Europedia の インターネット・トラベルNEWS

■「ユーロペディア」トップページへ■  ■サイト・マップに代えて■ Since 2004 February 15, 1883641
 

2004-09-30 ヨーロッパの鉄道旅行に関する優れた個人運営ホームページ

Europedia2004-09-30

[]ヨーロッパの鉄道に関する優れた個人運営ホームページ

 ヨーロッパ鉄道旅行計画専門 http://home.att.ne.jp/sky/railplan/ は、鉄道旅行関連商品の卸元に勤務し旅行会社にアドバイスする立場にあるプロが個人で開いているサイト。「各専門チャンネル」には鉄道パスが通用しない列車や予約が義務づけられた列車などのリスト、電子時刻表のリンク、Q&A、料金検索、ライブカメラリンクなどがある。「国別チャンネル」のプルダウンメニューで国名を選択すれば、各国ごとの鉄道パス案内、主要列車やフェリー・バス等の時刻表、現地ニュースなどが現れる。

 野田隆のホームページhttp://homepage3.nifty.com/nodatch/ は、ヨーロッパの鉄道に関する公開講座を行ったり、鉄道関連書籍雑誌記事を多数執筆している都立高校教師野田隆氏のホームページ。「北欧」や「ドイツ」、「チェコ」を中心としたヨーロッパの鉄道に関する著書の裏話や補足記事、写真を中心に掲載。とくに、「フォト・ギャラリー」のページが秀逸で、「列車コーナー」、「あの駅・この駅」、「ヨーロッパの風景」の3つのジャンルに分けて写真を中心に鉄道の解説や街の様子を紹介している。

☆写真は スイスのツェルマットに向かう氷河急行展望車輌

2004-09-29 複数の国内旅行サイトを横断検索して一覧表示する宿泊検索サイト

Europedia2004-09-29

[]複数の国内旅行サイトを横断検索して一覧表示する宿泊検索サイト

当欄8月19日の記事で「楽天トラベル」「じゃらんnet」「宿ぷらざ」「ベストリザーブ」といった「複数の国内ホテル予約サイトを横断検索する検索エンジン」モノリスhttp://www.monol.net/と、「楽天トラベル」「じゃらんnet」「宿ぷらざ」「ベストリザーブ」「Eクーポン」の5つの大手予約サイトを横断検索できるサイトnifty Travel http://travel.nifty.com/の「国内宿泊予約」ページを紹介したが、4月27日、9月24日の記事で紹介した「フォートラベル」http://4travel.jp/domestic/hotel/ も「楽天トラベル」「じゃらんnet」「宿ぷらざ」「ベストリザーブ」「一休.com 」「JTB」「Eクーポン」「オズモール」「HIS」「やど上手」「アイテル」「予約宿名人」「宿なび」の14つの大手予約サイトを横断検索できるサイトを構築していることに気づかなかった。

「フォートラベル」http://4travel.jp/overseas/hotel/ には、オクトパストラベル、ホテルクラブ、イーチャイナ、ブッキングス JP、ミキツーリスト、Rates To Goアップルワールドの7つの海外ホテル予約サイトを横断検索する機能もある。

なお、「モノリス」はこの9月27日、宿泊予約サイトを運営する「ベストリザーブ」http://www.bestrsv.com/ に買収されることが決まった。

また、楽天グループの子会社楽天トラベル株式会社は、9月14日(火)より「旅の窓口」と「楽天トラベル」を統合し、新「楽天トラベル」http://www.mytrip.net/としてサービスを開始した。サイト名は「楽天トラベル」とし、システムは「旅の窓口」のものを使用している。

☆写真は ミズナラの木立に囲まれた 日光 中禅寺金谷ホテルhttp://www.kanayahotel.co.jp/ckh/index.html

2004-09-28 アメリカで横断型ホテル・航空券価格検索エンジンの競争激化

Europedia2004-09-28

[]アメリカで横断型ホテル・航空券価格検索エンジンの競争激化

 米Yahoo! がこの7月から旅行専門の検索エンジンyahoo.farechase.com』http://yahoo.farechase.comのベータ版の運用を開始し、1度にTravelocity、UAAADL、JetBlue 、America Westなど約50の旅行・航空会社サイトを検索して運賃や宿泊代を調べられるようになった。7月初旬に買収したニューヨークのFareChase社のシステムを利用したものだ。

対象旅行商品は、航空券とホテル、レンタカーで、航空券は日本から米国などの検索も可能だが第三国間は現在のところ検索できない。

 ホテルは米国、カナダが対象だが、近いうちに全世界に対象が広がる予定という。検索結果一覧から希望商品を選択すると、当該旅行サイトのページに飛ぶ仕組み。

Airport Locator、 Currency Calculatorなどのツールも用意されている。

 65の旅行サイトから航空券料金情報を横断検索するMobissimo http://www.mobissimo.com/travel/search_airfare.phも今年に入ってからベータ版として公開されている。一般の評価はYAHOOのFareChaseよりも高いようで、実際に検索結果も実態価格に近いものがある。

検索対象サイトは、ANA、Travelocity、Expedia.com、Northwest、Priceline.com、Opodo、Orbitz、RyanAir、ANAAir France USAなど。

 OneTime.com http://www.onetime.com/は、下記に上げた旅行サイトのうちどのサイトで検索するかを複数選択して開始できるというスグレもの。また、検索結果一覧から各旅行サイトの当該ページへの遷移もスムーズに行われる。

