Eiji James Yoshidaの記録 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2011-01-27

[][] VMware ESXi 4.1のゲストOSとリモート・コンソール間のコピー・アンド・ペースト操作をデフォルトで有効にする方法

VMware ESXi 4.1のゲストOSとリモート・コンソール間のコピー・アンド・ペースト操作の有効化」にも書いたように、ESXiではクリップボードにコピーされた機密データの漏えいを防ぐためコピー・アンド・ペーストの操作がデフォルトで無効にされている。

私のように閉じた環境でしか使わないからコピー・アンド・ペースト操作を有効にしたい人は、各仮想マシンの設定を編集して有効にする方法を紹介したが、仮想マシンが多いと編集作業が面倒なのでデフォルトを有効にしたいと思ったのは私だけじゃないはず。

ということで調べたところ解決策を発見!!!

To enable this option for all the virtual machines in the ESX/ESXi host:

  1. Log in to the ESX/ESXi host as a root user and open the /etc/vmware/config file using a text editor.
  2. Add these entries to the file:
    • isolation.tools.copy.disable="FALSE"
    • isolation.tools.paste.disable="FALSE"
  3. Save and close the file. The Copy and Paste options are only enabled when the virtual machines restart or resume the next time.
Clipboard Copy and Paste option is disabled in vSphere Client 4.1

さっそくESXiにSSHログインして、viで/etc/vmware/configに各エントリを追加。あとは仮想マシン再起動すると、その後は各仮想マシンにisolation.tools.copy.disableを設定しなくてもデフォルトでコピー・アンド・ペースト操作が有効になる。

ちなみにESXiにSSHログインする方法は下記の通り。

To enable local or remote TSM from the vSphere Client:

  1. Select the host and click the Configuration tab.
  2. Click Security profile > Properties.
  3. Click Local Tech Support or Remote Tech Support (SSH) and click Options.(SSHを使うので"Local Tech Support"ではなく"Remote Tech Support (SSH)"をクリック)
  4. Choose the desired startup policy and click Start, then click OK.
  5. Verify that the daemon selected in step 3 shows as running in the Services Properties window.
Using Tech Support Mode in ESXi 4.1

うーん、便利だ♪

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/EijiYoshida/20110127/1296133467
リンク元