Hatena::ブログ(Diary)

翻訳家 山岡朋子ファンクラブ初代会長の日記 RSSフィード

【09Dic10 00:45 更新】
※ NZ炭鉱爆発事故関連リンク;
  ☆Stuff.co.nz / Pike River: Full coverage (複数メディアをカバー)  ☆Greymouth Star/ Pike River Disaster(地元メディア)  ☆Pike River 社 Home



※ ケーブルゲート 関連リンク;
  ☆Wikileaks 総合目次  ☆Wikileaks Secret US Embassy Cables  ☆Wikileaks Facebook  ☆WikiLeaks - Wikipedia  ☆SaveWikileaks.net  ☆Leaks  ☆United States diplomatic cables leak - Wikipedia  ☆guardian.co.uk 特集TOP (英語)  ☆EL PAÍS.com 特集TOP (西語)  ☆LeMonde.fr 特集TOP (仏語)  ☆SPIEGEL ONLINE 特集TOP (英語)



『翻訳』 とは、異なる言語間で文章を置き換えて表す技術です。 『ルス、闇を照らす者』 と云う翻訳書の背景およびそれに込められた普遍性のあるメッセージの考察をコアに、 「翻訳」 された米州を中心とする国際情勢に関する記事や話題、フラメンコ・一部フォルクローレ・ハンパな理系の話題など私の趣味の世界も紹介します。


カテゴリー


2010-02-28

チリ大震災

日本で心配された津波も、準備および対策が実行されたおかげで幸いにして現時点で人的被害は報告されていない様です。最新の状況は;


【チリ】






【津波】


  • 気象庁|地震情報 による日本国内の状況;


    *** 日本の津波の観測状況(最大の高さ0.4m以上を観測した地点、16時30分現在) ***


    根室市花咲浜   15時48分 0.9m
    浜中町霧多布港 15時04分 0.4m
    むつ小川原港    15時52分 0.6m
    久慈港       15時49分 1.2m
    宮古        15時42分 0.4m
    釜石        15時39分 0.5m
    相馬        15時35分 0.6m
    仙台港       15時41分 0.9m
    いわき市小名浜  15時09分 0.5m
    銚子         14時37分 0.4m
    御前崎        15時16分 0.4m
    田原市赤羽根   15時40分 0.4m


    *** 防災上の留意事項 ***


     今後も太平洋沿岸では、1〜3m程度の津波が予想されますので警戒してください。


    • GAUGE LOCATION LAT LON TIME AMPL PER
    • ------------------- ----- ------ ----- --------------- -----
    • OFUNATO HONSHU 39.0N 141.8E 0559Z 0.41M / 1.3FT 48MIN
    • OMAEZAKI HONSHU 34.6N 138.2E 0616Z 0.34M / 1.1FT 70MIN
    • HANASAKI HOKKAIDO 43.3N 145.6E 0636Z 0.82M / 2.7FT 24MIN
    • DUTCH HBR UNALASKA 53.9N 166.5W 0325Z 0.18M / 0.6FT 28MIN
    • ADAK AK 51.9N 176.6W 0412Z 0.35M / 1.2FT 20MIN
    • GUAM US 13.4N 144.7E 0307Z 0.16M / 0.5FT 34MIN
    • DART SAIPAN 52401 19.3N 155.8E 0355Z 0.08M / 0.3FT 18MIN
    • MIDWAY 28.2N 177.4W 0137Z 0.28M / 0.9FT 10MIN
    • WAKE US 19.3N 166.6E 0259Z 0.26M / 0.8FT 12MIN
    • SITKA AK 57.1N 135.3W 0111Z 0.08M / 0.3FT 24MIN
    • NAWILIWILI KAUAI 22.0N 159.4W 2323Z 0.37M / 1.2FT 10MIN
    • HONOLULU OAHU 21.3N 157.9W 2200Z 0.25M / 0.8FT 46MIN
    • DART TONGA 51426 23.0S 168.1W 2003Z 0.04M / 0.1FT 32MIN
    • CRESCENT CITY CA 41.7N 124.2W 2213Z 0.37M / 1.2FT 50MIN
    • SANTA BARBARA CA 34.4N 119.7W 2150Z 0.53M / 1.7FT 20MIN
    • PAGO PAGO AS 14.3S 170.7W 2027Z 0.70M / 2.3FT 12MIN
    • JOHNSTON US 16.7N 169.5W 2248Z 0.22M / 0.7FT 64MIN
    • VANUATU 17.8S 168.3E 2246Z 0.15M / 0.5FT 22MIN
    • BARBERS PT HI 21.3N 158.1W 2157Z 0.12M / 0.4FT 54MIN
    • NUKUALOFA TO 21.1S 175.2W 2024Z 0.10M / 0.3FT 62MIN
    • KAWAIHAE HAWAII 20.0N 155.8W 2211Z 0.52M / 1.7FT 24MIN
    • KAUMALAPAU HAWAII 20.8N 156.9W 2136Z 0.18M / 0.6FT 56MIN
    • KAHULUI MAUI 20.9N 156.5W 2147Z 0.98M / 3.2FT 22MIN
    • MONTEREY HARBOR CA 36.6N 121.9W 2031Z 0.32M / 1.1FT 56MIN
    • SANTA MONICA CA 34.0N 118.5W 2035Z 0.41M / 1.4FT 32MIN
    • SAN DIEGO CA 32.7N 117.2W 2036Z 0.13M / 0.4FT 20MIN
    • APIA UPOLU WS 13.8S 171.8W 2018Z 0.16M / 0.5FT 16MIN
    • RAROTONGA CK 21.2S 159.8W 1907Z 0.15M / 0.5FT 24MIN
    • ACAPULCO MX 16.8N 99.9W 1931Z 0.62M / 2.0FT 26MIN
    • DART SAN DIEGO 4641 32.2N 120.7W 1931Z 0.06M / 0.2FT 24MIN
    • LOTTIN PT NZ 37.6S 178.2E 1934Z 0.15M / 0.5FT 10MIN
    • RAROTONGA CK 21.2S 159.8W 1918Z 0.32M / 1.0FT 06MIN
    • CABO SAN LUCAS MX 22.9N 109.9W 1833Z 0.36M / 1.2FT 12MIN
    • HIVA OA MARQUESAS 9.8S 139.0W 1741Z 1.79M / 5.9FT 12MIN
    • PAPEETE TAHITI 17.5S 149.6W 1810Z 0.16M / 0.5FT 10MIN
    • NUKU HIVA MARQUESAS 8.9S 140.1W 1745Z 0.95M / 3.1FT 04MIN
    • MANZANILLO MX 19.1N 104.3W 1705Z 0.32M / 1.0FT 24MIN
    • DART MANZANILLO 434 16.0N 107.0W 1611Z 0.07M / 0.2FT 24MIN
    • RIKITEA PF 23.1S 134.9W 1559Z 0.15M / 0.5FT 22MIN
    • DART MARQUESAS 5140 8.5S 125.0W 1531Z 0.18M / 0.6FT 18MIN
    • QUEPOS CR 0.0N 9.4E 1416Z 0.24M / 0.8FT 52MIN
    • BALTRA GALAPAGS EC 0.4S 90.3W 1452Z 0.35M / 1.2FT 14MIN
    • EASTER CL 27.2S 109.5W 1205Z 0.35M / 1.1FT 52MIN
    • ANCUD CL 41.9S 73.8W 0838Z 0.62M / 2.0FT 84MIN
    • CALLAO LA-PUNTA PE 12.1S 77.2W 1029Z 0.36M / 1.2FT 30MIN
    • ARICA CL 18.5S 70.3W 1008Z 0.94M / 3.1FT 42MIN
    • IQUIQUE CL 20.2S 70.1W 0907Z 0.28M / 0.9FT 68MIN
    • ANTOFAGASTA CL 23.2S 70.4W 0941Z 0.49M / 1.6FT 52MIN
    • DART LIMA 32412 18.0S 86.4W 0941Z 0.24M / 0.8FT 36MIN
    • CALDERA CL 27.1S 70.8W 0843Z 0.45M / 1.5FT 20MIN
    • TALCAHUANO CL 36.7S 73.4W 0653Z 2.34M / 7.7FT 88MIN
    • COQUIMBO CL 30.0S 71.3W 0852Z 1.32M / 4.3FT 30MIN
    • CORRAL CL 39.9S 73.4W 0739Z 0.90M / 2.9FT 16MIN
    • SAN FELIX CL 26.3S 80.1W 0815Z 0.53M / 1.7FT 08MIN
    • VALPARAISO CL 33.0S 71.6W 0708Z 1.29M / 4.2FT 20MIN

なお地震による津波の実際の伝わり方についてはワシントン大学の津波HP •Tsunami propagation in the Pacific Ocean に、2007年11月14日 (実際には13日) 発生のチリ北部地震 (Hmm - that webpage isn’t there. (404) 参照) の際のものが掲載されています。


また Site Info - Earth and Space Sciences 内では、日本の研究者が作成された1960年チリ地震津波のアニメーションが紹介されています; ⇒ the propagation of the earthquake-generated 1960 Chilean tsunami across the Pacific

チリ大地震: 津波のこと

状況が明らかになるに連れ犠牲者の数も増えています。現地の状況は別途Watchするとして、日本では津波に対する警戒が必要;

  • 表示できません - Yahoo!ニュース
    2月28日1時0分配信


    −−− 気象庁によれば、中部タルカウアノで2.3メートル、バルパライソとコキンボで1.3メートルの津波が観測された。バチェレ大統領も27日、津波が既にチリ沖のフアン・フェルナンデス諸島を襲ったことを明らかにした。同諸島のロビンソン・クルーソー島には救援船が急行。地元紙によると、3人が行方不明になっている。