  OneTimeは 90,000軒のホテルを検索対象としていると豪語している。

OneTime.com の検索対象サイトの主要なものは下記の通り、

Travelocity、Orbitz 、HotelClub.com、 HotelsCentral、InterContinental 、Lodging.com 、Hotels.com、CheapTickets、Hotwire 、Cheap-Booking。

2004-09-27 観光産業研究会の「観産研WEBサイト」テスト版がオープン

Europedia2004-09-27

[]観光産業研究会のホームページ「観産研WEBサイト」テスト版がオープン

 旅行業界の研究組織「観光産業研究会」が「観産研WEBサイト」のテスト版http://www.phovie.com/kansanken/modules/news/ をオープン。Weblogによる手づくりのサイトで、会員による情報の受発信やアイディア交換を目指している。

投稿など情報発信は会員の登録ユーザーに限られているが、PDFファイルの提言やレポートはゲストのまま閲覧できる。

「新たな旅行・観光産業に知恵を出し新たな杭を打とう!」「顧客からも素材からも遠くにいる旅行業者」「プロデュースしてこそ旅行会社」「捨てに捨てられぬ『旅のお宝』」などの貴重な提言やレポートを見ることができる。

☆写真は 東京ビッグサイトで9月24日〜26日の間開かれた「世界旅行博」の模様

2004-09-24 ウェブ上で公表されている個人の海外旅行記を旅行計画の参考にしよう

Europedia2004-09-24

[]ウェブ上で公表されている個人の海外旅行記を旅行計画の参考にしよう

 ウェブ上で公表される個人の海外旅行記や紀行文はブログの普及のおかげもあって増える一方だ。旅行記は、検索エンジンで「地名+旅行記」や「地名+紀行」などという検索でも見つかるが、旅行記のリンク集を利用して見つけるのが効率的だ。

 「旅人文庫 旅行記リンク集http://homepage2.nifty.com/keny/index.htmは、個人の海外旅行記を国別に分類・リンクしたホームページ。旅行、時期、行程、寸評を加えた一覧表から興味のある旅行記を選ぶことができる。各旅行記には天気や旅行関連本、地図(一部地域)へのリンクも設けられている。自転車・バイク旅行、ゴルフプレー旅行、サッカー観戦旅行など旅行形態別の分類もある。「マルチメディア」のコーナーには世界各地のライブカメラストリーミング・ビデオ放送へのリンクもある。

 「アジア情報大事典」http://www.asia-network.jp/は、アジアネットワーク社が運営する自薦登録型のアジア関連総合リンク集。4,200以上のリンクがあり、「旅行記」「歴史」「芸能」「健康・衛生」「ホテル」「レストラン」「メールマガジン」「リンク集」など45の「項目別メニュー」からの選択のほか、「国別メニュー」から各国の「項目別メニュー」を見ることもできる。

 「インターネット国際情報銀行」http://www.iiib.com/ は、個人の持っている旅行情報を持ち寄れば、膨大な情報資産となり、それを運用すればより多くの人に役立つという考えで開かれたサイト。すべて銀行に見立てて作られており、地域は「支店」、情報提供は「預入」、閲覧は「引出」と呼ばれ、「個人旅行情報口座」、「国際協力情報口座」、「長期滞在情報口座」などに分かれている。個人の旅行体験を凝縮した投稿には旅行記に劣らぬリアリティーがある。もちろん、誰でも「預入」ができる。

 「worldwide」http://www.world-wide.jp/ は、世界の主要国の旅に関しての情報を満載した個人運営のサイト。「旅の情報」には各国別の観光局や大使館、現地日本語観光サイトなどへのリンクや「転ばぬ先の杖」というアドバイス投稿があり大変便利。「世界遺産」のページには各国の世界遺産の画像もある。アクセスや各国の見どころなどのショートコラムも豊富。「旅行記&コラム」には持ち寄りの旅行体験記が集められている。「旅のコミュニケーション」という地域別BBSも充実。

 「フォートラベル」http://4travel.jp/ は、「旅行のクチコミサイト / みんなで作る海外旅行ガイド」という副題の付いたコミュニケーション・サイト。みんなで持ち寄ったライブ感覚溢れる口コミ情報リンク集、旅行記、写真などをエリア別で検索・閲覧できる。トラベラー会員に登録(無料)すると、「ホームページ自動機能」を使って「自分の旅行記ホームページ」を作ったり、「自分のポストカード」で写真を公開したり、「自分の旅行ガイド」に記事を掲載することも可能だ。

 「旅たびNET」http://www.tabitabi.net/ は、添乗員、現地ガイド、旅行会社員など旅のプロから旅行会社に就職したい人、旅好きの人、海外に住んでいる人などが情報や質問を持ち寄って交換するコミュニケーションサイト。現地特派員レポートや海外在住者の連載コラム、添乗員ならではの記事が並ぶ「ツアコンカフェ」、旅のクチコミ掲示板など貴重な情報を満載。1,153 の旅行記を集めた「世界の旅行記リング」へも飛べる。1000あまりのサイトを集めた「旅のリンク集」も貴重だ。

