Edwarda O’Bara このページをアンテナに追加

2013-10-12

エドワーダの聖遺物

天使の皆さま


エドワーダの医療費介護費に関わる、多額の借金の返済に追われています。何度もお願いするのは心苦しいのですが、どうかほんの少しでもご協力いただけないでしょうか? 今まではエドワーダがいたからこそ、少し待って下さった業者さんも、今は、問答無用で支払いを待ってもらえません。私も仕事をし、出来る限りを尽くしていますが、火の車状態です。ご好意を寄せてくださる方々に心から御礼申し上げます。


Edwarda O'Bara Fund  

PO Box 693482

Miami FL, 33269

U.S.A.


さて、エドワーダの聖遺物を望まれる方に、ナイトガウンの切れ端をお分けしたいと思います。このガウンは、心ある方の手づくりで、エドワーダが羽織っていました。聖母様のご加護があることと信じています。ご希望の方は、「コメント欄」にお名前とご住所を書いて送ってください。コメントは承認性になっており、一般公開は致しませんので、ご安心下さい。


f:id:EdwardaOBara:20131011153057j:image


毎月15日の夜の8時(日本時間の16日午前9時)にご一緒にお祈りをいたしましょう。皆様のためにお祈りします。皆様も私たちにお祈りください。


神のご加護がありますように。

聖母マリア様の御指に。


コリーン・オバラ

2013-03-30

晴れたよい日でした

3月23日(土曜日)


マイアミは既に33℃の真夏日の毎日です。海からのそよ風がココナッツの葉を揺らしています。蒼い空に入道雲がぽっこり浮かび、ゆっくりと流れていきます。今年の始め、エドワーダのお墓にプレートが届きました。エドワーダの隣りは、母親のケイ、その隣りは父親のジョーです。


f:id:EdwardaOBara:20130323154411j:image f:id:EdwardaOBara:20130323154612j:image



3月24日(日曜日)


オバラ家で、エドワーダの生誕を祝うパーティーが開かれました。赤い薔薇を送ってくださったのは、NYのマニーです。まるで聖母マリア様のベールのようなまっ青の蘭の花も届きました。


f:id:EdwardaOBara:20130324121826j:image f:id:EdwardaOBara:20130324151904j:image


マイアミに住むガビさんと、フェルナンドさん。ポーチに、聖母マリア様がメキシコで起こした奇跡について描いた絵が飾ってあるんですが、ガビさんが、その歌を歌って下さいました。聖母様を偲ぶ素敵な歌でした。


f:id:EdwardaOBara:20130324123808j:image f:id:EdwardaOBara:20130324152520j:image


お祝いのケーキです。そして、お部屋に飾ってある天使のお人形たち。


f:id:EdwardaOBara:20130324121845j:image f:id:EdwardaOBara:20130324130701j:image


エドワーダのいた部屋は、今ではコリーンの寝室になりました。エドワーダが見ていた同じ景色を、コリーンが見ています。


f:id:EdwardaOBara:20130324130814j:image



いつのまにか住み着いた猫がたくさんいます。この子はグッチー。コリーンの孫のジョイ君が可愛がっている猫です。


f:id:EdwardaOBara:20130324134808j:image


エドワーダが召されて4か月です。もうそんなに時が経ってしまったのかと思うくらい、居なくなってしまったことが不思議な感覚です。勿論、エドワーダのスピリットは、いつもオバラ家に帰ってきていますし、私たちが心で思う時、エドワーダは誰の傍へも飛んで行ってくれます。エドワーダは真の天使なんですね。


