Europedia の インターネット・トラベルNEWS

■「ユーロペディア」トップページへ■  ■サイト・マップに代えて■ Since 2004 February 15, 1884159
 

2005-10-31  障害を抱える方向けの海外旅行情報サイト(日本語編)

Europedia2005-10-31

[]障害を抱える方向けの海外旅行情報サイト(日本語編)

 海外旅行者の健康管理、旅行中の身体変化について情報提供を目的とする医師、看護婦、公衆衛生の専門家を中心とした研究組織のホームページ「日本旅行医学会」のサイトhttp://www.jstm.gr.jp/ は旅行中に知っておきたい知識を身につけるのに非常に役に立つサイトだ。このサイトには、「お知らせ」のほか、「コラム」には「高山病で死なないために」、「炭疽菌Q&A」などの記事がある。さらに、「21世紀の旅行医学」のページでは、同学会が医学誌「Mebio」に連載している記事をPDF型式でウェブ上から閲覧できるようにしており、「すべての人の旅行医学 障害者の旅行医学」を始め「糖尿病患者の海外旅行をサポート」「飛行機の中の旅行医学」「医療アシスタンス会社から見た旅行医学」「海外旅行保険の旅行医学」など極めて貴重な記事が並んでいる。

 障害を抱える方の旅行に役立つホームページは以下のリンク集から探すこともできる。

□「障がい者の旅行を考える会」http://www2.odn.ne.jp/~cdh91530/リンク集「バリアフリー&福祉関連サイトhttp://www2.odn.ne.jp/~cdh91530/link.htm 

□「旅旅リンクhttp://www.tabitabilink.com/の「バリアフリー旅行」のページhttp://www.tabitabilink.com/baria_kaigai.htm 

Yahoo Japan!のトップ > 生活と文化 > 障害者 > 趣味とスポーツ http://dir.yahoo.co.jp/Society_and_Culture/Disabilities/Recreation_and_Sports/Travel/

 リンク集ではないがバリアフリー旅行を専門とする旅行会社「アイヴイーツーリストインターナショナル」http://www.ivytourist.co.jp/index.html のサイトも参考になるだろう。

☆右上の写真は イタリア シエナのカンポ広場で記念写真を撮る車椅子で旅行中の人

2005-10-28 障害を抱える方向けの海外旅行情報サイト(海外編)

Europedia2005-10-28

[]障害を抱える方向けの海外旅行情報サイト(海外編)

 Global Access http://www.geocities.com/Paris/1502/は、健常者向けの旅行情報に比べ手薄になりがちな障害者向け情報とのギャップを埋めることを目的としたサイト。投稿者の経験を集積し、障害者への配慮のある設備を紹介し、配慮に欠ける機関への注意を促している。Feature Tripというページでは毎月新しいデスティネーションにスポットを当てその魅力と障害のある人への旅を実現するための経験に裏打ちされた情報が紹介されている。Travel E-Zine Archivesで過去の膨大な記事を見ることもできる。

 Access-Able Travel Sources http://www.access-able.com/graphical_index.htmlは、単に障害者に配慮したホテルなどの施設を紹介するに留まらず、身体の不自由な方を積極的に受け入れるスクーバ・ダイヴィングやサファリ、クルーズ、ラフティングなどのプログラムを紹介している。Link Pageでは公的機関や宿泊施設、交通機関、スポーツやイベント、旅行会社や現地手配会社など世界中の障害者向けの旅行関連のサイトを網羅しており、現地にどのような受け入れ態勢があるかをチェックするのに役立つ。

アメリカ合衆国保険局(Center of Disease Control and Prevention)のホームページのTraveler's Healthのページにも障害者向けのページInternational Travelers with Disabilities http://www2.ncid.cdc.gov/travel/yb/utils/ybGet.asp?section=special&obj=disabled.htm&cssNav=browseoybがある。

個人が集めた膨大な旅行関連サイトリンク集JOHNNY JET'S THE ULTIMATE TRAVEL PORTAL http://www.johnnyjet.com/Portal1.html にも障害者向けの旅行関連サイトリンク集DISABLED TRAVELERS http://www.johnnyjet.com/PopUp/DISABLEDTRAVELERS.html のページが設けられている。

☆右上の写真は、ヴェネチアの運河に架かる橋に設置されている車椅子利用者向けの補助装置。

2005-10-27 アメリカYahoo!がtravel guide機能を一新

Europedia2005-10-27

[]アメリカYahoo!がtravel guide機能を一新 

 アメリカYahoo! Travel http://travel.yahoo.com/が新たなtravel guide機能とコンテンツを投入した。travel guideには50万件の宿、4万件のデスティネーション情報のほかWhere to eat、What to Doなどのレストラン・観光情報も備えている。コンテンツの中身を見るには、トップページ中央にあるExplore the Destination and Hotel GuidesからParis、Honolulu、New York Cityなどを開いてみるとよい。

 Yahoo! は同時に、利用者がtravel guideのコンテンツやYahoo Maps等を活用してサイト上で自分の旅行スケジュール表を作る機能であるTrip Plannerのベータ版も公開した。Trip Plannerの実例は、トップページ右フレームのPlanning a Trip?の項で見たり、Browse more user tripsからさらに多くの例を閲覧することもできる。

ただし、自分専用のTrip Plannerを作るにはアメリカYahoo!アカウント取得が必要。試しに取得してみたが簡単だった。まだ、Trip Plannerは試みていないが、非常に使いやすいようだ。

 利用者の写真や記事投稿、旅に関する質問コーナーもあり、コミュニケーション機能を重視しているようでもある。 

ホームページを自らワザワザ開設しなくても無料で「旅行記」が公開できるばかりか、旅行計画の初期段階から旅程表作りを楽しめ、旅仲間同士で計画を詰めるのにも活用できる便利なサイトとしては、アルキカタ・ドット・コムhttp://www.arukikata.com/ の「旅のスケジューラー&ダイアリー」という機能が数年前に稼働していたが、今日チェックしてみると消えていた。

2005-10-26  旅行計画に役立つ「旅のネタホームページ300」のリンク集

Europedia2005-10-26

[]旅行計画に役立つ「旅のネタホームページ300」のリンク集

 当欄の「“インターネット旅行術”関連の本を探す」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20051018の記事で「旅のネタホームページ」シリーズのガイドブックを紹介したが、このガイドブックが、「e-travelers海外旅行情報局」http://www.penguin-books.co.jp/e-travelers/index.htmlというホームページと連動していることを書き加えるのを忘れていた。

 このサイトは、オデッセウス社のガイドブックインターネットまる得海外旅行術 旅のネタホームページ300」シリーズに掲載されたホームページへのアクセスを簡便化することを主目的として開かれている。トップページ中央には海外旅行関連のホットなNewsも掲載している。左フレーム上部には、旅ネタ「アジア」、「ハワイ」、「アメリカ」、「ヨーロッパ」編へのリンクがあり、各編を開くと本で紹介された旅行に役立つサイトへのリンク集が並び、読者の旅行計画作りに役立つよう配慮されている。「アジアの旅行記」など読み物も豊富。

 たとえば、「ヨーロッパ編」は下記の章に分けて数百のサイトリンクが張られている。

 イントロダクション 

 第1章 旅のプランを練る  

 第2章 エア・交通機関の予約をしよう 

 第3章 宿泊の予約をしよう

 第4章 アクティブに歩き回る!観光に役立つサイト

 第5章 HOT! HOT! 旅のイエローページ 

 第6章 旅にまつわるエトセトラ

実は拙著にも連動するリンク集がある。ただし、メンテナンスを怠っているのでリンク切れが非常に多い。ご容赦。なお、2冊とも絶版だが、Amazon http://www.amazon.co.jp/のユースド(古本)コーナーでは購入可能だ。

「フィレンツェ旅の雑学ノートリンク集 http://www.geocities.jp/euro747/firenzeurl.html

「ウィーン旅の雑学ノートリンク集 http://www.blink.jp/go?page=ShowShare&args=5&arg0=vieworg&arg1=3551573&arg2=1114&arg3=false&arg4=Public

フィレンツェ 旅の雑学ノート―メディチ家の舞台裏をのぞく

フィレンツェ 旅の雑学ノート―メディチ家の舞台裏をのぞく

ウィーン 旅の雑学ノート―ハプスブルクの迷宮を極める

ウィーン 旅の雑学ノート―ハプスブルクの迷宮を極める

2005-10-25  ひとり旅を応援するサイトが増加の傾向

Europedia2005-10-25

[]ひとり旅を応援するサイトが増加の傾向

 旅行会社の主力商品である、パッケージツアーにも、最近は1人参加者向けの格安パックが目立ってきている。

大手旅行会社の新聞広告やパンフレットを見ても、「1名1室」料金を記載したものや「一人旅歓迎」と記したものがよく目に止まる。

 今後予想される少子高齢化、団塊世代の大量リタイアの動きからも、ひとり旅の比率は高まるはずだ。

 JTBのホームページの「ひとり旅応援ツアー」http://www.jtb.co.jp/lookjtb/theme/hitori/index.aspを開くと、「おひとりでもツアーに参加していただきやすいようにルックJTBでは1人部屋追加代金20,000円のコース(一部のコースは10,000円)をご用意しました」という案内があった。HISも新聞広告で、1人部屋追加代金を大幅に割引していたコースを出していた。