☆写真はリトアニアのカウナスにある杉原千畝記念館の執務室(旧日本領事館)にあったタイプライター

2004-09-23 クリスマス市やイエス生誕の馬屋のドールハウスなどのリンク集

Europedia2004-09-23

[]クリスマス市やイエス生誕の馬屋のドールハウスなどのリンク集

クリスマスから年末年始にかけては、ヨーロッパ各国ではさまざまなイベントが繰り広げられる。最近人気なのが、ドイツ、オーストリアなどの「クリスマス市」だ。これは、市庁舎前広場などでクリスマス飾りや子供達のためのプレゼント、お菓子などを売り、ときには小コンサートなども加わる市で、11月中旬からクリスマス前後にかけて開催される。

Google検索エンジンで「クリスマス市」(ドイツ語ではChristkindlmarkt)と検索すると、日本国内のものも含め数千のサイトが見つかった。

 Michael's Weihnachten Seite http://www.weihnachtenseite.de/links.htmlという、クリスマス市、サンタ・クロースなどに関する広範なリンクも大いに活用しよう。基本的にはドイツ語だが、英語を理解する人への配慮も見られる。ニュルンベルクやチューリッヒ、ウィーン、ザルツブルクなどのクリスマス市、ザルツブルク郊外の「浄しこの夜」誕生の礼拝堂Oberndorfもリンクされていた。

 このほかにも、クリスマスに関する世界中のサイトリンクしたChristmas 'round the World http://www.auburn.edu/~vestmon/christmas.htmlやスウェーデン「サンタワールド」の日本語版SANTA WORLD http://www.santaworld.co.jp/、タウンネット・コムの「世界のクリスマスページ」http://www.townnet.com/events/christmas/world-j.htmlも面白い。

政府観光局のホームページも冬のイベント情報を集めるのに役立つ。昨年のドイツ政府観光局http://www.visit-germany.jp/のトップページには「クリスマスならドイツだよ!」というバナーがあり、ドイツ全土の「クリスマス市マップ」が出てきた。また、「ドイツ観光局推薦ロマンチック・クリスマスの旅情報!」のページには日本の旅行会社が企画したクリスマス関連ツアーが並べられていた。今年はどうなるのだろうか。

 オーストリア政府観光局http://www.austria-tourism.at/index.htmlの「ウィンターバカンス」のページには、「オーストリア家庭のイブの過ごし方」、「欠かせないクリスマスクッキー」、「主なクリスマス市一覧表」、「ウィーンの舞踏会日程表」などの記事があった。

「クリスマス市」の影に隠れて見過ごされているが、ヨーロッパの人にとってのクリスマスはドイツ語でクリッペン(Krippen)と呼ばれる、教会の一角にしつらえられる「キリスト降誕の“うまや”模型」も欠かせない風物詩だ。各教会が競うように立派なものを作っているので、教会を訪れるたびに探してみるとよい。上記のMichael's Weihnachten SeiteのKの項目にはKrippen aus - fast - aller Welt(ほとんど全世界のクリッペン)というページもリンクされておりそのリンク集(Links zu anderen Krippen)からは、世界中のクリッペン関連サイトへ飛ぶことができる。とくに、Krippen Linkliste http://links.parsimony.net/links1781/というリンク集が網羅性が高い。

 ちょっと厳めしい名の北米航空宇宙防衛局ノーラッドの“サンタサイトhttp://www.noradsanta.org/も例年通りだと11月下旬にはオープンするだろう。ふだんは北米大陸をミサイル攻撃から守るため衛星やレーダー探査機で探知活動をしている米国の軍事組織だが、クリスマスにはその“総力”を挙げて、出発準備段階から北極への帰還までトナカイにひかせて飛び回るサンタクロースの追跡プログラムを稼働し、サンタさんの移動映像を大胆にもウェブ上でストリーミング生中継してくれるのだ。それも、日本語のアナウンス付きで。

☆写真はウィーン市庁舎前広場のクリスマス市で綿飴を手に持つ子供

2004-09-22 海外の寿司バーや寿司を提供する和食レストランを知るのに役立つペー

Europedia2004-09-22

[] 海外の寿司バーや寿司を提供する和食レストランを知るのに役立つページ

ウィーンには120軒以上の寿司バーや寿司を出すレストランがあり、回転寿司も6軒あるそうだ。ウィーンの女性にダイエットにいいと信じられているのが人気の原因と聞いたことがあるが、よく見ると寿司バーで待ち合わせて寿司をオードヴル代わりにつまみながらワインを飲んでから、さらにお目当てのレストランに移るという人も少なくないようだ。

 海外での寿司店探しに便利なサイトThe Sushi World Guide http://www.sushi.infogate.de/ は、 A Guide to Japanese Restaurants outside Japanという副題を持ち、アメリカ在住のドイツ人が中心となって作られている。サイトでは日本を除いた世界1,066都市、3,805軒の寿司を中心とする日本料理店を紹介している。The Restaurantsのページからは大陸→国→都市の順に寿司店を選ぶことができる。店名からの検索も可能。運営者おすすめのTop Favouriteや日本食を楽しむための基礎用語を解説したExpressions、Photo Galleryなどのページがある。Linksではは日本も含めた料理店のリンク集や寿司の調理法のページもリンクしている。

