昨日はinuwanさんのおかげで良い映画を観た
二本立てで休憩はさんでレミゼラブルも
感動とはここにあり






        f:id:EPOM:20150209042136j:image


        
        f:id:EPOM:20150209042205j:image


           やっと創った首飾り




                ・


  




             

2015-01-15

久しぶりにお直し&読書


f:id:EPOM:20150115005424j:image


 依頼されていた直しを仕上げた
 黒のフレンチジェットのネックレス 黒の葉のイアリング
 薔薇のオーストラリアのヴィンテージ
 そして田山さんの虎目のブレスレット
 2玉ほどゆるかったのでストラップにした
 喜んで下さるといいな



 そして石持浅海という初めての作家の本を
 三冊買ってあったので二冊目半ばまで読む
 翻訳もののような雰囲気の推理小説 1966生まれで若い!
 稲木紫織著「日本の貴婦人」
 加古洋治編・著「真実のわだつみ」(yonnさま推薦)
 早く読みたい じっくりと
 


 これは私の疲労回復の必需性と改めて実感




 

             手すさび&本

2014-10-30

ドレスデン レースフィグリン直し


 過日預かり直す力が我が内に満ちてくるのを待っていた

 とりかかれば一時間もあればできる事 何にでも潮時とはある



        f:id:EPOM:20141030035459j:image


        f:id:EPOM:20141030035523j:image

      無惨な傷が胸にあり 片腕と花々が無い・・・



        f:id:EPOM:20141030035729j:image


        f:id:EPOM:20141030035801j:image


        f:id:EPOM:20141030035830j:image




 出来る限りのことはした もう大丈夫ね 品があって美しい

 オーナーが喜んでウィンドウにディスプレイしてよ!と

 二人で外からしみじみと見入った

 リアドロよりもずっと格上よね 傷があって美が引き立つことがある


 「直しあり」でも気に入って連れて帰って下さるお客様がいる

 気にかけて話しかけてもらい しあわせに暮らしてと願う





                 ❤

2014-10-21

深紅の薔薇をそえて


        f:id:EPOM:20141021062704j:image



        f:id:EPOM:20141021043148j:image


  
  これはロイヤル・ドレスデンの人形

  元の姿は 白いドレスも顔もすすけていて

  どこかに幽閉されていたかのようだった

  救い出されて わたしは抱いた

  この子 なにか淋くて辛いのだけれど どうしたらいいかしら

  オーナーが「そうなのよ あなたなんとかして」

  連れ帰って お湯で洗うと見違えるように白く光った

  どこも壊れてはいないが・・・

  ドレスに小さなバラがついている それがむしろ虚しい

  薔薇一輪の枝葉をつくり そっと添えた

  画像をもって見てもらうと 「これがいいわ!」とOKがでた

  帰宅して薔薇に幾度も硬化液を塗り 固定した

  本来の姿ではないにしろ 人形は華やぎ 長い孤独から放たれた

  喜んでいるかに見える

  しあわせな出会いをして 可愛がってもらえる






                 ・


        

2014-10-02

大雨に散歩


昨日は朝からザンザン降りだったのだけれど
なぜか雨が好きで うきうきと歩きだしたくなるのだ
向かい風で ちょっと失敗したかしらっと立ち止まり
一軒の作業場のガラス越しに 竹細工をするご老人がいらした
じーっと見入ってしまう その繊細な手仕事を
脇には様々な種類の竹が大小あって その模様も実に多彩


小さな四角の手つき籠には小さな花器を入れワレモコウでも活けたら似会う!


パソコンの傍に置いて小もの入れにしたい!


ずいぶん眺めていたけれど「ごめん下さい 見せて下さい」とは言えなんだ
ただのお邪魔になっちゃうもの
カメラを取り出す気にはならなかった 見せてもらっているのがありがたい
物づくりの過程をつぶさに拝見 ありがとうございました
雨粒いっぱいのガラス戸にお辞儀をして
やっとこさ歩きだした 心残りで・・・また来よう また 雨の日に


竹細工には全く叶わないけれど籐編みをしていた
習うのキライなもので本とNHKの放送で覚えたのだ
ランプシェードまで編んだのだったけれど 今はこの三つが現役30年


        f:id:EPOM:20141002034551j:image

         直径30センチ蓋つき菓子入れ



        f:id:EPOM:20141002034654j:image

           直径32センチ 敷物


        f:id:EPOM:20141002034816j:image

        残った籐で編んだ手つき小もの入れ


なんと吾ながら 手の良いことよ 真面目がしっかり出ています
自画自賛してどうするのだろう アハハ
子供と遊びながら編むことができたし 部屋中広げてワンサワンサの籐の海
わあ 楽しいね〜っと息子たちは泳いでいたっけ
懐かしい景色が脳裏をよぎる 
作る趣味と子供との遊び ん? お母さんが遊んでいたんだね!