どこの旅行会社の新聞広告だったかは忘れてしまったが、「黒部渓谷」の旅で、シングル参加者と二人部屋利用者の料金が同じというのも見かけたことがある。利用ホテルがビジネス・ホテルとなっていたので、シングルの多いビジネス・ホテル側がサービス価格で提供して実現したものだろう。

国内の宿に関しては、「旅の窓口」「ベストリザーブ」「イサイズじゃらん」など5つの大手予約サイトを横断検索できる@nifty Travel http://travel.nifty.com/ の「国内宿泊予約」などで、人数「一人」を選択すればひとり旅歓迎の宿も見つかる。

 宿泊施設検索・予約サイト「全国の宿つつうらうら やどかり」http://www.yadokari.co.jp/には、「一人旅OKの温泉宿」というページもある。

 All About の「日本の宿」にも「ひとり旅におすすめの宿」http://allabout.co.jp/travel/yado/subject/msub_hitoritabi.htmのページができていた。

雑誌「日経おとなのOFF」の11月号http://www.nikkeihome.co.jp/2f/off/brand_new/も、「おひとり様」歓迎の名旅館を特集している。

「ひとり旅」を応援するサイトも続々と誕生している。

 海外に関しては、52才から旅を続けて13年という人が「バックパッカーひとり旅」http://www.fsinet.or.jp/~aizome/というサイトを開いていた。

 「ひとりでも大丈夫!海外ひとり旅応援サイトhttp://www.geocities.jp/hitori9906/というサイトもあり、自分の見たいもの、やりたいことを優先して旅することができるひとり旅を費用効率よく行うノウハウを紹介している。計画と持物のページで構成され、それぞれ3ページずつ順番に、旅立ちまでの準備について記してある。各項目へは左のINDEX欄から直接飛ぶこともできる。たとえば、計画の1は、「旅の目的を明確にする」、「旅の情報収集」の2章からなり、外部の有用なサイトへのリンクも張られている。BBSのやり取りも活発だ。 

女性のひとり旅を支援するサイトも多い。「現代女性がひとりで快適に外食をしたり、旅をすることを応援します」という「おひとりさま向上委員会」http://ohitorisama.net/ohitorisama/index.jspというホームページは驚くほどの充実ぶりだ。

「女の子・ひとり旅・推進委員会」http://cgi38.plala.or.jp/girls-pa/ という女性のひとり旅に役立つ情報や旅行記満載の個人運営サイトも頑張っている。「旅立ち準備編」には「はじめてのひとり旅」、「バックパックひみつの中身」、「安宿・ミシュラン」などひとり旅に役立つ基本的な情報が書かれている。「赤っ恥旅行記」には、イエメンやウズベキスタン、ケニア〜南アなど個人旅行に必要な情報が手薄な方面の旅行記が集められている。「お宝画像掲示板」、「お悩み相談室」、「雑談系掲示板」などのコミュニケーションも盛ん。

 運営者が、「家族や友人、親戚と温泉旅行の趣味のために作りました温泉宿の検索サイト」という「e-温泉・ドット・コム★イイ女ひとり旅の宿」http://www.e-onsen.com/woman/ もユニークだ。

運営者が、「秘湯を探し求めて旅した時の旅日誌を元に、秘湯を紹介」している「ぶらり温泉 ひとり旅」http://homepage3.nifty.com/zigen/というサイトも見つけた。

三文役者のニッポンひとり旅 (ちくま文庫)

三文役者のニッポンひとり旅 (ちくま文庫)

「和」の旅、ひとり旅 (小学館文庫)

「和」の旅、ひとり旅 (小学館文庫)

2005-10-24  FM放送とインターネット・ラジオ

Europedia2005-10-24

[]FM放送とインターネット・ラジオ

昔からFM放送が好きで、今も仕事をしながら聴いている。我が家は建物に最初から導入されていたケーブル・テレビ回線の関係で旧St.GIGA(現、WINJ http://www.winj.jp/)の衛星ラジオ放送もFMチューナーで無料で聴けるので、流しっぱなしにしていることが多い。この放送は、野鳥の声や水音など自然音と一緒に音楽が流れてくるのでヒーリーング効果抜群だ。インターネット・ラジオでは、葉山マリーナスタジオから生中継で湘南の海のストリーミング画像とともに放送されるShonan Beach FM http://www.beachfm.co.jp/index.htmlがお気に入りだ。

 FMに関しては今は廃刊となったFMfanという隔週刊番組誌を愛読していた。今でも、30年近く前のバックナンバーから何冊か大切に保存しているほどだ。試しに「FMfan」と検索してみるとこの雑誌を懐かしむ記事が結構出てきた。

 廃刊となって不自由に思っていたが、現在は各FM局がホームページを持ち、ストリーミング放送を行っているところも少なくないので助かっている。

放送番組等の企画、制作を行っているジャパンエフエムネットワーク(JFNC)が運営しているJFNOnline RECO http://www2.jfn.co.jp/jfn_top/ というホームページは同ネットワークに参加する38のFM局が参画し番組情報のほか旅や音楽を中心としたライフスタイル情報を発信しており、とくにTravel http://reco.jfn.co.jp/travel/index.html のページが充実している。 我が家ではSHIBUYA-FM http://www.shibuya-fm.co.jp/index2.html というコミュニティFM局(市区町村内の一部の地域において、地域に密着した情報を提供するためのFM放送局)も聴くことができる。自分の地元のコミュニティFM局について調べるには「コミュニティFM最新開局情報リンクhttp://www2s.biglobe.ne.jp/~unit973/fmlink.htmが便利だ。 

インターネットラジオについては、「ラジオセンター」http://radios.jp/の「インターネットラジオのページ」http://radios.jp/i-radio.htmや「インターネットラジオ・TVの番組表」http://www.geek-p.com/、「世界のインターネット放送ガイド」http://www.webcastpilot.com/japan/といったサイトも役に立つ。INTERNET Watchの「インターネットラジオを聴こう」http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/1999/0419/radio.htmや「インターネット放送徒然草http://www.luggnagg.com/ibw/diary/の記事も参考になるだろう。

 FM放送とインターネット・ラジオに関しては、当欄のバックナンバー、「東京FMの人気番組ジェット・ストリームが放送1万回」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20041123 、「日本でも旅先でもストリーミング放送を楽しもう」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20040525、「海外のインターネット放送局を視聴して旅行情報の収集を」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20041105の記事もご一読いただきたい。

☆右上の写真は隔週刊FM番組誌「FMfan」の1968年11月4日号の表紙

2005-10-21  アルプスを旅するのに役立つホームページ

Europedia2005-10-21

[]アルプスを旅するのに役立つホームページ

1.アルプス全般に関するもの

ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ・写真・絵本http://www.eu-alps.com/

ヨーロッパ・アルプスの峠149の旅行者向け情報ポータルサイト

「地図専門店マップ・ハウスhttp://www.maphouse.co.jp/

 東京の三省堂書店神田本店の2階にあるの地図専門店のホームページ

「海外好きー」http://www.geocities.jp/overskier

 スキー好きの個人が運営する海外スキー、スノーボードの情報提供・交換サイト

「SkiChannel 海外スキー」http://www.skichannel.ne.jp/kaigai/

 月刊スキージャーナルが運営するサイトSkiChannelの中の海外スキー・ページ

「SkiCentral」http://skicentral.com/ (英語)

 グローバルなスキー関連ポータルサイトSnow Reportsでは積雪状況をレポートSnow-Forecast」http://www.snow-forecast.com/  

 スキーヤー向けに世界の積雪状況を地図とともに伝える便利なサイト。GoogleMaps 有り

ブロードバンドスポーツhttp://www.broadbandsports.jp/ 

 トップクラスのスキー、スノーボード教師たちがアルプス諸国の動画を発信

「世界の国旗」http://www.asahi-net.or.jp/~yq3t-hruc/index.html

 国旗と国歌の由来を知りたくなったときに役立つホームページ

「Alpine Regionen im Kurzporträt」http://www.wandertipp.de/regionen_einstieg.htm (ドイツ語)

 アルプス4カ国のリンク集書籍、宿、観光スポットの紹介サイト

「Alpine Webcams」http://www.bergruf.de/bergcam/index.html

 アルプスの2,000近いライヴ・カメラ・サイトリンク集

「ALPINE ASCENTS INTERNATIONAL」http://www.alpineascents.com/

 山岳登山の専門旅行会社のホームページ(英語)

                  

2.フランスに関するもの

「フランス政府観光局」http://www.franceinformation.or.jp/index/index.html

「フランス政府観光局のスキーのページ」http://www.franceinformation.or.jp/a_la_carte/ski/

「シャトー&ホテル・ド・フランス」http://www.chateauxhotels.jp/

 フランス各地方の歴史ある古城を改装した“シャトーホテル”500軒のホームページ

All About Japan フランス」http://allabout.co.jp/travel/travelfrance/ 

 「All About Japan」の「フランス」のページ

 「A la フランス(ドライブ旅行でのんびりきままに)」http://www31.ocn.ne.jp/%7Ekiln/index.html#menu

 「フランスをレンタカーで回るならこのページにまかせなさい」というサイト

「シャモニーモンブラン観光協会オフィシャルサイトhttp://www.chamonix.com/japonais/accueilJP.htm  

 モンブランとその麓の街シャモニー(フランス)を案内する日本語ホームページ

プルニエ「南仏での生活と観光情報」(日本語)http://prunier.arcadevillage.com/ 

 暮らしぶりを紹介しながら「お気に入りの場所」「お気に入りの店」などを発信

「Provence Alpes Tourisme International 」http://www.provencetourism.com/pati/index.do