Sushi! The World's Greatest Food http://www.wcnet.org/~kralizec/sushi/sushi.htmlは、寿司の歴史やエチケットを知るのに役立つ。Sushi Etiquette http://www.wcnet.org/~kralizec/sushi/s-etiquette.htmlのページが面白い。 Other sushi resources on the internetという寿司関連サイトリンク集も役立つだろう。

2004-09-21 旅にカスタマイズしたパソコン“旅パソ”を作ろう

Europedia2004-09-21

[]旅にカスタマイズしたパソコン“旅パソ”を作ろう

 山口執筆の週刊メールマガジンCosmic Dance 「海外個人旅行 特別講座」http://www.skiple.com/Cosmic_Dance/では、再三に渡って旅にカスタマイズしたパソコン“旅パソ”を作ろうと主張してきた。この旅パソは、ガイドブックや地図、電子機器、旅行関連ブックマーク、計算機、自動翻訳機、録音機、デジタルビデオ録画再生機、デジカメIP電話機、人工衛星による測位システム(GPS)を利用したウェブガイドブック連動ナビゲーション・システムなど旅行に必要なあらゆる機能を備えたものだ。

 実際に、ソニーはルプランhttp://www.jp.sonystyle.com/Leplan/index.htmlという携帯情報端末にGPS機能を加えウェブガイドブックや電子地図と連動させたナビゲーション・システムを実用化している。

既存の、モバイルパソコンを自分で“旅パソ”にカスタマイズしてもよいが、旅行者のニーズも高いだろうから、ルプランのような機能も持たせた旅に特化したモバイルパソコンあるいはハードディスク付き携帯情報・電話端末をどこかが作ってくれないものだろうか。

“旅パソ”については「海外個人旅行 特別講座」の以下のバックナンバーでも触れている。興味のある方はバックナンバー一覧ページhttp://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/5894/cosmicback.htmlでご覧いただきたい。

34号 自分のコンピューターを「旅」モードにカスタマイズしよう

57号 海外旅行に役立つ“旅パソ”を創ろう

67〜70号 インターネットで旅のスケジュール表作りを楽しもう

79号 パソコン上に“旅行事典”を築いて情報収集自由自在

117号 究極の旅の道具“旅パソ”を考える

138号 個人旅行に役立つ内外のウェブ・ガイドブックを比較

187号 ブックマーク機能活用でオリジナル「WEBガイドブック」を作る

191号 デジタル・マップで海外個人旅行をナヴィゲートしよう

211〜212号 ブログを使って「マイWEBガイドブック」を作ろう

213号 旅に役立つ電子ツールを「マイWEBガイドブック」に加えよう

 実は、4年前に買ったデスクトップパソコン(当連載34号でふれさせてもらった)を買い換えようと目下思案中。デスクトップの“旅パソ”としてパソコンインターネットをフル活用するには、今のSONY VAIO R73K(メモリー128MB、ハードディスク40GB、Pentium 866MHz、Windows2000)というパソコンでは少々荷が重くなってきたのだ。とくに、CPUブロードバンド時代に追いついていけないで息切れしている。

買い換えの機種は未だ決めていないが、1GB、500GB、Pentium3.6GHz、Windows XP Professionalといった仕様のSONY VAIO http://www.vaio.sony.co.jp/の秋モデルVGC-RA71PL9が今のところ最有力候補だ。

振り返ればオリンピックの年ごとにパソコンを買い換えているが、1996年アトランタ・オリンピックの年に買ったのは富士通のFMV-T20で、32MB、2.5GB、Pentium 200MHz、Windows 95というものであった。

☆写真は 小説ダ・ヴィンチコード」に登場するパリ サン・シュルピス教会

2004-09-20 老舗Gundelのシェフ、ソムリエによるハンガリーフード&ワインフェア

Europedia2004-09-20

[] 老舗Gundelのシェフ、ソムリエによるハンガリーフード&ワインフェア

ハンガリーの首都ブダペストの高級レストラン「グンデルhttp://www.gundel.hu/gundel_en.phpよりシェフとソムリエを迎えた「ハンガリーフード&ワインフェア」が9月18日から1ヶ月間、東京箱崎のロイヤルパークホテルで開催されている。

 ターキー胸肉のグンデル風サラダ仕立て、パプリカの利いたグーラッシュスープ、カーラ風パプリカチキン、チーズでまとめたズッキーニのお菓子仕立てパプリカソースなどが味わえるそうだ。 しかし、どうやらグンデル名物で私の好物でもあるラムと干しぶどう、レモン、胡桃を使いチョコレートソースをかけたクレープのグンデル・パラチンタは出ないようだ。

 《コース》ランチは月〜金曜日で一人2,940円、ディナーは、一人 4,725円。《ブッフェ》も用意されている。ハンガリーの民芸品やアクセサリー、ワイン等の販売やハンガリーワインカルチャースクールも行われる。9月18日(土)〜9月26日(日)の間はジプシーバンドの生演奏も聴くことができる。詳しくはホテルのホームページhttp://www.rph.co.jp/info/inf30700.html#a002を参照のこと。

なお、東京の西麻布には中央ヨーロッパの名窯Zsolnay磁器で本格的なハンガリー料理(少々上品すぎるようにも思えるが)が楽しめるレストラン「ジョルナイ」http://zsolnay.az-group.net/Top.htmもある。