                ・

2014-09-12

ネックレス リメイク



        f:id:EPOM:20140912025812j:image

      150年も前のレース どんなドレスについていたのだろう
      ネックレスにした 夏の思い出



        f:id:EPOM:20140912030021j:image

      イギリスの古い古いガラスビーズに
      セルロイドの繊細な花をアレンジした
      コスチュームジュエリーというものになるらしい



        f:id:EPOM:20140912030216j:image

      まりんかさんに頂いたかんざしのパーツを
      ペンダントにしたもの
      これはご近所の友達が
      いっぱい寄付して下さってお持ちになった
      昨日ばったりお会いしたら
      黒のTシャツにぴったりコーディネイトされていて
      実に嬉しい思いだった



        f:id:EPOM:20140912030533j:image

      これはある方の思い入れのある指輪だった
      壊れてしまってほんとうにがっかりされたそうだ
      どこかの国の職人さんがこつこつ創っていたリング
      小さなシルバーのプレートに配置換えをしてアレンジ
      右上のパーツはなかなかに難しかった


        f:id:EPOM:20140912032607j:image




アクセサリーは心を和ませ安心をもたらす
壊れて顧みられなくなったパーツを繋ぎ合わせて
どうか誰かの幸せにと祈りつつの作業






                ✿        

2014-09-06

創ることで平静に



もうすぐマンションの夏祭りだ
たった一人の発案を時間と手先だけで創り終えた
総数200点あまり


その中に まりんかさんから頂いた花嫁さんのかつら飾りをリメイク
たくさん出来たが一部紹介


        f:id:EPOM:20140906014300j:image

              バレッタ



        f:id:EPOM:20140906014338j:image

             シルクブローチ 



        f:id:EPOM:20140906014425j:image

               ピアス

          もちろんイアリングもあります!



それから これはおまけ 木の古いボタンにピーターラビットのボタン
可愛らしくて丈夫です バックや帽子に付けてほしいな。。。


        f:id:EPOM:20140906024537j:image


お祭りってこんなに楽しいものなのよ!
子供達に伝えたいと考えた
大人たちがビールを飲みながら歓談するのもいいけれど
小さなプレゼントも用意していますよと一人の女の子に言ったら
またたくまにうわさが広がって
プレゼント袋の増産!に焦ってしまった
特に男の子の好きな物が何か悩んだ
でも楽しい忙しさだったなぁ


それからご婦人達にはリメイクアクセサリーを
見本にと頂いたベネチアガラスのネックレスもある
古いイギリスのお皿に昔つくった淑女を付けて
小もの入れにもした どうかしら


        f:id:EPOM:20140906021920j:image


        f:id:EPOM:20140906021945j:image


        f:id:EPOM:20140906022011j:image



私はどうにもこうにも誰かと集って何かをすることが苦手というより
大きらい! 一人で決めて一人でまとめる
それを受け入れてくれた自治会の皆さんに感謝申し上げる
管理組合がこのお祭りで 何か大切な事を思いだしてくれたらと
かすかな希望を抱いている。



お天気はどうかしら 曇りだといいな! 時々お陽さまが顔を出す


こんなに前向きになったことは初めてかもしれない
よい経験をさせてもらった
どうか「楽しい 嬉しい」子供時代の思い出となりますように!


そうそう! まりんかさん これに見憶えは? フフフ


        f:id:EPOM:20140906032301j:image

          波の音が聴こえますね!




     

                ㉀

2014-08-29

任される喜び

  

        f:id:EPOM:20140829025932j:image


        f:id:EPOM:20140829025954j:image


        f:id:EPOM:20140829030025j:image


さあ どこを直したでしょうか ドレスデンの人形です。
カップ&ソーサーは一客だけ我が家にあります
しかしこのような人形は高額ですから
たまにデパートや骨董店で「目のお正月」をするばかり


かわいそうに破損個所がありました
さて 出来ました!
このような仕事をさせてもらえる喜びをなんと表現したらいいのでしょう
雰囲気を損ねないよう 色も形も整えて 「完治ですよ」と声掛け
これはとても古いものです
どこのお宅にいくのでしょうか 幸せですよう❤






                ・