「Tourisme Rhone Alpes 」http://www.tourisme-rhone-alpes.com/

3.スイス・リヒテンシュタインに関するもの

「スイス政府観光局」(日本語)http://www.myswiss.jp/

「スイスのページへようこそ」http://www1.linkclub.or.jp/~swiss/ 

 スイス留学経験のある人が開いている政府観光局顔負けのホームページ

「グリンデルワルト日本語観光案内所」http://www.jibswiss.com/ 

 グリンデルワルドに限らず、スイス全体の観光情報やイベント案内を掲載。

クラブ・ドゥ・バカンス・モンターニュ」 http://www.cvm-alps.ch/

 スイス・ツェルマットにオフィスを置く山岳ガイド組織のホームページ

「SwissInfo 」(日本語)http://www.swissinfo.org/sja/swissinfo.html?siteSect=100

 スイスの国際放送局が運営するスイスに関する総合情報ポータル

「モリアーチー教授ヨーロッパ雑学講座」http://homepage3.nifty.com/prof_m/

 スイス通が運営するサイト。とくに、「スイス大好きリング」が充実。

「一点豪華 足で歩くスイス」 http://www.geocities.jp/hugu9een/

「スイスアルプス ぶらりハイキング2000」 http://www1.harenet.ne.jp/~m-miyake/swiss/

「スイスの花旅」 http://www.geocities.jp/swiss_hanatabi/

「Der Verein alpen-rundflug.ch」http://www.alpen-rundflug.ch/

 スイス・アルプス遊覧飛行の案内ページ(ドイツ語)

「リヒテンシュタインの歩き方」http://www.arukikata.li/

 リヒテンシュタインについて紹介する日本語で唯一の私設総合情報ページ

4.オーストリア・ドイツに関するもの

「オーストリア政府観光局公式サイトhttp://www.austria-connection.at/

「チロル州観光局日本担当オフィスhttp://www.tirol-info.jp/

「サンクト・アントン観光協会」http://www.stantonamarlberg.com/ 

 サンクト・アントンは、冬はスキー場として世界的に有名だが、6月から9月にかけては、アルプスの高山植物を鑑賞しながらのハイキング「ブルーメン・ワンデルンク」(花の散策)が楽しめる花の散策を山小屋に泊まりがけで行なう本格派も多い。ハイキングコースの総延長は90kmもある(英独語)。

「パッテリオール山」http://www.fichtenbuck.de/T-Patteriol.htm 

オーストリア・アルプス(サンクト・アントン南方)の雄峰。

「Saalbach観光協会」 http://www.saalbach.com/default_neu.php 

 アルペンスキー世界選手権開催地として有名なザールバッハホームページ

「Kitzbuehel 観光協会」 http://www.kitzbuehel.com/en/default.asp 

 世界的なスキー・リゾートであるキッツビュールのホームページ

「ドイツ政府観光局」 http://www.visit-germany.jp/

「JAL ユーロエクスプレス」 http://www.jal.co.jp/tours/jlpk/eurbus/ 

5.イタリア・スロヴェニアに関するもの

「コルティナ・ダンペッツォのホームページhttp://www.dolomiti.org/japan/jpn/cortina/index.html

 ドロミテ山塊の中心に位置するコルティナ・ダンペッツォのホームページ

「トリノ生活」 http://www.giapponeoggi.it/torino/

 2006年のトリノ冬季オリンピックのページなどがある

「Valle d'Aosta(アオスタ渓谷)」 http://www.regione.vda.it 

 アルプスの“4人の女王”を間近に眺めることができる絶好の位置を占める谷のサイト

「Cervinia(チェルヴィニア)」http://www.cervinia.it/

 マッターホルン(イタリア名チェルヴィーノ)のイタリア側の麓の町

 Hotel Punta Maquignaz  http://www.puntamaquignaz.com/

「Courmayeur(クールマイユール)」http://www.courmayeur.com/

 モンブランの南、イタリア側にあるスキー・リゾート。

「こんにちは!スロヴェニア共和国」 http://www.orbe.com/slovenija/  

 スロヴェニアのポータルサイト。スロヴェニア共和国大使館の協力を得て運営。

「日本-スロヴェニア友好協会」 http://www.slovenia-japan.gr.jp/jp/slovenia/home/index.html

「スロヴェニアと山岳ガイド ツヴェートのページ」 http://www.candcjp.com/  

 元スロヴェニア・スキー・ナショナルチーム所属ツヴェート・ポドロガル氏のサイト

「スロヴェニア通信」 http://www.ne.jp/asahi/pika/polonca/slovenia1/slovbenia2.html

「スロヴェニア(スロベニア) アルプス - Index」  http://www3.big.or.jp/~kitamura/q-a-site/index-slovenija.htm 

 「ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ・写真・絵本」のスロヴェニアのページ

2005-10-20  海外旅行に役立つホームページ ベスト50〈海外編〉

Europedia2005-10-20

[]“独断と偏見”で選んだ海外旅行に役立つホームページ ベスト50〈海外編〉

昨日は、日本のサイトを中心に紹介したが、今回は海外のサイトを中心に取り上げる(関連サイトとして一部日本のサイトも紹介)。

「Perry-Castañeda Library Map Collection 」 http://www.lib.utexas.edu/maps/ 

テキサス大学の地図コレクションページ。時事関連地図サイトや歴史地図もリンク

「NASA Earth Observatory のNatural Hazards 」http://earthobservatory.nasa.gov/NaturalHazards/

自然災害の発生状況を世界地図上に図示するポータルサイト

「米Yahoo! 地図ディレクトリー」 http://dir.yahoo.com/Science/Geography/Cartography/Maps/ 

 旅行に役立つ地図のリンク集。とくにCategoriesのBy Regionが充実

「The Route Planner Page 」 http://www.reiseroute.de/route_uk.htm

 地図上にルートを描き出す機能を持つサイト“ルート・プランナー”のリンク集

「ViaMichelin(英仏独伊西語)」 http://www.viamichelin.com/

 コンテンツも豊富なミシュランのルートプランナー

「国際鉄道連合(UIC)」 http://www.uic.asso.fr/

 Timetable searchでEuropeの最適鉄道電子時刻表を検索することができる

「ドイツ鉄道電子時刻表」(英語) http://reiseauskunft.bahn.de/bin/query.exe/en

 欧州のほとんどをカバーする対象の広さと、使い勝手のよさが人気の電子時刻表

「The Weather Underground」 http://www.wunderground.com/

 世界6万都市の多様な気象情報を日本語で提供するアメリカサイト。星座図もある

「BBC Weather Centre Travel Weather」 http://www.bbc.co.uk/weather/travel/index.shtml 

 海外旅行に特化した天気予報サイト

「Weather.com」 http://www.weather.com/ 

 10日間に及ぶ中期予報を提供する予報サイト

「Washington Post Historical Weather Database」http://www.washingtonpost.com/wp-srv/weather/historical/historical.htm 

 世界の主要都市の過去の任意の日の天気を調べるのに便利なサイト

「ウェザーニューズ社」 http://www.weathernews.com

 トップページ右上隅のGLOBALを開くとページ上部に世界地図が現れる

「WNI Cyber Weather World」 http://www.wni.co.jp/cww/index.html 

「ハレックスブレイン・お天気総合情報http://www.halex.co.jp/ 

「Whatsonwhen.com」 http://www.whatsonwhen.com/

優れた検索機能や豊富な画像を持った旅行者向けイヴェント・ポータルサイト

「EventJAR」  http://www.eventjar.com/

Google Mapsを活用したアメリカのイベント・ポータルサイト

「EarthNavi」 http://www.earthnavi.com/

全世界の主要30都市で予定されているイベントの日時、演目、料金などの情報

「米Google検索エンジンhttp://www.google.com/

Google検索エンジン日本語版」 http://www.google.co.jp/

Googleツールバー ヘルプ」 http://toolbar.google.com/intl/ja/help.html

「米Google Mapsベータ版」 http://maps.google.com/ 

 (Maps Tour では、検索ボックスに172 Thompson St, New York, NY 10012と入力

  また、 sushi in New York  Opera Bostonと入力)

日本版「Googleマップ」 http://maps.google.co.jp/

Google Video」 http://video.google.com/ 

Ask.jp」  http://ask.jp/

 オーソリティを見極める検索エンジン。公式旅行関連サイトを見つけるのに優れている「JOHNNY JET'S TRAVEL PORTAL」 http://www.johnnyjet.com/