     さらに、モアイ像で有名な南太平洋のチリ領イースター島で0.4メートル、ダーウィンの進化論で知られるガラパゴス諸島で0.3メートルの津波が観測された。 (以下略)

  • 表示できません - Yahoo!ニュース
    2月27日23時40分配信


    −−− 岩手県の総合防災室には地震発生後、7人ほどの職員が駆け付けた。通常より1人多い3人が24時間態勢で情報収集を続けており、担当職員は「28日午前の状況次第で改めて態勢を取る」と話した。

    • 1960年のチリ地震による遠隔地津波では三陸海岸で61名の方々が亡くなられましたから (釜石港湾事務所|歴史・勉強コーナー / チリ地震津波と被害 参照) 釜石市でも備えられている様で、偶然でしょうが来る平成22年3月3日(水) 6時から津波避難訓練実施予定でした ⇒ 404 Not Found ;案内から抜粋しますと、 「 宮城県沖地震・津波は、近い将来、高い確率で発生することが予想されています。津波から身を守るには、何より迅速な避難が大切です。 (以下略)」 まさかチリ地震とは思われなかったでしょう。

  • 表示できません - Yahoo!ニュース
    2月27日23時38分配信


    −−− 夜釣りに来た同県栗原市の団体職員の男性(44)は「到達はあしたというが、やはり油断ならないし、釣りはやめた」とやや緊張した面持ち。「昔のチリ地震もあるし、やはり怖い」と語った。

  • なお1960年のチリ大地震の際の津波により、当時の沖縄県石川市 (現在うるま市) では津波が石川川を遡上して家屋の浸水などの被害をもたらしたとのこと、


以下、津波に関するリンク先;






大きな被害が無いことを祈ります。

2010-02-27

チリでの大地震: 続報

チリのメディアのサイトに片っ端からアクセスしましたら幾つかは繋がりましたので紹介しておきます:


Chile (Administrative Divisions) 2009 (452KB)
チリの地図


ABYZ News Links / Chile Newspaper & News Media Guide>
ここに掲載されている "National" および "Local" のサイトに上からアクセス。繋がってもコンテンツが更新されていないものは除く

















チリのリンク集 ⇒ Chile - LANIC

チリでの大地震: 速報

今度は南米チリで大地震発生。チリは南米の先進国でありもともと地震国ですからそれなりの備えはある筈ですが、規模の大きさ・津波の可能性からハイチとはまた異なった性格の震災となるかも。チリの幾つかのサイトへアクセス試みましたが不可能、インフラが破壊された可能性あります。震災復興のため世界中のハードウェア・ソフトウェアとも相当ハイチに割かれている筈ですから心配ですね、発生直後はどこだって援助が必要ですから;


【報道】



  • El Gobierno chileno eleva a 16 los fallecidos por el terremoto en Chile
    MADRID, 27 Feb. (EUROPA PRESS)
    記事のタイトルが間違っています。(直前の更新前のまま)


    Al menos 47 personas han muerto a causa del fuerte terremoto de 8,8 grados registrado este sábadp en Chile que ha causado "enormes daños", según informó la presidenta Michelle Bachelet, que advirtió de que "un posible tsunami" podría haber comenzado a llegar a las costas chilenas y aventuró la posibilidad de que al menos tres regiones del país podrían ser consideradas "zona catastrófica".  (以下略)

  • Page non trouvée | AFP.com
    Huge quake in Chile kills at least 6
    02/27 | 09:44 GMT


    SANTIAGO (AFP) - A massive 8.8-magnitude earthquake struck central Chile early on Saturday, killing at least six people, violently shaking the Chilean capital and forcing a Pacific-wide tsunami alert. (中略)


    Chile is located in an active seismic zone and has had devastating quakes in the past including the biggest tremor of the 20th century. In May 1960, the country was ravaged what is now known as Valdivia or Great Chilean Earthquake, which was rated 9.5 on the Moment Magnitude scale.


    The resulting tsunami affected southern Chile, Hawaii, Japan, the Philippines, reaching as far as eastern New Zealand and southeast Australia. (以下略)


データ・図表などは以下参照;

【地震データ】


  • 今回の地震 (見にくいですが、黄色の星印 が今回の震源)
    f:id:El_Payo_J:20100227204022j:image
    出典: no title

  • チリで発生の過去の主な地震
    Hmm - that webpage isn’t there. (404)


    上掲AFP報道内で紹介された1960年5月の地震もリストアップされています;
    • Chile
      • 1730 07 08 - Valparasio, Chile - M 8.7
      • 1835 02 20 - Concepcion, Chile - M 8.2 Fatalities 500
      • 1868 08 13 - Arica, Peru (now Chile) - M 9.0 Fatalities 25,000
      • 1877 05 10 - Offshore Tarapaca, Chile - M 8.3 Fatalities 34
      • 1906 08 17 - Valparaiso, Chile - M 8.2 Fatalities 3,882
      • 1922 11 11 - Chile-Argentina Border - M 8.5
      • 1928 12 01 - Talca, Chile - M 7.6 Fatalities 225
      • 1939 01 25 - Chillan, Chile - M 7.8 Fatalities 28,000
      • 1943 04 06 - Illapel - Salamanca, Chile - M 8.2 Fatalities 25
      • 1960 05 21 - Arauco Peninsula, Chile - M 7.9
      • 1960 05 22 - Chile - M 9.5 Fatalities 1,655
      • 1965 02 23 - Taltal, Chile - M 7.0 Fatalities 1
      • 1965 03 28 - La Ligua, Chile - M 7.4 Fatalities 400
      • 1971 07 09 - Valparaiso region, Chile - M 7.5 Fatalities 90
      • 1985 03 03 - offshore Valparaiso, Chile - M 7.8 Fatalities 177
      • 1998 01 30 - Near Coast of Northern Chile - M 7.1
      • 2002 06 18 - Chile-Argentina Border Region - M 6.6
      • 2003 06 20 - Near the Coast of Central Chile - M 6.8
      • 2004 05 03 - Bio-Bio, Chile - M 6.6
      • 2005 06 13 - Tarapaca, Chile - M 7.8 Fatalities 11
      • 2007 11 14 - Antofagasta, Chile - M 7.7 Fatalities 2
      • 2007 12 16 - Antofagasta, Chile - M 6.7
      • 2008 02 04 - Tarapaca, Chile - M 6.3
      • 2009 11 13 - Offshore Tarapaca, Chile - M 6.5



なお気象庁による発表は 気象庁|地震情報 で確認可。環太平洋地域での大地震ですが、津波警報は21時現在発表されていません(日本への津波の影響は現在調査中のため); ⇒ 気象庁 | 大津波警報・津波警報・津波注意報、津波情報、津波予報

2010-02-26

アメリカ軍がアメリカ国外でやっていること、子どもを含む民間人の被害

『正義の執行者』 として海外に派遣されるアメリカ軍に関し、 Falluja, April 2004 - the book ---- 英語を通して日本から「イラク」を見る。/ 益岡 賢さんブログ 中興味深い記事が訳出されていますので以下紹介;

  • みんなの翻訳
    最終更新:2010-02-15 20:58:06, みんなの翻訳
    (上掲益岡さんブログ内でも翻訳・原文へのリンクが貼られています。)


    −−−2009年12月27日、アフガニスタンの東部クナル州で、深夜に襲撃捜査を仕掛けた米軍は、学齢期の子ども8人を含む10人のアフガニスタン人をベッドから引きずり出して射殺した。8人の子どもたちは11歳から18歳だったとアフガニスタン政府の調査団は語っている。 *1


    この事件は、米軍兵士がイラクとアフガニスタンを占領中に犯した数限りない残虐行為の一つにすぎない。イラクのアブグレイブで米軍兵士は捕虜に拷問を加え、米軍の暴力でイラク人市民は苦しみ、バグダードでは米軍兵士が学童を拘束し・・・・・・残虐行為のリストは際限なく続く。 (中略)


    現在進められている「対テロ戦争」においても、残虐行為と見なされるべき行為をこれと同様、合法化しようという態度は続いています。例えば、ジョン・ヨーをはじめとする米国政府の法律顧問が懸命に拷問に合法的装いを凝らそうとしたことは誰もが知っています。これについても他の点においても、米国政府はトクヴィル (アレクシ・ド・トクヴィル - Wikipedia) が (その著作 アメリカの民主政治 - Wikipedia の中で) 述べたように振舞っているのです。 (中略)


    司令官や将校は、どうして兵士たちの人間としての基本的なニーズを考慮しないのでしょうか? その答えの一つは、真に民主的な社会では、個々人は抗議し、睡眠やPTSD治療を含む基本的なニーズを満たす権利を求めることにあります。けれども、軍は権威主義的な社会なので、どうやら兵士たちは命令に服従する以外にとるべき道はないのです。こうしたことを一つの理由に、私は、軍を機能不全と結論した (以下略)


  • みんなの翻訳
    最終更新:2010-02-21 11:43:03, みんなの翻訳


    −−−殺人は日常的に起こっていたようで、残虐行為と考えられてさえいなかったようなのです。兵士たちが私に語ったところでは、指定された「標的」を殺す任務に送り出されることは日常茶飯事だったのです。店員を見つけ出して妻と子どもたちの前で殺したと生々しく語った兵士たちもいます。法廷記録にも「殺せ=殺せ」命令----標的に降伏する選択肢を与えない命令です(降伏する選択肢を与える場合は「殺せ=拘束せよ」命令)----についての証言があります。実質上、作戦使命の多くは、チェイニー副大統領が在職中に言った「処刑部隊」の任務だったようです。ですから、軍や政府、兵士たちにとって、こうした作戦任務は「残虐行為」と見なされていなかったのです。 (中略)


