Hatena::ブログ(Diary)

魔王14歳の幸福な電波 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


魔王14歳の幸福な電波 この日記をアンテナに追加 http://d.hatena.ne.jp/Erlkonig/rss






サイト説明

1983-06-19 『ひぐらしのなく頃に 祭囃し編』ネタばれ

『ひぐらしのなく頃に 祭囃し編』ネタばれ「一発の弾丸」について

id:simulaさんのこの辺をまず参考として。


「ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編」 −道徳的形而上学− コメント欄

# genesis 『私も,「鷹野三四物語」を好ましく感じたくちです。第三部も中盤までは人智を通じての戦いだったものが,終盤で放たれた「一発の弾丸」が舞台台無しにしてしまった感があります。「バベルの塔」の逸話を引いたのなら,最後は人が持つ〈言葉〉の力によって幕を降ろして欲しかった――と口惜しく思うところです。』

この「一発の弾丸」についてですが、逆の風に捉えました。番犬が登場してカッコウが発動された時点で鷹野さんは実質敗北していたわけですが、羽入さんは勝利が確定したのにわざわざ鷹野さんの前に現れて銃を向けられました。作中で羽入さん自身が言っている通り、これは神である彼女舞台から退場し、「罪を背負って生贄となる」ための自殺行動です。そしてここで、「誰が生贄/敗者になることも臨まない」古手桜花末裔である梨花ちゃんの手によって銃弾が取り除かれるという奇跡が起きるわけです。

つまり、このシーンの構図は「羽入を殺したい鷹野VS自殺したい羽入」ではなく「自殺したい羽入VS自殺させたくない梨花」と捉えらることができます。また、奇跡を起こしたのは神である羽入さんではなく人である梨花ちゃんです。昭和58年の6月を越えてループ記憶が無用のものとなると、羽入さんの神としての特権はなくなり人と変わらない身となります。この見方をすると、ラストシーン梨花ちゃんの起こした奇跡は「神」だった羽入さんを「人」として自分たちと同じ舞台に受け入れるためのものだったという風に考えられます。

まあ、この手の理屈は読者に伝わっていないと意味をなさないので、後から考える必要がある時点で表現としては失敗しているわけですけれど、こう捉えるとしっくりするかなと思ったので一応。

genesisgenesis 2006/08/19 03:55  構図の把握としては,おっしゃる通りだと思います。また,プロットの組み立てからすれば,第7話と同じ場面――すなわち,三四の撃つ「一発の弾丸」が第8話においても必要です。それも分かります。
 しかし,そうした図式のうえにあることを理解してもなお納得がいかないのは,古手梨花が起こす〈奇跡〉の質でした。
 作中,羽入は次のように言います。
>>
「奇跡は神の手にある。
 それを操る資格は人にない。
 でも,資格はなくとも,人は悟る。」
<<
さて,銃弾が発射されたとき,時の流れを止めたのは誰だったか。それは羽入です。しかし,静止する時を揺り動かしたものは何であったか。それは,鷹野三四の発した一つの〈言葉〉です。
>>
「……こ,……この,バケモノがッ!!!」
<<
神の力を行使する者すら揺さぶるものが〈言葉〉にはあるのです。そこへ作者たる竜騎士07さんが差し伸べたのは,銃弾をも掴み取る「梨花の手」でした。しかし,いかにタイムリープの螺旋に身を置いていた超人とはいえ,それは物語世界の中でもルール違反だったのではないでしょうか。何より,梨花が起こした最後の奇跡には,これまで繰り返し述べられてきた,奇跡の発動要件が含まれていないのです。
 私は思うのです。この瞬間,〈言葉〉を打ち破るのは〈言葉〉であるべきだったのではないか,と。そして,そこで発せられるべきものは「信じる力が運命を切り開く奇跡を起こす」という本作のテーマを体現する言葉。それこそが『僕が望む奇跡』のかたち。竜騎士07さんが導いた未来においては,羽入のトラウマは残存し続けるのです。あうあう。
 そのような想像を巡らせたうえで―― それでもなお,スタッフルームでも説かれている《魔法の法則》そのものが,私の心には響いてきませんでした。『ひぐらしのなく頃に』という無垢な物語は,決して悪いものではない。ですが,kagami さんの仰ることの方に,より大きく肯きます。

ErlkonigErlkonig 2006/08/19 13:11 コメントありがとうございます。それぞれの問題の指摘、納得できました。
「信じる力が運命を切り開く奇跡を起こす」という原理は既に大前提として頭の中にあったので、問題のシーンでその<言葉>が出なかったことに私は最終的に違和感を持ちませんでしたが、これはもう受け取り方の違いということなのだと思います。私も竜騎士さんの言い分は随分無理矢理な論法だったなあと思うので、同じ主張をするにしてももう少し上手くやってほしかったという思いがあります。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Erlkonig/19830619/p1

∇コメント欄は常時開放中ですが、ネタばれにはご配慮ください。
パシリ家来のからすとうさぎが窓口をしています。何かご用があれば彼までどうぞ。メッセンジャーの登録なども歓迎します。