アメリカの個人運営旅行ポータル。膨大な旅行関連サイトリンク集でもある

「The Currency Site OANDA.com」 http://www.oanda.com

164種の通貨を相互換算できる便利なサイト。credit card rateも割り出すことができる

「wCities.com」http://www.wcities.com/

70カ国に及ぶ300数十都市の旅行情報を地図やオリジナル・サイトへのリンクと共に閲覧

「乗換案内 タウン情報http://www.jorudan.co.jp/towninfo/

「Operabase」 http://www.operabase.com/

 月日や都市、歌手、曲名、指揮者などを鍵に世界中の400のオペラ座のスケジュール

「Expedia.com」 http://www.expedia.com/

 世界最大のオンライン旅行会社のホームページ。簡易スケジュール・サーチも便利

「Travelocity.com」 http://www.travelocity.com/

「RLM Flight Tracker」  http://www.flightview.com/TravelTools/ 

 飛行中の個々のフライトの地図位置や高度、速度を提供するサイト

「FlyteComm」 http://www.flytecomm.com/cgi-bin/trackflight

 左フレームにあるClick here to track a random flight! をクリックすると Flight Trackerを例示

「Global Hotel Index」 http://www.globalhotelindex.com/

 スイスに拠点を置く日本語も含めた13カ国語に対応するホテル66万軒の予約サイト

2005-10-19  海外旅行に役立つホームページ ベスト50〈日本編〉

Europedia2005-10-19

[]“独断と偏見”で選んだ海外旅行に役立つホームページ ベスト50〈日本編〉

今回は、日本のサイトを中心に紹介(関連サイトとして海外の外国語サイトも含む)。

 以下のサイトは、いずれも当欄か「ユーロペディア」、もしくは、山口俊明が執筆していた、週刊メールマガジン「Cosmic Dance/海外個人旅行・特別講座」で紹介したもの。とくに、189、190、193、194号で集中掲載している。

 「海外個人旅行・特別講座」のバックナンバーをご覧になりたい方は、「ユーロペディア」の「バックナンバー閲覧はこちらへ」http://www.geocities.jp/euro747/euroback.htmlから可能。

 「バックナンバー一覧」http://www.geocities.jp/euro747/cosmicback.html には、各号のタイトルリストがある。

 「海外個人旅行・特別講座」232号(04年11月24日)以降のバックナンバーは「大号外−海外旅行 達人旅行術」http://www.daigogai.com/travel/index.htmのページで閲覧可能。

「旅行リンク Travel Page」 http://www.ryokolink.com/ 

内外の旅行に関するサイト43,000件のリンクを集めたリンク集

「WORLDNAVI.NET」 http://www.worldnavi.net/

 海外の情報を調べている人々のために、情報収集に役立つサイトレポートを紹介

「タビプラス!」 http://www.tabiplus.com/ 

「世界をネットでつなぐ海外旅行の総合情報サイト」を目指すポータル

「トラベルジーンズ」 http://www.travel-genes.com/

 海外・国内旅行情報を「遺伝子」(ジーンズに見立て)その水先案内人を担う

ウェブリング(旅行)」 http://www.webring.ne.jp/ringworld/rec/travel.html 

「海外・特にアメリカ在住便利リンク集」 http://kaigailink.com/ 

 オンラインで読めるメディアや海外の日本語ホームページリンク

「Wahoo! 海外に住む日本人のためのリンク集http://wahoo.maxux.com/

「日本語オーケー!ドットコム」 http://www.nihongo-ok.com/ 

 海外に住む日本人のためにパソコン情報を提供してくれる個人サイト

「日本と世界の博物館、美術館、天文台へのリンク集http://www.pp.iij4u.or.jp/~murai/j-top.html 7000ものサイトを見事にリンクしており、水族館動物園植物園の項目もある

インターネットミュージアム」 http://www.museum.or.jp/ 

 ミュージアム情報の総合ポータルサイト、世界の美術館情報への入り口としても使える

「旅人文庫 旅行記リンク集http://homepage2.nifty.com/keny/index.htm

 海外旅行記を国別に分類・リンクした便利なホームページ

「東方観光局」 http://www.eastedge.com/

 世界中の情報を取り扱うグローバルな旅行ポータル。旅行記サイトへのリンクも多い

ヨーロッパ三昧 食旅花動」 http://www.europe-z.com/

 “手前味噌味 レストラン・レポートヨーロッパ・ミソラン・ガイド”が呼び物

クックパッドhttp://cookpad.com/

 画像付の語料理レシピを10万種以上掲載し、月間100万人以上の訪問者があるという

「外国の家庭料理」http://www.intio.or.jp/yoyo/

 日本在住の外国人家庭で日常的に作るポピュラーな家庭料理の作り方を紹介

「世界の窓」 http://www.sekainomado.com/ 

 地球上に散らばる2,070のライブ中継サイトリンク

「Leonard's Live Web Cams」http://www.leonardsworlds.com/camera.html

は世界中に散らばる8000以上に及ぶライヴ中継カメラをリンクしている英語サイト

ライブカメラリンク集」 http://www.profire.co.jp/actiview/link.html 

「日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)」http://www.otoa.com/

 在外現地手配会社や観光局が提供する豊富なストリーミング画像を提供している

「CAS Tour」  http://www.castour.com/index.html

 格安航空券の販売サイト、「価格破壊値段」はメールマガジンで流している

「アルキカタ・ドット・コム」  http://www.arukikata.com/

 地方7都市発の格安航空券も扱っているので、東京以外から出発する人には便利だ

「スカイゲート」 http://www.skygate.co.jp/

 フライト・スケジュールと空席状況をリアルタイムに表示してくれる航空券販売サイト

「オールアバウトジャパン エアチケット」 http://allabout.co.jp/travel/airticket/

 格安航空券やマイレージ、電子時刻表、最適座席の探し方などに関する最新情報を提供

「世界観光Webhttp://www.sekaikankou.com/world/top.htm

 「大使館・観光局」という“観光局リンク集リンク・ページ”を作っている

アップルワールド.com」 http://www.appleworld.com/toppage.html

ホテル販売サイトだが、観光局リンク集などの付加機能も充実

「海外旅行に行こう!」http://www.kaigairyokou.net/

 日本にある連合組織である在日外国観光局協議会(ANTOR)のサイト

「ヨーロピアン・カルテットhttp://www.european-quartet.com/index.php?lang=01

 チェコ、ハンガリー、ポーランド及びスロヴァキアの中欧4カ国の日本語サイト

「世界の文字で遊ぼう」 http://www.geocities.jp/p451640/moji/index.html 

 キリル、ギリシャ、ハングル、ビルマ、タイモンゴルなどの文字の基礎知識

「Travlang」http://www.travlang.com

 アメリカの旅行会話に関するポータル。Real Playerで正確な発音を聴くこともできる

2005-10-18  “インターネット旅行術”関連の本を探す

Europedia2005-10-18

[]“インターネット旅行術”関連の本を探す

インターネット旅行術”関連の本は、Amazon.co.jp http://www.amazon.co.jp/の詳細サーチ画面で「タイトル」欄に「インターネット 海外旅行」と入れると10冊ほどの関連本が見つかり、そのうちの7冊はeトラベラーズ社http://www.penguin-books.co.jp/e-travelers.htmlの「旅のネタホームページ」シリーズだった。

 ほかには、トラベルジャーナルhttp://www.tjnet.co.jp/の「そこが知りたい海外○得航空旅行術 - インターネット超活用編」などがあった。

個人的にはアメリカAmazon.com http://www.amazon.com/で、「Internet Travel」と探すことが多い。Title欄に「Internet Travel」と入れてサーチすると61件だが、Subject欄で同じようにサーチすると183冊が見つかった。今までに買ったもので面白かったのは、「Internet Marketing for Your Tourism Business」という旅行業者向けの本だ。業者向けの本だが、「個人がホテルを予約するときに特別割引価格を得るためのメールの書き方」などためになる内容のものだった。このほかに、Michael Shapiro氏著の「Internet Travel Planner」も昔、熟読した。同氏は、nettravel.com http://www.nettravel.com/というホームページを開設しており、旅行に役立つ情報源のリンク集を提供している。

このほかに、世界最大級の旅行ガイドブック出版社Fodor's社http://www.fodors.com/の「Fodor's Net Travel 」も内容が充実していた。

Internet Travel Planner: How to Plan Trips and Save Money Online

Internet Travel Planner: How to Plan Trips and Save Money Online

2005-10-17  国内のレストラン検索サイトを活用する

Europedia2005-10-17

[]国内のレストラン検索サイトを活用する

地域別のレストラン・グルメ関係サイトを見つけるには、おなじみの「旅行リンク Travel Page」http://www.ryokolink.com/の「国内地域情報」をチェックするとよいだろう。

「何度も使える便利な実用ページ」だけを集めたリンク集「便利ページ」 http://www.linksyu.com/の「グルメ・お店探し・出前」http://www.linksyu.com/p40.htmの項も便利だ。

 「相互リンクSEO相互リンク募集LINK集」http://link.seo-search.com/の「グルメ情報(料理・食材・飲食店・居酒屋)相互リンク集」http://link.seo-search.com/05/05_02.htmlも役立つ。

 「Yahoo Japan」のトップ > 生活と文化 > グルメ、ドリンクと開いたページhttp://dir.yahoo.co.jp/Society_and_Culture/Food_and_Drink/や、その下位ページの「リンク集と総合情報http://dir.yahoo.co.jp/Society_and_Culture/Food_and_Drink/Directories/も充実しているが、Yahoo Japan

自らがYahoo!グルメ http://gourmet.yahoo.co.jp/gourmet/を運営しているせいかライヴァル・サイトが見つけにくいのが難点だ。

 その点、Googleディレクトリhttp://www.google.com/Top/World/Japanese/ のWorld > Japanese > ビジネス > 宿泊・飲食・接客 > 外食・レストランのページは中立的で好感が持てる。

