EXCEEDの同人ソフト開発日記という名の備忘録









任天堂のソフトはいつも予定通りに出てこないって言われるけど、
ソフト作りっていうのは、そういうもの。
ゲームソフトは、期限までにやれと言われて、徹夜したり死に物狂いでやったからといって、
期待通りのものにはならない。そういうふうにすると、
結局、チームは妥協しなければならなくなる。
妥協させられて、できたものは、粗くなってしまう。
ユーザーは目が肥えていますから、受け付けてもらえない


山内 薄






2018-01-08 マスコットアプリ文化祭 2017 応募作品

[] 最低限参加賞をいただくには もう もぐらたたき をまた作るしかないと思って for MZ-80C mini

f:id:EXCEED:20180108230611j:image

マスコットアプリ文化祭 2017への応募作品として作ってみました。

PasocomMini MZ-80C 用の もぐらたたき(キーボード早押しゲーム) です。今年は実質2日しか時間が取れなかったので、こうする他ありませんでした。すみません。SmileBasic用のサンプルとして、大らかな心で見ていただければ幸いです。


ダウンロードは こちら からどうぞ。(約 85KB)



動画は下記サイトでご覧いただけます。

YouTube


f:id:EXCEED:20180108230620j:image

f:id:EXCEED:20180108230601j:image

f:id:EXCEED:20180108230552j:image

f:id:EXCEED:20180108230627j:image

f:id:EXCEED:20180109002457j:image


以下広告です。

2017-04-22 SION II 030 for X680x0

[] SION II 030 for X680x0

f:id:EXCEED:20170422173139p:image

かつての Oh!X 誌ライター陣による X68000 の名作「SION II」を X68030以降の機種(改造機)に対応させました。動作速度の均一化改造も行っていますので、エミュレータで高速動作時にも安定したプレイが可能です。ぜひお試しください。


ダウンロードは こちら からどうぞ。(約 1171KB)


f:id:EXCEED:20170422173137p:image:w220 f:id:EXCEED:20170422173135p:image:w220

f:id:EXCEED:20170422173133p:image:w220 f:id:EXCEED:20170422173131p:image:w220

f:id:EXCEED:20170422173230p:image:w220 f:id:EXCEED:20170422173231p:image:w220



参考動画YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=eAZqzQYPs58&feature


オリジナル版はこちらになります。

http://retropc.net/x68000/software/games/shooting/sion2/



以下広告です。

グレートゼビウスグレートゼビウス 2017/04/23 14:34 わあああ〜懐かしい〜SIONだ〜
ワイヤーフレーム?の凄いゲームだ〜
それにしても懐かしい記事が多いブログだな〜
そうだ〜このSION有り難く頂きまっす〜

とおりすがりとおりすがり 2017/11/24 20:51 アーカイブを覗いて思ったのですが、確か付録ディスクには本体ソース、BGMのソースもあったはず(展開した場合は別ディスクで)なので、ソースのほうで修正を入れてコンパイルしたほうがコンバートよりデータの方はちゃんと生成できるのではないかと思います。アステロイドのループ直前などは明らかに違う音が鳴っていますし、元の動作にちかづけるのにはそうしたほうがよさそうな気がします。あと、何処で入手したのか忘れてしまったのですが、XVI対応パッチも存在はしていて、何かのホットキーで無敵のON、OFFや、VSYNCを見てウェイトを入れて速度はふらつく物のXVIでも遊べるようにしたものもあったかと思います。どっちも手元には無くて(本誌だけあって、ディスクと動作環境が無い)言うだけになってしまうのですが、多分バイナリパッチよりはソース修正の方が綺麗に修正できそうな気もしますので、多分ソースはあるし、入手製も酷く低くは無いのではないか?というお話だけ伝えておこうかと思います。

EXCEEDEXCEED 2018/01/08 17:13 >とおりすがりさん
BGMソースに関してはどうしても入手できなかったため、DtoS にてソース化、一部内容修正後、Ver.2.xにてリコンパイルしています。なお当初よりアーカイブ内にソースを同梱しましたので分かると思いますが、MAGIC4ドライバ以外は、バイナリパッチによる改造手法は一切行っていません。

2017-03-25 Shokaku 68020 for AMIGA Updated

[]Shokaku 68020 AMIGA 30th Anniversary edition

Game infomation link here.


f:id:EXCEED:20170325175048p:image

f:id:EXCEED:20151227005818p:image

f:id:EXCEED:20170325175049p:image


Version 1.02 (March 25th, 2017)

  A part of the source code was rewritten by the 68k assembler.
  Fastmem is no longer needed.
  Fixed spelling error was corrected.
  .ADF file made.



Download (Version 1.02 / 713KB)



Requirement

AGA PAL AMIGA (A1200 or A4000 or CD32+SX32)
KickROM 3.0+ / WorkBench 3.0+ (Cloanto 3.x & Hyperion 3.1(40.72) OK)

イノウマイノウマ 2018/03/04 12:24 「松鶴」懐かしいですね。
以前、[Wonder Witch」でかなり遊ばせていただきました。
まさか、「Amiga 1200」でこれを遊べるとは思いませんでした。

ちなみに開発は「Blitz Basic 2」で行われたのでしょうか?
(画面上にアイコンが見えますし、コンパイラ内包のようですので)

EXCEED.EXCEED. 2018/03/05 14:27 >イノウマさん
WonderWitch版までプレイしていただいたようで、ありがとうございます。

実は「松鶴」はもともと、AMIGAで作る予定だったものを WonderWitchに
プラットホーム変更したものだったりします。
ご推察の通り、基本的には BlitzBasic 2.1 を使用して作っていますが、
やはり、マシンパワー的に厳しい所がありましたので、
高速化が要求される所(サウンドドライバー、画像圧縮展開、札移動)は
アセンブラで組んでいます。