    どうやら、米軍は世界に向けて、自分たちは敵よりまともだという「メッセージ」を送りたかったようなのです。そのための一手段として米軍は周期的に一部の兵士を投獄することで戦争犯罪は許容しないという見せかけの申し開きをしているのです。実際には、日常化している「殺せ=殺せ」命令そのものが戦争犯罪に該当するのですが。言い方を変えるならば、このケースおよび関連する殺害のケースには政治的な意図があったということで、起訴される兵士たちは任意に選ばれており、軍はそうした兵士たちを使い捨てと見なしているということです。 (中略)


    概して、米国は民主主義に基づくにもかかわらず、命令責任原則という確立した原則に訴えて、その命令により残虐行為を引き起こすことになった「地位と身分のある者たち」を起訴していません。改めて言いますが、これは軍事問題や法律問題にとどまるものではなく、より広い文化的な問題なのです。最近のウォールストリート暴落でも、現在の経済危機を引き起こした「泥棒王」たち(ソースタイン・ベブレンの言葉です)は責任を逃れたばかりか、自分たちだけご褒美まで手にしています。一方、多くの平均的なアメリカ人が家や仕事、未来を失っています。泥棒王たちの判断が誤っていたためです。政府はウォールストリートの企業救済に乗り出しましたが、一般のアメリカ人の救済は行なっていません。今日の米軍でも、同様の原則が働いているようです。スティール大佐が出した交戦規定により「鉄の三角地帯」作戦の悲劇が起きたにもかかわらず、大佐はそのまま無事引退してあらゆる福祉を受け取るでしょう。一方、彼の命令を遂行した下級の兵士たちは刑務所に入れられています。アメリカにおけるこうしたエリート主義と民主主義の文化的乖離はすでに例えば『The Power Elite and White Collar *2 』を書いた ライト・ミルズ - Wikipedia のような社会学者によって研究されています。けれども、大きな文化的覚醒がなければ、アメリカ文化に見られるこの奇妙な様相が近い将来変わることはなさそうです。


ぞっとしませんか? 戦争に勝ってイラクの元大統領を縛り首にして喜んでおりましたから、正に勝てば官軍。たとえ負けたとしても責任者は東京(茶番)裁判の様に断罪・処刑されることなく、下っ端をスケープゴートにして胸を張る様な国です。法律議論も我田引水の屁理屈のこねまわしにしか聞こえず、弁護士が胡散臭い商売No.1と呼ばれるのは当たり前。兵隊さんが可哀そうと云う気も少しはしますが、手を下している以上実行犯。戦争犯罪の主犯は常に安泰である様な仕組みは、私は到底容認出来ませんがね。


一方、ベトナム戦争時の 枯葉剤 - Wikipedia による健康被害と同じ様な状況が生まれています。アメリカ兵自身にも被害が発生しているとしても 『主犯』 に賠償請求するなり勝手にしてもらえばよいのですが、戦地のこどもが犠牲になっているのが大問題です。同じく益岡さんブログから拾いますと;

子どもの白血病がイラク南部で倍増している

サイエンスデイリー(アフターダウニングストリート経由)

2010年2月23日、益岡賢のページ


−−−ScienceDaily(2010年2月18日) American Journal of Public Healthに発表された「Trends in Childhood Leukaemia in Basra, Iraq (1993-2007), ABSTRACT」と題する研究によると、イラク南部のバスラでは小児白血病の発症率がこの15年間で2倍以上になっているという。  (中略)


研究対象となった期間に、バスラおよび周辺の農村や油田を含む人口密集地帯は戦場となり、1980年代のイラン=イラク戦争、1991年の米国による第一次イラク侵略、2003年の第二次イラク侵略と、立て続けに3つの戦争で被害を受けた。

著者たちはこの研究結果を受けて、症例対照研究により白血病を発症した子どもたちと発症しない子どもたちを比較し、イラクにおける小児白血病の発症率増加の原因を理解しようと試みている。それにより、発症者と非発症者のあいだに毒物に対する接触の違いがあるかどうかを観察することができる。小児白血病に関係するものとしては、地域の石油火災で副次的に生じた物質、燃料供給が途絶えたため子どもたちが路上で売るようになったガソリンからくるベンゼン、戦争に関係する神経ガスや毒薬、劣化ウラン弾の広範な使用などが考えられる。


    • さらにその元は;
      no title
      ScienceDaily (Feb. 20, 2010)

枯葉剤同様に、劣化ウラン弾と症状との因果関係は必ずしも明らかになっておらず、 劣化ウラン弾 - Wikipedia によると;


  • 現在、公的に劣化ウラン弾の使用を認めているのがアメリカ政府と NATO であること、および劣化ウランが放射性物質であることの2点から、しばしば劣化ウラン弾の「被害」については、ボスニアやコソボやイラクその他の小児白血病患者を中心にした「子どもの画像」が、反米・反核をイデオロギーとして持つ団体によってプロパガンダ素材として使われているのではないか、という指摘もある。

とまで言われています。更に同サイトから引用しますと;


  • これらの指摘・症状と劣化ウランとの因果関係の証明には、疫学的に有意なデータを得るだけでも膨大なサンプル数の確保と時間が要求されるため、標本の量・質とも決定的に不足している現段階では、シロ・クロのいずれとも結論を出すのは困難であるという指摘がある。また、性質上その被害が発展途上国に集中しやすく、軍事衝突でのみ被害が発生するため、企業による研究資金の拠出がほとんどないことも、この分野の研究の困難さに拍車をかけている。

因果関係が不明なら、原因となり得るものを全て除去すべきです。もし欧米先進国で子どもにその様な健康被害が出たらそうするでしょう。政治的な駆け引き行っている間に被害が拡大する可能性があります。


イラクにおける(小児性)白血病および劣化ウラン弾・放射能汚染に関して私は以下サイトを参照しています;

  • 以前紹介しました、日本で主にイラクにおける小児ガン(主に白血病)医療支援を行っておられる Coming Soon!



  • Iraq to sue US, Britain over depleted uranium | CounterVortex
    Submitted by WW4 Report on Thu, 02/04/2010 - 17:20.


    −−−Iraq's Minister of Human Rights, Wijdan Mikhail Salim, told Assabah newspaper that the suit will be based on reports from the Iraqi ministries of science and the environment finding an increase in the number of babies born with defects in the countries' southern provinces. The US and UK are said to have dropped nearly 2,000 tons of depleted uranium bombs following the 2003 invasion.

我々オトナは一体何をやっているのでしょう。

*1:以前書きましたこの蛮行について追いかけていますが、新たな情報が途絶えています。

*2:1冊の本に見えますが、実際には The Power Elite - WikipediaWhite Collar: The American Middle Classes - Wikipedia の2部作の様です。

2010-02-25

ハイチ自然災害に関して

余震がまだまだ続いている様ですが、更に毎年やって来る雨季・熱帯低気圧による災害の拡大が心配されています;

ページが見つかりません - 毎日新聞

2010年2月12日 21時10分(最終更新 2月13日 0時41分)


−−− ハイチでは雨期を経て、6〜7月からハリケーンシーズンも到来する。森林が乱伐され荒廃した国土はもともと水害に弱い。地震で緩んだ地盤が降雨でさらに崩れ、2次災害を招く可能性がある。 (中略)


地震国・日本の技術力への期待は大きいが、日常的な道路混雑や暑さなど困難にも直面している。 (以下略)


  • Tropical cyclone - Wikipedia


    −−−Depending on its location and strength, a tropical cyclone is referred to by names such as hurricane, typhoon, tropical storm, cyclonic storm, tropical depression, and simply cyclone.


    この部分は 熱帯低気圧 - Wikipedia では 『台風、ハリケーン、サイクロンなどは、強い熱帯低気圧に対してその位置する海域別に与えられている名称である。』 と説明されています。

  • 水害 - Wikipedia


    水害(すいがい)とは、水による災害、すなわち洪水や高潮など、水によりもたらされる個人的・社会的被害の総称。水災(すいさい)。これを制御することを治水と呼ぶ。


    気象事象による河川池沼の洪水や高潮などによる外水氾濫のほか、排水が上手くできないで起こる内水氾濫などによる都市型水害も大きな問題となっている。 (以下略)

ハイチでは、地震に関してはその発生頻度の低さから備えが無かったのはまだ仕方がないにしても、水害に関しては毎年のことであるのに然るべき治水がなされていない様です;

  • 以前紹介しましたヘイシャン・アートには、誇張されているかも知れないにしろある時期間違いなくあった筈の豊かな緑が描かれています;


    f:id:El_Payo_J:20100226015040j:image:w450
    FRANTZ MOSANTO (1955)
    Pasage de Jacmel, Acrylic on canvas, 50.8 x 61 cm
    Private collection, Petion-Ville
    出典: "Peintres haitiens" English version by Gerald Alexis *1

  • ところが実際には現在;


    f:id:El_Payo_J:20100225031537j:image:w450
    Satellite image depicting the border between Haiti (left) and the Dominican Republic (right), 2002
    出典: Haiti - Wikipedia


    ハイチの全ての山がこうなのかはわかりませんが、国境を超えるとそこは禿山−−−大きく深く根を張って山を支える木がないのですから、いつ崩れてもおかしくはない。

一方でカリブ海はハリケーンの通り道です;


  • f:id:El_Payo_J:20100225025418j:image
    出典: no title 中 "High Resolution History Maps"

  • 統計的にハイチ直撃の可能性が高いのは8月・9月あたりでしょうか;
    f:id:El_Payo_J:20100225025110g:image


    f:id:El_Payo_J:20100225025107g:image
    出典: no title 中 "Climatological Areas of Origin and Typical Hurricane Tracks by Month"
    • no title
      参考、主要なハリケーンの要約

