Hatena::ブログ(Diary)

翻訳家 山岡朋子ファンクラブ初代会長の日記 RSSフィード

【09Dic10 00:45 更新】
※ NZ炭鉱爆発事故関連リンク;
  ☆Stuff.co.nz / Pike River: Full coverage (複数メディアをカバー)  ☆Greymouth Star/ Pike River Disaster(地元メディア)  ☆Pike River 社 Home



※ ケーブルゲート 関連リンク;
  ☆Wikileaks 総合目次  ☆Wikileaks Secret US Embassy Cables  ☆Wikileaks Facebook  ☆WikiLeaks - Wikipedia  ☆SaveWikileaks.net  ☆Leaks  ☆United States diplomatic cables leak - Wikipedia  ☆guardian.co.uk 特集TOP (英語)  ☆EL PAÍS.com 特集TOP (西語)  ☆LeMonde.fr 特集TOP (仏語)  ☆SPIEGEL ONLINE 特集TOP (英語)



『翻訳』 とは、異なる言語間で文章を置き換えて表す技術です。 『ルス、闇を照らす者』 と云う翻訳書の背景およびそれに込められた普遍性のあるメッセージの考察をコアに、 「翻訳」 された米州を中心とする国際情勢に関する記事や話題、フラメンコ・一部フォルクローレ・ハンパな理系の話題など私の趣味の世界も紹介します。


カテゴリー


2009-08-31

政権交代に当たって: 鳩山論文の紹介

アメリカが新政権を警戒することとなった、従いそれが実行された場合アメリカから有形・無形の恫喝が予想される元となった 『鳩山論文』 を紹介します。


http://www.asahi.com/politics/update/0829/TKY200908280447.html

米紙に寄稿の「鳩山論文」相次ぎ批判 米国内の専門家ら

2009年8月29日3時8分  朝日新聞  より抜粋


 元米政府関係者は「オバマ政権は、(鳩山氏の)論文にある反グローバリゼーション、反アメリカ主義を相手にしないだろう。それだけでなく、この論文は、米政府内の日本担当者が『日本を対アジア政策の中心に据える』といい続けるのを難しくするし、G7の首脳も誰一人として、彼の極端な論理に同意しないだろう。首相になったら、評論家のような考え方は変えるべきだ」と批判した。

 別の元米政府関係者も「グローバリゼーションについての米国への批判は一方的に過ぎるし、日米同盟の重要性に触れたくだりも、非常に少ない。鳩山氏はもっと日米関係に理解のある人だと思っていたが、変わったのだろうか」と話す。


この記事で引用されている上記発言は 「元米政府関係者」 のものですから無視しても構わない、と云う観方もありますが、いずれも論理的ではなく傲慢で感情的 (アメリカに盾突くつもりか) なコメントであり、良くも悪くも従前のアメリカ政府のスタンスをよく表しているのかも知れません。以下、鳩山論文;


http://www.nytimes.com/2009/08/27/opinion/27iht-edhatoyama.html?_r=1&pagewanted=print

August 27, 2009 The New York Times Topics

鳩山さんの論文のみ以下全文紹介します;


A New Path for Japan By YUKIO HATOYAMA


In the post-Cold War period, Japan has been continually buffeted by the winds of market fundamentalism in a U.S.-led movement that is more usually called globalization. In the fundamentalist pursuit of capitalism people are treated not as an end but as a means. Consequently, human dignity is lost.


How can we put an end to unrestrained market fundamentalism and financial capitalism, that are void of morals or moderation, in order to protect the finances and livelihoods of our citizens? That is the issue we are now facing.


In these times, we must return to the idea of fraternity — as in the French slogan “liberté, égalité, fraternité” — as a force for moderating the danger inherent within freedom.


Fraternity as I mean it can be described as a principle that aims to adjust to the excesses of the current globalized brand of capitalism and accommodate the local economic practices that have been fostered through our traditions.


The recent economic crisis resulted from a way of thinking based on the idea that American-style free-market economics represents a universal and ideal economic order, and that all countries should modify the traditions and regulations governing their economies in line with global (or rather American) standards.


In Japan, opinion was divided on how far the trend toward globalization should go. Some advocated the active embrace of globalism and leaving everything up to the dictates of the market. Others favored a more reticent approach, believing that efforts should be made to expand the social safety net and protect our traditional economic activities. Since the administration of Prime Minister Junichiro Koizumi (2001-2006), the Liberal Democratic Party has stressed the former, while we in the Democratic Party of Japan have tended toward the latter position.


The economic order in any country is built up over long years and reflects the influence of traditions, habits and national lifestyles. But globalism has progressed without any regard for non-economic values, or for environmental issues or problems of resource restriction.


If we look back on the changes in Japanese society since the end of the Cold War, I believe it is no exaggeration to say that the global economy has damaged traditional economic activities and destroyed local communities.


In terms of market theory, people are simply personnel expenses. But in the real world people support the fabric of the local community and are the physical embodiment of its lifestyle, traditions and culture. An individual gains respect as a person by acquiring a job and a role within the local community and being able to maintain his family’s livelihood.


Under the principle of fraternity, we would not implement policies that leave areas relating to human lives and safety — such as agriculture, the environment and medicine — to the mercy of globalism.


Our responsibility as politicians is to refocus our attention on those non-economic values that have been thrown aside by the march of globalism. We must work on policies that regenerate the ties that bring people together, that take greater account of nature and the environment, that rebuild welfare and medical systems, that provide better education and child-rearing support, and that address wealth disparities.


Another national goal that emerges from the concept of fraternity is the creation of an East Asian community. Of course, the Japan-U.S. security pact will continue to be the cornerstone of Japanese diplomatic policy.


But at the same time, we must not forget our identity as a nation located in Asia. I believe that the East Asian region, which is showing increasing vitality, must be recognized as Japan’s basic sphere of being. So we must continue to build frameworks for stable economic cooperation and security across the region.


The financial crisis has suggested to many that the era of U.S. unilateralism may come to an end. It has also raised doubts about the permanence of the dollar as the key global currency.


I also feel that as a result of the failure of the Iraq war and the financial crisis, the era of U.S.-led globalism is coming to an end and that we are moving toward an era of multipolarity. But at present no one country is ready to replace the United States as the dominant country. Nor is there a currency ready to replace the dollar as the world’s key currency. Although the influence of the U.S. is declining, it will remain the world’s leading military and economic power for the next two to three decades.


Current developments show clearly that China will become one of the world’s leading economic nations while also continuing to expand its military power. The size of China’s economy will surpass that of Japan in the not-too-distant future.


How should Japan maintain its political and economic independence and protect its national interest when caught between the United States, which is fighting to retain its position as the world’s dominant power, and China, which is seeking ways to become dominant?


This is a question of concern not only to Japan but also to the small and medium-sized nations in Asia. They want the military power of the U.S. to function effectively for the stability of the region but want to restrain U.S. political and economic excesses. They also want to reduce the military threat posed by our neighbor China while ensuring that China’s expanding economy develops in an orderly fashion. These are major factors accelerating regional integration.


Today, as the supranational political and economic philosophies of Marxism and globalism have, for better or for worse, stagnated, nationalism is once again starting to have a major influence in various countries.


As we seek to build new structures for international cooperation, we must overcome excessive nationalism and go down a path toward rule-based economic cooperation and security.


Unlike Europe, the countries of this region differ in size, development stage and political system, so economic integration cannot be achieved over the short term. However, we should nonetheless aspire to move toward regional currency integration as a natural extension of the rapid economic growth begun by Japan, followed by South Korea, Taiwan and Hong Kong, and then achieved by the Association of Southeast Asian Nations (ASEAN) and China. We must spare no effort to build the permanent security frameworks essential to underpinning currency integration.


Establishing a common Asian currency will likely take more than 10 years. For such a single currency to bring about political integration will surely take longer still.


ASEAN, Japan, China (including Hong Kong), South Korea and Taiwan now account for one quarter of the world’s gross domestic product. The economic power of the East Asian region and the interdependent relationships within the region have grown wider and deeper. So the structures required for the formation of a regional economic bloc are already in place.


On the other hand, due to historical and cultural conflicts as well as conflicting national security interests, we must recognize that there are numerous difficult political issues. The problems of increased militarization and territorial disputes cannot be resolved by bilateral negotiations between, for example, Japan and South Korea, or Japan and China. The more these problems are discussed bilaterally, the greater the risk that emotions become inflamed and nationalism intensified.


Therefore, I would suggest, somewhat paradoxically, that the issues that stand in the way of regional integration can only be truly resolved by moving toward greater integration. The experience of the E.U. shows us how regional integration can defuse territorial disputes.


I believe that regional integration and collective security is the path we should follow toward realizing the principles of pacifism and multilateral cooperation advocated by the Japanese Constitution. It is also the appropriate path for protecting Japan’s political and economic independence and pursuing our interests in our position between the United States and China.


Let me conclude by quoting the words of Count Coudenhove-Kalergi *1, founder of the first popular movement for a united Europe, written 85 years ago in “Pan-Europa” (my grandfather, Ichiro Hatoyama, translated his book, “The Totalitarian State Against Man,” into Japanese *2 ): “All great historical ideas started as a utopian dream and ended with reality. Whether a particular idea remains as a utopian dream or becomes a reality depends on the number of people who believe in the ideal and their ability to act upon it.”


この論文に対する評価は、グローバリゼーションやらアメリカの信奉する自由・市場経済の掛け声と実態の乖離を認識しているかいないかで180度異なって来る筈です。アメリカの政策に疑問を呈すること、あるいは否定することイコール社会主義とかポピュリズムとかアカ、と断定する知ったかぶり・短絡的なアメリカ式の考え方 --- 子ブッシュの様に、アメリカに付かないないものは全て敵と看做す、的な、白でなければ黒と云った二元論 --- も日本には多い筈ですから。


政権を担う鳩山さんは、今度は論文としてではなくそれを政策の形で実現させなければなりませんから、手腕が試されますね。今日の記者会見など見る限り浮かれた様子はなくむしろ真っ青でしたから、重圧を感じている筈。経済も良くないからまあ当面は穏便に今まで通りで、なんてことをやると、隷属に関しては一日の長のある旧政権に即取って代わられます。政治家である以上ある程度の人気取りは必要なのでしょうが、それだけでは国は成り立ちませんので。アメリカとの関係をはっきりさせない限り、この先の外交・経済政策の立案なんて無意味と云えますから正念場。極論を言うなら、刺し違える覚悟さえ出来ていれば怖くは無い筈です。


この論文に対するアメリカ以外、特に中南米の論評があれば、おいおい紹介して行きます。

.

*1リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー、なお彼の父親は ハインリヒ・クーデンホーフ=カレルギー、日本の女性と結婚なさったのですね。

*2:自由と人生 (1953年) [古書] 、クーデンホフ・カレルギ (著), 鳩山 一郎 (翻訳)、 初出は 出版社: 乾元社 (1953)、ASIN: B000JBBE7I、発売日: 1953

大きな図書館でもなければ置いてませんかね。

2009-08-30

中村哲さん著 『アフガニスタンで考える − 国際貢献と憲法9条』 のこと、 ついでにオバマ新政権の軍事政策 Watch: その16

本年8月26日付け、アフガニスタンで亡くなられた伊藤和也さんの1周忌追悼の際紹介しました以下書籍を読んで感じたところを;


カラー版 アフガニスタンで考える―国際貢献と憲法九条 (岩波ブックレット) (単行本)

f:id:El_Payo_J:20090830193053j:image  中村 哲 (著)

出版社: 岩波書店 (2006/04) 発売日: 2006/04

ISBN-10: 4000093738 ISBN-13: 978-4000093736


まず、このブックレット (A5サイズ、写真ページも含めて54ページですから、ざっと読むだけなら1時間かかりません) は3年前に出版されたものですが、今日現在でも内容は陳腐化していないどころか、ますますその価値は増しています。アタマの干からびたセンセイや研究者が象牙の塔 (このコトバはもう死語かな?) に籠って書いたものでも、エセ文化人達の無意味なマスターベーションでもなく、中村さんが正に命がけで命を救おうと無我夢中で過ごされた21年間 (執筆当時) の中で身をもって学ばれたことが書いてあります。正に千金の値打ちがある。


本の構成は;

  • はじめに
  • アフガニスタンとは
  • ペシャワール改の活動
  • 大干ばつと国際支援
  • 現在のアフガン、これからのアフガン
  • 資料 (年表、ペシャワール会および活動の紹介)

やれ国際貢献だ憲法だと云うと、大半は重箱の隅をつつく様な屁理屈や美辞麗句・絵空事が並んだものばかりですが、中村さんのはどのページを読んでも、現実に基づくだけあってシンプルで文に力があります。歴史を理解することの重要性、現地を理解しようとしないことによる先進国の外国人 (一応日本も含みます) の犯す勘違い、国際援助の実態、先進国が与えたと勘違いしている「自由」の実態、情報操作、現地からの訴えが届かないもどかしさなど、現実が並んでいます。アタマではわかっているつもりでも、実際にやってみてはじめてわかることがある。「現地のひとによる、現地の人のための」 とは一体どんなことなのか? とかね。この小冊子を読むメリットは、わかったつもりになることではなく、中村さんの経験やそれに基づく考え方を少しでも共有すること、そして自分の行動の参考にすることだと思います。


また特筆すべきなのは、中村さんの経験はアフガニスタンに特化されていますが、これだけ長く・深く関わられたためでしょうが内容に普遍性があると云うこと。質・量ともに比較にはなりませんが、私が南米で無我夢中で暮らした時に漠然と感じたことが明確に文章になっているのに驚きましたね。(私の能力の問題かも)


で、この小冊子を読んだ目的は、先日記した様に 『--- 平和精神を活かすのであれば、日本に出来る真の意味での国際貢献を考えるに当たって、ひょっとすると中村哲さん・ペシャワール会の行っている事業が一つの基準になるのではないか、と推測・期待』 したことです。結論は、期待通りでした。最後の章 「アフガニスタンの未来、日本の未来」 (冊子50・51ページ) から以下引用します。これだけ読んだのではネタばらしにはならないとおもいますので;


−−− しかし、経済の活性化が、人殺しをしてまで豊かさを守ろうとすることならば、少なくとも私は豊かになりたいとは思いません。


 このアフガニスタンでの活動を通して私たちは、 「国際貢献」 というのは、単に人を助けるということではないのだ、ということを実感しました。 「情けは人の為ならず」 と言いますが、私たち自身が、そこから学ぶべきことのほうが多いのです。


 このアフガニスタンでの事業をおこなうことによって、少なくとも私は、世界中を席巻している迷信から自由でいられるのです。世界中の人がとらわれている、その迷信とは何でしょうか。


 それは、一つには、お金さえあれば幸せになれる、経済さえ豊かであれば幸せになれる、というものです。先ほど述べたように、貧しいアフガニスタンの人びとの顔は、けっして暗くはありません。


 そして、もう一つは、武力があれば、軍事力があれば、自分の身を守れる、という迷信です。武力が安全をもたらすものかどうか。丸腰でおこなう用水路建設での私たちの経験が教えてくれます。このような、実体験によって、私たちは、幸いにも、この強力な迷信から自由です。 *1


 そして、その迷信から自由であることによって、人間が追い込まれ、極限状態になったときに、これだけは必要だというものはいったい何なのか、逆に、これはなくていい、というものは何なのか、そういうことを考えることができます。アフガニスタンの活動で、その答えのヒントをもらったような気がしています。このことを考えることは、今の日本にとっても、必要なことなのではないでしょうか。


この小冊子はまだ何度も繰り返し読んでみるつもり。


で、以下アフガニスタンの最新状況Watch;




  • http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090830-00000004-cnn-int

    カルザイ氏とアブドラ氏の得票差拡大 アフガン大統領選

    8月30日15時24分配信 CNN.co.jp より抜粋


    カブール(CNN) アフガニスタンの選挙管理委員会が29日発表した大統領選の中間集計結果は、再選を狙うカルザイ大統領の得票率が46%、後を追うアブドラ元外相が31%と、両候補の差が一層拡大している。 (中略)


    こうしたなか不服審査委員会(ECC)は今週、投票日からこれまでに受け付けた選挙不正の申し立てが1740件に達したことを明らかにした。このうち270件は重大な不正の疑いがあるという。

8月10日付け 『オバマ新政権の軍事政策 Watch: その14 アフガン戦闘激化 〜 イラクの二の舞』 で紹介した通りにコトが展開しています。即ち 【「決選投票に持ち込めば米国の支持が得られる」(アブドラ陣営)とカルザイ氏へのネガティブキャンペーンを強める戦術だ。】 で、アメリカから決選投票を露骨に勧められたカルザイ氏が激怒するのは無理もない。また、 『不正と暴力に悩まされたアフガン大統領選』 のうち少なくとも不正に関しては、アメリカの都合のよい様にアメリカによって直接・間接的に仕組まれたものと考えてもそう間違いではなさそう。


一体アメリカのやっていることに何の意義があるのか、疑問は強まるばかり。本日の選挙で日本の政権が交替 (いや、後退かな?) したとしてもこの国の隷属は続きそうですから、中村さんは当面孤軍奮闘せざるを得ないのでしょう。我々有権者のレベルも低過ぎるのは事実。有権者のレベル以上の政府はあり得ませんから。やはり現憲法と云うより平和精神は、現在の日本にとっては立派過ぎますね。ナントカの持ち腐れ、xxに真珠。押し付けられたものなんて、所詮こんなものかも知れません。 (こうなることを見越して押し付けることが出来るほどの切れ者の作文では無かったでしょうから)


ところで以前にも似たような記事を紹介しましたが、また以下記事が掲載されました。堂々と主張出来るのだろうか? それとも相変わらず媚を売るつもり?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090830-00000066-san-int

鳩山論文「米に敵対的」 米専門家から異議と失望

8月30日7時56分配信 産経新聞  より抜粋


−−− 論文についてアジア専門の元政府高官は「米国に対し非常に敵対的であり、警戒すべき見方だ」とみる。米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)のニコラス・セーチェーニ日本部副部長は「第一印象は非常に重要で、論文は民主党政権に関心をもつ米国人を困惑させるだけだ」と批判。「(論文を読んだ)人々は、日本は世界経済が抱える問題の解決に積極的な役割を果たすつもりはない、と思うだろう。失望させられる」としている。

.

*1:この後、伊藤和也さんが犯罪の犠牲となられたのは残念ですが、それでもこのスタンスは変えるべきではないと私は思います。武器を持っていても避けられなかったでしょうから。

2009-08-29

たばこの害: だけど酒の与える害の方が大きくありませんか? 健康を問題にするならヤンキー肥満だって大問題だぞ。

極力マナーを守る *1 愛煙家として、たばこバッシングのことを取り上げます。喫煙も飲酒も無関係の方々にとっては目糞鼻糞を笑う、の世界ですが。


なおこのブログで取り上げる理由は、喫煙 の起源は紀元前1000年頃のマヤ文明とされ、古くからアメリカ先住民の間に喫煙の習慣が広まっていたのが大航海時代の到来と共にヨーロッパ経由世界に伝播した、と云う経緯のため。


最近こんな記事を目にしました;

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090826-00000908-reu-int

喫煙による疾患の死亡者、年間600万人に=報告書

8月26日17時10分配信 ロイター


米がん学会などがまとめた報告書によると、医療費や生産力の低下、環境への害などを合わせると、喫煙による経済損失は1年間で推計5000億ドル(約47兆円)に上る。


カネに糸目を付けない医療水準は高いらしいが、国民にまともな医療サービスを提供出来ず、確か平均寿命も他先進国に比して短い 「アメリカ」 と云う医療二流国 *2 の、カネでどうにでもなる医者や研究者の作成したレポートなど私はアタマっから信用していませんが、それを有難がる輩?が日本にも沢山いますね。2009 EDITION OF THE TOBACCO ATLAS CATALOGUES CATASTROPHIC TOLL OF TOBACCO WORLDWIDE ページ右上隅をクリックして必要事項記入のうえ申込可の様です。


喫煙による経済損失などと云う極めて主観的な数字も信用出来ないのですが、百万歩譲ってその数字が事実であるとするならば、酒 (アルコール)ヤンキー肥満 (文字通りアメリカサイズのケタはずれの肥満。とにかく食い過ぎ・クルマに頼り過ぎ。ジャンクフードに代表される「アメリカ」と云うシステムの猿真似に侵された日本にも増えつつある様ですが) や野放しの銃による損失はその何倍かになると思われます。


アメリカ人がアメリカ国内で何で死のうと知ったことではありませんので、日本の場合に置き換えて、従って野放しの銃は除いて考察しますと;


酒(アルコール); 自身の健康に与える被害、依存症。結果として酒酔い運転での殺傷行為。特に日本は酔っ払い天国、酒のうえでのことは今でも大目に見られるが、タチの悪い酔っ払いは? たばこで身を持ち崩したなんてあまり聞いたことがないが、酒は本当に悲惨な結果をもたらします。酒の絡む事件・事故のニュースなんて、毎日溢れているではないか。たばこ絡みだと、そうですね、寝たばこに代表される火の不始末やら子供が飲み込むことによる被害ですかね、酒絡みほど頻繁ではない。何故酒の害にもっと焦点当てないのか? 以下、【】内は私のコメント;


  • http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090827-00000102-mai-soci
    <殺人未遂容疑>野良猫に餌、口論で刺殺…70歳男を逮捕
    8月27日21時19分配信 毎日新聞

    自室で酒を飲んでいた林容疑者が見かけ、包丁を持ち出して岡戸さんの腹を2回刺したらしい。
  • <福岡・警官飲酒ひき逃げ>容疑の警官、直前に居酒屋で飲酒 冷酒やビール
    8月27日20時15分配信 毎日新聞
    【話題になってますよね】
  • 3等空佐、車にひかれ死亡=飲酒後、道路に横たわる−埼玉
    8月27日11時9分配信 時事通信
  • <急性アルコール中毒>男子大学生が死亡、合宿で飲酒 長野
    8月26日11時39分配信 毎日新聞
  • 3児死亡事故 飲酒運転「したらいかん」 福岡で丸3年
    8月25日13時4分配信 毎日新聞

    【といいながら警察官がやってるのだから、一体この国はどうなってるのか?】
  • <寛仁さま>宮内庁病院を退院 アルコール依存症で
    8月25日10時44分配信 毎日新聞
  • http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090825-00000159-yom-soci
    部下暴行「カラオケのノリで」…岩手放送部長ら
    8月25日8時10分配信 読売新聞

    酒を飲み、カラオケで乗っていた。肩をたたくとか、そういう行為の延長でやってしまった 【こんなのは氷山の一角。仲間はずれにされるから表に出ない・出せない、場合によっては泣き寝入りが相当ある筈】
  • http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090825-00000025-san-soci
    危険運転幇助、同乗者起訴
    8月25日7時56分配信 産経新聞

    3人はゴルフ仲間で熊谷市内で事故直前まで一緒に酒を飲んでいた。地検は、3人には深い人間関係があり、大島被告らは玉川被告の運転を容易に止められたと判断。安易に同乗した悪質性を重くとらえた。
  • http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090823-00000568-san-soci
    駅で警察官を殴る 寛仁親王家の運転手逮捕 警視庁
    8月23日19時56分配信 産経新聞

    同署によると、職員は当時酒に酔っており、呼気1リットル当たり0・6ミリグラムのアルコールが検出された。 【寛仁さまについては上記】
  • 下野新聞社員を逮捕=酔って女性警官の足ける−栃木県警
    8月23日11時59分配信 時事通信

−−−報道されるに至ったここ何日か分だけでもこれだけあります。酒は適量ならむしろ健康によいのかも知れませんが、酒飲みって適量で済ませられませんよね? (私は飲酒の習慣を断って20年以上になります。今でもお付き合いでは飲めますがね)また、日本が世界に誇るタチの悪い酔っ払いについて、まともなレポートの類は見たことがない。


純粋にアルコールの害についておさらい?すると;

アルコールの害 より抜粋


● アルコール依存症は「否認の病気」です。

● アルコールはドラッグです。

● アルコールにからんだ事故で死ぬ人はたくさんいます。

● アルコールは発癌物質です。

● アルコールは脳を萎縮させ、痴呆の原因になります。

● 退職後アルコール依存症になる人が増えています。

● 子どもの飲酒が増えています。

● アルコールは全身をむしばみます。

● アルコールによる国民全体の損害は莫大です。


次にヤンキーほどでは無いにしろ日本サイズの肥満; 最近ではスマートに横文字で 「メタボ」 と呼ばれていますが;

油断大敵、「肥満」が招くこれだけの危険


○どうして肥満は健康によくないのか?