どうか、苦しい時、悲しい時、エドワーダを呼んでみてください。嬉しい時、楽しい時は勿論、いつでもエドワーダは一緒にいてくれます。


まだ介護の借金が返済しきれず、エドワーダ・ファンドをそのまま続けています。どうか皆様のご協力をよろしくお願い致します。

2013-03-20

エドワーダ生誕祝い

天使のみなさん

エドワーダの誕生日は、3月27日でした。今年で60歳になるはずだったエドワーダの生誕を祝い、来る24日(日曜日)に、自宅でいつものようにパーティーを開く予定です。エドワーダが、私たちに残していってくれた多くの事柄に感謝し、感謝をして祈るよい機会だと思うのです。エドワーダが昏睡でありながらも生きていてくれた42年間に、沢山の友情を築くことができました。エドワーダの魂は、今でも私たちと一緒にここにいます。そして、友だちの輪を更に広げてくれています。


姉エドワーダから、とても多くの事を学びました。「忍耐と理解」。この両方とも私に欠けていました。


3月7日は母ケイの命日でした。2人を偲んで懐かしく思い起こしています。さびしくなってしまった時、ぎゅーっと抱きしめてもらうフィーリングを思い出します。ふたりはいつでも私の傍にいてくれました。思い起こすと笑みがこぼれます。そう、私に笑顔をくれたのは姉でした。


私たちは今も、エドワーダの介護に掛かった費用を払い続けています。エドワーダ・オバラ・ファンドは、ずっとそのままにしています。ご好意をお寄せくださる皆さまに心より感謝申し上げます。


毎月15日の夜の8時(日本時間の16日午前9時)にご一緒にお祈りをいたしましょう。皆様のためにお祈りします。皆様も私たちを思っていただければ幸いです。


神のご加護がありますように。

聖母マリア様の御指に。


コリーン・オバラ


f:id:EdwardaOBara:20130321054020j:image

家族写真より。ジョー(父)、ケイ(母)、エドワーダ(姉)、コリーン

2012-12-23

Keep in touch!

天使のみなさん


長年に渡り、エドワーダをご支援くださった皆さまに心より感謝申し上げます。皆さまひとりひとりに御礼を申し上げたいと思います。皆さまにお会いでき、皆さまのお陰でこれまでこれました事は、私の人生においてとても幸運だったと思います。


エドワーダは今、天国で父と母と共におります。天使たちが隣りにいて安らかに眠っていることでしょう。ただ、私はとてもさびしい思いでいっぱいです。


天国へ行くその少し前に、エドワーダが私に見せてくれた大きなスマイルと目の輝きを思い出しては、自分を慰めています。その想い出が私に毎日を生きる希望を与えてくれます。姉が教えてくれたこと、それは無償の愛と辛抱強さでした。


姉がいなかったら、私は無償の愛とはいったい何なのか生涯わからなかったでしょう。姉が教えてくれたのです。


エドワーダは、私たちに悲しんでもらいたくなんてないと思うんです。むしろ、今、「家」に帰ったことを喜んでもらいたいと思うんです。どうかこのことを覚えておいてください。そして、これからもずっと連絡を取り合いましょう。


エドワーダオバラ基金はそのままにしてあります。長年の介護費用の返済救助のためにどうかご協力をお願いします。


また、毎月15日の米国東部時間の夜8時(日本時間の16日朝10時)にお祈りを捧げています。皆さまのためにこれからもずっと祈り続けます。皆さまもどうぞ、私たちへお気持ちをお寄せください。


神のご加護がありますように。

聖母マリア様の御指に。

コリーン・オバラ


f:id:EdwardaOBara:20121223130328j:image

2012-12-02

聖母マリア様と11月21日

天使のみなさん


エドワーダが天国に召された11月21日は、聖母マリア様が神に奉献した日でした。これは、神に一生身を捧げるということを意味しています。


またローマ教皇パウロ6世が、聖母の御心に人類を委ね、聖母が教会の母であることを宣言した記念すべき日でもあります。


エドワーダは、まさにこの日を選んで神の元へと旅立ったのでしょう。


聖母マリア様のご慈愛がみなさまに降り注ぎますように。

皆様のために祈ります。

愛をこめて。


コリーン・オバラ


f:id:EdwardaOBara:20100328154653j:image

オバラ家前庭に佇むマリア像