上記のサイトは、いずれもレシピや食材などの料理関連サイトはもちろん、旅行やエンターテイメントなどの情報を集めるのにも便利なので、ブックマークしておくとよいだろう。

 カカクコムは、レストランの口コミ情報サイト食べログ.com」http://tabelog.com/Google Mapsを活用したレストランの地図検索サービス・ページhttp://tabelog.com/restaurant/rstmap.asp をオープンした。現在、東京http://tabelog.com/restaurant/rstmap.asp、神奈川、埼玉、千葉、北海道、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の10地域の3万2千軒近くのレストランの情報が登録されているという。

 BIGLOBE「GANSOグルメ王国」http://broadband.biglobe.ne.jp/index_ganso.htmlは、全国のご当地グルメを紹介する映像コンテンツの配信を開始した。「札幌スープカレー王国」、「東京洋食王国」、「広島お好み焼王国」、「香川さぬきうどん王国」、「福岡屋台王国」、「盛岡四大麺王国」、「熊本太平燕王国」などの番組がある。

映像コンテンツは、以前当欄でも紹介した、デジタルコンテンツネットワークが松下電器産業の協力を得て運営する「ニッポン地元通情報 GANSO」http://www.gansodesu.net/から借用しているようだ。「ニッポン地元通情報 GANSO」は、全国のタウン誌と提携しフレッシュな地元情報を全国に発信するというユニークなサイトだ。タウン誌の地元スタッフが選りすぐった温泉施設の中から、目的の温泉を検索できる「温泉施設GENSENガイド」が貴重だ。「温泉のふ〜ん」という温泉雑学集も面白い。

2005-10-14  アメリカのブログ活用旅行サイト紹介記事

Europedia2005-10-14

[]アメリカのブログ活用旅行サイト紹介記事

「1日$○○の旅」シリーズのガイドブックで有名なアメリカのアーサー・フロンマー氏のホームページhttp://www.frommers.com/で、Editor's Choice: Our Favorite Travel Blogsという記事http://www.frommers.com/tips/miscellaneous/article.cfm?tipID=MISCELLTAT&articleID=3164&t=Editor’s%20Choice%3A%20Our%20Favorite%20Travel%20Blogsを見つけた。そこには、新鮮で網羅性の高い旅行情報の収集に絶大な力を発揮するブログ活用のアメリカの旅行サイトが紹介されていた。

 大都市旅行の情報を中心とするGridskipper http://www.gridskipper.com/、旅行ニュースとヴァケーションに関するアイデアを集めたTravel Post http://blog.travelpost.com、一般旅行者の旅行記・写真などの投稿を集めたTravelBlog http://www.travelblog.org/、個人旅行者向けにインサーダー的情報を提供するBootsnAll http://www.bootsnall.com/アメリカの国立公園に関する旅行情報を集めたNational Parks Traveler http://www.nationalparkstraveler.com/、いわゆるスペシャル・インタレスト・ツアーに関する情報を集めたGadling http://www.gadling.com/、身軽に旅する秘訣を伝授するOnebag.com http://www.onebag.com/などが並んでいた。

アーサー・フロンマー氏のホームページ自体にもブログを活用したMessage Boards and Trip Reports at Frommer's Travel Talk http://www.frommers.com/cgi-bin/WebXという記事があり、投稿情報や旅行相談が充実している。

☆写真は 1963年に翻訳出版されたFrommer氏の「ヨーロッパ1日5ドルの旅」(日本評論社刊)

2005-10-13 「日本で最も美しい村」連合のホームページ

Europedia2005-10-13

[] 「日本で最も美しい村」連合のホームページ

本日付の朝日新聞朝刊(東京版)などいくつかのメディアで、「日本で最も美しい村」連合に関する紹介記事を見かけた。朝日新聞をはじめ目にした紹介記事には「日本で最も美しい村」連合のホームページアドレスが出ていなかったが、これはよくあること。マス・メディアで紹介することでアクセスが殺到するのを避ける配慮と思われる。

 もちろん、このような連合がホームページを開いていないはずがない。Google検索してみるとすぐに、「日本で最も美しい村」連合のホームページhttp://www.utsukushii-mura.jp/が見つかり、今のところ、美瑛町(北海道) / 赤井川村(北海道) / 大蔵村(山形県) / 白川村(岐阜県) / 大鹿村(長野県) / 上勝町(徳島県) / 南小国町(熊本県) / がメンバーであることが分かった。

 サイトの「はじめに」には、「近年、日本では市町村合併が進み、小さくても素晴らしい地域資源を持つ村の存続や美しい景観の保護などが難しくなっています。私たちは、フランスの素朴な美しい村を厳選し紹介する『フランスで最も美しい村』活動に範をとり、失ったら二度と取り戻せない日本の農山村の景観・文化を守る活動をはじめました。名前を『日本で最も美しい村』連合と言います。私たちは、小さくても輝くオンリーワンを持つ農山村が、自らの町や村に誇りを持って自立し、将来にわたって美しい地域であり続けるのをお手伝いします」とある。

早速、「日本で最も美しい村」の「世界の活動」ページにあるリンク「フランスで最も美しい村」連合http://www.villagesweb.com/divers/selecbeaux.htmから、そのトップページのBeaux Villages de France http://www.villagesdefrance.free.fr/を探し当てた。また、「世界の活動」にリンクされていないものの正式名称が書いてあったベルギー「ワロン地方の最も美しい村」Les plus beaux villages de Wallonie http://www.beauxvillages.be/をベルギー政府観光局http://www.belgium-travel.jp/news/magazine/の記事http://www.b-magazine.jp/message/経由で見つけた。 

 イタリアの組織も「世界の活動」ページのロゴマークからI borghi più belli d'Italiaという名称を読み取り検索した結果 I borghi più belli d'Italia http://www.borghitalia.it/index.phpが見つかった。

このページには「日の丸」マークもあったが日本語ページは未完成のようだ。

残念ながら2003年に設立されたという「世界で最も美しい村」連合のホームページは見つからずじまいだった。

☆右上の写真はスイスのSionから北にバスで45分ほどのところにあるデルボランス(Derborence)http://www.derborence.ch/

The Most Beautiful Villages of Tuscany

The Most Beautiful Villages of Tuscany

2005-10-12 今週の思いつきブックマーク

Europedia2005-10-12

[]今週の思いつきブックマーク

 Yahoo!は、エリア検索(ベータ版)http://area-search.yahoo.co.jp/を公開した。エリア検索は、検索窓に入力した日本国内の場所周辺の、お店や施設を検索できるサービス。目的の場所とキーワードを入力することで、「渋谷周辺の映画館」などの情報を手に入れることができる。左の検索窓には地名や駅名を入力し、右の検索窓には、そのお店の名前や、カテゴリ(「イタリア料理」など)を入力する。

 一方、Googleは、地域情報サービスGoogleローカル」と地図検索サービスGoogleマップ」を「Googleローカルhttp://local.google.co.jp/に統合し、ローカル情報検索と地図検が同時に行えるようになった。

JALグループは、“ゆとりある上質な旅を愉しむ情報から、毎日の暮らしを愉しむ・役立つ情報まで総合的にご紹介していくサイト“「jらいふでざいん」http://www.jlife.jal.co.jp/を全面リニューアルしてオープンした。無料のメールマガジンも発行。

 アメリカYahoo!は、ポッドキャスティングサービスベータhttp://podcasts.yahoo.com/を運用開始。podcast searchのボックスにTravelと入れてサーチしてみたところ興味深い旅番組の音声を多数聞くことができた。

 「旅の王権(EURAIL Old Traveler)」http://www5a.biglobe.ne.jp/~outfocus/eurail/eurail-top.htmは、「中高年・海外鉄道旅行のすすめなど」を綴るサイト。「鉄道を旅することが好きです。旅とは移動することであって、何処にも止まることない。できるだけ遠くに行って、さらに先へ先へ進む。そこが何処であれ、自分いう王国の中心にいる。だから『旅の王権』である」という主張には共感できる。1977年に始まる鉄道の旅を写真や時刻表を交えながら紹介してくれている。

2005-10-11  国内旅行に便利な交通機関のフリーパスを!

Europedia2005-10-11

[]国内旅行に便利な交通機関のフリーパスを!