 (1) 血圧を上昇させ、高血圧を引き起こし、悪化させます。

 (2) 血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを増加させ、それが血管壁に沈着して動脈硬化を進行させます。

 (3) 動脈硬化がすすむと、狭心症、心筋梗塞、脳卒中、ボケなどの原因になります。

 (4) 糖尿病の重要な原因であり、たとえ糖尿病素因のある人でも、太らなければ発病は予防できます。

 (5) 高尿酸血症を起こしやすくなります。これは痛風の原因となる他、動脈硬化を促進します。

 (6) ガンになる人も多く、とくに男性では大腸ガンと前立腺ガン、女性では乳ガン、子宮体ガン、卵巣ガンが肥満者に多いと言われます。

 (7) 肝臓に脂肪がたまる脂肪肝や、胆石症、膵臓炎も肥満者に多く見られます。

 (8) 重い体重を支えるために、骨や関節をいため、腰痛、膝痛、脚痛などを起こします。

 (9) 転んだり、階段から落ちたりしてケガをしたり、また交通事故を起こすことも多く、死亡統計を見ると、事故死も肥満者に多いという結果が出ています。

 (10) 女性では月経不順や不妊症になりやすいということがわかっています。

 その他、手術のときに麻酔がききにくく、しかも出血が多いとも言われます。


たばこや酒以外でも健康にわるいことって沢山あります。ストレス、クルマの排ガス (これで自殺出来るのですよ) 、得体の知れない食品、大気汚染、等々。昔から、何故たばこだけが極端に悪者扱いされるのか疑問です。たばこバッシングの裏にあるのは何だろう? アメリカの場合は、医療制度の無策から少しでも目をそらさせるってことでしょうが。

.

*1:喫煙者であっても、他人のすうたばこの煙がうっとうしいことはありますし、受動喫煙によって害をまき散らすのは本意ではありませんから、禁煙・喫煙を分けることには異存ありません。しかし病院などは別としても喫煙スペースが全く確保されていない場合、「ルール」を破ることが無いとは言えません。従って 『極力』 なのです。喫煙の権利など無い、と言うなら、では飲酒の権利などない、と言い返したいですね。

*2映画『シッコ SiCKO』公式サイト 参照!!

2009-08-28

オバマ新政権の軍事政策 Watch: その15  アメリカの考える 『人権』

今になってと云うか今更、子ブッシュ政権時代にアメリカが世界中に押し付け、日本は喜々として応援した 「テロとの戦い」 の実態が少しだけ掘り返されています;

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090827-00000789-yom-int

ブッシュ氏有利に…「テロ警戒度」引き上げ圧力

8月27日18時50分配信 読売新聞  より抜粋


−−− 米メディアが報じた自伝「我らが時代の試練」の抜粋によると、リッジ氏は04年大統領選の投票日直前、ラムズフェルド国防長官やアシュクロフト司法長官(いずれも当時)らから、警戒レベルを5段階で3番目に当たる「黄色」から「オレンジ」に1段階引き上げるよう要求された。

 同氏は、「テロ計画の存在を示す具体的情報がない」としてこれを拒否。これまでも警戒レベルが引き上げられると、「テロとの戦い」を主導した前大統領の支持率が上昇したことから、同氏は、選挙に向けた世論操作の一環だと確信し、長官を辞任する決意を固めた、としている。


ただしこんなことは、子ブッシュの無能さ・異常性と 9−11 以降の米マスコミの変化に気付き、少し注意深いひとなら当時からわかっていたことなので、恐らく上っ面だけ取り繕ってうやむやになるでしょうね。おまけに問題となっているのは悪名高きCIAの独走が無かったか −−− 司法省が覚書で容認した範囲内であったかどうか −−− だけで、 「司法省が覚書で容認した範囲」 の正当性は問われておりませんので;


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090826-00000003-cnn-int

チェイニー氏、CIA尋問捜査でオバマ氏批判

8月26日12時30分配信 CNN.co.jp  より抜粋


チェイニー氏は、オバマ政権が捜査担当の検察官指名を決めたことで、国土安全保障に関する政権の責任能力に疑念が高まっていると述べ、「(尋問に)関与した人々は感謝に値する。政治色を帯びた捜査や訴追の対象となるには値しない」と明言した。

チェイニー氏はまた、24日に公表された調査報告書の尋問手法で得た有力情報が、国際テロ組織アルカイダに関する莫大な情報の入手につながったことが証明されたと指摘。こうした情報がアルカイダの攻撃を阻止し、人命を救ったとしたうえで、容疑者らが2002年以来、アルカイダ構成員や協力者の拘束でほぼ毎回役割を担っていることが文書で指摘されている、とコメントした。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/293681/

CIAの“拷問”捜査へ 米司法長官が検察官を指名

配信元: 産経新聞  2009/08/25 08:49更新  より抜粋


ホルダー米司法長官は24日、ブッシュ前政権下で中央情報局(CIA)の請負業者らがテロ容疑者に対して行い、“拷問”との国際的な批判を浴びた過酷な尋問について、刑事事件として捜査を開始すると発表、担当の検察官を指名した。


 前政権の対テロ政策に対する捜査が保守派の反発を招くのは必至で、米政局の新たな焦点となりそうだ。ただ長官は、司法省が覚書で容認した範囲内の行為なら訴追しないとの姿勢を表明、組織的な刑事責任追及には発展しない公算が大きい。


アメリカ外交の本質を見せてくれるきっかけとなった アメリカ同時多発テロ事件 についても、真相は永遠に闇の中ですね。ウィキペディアより一部抜粋しますと;


ブッシュ大統領の支持率


事件直前、ジョージ・W・ブッシュ大統領の支持率は、50%を切っていた。そもそも、前年の大統領選挙は僅差での勝利であるために、また大統領選における大規模な混乱は選挙の正当性への議論を招いたことから、選挙直後から政権支持率は高くなかった。大統領就任後の初めての大きな事件としてその指導力が国民の注目を浴びることとなり、それがテロとの戦争として位置づけられたことから、事件直後には国民の支持率は9割に到達、いみじくも政権最初の年から国民の支持を得た形となった。


遡って調べるのは面倒なので裏付けは割愛しますが、子ブッシュ就任当時の米マスコミは、子ブッシュを酷評していたと記憶します。それが9−11以降、実質戦時体制下 「愛国心」 が鼓舞されるに従って --- 1億火の玉、どこかで聞いた様な --- 批判など許されない状況に。無能大統領が、いつの間にか戦う名大統領に。私はこの時の報道 「自主」 規制やら 「愛国心」 やらはまだ生きているのだろうと考えています。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090825-00000112-mai-int

<米司法省>「少年テロ容疑者」を釈放 アフガンに送還

8月25日20時22分配信 毎日新聞  より抜粋


 米国防総省によると、ジャワド氏は02年12月、米軍の車列に手投げ弾を投げ、米兵ら3人に重軽傷を負わせたとして逮捕され、殺人未遂容疑で収容された。人権団体によると、家族の証言などから、当時の年齢は12〜14歳だったという。

 同氏は取り調べで拷問を受け、人権団体が人身保護を請求。先月30日、米連邦地裁が釈放を命じていた。米司法省は米国内法で起訴する可能性も探っていたが、断念。オバマ政権の判断の行方が注目されていた。

 同収容所 (グアンタナモ) には未成年で拘束された「少年テロ容疑者」が多数いる。


米軍が民間人を殺害するのは 「やむを得ない行為」 で、民間人が米軍に手榴弾を投げるのは 「殺人未遂/テロ行為」 なのですね。またグアンタナモでは、未成年容疑者に対しても拷問がなされているのですね。過去中南米で展開した手法がそのまま生き残っている訳で。一体、 「テロ行為」 の定義は何でしょうか? アメリカに盾突く者は全てテロリスト、と云うのがアメリカによる定義の様です。カストロもチャベスもアラファトも全てテロリスト。でも実際には、世界中のテロリスト界に君臨する親玉は他ならぬアメリカなのですがね。


益岡賢さんのページにて紹介されている WILLIAM BLUM さん記事を参照;


http://www.jca.apc.org/~kmasuoka/places/blum0908.html

CounterPunch原文

暗殺とクーデター:帝国の犯罪を追う

2009年8月6日 ウィリアム・ブルム  より抜粋


−−− この何カ月か、9月11日のテロ攻撃以来ディック・チェイニー元副大統領に鼓吹されて議会からは隠されたまま進められるCIAの秘密作戦について数多くのニュース報道があった。アルカーイダ工作員をはじめとする帝国を信じない者たちを、現地政府の知らぬままに海外で暗殺する作戦についてである。CIAは何らかの作戦が存在したことは認めたが、それは撤回されたと主張している。その作戦が暗殺作戦だったとすると、実際に誰かが暗殺される前に撤回されたのだろう。別の報道ではCIAではなく米軍がその作戦計画----あるいは別の計画だったのだろうか?----を実行し、複数の暗殺を行ったという。その一つはケニアでの暗殺で、大きな問題を引き起こし、計画の撤回につながったという(ガーディアン紙、2009年7月13日)。


 これらはいずれも、ニュースを追っている人々にとって紛らわしい。また、的を外している。アメリカ合衆国が不信心者や不信心者の疑いがある者たちを定期的に殺害し、罰を受けていないことは我々皆が知っている。最近では、少なくともイエメン、アフガニスタン、パキスタン、ソマリアで、無人飛行機(ドローン)からミサイルを発射することで(たまたま不信心者と同じ家にいたり、その車に同乗していたり、不信心者の結婚式に出席していた人々の中からさらなる犠牲者さえ生まれている)。これらの殺人はどうやら「暗殺」に該当しないらしい。というのも、何故かはわからないが、2000フィート遠くから「テロリスト」を殺すことは、2フィート離れたところからテロリストを殺すよりも、どうやら道徳的にも法的にも勝った行為らしいから。


 最近流行りの推測ごっこの背後で実際にはどんなことが起きているとしても、私たちは、CIAが何度も日常的に行ってきた暗殺の企てをショッキングだとかあるいは少なくとも非常に例外的なものだと折にふれ暗示するメディアの振舞いに騙されないようにしよう。


 私は1949年から2003年の間にCIAが著名な外国の政治家に対して試みた暗殺 ----成功したものも失敗したものもある----のリストを作成した。それらは、どう数えるかにもよるが、数百にのぼる(キューバの諜報部によるとフィデル・カストロを標的とした暗殺未遂は634回にのぼるという)。このリストに、アルカーイダの指導者と言われる人々が最近、ドローンによる攻撃の犠牲者の中にいたことを加えることができる。暗殺と拷問は政府がもっとも認めたがらない二つのことなので、隠蔽しようと全力を尽くす。そのため、誰かを暗殺する計画に言及した政府文書や発言記録を見つけることは滅多にない。一方、説得力のある情況証拠は大量にある。以下のリストには、CIAが雇い入れ米国を拠点としてカストロに反対するキューバ人たちが世界の各地で行った複数の暗殺については含めていない。


(以下、 「1949年、金九、朝鮮の野党指導者 」 から 「2003年、サダム・フセインと二人の息子 」 まで列挙)


第二次世界大戦後に米国が見せた素晴らしき外交政策のリストを集めている人々のために、以下にさらにもう少し集めたものをあげよう----これ以上の方法はないようだから。米国は50以上の外国政府を転覆しようとした。そのほとんどは民主的に選出された政府だった(*は政府転覆に成功したもの)


(以下、 「アルバニア 1949年から53年 」 から 「イラク 2003年* 」 まで列挙)


最後に、度々紹介しておりますノーム・チョムスキーさんへのインタビュー集である 【9.11 アメリカに報復する資格はない!】 (株式会社文芸春秋 2001年11月30日発行 第一刷、山崎淳さん翻訳) 23・24ページから以下引用します。当該インタビューは2001年9月20日あるいは21日に行われたもの;


−−− 一九八〇年代のニカラグアは米国による暴力的な攻撃を蒙った。何万という人々が死んだ。国は実質的に破壊され、回復することはもうないかもしれない。この国が受けた被害は、先日 (9/11のこと) ニューヨークで起きた悲劇よりはるかにひどいものだった。彼らは、ワシントンで爆弾を破裂させることで応えなかった。国際司法裁判所に提訴し、判決は彼らに有利に出た。裁判所は米国に行動を中止し、相当な賠償金を支払うよう命じた。しかし、米国は、判決を侮りとともに斥け、直ちに攻撃をエスカレートさせることで応じた。そこでニカラグアは安全保障理事会に訴えた。理事会は、すべての国家が国際法を遵守するという決議を検討した。米国一国がそれに拒否権を発動した。ニカラグアは国連総会に訴え、そこでも同様の決議を獲得したが、二年続けて、米国とイスラエルの二国 (一度だけエルサルバドルも加わった) が反対した。しかし、これが国家の取るべき手段である。もしニカラグアが強国であったなら、もう一度司法裁判を行えたはずである。米国ならそういう手法が取れるし、誰も阻止はしない。それが同盟国を含め、中東全域の人々が求めていることである。 −−−


(原文以下の通り)

Nicaragua in the 1980's was subjected to violent assault by the U.S. Tens of thousands of people died. The country was substantially destroyed, it may never recover. The international terrorist attack was accompanied by a devastating economic war, which a small country isolated by a vengeful and cruel superpower could scarcely sustain, as the leading historians of Nicaragua, Thomas Walker for one, have reviewed in detail. The effects on their country are much more severe even than the tragedies in New York the other day. They didn't respond by setting of bombs in Washington. They went to the World Court, which ruled in their favor, ordering the U.S. to desist and pay substantial reparations. The U.S. dismissed the court judgment with contempt, responding with an immediate escalation of the attack. So Nicaragua then went to the Security Council, which considered a resolution calling on states to observe international law. The U.S. alone vetoed it. They went to the General Assembly, where they got a similar resolution that passed with the U.S. and Israel opposed two years in a row (joined once by El Salvador). That's the way a state could have set up another criminal court. Those are the measures the U.S. could pursue, and nobody's going to block it. That's what they're being asked to do by people throughout the region, including their allies.


ニカラグア は、メキシコを除く中米では最大の国土を持つ、緑豊かな国です:


f:id:El_Payo_J:20090828115854p:image

出典: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Nicaragua_Topography.png


80年代アメリカがこの国に与えた計り知れない損害はその後も尾を引いている筈。80年代から中南米に関わっていると、嫌でもアメリカの裏の顔ばかりが見えてしまいます。これがオバマになって変わるとは到底思えない。


山岡朋子さん (横山朋子さん名) 翻訳の 『ルス、闇を照らす者』 の舞台となった軍政当時のアルゼンチンに直接アメリカが関与していたかは疑問ですが、SOA (School of the Americas 、後日紹介予定) での訓練を通じて伝授された尋問やら拷問のノウハウは間違いなく使われていた筈。SOAは名前も組織も変わっている様ですが、 「xxマニュアル」 は引き継がれて、イラクやアフガニスタンで今でも使われているのでしょう。「卒業生」 も世界中に散らばっているでしょうし。「何も学ばない」 のではなく、 「学ぶ必要性を認識していない」 のですから、始末に負えませんね。マニュアルに示された尋問のおかげで数多くのアメリカ国民の命が救われた、ってんですから−−−

2009-08-27

翻訳家 山岡朋子さん その54  『ルス、闇を照らす者』 : コロンビア バージョン その3

本年5月25日付け 『翻訳家 山岡朋子さん その43  『ルス、闇を照らす者』 : コロンビア バージョン その2 』 で予告の通り、コロンビアの作家 Evelio José Rosero さん著の原題 "Los Ejércitos" をようやく入手しましたので早速読もうとしていたところへ以下ニュースが飛び込んで来ましたので、少しだけ考察を;


コロンビアと外交断絶の用意、ベネズエラ大統領が表明

8月26日18時42分配信 CNN.co.jp


現地サイト Agencia Bolivariana de Noticias から関連記事拾いますと;


Presidente Chávez

Acusaciones de expansionismo son el colmo del cinismo del Gobierno colombiano

Caracas, 26 Ago. ABN.-


Durante un encuentro con un grupo de intelectuales japoneses (誰か日本から訪問しているのですね) , el presidente Chávez indicó que estas acusaciones sólo tienen la intención de desviar la atención sobre el peligro que representa para Suramérica la instalación de bases militares estadounidenses en ese país.


Veinte bases militares estadounidenses buscarán aislar a Venezuela del mundo

Caracas, 17 Ago. ABN (Manuel Alexis Rodríguez).-


Un total de trece (13) bases militares estadounidenses, ubicadas estratégicamente en países aliados de Washington, rodean actualmente a Venezuela. Con el acuerdo en materia de “cooperación y asistencia técnica en defensa y seguridad”, que suscribirá en las próximas semanas Colombia con Estados Unidos, y que permitirá a soldados norteamericanos usar siete nuevas bases militares en Colombia, la cifra se incrementará a veinte (20).

Pueblo de Argentina rechaza instalación de bases militares de EEUU en Colombia

San Carlos de Bariloche, Argentina, 26 Ago. ABN (Carolina Pérez/enviada especial).-


El pueblo de Argentina rechaza de manera contundente la instalación de bases militares estadounidenses en Colombia, porque atentan contra la soberanía de los países de Suramérica.

自身が何度か暗殺されかけたチャベス大統領が、オバマになってからは多少控えている様ですがアメリカを公然と批判し、アメリカによる南米の主権侵害・内政干渉を警戒するのは当然のこと。過去この 「北の帝国」 がその 「裏庭 (なんと傲慢な呼び方か)」 であったカリブ・中南米でなかば公然と行った犯罪行為を忘れていませんからね;


f:id:El_Payo_J:20090827005428j:image

コロンビアおよびラ米におけるUS基地所在

http://www.telesurtv.net/noticias/afondo/especiales/bases_militares_latinoamerica/

(なかなか凝ったページですよ。)


一方隣国コロンビアは、現大統領 Álvaro Uribe が極端な親米路線を突っ走っているため、過去のものとなった筈の人権侵害・蹂躙が正に現在進行中であることは様々なサイトで見る限り事実と判断せざるを得ません。山岡朋子さん (横山朋子さん名) 翻訳の 『ルス、闇を照らす者』 に描かれ、Nunca Mas と宣言され、いまだに行方不明者の捜索が続くおぞましい犯罪行為が、麻薬撲滅と云う茶番劇およびゲリラ対策と云う内政干渉の下行われています。蛇足ながら、のりピーのケースではからずも露見した様に薬物使用者に対して非常に寛容な日本も、いわばこの共同正犯;大きな、魅力的な 「市場」 を提供しているのですから。これは卵と鶏の関係ではありません。需要があるから供給があるのです。薬物使用の撲滅は、あくまでもアメリカや日本の国内問題です。従って、アメリカは麻薬撲滅の目的で軍をコロンビアに派遣しているので無いことは明白、と私は考えます。


http://www.jca.apc.org/~kmasuoka/places/colombia.html

益岡賢さんのページ − 場所別記事  コロンビア


時事分析(主にコロンビア・ジャーナルより) より抜粋します;


オバマ政権の対コロンビア政策(2009年7月30日)

      • コロンビア軍の残虐な人権記録を考えるならば、オバマ政権の対コロンビア政策はとりわけ大きな問題である。例えば最近、対ゲリラ作戦に参加していたとされる兵士達が超法規的処刑を1100件も行っていたことが明らかになっている。結局のところ、オバマ政権と民主党主導の議会による対コロンビア政策は、ブッシュ政権と共和党時代からわずかにしか変わっていない。しかも、悲しいことに、そのわずかな変化は、軍事主義を強化する方向に向いているのである。

コロンビア政治囚へのインタビュー(2009年7月17日)

      • 特に、アレバロ・ウリベ政権にはファシズムの要素が多くあることです。ウリベ政府は反対派と貧しい人々を憎悪しています。本質的に寡頭制の政府で、上流階級と多国籍企業に奉仕する政権です。コロンビアの主権を放棄して米国に譲り渡し、コロンビアの資源も提供してしまいました。社会投資をせず、人道的な捕虜交換を拒否しました。和平プロセスに参加することも拒否しました。戦争政府であり、嘘つきの政府なのです。この政府は国際社会に向けて、コロンビアは民主的な国で、人権を尊重し、人々のニーズを満たす政策を採っていると宣伝していますが、現実は違うのです。この政府は、不正義に対して何十年にもわたり闘いを続けてきた社会運動に対して戦争を仕掛けている政府なのです。私たちを黙らせたがっています。私たちを殺したあとで、死者の記憶を侮辱するのです。公正で誰もが社会参加できるコロンビアを望む私たちを投獄する政府です。実際のところ、ウリベ政府に、民主主義を実現する力はありません。 *1

人権侵害に対するコロンビア政府の関与(2009年5月12日)

