Eiji James Yoshidaの記録 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-11-06

[][] 家族と国立新美術館の「ダリ展」に行ってきた

先日「クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス−さざめく亡霊たち」に行ったばかりだけど、今日は家族と国立新美術館の「ダリ展」に行ってきた。

かみさんと私はダリの作品は過去に何回も観てるんだけど、子供は観たことが無いことをすっかり忘れてた。

f:id:EijiYoshida:20161106174317j:image

場所は乃木坂駅と繋がっている国立新美術館で、行って驚いたのは人の多さ。この日は入場まで20分待ちでした。

ダリの作品展って過去に何回もやってるから人も少ないだろうと思ってたんだけど、全くの予想外。凄い人気だよ。

当然ながら会場内は撮影禁止なので写真は無いんだけど、ポスターにもなっている「奇妙なものたち」や「ポルト・リガトの聖母」が観れて嬉しかったよ。

あと「アンダルシアの犬」や「Destino」が上映されていて、どちらも観たことが無い人は必見かな。

アンダルシアの犬【淀川長治解説映像付き】 [DVD]

アンダルシアの犬【淀川長治解説映像付き】 [DVD]

アンダルシアの犬」は高校生の時に録画して何回も観たからスルーしたけど、「Destino」は存在自体全く知らなかった。

「Destino」はダリがディズニーとのコラボで作成していた作品で未完だったらしいんだけど、後に「ファンタジア2000」の製作者が完成させたそうです。

ディズニーアニメーション技術でダリの絵の雰囲気を壊すことなく動かしていて、本当に素晴らしい作品だと思う。

これは欲しいなぁ〜と思って探したんだけど、「Destino」だけの販売って見つからないね。「ファンタジア ダイヤモンド・コレクション&ファンタジア2000 ブルーレイ・セット [Blu-ray]」にボーナス・コンテンツとして入っていることはわかった。

あと気付かずに帰る人もいそうだけど、最後にあるグッズ売り場の端っこに「メイ・ウェストの部屋」があって、そこでは写真が撮れます。

f:id:EijiYoshida:20161106171419j:image

がっつり私が入り込んでますが、そこは気にせず。もっと上手く撮った写真もあるんだけど、そっちは家族が写ってるので非公開。

ちなみに、この部屋を横から撮るとこんな感じ。

f:id:EijiYoshida:20161106165929j:image

なんていうか、タイムボカングロッキーみたいな感じ。

あとは欲を言うと、「燃えるキリン」や動く「王家の心臓」も観たかったな。

とはいっても十分すぎるくらいの作品数なので、まだダリの作品を観たことの無い人はお勧めですよ〜

2016-11-03

[][] 家族と「クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス−さざめく亡霊たち」を観に行ってきた

久しぶりに美術展でも観に行こうという話になったので、家族と東京都庭園美術館でやってる「クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス−さざめく亡霊たち」を観に行ってきた。

f:id:EijiYoshida:20161103154048j:image

チケット買うときに「ボルタレン3枚」って言いそうになった。

f:id:EijiYoshida:20161103153939j:image

ボルタンスキーの作品を観ると言いつつ、じつは旧朝香宮邸も観たかったので嬉しい。Minecraftで作りたくなるようなデザインでカッコイイ!

f:id:EijiYoshida:20161103154104j:image

f:id:EijiYoshida:20161103154137j:image

なにが凄いって玄関にはRené Laliqueの大きなガラスレリーフだよ。素晴らしい!

もちろん旧朝香宮邸は内装も素晴らしいんだけど、撮影禁止なので写真は無し。

邸内を歩いてるとボルタンスキーを作品を観に来たのか旧朝香宮邸を観に来たのかわからなくなるけど、お互いを邪魔しないように上手く展示されてると思う。

「アニミタス」は藁が敷き詰められた大きな部屋にスクリーンがあって、そこに沢山の風鈴が飾られた海辺が映し出されてるんだけど、香り・音・映像で楽しめるし落ち着くね。この部屋で数時間はボーっとしてられると思う。スクリーンの反対側は森の映像が映し出されていて、同じ空間に海岸と森が共存してて面白い。