 九州旅行を計画してみたところ、かつてあった鉄道乗り放題のパスがなくなっていて唖然とした。「時刻表」をみると「周遊切符 九州ゾーン」というものが14,500円であるが、有効期間は5日間に過ぎず、その利用条件のわかりにくさと言ったら.......。手元にある1970年5月の 国鉄監修「JTB時刻表」を見ると、東京発着の「九州均一周遊券」が16日間有効で8,100円とあった。このようなパスが無くなったのはJRの分社・民営化のせいだという人もいる。しかし、外国人旅行者向けの「ジャパンレールパスhttp://www.japanrailpass.net/ja/ja01.htmlが実現できているのだから、九州などのエリア別フリーパスができないはずがない。JR各社の怠慢に思えてならない。ちなみに、新幹線なども乗り放題の「ジャパンレールパス」は、“普通”で21日間なら57,700円という安さだ。日本国籍をもって外国に居住している人で、その国に永住権をもっている場合と日本国外に居住する外国人と結婚している場合も可能ということだから、海外永住してしまうか、“後者”の選択をすれば使えるのだろうが。

JR各社にやる気がないのなら、最近、路線が充実してきている民間高速バス各社が共同して一定エリア内のフリーパスを出してみてはどうだろうか。実は、この記事もある大手バス会社に出向している、友をけしかけようとして思い立ったものだ。

実際に、湯布院→長崎、長崎→唐津といった区間を利用した経験もあるが、これらの路線ではJRよりもはるかに早く安かった。

私の提案は、ヨーロッパ各国間を結ぶ国際長距離バスの企業共同体Eurolines http://www.eurolines.com/のような横断的組織を作ってJRに一矢報いてはというものだ。

そこで、念のために九州産業交通http://www.kyusanko.co.jp/など高速バス会社のホームページを日本バス協会(高速バスhttp://www.bus.or.jp/kousoku/を参考にしながらチェックしてみたところ、その九州産業交通の「トピックス」で 「『SUNQパス』が発売延長になりました」という気になる記事が見つかった。詳細を見てみると「関東・関西から九州へ 北部九州3日間乗り放題!! 高速バス・北部九州フリー乗車券『SUNQパス』期間限定発売!」というもので、北部九州フリー乗車券『SUNQパスhttp://www.kyusanko.co.jp/sankobus/other/sunq_pass.phpというものがすでに存在していたのである。 有効期間が3日間と短いのが残念だが、価格は6,000円とお得な料金設定。2枚組み合わせて使っても通用範囲は狭いものの「周遊切符 九州ゾーン」より安い。

 なお、発売は平成18年9月30日までに延長となった。パスの発行主体の「九州高速バス予約システム運営委員会」に参加しているのは、昭和自動車(株)、西肥自動車(株)、九州急行バス(株)、長崎県交通局、大分バス(株)、大分交通(株)、亀の井バス(株)、九州産業交通(株)、宮崎交通(株)、西鉄高速バス(株)、西日本鉄道(株)の合計11社だ。

九州全体のパスはもとより、日本の各エリアのパスができれば、シルバー層を中心とした長期個人旅行者には歓迎されるに違いない。個人的要望を追加させてもらえば、ロードレーサーを輪行袋(輪行講座http://forum.nifty.com/fcycle/faq/rinko/rinkotec.htm)に入れて預けても傷つかないような荷物室も用意して欲しい。そうなれば、誠にエコロジカルな“団塊銀輪旅行者”が増えていくはずだ。

☆写真は、長崎駅に停車中のJR九州の特急「かもめ」

素晴らしき自転車の旅―サイクルツーリングのすすめ (平凡社新書)

素晴らしき自転車の旅―サイクルツーリングのすすめ (平凡社新書)

奥の細道輪行記

奥の細道輪行記

2005-10-07  海外の地下鉄に関するホームページ

Europedia2005-10-07

[]海外の地下鉄に関するホームページ

 昨日取り上げた「都市公共交通」も含め、世界中の地上交通機関や地下鉄を集めたリンク集を見つけるには「旅行リンクhttp://www.ryokolink.com/ の「世界の鉄道・地下鉄」や「国・地域情報」から各都市の交通サイトを探し出す方法もある。

 地下鉄に特化したものでは「Subway Navigator」 http://www.subwaynavigator.com/subway_site/eng/accueil/fset_subway.htmや「Subway Page」http://www.reed.edu/~reyn/transport.htmlが便利だ。

 「Metro Bits」 http://www.mic-ro.com/metro/という、非営利で個人が運営する世界の地下鉄に関する情報ポータルもある。地下鉄のリストやロゴのほかリンク集、画像、ビデオ、ニュース、読者の投稿などのコーナーがある。自動翻訳を通して日本語での閲覧も可能だ。

 「世界の地下鉄の路線地図」http://osamuabe.hoops.livedoor.com/subway/index.htm は、世界129都市の地下鉄路線図と運営機関へのリンクを中心とする地下鉄の日本語総合情報ポータルサイトだ。リンク先の各地下鉄サイトには電子時刻表を備えたものも多い。新路線開設情報などを集めた「地下鉄トピックスのページ」、「建設中の世界の地下鉄路線地図のページ」など先取り情報も豊富。「世界地下鉄路線地図のページ」では海外の地下鉄ポータルサイトリンク。「主要都市の地下鉄のページ」には各地下鉄の概要や画像が並ぶ。

 ついでに、欧州各国間を結ぶ国際長距離バスについても紹介しておこう。Eurolines http://www.eurolines.com/ は、欧州各国の長距離バス会社などが作った連合体のサイトだ。とくに、鉄道がカバーしていない方面の国際路線を見つけるのに役立つ。バス関係のグローバルなリンク集としてはBusWeb - Buses on the Web http://www.busweb.com/busweb.aspもある。

☆右上の写真は パリのアール・ヌーヴォー様式の地下鉄入り口

最新 世界の地下鉄

最新 世界の地下鉄

2005-10-06 都市公共交通に関するホームページ

Europedia2005-10-06

[]都市公共交通に関するホームページ

 ワールド・トラム・ドットコム http://www.worldtram.com/home_j.shtmlは、個人の鉄道・路面電車ファンが運営する、世界の路面電車、トラム、トロリーバス、LRT、ケーブルカー、地下鉄、都市近郊鉄道の紹介サイトだ。工事中のページもも多いが欧米からアジアまでとカバー範囲は広い。「国別情報」から入ると主要都市の路線図、電化方式、運行距離、軌間、車両の情報、写真、公式サイトへのリンク等が都市ごとにまとめてある。「写真集」も充実。最初に「このHPの見方」と「What's new」のページを見るとよいだろう。

 世界路面電車めぐりhttp://park2.wakwak.com/~tram/も路面電車を紹介する個人運営のホームページだ。「写真館」のページを開くと世界地図が現れ、国を選ぶとさらに都市選択画面が開く。各都市の画面では数点の写真と運営者の現地での利用体験記を見ることができる。「資料館」のページには、バス、トロリーバス、渡し船、地下鉄など路面電車以外の交通機関を集めた「第三展示室」、世界の路面電車のチケットやパス類を集めた「第六展示室」などがある。

 世界中の市電サイトを集めた英語のTram and Trolley WebRing http://e.webring.com/hub?ring=tram というリンクポータルもある。

国際鉄道連合(UIC) http://www.uic.asso.fr/トップページ右フレームのInformation databases 枠内にあるWebsite directoryを開きSite databaseのPublic transportにチェックを入れて「OK」を押すと都市公共交通に関するホームページリンクが現れる。

 ヨーロッパの鉄道のファンと鉄道で旅行しようと計画する人のためのポータルサイトRailFanEurope.net http://www.railfaneurope.net/ のップページにはカラフルアイコンが並び、鉄道写真集や新幹線などのページへのリンクが張られている。現在、サイトはリニューアル中だが、各国の市内交通のリンク集Public Transport http://www.railfaneurope.net/frameset.htmlは健在だ。

 非営利でドイツの個人が運営する世界の都市交通のポータルUrbanRail.Net http://www.urbanrail.net/も便利だ。大陸別の項を開くと地図が現れ、大都市の交通体系や事情、料金、リンク集、路線図、車両画像などが紹介されている。

☆写真は ウィーンの市電。背後に見えるのは堅牢に造りすぎて取り壊すことができない第二次大戦時の高射砲陣地

路面電車が街をつくる―21世紀フランスの都市づくり

路面電車が街をつくる―21世紀フランスの都市づくり

2005-10-05 gooが旅行情報収集にも便利な「自然文検索」機能を復活

Europedia2005-10-05

[]gooが旅行情報収集にも便利な「自然文検索」機能を復活

 NTTレゾナントが運営するポータルサイトgoo」の「自然文検索」サービスの実験については、当欄の「goo日本語自然文検索は旅行情報探しに抜群の効果」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20040215などで紹介していたが、いつのまにか運営が中止になっていた。

しかし、この10月4日からようやく正式運用が開始された。検索窓http://search.goo.ne.jp/web.jsp?TAB=&MT=&web4.x=33&web4.y=4 右側に表示される「文章で検索する」をチェックを入れ「検索」ボタンを押せば、キーワードではなく話し言葉の形式の自然な文章で検索できる。 

 入力された文章は自動的に解析され、適切と思われる検索キーワードを生成し検索を実行するという。これにより、適切な検索キーワードが思い浮かばない場合や、検索結果が0件の場合でも、日本語自然文検索機能を利用することで適切な検索結果を得られる可能性を高めることができるとのこと。

いくつか、試してみた。

 「ヨーロッパ最大の滝」では、「最大の滝」の定義の仕方による違いもあって、複数の回答結果が得られた。

 「ヨーロッパの最高峰」と検索してみたが、結果はモンブラン(4870m)ではなく、ロシアの北カフカスにあるカバルディノ・バルカル共和国にそびえる標高5642.7 m のエルブールス山(Elbrus Info Site http://www.elbrus.org/)が有力とされていた。「山尾先生の筑附通信 ヨーロッパ最高峰について」http://homepage3.nifty.com/tasiro/elbrus.htmによれば、ヨーロッパとアジアの境はコーカサス山脈とされているが、エルブールス山は、境となるメインの山稜より約10キロほど北側、つまりヨーロッパ側にあるので、これがヨーロッパの最高峰だ、というのが一般的な説明のようだ。