      • ほとんど毎週のように、人権侵害に対するコロンビア政府の関与が新たに暴露されている。この数週間の間に、次のようなことが伝えられている。コロンビア政府と軍の高官が右派準軍組織と共謀して、虐殺犠牲者の遺体を焼き払い、準軍組織に殺された人々の数を隠蔽しようとしたこと、コロンビア最大の準軍組織が2002年の大統領選挙でアレバロ・ウリベ大統領に資金を提供していたこと、軍の対ゲリラ戦略が人道危機の悪化を引き起こしていること。こうした問題の発覚の直前には、コロンビア軍がこの数年、対ゲリラ戦略の一貫としてますます多くの超法規的処刑を実行していることの証拠が秋らかにされ、また、選挙で選ばれた政府関係者が準軍組織に関係していたという準軍組織政治スキャンダルも発覚していた。コロンビア軍がますます深く人権侵害に関与していることに対し、英国政府は最近、コロンビアに対する軍事援助を停止すると発表した。対照的に、米国政府とカナダ政府は人権危機を無視して、コロンビアとの間で二国間自由貿易協定を推し進めようとしている。

プラン・コロンビア:アフガニスタンでの新たな軍事戦略?(2009年4月29日)

      • 国境なき医師団によると、コロンビアはこの数十年、世界でももっとも報道の少ない人道危機を経験してきた。この人道危機の中心にあるのは、強制追放の問題だった。国内避難民を400万人近く抱えるコロンビアは、スーダンに次ぎ世界第二の国内避難民数である。プラン・コロンビアを支持する人々はいつも都市部の「治安」が改善されたことを指摘するが、批判的な人々は、特にここ数年、コロンビア軍が農村部で進める強引な対ゲリラ戦略のためもあって、国内避難民危機は悪化したことを指摘する。2008年の上半期6カ月間で、27万人以上が暴力的に自宅から追放された。2007年の同時期と比べて41パーセントの増加である。人権と追放のコンサルタンシー(CODHES)の代表ホルヘ・ロハスは、「毎日、平均1503人が家を追われています」と述べる。下半期にも同様のペースで強制追放が続いたならば、2008年は過去20年以上の中で、最悪の強制追放数を記録する年となる。


        コロンビア政府の治安戦略に見られるもう一つの問題は、失踪の劇的な増加である。とりわけ、政府の政策に批判的な市民社会のメンバーの間で失踪者が増えている。コロンビア検察は、現在、2008年に失踪した1015人のケースを調査中であるが、この失踪者数は2007年の4倍、2005年と比べると1300パーセントの増加である。コロンビア検察庁によると、調査中のケースのうち90パーセント以上で、コロンビア政府軍のメンバーが容疑者となっている。


        オブザーバの多くが憂慮しているのは、軍が関与した失踪だけではない。ここ数年で、コロンビア政府軍による超法規的処刑の数も激増している。「超法規的処刑と不処罰を監視する国際使節団」によると、2002年から2007年の間にコロンビア軍が犯した超法規的処刑のうち少なくとも955ケースで誰も処罰を受けていないという。その前の5年間における577ケースから2倍近い増加である。多くの場合、殺されるのは民間人で、軍事作戦の際に敵の死者数を水増しするために、軍は民間人の遺体をゲリラの死者として示すのである。


        さらに、対麻薬作戦としてのプラン・コロンビアの「成功」について言うと、2000年にプラン・コロンビアが始まったときに宣言された目標は、5年間でコカ—この植物の葉にコカインの原料が含まれる—栽培の半減だった。しかしながら、昨年、政府説明責任局(GAO)が昨年発表した報告書は、プラン・コロンビアはその目標に近づきさえしていないと述べている。実際、GAO報告書によると、プラン・コロンビアが実施された最初の6年間で、コロンビアでのコカ栽培は15パーセント、コカイン生産は4パーセント増加している。


        プラン・コロンビアのこうした記録を考えるならば、ミューレンが示唆するようにアフガニスタンで同じモデルが適用されるならば、人口の多い都市部で治安が改善され暴力が減るだけでなく、大規模な人権侵害と大規模な難民危機、記録的なケシ栽培ももたらされる可能性がある。

強制退去、失踪、超法規的処刑がウリベ政権下で増加(2008年10月19日)

      • 主流派メディアのほとんどは、ウリベがこの6年間に行ってきた治安対策を、とりわけ殺人と誘拐の減少という点で賞賛しているが、農村部の貧しい人々が直面している苦しみは無視されてきた。紛争は地方部で依然として続いているだけでなく、人権侵害における政府の直接的な役割は劇的に増加している。ウリベ支持者とコロンビアと米国・カナダ間の自由貿易合意の提唱者たちは、戦略的都合から、政府が失踪、超法規的処刑、強制追放にますます大きく関与している事実に目をつぶっている。しかしながら、何百万人というコロンビア人にとって、ウリベ政権下での人権状況は、コロンビアで過去数十年続いてきた紛争期間のどの時期よりもひどいのである。

益岡さんのページ内で紹介されている、 「コロンビアに平和と正義を」 サイトの、リリアニ・オバンドのケースとリリアニの解放を求める国際キャンペーン ページを見れば、今回何故チャベス大統領が国交断絶と云う最悪の選択肢を考えるほど危機感抱いているのかがわかります。また同ページ内にて紹介されている、二人の政治囚からのレターも紹介しておきます;

Letter from Political Prisoner Miguel Ángel Beltrán

Letter from Liliany Obando, August 8, 2009


これらのサイト・政治囚が必死に訴えようとしていることは何か? 冒頭で紹介しました Evelio José Rosero さん著の原題 "Los Ejércitos" は、周辺事情も含め俯瞰的にそれを提示してくれるものと思います。その意味では、山岡朋子さん (横山朋子さん名) 翻訳の 『ルス、闇を照らす者』 のコロンビア版と云えそう。まずは一読。


.

*1Interview with a Colombian Political Prisoner By Garry Leech · July 13, 2009 よりこの部分抜粋しますと(注:英語のサイトです) In particular, the government of Alvaro Uribe has many facets of fascism. It hates the opposition and the poor. It is a government that is fundamentally oligarchic, that serves the upper class and multinationals.

私は、これこそがコロンビアが50年に渡り実質内戦状態にある原因と推測しています。

2009-08-26

伊藤和也さん1周忌: 用水路が全通した様です!!

8月22日15時26分配信 時事通信の短い記事 アフガンの用水路全通=ペシャワール会 で、アフガニスタンの用水路が全面開通したことが紹介されました。同記事内で、用水路完成前と後の比較写真が見られます。


アフガニスタン東部ジャララバード近郊で農業支援に取り組んでいた非政府組織(NGO)ペシャワール会 スタッフの伊藤和也さん=当時(31)=がアフガン人運転手と共に拉致され殺害されてから本日26日で丁度1年になります。本年6月13日当ブログ 『オバマ新大統領発表の アフガン政策新包括戦略 Watch: その7 仏さんは怒っているのかな?』 の続きとして、また伊藤さん1周忌として以下紹介・考察したく;


2008年9月9日付けペシャワール会HP内の 『ペシャワール会現地代表中村哲 弔辞』 で中村さんは、伊藤さんを殺したのはアフガニスタンを蝕む暴力であること、その暴力はアフガニスタンの文化を知ろうとしない面々による武力干渉によって招かれたものであることを述べられたうえで、第二次大戦でのアジア・日本の加害・被害両惨禍を踏まえ、逃げ場の無いアフガン人とともに(同会の)事業 *1 を継続することが伊藤さんへの追悼であり、過去の戦争で死んだ人々の鎮魂であることを宣言されています。


従い冒頭に紹介の記事は、伊藤さんも関わられた水路事業が完成したと云うことになりますから、嬉しい限りです。活動が優先ですから当然まだ最新の状況にアップデートはされてはいない様ですが、活動の報告については同会HP内 水利事業活動報告 参照。


なお伊藤さんの一周忌法要は8月23日ご出身地の掛川市内で営まれた様です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090824-00000099-mailo-l22

伊藤和也さん:一周忌 アフガンの子ども活写、写真集出版へ−−手記も収録 /静岡

8月24日13時2分配信 毎日新聞


−−−写真集は、活動していたアフガニスタン東部の地名をとった「ダラエヌールの子供たち」(石風社、税抜き2500円)。伊藤さんが人々の暮らしぶりを撮影した数千点の写真から会が選んだ95点のほか、伊藤さんの活動手記なども収録している。今月末から全国の書店で注文を受け付ける。

記事内で紹介されている書籍は本日時点ではAmazonに掲載されておりませんので、以下伊藤さん名での既刊書籍を紹介しておきます。ペシャワール会書籍案内 内にも紹介アリ;

f:id:El_Payo_J:20090826102441j:image

出典: Amazon

ペシャワール会 (編集) 単行本: 261ページ

出版社: 石風社 (2009/04) 発売日: 2009/04

ISBN-10: 4883441725 ISBN-13: 978-4883441723


以下単なる頭でっかちの優等生の作文に過ぎず、はっきり言って胸糞の悪くなる記事ですが 「敢えて」 引用します;

http://www.news.janjan.jp/world/0808/0808285727/1.php

もういい加減、海外NGO活動はやめませんか?―「ペシャワール会」伊藤和也さんの悲劇をくりかえさないために

難波和郎  2008/08/29


−−− 海外だけでなく、日本にも問題は山積みだ。農業問題だけをとっても、荒れた土地は多いし、食料自給率は先進国の中では壊滅的である(関連サイト)。亡くなった伊藤さんはまず日本で活動するべきだったのではないか。今の日本でなら、少なくとも銃弾に倒れることはなかっただろうし、ご両親を悲しませることもなかった。世論には今回のできごとを美談にする動きもあるが、「命を粗末にした」と私はあえて批判したい。


 だが、日本には彼の熱意と野心に応えられるだけの仕組みがなかったのかもしれない。


 NGOの中には、そのあふれんばかりの熱意と善意に支えられた行動力のために、独り善がりな考え方に陥る団体も多い。そして彼らは普通、他者からの批判を許さないのである。だがアフガニスタンのことはまずアフガニスタンの人に任せるしかないのではないか? あるいはそれが出来ない事情も国際社会にはあるのだろうが、面倒でも私たち日本人は選挙を通じてしかその事態を変えることは出来ないのではないか。それよりも大事なのは、今ある自分たちの日常をいとおしむ気持ちだろう。

 マザー・テレサが初来日の時に述べたと言われる言葉を思い出す。

 「日本人はインドのことよりも、日本のなかで貧しい人々への配慮を優先して考えるべきです。愛はまず手近なところから始まります(1981.4)」


これもひとつの意見でありその一断面は正論かも知れないが、マザー・テレサの言葉をこの様なケースで引き合いに出すのは卑怯極まりない; 自分は安全な物陰に隠れて、丸裸で奮闘しているひとに石を投げる様な行為には我慢なりません。どこにでもいますよね、この手合いは。自分達さえよければそれでよし、マザーテレサも言ってるじゃないか、っていうね。有名人の言葉の一部を利用して、何もしないことへの免罪符としているだけ。投票だけしていればよいワケで。結果としてマザーテレサをも否定していることに気付いていない。


私は、伊藤さんの死を栄誉あるものとか、英雄的なものとはおもいません。伊藤さんの活動は評価しますが、亡くなられたことを称賛はしない。美談とはおもいますが。戦争もそうですが、伊藤さん本人はあの様な事件に巻き込まれて何より悲しかったろうし、お身内を亡くされたご親族の悲しみ・痛みはいかばかりか。しかし、伊藤さんが命を粗末にした、との 「敢えての」 批判はいかなる意味でも当たらない。与えられた命を大事にしたかったからこそ、志願してアフガニスタンへ行き、彼にとって『身近』となったひとたちに愛を注いだのでしょう。射殺されたことは、運が悪かったとしか言いようがない。別にNGOで無くとも海外で仕事をしていればその様なことはいつでも起こりえますし、この頃は日本でだって起こっています。


ある行為が偽善かどうは誰にもわかりません。しかし、その行為で実際に助かっているひとがいれば、つまり結果が出ているならそれは評価するべき、と考えます。難波さんの様に何もしないうえに、亡くなられた伊藤さんを批判する権利はありません。言論の自由を履き違えてはいけない。加えて、職業選択の自由の意味を理解すべき。


伊藤和也さんワーカー志望動機の文章のリンク先 (ペシャワール会サイト) を紹介しますね;

http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/topics/inochi-r-itodouki.htm

これって、伊藤さんの 「ひとりよがり」 でしょうか???


なおペシャワール会代表の 中村哲(医師) さんの行動力も称賛に値します。誰にでも出来る筈ですが、やろうとしない。中村さんの生き方は、私自身への戒めにもなっています。読んではおりませんが、幾つかの著作の中に 『医者よ、信念はいらない まず命を救え!』 があります。日本を代表する某起業家のコトバ 『理念なき行動は狂気である。だが、行動無き理念は無意味である』 と通ずるところがありそう。


日本国憲法に関して中村さんの依って立つところは以下書籍で概観出来そうなので読んでみるつもりです;


カラー版 アフガニスタンで考える―国際貢献と憲法九条 (岩波ブックレット) (単行本)

中村 哲 (著)

出版社: 岩波書店 (2006/04) 発売日: 2006/04

ISBN-10: 4000093738 ISBN-13: 978-4000093736


現憲法そのものではなく平和精神を活かすのであれば、日本に出来る真の意味での国際貢献を考えるに当たって、ひょっとすると中村哲さん・ペシャワール会の行っている事業が一つの基準になるのではないか、と推測・期待しています。


伊藤さんのご冥福を祈りつつ。

.

*1:同会HPによると、医療事業(ペシャワール病院/パキスタン、ダラエヌール診療所/アフガニスタン) および緑の大地計画(農業・井戸事業、水路事業/アベ・マルワリード)

2009-08-25

翻訳家 山岡朋子さん その53: 南米ベネズエラのこと その4 ふたたび ミス・ベネズエラ 速報

昨年のミス・ベネズエラ Stefanía Fernández Krupij さんが、昨年の Dayana Mendoza さん (=一昨年のミス・ベネズエラ) に続いて2年連続でミス・ユニバースに選ばれました。まずはめでたい;

f:id:El_Payo_J:20090825143328j:image:w500

2008年ミス・ベネズエラでの写真 (本当はもっと素顔に近いものがイイのですが)

出典 = http://www.bellezavenezolana.net/MissVenezuela/2008/Ebel/galeria.htm

※ このサイトには2008年ミス・ベネズエラ全参加者の写真が掲載されています。


ミス・ユニバースは2年連続でベネズエラ代表に栄冠/CNN.co.jp 8月24日18時6分配信 など参照。


母方の苗字 Krupij は元々スペイン語圏のものではありません。この点についてスペイン語版 Wikipedia での紹介 Stefanía Fernández によると、父方はスペイン系、母方は前世紀に移住して定住した東欧 (ロシア、ウクライナ、ポーランドなど) 系とのこと。この国に飛び抜けた美人が多い理由は、元々のスペイン系に加え、ベネズエラと云う国の名前の由来 『小さなベネチア』 *1 が示す様にイタリア系やらステファニアさんの様な東欧系など、いわゆる美人の血統 (そんなものがあるのかは−−−議論しないことに) が入っているためでは、と勝手に思っています。


で、少し寄り道を; 最初に断わっておきますが、 「美人」 はその逆のコトバ同様に差別用語であると思います。でもここでは無邪気に綺麗なおねーさん程度の軽い意味で使用します。教養だの人格だのは一切関係ありません。顔の骨格と皮下脂肪の厚さなどの産物でしかありませんよね。同じ様に白人だの黒人と云うコトバも、特に断り無き限り単に肌の色を指します。


例えばカラカスの町は美人であふれ返っているか? もちろん答えはNoです。よく美人の産地として3C (コロンビア、チリ、コスタリカ) が挙げられますが、皆同じ。さる企業のモスクワ事務所にはシャラポワクラスが沢山いる、などと言われて行ってみたら−−−なんてことはよくあるハナシですね。でも個人的には、行ったことはありませんがウクライナなんて美人が多そう。


ウィキペディアのベネズエラ によると、ある調査では、 (多分原住民を除く) ベネズエラの人種構成はメスティーソ67%、ヨーロッパ系21%、アフリカ系10%、インド系2%とのこと。お気付きの様に、殆どが白と黒のメスティーソです。ベネズエラではこれをよくコーヒーに例えていました。おおまかには、 leche (牛乳)、con leche (カフェオレ)、 guayoyo (アメリカンコーヒー、でも実際そんなに薄くはない)、 negro (ブレンド、ただ実際にはエスプレッソ) の様に、白と黒の混じり合う比率によって。肌の色に関係なく、はっとするような美人を見かけるのは事実。


同じくウィキペディアには次の様な記述があります;


人種差別が表に現れることを恥ずべきという意識はないことはないが、街頭などで人種差別的な偏見を口に出す人間は他のラテンアメリカ諸国に比べても格段に多い。皮膚感覚では南米で一番酷い国であるという者もいる[要出典]。そして現実社会では他のラテンアメリカ諸国と同じように上流階級が白人で占められている。当然のことだが白人が他人種より上にあるという関係が個人間でなりたつわけではなく、下層の白人も中流の黒人もいる。しかし、多くの域内諸国と同様に多くの非白人に機会の均等が保障されているわけではない[要出典]。インディヘナはスリア州やオリノコ川南部に多く居住している。

でもベネズエラで(昔)暮した経験から言わせてもらうと、これは少し言い過ぎですね。肌の色について軽く口に出す傾向はあるのかも知れませんが、大半は一切悪意なんてありません。白のxxったれもいれば教養にあふれる黒もいることは皆認識しているし、友人として・同僚として付き合うのにそのテの偏見はありません。例えば本当に真っ黒の友人がおりましたが、皆無邪気に親しみを込めて Caraota (ベネズエラを代表する食材、黒い豆) と呼んでおりました。その様な呼び方そのものが差別と言われてもねぇ。


女性について、少し下品かも知れないが事実をひとつ; ラテンですから、美人が通ると周りのオトコの目がそれこそ一斉に彼女を追います。見ていると実におもしろい。で、オトコたちは彼女のどこを見ていると思います? 顔? 胸? 足? 全部No。お尻を見ているのです。ブラジルもそうだ、とある友人が教えてくれました。美人の条件は、実はお尻かも知れません。


寄り道の最後: 日本人は、これはスペインでも同じでしょうが、 chino と呼ばれることがあります。別に悪意は無く、親しみを込めた呼び方であったり、無知によるもので目くじらを立てる様なことではありません。でも一度明らかに侮蔑的にそう呼ばれたことがあったので、とっておきの(?)返事を返しました; 「何だ、 colombiano」 相手は真っ赤になって怒りましたね。散々怒らしておいてから、「そうだね、あんたは colombiano ではないのだね。同じ様にオレも chino じゃあないんだけど」 と切り返して収めましたっけ。コロンビアとベネズエラは隣国同士で仲が悪いことを利用したもの。一般的に、コロンビア人から見たベネズエラ人は怠け者だし、ベネズエラ人から見たコロンビア人は盗人だし。馬鹿な偏見ですよ、もちろん。


参考まで、 Stefanía Fernández Krupij さんの身長とスリーサイズは、現地 EL UNIVERSAL 紙によると "con medidas perfectas de 90-60-90 y una estatura de 1,77 m" だそうです。ついでにもうひとつスペイン語のお勉強を; スペイン語の場合、単子音 S で始まる単語は、基本的に S の前に E を付けます。 Stefanía Fernández Krupij さんの正式なお名前は何であるのかは不明ですが、新聞などでは Estefanía Fernández と記載していることも多い様です。発音しにくいからでしょうね。


なお Stefanía Fernández Krupij さんはトゥルヒージョ州 ( Estado Trujillo ) の代表としてミス・ベネズエラに参加なさいました。以下地図では、アンデス山脈からマラカイボ湖の東に位置します;

f:id:El_Payo_J:20090825150318j:image:w500

出典: http://www.a-venezuela.com/mapas/mapaspdf/regionesgeograficas.pdf


最後に、先日紹介しましたメキシコの歌手 Pedro Infante さんのうたう Alma llanera を紹介して、改めてお祝いを;

D

Titulo = PEDRO INFANTE - ALMA LLANERA

.

*1ウィキペディア に以下記載があります;


ベネスエラ(Venezuela)という名の由来には諸説があり、一つはイタリアのヴェネツィアに由来するというものである。1499年この地を訪れたスペイン人の探検者、アロンソ・デ・オヘダとアメリゴ・ヴェスプッチが、マラカイボ湖畔のグアヒーラ半島に並び建つインディヘナたちの水上村落を、水の都ヴェネツィアに見立て、イタリア語で「小さなヴェネツィア」("Venezuola")と命名した事によるとされている。

もう一つは、この地に住んでいたインディヘナが"Veneciuela"と呼ばれており、そこから派生してVenezuelaに成ったのだという説であり[2] 、この説によるとベネスエラという国名は土着の言葉から生まれたものだということになる。どちらの説が正しいかという論争は絶えないものの、現在一般的な説として人々に信じられている説は前者である。

2009-08-24

Cielito Lindo, Cielito Lindo その3

さて変わりダネの紹介を:


トップバッター(?)は、私は今まで存じ上げなかったのですが、なんと美空ひばりさん −−− きちんとしたスペイン語で歌われています;


※当初紹介しましたリンク先動画は、「利用規約に違反しているため、この動画は削除されました。」 とのこと。*1

 調べてみると、多分以下CDに収録されていたものの様です;

 f:id:El_Payo_J:20090831233726j:image

f:id:El_Payo_J:20090831233801j:image

 出典: 激熱 ラテン歌謡 オーレ!

何と、やはりメキシコのうた "Cucurrucucu Paloma" も歌っておられたのですね。

Titulo = CIELITO LINDO 美空ひばり

写真は歌と無関係。訳された歌詞もおもしろいですね。 そういえば、美空 (うつくしいそら) は Cielito Lindo と訳せますね。


次は、現代日本を代表?する 初音ミク

D

Cielito Lindo / Miku Hatsune

空 (スペイン語の cielo の日本語訳) がオープニングになっていたり、一部歌詞がおかしいところはありますが、ご愛嬌ってことで。


少し違和感はありますが、シエリト・リンドのサルサバージョン

D

Titulo = Show Cielito lindo Salsa Festival Zürich 2009


く、くっだらねぇの感のある、クンビア (Cumbia) バージョン。賞味期限?ぎりぎりのねえちゃんが2人山から下りてくる、と云う他愛の無い、まあ冗談として;

D

Titulo = CIELITO LINDO-EL RIMI- CUMBIA

コメント欄に、 "PORQUERÍA MÁS ABERRANTE!!!" とありますが、これは恐らく berraco から来ているコトバと思います。 Wikipedia によるとコロンビアの言葉とのことですが、実際には隣国ベネズエラでもかなり頻繁に使われています。ビミョーに意味が違う様ですけど。


続いては、お隣中国の三大 (いや、三中か) テノールによる

D

Titulo = Cielito Lindo

何語かな? 一部ラララーでごまかしている様な。でも3人とも本当にひとのよさそうなおじさまなので許しちゃい?ましょう。


同じく中国;中国語の響きが本当に綺麗!!全く違和感がありません;

D

Titulo = "老泥车"男声四重唱 美丽的天使 钢琴伴奏:李怡 Cielito Lindo


ん〜〜、たまらない。最高にノリがいいっ;

D

Titulo = Mills Brothers - Cielito Lindo

Cielito Lindo. From the left: Norman Brown with guitar, Herbert, Donald, Gene Smith and John Sr.

