Hatena::ブログ(Diary)

あいくーすいのチラシの裏


 その時々、プレイしているゲームのメモ書きがメインです。


2018/01/07 (Sun) カイオーガ対策

もうすぐグラードンも終わりなのでカイオーガ対策始めましょう

 

カイオーガ(タイプ:水)

 

攻撃:297

防御:276

ステ:200(HP実数値最大169)

CP:4874

 

技1:滝登り、ドラゴンテール

技2:ハイドロポンプ、吹雪、雷

 

技範囲が広いため、全ての技の組み合わせに対して安定して繰り出せるポケモンがおらず、技2にあわせた対策ポケモンを複数用意したいところ。

特に技2が吹雪の時はカイオーガ自身の弱点をカバーする相性補完に優れた範囲となるので、吹雪に耐性を持ちつつ弱点をつくことができるポケモンはカイオーガ自身のほかにはランターンとレアコイルのみ。

ただしステータスが低く有効な対策とは言えないので、氷は耐性で受けるよりは火力で押し切ったほうが有効と思われる。よって吹雪で弱点をつかれない高火力な電気タイプが安定か。

ハイドロポンプはタイプ一致で等倍での純粋火力は3つの技2の中で一番高いが、純水タイプと割り切ることができるので、草タイプが安定。

雷は対策が一番楽で、弱点を突くための草や電気タイプがそのまま耐性となる。

 

ハイドロポンプ対策

○カイオーガ(ドラゴンテール/雷)

→タイプ耐性、高火力高耐性。技のタイプ不一致を高いステータスでカバー。

○ナッシー(種マシンガン/種爆弾orソーラービーム)

→タイプ耐性、高火力高耐性、タイプ一致技。晴天時の高PLタマタマを捕獲進化するだけで立派な対策に。1回目の技2を受けた後に次の技2まで耐えられないようなら種爆弾のほうが安定する。

○その他草タイプ

→キノガッサ、ジュカイン、ダーテングあたりが優秀。(防御力は低いが攻撃力が高く、技2を高サイクルで繰り出せるのでゲージを抱え落ちする可能性が低い)

○カイリュー(ドラゴンテール/逆鱗)

→困ったときのカイリュー。技1がドラゴンテールじゃなければ枠埋めに。

 

吹雪対策

○カイオーガ(ドラゴンテール/雷)

→ハイドロポンプの項に同じ。おそらく吹雪に対する最適解。

○ライコウ(電気ショック/ワイルドボルト)

→高火力高サイクル。耐久力も低くないので電気タイプではベストか。

○サンダース(電気ショック/10万ボルト)

→ライコウの下位互換だがライコウがいない場合は。

○一部の炎タイプ

→ウィンディ(ワイルドボルト)、バクフーン(ソーラービーム)。技1がドラゴンテールで技に補正がかかる天候なら十分戦えそう。ホウオウも高ステータスなのでソラビなら戦えるか。キュウコンはステータス不足、リザードンは耐性がないので一致弱点を突ける電気タイプのほうが優先度は高い。

 

雷対策

○ライコウ(電気ショック/ワイルドボルト)

→タイプ耐性、高火力高サイクル。おそらく雷に対する最適解。

○サンダース(電気ショック/10万ボルト)

→吹雪の項に同じ。

○ナッシー(種マシンガン/種爆弾orソーラービーム)

→ハイドロポンプの項に同じ。

○その他草タイプ

→同上。

 

ほかにも細かく調べればあるだろうけどざっくり思いついたのはここらへん。

相手が弱点を突いてくる技の組み合わせじゃなければ強風ブーストかかったてるりんカイリューや時々曇りブーストかかった噛みエッジバンギを雑に投げてもよさそう。