 「世界最長の橋」で自然文検索してみても、橋の構造により諸説が現れた。面白かったのは「松尾橋梁株式会社」http://www.matsuo-bridge.co.jp/index.htmlのページで、「橋を知る」のコラムに「世界の橋の歴史年表 」、「世界の橋のデータベース」があった。

☆右上の写真はスイスのSionから北にバスで45分ほどのところにあるデルボランス(Derborence)http://www.derborence.ch/への道の途中で見た300m近い落差のある滝。

2005-10-04 北米の「紅葉」をヴァーチャル鑑賞できるページ

Europedia2005-10-04

[]北米の「紅葉」をヴァーチャル鑑賞できるページ

 アメリカの個人運営旅行ポータルJohnny Jet の「紅葉」特設ページAutumn Foliage Websites http://www.johnnyjet.com/PopUp/AUTUMNFOLIAGE.htmlには、北米を中心とする紅葉関連サイトリンクされており、「紅葉」をヴァーチャル鑑賞することができる。

 Boston.comにも下記のような、アメリカのおける紅葉鑑賞ツアーが大人気という“Fall foliage tours are growing, multimillion dollar business”http://www.boston.com/news/local/new_hampshire/articles/2005/09/30/fall_foliage_tours_are_growing_multimillion_dollar_business/ 記事があった。   

そこには、参考サイトとしてTravel Industry Association of America http://www.tia.org とAmerican Automobile Association http://www.aaa.com のサイトにもリンクが張られていた。

☆写真は 紅葉の世界遺産都市チェスキ・クルムロフ(チェコ)http://www.ckrumlov.cz/uk/i_index.htm

紅葉のふしぎ (科学のアルバム)

紅葉のふしぎ (科学のアルバム)

2005-10-03  シベリア横断鉄道旅行に役立つホームページ

Europedia2005-10-03

[]シベリア横断鉄道旅行に役立つホームページ

「Trans-Siberian Web Encyclopedia」http://www.transsib.ru/Eng/は、PhotogalleryやMUSEUM、Book Shelf、History、Cities&Towns、Travel Notesなど充実した内容を持つ、独露英語のポータルだ。ニュースや展示会、フォーラムなども活発。Web-linksからシベリア鉄道に関する膨大な数のホームページを見つけることもできる。リアルタイムの沿線天気予報や主要駅の案内もある。

 「YourTrain」http://www.poezda.net/en/indexは、CIS railway timetableという副題の付くRailSoft Inc.社の支援によるCIS諸国(旧ソ連邦の一部)をカバーする鉄道電子時刻表サイト。シベリア横断鉄道の時刻表を調べるのにも役立つ。

「サハリン、シベリア鉄道の旅 ツーリストシアター」http://www.touristtheater.com/index.htmlは、旅行会社ツーリストシアターが運営するシベリア鉄道の旅やサハリン、チェコ・ポーランドの旅行計画に役立つガイド・サイト。シベリア鉄道の主要列車時刻表や車両の見取り図、ルートマップ、モデルプランなどが掲載されている。

このほか、シベリア鉄道の旅行記のサイトもいくつか挙げておこう。

「シベリア鉄道の旅」http://www.pat.hi-ho.ne.jp/keii/Russia00.htm

「1992年、シベリア鉄道9200キロ−シベリア鉄道は若いうちに乗れ!」  http://www.yamato.ne.jp/~tatsuya/1993/sibelia/sibelia.html

「シベリア鉄道とモスクワの旅2000」 http://www.angel.ne.jp/~mutuki/russia/2000tabi_0.html

地球の歩き方 旅の達人!『シベリア鉄道の旅』」 http://www.arukikata.co.jp/original/tatsujin/

「ウラジオストク〜モスクワ、シベリア鉄道紀行15日間」 http://notch.sakura.ne.jp/sumi/04siberia/04siberia.html

☆写真は 昭和2年に出版された「欧州旅行案内」(上村知清著 海外旅行案内社刊)の西伯利亜経由欧亜交通路略図。

シベリア東欧鉄道旅行

シベリア東欧鉄道旅行

西伯利鉄道 全・西伯利鉄道旅行案内 (アジア学叢書)

西伯利鉄道 全・西伯利鉄道旅行案内 (アジア学叢書)

A LONG VACATION 20th Anniversary Edition

A LONG VACATION 20th Anniversary Edition

2005-10-01 −講演関連リンク集−

「旅行業に活用しよう! インターネット最新事情」

            −講演関連リンク集

1 旅行に活用できるデジタルマップの急速な進化

○「EPIC 2014」日本語訳 http://blog.digi-squad.com/archives/000726.html 

フラッシュムービーEPIC 2014」 http://www.idorosen.com/mirrors/robinsloan.com/epic/ 

○「Google Local」のベータ版 http://maps.google.com/ 

○「Google Ride Finderサービスのβ版 http://labs.google.com/ridefinder 

Google Sightseeing http://www.googlesightseeing.com/

○Foundcity http://www.foundcity.net/ 

Google Earth http://earth.google.com/

○日本版「Googleマップ」 http://maps.google.co.jp/

○「Googleローカルhttp://local.google.co.jp/

○「世界旅行博」GoogleMap 応用ページhttp://www.jata-wtf.com/map/map_list.php

アメリカのEventJAR http://www.eventjar.com/

○「はてなマップ」(ベータ版)http://map.hatena.ne.jp/ だ。

○フォートラベル「世界地図で見る世界遺産ガイド」 http://4travel.jp/map/?mode=sekaiisan

○「食べログ.com」http://tabelog.com/

○レストランの地図検索サービス・ページhttp://tabelog.com/restaurant/rstmap.asp

ぐるなび ご当地グルメ海外版 http://www.gnavi.co.jp/world/

○「楽天トラベル」ロンドンhttp://travel.rakuten.co.jp/kaigai/europe/london.html 

○「yoyaQ.com」http://yoyaq.com/pc/index.asp#area_search  

○「GeOAP」(ジオープ)http://www.geoap.jp/

○「タクシーサイトhttp://www.taxisite.com/

○「タクシー料金を調べる」http://www.taxisite.com/far/pref.aspx

○「Google Maps / Google Earth 応用例」http://www.blogpeople.net/TB_People/tbp_3468.html

○「earthhopper」http://earthhopper.seesaa.net/article/6067919.html

○「Google Maps Mania」http://googlemapsmania.blogspot.com/

○「ニューヨーク ロケ地マップ」http://www.movies.ne.jp/locationguide/map/newyork.html

○「Placeopedia」http://www.placeopedia.com/

○「日本観光地図」http://saya.s145.xrea.com/x/machigoo.html

○「自転車旅行を愛する人たち」http://cyclo.way-nifty.com/cyclo/google_maps_api/

○「Ask.jp」地図検索サービス http://ask.jp/map/index.asp

Google ニュース http://news.google.co.jp/nwshp?hl=ja&gl=jp 

○wCities.com http://www.wcities.com/

○Travela http://tvl.travela.net/

 日本で地図や写真を多用し網羅性の高いガイドブックを制作する手法を最初に編み出したK&Bパブリッシャーズと提携したトラベラ・ドットネット社のウェブガイドブックTravela は世界最先端のデジタル・ガイドブックと言えるだろう。現在、パリ版が無料で公開されている。高機能なデジタル地図はMicrosoftInternet Explorerに対応。

Yahoo! Travel http://travel.yahoo.com/

○Weatherunderground http://www.wunderground.com/ 

○国土交通省「国土情報ウェブマッピングシステム(試作版)」http://w3land.mlit.go.jp/WebGIS/index.html 

○長崎のグラバー邸を見下ろす丘 http://w3land.mlit.go.jp/Air/photo400/74/cku-74-20/c21/cku-74-20_c21_8.jpg    


2 横断型旅行商品検索エンジンの隆盛

yahoo.farechase.com http://yahoo.farechase.com 

○Mobissimo  http://www.mobissimo.com/

○OneTime.com http://www.onetime.com/

○Kayak http://www.kayak.com/s/index.jsp

○SideStep.com http://www.sidestep.com/ 

○NewYorkAirfares.Blogspot.com/ http://newyorkairfares.blogspot.com/ 

 ニューヨク在住のフリーライターGeorge Hobica 氏が運営するニューヨーク発の航空運賃を比較するブログ・サイトJapan for $379 roundtripなどの記事がある。

○SkyScanner http://www.skyscanner.net/  

 ヨーロッパの格安フライト・サーチ・エンジン

○Orbitz http://www.orbitz.com/ 

○Expedia http://www.expedia.com/

○Travelocity http://www.travelocity.com/ 

○Opodo http://www.opodo.co.uk/ 

○Zuji http://www.zuji.com/

○Pricegrabber http://www.pricegrabber.com/

○Faremax http://www.faremax.com/  

 アメリカインターネット旅行予約サイト。航空券やホテルのほか、鉄道、ヴァカンス、レンタカーなどの商品を提供。予約に至らなくても乗り継ぎフライトやホテルの空室状況を調べることができる。Travel Articlesには現地に詳しいプロのライターが旅行のヒントなどを掲載。Travel News には地域別の旅行関連最新ニュースが掲載され、Travel Resources & Toolsには空港コードや両替、イベント・ガイドなどの情報源がリンクされている。