なおこの組み合わせでもうひとつリンクのみ紹介;

http://www.youtube.com/watch?v=9BB-aGybNwo

"From Reveille With Beverly 1943 "  涙が出るくらい素晴らしい!!


紹介し切れませんが、まだまだ色々あります。最後に、オムニバス形式のものを紹介;

D

Titulo = world music: "cielito lindo" (mexico)

圧巻です。以下詰め込まれていますからね;

Performers:

  • Guayacan
  • Los Indios tabajaras
  • Francio Goya
  • Trio Los Panchos
  • Trio Los Paraguayos
  • Tuna de Medicina de Universidad de Salamanca y Aparejadores de Madrid
  • Pedro Vargas y Mariachi vargas
  • Fabrizio De Andrè
  • Rino Gaetano
  • Ana Gabriel
  • Pedrito Fernandez (different tune)
  • Divididos
  • Gabriella Ferri
  • Josè Feliciano
  • Enrique Iglesias
  • Los Paraguayos
  • Luis Alberto de Paranà (different tune)
  • Zorro & His Romantic Guitars
  • Trini Lopez
  • Roy Etzel
  • Chingon (rock version)
  • Ella Fitzgerald (jazz version)
  • Los Lobos
  • Luciano Pavarotti

何故この唄がこれだけ世界中のひとを魅了するのか? 不思議ですね。その4はいつになるのかわかりませんが、考えたり調べたり楽しみは続きます。


他のコトバはどうだか存じませんが、スペイン語は歌を聴くことから入るのがイチバンいい様な気がします。音にしてうつくしい言葉であると思いますね。


※2009年10月1日、一部加筆・訂正

.

*1:09年8月31日変更

2009-08-23

Cielito Lindo, Cielito Lindo その2

今日は気楽に、2009年6月1日付け 『メキシコ、フラメンコ、女性の唄い手 −−− Cielito Lindo !!』 にて紹介の、メキシコのうた 「シエリト・リンド」 その2を;


ウィキペディア 【シエリト・リンド】

スペイン語 Wikipedia 【Cielito Lindo】

英語 Wikipedia 【Cielito Lindo】


上掲ウィキペディア中、 「キリノ・メンドーサ・イ・コルテスの伝記によると、彼は山に出かけたときに、ほくろのある女性を見てこの詩を着想したとされている。彼がこの曲と詩の作者である事は確かであるが、この詩はスペインの古い歌と似ており、それに何らかの影響を受けたのであろうことは間違いない。」 の根拠 (裏付け、程度の意味) として挙げられているのが、以下メキシコのサイトに2005年10月30日に投稿された、Arturo Ortega Morán, Domingo さんの記事;

¡Hasta que me cayó el veinte! : Cielito lindo

要は、歌詞のうち "De la sierra morena / cielito lindo, vienen bajando / Un par de ojitos negros / (cielito lindo) de contrabando. の部分はおそらくスペイン南部アンダルシア地方にその起源がありそうと云うこと。確かに、シエラ・モレナ山脈 (固有名詞) はスペイン南部にあるし、盗賊の隠れ場所となっていたことも事実だし、 --- vienen bajando tus ojos negros de contrabando --- と云う歌詞はフラメンコの唄にも度々出て来ます。


勝田保世さんの 『砂上のいのち』 (音楽之友社 1978年11月20日発行 第1刷) 197・198ページに;


−−−むかしの小唄がうまいことをいっている。


A tu cara le llaman

Sierra Morena,

Y a tus ojos, ladrones

Que andan por ella.


   たとえようならお前の顔は

   シエラ・モレナの山脈よ

   お前のひとみはその山脈に

   住んでる山賊、にくらしや


百年ぐらい前まで、シエラ・モレナの山脈一帯には、名物の山賊が横行していた。アンダルシーアでは古来、黒いひとみをどろぼうにたとえる。それは若人のハートをぬすむからである。

(勝田さん、何も若人に限らなくっても−−−)


しかし起源のハナシをし出すと、スペイン語は、ってことにもなりますから、Arturo Ortega Morán, Domingo さんの締めくくりの言葉の様に、 『¡Vaya!, una canción que es 90% mexicana y 10% andaluza, buena forma de reflejar nuestro origen ¿no cree usted?. この歌の9割がメキシコ+1割がアンダルシアと云う比率は、我々(メキシコ人)の起源からして妥当だとは思いませんか?』 大賛成!!


で、以下幾つかの動画を紹介。各々に強烈な個性がありますね;


D

Titulo = PEDRO VARGAS - CIELITO LINDO


D

Titulo = Luis Aguilar - Cielito Lindo

Luis Aguilar, Rosita Quintana y Pedro Galindo en la película "Cielito Lindo" (1957).


D

titulo = carmen sevilla y pedro infante cielito lindo 1953

独特の裏声がイイですね!!


D

Titulo = Miguel Aceves Mejia-Cielito Lindo


キリがありませんから、最後にフラメンコで:

D

Titulo = ADELA LA CHAQUETA Y SU ARTE EN EL RECUERDO

6分過ぎあたりに Cielito Lindo が出て来ます。私はこのおばちゃんの唄が(も)大好き。


YouTubeで探すと、様々なバリエーション; 国、楽器、スタイル; があるのに驚かされます。それだけ世界中で愛された唄なのですね。その3では変わりダネを紹介。

2009-08-22

身勝手なアメリカ: 犯罪者の扱い

アメリカの様々な二重基準がよく取り上げられますが、考え様によっては常に首尾一貫しているのかも知れません; 『アメリカ大統領およびアメリカ国民の利益のためなら、アメリカは他国・国際規範に従う必要は無い』 明快ですね。そんな国が正義だ、平和だとのたまうから訳がわからなくなる。


このところ1988年12月21日発生したパンアメリカン航空103便爆破事件 への関与の疑いによりスコットランドにて服役中だったアブデルバゼット・メグラヒ容疑者が余命3ヶ月の末期の前立腺ガンと診断され2009年8月20日に温情措置で釈放後リビアへ帰国した件に関して、米英から非難の声が上がっています。


爆破事件で死亡した被害者の3分の2は、クリスマス休暇を利用して帰国する予定の米国人だったことを考えると当然の様に見えます。しかし被害者のご遺族には申し訳ありませんが、少なくともアメリカには今回の措置・リビアでの大歓迎について非難する資格はありません;


パンナム機爆破犯の釈放で米国内から怒りの声 「誤りだ」とオバマ大統領

8月21日20時54分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090821-00000609-san-int

−−− 複数の遺族の代理人を務める弁護士のマーク・ゼイド氏は「国家というものは国民の利益を守るためでなく、国家の利益を守るために行動する」と述べ、訴訟も検討する考えを示した。

アメリカ弁護士による売名行為およびカネ儲けに過ぎませんね。


爆破犯歓迎に反発強まる=王族のリビア訪問中止へ−英

8月21日23時31分配信 時事通信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090821-00000181-jij-int

−−−英スコットランド当局によって釈放されたパンナム機爆破犯のリビア元情報部員が帰国したリビアで大歓迎を受けたことに、英国が反発を募らせている。

確かに、カダフィ大佐手配の特別機で帰国のメグラヒ容疑者はトリポリ空港で大歓迎受けていましたね。(下に関連記事抜粋あり)


リビア元将校の釈放はスコットランドの「慈悲」、米国の厳罰主義との違い浮き彫りに

8月21日21時14分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090821-00000611-san-int

−−−死者270人のうち180人の犠牲者を出した米国は「テロ犯」釈放に怒りをあらわにした。一方、独立した司法権を持つスコットランド当局は、末期がんを患う元将校への「慈悲」を強調し、多くの州で死刑が残る米国の厳罰主義との違いを際立たせた。

これを書いた記者は、 『米国の厳罰主義』 などと云う見当違いを犯していますね。ロンドン駐在の高給取りのブンヤだろ、もっと勉強すべき。


リビア帰国を数千人が歓迎 米機爆破の元受刑者

配信元: 産経新聞 2009/08/21 09:29更新

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/mideast/292190/

−−−米パンナム機爆破事件で、英スコットランド当局が20日に釈放したリビア元情報将校のアルメグラヒ元受刑者が同日夜、母国リビアに帰国し、首都トリポリの空港で若者ら数千人の歓迎を受けた。

−−−元受刑者は到着に先立ち弁護士を通じて声明を発表。フランス公共ラジオによると、事件への関与を否定するとともに「この恐ろしい試練は帰国しても終わらず、解放されるのは自らが死ぬ時だ」と訴えた。

英米は、何故彼がリビアで大歓迎受けたのか? を考えたことは無いのだろうか?


2009年1月25日付け 『キューバと云う国: フィデル・カストロ と チェ・ゲバラ 』 で紹介した 米国の対キューバ経済封鎖解除決議、圧倒的大差で採択 中で、

−−−米国政府は、30カ国以上の企業に対してキューバへの輸出、金融、観光などを制限しています。一方でブッシュ政権は、自国に都合の良い、年間6億ドル近い自国の農産物のキューバへの輸出は許可しています。また、ブッシュ政権は、経済封鎖でキューバ国民の生活に悪影響を与える一方、米国に追随するキューバ国内の反体制派には、人道援助と称して昨年2億7000万ドルを供与したと述べています。これは、明らかに内政干渉行為です。また、こうしたブッシュ政権の欺瞞的な政策は、ブッシュ政権が、さまざまなキューバ政策で見せている二重基準政策のひとつでもあります。その最たるものは、五人のキューバ人愛国者を長期に拘留し続ける一方、1976年のキューバ航空機爆破事件の首謀者、国際テロリストのポサーダ・カリーレスを無罪釈放したことです。


との記載がありますね。いいですか、アブデルバゼット・メグラヒ容疑者が仮に真犯人だったとするなら、1976年10月6日発生の クバーナ航空455便爆破事件 の真犯人はルイス・ポサダ・カリレス (Wikipedia ”Luis Posada Carriles” 参照) です。アメリカの対応は;


事故の真相 (ウィキペディアよりの抜粋)


爆発が機体後部で発生したことから当初からテロによるものとみられていた。被疑者としてキューバのカストロ政権に反発する反カストロ主義者が考えられた。445便に偽名で搭乗してバルバドスで降りた2名のベネズエラ人をトリニタード当局が逮捕し、その自供から事件の首謀者としてルイス・ポサダ・カリレスら2名が逮捕された。


事件の裁判はベネズエラで行われたが、1980年9月に同国の軍事裁判所は「証拠不十分」を事由に無罪を宣告した。これは不可解なことにバルバドスの捜査当局が収集した証拠資料の提出が遅れた上に、翻訳(バルバドスの公用語は英語、ベネズエラの公用語はスペイン語)されなかったのが原因であるという。しかしルイス・ポサダ・カリレスが首謀者であったことが、2007年5月に機密指定が解除されたCIAおよびFBIの公文書において判明している。この中でポサダがCIAに長年協力しており、クバーナ航空455便を爆破した実行犯「エンジニアS」の一員であると断言されている


ポサダはその後もキューバに対するテロ活動を行っていたとされ、キューバの観光産業への打撃を狙った1997年のハバナにおける連続爆弾テロの時も、ベネズエラに滞在していた。しかし2005年4月になってアメリカ・マイアミへ逃走し、政治亡命を申請した。その際に、彼の顧問弁護士がアメリカ合衆国政府に保護される要件として、彼がアメリカのために対外破壊工作活動に協力してきた点を強調した。そのためか2007年5月8日、エル・パソ連邦地裁は、ポサダに対する全ての訴状を却下して、彼を釈放した。そのためベネズエラ、キューバ両国の外相は、テロ活動に対する「アメリカの二重基準」を厳しく批判した。


これがアメリカの真の顔ですよ。アメリカ国内では子供がひとり誘拐され死体で発見されただけ (失礼は承知ですが、比較のために敢えてこの様な言い方をします) でも大騒ぎになるのに、アメリカ政府が国外で正義の名の下今日この瞬間にも殺害している子供には目も向けない。アメリカ国内にはカネで自由を得た麻薬の売人やら反カストロ・チャベス派の犯罪者を沢山飼っているのに、他国が死を迎えようとしている容疑者を釈放したことに怒りを表明−−− 私の常識では到底受け入れ難い。


奇しくもアメリカ政府による暗殺委託がすっぱ抜かれました;

<CIA>アルカイダ暗殺を委託…04年、民間軍事会社へ

8月21日21時4分配信 毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090821-00000103-mai-int


−−− 報道によると、CIAは米同時多発テロの起きた01年、アルカイダ幹部の暗殺を計画。04年にブラック社に委託した。正式な契約はなく、CIAと同社の両幹部の個人的な合意で進められた。CIAは民間に「発注」することで、「問題が起きた場合も組織を守れる」と考えたという。


 ブラック社は02年、アフガニスタンのCIA事務所の警備を受注。その後、CIAの対テロ担当の複数の高官が同社に天下りした。同社は07年、イラクのバグダッドで警備員が「攻撃を受けた」として市民17人を殺害し、問題視された。


 米国ではCIAの秘密計画にも一定の規制があり、議会情報委員会への通告などが義務付けられている。しかし02年、当時のチェイニー副大統領が「CIAにはアルカイダ幹部を殺す権限があり、議会に報告する必要はない」と秘匿を命じたとの情報があるという。


でもこんなのは氷山の一角に過ぎません。アメリカは何をやっても許されるのです。国家・国旗・国歌への絶対忠誠を誓わされますが、日本もアメリカの5x番目の州にしてもらいましょうよ〜〜〜

f:id:El_Payo_J:20090822011915j:image

2009-08-21

日本はなぜリーダーになれないのか  その3: ”Why Japan Can't Lead” 2000年版 記事紹介

その2で紹介しました、2000年版記事のリンク先は;

Why Japan Can’t Lead

By W. Lee Howell, New America Foundation

Copyright © 2000 by The Center for Strategic and International Studies and the

Massachusetts Institute of Technology

The Washington Quarterly • 23:2 pp. 17–21.

THE WASHINGTON QUARTERLY SPRING 2000


このレポートは日本の政治の問題および選挙制度 (比例代表制導入など) について概観・考察し、日本は首相を直接選挙で選ぶべきだと主張しているだけ。アメリカにとって都合のよい方向 (そりゃそうです、首相一人を恫喝すれば言いなりになりますからね) へ行け、と云う御用学者のたわごとに過ぎませんから、特に今となっては読む価値ナシ。時間を無駄にしました。学ぶところは何も無い。子ブッシュが政権の座に就いてから何が起こりましたか? 国連を牛耳る権力を持ったひとりの狂人の手に国の、場合によっては世界の運命を任せるなんてそれこそ狂気の沙汰。(と、政治オンチの私などは思いますが)


でも考えてみれば、2000年当時も色々問題はあったのでしょうが今ほど深刻では無かった。カネが回っている限り、日本のリーダーシップなんて問題にもならなかった;

f:id:El_Payo_J:20090821233904j:image

投資環境レポート

出典: 野村アセットマネジメント 2009年7月号

※ ウィキペディア参照: GDP(国内総生産)


しかし今は、米欧日の経済は軒並みマイナス成長、BRICs期待の星中国も成長の伸びが急減速していますから、カネのみアテにされている日本なんて何の発言力もありません。これって、ヤバくありませんか?


そう考えると、昨日紹介した Aurelia George Mulgan 教授の指摘には感謝すべきかも知れません。他に誰もしてくれませんからね−−−

2009-08-20

『かつての超大国!日本はなぜ世界のリーダーになれないのか』 その2: Why Japan Can't Lead 記事紹介

新華網 (新華通信) が伝えたものとして昨日 RECORD CHINA に紹介された、米誌 ”World Policy Journal” 夏季号に掲載の 『日本はなぜ世界のリーダーになれないのか』 の原文の紹介と考察を;


World Policy Journal Home Page

Why Japan Can’t Lead

Aurelia George Mulgan

World Policy Journal Summer 2009, Vol. 26, No. 2: 101–110.


新華社と云うか反日の皆さまが喜びそうなフレーズで一杯のコラムですが、総体として、現在の欧米主導型の世界秩序を正としたひとつの考察に過ぎず、第二次大戦に関する歴史認識が東京裁判レベルであるためか、先住民を差別したり辱めたことなど無く、ハクゴウシュギなどというおぞましいコトバは存在しないため反省も謝罪も賠償もする必要のないオーストラリアの、ニューサウスウェールズ大学で日本の政治を教えるセンセイである割には皮相的な --- 靴の上から足を掻くレベル --- コメントに留まっている様に私には読めますね。 (私はセイジの分野は明るくありませんが)


また経済については無知のせいかあるいは意図的にか、現在の世界恐慌の元凶がアメリカであることもお忘れの様で。無管理の 「虚の経済」 のバブルがはじけ、恫喝や暴力をもって世界中にドルを流通させ自国の不始末のツケを世界中に回しているのは一体誰なの? そのおかげで潤って来た日本も責任を取れってことならまだわかりますがね。尻ぬぐいのリーダーシップなんて云うけったいなものを取らなければならないのなら、まずだれの責任なのか明確にさせないと。


しかしながら、欧米人の自分勝手な考察、と切り捨てる訳にはいかない、従って日本としてよく考えなければならない箇所が随所にあるのも事実。幾つか挙げますと (カッコ内は私のコメントです) ;


Japan’s maladies stem from three causes largely of its own making:

  • its loss of a distinctive national identity,
  • its international leadership deficit, and
  • its continuing economic and political travails.

In many ways, Japan now finds itself a ship without a rudder. Fifty years ago, Japan redefined itself as a model of economic development and a nation dedicated to peace. Neither image fits the Japan of the early twenty-first century.


Tokyo’s quest for a permanent seat on the UN Security Council is periodically resuscitated with token overseas missions, but a substantial gap remains between this long-term foreign policy goal and the ability of its armed forces to take on increasingly difficult and dangerous military operations. (私は国連はいまだに第二次大戦戦勝国連合の域を出ておらず、紛争解決の手段としてここに記されている通り軍事力の行使しか考えられない、今のままでは無用の長物と考えています。従いこの機関の常任理事国になると云うのは、現憲法下ではいかなる解釈を以ってしても不可能ですよ。)


Japan can’t lead in Asia because it lacks a broad following among the people and nations within its own region. Japan has never fully reconciled itself with Korea, China, and other countries that were the victims of its aggression in the World War II era, and who remain unwilling to accept Japan as the dominant political and military power in Asia. Several of these nations are hypersensitive to expressions of Japanese nationalism, historical revisionism, and any hint of a return to militarism. (上述の如く、テメエに言われたくはないぞ、って気はしますが、これがアジアの中での日本の評価であるのは悔しいですが事実)


Japan lacks a clear strategic direction and a positive vision of its future. Its continuing economic and political travails have left it unsure of its place in the world and what kind of power it wants to be. Far from being more assertive and more self-conscious of its own identity in world affairs, Japan risks turning inward as it deals with a palpable sense of national decline and loss of vitality. No nation has lost so much stature so quickly. Still, Japan is in no sense on the verge of becoming a small Pacific island nation like Tonga. It remains the secondlargest economy in the world, after the United States, with dozens of major multinational corporations in leadership industries ranging from electronics and automobiles to steel, textiles, and food. (描くべき将来像は、現在の体制やら手法を正としたものでは無い筈。 『国際社会』 と云うコトバの示すところは決して世界ではなく、ワシントンとそれに追従する落ち目の欧州地域の一部だけです。彼らの望む 『将来』 なぞxx喰らえ、です。その様な将来像描けないのであれば、それこそ 「暗闇でひとりぽっち」 になるのは目に見えている、と私はおもいますが)


この記事について調べていましたら、2000年にも同じ題名の記事が存在することに気付きました。その3ではその紹介を。



−−−ところで蛇足ながら、記事中政治家のセンセイたちが国会で午睡あそばしている写真が使われています。これは日本側で何とかして欲しいですね。勤め人がカイシャでこんなことやると、大変マズいことになるのですが;

f:id:El_Payo_J:20090820222858j:image

2009-08-19

かつての超大国!日本はなぜ世界のリーダーになれないのか―米誌  紹介

非常におもしろそうな記事を見つけました。オリジナル読んでいませんので、取り急ぎ紹介のみ;


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090819-00000032-rcdc-cn

かつての超大国!日本はなぜ世界のリーダーになれないのか―米誌

8月19日23時11分配信 Record China より抜粋


2009年8月18日、米誌「World Policy Journal」夏季号は「日本はなぜ世界のリーダーになれないのか?」と題した記事を掲載した。新華網が伝えた。

記事は、かつて経済超大国として世界のリーダーにもなり得る存在と目されていた日本だが、今や中国やインドなどの台頭によりすっかり影が薄れてしまったと論じた。記事によれば、日本は過去40年間、世界第2位の経済力だけを武器に国際社会で高い影響力を発揮してきたが、もともと政治や軍事面での実力は伴っていなかった。第2次大戦後、奇跡的な経済成長を遂げた日本だが今やその伝説も幻となり、大国としての地位すら危うい。 (以下略)

どんな考察がなされているのか興味があります。一読後再度扱ってみたいですね。

2009-08-18

翻訳家 山岡朋子さん その52: 南米エクアドルのこと その1

8月6・7・8日の3日間 セルバンテス文化センタ−東京 にて開催された、 『 Ecuador Contempora'neo - エクアドル の今』 と題される講演会・映画上映に出席することが出来ましたので、山岡朋子さんとは直接の関係はありませんが、 『ルス、闇を照らす者』 の舞台となったアルゼンチンと同じ南米と云うことで紹介します;


 8月6日  シンポジウム「エクアドルの今」&エクアドル音楽コンサート

 8月7日  エクアドル映画上映会

          「ウン・オンブレ・ムエルト・ア・プンタピエ」、

          「ヴァルドマアル氏の病症の真相」、

          「その日が来るまで」

 8月8日  ドキュメンタリー上映会 「ガラパコス」 3部作


映画についての紹介はここでは割愛、初日のシンポジウムでのメモに基づき、ガラパゴスとチキータバナナ以外日本では殆ど知られていない (実を言うと私もあまり存じ上げなかった; 機会が無かったので) エクアドルを紹介出来れば、とおもいます。シンポジウムの司会者は在日エクアドル共和国大使 ハビエル・ポンセ さん、講演者は大使の奥様でもいらっしゃる、ラテンアメリカ社会科学大学院教授の オラヤ・ハナシロ さん (ブラジル訛りが少し感じられました)および上智大学教授・同大イベロアメリカ研究所所長の 堀坂浩太郎 さんのおふたり。開始時間を間違えハナシロさん講演の大半は聞き逃しましたので、主に堀坂さんの講演からの紹介。


国名 「エクアドル」 はスペイン語で 「赤道」 を表すことはよく知られていますね;


f:id:El_Payo_J:20090818135343g:image

出典: http://www.ncm-center.co.jp/tizu/ekuadoru.htm


今まで紹介したのと同じ地形図 (西へ1000キロ洋上のガラパゴス諸島は除きます) を見ると、この小国の特徴がよくわかります;


f:id:El_Payo_J:20090818134839p:image

出典: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Ecuador_Topography.png


西の太平洋岸 (Costa)、東のアマゾン (Oriente) 、その真ん中を通るアンデス山脈 (Sierra) の3地域がこの小国を構成します。地理的にのみならず、人種・言語・文化も多様であり、正にバリエーションの多さがこの国の最大の特徴と云えそうです。 (以下、その2へ続く)


※ガラパゴス諸島にも観光客が押し寄せている様ですが、同じ南米チリのイースター島では島民が観光客の多さに抗議して一時空港を占拠した、とのニュースが流れていました;


イースター島、訪問客制限を=住民が空港を一時占拠−チリ

8月18日6時50分配信 時事通信 より抜粋

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090818-00000009-jij-int


−−−モアイ像で有名な南太平洋のチリ領イースター島で17日までに、島への訪問客数の制限などを求める住民約40人が、島の主要玄関口である空港を一時占拠、発着便が運航停止に追い込まれる騒ぎが起きた。−−−


日本でも先日の日食騒ぎでxx島で同じ様なことが起きましたが次回は26年後、でもイースター島にしろガラパゴス諸島にしろ毎日のことですからね。経済的には助かるものの、環境への影響やら島民の生活に与える影響やらマナーの悪い客の問題はありますよね。バランスが難しいところ。

2009-08-17

翻訳家 山岡朋子さん その51:  横浜開港150周年  (函館も!!)

