つぶやく つぶやき・・・


2018-04-19 愛の二重奏〜ソプラノとメゾ・ソプラノ

[]愛の二重奏〜ソプラノとメゾ・ソプラノ 10:48

今日付け、わかやま新報”とらふすクラシック・53”

  愛の二重奏〜ソプラノとメゾ・ソプラノ

         ソプラノ歌手 矢倉愛

f:id:Enka:20180419104641j:image:w360:left

 2人のオペラ歌手、ソプラノの矢倉愛とメゾ・ソプラノの堀内優子によるデュオがアイユウコです。2015年8月に結成しましたが、愛と優子と2人の名前を単純にくっつけた「分かりやすいコンビ名」です。優子とは、6年前、岩出・紀ノ川第九合唱団の公演の際、第九のソリストとして出会いました。目が合った瞬間に、フィーリングが会い「ビビっときた」のを覚えています。なんだか顔や容姿も似ていて姉妹かと良く言われ、クラシックだけでなく、歌謡曲やポップス等もレパートリーにしている所も良く似ています。

 矢倉愛として、ここ2〜3年海外で歌う機会を得ています。2016年5月ブルガリア・スタラザゴラ国立歌劇場オペラガラコンサートに出演、その際のパフォーマンスが評価され、同年6月に同劇場で開催されたヴァルナ国際オペラアカデミーで、「蝶々夫人」のタイトルロールに抜擢、念願の国際オペラデビューを果たすことができました。翌年も同アカデミーで「ドン・ジョヴァンニ」に出演させていただきました。今春には、アメリカダラスアジアアメリカユースオーケストラの定期公演で、歌わせていただきました。こうして欧米のクラシック事情に触れると、オペラが身近で日常的に親しまれていることを肌で感じてしまいます。結成以来お休みしていたアイユウコを今回復活させてみたくなったのも、そんな思いからだと思います。

 そんな2人の「デュオの世界」を、たっぷり楽しんで頂けます。オペラの世界からは、「蝶々夫人」の「花の二重唱」や「ホフマン物語」の「舟歌」などの綺麗な二重唱を、またディズニーでお馴染みの「美女と野獣」、歌謡曲の世界からは、ザ・ピーナッツのヒット曲など。ピアノに木谷悦也さんを迎え、4月27日(金)19時から、会場はLURU HALL、入場料は3000円(ドリンク付)です。問合&申込は同ホール(073-457-1022)WEBはこちらです。http://musicmart-ticket.com/

--------------------------------------------------------------------

矢倉愛 ソプラノ 和歌山市在住、大阪音楽大学短期大学部音楽学科声楽専攻卒業。オペラクラシック音楽を、より身近に提供するプロジェクト「THE OPERA WAKAYAMA」主宰


クリック→にほんブログ村 音楽ブログへ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Enka/20180419/1524102486
この日記のはてなブックマーク数