Hatena::ブログ(Diary)

魔王14歳の幸福な電波 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


魔王14歳の幸福な電波 この日記をアンテナに追加 http://d.hatena.ne.jp/Erlkonig/rss






サイト説明

2009-07-07

フリーゲームに"無料であること"は求めない

フリーゲームとは思えないほどの超絶クオリティ」という謳い文句なんかを見ると、フリーゲームってやっぱりそう認識されてるものなんかなー、と微妙な気持ちになったりします。むー。

 たとえば私は、別に"無料で遊べること"に価値を見いだしてフリーゲームをやってるわけじゃありません……というのは半分は個人的な感覚なのですが、多くのフリーゲームファンにもけっこう共通する思いであるとも考えます。たしかに生まれて初めてDLした時の動機は「無料で遊べるから」でしたが、しばらく遊んでるうちに「これはただ事やないで……」と思ったものです。今の私であれば、"市販ゲームには劣るけど、無料で遊べるから"という目的フリーゲームプレイするくらいなら、大人しく市販のゲームお金を払います。

 私は、他の文化圏にはないゲームを求めて、フリーゲームというジャンルに手を伸ばしています。アンディー・メンテしかり、ステッパーズ・ストップしかり、カタテマしかり。そこに「無料だから」という理由は介在しません*1し、もし彼らが「次回作は有料にします」って言えば喜んでお金払います。*2

プロの作るようなド派手なゲームを個人の技術力でものにしてみせるぜ!」って気概フリーゲーム作ってる人もいると思います。でもそういうものを指して、これこそがあらゆるフリーゲームが目指す本願だという感じの意見を見ることもあって、それはどうなんかなーと思わないではありません。

 もちろん、「俺たちは人と違うマイノリティだから凄いんだ」という身内の優越感で小さくまとまるのはしょうもないですし、「どんなゲームも等しく面白い」みたいな価値相対化もつまんないです。それよりなんかもっとこう、「ゲームってこんなことも出来たんだ!」っていう、プレイヤーゲーム観を更新するようなフリーゲームの一面が、もっとアピールされていけばいいなあと思っています。


関連

*1:むしろ配布形式としては、「お店に買いに行かなくてもWebリンクからすぐにDLできる」という面の方が大きかったり。

*2:またゲームに限らずとも、たとえば『胎界主』だって、無料で読める漫画だから凄いと言ってるのでは全然ないわけです。

セミラミスセミラミス 2009/10/17 21:22 当方はフリーゲームを制作、公開しています。
無料ゲームに対する想いをネットで探す内に発見し、読ませてもらいました☆
当方のサイト内の文章にリンクも作成してあります。
プレイヤーとしての意見を知る事ができ、ありがたく思っています。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証


∇コメント欄は常時開放中ですが、ネタばれにはご配慮ください。
パシリ家来のからすとうさぎが窓口をしています。何かご用があれば彼までどうぞ。メッセンジャーの登録なども歓迎します。