立て続けに重〜〜い話題を扱っていると気が滅入って来ますので、8月13日久しぶりにヨコハマへ行って来ました。昨年2008年10月7日付け 『翻訳家 山岡朋子さん その12  国立国会図書館』 の中で2009年はペリー提督がらみのイベントが各地で開かれるので横浜へ、と書いたこともあるし、30年近く前住んでいたまちがどうなったかも見たかった。


国道1号沿いの、私が住んでいたマンションはまだ残っていました。気のせいか随分ショボくれた感じでしたが、まあそれは私も同じかも。通りの向かいにあった筈のバイクショップやらお世話になった銭湯は無くなっていましたね。小奇麗になった藤棚商店街の正式名称は 『藤棚地区商店街連合会(横浜市)』 、街頭アナウンスによると横浜開港150周年記念の150円 (クツはさすがに1,500円) の確かタイムセールをやってました;

f:id:El_Payo_J:20090817192744j:image

出典: http://www.navida.ne.jp/snavi/4090_1.html


それから 【横濱開港150周年記念テーマイベント「開国・開港Y150」】 を訪問することにしたものの、なにしろヨコハマは大きいため、イベント会場も ベイサイドエリア(横浜・赤レンガ倉庫周辺)ヒルサイドエリア(よこはま動物園ズーラシア隣接地区)マザーポートエリア(横浜駅周辺〜山下・山手地区) の大きく3つに分かれていましたので、昔時々散策していた桜木町駅周辺の 横浜みなとみらい21 エリア中の 日本丸メモリアルパーク を訪問。昔とすっかり様変わりした横浜駅の表示を頼りに、東横線が乗り入れているらしい?みなとみらい線でなんとかみなとみらい駅へ、そこから道を間違えながら大汗をかいて日本丸メモリアルパークへ;

f:id:El_Payo_J:20090817195459g:image


のんびりし過ぎてあまり時間が無くなってしまったので、 横浜みなと博物館 のみ一回り。歴史展示スペースには、山岡朋子さん(横山朋子さん名) も翻訳に関わられた 『ペリ−艦隊日本遠征記(英語版)』 もあったと記憶します。なおここにある ライブラリ は、リニューアル前は確か 【横浜マリタイムミュージアム・ライブラリ】 の名称で知られた海事専門図書館。私はあまり読まないまでも本はキライではありませんし、会社員時代ずっと輸出及び輸出物流に関わっていましたから、開架分の本の背は一通り眺めました。南米移民関係も僅かながらありましたのでぱらぱらっと読んでみました。HPから 蔵書検索 にて、書名の一部の単語でも検索可。ライブラリの使用のみでしたら入場料は100円で済むみたい。


さて以下特に断り無き限りウィキペディアより抜粋します。


歴史に関しては; 横浜港 参照頂くとして、要は

f:id:El_Payo_J:20090817205420j:image 出典: マシュー・ペリー
よく特徴を捉えていますね。


−−− 嘉永6年(1853年)、アメリカ合衆国のペリー提督率いる黒船が浦賀沖に来航(黒船来航)。翌嘉永7年(1854年)には再度来航し幕府の態度が表明されるまでの間、六浦湊外周の小柴舳沖(武蔵金沢藩(六浦藩)=横浜市金沢区)に2ヶ月間投錨。厳重な態度の幕府や乙舳海岸に陣を張り物々しい六浦藩とは裏腹に、民間レベルでは漁師の獲った魚や艦隊側のビスケットを差し入れし合うなどいち早くフランクな異文化交流が行われていたと記録されている。その後、幕府は神奈川湊の対岸にある武蔵国久良岐郡横浜村に応接所を設置してペリー一行を上陸させ協議に臨んだ結果、日米和親条約(神奈川条約)を締結した。その後、安政5年(1858年)には神奈川沖のポーハタン号上で結ばれた日米修好通商条約(安政五カ国条約)により神奈川の開港が定められた。(中略)


安政6年6月2日(1859年7月1日)、横浜港は開港し貿易を開始した。横浜市は6月2日を開港記念日としている。開港に先立ち幕府は横浜への出店を奨励する御触を出し、江戸の大商人や神奈川湊など江戸湾内の廻船問屋のほか全国から一旗揚げようと意気込む商人が集まり横浜は急速に発展した。 (以下略)


これは比較的よく知られた歴史ですが、実は北海道の 函館港 も同時期開港しており、規模は小さいでしょうが同じイベントハコダテ150 が催された様です。


−−−1854年3月31日(嘉永7年3月3日)に日米和親条約が締結されて同日開港の後、マシュー・ペリーは旗艦以下5艦を率いて同年5月17日(4月21日)に箱館湊に入港して測量などを行なった。この際、複数の乗組員が箱館とイベリア半島先端のジブラルタルがよく似ているとの印象を受けたという[5]。一方、この条約で翌1855年(安政2年)から薪水や食料の補給港として箱館が開港される事になったため江戸幕府は箱館付近を直轄領として箱館奉行を置き、湊の防衛と外交のために奉行所移転を進めた。1859年(安政6年)には砂洲の中央の南北方向に願乗寺川の掘割が作られ運搬用の小舟が運行できるようになり、同年7月1日(6月2日)に開港した。外国との貿易が始まると鯣、昆布などがイギリスやアメリカに輸出されたが横浜港や長崎港よりも貿易額はかなり低かった。 (以下略)


f:id:El_Payo_J:20090817211758j:image

出典: 上記 『ハコダテ150』


ついでに? 長崎港 についても横浜港・函館港同様、1859年7月1日(安政6年6月2日)横浜港とともに開港場となり、湊会所(現在の長崎税関の前身)を置きましたが、長崎市としては1571年を開港の年としている様ですね;


f:id:El_Payo_J:20090817214605j:image

出典: http://www.doboku.pref.nagasaki.jp/~kouwan/event/nagasaki_kaikou_20090427/20090427_nagasakikaikou.html


時間は十分あるとは言っても、さすがに函館・長崎は気軽に行ける訳ではありませんから、ぼちぼち横浜のイベントを訪問することに。

2009-08-16

懲りない欧米: ミャンマーの件

原爆記念日〜終戦記念日の一連の記事を書きながら横目で見ていて気になったのが、ミャンマーでのごたごた:


  • スー・チーさん有罪判決 世界中から怒りの声 から抜粋
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090816-00000561-san-int
    8月16日22時8分配信 産経新聞


    ミャンマーの民主化要求運動指導者、アウン・サン・スー・チーさん=最大野党、国民民主連盟(NLD)書記長=に対し、ミャンマーの特別法廷が有罪判決を言い渡したことに、世界中から怒りの声が上がっている。

  • スー・チーさん恩赦でタイがASEAN各国に書簡 から抜粋
    http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/asia/289983/
    配信元:産経新聞 2009/08/14 23:35更新


    加盟10カ国の意見が一致すれば、ASEANとして恩赦を正式に要求することになるが、数カ国は内政不干渉の原則から難色を示すとみられる。(共同)

  • 「判決に深刻な懸念」ミャンマー問題で安保理が報道機関向け声明 から抜粋
    http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/worldnews/289670/
    配信元:産経新聞 2009/08/14 09:06更新


    安保理議長国の英国など欧米のメンバーは当初、判決を非難する議長声明の発出をめざしていたが、「今回の問題は一つの国の中の司法問題で、安保理の関与は内政干渉にあたる恐れがある」と中国などが難色を示し、最終的に「非難」の文言が入らない報道機関向け声明という形で決着。ミャンマー問題で、統一した国際世論を打ち出していく難しさを改めて印象づけた。

  • ミャンマー政策見直しに悪影響と米政府 スー・チーさん有罪判決 から抜粋
    http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/288851/
    配信元:産経新聞 2009/08/12 09:05更新


    オバマ政権は3月にブレーク国務省東南アジア部長をミャンマーに派遣するなど、軍事政権との対話に向けた動きもみせた。しかし、クローリー次官補は「今回の結果を政策見直しに際し、考慮に入れる」と述べ、軍事政権に対して厳しい姿勢で臨む考えを示した。

世界中でかなり残忍な植民地支配を繰り広げた欧米先進国にどんな資格があってのことでしょう? 反省も補償も無いから懲りないのでしょうかね。


アウンサンスーチー さんは、イギリスからの独立を主導したが1947年7月に暗殺された 「ビルマ建国の父」 として今も敬愛を集めている アウン・サン将軍 の娘。スーチーさんは1991年にノーベル平和賞を受賞していますが、彼女が受賞に至るまでの経歴は、ウィキペディアによると−−−


1945年     誕生

62年−63年   インド デリー大学で学ぶ

64年−67年   英国 オックスフォード大学で学ぶ

69年−71年   米国 ニューヨークの国連勤務

85年−86年   日本 京都大学にて研究活動

88年4月     病気の母を看護するためにビルマに戻る

88年8月     シュエダゴン・パゴダ前集会で50万人に向け演説

??        国民民主連盟(NLD)の結党に参加

89年7月     軍事政権により自宅軟禁


軍事政権は1990年5月27日に総選挙を行い、アウンサンスーチーの率いる国民民主連盟が大勝した。しかし軍政側は権力の移譲を拒否した。激しい国際的な非難を招き、アウンサンスーチーは91年にノーベル平和賞を受賞した。賞金の130万ドルはビルマ国民の健康と教育のための基金の設立に使われた。

スーチーさんがビルマ(ミャンマー)で政治活動を行ったのは88年からであり、それもお母様の看病で戻っている時にアウンサン将軍の娘が戻っているぞ、と云うことで引っ張り出されたのがきっかけと聞き及んでいます。親の七光り、なんて失礼なことを言うつもりはなく、民主化運動のシンボルであることも大変結構ですが、ノーベル平和賞受賞に値するだけの活動実績があるのか、どうも理解出来ません。英米で教育を受けたエリートであることは確かですが、ミャンマー国内で本当に国民に支持されているのか?もよくわかりません。90年総選挙後の軍政による政権移譲拒否の非難の一環として与えられた、極めて政治的なノーベル賞と考えざるを得ません。


なおここで出典が示せないのですが、以前(数年前)この問題を調べていた際、アジアのさる国家元首がスーチーさんについて訊ねられた際、 「アメリカの傀儡に過ぎない」 と一蹴したと云う記事を読んだ覚えがあります。


英米メディアとそれに盲従する (=ミャンマー訪問して、自分の目や耳や足で取材することをしない *1) 日本の大手マスコミの報道を見ていると軍政が一方的に悪者になっていますが、本当にそうなのか? 90年、世界中から非難を浴びることは百も承知していた軍政が、何故総選挙で圧勝した国民民主連盟への政権移譲を拒否したのか? そのあたりにカラクリがありそうですね。選挙に当たって欧米企業や政府から莫大な資金援助を受けた、欧米にとって好都合な 『民主化』 を支援するグループやら情報操作の専門家が送り込まれていたことは想像に難くないのですが。そんな選挙、本来は無効ではありませんか?


軍政による殺りく行為やら国際法に違反する行為があるなら介入せざるを得ないのでしょうが、内政干渉は大きなお世話。見極めは難しいでしょうが。

.

*1:なお2007年に某通信社の契約ビデオジャーナリストであった長井健司さんが抗議デモの鎮圧を撮影中に射殺される事件がありました。これは、6月20日イランで射殺されたネダ・アグハ・ソルタンさんのケースと非常によく似ていると思います。

2009-08-15

64回目の終戦記念日 8月15日

64回目の、暑い終戦記念日ですね。愚行を繰り返さない様最大限力を尽くすことを誓って、戦没者の冥福を祈ります。黙とう、合掌−−−


予想はしていましたが、首相・参院議長の式辞とも、異常としか感じられませんでした;


首相: −−− 我が国は、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えております。国民を代表して、深い反省とともに、犠牲となられた方々に、謹んで哀悼の意を表します。 −−−


参院議長: −−− わが国の侵略行為と植民地支配により、アジア諸国をはじめ、広い地域の人々にも多大な苦しみと悲しみを与えた −−−


これが戦没者追悼式で話すべき内容でしょうか? 侵略行為・植民地支配があったのは事実ですが、それは戦没者に責任があるとでも言いたいのか? 戦争のみならず植民地支配も含めた戦争賠償・戦後補償ともに先人が日本国として艱難辛苦の末に完了しているのに、これらのコトバで何を言いたいのか? 過去積み上げて来たことを否定するってこと? 植民地支配やら侵略行為に対する謝罪はいつまでも続けるべきと云うなら、欧米先進国なんて一歩も先に進めない。いつまでも戦後を引きずることで何を狙っているのかが全く見えない。次の政権に対するイヤがらせ? 自虐史観と云うより政治屋の勘違い。自分の馬鹿さ加減を 『国際社会』 にアピールしている様なものです。コイツらに式辞を述べる資格などありません。こんなのが日本を代表することを許している我々有権者が馬鹿と見られますから、本当に情けない。海外での受け止められ方はどうなのか、大変心配。


ウィキペディア に限らず様々なサイトで説明がなされていますが、まず 『終戦記念日』 の定義を。昔学校で習った覚えはありますが、リフレッシュの意味で;

1.1945年8月15日: 日本軍の戦争当事者である昭和天皇が、戦争の終結を国民に告げた日。

2.1945年9月2日:  ポツダム宣言受諾の降伏文書に調印した日。

3.1952年4月28日: 日本本土において、第二次世界大戦後の米軍占領が終わった日。

4.1972年5月15日: 沖縄において、第二次世界大戦後の米軍占領が終わった日。


64年前の今日、いわゆる 『玉音放送』 が流された訳です。この録音は ウィキペディア 『玉音放送』 からも聴くことが出来ますが、YouTube から以下紹介します;

D

題名: 終戦の詔勅 (玉音放送)

この動画では、中央に実写画像、右に音読に相当する詔勅、左に現代語訳が表示されています。大変わかり易いもので、製作者に感謝。


また終戦記念日に際し、国立公文書館アジア歴史資料センター で、終戦に関するものを中心に太平洋戦争にまつわる資料が公開されています。一見の価値アリ;

f:id:El_Payo_J:20090814234619j:image

url = http://www.jacar.go.jp/shusen/index.html


ここ何日か、本来私の手には負い切れないほど広くて重たい話題について相当苦しみながら書いて来ましたが、本日終戦記念日をもっていったん(理由は後記)終了。最終回の今日は、私が茶番あるいはリンチと認識する東京裁判 (正式名称は 極東国際軍事裁判 ) について考察を試みます。なおリンクは断わり無き限り全て日本語版ウィキペディアです (私は内容が100%正しいとは思いませんが、参加者で創り上げるネット百科事典としてのこのサイトの在り方には賛同しますので。);


当シリーズ?その1で;

    • 無条件降伏 をした敗戦国として、茶番でしかない裁判により断罪された。同じ戦争裁判である ニュルンベルク裁判 の方がまだマシであった。レベルとしては、そうそう、サダム・フセインを縛り首にした軍事裁判とどっこいどっこい。
    • ただし東京裁判時 たったひとりの判事 が、戦争中のことにつき日本は無罪であるとの論陣を張られたものの、無視された。
    • 原爆投下に関しては戦勝国の行為ゆえ、当然の様に不問に付された。(ある意味ナチのホロコーストよりも残虐と思うが)

と記しましたので、概ねその順に展開しますね。


●裁判の公平性について


法的な側面について私が持っている知識は門前の小僧レベルなので、以下ウィキペディアより引用します;

概要


罪状は東條英機首相を始め、日本の指導者28名を「文明」の名によって世界征服の責任を裁くというもので、通常の戦争犯罪に加えて「平和に対する罪」でも起訴されたが、裁く側はすべて戦勝国が派遣した人物だったことから、"勝者の裁き"とも呼ばれる

ドイツの戦犯を裁いたニュルンベルク法廷が連合国の管轄下にあったのとは違い、本裁判はダグラス・マッカーサー司令官が布告する極東国際軍事裁判所条例に基づいて行われた。

そもそもチャーター(極東国際軍事裁判所条例)は国際法に基づいておらず、この裁判は政治的権限によって行われたとの批判があり、「事後法」や連合国側の戦争犯罪が裁かれない「法の下の平等」がなされていない不備など批判の多い裁判ではあったが、平和に対する罪などの新しい概念を生み出し、戦争犯罪を裁く枠組みをつくりあげる第一歩となったという評価もある。


評価


(中略) 具体的な研究としては裁判の公平性に関して次のような論説がある。

    • 審理では日本側から提出された3千件を超える弁護資料(当時の日本政府・軍部・外務省の公式声明等を含む第一次資料)がほぼ却下されたのにも拘らず、検察の資料は伝聞のものでも採用するという不透明な点があった(東京裁判資料刊行会)。戦勝国であるイギリス人の著作である紫禁城の黄昏すら却下された。
    • 上記に反論 - 検察側の提出した証拠と弁護側の提出した証拠のうち、却下されたものも採用されたものもほぼ同数であり、起訴された人が審理において格別不利に扱いを受けたというわけではない(粟屋憲太郎ら)。
    • 判決文には証明力がない、関連性が無いなどを理由として「特に弁護側によって提出されたものは、大部分が却下された」とあり、裁判所自身これへの認識があった。
    • 条例で定めているはずの日本語通訳が弁護人陳述中、途中で打切られることがあり速記録にさえ残らなかった。
    • また、日本語通訳の能力不足から、通訳が適切に行われないことも多かった。

上記は主に形式からの判断と思いますが、これでは現代の裁判とは呼べず、正に西部劇に描かれたリンチ・縛り首でしかありません。戦争裁判とはそんなもの、と云うことかも知れませんが。サダム・フセインを処刑するに至ったお子ちゃま裁判と同レベルですね。


ただし日本の場合、通常有り得ない 『無条件降伏』 であったことは考慮すべきか?

  • 古代から近代に到るまでの無条件降伏は、元首すなわち部族長、盟主、王などの身柄や生殺与奪の引渡しと武装解除に象徴されているが、統帥権の分立している近現代国家においては無条件降伏の判断要件は容易ではない。また 戦時国際法 の元では近代以前の意味での無条件降伏や投降は成立しない。
  • 国家が無条件降伏をしている場合、講和条約を締結するさいに戦勝国にこの条件で条約を受諾せよと提示された場合、法理論的には受諾しなければならない。
  • 日本国軍隊はポツダム宣言九条の条件(term)の下で無条件降伏した。
  • 政府の場合は、降伏が無条件の降伏ではなかったとする説と、無条件の降伏であったとする説とがある

降伏の形態は裁判とは関係ないのかな?


●たったひとりで裁判への異論を唱えた判事さん


これは、ラダ・ビノード・パール (英語:Radhabinod Pal, ベンガル語:রাধাবিনোদ পাল, ヒンディー語:राधाबिनोद पाल, 1886年1月27日 - 1967年1月10日) さんを指します。蛇足ながら、英語版 Wikipedia での紹介記事はプア。ネットの世界でも、リアルの世界での評価が反映されるのは少々悲しいですね。


一部抜粋では私の思い入れは伝わりませんから、最低限リンク先ウィキペディアの記事を参照して欲しいですね。私の東京裁判に対する評価は、パールさんの提出された意見書およびヒロシマ・ナガサキ原爆投下に対するコメントによるところが大きいのです。インドの判事さんですから、旧宗主国であるイギリスと対峙された経験も豊富であった筈。カネまみれのアメリカの弁護士は心から軽蔑しますが、必ずしも中立であった訳ではないにしろ、孤軍ご自分の信念と法律解釈に基づいて主張されたパールさんの筋金入りのプロとしての姿勢も生き方も心底尊敬しています。


パールさんについて初めて知ったのは、確か学生時代。今回一連の話題を書くにあたって様々なサイト (紹介出来なかったウィキペディアの記事は末尾にリンクを置いておきます) を眺めていて鮮明に思い出しました。今日の記事(の真似ごと)を書くにあたって少なくとも1冊読んでおこうと考えたのですが、いかんせん読むに値する書籍は皆相当の分量があり断念。これは来年の終戦記念日までの宿題とせざるを得ません。(辞書では無い文庫本でも1冊800〜900ページなんてのがあるとは−−−おまけに上下2巻)


パール判決書全文(英文)が出版された際の 東京裁判・原典・英文版―パール判決書: 刊行の辞 獨協大学教授 昭和史研究所代表 中村 粲: 出版社: 国書刊行会 (1999/07) ISBN-10: 4336041105 ISBN-13: 978-4336041104 へのリンクです。


●原爆投下に関する東京裁判での記録


ウィキペディアによれば、そもそもこの裁判では原子爆弾の使用など連合国軍の行為は対象とされなかったとのこと。勝てば官軍。この論理によるなら、もしドイツが勝っていたらホロコーストも不問に付された訳で、 (ただ実際にはニュルンベルク裁判は連合国の管轄下にあったので、そうはならなかったかも) やりきれませんね。


■総括


東京裁判が茶番であったとしても刑は執行済みでもありますから、判決のみならず裁判そのものが遡って無効であると主張することに私は何の意義も見出せません。国際法上も既に判例として認められている様ですし。しかし、我々が国内でそれをどう解釈するのかは引き続き議論されるべきですね。


では、東京裁判では裁かれなかった連合国軍の行為を裁くことはどうなのか? 戦争裁判ではなく 人道に対する罪 で裁く可能性はあると思いますし、その意義は今こそ十分にあると考えます。何年先のことかわかりませんが。


最後に、今回読了出来なかった 『パール博士 「平和の宣言」』 田中正明 編著、出版社: 小学館; 復刊版 (2008/02)、ISBN-10: 4093877718、ISBN-13: 978-4093877718 から以下抜粋してこのシリーズを終えます:


[91〜92ページ]


1952年11月5日中の島平和記念公園を訪問され、花崗岩に刻まれた 『安らかに眠って下さい、過ちは、繰り返しませぬから』 の碑文を通訳を介して二度も三度も確かめたうえで、


この”過ちは繰り返さぬ”という過ちは誰の行為をさしているのか。むろん日本人をさしていることは明かだ。それがどんな過ちであるのか、わたくしは疑う。ここにまつってあるのは原爆犠牲者の霊であり、原爆を落としたものは日本人でないことは明瞭である。落としたものの責任の所在を明かにして、”わたくしはふたたびこの過ちは犯さぬ”というのなら肯ける。

 この過ちが、もし太平洋戦争を意味しているというなら、これまた日本の責任ではない。その戦争の種は、西欧諸国が東洋侵略のために蒔いたものであることも明瞭だ。ただし、過ちをくり返さぬということが、将来再軍備はしない、戦争は放棄したという誓いであるならば、非常にりっぱな決意である。それなら賛成だ。しかし、それならばなぜそのようにはっきりした表現をもちいないのか」


明らかに占領下の卑屈になった日本の指導階級の”何もかもわたしが悪うございました”という、罪悪感を背負った詫び状の残滓である。


国民がその良心にゆがめられた罪悪感をになって卑屈になっているあいだは、進歩も発展もない。原爆を投下した者と、投下された者との区別さえもできないような、この碑文が示すような不明瞭な表現のなかには、民族の再起もなければまた犠牲者の霊もなぐさめられない


この言葉、57年後の今日もそのまま当てはまります。つまり、我々は57年の間何も学んでいない、進歩していないと云うことになりませんか???


