つぶやく つぶやき・・・


2018-11-22 「銀の草原 金の月」初演発表に寄せて

[]「銀の草原 金の月」初演発表に寄せて 10:26

本日付け。とらふすクラシック・84。

「銀の草原 金の月」初演発表に寄せて

          作曲家 竹家富紀子

f:id:Enka:20181123102432j:image:left

今年9月21日、兵庫県立芸術文化センターにて、フルートを岡本万貴さん、ハープ川口麻紀さんの演奏で「銀の草原 金の月」の初演発表をしました。主催は「響の会」、今回が22回目で、希少な現代曲初演発表のコンサートを行っています。「銀の草原 金の月」は、生石高原のススキ野原の夕景を描きました。ハープが波のようにさざめく風を、フルートが揺れる穂に漂う情感を幻想的に表現しています。好演のお陰もあり、「情景が目に浮かぶようだ」と、好評を頂きました。作品にグランドハープを用いたのは初めての試みでした。

楽器にはそれぞれの特性と制約があります。脳内の想像だけで理にかなった楽譜にするには無理があります。例えば黒鍵を持つピアノとは異なり、ハープでは足元の7本のペダルを操作することによって半音に対応します。その動作に伴うインターバルの考慮が要ります。響き方を知る為、アイリッシュハープを手に入れ、演奏方法を川口さんに教えて頂きながら書き進めました。楽器を熟知している演奏者の協力は不可欠なのです。手間の掛かる作業にお付き合いくださったお二人に大変感謝しています。

新曲を書く時はいつも「新しい試み」と「聴き手との共感」の間のジレンマに悩まされます。永遠の課題でしょう。只、和歌山をテーマにする時は、湧き上がる気持ちに自然に寄り添って作るので、方向性を見失うことがありません。以前の作品に熊野古道白山をテーマにした「はるかかなた」、紀三井寺の桜とぼんぼりの明かりを描いたチェロの作品「追想―花明かり」などがあります。どれも日本的な響きの中に新しい要素を取り入れ、和歌山への愛を込めて作曲したものです。

そしてこの度、和歌山初演の機会を得ることとなりました。12月1日(土)15時〜和歌山県立近代美術館にて、岡本さん・川口さんによる友の会ミュージアムコンサートです。14:30開場、先着120名入場無料。是非お運びください。

プロフィール 竹家富紀子 海南市生まれ 神戸女学院大学音楽学部作曲専攻卒業、同研究生修了。作曲を飯田正紀、森川隆之、石黒晶の各氏に師事。毎年新曲を発表、また編曲も行っている。

 

クリック→にほんブログ村 音楽ブログへ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Enka/20181122/1542936417
この日記のはてなブックマーク数