2004年にハイチを襲ったハリケーン "Jeanne" も大きな人的・物的被害をもたらし、今回の震災に劣らない規模での国際援助がなされた様です;

f:id:El_Payo_J:20100225031105j:image
Deaths from Hurricane Jeanne
出典: Hurricane Jeanne - Wikipedia



カトリーナは、対応いかんではアメリカの政権を揺るがしかねない規模の被害をもたらしました。それを考えると、ハイチで上掲ジャンヌのもらたした人的被害の大きさが際立ちます。



キューバも、同じイスパニョーラ島の隣国ドミニカ共和国もハリケーンの通勤路にありますが被害ははるかに小さい。地震で地盤が緩んでいるうえに木を切ってしまった分ハイチは絶対的に不利ですが、決してカネに余裕のない両国がどんな工夫をしているのか学ぶ価値アリと思います。(既にアドバイスはなされているでしょう。) ただし森林保全は長い目で見て必要不可欠であるにしても時間的には間に合いませんから、震災からの復興 + 当面の水害対策 + 恒久的な地震・水害政策の全てを綱渡り的にこなす必要があります。日本は人為的な要因によるものも含めた自然災害のデパートですから、検証済みの独自のノウハウが多数ある筈。総合的かつ連携した援助が必要ですから、やはりお付き合いレベルのお門違いPKOではなく、国際緊急援助隊として救助・医療・専門家・自衛隊の4チーム派遣のほうが喜んでもらえませんか?

*1:以前ハイチの方から頂いた2000年イタリアで印刷された画集
f:id:El_Payo_J:20100226020109j:image:w500


の58ページより

2010-02-24

アフガニスタン: Malalai Joya マラライ・ジョヤさん関連記事の紹介 その3

このところ、一体アフガニスタン人のいのちを何だと思っているのかと言いたくなる事件が相次いでいます。アメリカ国内で例えば犯罪組織摘発やら大規模な逮捕の際、たったひとりでも市民が巻き添えになって射殺され時に、「まことに遺憾である、しかし正義の実現のためにはやむを得ないコストだ」 など発言しようものなら一体どうなるのか???

  • CNN.co.jp
    2010.02.23 Web posted at: 11:43 JST Updated - CNN

アフガニスタンのマラライ・ジョヤさんの著作 "A Woman Among Warlords" は身の回りの雑事に忙殺されまだ読み終えていませんが、マラライさんの命を賭した活動の源泉はご自身の体験とマラライさんを議会へ送ってくれた有権者の声を代弁しようと云う強い意志であると解します。最近 Defense Committee for Malalai Joya (DCMJ) کمیته دفاع از ملالی جویا に紹介された関連コメントは;

  • Joya condemns ’ridiculous’ military strategy
    By Glyn Strong, The Independent, 15 February 2010


    Afghanistan's "most famous woman" has voiced deep scepticism about Operation Moshtarak's aims and its impact on Afghan civilians.


    "It is ridiculous," said Malalai Joya, an elected member of the Afghan parliament. "On the one hand they call on Mullah Omar to join the puppet regime. On another hand they launch this attack in which defenceless and poor people will be the prime victims. Like before, they will be killed in the Nato bombings and used as human shields by the Taliban. Helmand's people have suffered for years and thousands of innocent people have been killed so far."  (中略)


    "They have launched such offensives a number of times in the past, but each time after clearing the area, they leave it and [the] Taliban retake it. This is just a military manoeuvre and removal of Taliban is not the prime objective."  (中略)


    "Ordinary Afghan people say it was like a meeting of vultures coming together to discuss how to deal with the prey which is Afghanistan."  (以下略)

  • Why This War is About Women ? and One in Particular
    by Glyn Strong, UKProgressive, 15 February 2010


    The Inter-Parliamentary Union’s Committee on the Human Rights of Parliamentarians holds its next session from 27 March to 01 April, in Bangkok. That will be its last chance to call for the reinstatement of suspended Afghan MP Malalai Joya whose term of office ends in September.


    Joya has been in an administrative wilderness since her expulsion in 2007, but has not been silent – and as news broke that NATO’s much-publicised Operation Moshtarek had already claimed the lives of 12 Afghan civilians, she repeated her claim that ‘defenceless and poor people’ would be its principal victims.  (以下略)


    相当分量のある記事ですが、今回は冒頭部分のみの紹介にとどめます。

大半の民間人の犠牲者は誤爆、すなわち空爆によるもの。これは何もアフガニスタンに限らず、イラクやパレスチナ、旧くは太平洋戦争時の東京大空襲などでも同じ筈です。爆撃であろうが地上戦であろうが犠牲者・ご遺族にとって大して変わりはないと思いますが、トリガーを引く側からすると大違い; 地上戦の場合その凄惨な結果を嫌でも目の当たりにしますが、空爆、特に Drone と呼ばれる遠隔操作での無人機による爆撃の場合、何も見えない。これ、恐ろしいことです。正にTVゲーム感覚。おまけに地上戦で民間人が殺された場合は 『民間人虐殺』 と云う戦争犯罪であるが、空爆によるものは単なる 『遺憾な誤爆』 で済まされてしまう。その報道を度々見せられる側でも感覚がマヒしてしまいます。まめにメモを取らないものだから出典が示せませんが、以前読んだ記事中、誤爆による犠牲者のご親族が 「爆撃する側からは結果が見えないから罪悪感もないのだろう」 と云う主旨のことをおっしゃっていました。なお以前にも書きましたが、 『民間人虐殺』 に関していつも思い出すのはベトナム戦争時の ソンミ村虐殺事件 - Wikipedia です;

ソンミを振り返る / (2002年4月9日第1章掲載 5月6日、訳了)吉川 勇一さん翻訳


−−−今、過去の心痛む事件であるソンミを振り返えろうとすることは、決して憎しみをかきたてるためではなく、歴史上の忘れられぬ事件を理解するためであり、さらに重要なことは、世界がソンミのような出来事を二度と目にすることがないよう、警戒心を緩めぬため、そして平和のために祈り、闘うためなのである。


 このためにこそ、われわれは本書を読者に提供し、その平和と幸福を祈りたいと思う次第である。 (『はじめに』 より抜粋)


※ このパンフレット中、 『2. 戦慄の朝』 には相当ショッキングな写真が掲載されていますのでご注意。


TVゲーム感覚の蛮行では到底理解出来ないでしょう。1事件での犠牲者の数では今回の一連の誤爆とは比較にならないかも知れませんが、本質は同じ。ソンミしかり、ヒロシマしかり、ナガサキしかり、南京しかり、何も教訓として活かされていない。これでは亡くなられた方々がうかばれません。『正義のための戦争』 などと云う矛盾した実態の無いコトバに踊らされて、ある程度の犠牲は止む無し、と変に納得してしまうことがその最大の原因では。アメリカがNATOやYESマンだらけの国連を恫喝・説き伏せて行う戦争に正義など存在しません。覇権のためだけ。世界の流れは確かに覇権の多極化の方向かも知れませんが、今日現在の現実を見る限りブレーキがかかっている様な気がします。


もうひとつ、アメリカの思い上がりに関して "Why do American officials think they have the special ability to teach Afghans to embark on good governance in their country if we can't do it in Washington? " と云う愉快な? 副題の記事を紹介します;


What Makes Us Think We Can Help ”Govern” Afghanistan? | Alternet

Tomdispatch.com / By Tom Engelhardt, AlterNet

February 21, 2010


アメリカの覇権外交こそが世界の不安定さの最大の原因であり、核廃絶や世界平和を妨げるものと思います。アメリカを牛耳る 魑魅魍魎 に担がれた軽くて明るいオバマでは変えられない。せめて全ての戦争から手を引いてくれるだけでよいのですが−−−

2010-02-23

ハイチ大地震に関する報道: その4

幾つか気になった記事を紹介;

  • no title
    (2010/02/22-10:47)


    −−− ハイチ地震では、先に政府が犠牲者は23万人に上ったと発表したが、その後に修正も相次ぐなど二転三転している。遺族などが自分たちの手で埋葬した遺体も多く、正確な犠牲者数は当局も把握できていないのが実情だ。

  • Not found - Truthdig: Expert Reporting, Current News, Provocative Columnists
    By Amy Goodman, Posted on Feb 9, 2010


    −−−Earthquakes alone do not create disasters of the scale now experienced in Haiti. The wealthy nations have for too long exploited Haiti, denying it the right to develop in a secure, sovereign, sustainable way. The global outpouring of support for Haitians must be matched by long-term, unrestricted grants of aid, and immediate forgiveness of all that country’s debt. Given their role in Haiti’s plight, the United States, France and other industrialized nations should be the ones seeking forgiveness.


    ハイチの苦難の歴史を振り返ったうえでの提言。諸手を上げて賛成。


  • Haitian homeless in need of toilets, showers - People’s Daily Online
    16:16, January 30, 2010, People's Daily Online (人民日報)


    生きて行くためには口に入れるものが当然必要ですが、入れた以上出さなければなりませんから、し尿の処理や体をある程度清潔に保つことの優先度も高い筈。私は幸いにしてその経験は無いのですが、被災地で本当に困るのは、食事よりむしろトイレや入浴 (および日本の場合、贅沢かも知れませんがプライバシーの確保) ではありませんか?特にハイチの様な気候の場合伝染病の発生・まん延が怖い。(病原は死体の腐敗によるものだけではありません。)

  • 掲載終了
    ハイチ大地震支援策、新国家建設も議論…AU会議
    1月31日23時1分配信 読売新聞


    【ヨハネスブルク=中西賢司】アフリカ連合(AU)首脳会議が1月31日、エチオピアの首都アディスアベバで3日間の日程で開幕した。アフリカ系住民が約9割を占めるハイチの大地震被災者支援が議題となる。ハイチからアフリカ各国への移住希望者に対する市民権付与や震災孤児の養子縁組のほか、米国の解放奴隷が建国したリベリアのような新国家建設の可能性も討議される予定だ。セネガルのワッド大統領は、被災者への土地無償提供の用意があると表明している。 (以下略)

ところでもっと気になっているのが、地震災害復興にかけては恐らく世界トップクラスの (希望的な見解です、地震国日本で出動回数は多いでしょうから。⇒ GLOBAL SEISMIC HAZARD MAP ) 我が自衛隊の派遣の方法です。結果としては問題無いのかも知れませんが、紛争地への派遣じゃぁなく災害派遣ですよね???

