つぶやく つぶやき・・・


2018-12-20 ライブ5名のソプラノと歌うピアニストのフィガロの結婚

[]5名のソプラノと歌うピアニストフィガロの結婚 15:29

本日付け。とらふすクラシック・88。

  5名のソプラノと歌うピアニストフィガロの結婚

          ピアニスト 碇理早

f:id:Enka:20190102152800j:image:w360:left

 「オペラを分かりやすく身近なものに」から、もう一声!吉本新喜劇を観るように、オペラをわかり楽しんでもらうのが目標の碇です、皆さま初めまして。

 狐島FOXYテラスにあるLURUHALLに出会って、「もっとやれ」「どんどんやれ」と周囲が調子に乗せてくださり、いつも好きな事をさせいただいています。そうすると、どんどん三の線を突き進んで、もはや色物?気にせず信じる道を行きたいところです。勇気をもって!

 本来はどんなに難解なクラシック現代音楽でも演奏する側にメッセージがあれば(あらゆる箇所で、その音である意味があれば)、感情は勿論、情景やら色、香りといったものも、聴き手に伝わり、聴き手がワケワカラナイと感じる時は、えてして演じ手自身もワケワカットラン事が多いと自戒の念も込め信じています。

 今回お届けするのはそんな難しいオペラでは無いのです。王道中の王道、モーツァルト作曲「フィガロの結婚」。超有名なこの作品は、ミスターフィガロの結婚式の日に、アルマヴィーヴァ伯爵のお屋敷で、たった1日で起こるドタバタ劇です。本来3時間かかるこの作品を、今回はお話付きのハイライトでギュッと凝縮して物語を進行します。(時々プロジェクター!)

 24日のクリスマス・イヴ。LURUHALLの木が呼吸する上質の空間で、上質の代表スタンウエイ・ピアノと演者が、文字通り手を伸ばせば届く距離で賑やかに、てんやわんやします。5名のソプラノと歌うピアニストで一体何が生まれますやら・・・どうぞ騒ぎに巻き込まれてください。

 また、第2部ではヘンデルオラトリオメサイアより「ハレルヤ」、そしてクリスマスソングも演奏します。ご来場の皆さまに一緒に歌っていただける曲も用意していますので楽しみにお越しいただければ幸いです!入場料は3000円、出演は桐生直美、成川奈緒、熊谷真寿美、佐藤好恵、松村敦代、碇理早。問合せ073-457-1022まで。

碇理早 美浜町在住。東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業後、イタリア国立ミラノジュゼッペ・ヴェルディ音楽院ディプロマ修了。同音楽院アカデミーコースに進む。帰国後、後進の指導をしながら、多様な音楽活動をしている。

 

クリック→にほんブログ村 音楽ブログへ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Enka/20181220/1546410583
この日記のはてなブックマーク数