☆写真は ブダペストのレストラン カフェ・ニューヨークのジプシー・バンド

2004-09-17 学習院生涯学習センター「ヨーロッパ 旅の雑学ノート」秋講座開講

Europedia2004-09-17

[] 学習院生涯学習センター「ヨーロッパ 旅の雑学ノート」秋講座開講

  10月7日(木)より学習院生涯学習センター http://www.gakushuin.ac.jp/open/ で8回連続講座「ヨーロッパ 旅の雑学ノート (中欧編) 〜古き良き日の面影を残す中欧の知られざる魅力〜」を開講します。生涯学習センターの講座も今回の秋講座で5年目となりました。

過去の講座については「ユーロペディア 講演と講座のお知らせ」http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/5894/lecture2.html をご覧下さい。

【講座概要】

今年5月に欧州連合(EU)に中欧8カ国が加わりました。中欧諸国は20世紀の間、急速な近代化が進むこともなく古き良き日の欧州の佇まいを色濃く残しています。本講座では欧州統合の提唱者で日本人を母に持ち東京で生まれチェコで育ったクーデンホーフ・カレルギー伯爵の活動と軌跡にふれながら、個性豊かな中欧諸国の歴史、フォークロア、音楽文学、芸術、食文化を追っていきたいと考えます。

【講義ごとの主な内容】

第1回 10月7日  欧州連合の中欧拡大へ至る苦難の歴史とその登場人物

第2回 10月14日 神聖ローマ帝国をも一時征したチェコとスロヴァキア

第3回 10月21日 東方より進出した騎馬民族国家ハンガリーの独自性

第4回 10月28日 中欧の覇者としての栄光の歴史を背負うポーランド

第5回 11月4日 バルト三国の苦難の歴史と個性豊かなフォークロア

第6回 11月11日 旧ユーゴより最初にEU加盟を果たしたスロヴェニア

第7回 11月18日  欧州連合加盟を控えたルーマニアとブルガリア

第8回 11月25日 さらに東へ、南へと向かう欧州連合の将来像

☆右上の写真は リトアニアのカウナス郊外にある第二次大戦中ユダヤ人を中心とする約5万人がナチス・ドイツに虐殺された第九要塞http://muziejai.mch.mii.lt/Kaunas/forto_muziejus.en.htm

2004-09-16 海外でチーズを味わい尽くすのに役立つ多様なサイトを紹介

Europedia2004-09-16

[]海外でチーズを味わい尽くすのに役立つ多様なサイトを紹介

 292名の「その道のプロ“ガイド”」がナビゲーションする総合ポータル&検索サイトAll About Japan』の「チーズの基礎知識」http://allabout.co.jp/gourmet/frenchcuisine/subject/msubsub_FrenchCheese.htm には「ワインとチーズの関係」やチーズ・ショップのサイトなどがリンクされている。

 Food's-Foo http://www.foods.co.jp/ は、万人共通の話題である「食」をキーワードにさまざまな情報を掲載する「食の総合サイト」。「レシピ・サーチ」では、「アジア・エスニック」などのジャンル別や「メインディッシュ」などの料理タイプ別、「スパイス・ハーブ」などの食材別で検索できる。「カクテル」では、ジン、ウォッカなどベース別でカクテルを調べることもできる。とくに、「Cheese Mart」にある「Cheese Meets Wine」は海外で出会うチーズとワインの相性を知るのに大変役立つ。

 HIS World Navigation System 旅行情報 海外支店便りhttp://www.his-j.com/navi/info/rom/rom01.htmにも、「イタリアを食べよう チーズ−フォルマッジョ−」という面白い記事が見つかった。

 “理想を追求する輸入者直営のチーズ専門店”「チーズマーケット」http://www.cheesemarket.jp/index2.htmlホームページにも仕入れのために出かけるヨーロッパ旅行から得たフレッシュな現地情報が溢れている。「ユーロの旅と知恵」や「フランス訪問レポート」「イタリア食材」「オリーブオイル」などが読み応えある。

 なお、当「Europedia インターネット・トラベルNEWS」には各項目の小見出しにある■ [料理と酒]のような文字をクリックすると[料理と酒] に関するバックナンバーが見られるという機能がある。

☆右上の写真はフィレンツェのレストランDINO http://www.ristorantedino.it/ のペッコリーノ・チーズ三種盛り合わせ 6.5ユーロ

2004-09-15 世界のビールとリキュール・スピリッツに関するデータベース

Europedia2004-09-15

[] 世界のビールとリキュール・スピリッツに関するデータベース

 世界のビール データベースという副題の付く「びあなび」http://www.bbj.ne.jp/beernavi/dataarea/beerdata/ は、世界各地の700種近いビールを国別、アルコール度数別のほか、さっぱり系、苦み系、熟成系、黒系などテイスト別に検索・表示出来る便利なサイト。ビールのボトル画像も表示され、詳細情報クリックすると拡大写真などが開く。記事中のピルズナー、ラガーなどのビール関連用語をクリックすると解説記事が開くといった工夫もされている。日本の販売代理店も記されているので、ビール・ファンが旅立つ前に予習しておくのにも役立つ。

 「サントリー ホームページhttp://www.suntory.co.jp/の「知る・楽しむ」のコーナーには海外旅行にも役立つ情報が満載されている。とくに、「お酒・飲料大事典」が参考になる。ウイスキーやワインの基礎知識から、カクテルのレシピ、お酒のQ&A、酒の用語集、酒に関する正しい知識など、アルコールに関することはほとんど網羅されている。「リキュール・スピリッツ・カクテル」の 分類ページは海外で食前酒や食後酒を頼むときに大いに参考になる。多彩な酒類情報源への「リンク集」も充実。