  • ページが見つかりません - 毎日新聞
    2010年2月5日 19時20分


     政府は5日、大地震に見舞われたハイチの復興を支援する国連平和維持活動(PKO)に自衛隊を派遣する実施計画を閣議決定し、北沢俊美防衛相が派遣命令を出した。陸自の施設部隊約350人が11月末まで、がれきの撤去や道路補修などに当たる。PKO協力法に基づく派遣で、今回が7回目。92〜93年のカンボジア(約600人)、02〜04年の東ティモール(約680人)に次ぐ自衛隊の大規模海外派遣となる。 (中略)


    護身用に小銃や機関銃なども携行。 (以下略)


南米渡航の準備などで私は今回の経緯をよく確認していませんが、災害復興に何故PKO派遣なのか?護身用に火器を携帯する様ですが、紛争地ならまだしも被災地に携行するのはいかがなものか?気の立った被災者に銃を向けるつもりでしょうか???;

ページが見つかりません - JICA


−−− 1987年には「国際緊急援助隊の派遣に関する法律」(通称JDR法)が施行。これにより、医療チームに救助チーム、専門家チームが加わり、現在の国際緊急援助体制の基礎が完成しました。1992年には、PKO法の改正にあわせて一部改正され、特に大規模な災害への自衛隊の派遣が可能になりました。同時に、PKO法とJDR法の対応範囲が整理され、紛争に起因する災害はPKOが、それ以外(自然災害、ビル倒壊などの人為的災害)の災害は、国際緊急援助隊が対応することで整理されました。


国際緊急援助隊として救助チーム、医療チーム、専門家チーム、自衛隊部隊の4チーム派遣が可能ですから、こちらが正解ではないのか? (この法律が更に改正なりPKO法に吸収されたなら私の不勉強ですが) 鳩山由紀夫首相が 「困った人がいれば助けるのが人の世のあるべき姿。『命を守る国・日本まさにここにあり』ということを世界に示してもらいたい」 と訓示した様ですが、それなら尚更のこと、海外では軍隊として見られる自衛隊としてではなく国際緊急援助隊として派遣すべきでは? 他国は軍隊を派遣していますが、決して評判はよくありません;

    • 元記事
      Category: | Herald Sun
      From correspondents in Port-au-Prince From: NewsCore January 26, 2010 10:31AM
      Herald Sun (Australia)



2010-02-22

イランの核疑惑

いまだにアメリカべったりの外務省の小役人天野が予想通りやってくれました;

問題のIAEAレポート本体


  • ページが見つかりません - 毎日新聞
    2010年2月19日 21時45分(最終更新 2月19日 22時06分)


    −−− エルバラダイ前事務局長は、イランが核兵器製造を目指しているという疑惑で未解明点が多く残ることを認めつつ、「核兵器を作った証拠はない」と慎重な姿勢を貫いていた。これに対し、今回の報告書は「IAEAが入手した情報は、状況と一致し信用できる」として、核兵器開発疑惑が払拭(ふっしょく)されていない現状をはっきり指摘。天野事務局長がイランに「核開発断念」を迫る強い姿勢を打ち出したことを印象付けた。 (以下略)


    このレポートは以下恫喝によるもの;

  • ページが見つかりません - 毎日新聞
    毎日新聞 2010年2月20日 12時37分


    −−−IAEAは米欧諸国の指摘とは一定の距離を置き、イランの核兵器開発疑惑にも慎重姿勢を取ってきたが、天野之弥事務局長の就任後初の報告書で見方を修正。しかし、報告書では核兵器製造に関する具体的な証拠は挙げられておらず、イランが態度硬化を加速させる可能性もある。

  • CNN.co.jp
    2010.02.20 Web posted at: 19:32 JST Updated - CNN


    政府が国外でなすことには意図的に目をつぶり、プロパガンダを疑わずに信じる馬鹿なアメリカ人が6〜7割ってこと。自分のカネだけ確保されてればあとは好きにして、と云う、政府にとっては操り易い国民。

  • no title
    by Simon Morgan Simon Morgan – Thu Feb 18, 3:17 pm ET


    VIENNA (AFP) – The UN atomic watchdog is concerned that Tehran may be working on a nuclear warhead, according to a restricted report obtained by AFP Thursday. (以下略)

  • Amano Puts New, Hawkish Face on IAEA Rhetoric – News From Antiwar.com
    by Jason Ditz, February 18, 2010


    −−−Amano was widely supported by Western nations as a replacement for ElBaradei, and it is becoming increasingly apparent why. Though ElBaradei was far from perfect, he saw it as a sort of duty to avoid including any speculation which might be used as a pretext for war. Amano seems far less scrupulous about this, and seems content to speak his mind about what “possibilities” exist, absent any evidence, and regardless of the possible consequences. (以下略)

  • IAEA Letter Fuels CNN Alarmism Over Iran – News From Antiwar.com
    by Jason Ditz, February 18, 2010


    Fueled by an unfortunately worded letter by the IAEA about a “technical violation” allegedly made by Iran last week in its civilian nuclear program, CNN’s Rick Sanchez is now speculating about the possibility of Iran “building some kind of nuclear weapon,” even though one of his guests from MIT made it clear this threat was totally illusory. (以下略)

  • 302 Moved Temporarily
    By Teymoor Nabili in Middle East on February 20th, 2010


    −−−The IAEA report marks a sudden hardening of the body's stance towards Iran, coinciding with the arrival of a new director Yukiya Amano, who took the post after a narrow victory supported by western powers but opposed by developing nations.

結局核問題に関してもアメリカの言いなりのイエスマンであり、これでは前よりひどい。上掲記事にもありますが、前任者エル・パラダイさんは恫喝に屈することなく調査・判明している事実に基づいて判断・行動しており、某国お得意の推測・ねつ造された (正確にはねつ造した) 誤情報にお墨付きを与える愚は犯さなかった。現国連事務総長もどちらかと云えばイエスマンだから、これでは国連およびその関連機関は実質アメリカの道具のまま。一体誰が核保有国の暴走にブレーキをかけるのか? 今回のレポートで天野の評価は固まったでしょう。アメリカの政策を追認し、イスラエルを含む核保有国の利益を守るだけのIAEAなら存在価値はありません。いっそのこと天野の代で潰してしまったほうが評価されるかも。


天野は The IAEA Mission Statement | IAEA をちゃんと読んでるのか? 今回関連すると思われる部分のみ抜粋しますと;

The International Atomic Energy Agency:


■is an independent intergovernmental, science and technology-based organization, in the United Nations family, that serves as the global focal point for nuclear cooperation; (中略)


verifies through its inspection system that States comply with their commitments, under the Non-Proliferation Treaty and other non-proliferation agreements, to use nuclear material and facilities only for peaceful purposes.


IAEAの存在目的が 『原子力の平和的利用を促進するとともに、原子力が平和的利用から軍事的利用に転用されることを防止すること』 なのであれば、本来最も監視されるべきはアメリカをはじめとするスーパーパワーや他核保有国を筆頭に、NPTに参加せず既に核兵器を所有していることがほぼ明らかなイスラエルや脱退してしまったDPRKではありませんか? インド、パキスタンについては、条約が制定時の核兵器保有5か国にのみ核兵器保有の特権を認めそれ以外の国には保有を禁止する差別条約であるとの、ある意味至極尤もな考えで未加盟 ( 核拡散防止条約 - Wikipedia より抜粋) の様ですが、このままではイランはNPTを脱退してインパキ・DPRKの仲間入りし兼ねない。世界中に出かけて行って他国民を殺し続けるアメリカにさえ自国および自国民を守る権利があると云うなら、イランにだってその権利はあります。しかしイスラエルに対抗して核兵器開発に走るほどイランは馬鹿ではない筈。

2010-02-21

コロンビアへ行って来ました−−− メデジンの宣伝など

所用がありアンティオキア県 (departamento) の首都であるコロンビア第2の都市、緑豊かな メデジン - Wikipedia (実際の発音はメデン) へ行って来ました。用事が想定していたよりあっさりと済んでしまい少し観光の真似ごとも出来ましたので、以下まちの宣伝など;


f:id:El_Payo_J:20100220184229j:image

出典: Archivo:Colombia Topography.png - Wikipedia, la enciclopedia libre

南東部を除き、南米とはいっても北半球です。


外務省 海外安全ホームページ コロンビア によるとメデジン市に対しては 「十分注意してください。」 レベルの危険情報が発出されています。コロンビアレベルではインフルエンザに関して 「十分注意してください」 となっていますから、通常米州を旅行するのと同じ感覚 (夜間ひとりで出歩くな、とか人前でカネを数えるな、とか) で問題はなさそうです。以前書きました様にコロンビアそのものが実質内戦状態にあり、またこのまちは、麻薬王 パブロ・エスコバル - Wikipedia 存命中は メデジン・カルテル - Wikipedia で有名でしたが、ここしばらく大都市の治安は比較的落ち着いている様で、私はあまり好きになれませんが アルバロ・ウリベ - Wikipedia 現大統領がこのまちの出身でもあり相当治安維持に力を入れているせいもあってか、約1週間の滞在中おかしな緊張感はありませんでした。