●リンク集 (全て日本語版ウィキペディア)

戦争犯罪

平和に対する罪

侵略戦争

日本の戦争犯罪



※ 奇しくも今日は、応援ブログ書き出してからちょうど100投稿日目です。復刊を試みようとしている、山岡朋子さん(横山朋子さん)翻訳の 『ルス、闇を照らす者』 はアルゼンチンの暗部を扱った小説ですが、読み物として秀逸であると同時に歴史の俯瞰でもあります。今回日本の関わった戦争に関する歴史資料を色々読むにあたって、質のよい翻訳の重要性を再認識した次第。

2009-08-14

戦後64年経った今、何が未解決で残っているのか? その4

その4では、南京大虐殺についての補足と、その3で積み残した、アメリカとの接し方に関して。


まず南京大虐殺に関して: 本年5月16日付け 『オバマ新大統領発表の アフガン政策新包括戦略 Watch: その3』 の最後に紹介した ジョン・ラーベさん を扱った映画についての補足ですが、Wikipediaでは以下の様に紹介されています;

2009年に、ラーベを主人公としたドイツ・中華人民共和国・フランスの合作映画『John Rabe』が製作され、(中略)


この作品では、ラーベは利益を貪る冷徹な植民地主義者ではなく、中国人民を守るためなら日本軍将校の構えるピストルの前にも平気で身を投げ出す愛と善意の人である。また、日記 *1 でも証言されていない南京における日本軍の残虐行為が史実として描かれている。ただし、犠牲者の数について中国共産党の唱える30万人説は採っておらず、宣伝のキャプションでは「数千人が死亡か」となっている。


−−−ベルリンの失意時代に書かれたラーベの日記は、のち1996年に孫および当時ラーベ家の食客であった人物(元ドイツ中国大使)によって出版された。英語、中国語及び日本語に翻訳 *2 されている。また、一般的にこの日記は日本軍の南京における残虐行為を証言する内容を含むと誤解されているが、実際には中国人の間に日本軍による虐殺の噂があること、安全区において5件の殺人事件の通報があったことを伝えているだけで、ラーベ自身は1件の殺人も残虐行為も目撃・証言してはいない。さらに、日記では日本軍に対する告発のほかにも、難民が避難している安全区に砲台を設けたり、安全区内の空家に潜伏し、放火や掠奪行為を行う中国兵、市民を置いて逃亡した蒋介石政府と唐生智将軍など、中国側にとっても辛辣な記述があり、(以下略)


映画の場合、脚色に要注意ってことですね。オリジナルに脚色施されたものが映画となり、その映画が元となってさらに脚色され−−−と、際限なく利用者に都合よく変えられて行く可能性がある。検証するには出来る限り原作に近づく努力が必要ゆえ、質の良い翻訳があるとおおいに助かりますね。


で、今回の本題; アメリカあるいは英米との接し方を根底から見直すことについて。7月26日付け 『オバマ新政権の軍事政策 Watch: その13 オバマのガーナ訪問のこと』 で紹介した 米国モデルの輸出:市場と民主主義 *3 がもっともよく本質を表していると思いますので、改めて以下関連部分のみ抜粋して紹介します;

    • 問題になっているのが「民主主義」であるとき、手段を正当化するためにその目的を使う(民主化するために戦争をしかける)という誤りを犯し、そしてその過程で[民主主義を伝導しようという]神がかり的使命感をもつ国の指導者達はつねに変わらず、自信過剰、人種差別、傲慢という罪に感染しているのです。
    • マッカーサー将軍のGHQ本部が、完璧に民主的な「1947年の憲法」を事実上執筆し、それを日本の民衆に授けたということです。このとき日本の民衆は、それを受け入れる以外に選択肢がないという状況下にあったのです。

      ハンナ・アーレント *4 は、1963年に出版された『革命について』“On Revolution” *5 という本の中で、「政権によって国民に押しつけられた憲法と、国民が自らの政権を制定するときに武器として用いた憲法の間には、権力と権威において、巨大な違いがある」ということを強調しています。

      ハンナ・アーレントは、「第一次世界大戦後のヨーロッパでは、事実上あらゆる場合において、押し付けられた憲法は、政治を独裁制へと導くか、あるいは権力・権威・安定性を欠くことにつながってしまった」と述べています。
    • かくして日本は、独立した民主主義国家として発展するというよりもむしろ、冷戦時における従順で扱いやすい米国の衛星国家となり、さらには極端に硬直した政治制度をもつ国家になってしまったのです。

「米国は世界を進歩させる最高の商業的・道徳的お手本であり、また世界の紛争を裁く公認の裁決者である」 などと云う馬鹿な幻想を持っているならそれを捨て去ることですね。反米であれ、と推奨している訳ではありません。アメリカが日本の対等のパ−トナーであると思うならそれはそれで結構ですが、もっとパートナーのことを知れ、と云うこと。また明日の終戦記念日に際して、日本国憲法を金科玉条の如く扱うことが正しいこととは思えない。憲法は日本が戦争に参加しなくて済む免罪符ではありません。貴重な平和憲法だから死守しろと云うのであれば尚更のこと、アメリカに追従するのは論理の破たんと言わざるを得ません。死守したいなら憲法前文や第9条を本当に一字一句真面目に読むべきです。ひたすら内側だけを向いて日本だけが平和であればよいのですか?これだけ世界中が相互依存・補完しあうご時世ですよ。


歴史番組 (これ程操作しやすい番組はありません。ヒストリーチャンネルなど非常にスマートな宣伝を展開しており評価する視聴者も多い様ですが、幾つかのアメリカが当事者となっている史実に関しては明らかに偏っていますね) などでは色々きれいごとに飾られていますが、現憲法は終戦時押しつけられたものである、と私は認識しています。国民による見直しは絶対に必要と考えますが、見直しイコール平和精神の破棄を意味しません。国防イコール武装ではない筈です。無い知恵を絞って考えそれをカタチにしたものだけがこの国の憲法であるべき。ヒジョーに悪く言うなら、原住民を皆殺しにして建国した国の人間が作ったものを見直しもせず自国の根底に据え続けるのは我慢なりません。「xxを勝ち取った」・「自然を征服した」 に代表される、勝った負けたの弱肉強食的な発想は過去のものとしたいですね。


アメリカ (と云うより欧米) のやってることはおかしいな、と云うことは、特に途上国へ出張などで行く機会のあるビジネスパーソンなら、余程不注意で無い限り、様々な形で認識させられます。別に海外へ出なくとも、また外国語はわからなくとも翻訳の助けを借りて、日本xx新聞などアテにせず自分でものを観ようと心掛けていれば同じですが。でもそれを発信することがなかなか出来ません。睨まれたくないから。


アメリカに進出している(=相当規模の売り上げに基づき、資本を投下して雇用・生産・販売もおこなっている) 企業TOPの認識は恐らくどこも似たようなもので、 『外国資本に市場を開放してこれだけ自由に企業活動を行わせてくれる巨大市場がアメリカ以外どこにあるか。その点は感謝すべきである。アメリカは、その是非は別として明確な戦略に基づき外交を展開しているのは事実。それに比べて日本は−−−』 が本音では? アメリカでの単なる販売不振でさえ巨大企業の屋台骨を揺るがしかねないのに、まして対米従属を本気で見直すとなると様々な形で報復が想定されますから、産業界としては最低限現状維持したいでしょう。


では産業界を、言いかえると雇用を守るため隷属を続けるの? ってことになりますが、遅かれ早かれ日本はアメリカに見捨てられますよ。日本を代表する某起業家のコトバに、『松明は自分の手で』 と云うのがあります。暗闇の中先頭者のかざす松明について行く分には楽でよいが、それを吹き消されたらどうするの? って意味ですが。このままではこの国、気が付いたら暗闇でひとりぽっちになりますよ。相当の痛みは伴うものの、早めにこの先の行き方を自分で決めないと。

.

今週のお題: カバンの中身

以下 『カバン』 とは、日常携帯するものに限ります。旅行鞄などは都度都度違いますのでね。


子供の頃からカバンやらランドセルを持たされ、社会人になってからも当然の如く持ちました。私はブランドには一切興味がありませんが、理系くずれであることと、あまり信用はしていないもののA型のせいもあって? カバンの機能・造りに関してはオタクに近いものがありました。


生徒・学生時代は持つべきものがほぼ決まっていましたから問題は無いのですが、社会人となってからは様々。実は5年前持つのを止めたのですが−−−


ある年末、そういやオレのカバンには一体何が入ってるのだっけと思いひっくり返してみたところ; あ、これずぅ〜〜っと探していたのがこんなところに、とか、いけね、このハガキ1ヶ月以上投函するのを忘れてる・この報告書はなぜここに? とか、あれ、このスペースは使ってないからべたべたになってる、云々、完全にブラックボックス状態。加えて、(心配症?血液型のせい?)あれもこれも想定して色々持ち歩いていたものだから、同僚から「ドラえもんのポケット」と呼ばれたことも。


で試しにカバンを持つのを止めてみたら、これがなかなかカイテキ。満員電車では間違いなく片手が空いたし、無くする・忘れる心配がないし。その何年か前からPDAを常用しており、新聞は好みのものを数紙ダウンロードしてオフラインで読んでいたし、読み物も電子データ化されたものを入れてあるし、音楽・写真なども電子データで持ち歩いていましたから、通勤時必要なものは全て胸ポケットに収納可でしたし。同僚から 「いいねぇ、手ぶらかね」 と嫌味を言われて 「じゃああんたのカバンにの中身は? まさかカイシャの書類やらパソコン持ち歩いてるの? セキュリティー上問題だねぇ。」 と言い返せるカイカンも味わえるし。ドラえもんのポケットの出番なんて年に1度あればよい方だし、その日処理しなければならないものは手に持てばすぐ片付くし。


今週のお題であるカバンの中身の本題ですが、私の日常のお出かけミニマムセットを挙げると、

  • キーホルダー
  • ハンカチ (夏は小さなタオル地のもの; お洒落な訳ではなく、20数年前ヒゲを生やし出して以来必須なのです)
  • むき出しのお札 (札入れやら財布の購入コストよりはるかに小さな金額)
  • 中身入り小銭入れ (これはポケット痛めるし、ちゃらちゃらうるさいから)
  • 身分証明・タスポなどカード入れ (折り曲げるな、など制約あるので)
  • タバコ 一箱以上
  • ライター
  • PDA+モノラルのイヤホン (安全上、片耳は空けておきたい)
  • ケータイ (スマートフォンにすればPDAと一体化出来るのですが、事情があって)
  • スーパー「x友」のレジ袋を薄く畳んだもの (この頃、レジ袋辞退すると2円ばかり引いてくれるので)
  • 折りたたみのカサ (雨の時のみ)

カバンは無くても、寒くてスーツやらジャケット、場合によっては更にコートを着ている時はそれがカバンの代わりになりますが、問題は暑くて薄着になる時。ズボンのポケットは真ん中以外(?)パンパンに膨れ、左胸だけ巨乳状態。出来れば扇子も持ち歩きたいし。で結局、今更カバンに戻るのはイヤだから、暑い時のみ (とは言っても私は北出身なので、4〜10月は暑い) 取っ手部分が二重になったB5あるいはA4サイズの書店の袋に入れて持ち歩いています。ただ、昨日は三十年近く昔住んでいた横浜市某区を訪ね、懐かしの藤棚商店街でご飯食べそれからみなとみらいへ行きましたが、さすがにヨコハマへ行くのに袋もなんだなと思い、クラッチバックを持参しましたが。


カイシャ勤めは辞めましたから、暑いときの袋廃止のために、いわゆる作業服もいいなぁ、と考え出しています。シャツは両胸・二の腕の部分に、トラウザも前後左右のみならず両太ももの外側上下にポケットがあるタイプ。なおこれはスペインで教わったのですが、両靴下の外側もなかなか良い収納スペースです。骨折でもしない限り折れ曲がることが無いし、トラウザの裾に隠れるし、まず落とすことが無いので。お出かけセット中タバコ・ライター・レジ袋・カード入れ・扇子などはそこへ移すこと可。ただ取り出す時いちいちかがむ必要があり、かつ驚かれると云うデメリットはありますが。またベネズエラで教わったのは、腕の筋肉むきむきでなくとも、半袖Tシャツ袖の二の腕上部がぴったりしているなら、外側に軽いもの収納可。タバコなど理想的。下向きですから落としても知りませんよ。


結論: 中身は出歩くに当たって必要最低限のもの+α。ただしカバンは身につけることで廃止したい、ってのが私流。

*1:終戦までベルリン本社で海外出張する社員の世話をする庶務係として勤務した失意の期間に何年にも渡って書き綴っていた、後に「ラーベの日記」として再発見されることになる草稿

*2:南京の真実 (講談社文庫) 、文庫: 381ページ、出版社: 講談社 (2000/09)、ISBN-10: 4062649942、ISBN-13: 978-4062649940 と思われます。

*3:この資料は 寺島研究室「別館」HP に09年3月18日公開されたもの。オリジナルは Exporting the American Model: Markets and Democracy 、長いものではありませんので一読をお勧めします。なお数多くの著書があり日本の歴史・政治にも詳しいチャルマーズ・ジョンソン教授の経歴は Wikipedia "Chalmers Johnson" 参照。相当日本語ページはあまりにチャチなのでお勧めしません

*4:ドイツ出身のアメリカ合衆国の政治哲学者、政治思想家。経歴については ウィキペディア 『ハンナ・アーレント』 参照。

*5:翻訳が出版されています。文庫: 478ページ、出版社: 筑摩書房(ちくま学芸文庫) (1995/06)、ISBN-10: 448008214X、ISBN-13: 978-4480082145

El_Payo_JEl_Payo_J 2009/08/15 10:17 コメント頂きましたが、ブログの内容と全くそぐわないため削除させて頂きました。

2009-08-13

戦後64年経った今、何が未解決で残っているのか? その3

さてその3では、前回2で積み残した南京大虐殺の件。


その前に、今まで何気なく使用していた 『被虐史観』 なるコトバを 『自虐史観』 に変更します。とりあえず過去の記事中、その1とその2については変更済み。ネットで色々なサイトを見ると、『先の大戦では日本自身が悪うございました』 と言う意味では被虐史観・自虐史観の両方が使われている様ですが、 『被虐』 は私の語感ではマゾっぽいことすなわちイジメられることに快感を覚える趣味?ですから、イジメる主体が別にいるってこと。『ねえイジメて』 ってことですね。で、 『自虐』 は自分で自分をイジメる趣味なので、イジメてくれる他の主体の存在は必ずしも必要がない。 『自虐史観』 へあえて変更したのは、 『皆さんに言われるまでもなく私が悪いのです』 の方がなんとなく実態に近いかなぁ〜と思ったから。 『被虐史観』 のコトバを否定するものではありません。


Wikipediaの 南京大虐殺論争 によると、

学者・研究者の反応


肯定論者によると、完全否定説はほとんどの歴史家・専門の歴史研究者の間では受け入れられる傾向はないと主張する。


否定論者からは、逆に30万という大量虐殺説はほとんどの歴史家・専門の歴史研究者の間では受け入れられる傾向はないと主張する。実際、日本の研究者で30万人説はおろか、時代によって変遷する中国政府の公式発表を鵜呑みにして、その度に自説を変更している研究者はいない。


よって、多くの研究者は百から万のオーダーを推測している(小虐殺〜中間)がその差は激しく、仮に少なめに推測するならば、それは歴史上あえて取り沙汰するほどの規模ではなく、多めに推測するならば注目すべき事件となり、意義も変わってくる。


で、これらの論争に対して更に批判が存在する様です。中国側の出して来る南京虐殺も含めた日中戦争犠牲者の数字がその都度増えており、そのうち当時の中国の全人口を超えるんじゃないか、との揶揄も存在するとのこと;

f:id:El_Payo_J:20090813230131j:image

出典: ウィキペディア 反日教育


この問題にはどう対処するか? ヒロシマやナガサキの原爆での死者数だって、いまだに何が正確なのか判断がつかない筈です。南京のケースではさらに反日感情と云うやっかいな要素が加わりますから、なおさらのこと。以前、この件について語ってくれる方がいないのが残念、と云う趣旨のことを書きましたが、戦争と云う、私は幸いにして巻き込まれたことがない異常な状況下では何が起こったって不思議は無いと云う事実があると推測します。残虐な行為もあったろうし、その逆もあった筈です。目の前で親兄弟を撲殺・銃殺した鬼の様な日本兵もいただろうし、戦火の中地元のひとを背負って逃げてくれた日本兵もいたでしょう。


しかし確たる証拠なり記録が今となっては確認出来ないこと、また南京は中国ですから、その被害については昨日も紹介した周恩来さんと角栄さんが1972年に取り交わした 1972年の日中共同声明 中の 「五: 中華人民共和国政府は、中日両国国民の友好のために、日本国に対する戦争賠償の請求を放棄することを宣言する。 」 に包含される訳ですから、謝罪要求やら賠償請求には応じるべきではありません。これを否定するのは、中日両国民の友好まで捨て去ることですから。事実の追及は確かに別の形で続ける必要があるでしょうが、どこかでピリオドを打つ必要もあります。双方納得で、なんてのは不可能。それが戦争ですから、と云う以外に無いと思います。(何か決定的な証拠が見つかって国際法上で問題になれば別)


次に、その1で挙げたうち;

    • 戦後GHQの管理下に置かれ、もちろん先人の血の滲むような苦労があったにせよ時運も手伝い、経済的には奇跡的な発展を遂げた。しかしその過程で独立国としての自覚は徐々に失われ、アメリカのサイレント・パートナー (パートナーと云うと同格だから、実際はサーバント?) であることに甘んじる体質がしみついてしまった。悪く言えば、いまだにGHQの管理下にあるノリ。
    • 戦後、戦勝国であるアメリカから実質押しつけられたとは云え、あるいはその故に、戦争の放棄をうたった世界でも稀な新憲法が発布された。にもかかわらず、日本はアメリカが 『テロとの戦い』 などというふざけた侵略戦争を行うにあたってはそれを支援し、アメリカの実質的な核実験の強行には抗議しないくせに取るに足らない隣の小国の核実験には過剰に反応し、極めつけは、被爆国であるにもかかわらず 「アメリカの核の傘」 に入る、と云う不可解なことをやっている。与党はそれを 『国防』 と呼んで自慢しているらしい。

について。アメリカとの接し方は根底から見直すべき時期と思います。そうでなければいつまでも 「戦後は終わらない。」 もちろん、国民の総意があればアメリカに組み込んでもらってもいいのですが。前代未聞ですがね。


関係見直しは、カネのことを考えると決して容易なハナシではありません。私自身身を置いていた企業はアメリカ市場での売り上げが生命線でしたし、多くの企業も多かれ少なかれ同じ様な状況にあるでしょう。アメリカとの関係を損ねたくない。経済団体は猛反対するでしょうね。ある意味、刺し違えると云うことになりかねませんから。次回その4ではこの点を取り上げてみたい。 (尻すぼみになるだろうな〜〜)

2009-08-12

戦後64年経った今、何が未解決で残っているのか? その2

第2回目の話題は、戦後賠償の問題について;


    • 日本は戦後巨額の賠償金を支払ったものの、従軍慰安婦問題やら南京大虐殺やらについて責任を取れとの声が大きい。南京大虐殺については、どうもあるにはあったらしいが、人数がはっきりしない。そんなことは無かった、全くのデッチあげである、と言う意見は、ホロコーストは無かったと言うのと同じくらい犯罪とみなされている。 −−− 8月11日の記事より抜粋

Wikipediaの 日本の戦争賠償と戦後補償 によると、同時期の戦争とは直接の関係はない植民地支配なども含んだ戦争賠償・補償ついては、日本と被害各国との間で締結された条約・協定等により、あるいは履行された事と各地の軍事裁判で判決を受け入れたことで償われており、国際法上既に決着していると云うのが公式な結論ですね。なお一般的には、戦争賠償は国家間で処理される問題、戦後補償は被害者個人に対してなされる保証と云う区別があるそうです。


では、まず戦争賠償 (国家間) について。


外務省の 『賠償並びに戦後処理の一環としてなされた経済協力及び支払い等(外務省)』 よりその全体像を以下引用しますと;


f:id:El_Payo_J:20090812212844j:image


総額 1兆3,525億2,789万8,145円 の支払い で、1956年に制定された賠償等特殊債務処理特別会計法により処理され、1979年に支払い完了して廃止された経緯があります。


内訳は上掲のPDFに記載されていますが、その内訳の内容をWikipediaの分類で簡単にまとめると;

  1. 中間賠償
  2. 在外資産による賠償
  3. 連合国捕虜に対する補償
  4. 占領した連合国に対する賠償
  5. 準賠償 = 朝鮮に対する補償、 「占領した連合国に対する賠償」 に準じる賠償、その他の各種請求権
  6. 生産物・役務による賠償、ヒモつき援助、ODA

