Hatena::ブログ(Diary)

エンジニアのソフトウェア的愛情 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-04-29

Config


Gemfile

gem 'config'

install

$ be rails g config:install
      create  config/initializers/config.rb
      create  config/settings.yml
      create  config/settings.local.yml
      create  config/settings
      create  config/settings/development.yml
      create  config/settings/production.yml
      create  config/settings/test.yml
      append  .gitignore

config/settings.yml

format: 'Hello, %s!'

config/settings/development.yml

world: 'development world'

config/settings/test.yml

world: 'test world'

config/settings/production.yml

world: 'production world'

$ bundle exec rails r 'puts Settings.format % Settings.world'
Hello, development world!
$ RAILS_ENV=development bundle exec rails r 'puts Settings.format % Settings.world'
Hello, development world!
$ RAILS_ENV=test bundle exec rails r 'puts Settings.format % Settings.world'
Hello, test world!
$ RAILS_ENV=production bundle exec rails r 'puts Settings.format % Settings.world'
Hello, production world!

2016-04-26

SettingsLogic

Gemfile に追加する。

gem 'settingslogic'

config/initializers/settings.rb ファイルを追加する。

class Settings < Settingslogic
  source Rails.root.join('config', 'settings.yml')
  namespace Rails.env
end

config/settings.yml ファイルを追加する。

defaults: &defaults
  mesozoic:
    - Triassic
    - Jurassic
    - Cretaceous

development:
  <<: *defaults

test:
  <<: *defaults

production:
  <<: *defaults

設定値を取り出す。

$ bundle exec rails runner 'p Settings.mesozoic'
["Triassic", "Jurassic", "Cretaceous"]

2016-04-24

特定のモジュールをインクルードしているクラスを抽出する

探せばもっとよい方法があるかもしれない。

module Hoge
  def hoge
    puts "I'm #{self.class}. I'm including Hoge."
  end
end

class Foo
  include Hoge
end

class Bar
  include Hoge
end

class Baz < Bar
end

ObjectSpace.each_object(Class).select {|klass| klass.included_modules.include? Hoge }.each do |class_including_hoge|
  class_including_hoge.new.hoge
end

$ ruby hoge.rb
I'm Baz. I'm including Hoge.
I'm Bar. I'm including Hoge.
I'm Foo. I'm including Hoge.

2016-04-13

read CSV file

備忘録

# CP932 から UTF-8 に変換し、先頭行をヘッダとして読み込む
CSV.foreach(csv_file_path, encoding: 'CP932:UTF-8', headers: true) do |row|
  p row
  # 行を Hash で欲しい場合
  # p row.to_hash
end

2016-03-03

もっと気軽に Prolog でフィボナッチ数列

先日、フィボナッチ数列を求める Prolog のコードを書いたわけですが。

もっとすっきりと書けることに気がつきました。

add(X, Y, Z) :-
  Z is (X + Y).

fib(N, Fib) :-
  length(Fib, N),
  append(Fib, [_], [1|Fib2]),
  append(Fib2, [_], [1|Fib3]),
  maplist(add, Fib, Fib2, Fib3).


1番目からN番目までのフィボナッチ数の数列を Fib 、2番目からN + 1番目までのフィボナッチ数の数列を Fib2 、3番目からN + 2番目までのフィボナッチ数の数列を Fib3 とすると、つまり

  • Fib = { F1, F2, F3, ..., FN - 1, FN }
  • Fib2 = { F2, F3, F4, ..., FN, FN + 1 }
  • Fib3 = { F3, F4, F5, ..., FN + 1, FN + 2 }

とすると、

  • Fib の要素の数は N に等しい
  • Fib と { FN + 1 } を連結した数列は、Fib2 の先頭に F1 ( = 1 ) を追加した数列に等しい
  • Fib2 と { FN + 2 } を連結した数列は、Fib3 の先頭に F2 ( = 1 ) を追加した数列に等しい
  • Fibi 番目の要素 FiFib2i 番目の要素 Fi + 1 を加えたものは Fib3i 番目の要素 Fi + 2 に等しい

となるので、それをそのままコードにしてみました。

ただ FN + 1FN + 2 の値は利用しないので、変数名を指定せずにワイルドカードにしています。