☆右上の写真はウィーン市内のリキュール博物館

2004-09-14 旅行計画作りに役立つ情報の収集に活用できる「学習用リンク集」

Europedia2004-09-14

[] 旅行計画作りに役立つ情報の収集に大いに活用できる「学習用リンク集

 「学習用リンク集http://www1.ttv.ne.jp/~yano/は、小学校、中学校の先生向けの「問題解決・調べ学習に役立つページ」と思われるが、旅行計画に役立つ情報源や情報収集術のヒント集としても大いに活用できる。とくに、内外の世界遺産旅行記や公式サイトを集めた「世界遺産」、大陸別に国立公園の公式サイトや民間サイトを集めた「国立公園」が役立つ。また、電子地図やウェブカメラ、危険情報、地域情報サイトなどを集めた「世界地理」、歴史知識を深める「世界史」もおすすめだ。

 なお、歴史や美術、建築、演劇、音楽など「カルチャーを堪能する欧州旅行計画」に役立つサイトは「ユーロペディア」の「インターネットで楽しむ欧州紀行」リンク集http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/5894/gakushu.htmlに多数リンクされている。ただし、リンク切れ多し。

☆右上の写真はヴァイオリニスト ヤッシャ・ハイフェッツが1905〜09年にかけて学んだことを示す旧ヴィリニュス音楽学校にある記念パネル

2004-09-13 日本語の海外防災情報関連ホームページ

Europedia2004-09-13

[] 日本語の海外防災情報関連ホームページ

日本語の災害情報ホームページとしては、阪神・淡路大震災の経験を踏まえ、アジア地域における多国間防災協力を推進していくことの必要性から設けられた「アジア防災センター」http://www.adrc.or.jp/top_j.phpホームページがある。各国関係機関の防災情報の収集・提供、多国間防災協力に関する調査研究等の活動を行っている機関で、トップページのアジア地図では、洪水や地震、山崩れなど災害の発生した場所を図示し、詳細記事に飛ぶことができる。下段のTopics欄では過去20日間の世界各地の防災情報等が一覧できる。 日本語サイトとしては、民間の危機管理情報総合サイト 「レスキューナウ・ドット・ネットhttp://www.rescuenow.net/も「ワールド災害Now」のページで災害や疫病の情報を発信している。

2004-09-11 ローマ数字の読み方を覚えておくと年代表記を解読するのに便利

Europedia2004-09-11

[]ローマ数字の読み方を覚えておくと美術館などで年代表記を解読するのに便利

この夏、デンマークの博物館や美術館を訪れたときに年代のローマ数字表記の読み方を忘れていて悔しい思いをした。日本に帰って復習しようとインターネットで調べたら「ローマ数字の洋数字との対比表(詳細)」http://www.wilkiecollins.demon.co.uk/roman/num1.htm 、「ローマ数字の書き方」http://www.jagat.or.jp/kenkyu/tg/romannum_yabe.html という格好のサイトを見つけた。

Xが十、Vが五といったことはたいていの人が知っているだろうが、Lが五十、Cが百、Dが五百、Mが千といったことは忘れてしまっている人が多いのではないだろうか。「ローマ数字の書き方」のページには、「I は V および X だけから引き算できる。X は L および C だけから引き算できる。C は D および M だけから引き算できる」という明解な原則が述べられており、「ローマ数字の洋数字との対比表」のページで、794 が DCCXCIV、1448 がMCDXLVIIIという実例で使い方になれておけばローマ数字のマスターも簡単。

☆右上の写真は17世紀に王妃マルゴーが住んでいたパリ マレ地区にあるサンス館

2004-09-10 ブックマークのフォルダをツールバー上で自分流にひと工夫

Europedia2004-09-10

[]ブックマークフォルダツールバー上で自分流にひと工夫

 マイクロソフトインターネット・エクスプローラー(IE)に貯め込んだブックマークが、いつの間にか2万近くになったので、リンクバーにひと工夫してワンタッチで必要とするサイトが開けるようにしている。

 ブラウザーの上部フレームにフォルダを24個並べたリンクバーを置いて“早引き”できるようにしているのだ。これについては、IEの解説本などの「ツールバーを使いやすくするには」といった項目でもふれられているはずだ。

 つまり、お気に入りフォルダデフォルトで設けられている「リンク」とその下位に作られたサブ・フォルダツールバーの下に並べるという方法だ。この設定をしていない人はツールバーのどこかを右クリックして「リンク」にチェックを入れるとリンクバーと、「リンクフォルダの下に作ってあるサブ・フォルダが一列に並び、お気に入りへのショートカットとなる。私は、リンクバーのスペースを広げるためにアドレスバー(URLの表示窓)をツールバーの右の空きスペースにドラッグして一列に並べてしまっている。