※ 外務省の資料では、更に戦前債務の支払いがプラスされています。


角度を変えて、現在反日感情がくすぶっていると思われる中国・韓国・北朝鮮について見てみると (出典:7.日本の具体的戦後処理(賠償、財産・請求権問題)) −−−


  • 中国: 日中間の請求権の問題は、1972年の日中共同声明 (日本は右声明において中華人民共和国政府を承認した)発出後存在していない。
  • 韓国: 1965年の日韓請求権・経済協力協定により、財産・請求権問題が解決されたことを確認するとともに5億ドルの経済協力(無償3億ドル、有償2億ドル)を実施した。
  • 北朝鮮: 北朝鮮との問の財産・請求権問題については、日朝国交正常化交渉の中で話し合われるべき問題であるが、2002年9月7日の日朝平壌宣言においては、「双方は、国交正常化を実現するにあたっては、1945年8月15日以前に生じた事由に基づく両国及びその国民のすべての財産及び請求権を相互に放棄するとの基本原則に従い、国交正常化交渉において誠実に協議することとした。」とされている。

北朝鮮との国交正常化に関しては、今日現在正式な国交は無いので未解決のまま、と云うことになりますね。Wikipediaによると、 「現在交渉中の日本と北朝鮮(朝鮮民主主義共和国)との国交正常化において北朝鮮側から大韓民国以上の補償を求められている。」 とのこと。拉致問題やら核実験など、日本の北朝鮮に対する感情は非常に悪いと言わざるを得ません。でも、2002年に多分北朝鮮側の誰かが政治生命をかけて5人の拉致被害者帰国を実現させた際、結果としてその顔を完全につぶしてしまったこと、拉致問題の制裁の意図もあって核問題などでアメリカの尻馬に乗って非難を続けていることなど、外交面での日本の幼稚な対応も問題だなぁ、と私は考えています。2002年は本当によいチャンスだったのに−−− お互いに憎しみあうだけですから、いつまで経っても何も解決しない。これって、明らかに日本にも責任がありますよ。それに北朝鮮は悪魔に支配された地獄の様に日本では報道されていますが、キューバのケースを知っている者としては、その情報の偏りが気になります。北朝鮮では、日本が悪魔として映っているかも知れませんし。ミャンマー (後日考察予定) しかり。


中国に関しては日中共同声明がありますから、中国政府として公式な請求など出来ないことは承知の筈。反日 キャンペーンの旗頭は多分、アメリカに本拠を置く 【世界抗日戦争史実維護連合会】 あたりでしょう。正直その内容にはあきれてしまうものの、世界中に拡がっている華僑ネットワークのチカラは侮れません。


次に戦後補償 (被害者個人に対する) について;


Wikipediaの該当部分をそのまま抜粋しますと;

慰安婦に対する補償


朝鮮や中国、台湾に住む元慰安婦と其の家族は日本政府に対し謝罪と賠償を要求する訴訟を度々起こしている。そのような人々に対して同政府は「反省の気持ち」を表明しているが、日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約などの条約で賠償義務は政府間で決着済みであるとしており、裁判所でもその旨の判決が下されている。またアメリカでも訴訟を起こしたが全て却下されている。


これも、公式には解決済みですね。外務省の 慰安婦問題に対する日本政府の施策 も参照。

(言わずもがなですが、私は役人は好きではありませんがこの記事中外務省の資料引用しているのは、それが日本国としての公式文書であり回答だから。)


最後に南京大虐殺について;


この問題も、Wikipediaの 南京大虐殺 など読む限り、今となっては正確なところが把握出来ない様ですね。南京大虐殺論争 と云う独立したページが設定されているくらいです。 (この項目はその3へ続く、とします。)



−−− こうして見て来ますと、おカネと云うことでは、正式な国交が無く未解決となっている北朝鮮を除いて私たちの先人がきっちり決済を完了しています。先の大戦を自虐史観から観るならば、 『加害者は被害者がもうよい、と許してくれるまでは頭を下げ続けなければならない』 となるのでしょうが、それが日本国民の総意とは思えませんし、正しいこととも思えません。


賠償・補償が法律的には完了したことを堂々と主張して認めてもらったうえで、そうは云っても−−−の部分を、例えば両国で共同調査を行って後世に残す算段をする、過去を補う以上のものを協力して築きあげることを考える、と云うのがまともではないか? と私には思えます。少なくともビジネスの世界ではそれが交渉です。


戦争とビジネスは違うって? 当ったり前ですよ。現在残っている問題は感情の部分です。そんな簡単には解決しませんよ。だから戦争はやっちゃあいけない、割に合わない、と言っているのです。

2009-08-11

戦後64年経った今、何が未解決で残っているのか? その1

8月15日の終戦記念日に向け、何が64年経った現在でも未解決で残っているのかを主に自分の認識の棚卸と刷新のために整理することに:


私は戦争そのものが犯罪と認識していますが、先の大戦の処理に際してそのような認識は当然無かった訳で。戦後処理について私の中に漠然とあるイメージは、幼稚で我ながら情けないのですが;


  • 無条件降伏をした敗戦国として、茶番でしかない裁判により断罪された。同じ戦争裁判であるニュルンベルク裁判の方がまだマシであった。レベルとしては、そうそう、サダム・フセインを縛り首にした軍事裁判とどっこいどっこい。
  • ただし東京裁判時たったひとりの判事が、戦争中のことにつき日本は無罪であるとの論陣を張られたものの、無視された。
  • 原爆投下に関しては戦勝国の行為ゆえ、当然の様に不問に付された。(ある意味ナチのホロコーストよりも残虐と思うが)
  • 東京裁判の判決により死刑となった軍人が靖国神社に祭られており、毎年どの閣僚が公人としてあるいは私人として参拝するか・しないかで国じゅうが大騒ぎをしている。(お花見はいいのかしら?)
  • 日本は戦後巨額の賠償金を支払ったものの、従軍慰安婦問題やら南京大虐殺やらについて責任を取れとの声が大きい。南京大虐殺については、どうもあるにはあったらしいが、人数がはっきりしない。そんなことは無かった、全くのデッチあげである、と言う意見は、ホロコーストは無かったと言うのと同じくらい犯罪とみなされている。
  • 日本国内には、「日本は悪いことをして戦争に負けたのだから、原爆を落とされても仕方がなかった」という極端な・病的な自虐史観、あるいは「日本は確かにアジア諸国を侵略したが、欧米のようなアコギなことはしなかった」という手前味噌?史観などがある。
  • いすれにせよ、日本は天皇陛下が何度か頭を下げられ不幸な過去について心を痛められたと記憶するものの、国民主権 (の筈の) 国家としてどの様に考えどの様に対応するのかいまだに明確にしていない。結果、事あるごとに戦争責任を持ち出され、アジアの中でもイニシャチブを取れない。にもかかわらず、国連常任理事国になりたいなどという身の程知らずな野心?を抱いているらしい。
  • 戦後GHQの管理下に置かれ、もちろん先人の血の滲むような苦労があったにせよ時運も手伝い、経済的には奇跡的な発展を遂げた。しかしその過程で独立国としての自覚は徐々に失われ、アメリカのサイレント・パートナー (パートナーと云うと同格だから、実際はサーバント?) であることに甘んじる体質がしみついてしまった。悪く言えば、いまだにGHQの管理下にあるノリ。
  • 戦後、戦勝国であるアメリカから実質押しつけられたとは云え、あるいはその故に、戦争の放棄をうたった世界でも稀な新憲法が発布された。にもかかわらず、日本はアメリカが 『テロとの戦い』 などというふざけた侵略戦争を行うにあたってはそれを支援し、アメリカの実質的な核実験の強行には抗議しないくせに取るに足らない隣の小国の核実験には過剰に反応し、極めつけは、被爆国であるにもかかわらず 「アメリカの核の傘」 に入る、と云う不可解なことをやっている。与党はそれを 『国防』 と呼んで自慢しているらしい。

主に以上の観点から、日数があまり無いし私の能力の問題もあるので一部の上っ面をなめるだけになるとは思いますが、順不同に考察の真似ごとをしてみたく。


手始めに、今日ののニュースで取り上げられていた、靖国神社参拝の件から;


今日 (8月11日) 付けだけでYahooの 靖国神社参拝問題トピックス には以下記事が列挙されています;

  • 鳩山代表 「靖国参拝せず、閣僚にも自粛求める」(毎日新聞)11日 - 20時1分
  • 鳩山代表 「靖国参拝せず、閣僚にも自粛求める」(毎日新聞)11日 - 20時1分
  • <鳩山代表>「靖国参拝せず、閣僚にも自粛求める」(毎日新聞)11日 - 19時53分
  • 鳩山代表「靖国参拝せず、閣僚に自粛」…民主政権なら(読売新聞)11日 - 19時10分
  • 首相として靖国参拝せず=非核三原則「法制化になじむか」−民主・鳩山代表(時事通信)11日 - 16時50分
  • 民主・岡田氏が野田消費者相の靖国参拝表明を批判(産経新聞)11日 - 15時51分
  • 塩谷文科相は「靖国参拝しない」(産経新聞)11日 - 13時26分
  • 中国報道「麻生首相の靖国神社“不参拝”」に反応さまざま(サーチナ)11日 - 13時20分
  • 河村官房長官は15日に靖国参拝せず(産経新聞)11日 - 13時2分
  • <靖国神社>野田聖子氏が参拝へ 中曽根氏は含み残す(毎日新聞)11日 - 12時44分
  • 野田消費者相が靖国参拝の意向=終戦の日「例年通り」(時事通信)11日 - 12時4分
  • 「五輪招致で変わった」石原都知事、終戦記念日の靖国参拝を断念=中国紙が報じる―東京(Record China)11日 - 11時33分
  • 「五輪招致で変わった」石原都知事、終戦記念日の靖国参拝を断念=中国紙が報じる―東京(Record China)11日 - 11時33分
  • 首相、靖国参拝見送り示唆(産経新聞)11日 - 7時57分

で、そもそもヤスクニジンジャとは? いつも目次・指針のひとつとしてお世話になっているWikipediaによると、


靖国神社(靖國神社、やすくにじんじゃ)は、東京都千代田区にある神社。旧称は東京招魂社。幕末から明治維新にかけて功のあった志士達から、戊辰戦争以降の日本の国内外の事変・戦争等、国事に殉死した日本の軍人、軍属等を主な祭神とする。

2004年10月17日現在246万6532柱が祀られており、そのうち大東亜戦争 (太平洋戦争、ただしインドシナ戦争などの大東亜戦争後のアジア独立戦争で戦没した者も含む。) で祀られているのが213万3915柱、と圧倒的に多い。と云うことは、何も戦犯として処刑された軍人だけが祀られている訳ではありませんね。戦後の合祀としては;

  • シベリア抑留等での死者、戦争終了後に自決した者
  • いわゆるA級戦犯とされ刑死した者、BC級戦犯として刑死した者は、昭和殉難者として祀られている。
  • 戦後に殉職した自衛官、海上保安官、政府職員などに関しては祀られていない(ただし、各県の護国神社で祀られることもある。)。

Wikipediaの説明を読んでいて本当に恥ずかしく感じるのは、GHQが靖国神社を焼き払おうとしてモメた際、意見を求められたブルーノ・ビッテル神父 (当時のローマ教皇庁代表かつ上智大学学長) のものとされる次の言葉が無駄になってはいないか?と云う点;

「いかなる国家も、その国家のために死んだ戦士に対して、敬意を払う権利と義務があると言える。それは、戦勝国か、敗戦国かを問わず、平等の真理でなければならない」

「靖国神社を焼却する事は、連合国軍の侵略政策と相容れない犯罪行為である」

「靖国神社が国家神道の中枢で、誤った国家主義の根源であるというなら、排すべきは国家神道という制度であり、 靖国神社ではない。我々は、信仰の自由が完全に認められ、神道・仏教・キリスト教・ユダヤ教など、いかなる宗教を信仰するものであろうと、国家のために死んだものは、すべて靖国神社にその霊をまつられるようにすることを、進言するものである」


級を問わず、東京裁判の判決で死刑となった方々は皆犯罪者でしょうか? 東京裁判の本質は戦勝国が敗戦国を一方的に断罪したリンチに過ぎず、強いて言うなら戦争に負けたことが犯罪と云うことになる、と私は考えます。命令を下す立場にある上級将校なら 「自分たちが負けたら、自分は戦犯として裁かれる」 ことを認識している筈です。戦争に勝てば英雄で、負ければ犯罪者、と云うのは、どう考えてもリクツに合いませんね。


戦争に駆り出されて戦死された方々のご遺族の気持ちを考えると、戦争に勝てばハッピーで負けたら駆り出した張本人を怨むのでしょうか? 違いますよね、どっちにしても亡くなられた方は帰って来ません。戦争に駆り出した国家なり体制を許さない筈です。名誉の戦死、おかげで戦争に勝てましたなんて、悪い冗談でしかありません。従って、戦犯だから祀ってはならない、祀ってあるところへ行ってもいけない、と云うリクツはどこかおかしいと感じます。戦犯かどうかを問題にすること自体が間違いなのでは?


ですが、多分すっきりした論理なり結論は無いでしょう。戦争は殺し合いですから。だからやっちゃあいけない、と私などは単純におもうのですが。後々収拾が付かなくなる。

2009-08-10

オバマ新政権の軍事政策 Watch: その14 アフガン戦闘激化 〜 イラクの二の舞

時節柄、戦争関連が続くとさすがに嫌気がさしますね。またか、の繰り返しですから−−−


想定されていたことではありますが、早くもアフガニスタンはイラクの (もっと言えばベトナムの) 二の舞の様相を呈してきましたね;


アフガン戦闘激化 米は再増派「小規模」 イラク二の舞い可能性

8月3日10時45分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090803-00000530-san-int より抜粋;


−−−アフガン駐留米軍の現有兵力は約5万7千人。今年末までに1万1千人が到着し、6万8千人になる。ただ、これでもイラクに増派された米軍の半分にすぎない。ゲーツ国防長官は同司令官が増派を望むならば応じる用意があるとの見解を示しつつも、「あくまで小規模」と述べている。


 ブッシュ前政権はイラク部隊への権限移行を急ぎ、一時、治安悪化を招いた。専門家からは、オバマ政権が一層の増派に消極的な姿勢を示し続け、アフガン部隊への早期権限移譲を図った場合、「米軍増派前のイラクのようになりかねない」との声も出ている。


この記事内での 『二の舞』 とは治安悪化のことを指しますが、実際には 『泥沼化』 が正解。この記事の文脈に沿い、イラクの二の舞を避けるために大規模な増派を行ったらどうなるか?結局イラクと同じ。山岡朋子さん (横山朋子さん) 翻訳の 『ルス、闇を照らす者』 に描かれたよりも大規模・残虐で巧妙に隠された人権蹂躙、子供を含む民間人の死亡 (と云うより殺戮。この言葉が強過ぎると言うのであれば、未必の故意によるゲーム感覚での殺人) 、そして米軍去った後の傀儡政権・独裁政権の誕生と、お決まりのコースを辿ることは火を見るより明らかです。


アフガン 米無人機による攻撃、南部で多発 子供ら犠牲に

7月30日12時8分配信 毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090730-00000012-maip-int より抜粋;


−−− 1月にタリバンが村にやってきて米軍の車列を銃撃。数分後、「パイロット席のない小型機」が飛来し、ミサイル攻撃を開始した。しかし、タリバンは村から逃げた後。長男(5)と長女(4)は空爆で倒壊した家屋の下敷きになり、まもなく息を引き取った。

 「米国はなぜ我が子を殺したのか。タリバンだと言うのか」。怒りを殺した静かな口調で問いかける。−−−(中略)


−−− 無人機は先端に取り付けられたカメラからの映像をもとに遠隔操作されている。2月に無人機による空爆で母親を失ったというサンギン地区の別の村から来たミルアジャンさん(35)は「安全な場所にいる人間が、痛みも分からずに遊び感覚で人を殺しているのだろう」と語った。


選挙にしても、何が民主主義だと言いたいですね。カルザイはアメリカの傀儡と思いますが、アメリカにとって都合が悪くなると濡れ衣を着せて失脚させる、タリバンのせいにして暗殺する、対抗勢力に肩入れして落選させる、アメリカのワンパターンのやり方です。決選投票に持ち込まれてごらんなさい、これも最近どこかで聞いた、 「選挙に不正があった」 キャンペーン、暴動を扇動して治安維持活動での不手際を撮影してネットで訴える−−−


<アフガン大統領選>20日実施、現職再選か 米の動き鍵に

8月9日18時25分配信 毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090809-00000020-mai-int より抜粋


−−− 人気低下に危機感を抱いたカルザイ氏は、前回大統領選に立候補したウズベク人軍閥トップのドスタム将軍やハザラ人軍閥のモハケク司令官らに新政権での重要ポストを提示し、選挙協力を要請。第1副大統領にタジク人軍閥のファヒム氏を迎えたことで、国内第一勢力のパシュトゥン人のカルザイ氏が「全民族和解」を印象づける。

 その上でカルザイ氏は、当選後にタリバン指導部と「本格対話を始める」と公言。タリバン支持層の取り込みも狙う。

 オバマ米政権は今春以降、カルザイ政権の「汚職」への非難を強め、カルザイ氏の実弟が麻薬密売に関与していると指弾。国内の「カルザイ非難」が高まる結果となった。さらに7月、ドスタム氏が01年11月に関与したとされる投降タリバン兵大量死事件の「調査」を命令。「カルザイ氏は戦争犯罪者の軍閥を取り込んでいる」と非難する人権団体と呼応し、カルザイ氏を揺さぶる。

 背景には、米国の後ろ盾で政権を維持しながら、米国批判を強めるカルザイ氏へのいらだちがある。しかし同氏陣営は、「将来的な米軍撤退も視野に入れた政権作りが必要」と立場の違いを示す。

 これに対し、他の有力候補は知名度が低く、民族を超えた支持の広がりには乏しい。このため、「決選投票に持ち込めば米国の支持が得られる」(アブドラ陣営)とカルザイ氏へのネガティブキャンペーンを強める戦術だ。


私は、先日紹介しましたマハティールさんの言葉 『戦争は犯罪だ。紛争解決の手段として用いられてはならない』 には諸手を上げて賛成します。無知で 「善良な」 アメリカ人 (と、それにあこがれる日本人も) は、自分達が正義のために犠牲を払って、「虐げられた」 国を解放するために戦っているのだ、と思っているのでしょうが、大きなお世話どころか大変な迷惑ですね。ハッキリ言うと、 アメリカの考える自由だの民主主義など、ひとの命と引き換えるほど価値のあるものではない


こんな国の国家元首が核兵器廃絶と口先では言っても、果たしてどの程度のことが出来るのか? どうせ自国の国益になることしか考えていませんって。

2009-08-09

長崎市への原子爆弾投下: 1945年(昭和20年)8月9日、午前11時02分

f:id:El_Payo_J:20090809070729j:image Wikipedia

この写真は米軍によって撮影された、3分50秒の16mmのカラーフィルムからの映像と思われます。1980年日本へ提供され、現在は長崎原爆資料館所蔵の様です。


今日は64年目のナガサキ原爆記念日、亡くなられた方々のご冥福を祈ります。


先日原爆による死亡者数を羅列しましたが、色々調べてみると実に様々な数字が出てきます。明らかな誤解・誤記もある様なのですが、長崎・広島両市の公式サイトで公表されている死亡者数を下記します *1

  長崎市  73,884 人 原爆の威力 原爆災害報告

  広島市  約14万 人 昭和20年(1945年)12月末までの推計

                 死者数(原爆被害の状況)

また、本日奉安された長崎原爆死没者名簿は、新たに死亡が確認された人3,304人の名前が書き加えられた14万9288人。(昨年までの分が145,984人)

※2009年9月7日訂正:

ながさき原爆被爆対策ウェブサイト >> 原爆死没者名簿 による最新の長崎原爆死没者名簿では14万9266人とのこと;

  f:id:El_Payo_J:20090907235531j:image


長崎市に投下されたものはプルトニウム原爆で、その3日前に広島市に投下されたウラン原爆の約1.5倍の威力があったものの、長崎市は周りが山で囲まれた特徴ある地形であり、熱線や爆風が山によって遮断された結果広島よりも被害は軽減されたとのこと。 (Wikipedia 長崎市への原子爆弾投下 からの抜粋)


さて平成21年長崎平和宣言ですが、オバマの 『プラハ演説』 が中心となっている点では広島のものと同じですが、単に尻馬に乗って画餅に帰しかねない美辞麗句を並べ立ててそれに酔うノリではなく、被爆都市ならではの視点から泥臭くより具体的な行動を提案し、世界に呼び掛けるものとなっています;

長崎平和宣言 からの抜粋;

  • 「核兵器を使用した唯一の核保有国として行動する道義的な責任がある」という強い決意に、被爆地でも感動がひろがりました。
     核超大国アメリカが、核兵器廃絶に向けてようやく一歩踏み出した歴史的な瞬間でした。

  • 核保有5カ国は、自らの核兵器の削減も進めるべきです。アメリカとロシアはもちろん、イギリス、フランス、中国も、核不拡散条約(NPT)の核軍縮の責務を誠実に果たすべきです。
     さらに徹底して廃絶を進めるために、昨年、潘基文国連事務総長が積極的な協議を訴えた「核兵器禁止条約」(NWC)への取り組みを求めます。インドやパキスタン、北朝鮮はもちろん、核兵器を保有するといわれるイスラエルや、核開発疑惑のイランにも参加を求め、核兵器を完全に廃棄させるのです。

  • --- そしてすべての世界の指導者に呼びかけます。
    被爆地・長崎へ来てください。
     原爆資料館を訪れ、今も多くの遺骨が埋もれている被爆の跡地に立ってみてください。1945年8月9日11時2分の長崎。強力な放射線と、数千度もの熱線と、猛烈な爆風で破壊され、凄まじい炎に焼き尽くされた廃墟の静寂。7万4千人の死者の沈黙の叫び。7万5千人もの負傷者の呻き。犠牲者の無念の思いに、だれもが心ふるえるでしょう。
     かろうじて生き残った被爆者にも、みなさんは出会うはずです。高齢となった今も、放射線の後障害に苦しみながら、自らの経験を語り伝えようとする彼らの声を聞くでしょう。被爆の経験は共有できなくても、核兵器廃絶を目指す意識は共有できると信じて活動する若い世代の熱意にも心うごかされることでしょう。

この宣言文は10国語に翻訳されており、大変説得力のあるものと私は判断します。これなら世界中のどの国でも好意的に受け止められるはず。


なおコトの本質とはあまり関係無いかも知れませんが、 『長崎平和宣言』 のHP および 『長崎市平和・原爆 総合ページ』 共に大変充実しておりかつ見やすい工夫がなされており、特に 平和宣言解説書 (これは日本語のみ) は出色の出来。是非ご覧あれ。広島市との単純な比較はもちろん出来ないしするべきでもありませんが、率直に言って私が長崎市HPと今回の宣言から感じるのは、その実直さ・誠実さです。


なお平和宣言に引き続いて奥村アヤ子さんが平和への誓いを朗読されましたが、本来この全文もHPに掲載・翻訳されるべきですね。(見方が悪いのか、見つけられない−−−)


