EXCEEDの同人ソフト開発日記という名の備忘録









任天堂のソフトはいつも予定通りに出てこないって言われるけど、
ソフト作りっていうのは、そういうもの。
ゲームソフトは、期限までにやれと言われて、徹夜したり死に物狂いでやったからといって、
期待通りのものにはならない。そういうふうにすると、
結局、チームは妥協しなければならなくなる。
妥協させられて、できたものは、粗くなってしまう。
ユーザーは目が肥えていますから、受け付けてもらえない


山内 薄






2017-04-22 SION II 030 for X680x0

[] SION II 030 for X680x0

f:id:EXCEED:20170422173139p:image

かつての Oh!X 誌ライター陣による X68000 の名作「SION II」を X68030以降の機種(改造機)に対応させました。動作速度の均一化改造も行っていますので、エミュレータで高速動作時にも安定したプレイが可能です。ぜひお試しください。


ダウンロードは こちら からどうぞ。(約 1171KB)


f:id:EXCEED:20170422173137p:image:w220 f:id:EXCEED:20170422173135p:image:w220

f:id:EXCEED:20170422173133p:image:w220 f:id:EXCEED:20170422173131p:image:w220

f:id:EXCEED:20170422173230p:image:w220 f:id:EXCEED:20170422173231p:image:w220



参考動画YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=eAZqzQYPs58&feature


オリジナル版はこちらになります。

http://retropc.net/x68000/software/games/shooting/sion2/



以下広告です。

グレートゼビウスグレートゼビウス 2017/04/23 14:34 わあああ〜懐かしい〜SIONだ〜
ワイヤーフレーム?の凄いゲームだ〜
それにしても懐かしい記事が多いブログだな〜
そうだ〜このSION有り難く頂きまっす〜

とおりすがりとおりすがり 2017/11/24 20:51 アーカイブを覗いて思ったのですが、確か付録ディスクには本体ソース、BGMのソースもあったはず(展開した場合は別ディスクで)なので、ソースのほうで修正を入れてコンパイルしたほうがコンバートよりデータの方はちゃんと生成できるのではないかと思います。アステロイドのループ直前などは明らかに違う音が鳴っていますし、元の動作にちかづけるのにはそうしたほうがよさそうな気がします。あと、何処で入手したのか忘れてしまったのですが、XVI対応パッチも存在はしていて、何かのホットキーで無敵のON、OFFや、VSYNCを見てウェイトを入れて速度はふらつく物のXVIでも遊べるようにしたものもあったかと思います。どっちも手元には無くて(本誌だけあって、ディスクと動作環境が無い)言うだけになってしまうのですが、多分バイナリパッチよりはソース修正の方が綺麗に修正できそうな気もしますので、多分ソースはあるし、入手製も酷く低くは無いのではないか?というお話だけ伝えておこうかと思います。

EXCEEDEXCEED 2018/01/08 17:13 >とおりすがりさん
BGMソースに関してはどうしても入手できなかったため、DtoS にてソース化、一部内容修正後、Ver.2.xにてリコンパイルしています。なお当初よりアーカイブ内にソースを同梱しましたので分かると思いますが、MAGIC4ドライバ以外は、バイナリパッチによる改造手法は一切行っていません。