まちに活気があり華やかだし、サービス業の効率はいまひとつの様な気がしますが応対は非常に親切ですし、安くてうまい食い物は多いし、まちは概ね綺麗に清掃されていますし、やはり女の子が可愛いのは群を抜いているし (男の子もカッコいい、念のため) 、大型犬も含めた飼い犬の種類も多いし、まちの形に合わせた地下鉄と徒歩とやたら数の多い黄色のタクシー (運転は相当荒いが、急いでいないから飛ばすな・無理に追い越すな、と言えばちゃんと抑えてくれる) の組み合わせで安全に動き回れるし、気候も快適 (El tiempo en español en Estados Unidos por MSN Latino 参照) だし、観光地としても居住地としても最高と思います。(絶対安全なまちなんて有り得ない−−−)


f:id:El_Payo_J:20100220192414j:image

出典: Google Map


f:id:El_Payo_J:20100220192911j:image

出典: Mapa de servicios en estaciones

左に倒してあります。

観光スポットの記載された詳細は Mapa de sitios de interés turístico (pdf) 参照。何故か殆ど地上を走る Metro (地下鉄)、それと繋がったロープウエイ *1 および徒歩 (注:私は都内でも2〜3時間は平気で歩きます) で今滞在中に私が行けたのは、Santa Elena の Parque Arví | Turismo de naturaleza en Medellín 、 Santo Domingo 駅に近い no title 、 Industriales 駅近くの Guía Turística de Medellín 2016 - 2017 のてっぺんにある Pueblito Paisa - Medellín (2009) 、 Poblado 駅周辺 (銀行街に用事があったので --- Archivo:San Fernando Plaza.jpg - Wikipedia, la enciclopedia libre のあたり) 、 Estadio Atanasio Girardot - Wikipedia, la enciclopedia libre 周辺でした。


今回久しぶりに食べたものは−−−



あと観光と云えば、ボゴタの国際空港の免税店はそこそこ充実していました。個人的に思い出のあるブラジルの個性的な宝石屋さん H.Stern Jewellers 社のコロンビアにおける唯一のお店が空港内免税店とのこと。 ⇒ Find a Store | H.Stern


そうそう、健康に良いハナシではないかも知れませんが、免税店で本物のキューバ産葉巻 (確か Cohiba 木箱・紙箱、 Montecristo 木箱, Romeo y Julieta 木箱 あたりだったと記憶) が販売されていました。店員さんに 「でもアメリカで全部没収されるだろ?」 と尋ねたところ、現在1箱だけなら没収されないそうです。


最後にオマケ。今回アメリカのアトランタ経由でコロンビアに行きましたが、復路で昔からやってみたかったことを実行; アトランタの空港は、メインターミナルと国際線Eコンコースが離れており空港内の電車を使って移動するのですが、あまりに早くチェックインしてしまったので今回ぶらぶらと地下通路を歩いてみましたら、25分。 (それだけのことですが)


f:id:El_Payo_J:20100221234007j:image

出典: Terminal Map Concourse E (pdf)

*1:上掲pdf地図中の Línea J,K が Metrocable, Línea L が Metrocable Arví と呼ばれます。 Metrocable (Medellín) - Wikipedia, la enciclopedia libre 参照。

2010-02-06

「沈黙を破る」 女性兵士版

「沈黙を破る」 の女性兵士版が紹介されています。男性もそうでしょうが、この様な体験はその後の人生を変えてしまうでしょうね;

301 Moved Permanently

Posted by IraChernus at 12:37 pm February 1, 2010, AlterNet

This post was originally published on Israeli Women Soldiers Break the Silence


What’s it like to be a woman serving in the Israeli occupation force in the West Bank? Is a woman’s experience as an occupier any different than a man’s? Yes indeed, say some women who have just broken their silence and offered a glimpse into the grim reality of the occupation.


“A female combat soldier needs to prove more,” one explains. “A female soldier who beats up others is a serious fighter…When I arrived there was another female [who] was there before me…Everyone spoke of how impressive she is because she humiliates Arabs without any problem. That was the indicator. You have to see her, the way she humiliates, the way she slaps them, wow, she really slapped that guy.” (以下略)


イスラエル−パレスチナ紛争に関しても新しい翻訳が掲載されていますので紹介;

    • 夫はイスラエルが作った分離壁に抗議して投獄された
      マジュダ・アブ・ラフマ
      ZNet原文 zcommunications.org Is For Sale
      2010年1月6日



      • f:id:El_Payo_J:20100206232727j:image
        Path of the Wall in Bil’in and Saffa
        http://bilin-village.org/francais/xmedia/cartes/bilin-saffa.jpg


        この図を見て気付いたのですが、 Google Map には必ずしも実際の分離壁は表示されていない様です。地図・航空写真中の点線は単に境界線に過ぎない箇所もあると云うことか?


        f:id:El_Payo_J:20100207000015j:image

      • 分離壁については;
        no title 参照
        完成したもの、計画、工事中のものが表示されます。

★2月6日23:55時点でサーバ内部エラー表示が頻発しているので、当記事は2月7日完成予定。

2010-02-05

胡散臭い 「テロとの戦い」 の名の下公然とまかり通る 『冤罪』

「テロとの戦い」 がいかに胡散臭いものか −−− いかにアメリカに都合よく巧妙に 「仕組まれた」 ものか、またその犠牲になっている人がどれだけいるか、考えるだけでもぞっとします。その1例を紹介;


  • CNN.co.jp
    2010.02.04 Web posted at: 17:56 JST Updated - CNN


    ニューヨーク(CNN) アフガニスタンで米国人を銃撃したとして殺人未遂などの罪に問われたパキスタン人科学者アーフィア・シディーキ被告に対し、米ニューヨークの陪審は3日、殺人未遂など7件の罪について有罪評決を言い渡した。


    シディーキ被告は米国で教育を受けた女性神経科学者。米連邦捜査局(FBI)は国際テロ組織アルカイダの関係者とみて、数年前から行方を追っていた。 (以下略)

この記事は 「ヤンキーを殺そうとした冷酷なアルカイダ関係者の女性科学者が有罪判決を受けた」 とだけ報道し、そこに至るまでの経緯など全く記載無し。世論操作を目的とした典型的な提灯記事で、これだけしか知らされなければ 「アルカイダ」 がいかに危険な存在であるかが刷り込まれるだけ。この陪審員裁判の被告がアメリカ人であったら結果は全く異なっていた筈。何が事実であるのかは把握しておりませんが、明らかな人権蹂躙と思います。「テロとの戦い」 に関してアメリカの大手マスメディアは不都合な部分を意図的に開示していないでしょうから、中小ではあるが独自の視点と取材網を持ち不都合な部分まで報道するメディアや、欧米以外のメディアの報道と比較して真実を推測するしかありません;


  • Ignoring Torture Claims and Questionable Evidence, New York Jury Convicts Pakistani Scientist Aafia Siddiqui | Democracy Now!
    February 04, 2010, DEMOCRACY NOW !


    −−−None of the Americans were injured, but Siddiqui was shot and wounded while in US custody. Human rights groups have long alleged that Siddiqui was forcibly disappeared by Pakistani authorities in 2003 and interrogated and tortured at the behest of the United States. In her testimony, Siddiqui claimed to have been held in a US secret prison. We speak to Siddiqui family spokesperson Tina Foster of the International Justice Network and Petra Bartosiewicz, an independent journalist who has been closely following Siddiqui’s case.  (以下略)


    サイトには動画およびそのトランスクリプトあり。

  • The resource cannot be found.
    Thu, 04 Feb 2010 19:02:27 GMT, PRESS TV (Iran)


    −−−Her lawyers have argued that there is no evidence to show Siddiqui had fired on her interrogators.


    Human rights groups allege that Siddiqui had secretly been held and tortured at the infamous US base in Bagram, north of Kabul, for five years prior to the alleged 2008 incident.


    Relatives of Siddiqui have slammed the US justice system for its ruling against the female Pakistani scientist.

  • US verdict sparks Pakistan protests | News | Al Jazeera
    UPDATED ON: Friday, February 05, 2010 00:09 Mecca time, 21:09 GMT, Al Jazeera English


    −−−Trial 'flawed'


    Cageprisoners, a UK-based rights group, rejected the verdict, citing the fact that evidence about Siddiqui's whereabouts prior to her arrest had been disallowed from the trial.


    "The case of Aafia Siddiqui carries great significance in terms of the ability of the Obama administration to administer justice," Asim Qureshi, a spokesman for the group, said, referring to the administration of Barack Obama, the US president.