イノウマイノウマ 2018/03/05 22:05 >EXSEED.様
返答ありがとうございます。
「松鶴」のおかげで「BlitzBasic2.1」に急に興味がでたので、現在ヤフオクで購入できないかと戦闘中です。
それにしてもインテル8086系とモトローラ68000系のアセンブラを使いこなせるなんて凄いですよね。

EXCEED.EXCEED. 2018/03/06 01:35 恐縮です。なお、BlitzBasicはフリー化の後、現在後継版として AmiBlitz3 となったようです。
http://www.amiblitz.de/

2017-02-11 マスコットアプリ文化祭 2016 ダブル受賞記念バージョン

[] 巻線妖怪マキ リバーシ 8192

f:id:EXCEED:20170211051426p:image

マスコットアプリ文化祭 2016の応募作品クエリちゃんリバーシ 8192まきマックス賞 および 最先端 or 昭和の技術賞(昭和)ダブル受賞を獲得しました!

今回、それを記念して、「まきマックス賞」を頂いた 巻線妖怪マキの実験室様のマスコットキャラクター巻線妖怪マキ バージョンを急遽作成しました!



ダウンロードは こちら からどうぞ。(約 585KB)



f:id:EXCEED:20170211051427p:image

f:id:EXCEED:20170211051428p:image


以下広告です。

2016-12-31 マスコットアプリ文化祭 2016 応募作品

[] クエリちゃん リバーシ 8192

f:id:EXCEED:20161231194158p:image

マスコットアプリ文化祭 2016への応募作品として作ってみました。

1バイトの世界から生まれたデジタルインタラクティブアイドル「クエリちゃん」を、8192バイトの世界に無理矢理押し込んだ「TOMY 16bit GRAPHIC COMPUTER ぴゅう太」シリーズでのみ動作するリバーシゲームです。

CPU対戦と、プレイヤー対戦モードがあります。


※2017/02/11 新バージョンを公開しました! クエリちゃんに表情がつきました!(ボーダーカラーも変更しました)

ダウンロードは こちら からどうぞ。(約 804KB)

ダウンロードは こちら からどうぞ。(約 811KB)

ダウンロードは こちら からどうぞ。(約 811KB)



動画は下記サイトでご覧いただけます。

YouTube


自分も「ぴゅう太」のカートリッジ用ゲームを作ってみたい!と、思われたら、下記の非常に優れたサイト(リンク)をご参照ください。少なくとも、私はこれらのサイトの情報(と TMS9918 の事前知識)だけで、このゲームのアセンブラプログラミングを完遂することができました。


Enri's Home PAGE(Enriさんのサイト)

http://www43.tok2.com/home/cmpslv/

http://www43.tok2.com/home/cmpslv/Pyuuta/EnrPt.htm


tanamの日記(たなむさんのサイト)

http://d.hatena.ne.jp/tanam/20160111/1452517781


try's page / 半導体コレクション展示会場(小松さんのサイト)

http://www.st.rim.or.jp/~nkomatsu/texasinstruments/TMS9900.html

http://www.st.rim.or.jp/~nkomatsu/texasinstruments/TMS9995.html


f:id:EXCEED:20170201231341p:image

f:id:EXCEED:20170201231342p:image

f:id:EXCEED:20170201231343p:image


以下広告です。

2016-01-04 XCAPTURE-MINI 1080p 録画テスト

[] 雷龍2 for X68030

f:id:EXCEED:20160104162721p:image


動画はこちらからどうぞ

ニコニコ動画(※再エンコード動画)

YouTube


マイコンソフト社製 XCAPTURE-MINI の 1080p 録画テストです。同機の仕様上、映像ソースが 1080p の場合は 30fps で記録されるため、一部の爆発アニメがおかしかったり、地形マスク用のスプライトが波打って表示されますが、ご了承ください。

また、X68030 + XSP のスプライト表示数限界の関係で、ゲームの進行上、最低限支障が無いと判断されたスプライトは表示されなくなりますので、業務用に比べて表現が一部おかしい所(例えば戦車が茂みに隠れないなど)がありますが、ご了承ください。

横画面のままでプレイしているので、相当にプレイが下手ですが、これもまたご了承ください。


以下広告です。

2016-01-03 マスコットアプリ文化祭 2015 応募作品

[] ずんだ甘いか?測ってみよう!

f:id:EXCEED:20160103221809p:image

マスコットアプリ文化祭 2015への応募作品として作ってみました。

アタゴ社製糖度計 PAL-1 BLT/A+W で測定した食品の糖度データを Windows PC で受信して、そのデータを便利に、そして、簡単に管理できるアプリケーションです。

Windows 7 用ですが、たぶん 8 や 10 でも大丈夫だと思います。

「観て触れて楽しい」を心がけて作りました。仮に糖度計をお持ちでなくとも 楽しめるようになっていますので、一度お試しくださると幸いです。


ダウンロードは こちら からどうぞ。(約38MB)


動画は下記サイトでご覧いただけます。

ニコニコ動画

YouTube


※ASOBEATさんのBGMを使用させていただいています。

http://www.asobeat.com/


f:id:EXCEED:20160103221808p:image

f:id:EXCEED:20160103221810p:image

f:id:EXCEED:20160103221812p:image

f:id:EXCEED:20160103221811p:image

f:id:EXCEED:20160103221813p:image

f:id:EXCEED:20160103221814p:image

f:id:EXCEED:20160103221807p:image


以下広告です。