 たとえば、「リンク」の下に「旅行」「検索エンジン」「リンク集」「認証登録サイト」「マイ・ホームページ関連」「コンピューター関係」「ウィーン」「フィレンツェ」「中欧」「オーストラリア」「電子文具」「放送局」「事典・辞書」「愛読ページ」「ショッピング」「暫定」「次期旅行計画」などというサブ・フォルダを自分の趣味や仕事に合わせて設けてみよう。このままではフォルダ名が長すぎて1行のリンク・バーには収まりきれない。そこで、サブ・フォルダ名を「旅」「検」「環」「登」「家」「電」「維」「花」「中」「豪」「具」「放」「典」「読」「買」「暫」「計」というふうに漢字一字にしよう。自分にだけ分かればいいので、直感で分かりやすいものを選ぶとよい。こうすれば、24ほどのお気に入りのサブ・フォルダリンク・バーに持ってくることができる。

こうしておくと、「お気に入りの整理」に便利なばかりか「お気に入りの追加」にも便利なのだ。たとえば、新しく見つけた旅行関係のホームページを見つけリンクバー上の「旅」にブックマークを追加したいときは、アドレスバーのURLの左端にあるeのアイコンドラッグして「旅」の上でドロップするだけでよい。

 この件に関してはマイクロソフトサイトにある「よく使用する Web ページをリンク バーに登録するには」 http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb%3bja%3b880190という記事も参照してもらいたい。

 さらに、ブックマークを「旅」などの下位フォルダに移したいときは、一定の数がまとまったら同じようにドラッグ&ドロップで整理し直せばよい。

「お気に入りの追加」は、アドレスバーからだけでなく、開いているホームページ上でハイパーリンクを張っている箇所をドラッグし、リンクバーのフォルダにドロップすることでも簡単に追加できる。いちいちリンク箇所を開かなくて住むのだから、実に効率的にブックマークの追加ができてしまう。

☆右上の写真はパリ 北マレ地区にあるホテル・パリ・フランス http://www.paris-france-hotel.com/Japanese/TheHotel1.html のインターネット・コーナー 料金は20分間で4ユーロとちょっと高め

2004-09-09 日本でも演奏会チケットの直前半額販売が本格化

Europedia2004-09-09

[] 日本でも演奏会チケットの直前半額販売が本格化

欧米では、演奏会チケットの直前半額販売が20年以上前から行われていたが、日本ではインターネットによる半額販売が本格化している。代表的なのは「チケットポンテ」http://www.tponte.com/で、会員登録(無料)をしておくと関心のあるジャンルの半額チケットがメールで流れてくる。決済は、VISA、Master、AMEX、JCBの各カード及びネットデビット決済となり、チケットは当日指定の時刻までに会場入り口に設けられるチケットポンテのカウンター等で受け取ることになる。チケット価格の他に、「チケット当日お取置き料」として購入枚数1枚につき300円(税別)が必要。

 数年前にポール・マッカートニーの東京公演を定価で買っていたが、直前にチケットポンテで半額販売されて悔しい思いをしたこともある。

このほかに、ソニーグループとセゾングループが合同で作ったチケット販売サイト、イープラスhttp://eee.eplus.co.jp/index.htmlも「得チケ」というコーナーで登録会員向けの直前割引販売を行っている。イープラスでは、定価販売だが一般販売に先駆けてのプレオーダーも盛んに行っている。イープラスも会員登録(無料)をしておくと関心のあるジャンルの半額チケットがメールで流れてくる。

 先行販売は「チケットぴあ」http://t.pia.co.jp/でも「プレリザーブ」として行っている。

☆右上の写真はシャガールの天井画で有名な パリ ガルニエ オペラ劇場

2004-09-08 世界一周の格安航空券を探すのに最適なサイト

Europedia2004-09-08

[] 世界一周の格安航空券を探すのに最適なサイト

「世界一周」の夢を実現しようと言う人には、「世界一周」の格安航空券を紹介することに徹しきっている旅行会社「世界一周堂」http://www.sekai1.co.jp/サイトが便利だ。

 世界一周航空券は航空券ごとに利用できる航空会社が決まっており、その航空会社が就航している都市、ルートの範囲で周遊することになる。このサイトでは、航空会社や提携航空会社ごとの世界一周航空券の違いを分かりやすく解説し、世界一周を補完するエアパスや鉄道パス、危険情報マップ、観光ビザ取得要否マップ、マイレージなどの周辺情報も充実している。「世界一周航空券について」などの解説記事も充実しており、「質問掲示板」「よくあるご質問」「お客様の声」「お客様のホームページ」で世界一周体験者のレポートも閲覧できる。

昔は、香港やバンコク、ソウルなどを起点とする世界一周航空券が圧倒的に安かったが今はそうでもないようだ。海外発の公認割引運賃と格安航空券の料金を探るにはOnline Discounted Airfares & Flight Reservation http://www.etn.nl/discount.htm という31カ国の格安航空券販売会社をリンクしているホームページが便利。Top-75 of the most visited websites on this page and on LowCostAirlines.org という格安航空会社のリンク集もある。

日本語で海外発の航空券に関する情報を知りたいのであれば、「横浜海外旅行研究会」http://www33.ocn.ne.jp/~asks/ホームページを見るとよいだろう。

 「All About Japan」のエアチケットのサイトhttp://allabout.co.jp/travel/airticket/ にある「国際線:海外発の航空券」のページも役立つだろう。