    "Already we have seen a blanket refusal to look at the facts of her detention prior to 2008, this verdict will only confirm what many already believe, that it is impossible for Muslim terrorism suspects to receive a fair trial in the US." (以下略)

どうでしょう、私は件の裁判には大きな欠点がありそうだ、と判断しますが。もうひとつ、アメリカの大きな嘘の可能性が濃厚なケースも紹介しておきます;


  • CNN.co.jp
    2月3日18時12分配信 CNN.co.jp


    −−−アウラキ師は米国生まれのイスラム教指導者で、米テロ対策当局は、イエメンを拠点とする「アラビア半島のアルカイダ」指導部とのつながりが深い人物と見ている


    しかし同師の父、ナセル・アウラキ氏は「息子は無実であり、暴力とは無関係のイスラム教の学者にすぎない。これはテロリズムとは何の関係もないと私は信じる米国の法律を重んじ、もしアンワルが過ちを犯したのであれば、米国法の原則にのっとって訴追して欲しい」と訴えた。 (中略)


    11月に米テキサス州フォートフッド陸軍基地で銃乱射事件を起こしたニダル・マリク・ハサン被告と接触していたとの情報もある


    ナセル氏は、アウラキ師にも出頭を呼びかけており、オバマ大統領に対しては「息子がアルカイダのメンバーだという誤った認識に基づく殺害・拘束の命令は考え直して欲しい」と嘆願した。


    CNNがどの様な意図でこの記事を掲載したのかがわからない。憶測に基づき殺害命令を出したアメリカ政府の安易な判断を非難しているのか、面白半分なのか。まあ、前者は有り得ないだろうけれど。

このお父様は、息子可愛さの親馬鹿だけで発言している訳ではありません。常識の範囲で法の精神を理解している人なら、ごく当たり前の要求であることはわかる筈。確たる証拠もなく、情報操作に長けた (しかし後々必ずバレる程度の) テロ対策当局の伝聞・推測・ねつ造情報に基づいて判断を下すのは狂気の沙汰であるし、ましていかなる 『先進国』 の憲法も認めていない筈の 『殺害命令』 を出せるオバマって、一体何なのか? 日本の 『オバマジョリティー』 の皆さまはこれでも支持するのかしら?


アメリカは侵略戦争を、イラク・アフガニスタンのみならず、イエメンやパキスタンにまで拡げています。オバマは 「−−−無実の者を殺りくしようとする者に対して米国は、防衛の強化以上の行為で応じる、と強く警告している」 (no title より) とのこと、それならその逆方向も認めるのですね?

2010-02-04

核廃絶を最終的に目指す核削減と云うが−−−

いっぺんに世界中の核兵器を廃棄するのは理想ではあっても現実的では無い、従って拡散を防ぎながら核保有国が削減して行こう、と云うのは非常に聞こえのいいコトバです。しかし 「現実的ではない」 理由と事情を考えると、欺瞞以外何物でもない。世界中に存在する何万発 (色々な統計があります。例えば Attention Required! | Cloudflare) かを安全に処理・解体するのに時間がかかるからと云うこともあるでしょうが、そんなことより実際には自国の軍事優位性を保ちたいからだの、核抑止力 (これまた無意味なコトバ) が必要だからだの、およそ 「核廃絶」 を最終の絶対目標にするのなら有り得ない事情ばかり。挙句の果てには、核抑止力保持のためには旧い在庫を 「信頼出来る」 核兵器と入れ替える必要があるから、開発も生産も必要と云う屁理屈までまかり通る。


「核抑止力」 とか 「核の傘」 とは何か? 核兵器をちらつかせながら何かを抑え込むと云うことですよね? その 「何か」 が何であるのかも大問題ですがそれは脇に置いて、ちらつかせる核兵器が抑止力を持つためには、その殺傷能力が絶大でありかつ使用の可能性があることが必要。(使用実績まであればなお可?) 水鉄砲やモデルガンとわかっていて手を上げる間抜けな 「悪者」 はいないし、例えば警察官の携行する銃の場合、警官はそう簡単に発砲出来ないことは皆知っていますが、いざとなれば撃たれて痛い思いをしたり死ぬことも認識しているから抑止力になるのでしょう。つまり「核抑止力」 とは、核兵器の使用を前提にしていることになる。 「核の無い世界」 を目指して核の使用を認めるって、どこか論理が破たんしていませんか? イランがそうだとは思えませんが、非保有国の中には自分達の 「国防」 のための核兵器開発を推進する格好の口実になり兼ねない。何故 「核兵器」 を廃絶したいのか、出発点から間違っているのでしょう。


  • ページが見つかりません - 毎日新聞
    毎日新聞 2010年2月4日 11時51分(最終更新 2月4日 12時57分)


    −−−米国のキッシンジャー、シュルツ両元国務長官、ペリー元国防長官、ナン元上院議員のいわゆる「4賢人」 (馬鹿馬鹿しいので中略)


     会談の終了後、シュルツ元長官は報道陣に「私たちは神々の火を盗んでしまった。私たちを焼き尽くす前にその火を制御できるかどうかだ」と問いかけた。一方、ワイツゼッカー元大統領は「核廃絶のためには徐々に核兵器を削減していくことが必要だ」と強調した。米の4人は米国の核抑止力保持が当面必要だと主張しており、この立場に一定の理解を示したものとみられる。

  • White House to boost nuclear weapons funding | CounterVortex
    Submitted by WW4 Report on Tue, 02/02/2010 - 19:34.


    −−−The new White House budget request seeks more than $7 billion for the Energy Department's National Nuclear Security Administration (NNSA), an increase of $624 million from FY 2010.


    NNSA administrator Thomas D'Agostino defended the request, saying the US needs the best nuclear weapons facilities and engineers as it moves toward eventual disarmament. "This budget is implementing the president's nuclear vision," he said. The new funding is needed as the US transitions "from a Cold War nuclear weapons complex...into a 21st century nuclear security enterprise."  (以下略)

  • Obama Seeks Massive Increase in Nuke Spending – News From Antiwar.com
    by Jason Ditz, January 30, 2010, Antiwar.com


    −−−Though this funding will not actually be used to produce additional nuclear weapons, opponents caution that it will give the administration, and future administrations, the capacity to greatly increase the number of warheads in America’s arsenal, at a time when the administration claims to be trying to complete comprehensive warhead reduction agreements. (以下略)

  • ページが見つかりません - 毎日新聞
    毎日新聞 2010年1月21日 20時07分(最終更新 1月22日 0時07分)


     【ワシントン草野和彦】米国のシュルツ、キッシンジャー両元国務長官、ペリー元国防長官、ナン元上院議員の4人が連名で、20日付米紙ウォールストリート・ジャーナルに「米国の核抑止力の守り方」と題する論文を寄稿した。4人は核兵器廃絶を求める論文を07、08年に同紙に発表、「4賢人」と呼ばれ、オバマ大統領の核政策に強い影響を与えたとされる。今回は「核軍縮が進むに従い、米国の核兵器の高い信頼性を維持することが重要」と強調する現実的な内容になっている。 (以下略)


    この頭でっかちの 「4賢人」 の発表した一連の論文は以下の通り;

    • その3(2010年版)
      no title
      JANUARY 19, 2010, 7:09 P.M. ET., WSJ.com

    • その2(2008年版)
      no title
      JANUARY 15, 2008, WSJ.com


  • no title
  • no title
    2010.1.18 18:05 msn産経ニュース


    −−−ゲーツ長官は「核兵器によって米国やその同盟国への攻撃が確実に抑止できる状況でなければ、一方的な核兵器削減は難しい」と指摘。むしろ、老朽化した潜水艦発射弾道ミサイルの代替核弾頭の開発を進めるべきだと主張している。


     これに対し、バイデン副大統領は「米国が新型核弾頭の開発に着手すれば、核不拡散に向けて連携する国際社会において米国の影響力が著しく低下する。とりわけイランに核開発の口実を与えてしまう」との見解を表明し、代替核弾頭の開発に反対している。

  • no title
    (2010/01/04-15:45) 時事ドットコム


     【ワシントン時事】米国防総省は今月末から2月にかけて、4年ごとの国防計画見直し(QDR)と、今後5〜10年の核政策の指針となる「核戦略体制の見直し」(NPR)をまとめ、議会に提出する。オバマ大統領の安全保障と核政策の中核を担うとともに、在日米軍再編や米国の核の傘による抑止力など、日本の安全保障にも大きな影響を与える。いずれも同盟重視の姿勢が盛り込まれる見通しだ。 (中略)


     一方、核戦略体制見直しは8年ぶり。オバマ大統領が目指す「核兵器なき世界」の実現と同盟国を守る抑止力維持のバランスが焦点となる。核戦力への依存を減らす一方で、老朽化した核弾頭の信頼性の維持が課題だ。


     ゲーツ国防長官は核戦力の中枢を担う潜水艦発射弾道ミサイルの代替核弾頭開発を主張しているが、民主党を中心に核軍縮に逆行するとの声も強い。ホワイトハウスが最終的にNPRに盛り込むか判断が注目される。

  • no title
  • no title
    2009.12.27 20:15 msn産経ニュース


    −−− 核戦略に関する米議会の諮問機関「戦略体制に関する議会委員会」(議長・ペリー元国防長官)は5月にまとめた報告書で、核兵器使用を「最後の手段」にすべきだとしつつ、「計算されたあいまいさを放棄すべきではない」と主張した。


     べーカー元国務長官も回顧録で、湾岸戦争(1991年)の際、イラクに、化学兵器や生物兵器を使用した場合「米国民は報復を求めるだろう。われわれにはその手段がある」と、核攻撃の可能性を示唆したとしている。米政府は核の不使用を決めていたが、同氏はこの「脅し」がイラクに化学兵器などの使用を思いとどまらせた要因となったとの見方を示している。


    「米国民は報復を求めるだろう」って、事実でしょうか? イラクの化学兵器の件だって眉唾もの。 「国民は大きな嘘には騙される」 って誰かのコトバを忠実に実践しているとしか思えない。

殺傷能力が絶大だとか、環境破壊の度合いが大きとかその影響が長年続くとか、ヒトのDNAを傷付ける等と云うなら核兵器だけに限らず化学兵器や生物兵器だって同じ。「非人道的」 と云うなら、手段である兵器が何であるかを問わず戦争そのものが非人道的です。ですから究極的に廃絶すべきなのは戦争でしょう、人道的では有り得ない兵器はその手段に過ぎませんから。


