つぶやく つぶやき・・・


2008-09-03 教職をなげうって、歌手デビュ!沙門宏幸「あの人どこに

Enka2008-09-03

[]教職をなげうって、歌手デビュ!沙門宏幸「あの人どこに」 10:03

この前の日曜日、

ウイングジャパンの新人・沙門宏幸さんが

5月8日に発売されたデビュ曲「あの人どこに」の

プロモーションで来店された。


和歌山市は野崎出身で、本名:奥村博之さん。

星林高校だったというから、本名の彼をご存知の方は、アレ!と思うでしょう。

去年まで、30年近くも奈良で公立の小・中学校の先生をされていたのですから・・・・


その教職をなげうって、歌手デビュを果たしたのは

それだけ、歌への強い情熱があったからに違い。

カラオケの全国大会など優勝25回のキャリアに

かもん歌謡塾で学んだ、”歌謡文化の創造と継承”という理念

教育の現場にいた彼を、奈良に歌謡スタジオを新規に開店させて

プロ歌手になるという第二の人生を選ばせたようだ。


実力と熱意を兼ね備えていても成功するとは限らないが

沙門宏幸さんのデビュ曲「あの人どこに」を聴くと

同郷を越えて、どうしても応援したくなってしまう。


作詞、作曲は、かもん歌謡塾の花門一平さん

編曲は、最近では秋元順子さん「マディソン郡の恋」「愛のままで」で話題の花岡優平さん

沙門宏幸さんの歌唱力を活かしたメロとアレンジは聴き応えがある。

オールドルーキー・秋元順子さんの男性版と言っていい・・・・

まぁ聴いてみてください。

歌ってみてください(カラオケDAM:楽曲名1935-46)

また、演歌歌謡曲新譜ダイジェスト・4月B盤の13曲目に収録されてます。

f:id:Enka:20080902102211j:image

作詞の 鰆秋冬(さわらなつない)は花門一平さんの作詞家名で

日本中を旅して、書きとめた16地方の詞から

最南の長崎五島などの「あの人どこに」と

最北の津軽奥の細道などの「街道紀行」がカップリングされた。

   にほんブログ村 音楽ブログへ

■■ご当地<歌謡ブルースサミットって→http://wbs2008.cocolog-nifty.com/■■

   にほんブログ村 グルメブログ ランチへ

[]新しい高架下のお好み焼き屋 20:16

今日の昼飯は、紀和駅近くの新しい高架下のお好み焼き屋・ことぶきで

焼きそばを喰らった。350円。


和歌山駅から紀和駅になって何年になるのだろうか・・・

和歌山線の高架がまもなく完成すると聞いて

久方ぶりに、車を巡らす。

美味しい焼きそばののぼりに釣られて入店す。

おばちゃん二人のお店

普通の家庭的な焼きそばが山盛りで・・・

「サービス満点と・・・」

自動的にインスタントホットコーヒーが食後にきた。


乱雑に山積みされたコミック棚から

YAWARA!!の3巻と4巻を

懐かしく読んでしまっていたからだろう・・・

この日記のはてなブックマーク数