☆右上の写真はフィレンツェ空港に駐機中のミネルヴァ航空機

2004-09-07 海外旅行に行く前に読んでおきたい「日本旅行医学会」のホームページ

Europedia2004-09-07

[] 海外旅行に行く前に見ておきたい「日本旅行医学会」のホームページ

 「日本旅行医学会」は海外旅行者の健康管理、旅行中の身体変化について情報提供を目的とする医師、看護婦、公衆衛生の専門家を中心とした研究組織。そのホームページ「日本旅行医学会」http://plaza.umin.ac.jp/~jstm/index.htmでは、「お知らせ」のほか、「コラム」には「高山病で死なないために」、「炭疽菌Q&A」などの記事がある。さらに、「21世紀の旅行医学」のページでは、同学会が医学誌「Mebio」に連載している記事をPDF型式でウェブ上から閲覧できるようにしており、「糖尿病患者の海外旅行をサポート」「飛行機の中の旅行医学」「障害者の旅行医学」「医療アシスタンス会社から見た旅行医学」「海外旅行保険の旅行医学」など極めて貴重な記事が並んでいる。

今日、ホームページを開いてみると、「お知らせ」欄に「緊急アラート」として、「アメリカ本土、ハワイなどで薬剤の持込に関し、日本人のトラブルが多発しています」という記事があった。

☆右上の写真はエストニアの首都タリン旧市街の花屋

2004-09-03 旅を楽しくするために「世界の文字で遊ぼう」

Europedia2004-09-03

[] 旅を楽しくするために「世界の文字で遊ぼう」

 ロシア語に使われるキリル文字の読み方だけでも覚えていると、ロシアばかりかセルビアやマケドニア、ギリシャなどの旅先で地名や外来語を判読するのに大変役立つ。ちょうど、日本を訪れた外国人がカタカナだけでも覚えるとトイレやレストラン、ホテルなどの外来語の判読ができるようなものだ。「世界の文字で遊ぼう」http://www.geocities.jp/p451640/moji/index.html ではキリル、ギリシャ文字のほか、ハングル、ビルマ文字、タイ文字、ミャンマー文字、モンゴル文字、ヘブライ文字、アラビア文字、アムハラ文字などの基礎知識を得ることができる。

 「世界の文字に変換しよう」(かな・世界の文字変換)、「世界の文字で遊ぶ前に」、「みんなで世界の文字で遊ぼう」(世界の文字の掲示板)、「世界の文字で遊ぶついでに」(世界の文字の話題)、「もっと世界の文字で遊ぼう」(世界の文字のリンク)、「世界の文字や言葉も学ぼう」(世界の文字の参考資料・入門書)などのページがある。

☆右上の写真は リトアニアの首都ヴィリニュスに戦前あったユダヤ人地区(ゲットー)を示す石板地図

2004-09-02 610のメディア・サイトからニュースを収集するGoogleニュース日本版

Europedia2004-09-02

[]610のメディアサイトからニュースを収集する「Googleニュース日本版」の試用開始

 本欄8月24日の記事で「Google検索エンジン英語版のNews Alert機能」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20040824についてふれたが、News Alertの元となる世界中の4,500ものウェブ上のニュース情報源を巡回し最新ニュースを表示するGoogle News英語版 http://news.google.com/の日本ヴァージョンであるGoogleニュース日本語ベータ版http://news.google.co.jp/がついに稼働し始めた。残念ながら英語版にはある「News Alert機能」は未だないが、時間の問題で日本語版にもAlert機能が追加されるものと期待したい。

 Google News 日本語ベータ版 は、朝日新聞日経新聞、ロイター通信など、610サイトからニュースを収集している。News は「トップ記事」「社会」「世界」「経済」「政治」「文化/芸能」「スポーツ」「科学/テクノロジー」の8つに項目分類されて表示される。

☆右上の写真は パリの中国系旅行会社ショーウィンドウの格安航空券掲示板

2004-09-01 世界遺産の新規登録情報と世界遺産関連リンク集

Europedia2004-09-01

[] 世界遺産の新規登録情報と世界遺産関連リンク集

 2004年8月現在、ユネスコが選定する世界遺産は134カ国に754あまりが点在し、そのうち文化遺産が611カ所、自然遺産が154カ所、両者の複合遺産が23カ所ある。

日本ユネスコ協会連盟http://www.unesco.or.jp/contents/isan/index.htmlホームページには「世界遺産について」など基礎知識を解説したページとともに、「世界遺産紹介」のページにある世界地図から各地の世界遺産の概要を知ることができる。2004年に登録された物件のリストのページ http://www.unesco.or.jp/contents/isan/shoukai_index.htmlでは34件の新規世界遺産登録のリストを見ることができる。

 また、ユネスコ本部のホームページUNESCO World Heritage Center http://whc.unesco.org/nwhc/pages/home/pages/homepage.htmにある「The World Heritage List 」http://whc.unesco.org/pg.cfm?cid=31には各世界遺産のパートナー・ホームページへのリンクが張られており、より詳細な情報と画像を得ることができる。

世界遺産のうち200カ所が参加する組織のホームページOrganization of World Heritage Cities http://www.ovpm.org/main.aspも要注目だ。

 世界遺産に関するホームページは山口俊明のホームページユーロペディア」の「〜世界遺産の宝庫を探訪する〜」リンク集http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/5894/gwh.htmlにもリンクしている。ただし、リンク切れも多い。

☆右上の写真はリトアニアの世界遺産都市ヴィリニュスに唯一残る城門「夜明けの門」

2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

  • 「ユーロペディア」トップページへ