さてこれで広島・長崎両市の平和宣言がなされましたから、次なるステップは日本政府の対応、と云うことはそれを選んだ我々有権者の対応が問題となります。宣言の中で要求されているのは;

  1. 日本国政府は、「黒い雨降雨地域」や海外の被爆者も含め高齢化した被爆者の実態に即した援護策を充実すると共に、今こそ省庁の壁を取り払い、「こんな思いを他(ほか)の誰(だれ)にもさせてはならぬ」という被爆者たちの悲願を実現するため、2020年までの核兵器廃絶運動の旗手として世界をリードすべきです。(広島の平和宣言)

  2. 日本政府はプラハ演説を支持し、被爆国として、国際社会を導く役割を果たさなければなりません。また、憲法の不戦と平和の理念を国際社会に広げ、非核三原則をゆるぎない立場とするための法制化と、北朝鮮を組み込んだ「北東アジア非核兵器地帯」の実現の方策に着手すべきです。(長崎の平和宣言)

  3. 原子爆弾が投下されて64年の歳月が流れました。被爆者は高齢化しています。被爆者救済の立場から、実態に即した援護を急ぐように、あらためて日本政府に要望します。(長崎の平和宣言)

1番の一部と3番は同じこと (被爆者の援護) ですね。ごく当たり前のことではあるが、それが遅滞なく実行されているかを有権者としては監視しなければなりません。私は原爆投下は 『人類に対するあからさまな犯罪行為』 と捉えておりますから、被爆者のケアの最終責任は加爆者 (加害者) にあると考えます。ただし同時に、この観方が認められるのは相当先のことだろうと云うことも認識しておりますから、直接・間接を問わず被爆者の高齢化を考慮して日本が立て替え払いをしておくことに異存はありません。

ただし、当たり前のことNo.2として忘れてならないのは、被爆者 (被曝者) は日本人あるいは日本在住とは限らないと云う点;

f:id:El_Payo_J:20090809171112j:image

出典: 中国新聞

認定どころか入国に際して様々な制約があることは想像に難くないのですが、ここは 『疑わしきは罰せず』 ならぬ、 『疑わしきは認める』 でやらざるをえないでしょう。高齢でかつ後遺症に苦しまれていらっしゃるのですから−−−


次に1番の一部と2番; 残念ながら、日本は 「国際社会」 では一人前のオトナとして認知されていません。その行動原理が単純にアメリカ追従ですから。カネがあるだけでは駄目なのです。また身内のアジア圏でもイニシャティブは取れません。前の理由に加えて、戦争責任を曖昧にしているから。従い、今のままでは世界やアジアのリーダーとなることは不可能です。会議の主催者にはなれますが。


ハナシを少し前に戻しますが、ヒロシマ原爆記念式典参加のため来日されたマハティールさん *2 から実に的を得たアドバイスを頂いています; (私個人的には憲法の部分は賛成し兼ねますが)


戦争は犯罪」=原爆の日を前に広島で講演−マハティール氏

8月5日18時56分配信 時事通信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090805-00000121-jij-int


 来日中のマレーシアのマハティール元首相(83)は5日、広島市中区で講演し、「戦争を犯罪と考え、拒否することによって世界平和を実現しよう」と呼び掛けた。マハティール氏は6日、同市主催の平和記念式典に出席する。

 講演で同氏は、これまで紛争解決手段として戦争が許されてきたと指摘。その上で「平和のために考え方を変えなければならない。人を殺すことは問題解決手段として受け入れてはならない」と訴えた。また、日本の憲法9条について「日本だけでなく世界がこのような憲法を持つべきだ」と力説した。

 講演後、夫人と一緒に平和記念資料館を訪問。前田耕一郎館長(60)の説明に何度もうなずきながら展示物を見詰めた。最後に記帳台に向かい「この展示を見た人が平和の必要性を理解し、人間が人間にもたらすこのような悲劇が決して起こらないことを願う」などと記した。 


.<広島原爆の日>マハティール氏「非核の訴え日本の義務

8月6日12時14分配信 毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090806-00000046-mai-soci


マレーシアのマハティール元首相が6日、広島の平和記念式典に初めて出席した。マハティール氏は毎日新聞の単独会見に応じ、「日本は核兵器を保有する米国などに対し積極的に非核を訴えるべきだ。それが世界で唯一の被爆国である日本の義務だ」と提言した。

 日本の若い世代に対しては、「憲法9条を守り、米国には友人として『悪いところは悪い』ということが大切だ」と述べた。

 マハティール氏は今回、講演などのため来日。5日に広島入りしした。式典後の記者会見で「広島で多くの方が核廃絶に向けて努力していることを知り、その思いを新たにした」と感想を述べた。

 オバマ米大統領のプラハ演説については、「核兵器廃絶に向けた小さな一歩。大切なのは核兵器の削減をどれだけ具体的に進められるかだ」との認識を示した。【重石岳史】


これから終戦記念日を迎えます。それまでに、何が未解決で残っているのかを少しずつ整理してみたいと考えています。


(このところ身辺整理やら原爆の日〜終戦記念日で忙殺されており、肝心の山岡朋子さん翻訳関連は少しお休み頂かざるを得ません −−−)

*1:なおこの変更は先日8月7日付け記事にも反映済み

*2マハティール・ビン・モハマド、マレーシアで1981年〜2003年まで6期22年の長きに渡り首相を務められた。独裁的・過激な発言などネガティブな評価も多いが、大の親日家。常に辛口の助言をされる、日本にとっては得難い友人、と私は評価しています。参考まで以下Wikipediaより抜粋


日本について

息子や娘を日本の大学に留学させたり日本に関する著書を出したり、あるいは政治の舞台から離れた現在では日本人と共同でベーカリーを経営するなど熱烈な親日家である。

「日本は、いつまでアメリカの言いなりになり続けるのか。なぜ欧米の価値観に振り回され、古きよき心と習慣を捨ててしまうのか。一体、いつまで謝罪外交を続けるのか。そして、若者は何を目指せばいいのか。日本人には、先人の勤勉な血が流れている。自信を取り戻し、アジアのため世界のためにリーダーシップを発揮してほしい」とアジア外交について述べ、日本政治の問題について助言をしたことは有名である。

一方、日本の経済成長をマレーシアの発展の参考にするなどしてきたが、現役時から現実的な目線で知られ、近年の日本経済停滞を批判的に注視している。

また、近年の日本の若者に茶髪が多いことを批判し、「従来のように日本に見習うのを止めるべきだ」と主張した。

2009-08-08

オバマが2009年4月5日プラハで行った演説のこと

広島の秋葉市長が平和宣言で言及した標記演説およびその論評の紹介を;


紹介の前にまず世界の核兵器所有 (潜在能力含む) の状況は;

f:id:El_Payo_J:20090808141237j:image

出典: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E5%85%B5%E5%99%A8

Wikipedia 『核兵器』 からの抜粋

日本はピンク色ですから、保有はしていないが開発能力あり、ですかね。でも情けないことに開発疑惑をかけられている可能性大。北朝鮮の保有は疑わしいかな? 我がホームグラウンド?の中南米はピンクか白ですから日本と同じ。チャベスが一度開発だか所有をちらつかせたとの報道を見た覚えがありますが、まずそんな馬鹿げたことはやらないでしょう。


上記サイト以外でも、様々な観点から描かれた地図が多数ありますね。例えば;

http://kakujoho.net/ndata/nstat.html

2007年の世界の核状況 (非常に詳細)

http://www.ne.jp/asahi/nozaki/peace/data/kaku_kuni.html

世界の核兵器国・核疑惑国一覧 (一覧性に優れる)


いずれにせよロシア・アメリカが群を抜いていますが、あのがさつな人達にその管理なんて出来るのか大変疑問。また人口当たりだとイスラエルは異常なレベルかも。


で、本題の演説を紹介しますね;


D

題名= The President in Prague

件の箇所は、上記動画のちょうど真ん中 13:48 あたりから。

この全文は幾つかのサイトで見られます。以下、一部??やら省略もありますがひとつ紹介;

http://prague.usembassy.gov/obama.html

Remarks of President Barack Obama


--- Just as we stood for freedom in the 20th century, we must stand together for the right of people everywhere to live free from fear in the 21st. And as a nuclear power - as the only nuclear power to have used a nuclear weapon - the United States has a moral responsibility to act. We cannot succeed in this endeavor alone, but we can lead it.


So today, I state clearly and with conviction America's commitment to seek the peace and security of a world without nuclear weapons. This goal will not be reached quickly - perhaps not in my lifetime. It will take patience and persistence. But now we, too, must ignore the voices who tell us that the world cannot change. ---


先日8月6日脚注で紹介の毎日新聞の記事 オバマ米大統領:核廃絶演説 唯一の核使用国、「道義的責任」に言及 ではこの演説について ≪中でも「核兵器を使った世界で唯一の核大国」として「道義的責任」に言及したことで、被爆国・日本の専門家の間では大統領の姿勢を肯定的に評価する声が強い。一方で、「原爆投下への謝罪ではなく、国益を優先したもの」との見方もある。≫ と評しています。


このブログは、副次的に 「西語をメインとした翻訳やコトバに関する様々な周辺考察」 を狙っていますから、以下演説の全文の紹介・翻訳を行っているサイトを紹介します。翻訳の苦手な私は秀逸な記事だと評価します;

http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/obama/obama_04.htm

アメリカ合衆国大統領 バラク・フセイン・オバマの

プラハにおける演説(オバマ プラハ演説)

(全文訳・コメント入り)


なおこのサイトは、広島在住のWebジャーナリストでいらっしゃる哲野イサクさんによるもの;

f:id:El_Payo_J:20090808044724j:image

http://www.inaco.co.jp/isaac/


この中で シリーズ「オバマ政権と核兵器廃絶」 を立ち上げていらっしゃるので、興味のある向きは定期的にチェックされることおススメ;


f:id:El_Payo_J:20090808044742j:image

http://www.inaco.co.jp/isaac/back/025-1/025_1.htm


例によって、 「Webジャーナリズム」 の日本での草分けと私は認識している、田中宇さんのサイトからも記事を紹介します;

http://tanakanews.com/090714nuclear.htm

オバマの核軍縮

2009年7月14日  田中 宇


この記事の最後に記載のある 「許されなくなる日本の核武装」 についてはどう思われますか? 世界唯一の、武器としての核兵器の被爆国 (放射線もれによる甚大な被害をこうむった国もありますので) 日本の進むべき方向とリスクをかなり具体的に示した、数少ない指摘だとおもいます。さすがに 「Webジャーナリスト」 として一日の長がありますね。


Wikipediaによる分類では、『大量破壊兵器 = 生物兵器 + 化学兵器 + 核兵器 + 放射能兵器 (汚い爆弾) 』だそうです。いずれも、被害が兵器使用時のみならずその後まで (加えて地理的にも) 拡大する性格のものですね。兵器は皆非人道的ではありますが、ヒロシマ・ナガサキの犠牲者を悼むと云う精神からこれらの兵器についてアピールすべきなのは、それらの使用が必然的にもたらす、終わることのない地獄の苦しみを二度と誰にもして欲しくない・させてはならない、と云う点以外では有り得ないだろうとおもいます。


オバマの発言には歴史的に大きな意義があることを認めるにやぶさかではありません。でも手放しで評価出来ないのは、これがアメリカ合衆国大統領の発言と云うより、オバマ個人の見解で終わる可能性があるから。先日考察した様に、アメリカ国民の強い支持があるとは云えない状況です。 ヒロシマがお祭り気分で尻馬に乗ることは、大変リスクが高いとおもうのですが−−−


(8月8日15:43にいったん公開しますが、一部手直しする可能性アリ)

2009-08-07

原子爆弾による人的被害について、原爆投下に対するアメリカ世論についての補足

8月6日記事について幾つかの補足を; 広島市平和宣言 の冒頭で 『−−− 64年前の放射線が未(いま)だに身体を蝕(むしば)み、64年前の記憶が昨日のことのように蘇(よみがえ)り続ける −−−(中略) 原爆の人体への影響が未(いま)だに解明されていない事実 −−−』 と述べられている様に、原爆 (核兵器) の本当に恐ろしいところは、その場だけの殺傷ではなく、爆撃後の放射能被爆・被爆後遺症・子孫への遺伝により犠牲者が増え続けることですね。


また、被爆後の混乱と都市壊滅による人口資料の喪失などにより一体何人が犠牲となられたのか正確に把握することも難しい様です。このあたりの事情に関して、以下、【10代がつくる平和新聞 ひろしま国】 に過去掲載された力作を紹介しておきます;

【10代がつくる平和新聞 ひろしま国:8.6探検隊【原爆の犠牲者数なぜなぜあいまいなの <上>】

【10代がつくる平和新聞 ひろしま国:8.6探検隊【原爆の犠牲者数なぜなぜあいまいなの <下>】


犠牲者数は水増しか? および他サイトから深く検証せずにかき集めてみると (記録が乏しく実態が把握し切れない軍人及び朝鮮半島から強制的に連行され広島で作業していた方々が含まれる・含まれないが混在していると思われます);


  • 被爆当日の死亡者は、長崎市73,884人
  • 1945年(昭和20)12月までの原子爆弾による広島市の死者数は,約14万人と推測
  • 1950年(昭和25)10月までの原爆による死亡者数は、広島約20万、長崎約14万と推計
  • 1990年(平成02)5月15日の厚生省発表によると、被爆者の死没は広島が201,990人、長崎が93,966人
  • 2008年(平成20)8月5日現在 広島の原爆死没者名簿; 258,310名、平成20年8月9日奉安分長崎 145,984人
  • 2009年(平成21)8月6日奉安分 広島原爆死没者名簿 新たに死亡が確認された人5、635人の名前が書き加えられた26万3945人

正確な数字がわからない以上丸い数字で把握するしか無い訳ですが、それでもハッキリしているのは、原爆投下時に亡くなられた方の数とほぼ同数の方が投下後亡くなられていると云うこと。更に残酷と思うのは、原爆投下後亡くなられた方は例外なく後遺症に苦しまれた筈だ、と云う点。64年経った今でも、ご家族共々苦しんでおられる方がいらっしゃると云うことが、核問題の本質と思いませんか?それでもこの被爆国は、某国の核の傘に頼るのでしょうか? 私は別にアカでもアオでもありませんが、どう考えても納得出来る理由が見当たらない−−−


で一方、加爆(加害)国はどうか? 最近実施された世論調査をひとつ見つけましたので紹介します;


http://www.afpbb.com/article/politics/2627862/4427553

米国人の6割「原爆投下は正しかった」、米世論調査

2009年08月05日 10:24 発信地:ワシントンD.C./米国 からの抜粋


−−− 世論調査によると、原爆投下を支持する意見は年齢が上がるにつれ顕著に増加しており、55歳以上の回答者では4分の3近くが支持している。一方、18-34歳では50%、35-54歳では60%にとどまった。


 キニピアック大学のピーター・ブラウン(Peter Brown)氏は、「第2次大戦の恐ろしさが記憶に残っている回答者は、圧倒的にトルーマン大統領の決断を支持している。その一方で、冷戦時代の核の恐怖の下で育った世代以下の回答者では支持する意見は少なくなっている」と指摘した。 −−−


August 4, 2009 - Bombing Hiroshima Was Right, Amercian Voters Say 3-1, Quinnipiac University National Poll Finds が元の記事です。短いものですから、辞書片手に読まれることオススメ。


これを見て愕然とするのは、18−34歳の若い世代でも半分は原爆投下は正当であったと回答している点。(年寄りは間もなくいなくなるので放っておけばよいとして。)これは教育の結果としか言いようがない。さすが国家に絶対忠誠を誓っているだけあって、実によく飼い慣らされています。その意味だけでは、政府を信用していない多数の日本国民の方がまだ健全?かも。南北戦争以来、9−11と云う小規模な (比較の問題ですよ、念のため) デキゴトを除いて本土が焦土と化したことの無い国ですしね。


北朝鮮? アルカイダ? 相手を間違えてはいけない、核戦争のボタンは一体誰が握っていると思っているのか −−−


注: 原爆投下時の死亡者数を訂正しました。 2009年8月9日反映。

2009-08-06

広島市への原子爆弾投下: 1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分 およびアメリカで教えられている原爆のこと

f:id:El_Payo_J:20050801111351j:image 写真の出典:

 http://www.nagasaki-np.co.jp/peace/2005/kikaku/02/27.html


今日はヒロシマ原爆記念日、もう64年が経つのですね。合掌−−−


でも今年の平和宣言には正直がっかりさせられました。そう感じるのは私だけかも知れませんし、大変重たい話題でもあるので、9日のナガサキ原爆記念日までに何回かに分けて考察して見たいとおもっています。ではどこがひっかかるのか?


広島市平和宣言 からの抜粋


−−−今年4月には米国のオバマ大統領がプラハで、「核兵器を使った唯一の国として」、「核兵器のない世界」実現のために努力する「道義的責任」があることを明言しました。核兵器の廃絶は、被爆者のみならず世界の大多数の市民並びに国々の声であり、その声にオバマ大統領が耳を傾けたことは、「廃絶されることにしか意味のない核兵器」の位置付けを確固たるものにしました。

 

それに応(こた)えて私たちには、オバマ大統領を支持し、核兵器廃絶のために活動する責任があります。この点を強調するため、世界の多数派である私たち自身を「オバマジョリティー」と呼び、力を合せて2020年までに核兵器の廃絶を実現しようと世界に呼び掛けます。その思いは、世界的評価が益々(ますます)高まる日本国憲法に凝縮されています。−−−


−−−最後に、英語で世界に呼び掛けます。

 

We have the power. We have the responsibility. And we are the Obamajority.
Together, we can abolish nuclear weapons. Yes, we can.

2009年(平成21年)8月6日

広島市長 秋 葉 忠 利

(注)英語部分の訳は次のとおりです。

私たちには力があります。私たちには責任があります。そして、私たちはオバマジョリティーです。
力を合せれば核兵器は廃絶できます。絶対にできます。


4月5日オバマがプラハで行った演説 *1 はもちろん存じ上げておりますが、ヒロシマの平和宣言をそれに乗っけるのはいかがなものか? 単なるオバマへのよいしょではないか。 敢えてそれに触れるのであれば、オリジナルの演説をよく分析したうえでヒロシマならではのメッセージを加えて欲しかったですね。 また、具体的に何を以って 「日本国憲法の世界的評価が高まる」 と言っているのか? これでは 【アメリカの属国・ 反核一点張りで反戦の意志が見られない国】 と云うネガティブな評価が強調されるだけ、と感じます。 そのせいか、最後の英語での発信部分には品も力強さも無いし、説得力が無いなぁと感じます。 まあ、日本国政府がアテにならない以上これでよい、と云う評価もアリかも知れませんが、その場合でも私は 「オバマジョリティー」 には加わりたくありませんね。 アメリカの国益だけのための活動はしたくありませんので。


発表された長崎平和宣言の骨子にもオバマ米大統領演説への評価が盛り込まれている様ですから、とりあえずそちらに期待。


そうそう、お世話になっているYAHOOサイトで、 『日本は核廃絶に向けて役割を果たしている?』 と題されたアンケート調査行っていますから、参加されてはいかが?


一方、オバマのプラハでの演説についてはどうか? 大統領としての発言ですから国民の意見やいかに? は大変興味があります。以下、原爆を投下したエノラ・ゲイ号に乗り組んだ最後の生き残りのおひとりのコメントが掲載されていましたので紹介しておきます;


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090803-00000000-maip-int

エノラ・ゲイ乗組員 広島の放射線被害「これほどとは…」

8月3日2時30分配信 毎日新聞 より抜粋


1945年8月6日、広島に世界初の原子爆弾を投下した米軍のB29爆撃機「エノラ・ゲイ」乗組員(12人)の一人で爆発物の監視を担当したモリス・ジェプソンさん(87)が2日までに、米ラスベガスの自宅で毎日新聞とのインタビューに応じた。ジェプソンさんは、64年後の今も被爆者の後遺症が残っていることについて「放射線被害がこれほど大きいものとは思っていなかった」と述べた。また、原爆使用についてオバマ米大統領が「道義的責任」に言及したことについて、「間違っている」と批判、「戦争早期終結のためだった」と使用を改めて正当化した。


 ◇オバマ大統領の道義的責任発言「世間知らずで間違い」


 −−−(中略)ジェプソンさんは「窓から(キノコ)雲と火が広がっていくのが見えた。多くの命が奪われ、多くが破壊されていることを意味した。うれしいことではなかった」と語った。


 現在も残る放射線被害については、「(原爆を開発した)ロスアラモス研究所自体、これほど被害が大きいことは理解していなかったと思う。米国の物理学者も驚いた。当時のトルーマン大統領でさえ知っていたとは思えない」と語った。


 だが、当時は米軍の本土上陸作戦が近づいていたと説明、「上陸すれば、米兵だけでなく、日本兵や一般の日本人の多くが犠牲になることは明白だった。原爆は戦争を早期に終結し犠牲を回避するための唯一の選択だった」と述べた。


 その上でオバマ大統領が4月にチェコ・プラハで原爆使用国としての「道義的責任」に触れ、「核のない世界」を目指すと述べたことについて、「原爆を使用した米国を罪だとしており、あまりにも世間知らず(ナイーブ)な発言だ。彼は我々の世代が死亡するのを待っている」と批判。将来、米大統領が被爆地を訪問することになった場合、「とても悪い気分になるだろう」と述べた。【ラスベガス(米ネバダ州)で小倉孝保】 (以下略)


許容される基準を超えて引用してしまった様な気がしますが、あえてそうする理由は、ジェブソンさんの発言が正にアメリカの教科書で教えられている 「史実」 そのものと思われるため。つまり、これが大半の愛国心 *2 に富んだ 「良き」 アメリカ人の認識と思われます。 また、原爆 (核兵器) は究極ではあるが最後の選択肢として容認されている、と云うことも出来る。 ただし広島・長崎への原爆投下が当時本当に 「唯一の正しい選択だった」 かどうかについては議論があると聞いたことはあります。戦略上原爆投下の必要は全くない *3 との認識にもかかわらず、時期と相手から判断して実際に使って試す絶好の機会、とする勢力が強かったのでしょう。誰とはあえて言いませんが。


.

*1:オバマ米大統領:核廃絶演説 唯一の核使用国、「道義的責任」に言及
<世の中ナビ NEWS NAVIGATOR 国際>
毎日新聞 2009年4月7日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/world/obama/archive/news/2009/04/20090407ddm002030034000c.html?inb=yt 参照

*2:蛇足ですが、日本にはアメリカ教の崇拝者は多いものの、それを支える愛国心だの国家・国歌・国旗への絶対忠誠だのはすっぽりと彼らの認識から抜け落ちている様で。

*3:Wikipedia 【東京大空襲】 url = http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E7%A9%BA%E8%A5%B2 参照

これも議論を呼びそうな記事ですが