Hatena::ブログ(Diary)

魔王14歳の幸福な電波 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


魔王14歳の幸福な電波 この日記をアンテナに追加 http://d.hatena.ne.jp/Erlkonig/rss






サイト説明 ∇うみねこ記事まとめ ∇作品別の感想ログ(更新怠け中)

2011-09-01

感想:千澤のり子『シンフォニック・ロスト』

シンフォニック・ロスト (講談社ノベルス)

 中学校吹奏楽部お話。部内で恋愛すると片方が死ぬ! というよくある怪談話がまことしやかに囁かれる中でほんとに人が死んでしまい、少年少女があれこれ思い悩む青春ミステリーです。

 小説としては淡泊。人が死ぬとは言っても派手な引きや展開はなく、落ち着いた叙述で淡々と進む作品です。吹奏楽部ミステリーで主人公の担当ホルン、なんて聞くと古野まほろさんの天帝シリーズ連想してしまいますが、本作にはまほろさんのように奇を衒った表現は全くありません。作風としては完全に真逆ですね。

 表紙は爽やかで、駅の本屋さんとかで気軽に手が伸ばせそうな感じですが、ミステリーとしてはすごい硬派。探偵が出てきて「これこれこういうことだったんですよ〜」っと説明してくれることもなく、全ての謎を解決するただひとつの決定的な事実を突きつけて物語を閉じる形。一読しただけで作品構造を完全に理解することは難しそう*1なので、多くの人に再読を強いてしまう作品ではあるかもしれません。

*1:読んでる間に真相に気づけた人は別ですが。


∇コメント欄は常時開放中ですが、ネタばれにはご配慮ください。
パシリ家来のからすとうさぎが窓口をしています。何かご用があれば彼までどうぞ。メッセンジャーの登録なども歓迎します。