「影の劇場」は首を吊った人のようなものがポツンと影絵で映し出されてる作品で、寂しいというか無というか、これ自宅で家族が展示してたら心配になるね・・・・

「心臓音のアーカイブ」は真っ暗な部屋に赤い電球がゆっくり点滅してて、さらに心臓音が重低音で響いてる作品。赤い電球が点滅してるからEmergencyな感じで緊張感があるし、心臓音のリズムがズレるとこっちが不整脈になりそう。部屋が生きてるように感じるし、心室に居るような気分にもなる。

他にも展示されてるけど、印象に残ってるのはこの3作品かな〜

あとは帰りにカフェによってオレンジショコラカフェラテを注文。

f:id:EijiYoshida:20161103164414j:image

景色を観ようとテラス席にしたんだけど、もう外は寒いので室内にすればよかったと若干後悔。

でも、オレンジショコラは美味しかったです。

f:id:EijiYoshida:20161103170942j:image

暗くなって照明が点いた旧朝香宮邸。夜の姿もカッコイイなぁ〜

本当は庭園も観たかったんだけど、さすがに暗くて何も観えないので今回は諦めて帰宅。

今度は庭園を観に早起きして来るかな。

2016-10-27

[][] 8Kx3Dx22.2ch立体音響の8K:VRシアターで「Aoi −碧− サカナクション」を観てきた

DIGITAL CONTENT EXPO 2016に出展されている8Kx3Dx22.2ch立体音響の8K:VRシアターで「Aoi −碧− サカナクション」を観てきた。

f:id:EijiYoshida:20161027121442j:image

sakanaction (通常盤)

sakanaction (通常盤)

この「8Kx3Dx22.2ch立体音響」っていうモンスタースペックでサカナクションの演奏が5分程度観れるというので、頑張って片道1時間もかけて行ってきたよ。

感想の前にちょっと言いたいのは、DIGITAL CONTENT EXPO 2016の8K:VRシアターの技術内容を読むと「等身大のサカナクションが目の前に現れて、白熱のライブ演奏を繰り広げます」ってのが誤解を招くような表現な気がする。

「等身大のサカナクションが目の前に現れて、白熱のライブ演奏を繰り広げます」って書いてあるから、実際の身長で映し出されたメンバーが演奏するのかと思ってたら違った。いざ始まってステージの空中に高精細な山口一郎が映し出された時の第一印象は「スゲェー!超リアルだけど小せぇ!」かな。あれ実際の身長じゃないよね?なんていうか、大人の傘くらいの身長。手のひらに乗せられるコンパクト・サイズ。

私の勝手な想像では、Michael Jacksonが亡くなった後に2014 Billboard Music Awardsで行われた"Slave To The Rhythm"(www.youtube.com)のパフォーマンスみたいな映像が観れるのかと思ってたから、なんか違うって感じだった。

とまぁ気になったことを書いたが、感想としてはそれでも十分凄かった。8Kx3Dで映すと本当にそこにあるように見えるね。8K:VRで世界遺産とか秘境とか仮想的に歩いてみたいと思ったよ。

あと昨年末に行ってきたサカナクションの実際のライブと比べれば、やはり実際のライブのほうが迫力があるけど、Depeche Modeみたいな滅多に日本に来ないアーティストのライブは、このシステムで海外でのライブを収録して日本で観れると嬉しいなぁ〜

2016-10-19

[][][] デヴィッド・ボウイ大回顧展「DAVID BOWIE is」のチケットが取れた!

開催されたら絶対に行きたいと思っていたデヴィッド・ボウイ大回顧展「DAVID BOWIE is」のチケットが取れた!

screenshot

本当はDavid Bowieを観たかったけど残念ながらそれはもう叶わないので、せめてDavid Bowieが着ていた衣装だけでもと思っていたのでスゲェー嬉しい!!!

はやく1月にならないかなぁ〜

2016-10-18

[][] Software Design 2016年11月号の「Jamesのセキュリティレッスン」は「SSL/TLSの暗号化通信を復号してみよう!」です。

今月号の「Jamesのセキュリティレッスン」は「SSL/TLSの暗号化通信を復号してみよう!」ということで、SSL/TLSで暗号化された通信サーバー秘密鍵や(Pre)-Master-Secretを使ってWiresharkで復号してみようという内容です。

それと「おわりに」に書いた「ネットワークパケット解析コース」は開催することが決まり、現在受講者を募集中です!

興味ある方はぜひ読んでみてください〜