以下、不謹慎かも知れませんが面白い記事を紹介。ヒロシマやナガサキの名前は世界中で知られていますが、その被害の実態は、日本が加爆国従属を長年続けた結果と思うがあまり認識されていません。今回のハイチ大地震のエネルギーがヒロシマに投下された原爆38個分相当であることを利用した啓蒙記事です;


Imagine Haiti with Radiation Sickness and Burns: Why We Must Disarm | Alternet

January 27, 2010 AlterNet / By Linda Gunter


細かいことを言えば、 リトルボーイ - Wikipedia が38個もハイチに投下されたら、ハイチどころか隣国ドミニカ共和国、キューバ、ジャマイカなど周辺まで根こそぎ消滅してしまうヨ、とか、核兵器 (被爆) の恐ろしさは人的被害がその場だけではなく何十年も続くところにあることを理解していないな、などあるのでしょうが、時宜を得た着眼点はおもしろいと思います。

2010-02-03

ハイチ大地震: イランの警戒 (日本だって−−−)

日本にとって今回のハイチ大地震は他人事ではありませんが、先日のベネズエラのチャベス大統領の珍説? も手伝ってか、イランでも警戒すると同時に過密となり過ぎた首都移転の議論が復活している様子。核問題で欧米のヤー公にいちゃもんつけられている上に大震災となると、ここぞとばかりにそのヤー公がなだれ込んで来ることも目の当たりにしていますから無理は無い;


  • ページが見つかりません - 毎日新聞
    毎日新聞 2010年2月3日 18時46分


    −−− イランは地震が集中するアルプス・ヒマラヤ造山帯にあり、古代から度重なる大地震で多数の犠牲者を出してきた。03年には南東部バムの大地震で4万人以上が死亡した。


     直下に多数の活断層があるテヘランでは統計上、約150年周期で大地震が発生するとされ、現在はその周期を大幅に過ぎており、再び危険性が高まっている。


     イランで「地震学の父」と言われるアカシェ・アザド大教授はメヘル通信に対し、「テヘランは柔らかい堆積(たいせき)物でできた地盤の真上にあり、ハイチの首都ポルトープランスと条件が似ている」と指摘。テヘランでは耐震基準に満たない住宅が多いとされ、「ハイチでの10倍以上の犠牲が出て、イラン史上最悪の災害になるだろう」と予測する。 (以下略)





    • Hmm - that webpage isn’t there. (404)


      Iran


      •0856 12 22 - Damghan, Iran Fatalities 200,000
      •0893 03 23 - Ardabil, Iran Fatalities 150,000
      •1727 11 18 - Tabriz, Iran Fatalities 77,000
      •1755 06 07 - Kashan, Iran Fatalities 40,000
      •1909 01 23 - Silakhor, Iran (Persia) - M 7.3 Fatalities 6,000
      •1923 05 25 - Torbat-e Heydariyeh, Iran - M 5.7 Fatalities 2,200
      •1929 05 01 - Koppeh Dagh, Iran (Persia) - M 7.4 Fatalities 3,800
      •1930 05 06 - Salmas, Iran (Persia) - M 7.2 Fatalities 2,500
      •1947 08 05 - Pasni, Iran - M 7.3
      •1953 02 12 - Torud, Iran - M 6.5 Fatalities 970
      •1957 07 02 - Mazandaran, Iran - M 7.1 Fatalities 1,200
      •1957 12 13 - Sahneh, Iran - M 7.1 Fatalities 1,130
      •1962 09 01 - Qazvin, Iran - M 7.1 Fatalities 12,225
      •1965 02 10 - Bostanabad-e Bala, Iran - M 5.1 Fatalities 20
      •1968 08 31 - Dasht-e Bayaz, Iran - M 7.3 Fatalities 12,000
      •1972 04 10 - southern Iran - M 7.1 Fatalities 5,054
      •1976 11 24 - Turkey-Iran border region - M 7.3 Fatalities 5,000
      •1978 09 16 - Iran - M 7.8 Fatalities 15,000
      •1981 06 11 - southern Iran - M 6.9 Fatalities 3,000
      •1981 07 28 - southern Iran - M 7.3 Fatalities 1,500
      •1990 06 20 - Western Iran - M 7.4 Fatalities 50,000
      •1997 05 10 - Northern Iran - M 7.3 Fatalities 1,567
      •1998 03 14 - Northern Iran - M 6.6
      •2002 06 22 - Western Iran - M 6.5 Fatalities 261
      •2003 08 21 - Southeastern Iran - M 5.9
      •2003 12 26 - Southeastern Iran - M 6.6 Fatalities 31,000
      •2004 05 28 - Northern Iran - M 6.3 Fatalities 35
      •2005 02 22 - Central Iran - M 6.4 Fatalities 612
      •2005 11 27 - Southern Iran - M 6.0 Fatalities 13
      •2006 03 31 - Western Iran - M 6.1 Fatalities 70


日本とイランの関係 - Wikipedia には 「歴史を通して両国は比較的友好的かつ強く戦略的な関係を維持してきた。」 と記載されていますが、「戦略的」 とは恐らくアブラ関連とアメリカ従属の外交のことを意味しますから、「友好」 とは相反する様な。現在のイラン核疑惑問題に関して、被爆国である日本が加爆・核保有国である欧米と 「足並みを揃えて」 対処している姿勢は理解不能。敵味方の識別能力くらい持てよ、と言いたくなります。

2010-02-02

アフガニスタン: Malalai Joya マラライ・ジョヤさん関連記事の紹介 その2

マラライさん動向については Defense Committee for Malalai Joya のサイトで確認しています。"A Woman Among Warlords" の出版後は書評の形での紹介、例えば;


が多いのですが、幾つかインタビュー記事・マラライさん本人のスピーチも紹介されています;

インタビュー記事




スピーチの紹介



一方でアフガニスタンでの戦争を続けるアメリカは、オバマ政権で初めての 「4年ごとの国防政策の見直し」(QDR) で、『アフガニスタン戦争で勝利を収める』 ことを最重要目標としています (ページが見つかりません - 毎日新聞 、2010年2月2日 10時58分、最終更新 2月2日 13時09分 参照)。『同盟国や友好国との関係を重視する方針を明確にし、友好関係確立のため米軍の外国語や外国文化の習得の重要性も指摘した』 なんて笑止千万、ひと殺ししか能の無い連中にそんなことが出来る訳がないし、それ以前に、兵隊にとって絶対であるのは外国文化の理解ではなく上官の命令。「外国文化を理解しましたらからそんな馬鹿げた命令には従えません」 なんて言えないでしょ? 言えるなら戦争なんてやってませんって。


軍事力でしか威信を保てず、相変わらず自国の国益のためには他国を犠牲にして構わないと宣言するこの国こそテロ国家。自分で争いの種を蒔き、国防と正義の名の下戦争に資源をつぎ込んで軍産複合体で大儲け、のマッチポンプ。このパターンは当面変わりそうにありません。



2010-02-01

ハイチ大震災: 子どもの人権 --- 商品化 その3

アメリカの宗教関係者10人が33人のハイチの子どもたちを誘拐した疑いで逮捕されたニュースが大きく取り上げられています。AFPの報道は;

Page non trouvée | AFP.com

02/01 | 00:15 GMT 時点 AFP 掲載


PORT-AU-PRINCE (AFP) - Haitian police detained 10 members of a US Christian charity group after they allegedly tried to leave the country with more than 30 children who survived the country's devastating earthquake.


News of the arrests came as the UN's food agency prepared to launch a massive food effort targeted at vulnerable women in a bid to ease some of the chaos surrounding the relief effort for the January 12 disaster.


Police seized five men and five women with US passports, as well as two Haitians, as they tried to cross into the neighboring Dominican Republic with 33 children two months to 14 years late Friday, Haitian authorities said.


Border police "saw a bus with a lot of children. Thirty-three children. When asked about the children's documents, they had no documents," Haitian Culture and Communications Minister Marie Laurence Jocelyn Lassegue said.


Speaking in her detention cell near Port-au-Prince airport, Laura Silsby, head of the Idaho-based New Life Children's Refuge charity, said the group's aims were entirely altruistic.


"We came here literally to just help the children. Our intentions were good," Silsby told AFP. "We wanted to help those who lost parents in the quake or were abandoned."


But the director of the Haitian center where the children are being cared for said earlier Sunday that most of the youngsters insist they still have family.


Some of the older children had spoken to aid workers and "say their parents are alive, and some of them gave us an address and phone numbers," said Patricia Vargas.


The US embassy in Port-au-Prince said the group were being held for "alleged violations of Haitian laws related to immigration."


Haitian officials have warned that child traffickers could take advantage of the chaos after the quake, and that legitimate adoption agencies may rush to take orphans before proper checks have been conducted.


"Everything is disorganized since January 12 and some people are using it to devote themselves to a veritable trade in children," said Jeanne-Bernard Pierre, director of Haiti's Institute of Social Welfare.


Workers from aid groups and other non-governmental and religious organizations have poured into Haiti in the aftermath of the quake which is believed to have killed some 170,000 people. (以下略)


この団体は、ハイチと云う国のネガティブイメージとそれに追い打ちをかけた大震災後の混乱を悪用して人身売買を仲介しようとした、と言われても仕方が無い。百万歩譲ってたとえ善意だったとしても、宗教者同士だけで打ち合わせて子どもを勝手に国から連れ出す行為は、国をまたいだ誘拐です。キリスト教原理主義のアメリカ政府が強権発動してこの10人の 「国民」 を救出するのかどうか見もの。以下幾つかの報道を紹介;




    • D
      Title: 'Child traffickers' held in Haiti



騒ぎを起こして開き直っている教会のサイトは; 404 Not Found 、地元アイダホでの報道は; no title 参照。