価格.com http://www.kakaku.com/

モノリスhttp://www.monol.net/ 

○フォートラベルhttp://4travel.jp/ 

goo「宿サーチ」http://search.travel.goo.ne.jp/ 

goo 旅行http://channel.goo.ne.jp/travel/

○「TravelStyle」http://i-like-travel.com/ 

 格安航空会社を地域別に検索し各航空会社の予約・搭乗方法、手荷物制限、特徴などを分かりやすく解説したサイトで、欧州のライアンエアーやイージージェット、米国のサウスウェスト航空、アジアの格安航空会社などが紹介されている。「格安航空会社とは」という解説記事もある。


3 ブロードバンド活用の音声・動画放送が普及

ブロードバンド契約数総務省報道資料 http://www.soumu.go.jp/s-news/2005/050831_3.html

○「Google Video」http://video.google.com/

○Livemercial Travel http://www.livemercialtravel.com/

○Wi-FiTV.com http://www.wi-fitv.com/

○Zoom And Gohttp://www.zoomandgo.com/

○米CBS http://www.cbsnews.com/

Act On BB http://www.actonbb.com/ 

Act On TV http://www.actonbb.com/

GyaO http://www.gyao.jp/ 

MSNビデオ http://jp.video.msn.com 

○ブログムービー「one more day」http://note.rakuten.co.jp/ 

 

4 旅行ビジネスにおけるブログの応用例

○「サイパンの旅の最新情報 MAOLEK」http://www.saipaninfo.com/

○「旅行リンク」の「海外の旅行会社」http://www.ryokolink.com/travel/companyabroad_f.html や○Rome-navi.net (現地手配会社)http://rome-navi.net/ 

Wikipedia http://www.wikipedia.org/

Wikipediaドナウ河(Danube)http://en.wikipedia.org/wiki/Danube

○トラベルブログhttp://travelblog.jp/

 新世代の情報ツールで「ブログ」「WIKI」「RSS」の仕組みを最大に活用したクチコミ旅行情報ポータルサイト。登録すると自分のブログページを無料で作ることができる。WIKIという仕組みを使ったオンライン旅行ガイドブック作りに参加することも可能。「エリア別 ブログ旅行記」や「テーマ別 ブログ旅行記」から自分の興味に則した記事を探してみるとよい。「ブログの新着記事」は他のブログ・サイトへの投稿記事も掲載している。

Google Blog Search http://blogsearch.google.com/

Blogger言語の選択」http://www.blogger.com/language.g 

Blog Search http://search.blogger.com/ 

○「トラベローグ」 http://www.travelog.jp/

 無料で自分の専用ページの作成・更新ができる旅行専門のブログ・サイトメンバーがそれぞれ「北京の胃袋」、「シニアの海外滞在型旅行」といった自分の旅のこだわりを題名としたページを立ち上げており、そこに書き込まれた記事がトップページの「新着レポート」や「新着フォトアルバム」、「おすすめの旅のレポート・フォトアルバム」に反映されるシステム。「旅人の広場」でどのようなメンバーが活動しているかが一望できる。

○「ブログで作る旅行ガイド決定版!トラベルブログ」http://travelblog.jp/

○「トラベーる」 http://www.trave-l.com/

○地中海欧羅巴くらぶ(ヨーロッパhttp://blog.livedoor.jp/eurasia_sp/  

○ぶらり中国(中国) http://blog.livedoor.jp/eurasiachina_team/ 

○フロンティアーズ・クラブ(秘境・辺境への旅)http://blog.livedoor.jp/eurasia_challange_team/

○旅は仲間同士が面白い(団体、グループ旅行)http://blog.livedoor.jp/eurasia_org/ 

○『風の旅人』編集だより(風の旅人編集部http://blog.livedoor.jp/kazetabi55/

○イタリア関心空間 http://www.kanshin.jp/italia/

 イタリアのさまざまな側面に興味を持つ921人のメンバー(無料登録制)が1,370ものキーワード(見出し)と アート・カルチャー、ワイン、グルメ、エンターテイメント、ブランド、スポーツ&カー、トラベル、ライフスタイル、ショップの9つのカテゴリーで書き込むコミュニケーションボード。珍しいイタリア郷土料理のレシピや食材の紹介、日本にあるイタリア人おすすめのイタリアン・レストラン、イタリア語の勉強法など話題豊富。

○米「TravelPod」http://www.travelpod.com/ 

○Kayak http://www.kayak.com/s/index.jsp

Air Travel Center http://airtravelcenter.com/

WEB SITE MAP http://airtravelcenter.com/atcnav.html

○Current Offer Airfare Specials Worldwide http://airtravelcenter.com/airfare-specials.htm

○Just the Flight社 http://www.justtheflight.co.uk

○Just the Flightチャーター・フライト情報http://www.justtheflight.co.uk/rss/flights.html

○Gridskipper  http://www.gridskipper.com/

 大都市旅行の情報を中心とするアメリカのブログ・サイト

○Travel Post  http://blog.travelpost.com

 旅行ニュースとヴァケーションに関するアイデアを集めたアメリカのブログ・サイト

○TravelBlog  http://www.travelblog.org/

 一般旅行者の旅行記・写真などの投稿を集めたアメリカのブログ・サイト

○BootsnAll  http://www.bootsnall.com/

 個人旅行者向けにインサーダー的情報を提供するアメリカのブログ・サイト

○National Parks Traveler  http://www.nationalparkstraveler.com/

 アメリカの国立公園に関する旅行情報を集めたアメリカのブログ・サイト

○Gadling  http://www.gadling.com/

 スペシャル・インタレスト・ツアーに関する情報を集めたアメリカのブログ・サイト

○Onebag.com  http://www.onebag.com/

 身軽に旅する秘訣を伝授するアメリカのブログ・サイト

Message Boards and Trip Reports at Frommer's Travel Talk http://www.frommers.com/cgi-bin/WebX

 「1日$○○の旅」シリーズのガイドブックで有名なアメリカのアーサー・フロンマー氏のホームページhttp://www.frommers.com/の一部を構成するブログを活用したMessage Boards and Trip Reports at Frommer's Travel Talkというブログ・ページ。各国・都市別の膨大な投稿情報や旅行相談が充実している。


5 そのほかのおすすめサイト

 

○ミシュランのルートプランナーViaMichelin(英仏独伊西語)http://www.viamichelin.com/

  英語版の場合、ルート・プランナー機能はトップバーの左側にあるDriving Directionsで開く。Departure、Destinationの欄にそれぞれ出発地と目的地名を入れ、下のプルダウンメニューから国名を選ぶ。

○The Route Planner Page http://www.reiseroute.de/route_uk.htm

  ルート・プランナーのリンク集

○ドイツ電子時刻表英語版ドイツ鉄道電子時刻表 英語版http://reiseauskunft.bahn.de/bin/query.exe/en  

 路線図描画機能(Graphics)は、時刻表画面の上部のNormal search、Advanced searchのタ ブで後者を選ぶことで現れる。Advanced search時刻表検索画面で、たとえば、FromにParis と入れtoにWienと入れて適当な日にちを選び、左下のSearch connectionボタンを押す。 結果画面の上部のGraphicsタブを押すとConnection graphicsという乗り換えなども含め た路線図が描かれる。路線図の下のnext connectionを押すと、遅い時間帯の列車の路線 図に切り替わる。next connectionの右横の+を押すと、隠れていた全停車駅が浮かび上 がる。

○「ドイツ鉄道(DB)利用ガイド」http://hvanilla.web.infoseek.co.jp/db/

 「列車の種類」、「座席予約」、「切符の購入」、「ジャーマンレイルパス」、「割引切符」、「列車に乗るまで」、「駅の時刻表の見方」、「時刻表検索(HP)の使い方」などドイツの鉄道旅行に役立つ実践的な記事が満載されている。 

グーグルツールバーhttp://toolbar.google.com/intl/ja/

○見える検索エンジン「MARSFLAG」http://www.marsflag.com/ 

○gooRSSリーダー http://blog.goo.ne.jp/info/rss.html 

○HotelShark.com http://www.hotelshark.com/

 アメリカのクチコミのホテル評価投稿サイトで、実際に泊まった経験のある一般旅行者からの投稿を集めている。特に評判のよいホテルには“a hotel that people really like” というマークが与えられている。

 注目すべきことは、検索結果の脇に表示されるGoogle Advertising Programsだ。ローカルなホテル予約ポータルなどが実に効率的に表示される。

 ウィーンのペンションに表示されたAdWords広告で、BOOKINGS (オンラインホテル予約)http://www.bookings.at/index.html という日本語を含めた10カ国語対応の世界規模のホテル予約ポータルが出てきた。

○TheBigDay Travel  http://www.thebigday.com/

 ハネムーン・マーケットの攻略にマイ・ページを提供し、ハネムーナーにウェディングの告知、スケジュール案内、新居紹介などの記事を作ってもらい、さらに、フランスのカルトゥ・ブランシュのように親戚・友人から結婚プレゼントを募る機能を持たせている。ハネムーン需要や挙式への参加のための旅行手配などを獲得する狙いもある。

○Travel Video  http://travelvideo.tv/index.html 

 動画を中心にした旅行業界ニュース・サイト

○MVP http://mvp.jp/

 日本旅行や通販のJIMOSなどで導入しているシンクロ・ブラウザ

○MVPビジネスモデル例 http://webshop01.mvp.co.jp/webshop/mvp/ground_top.php  

○LuxuryTravelMagazine.com http://www.luxurytravelmagazine.com/

 ターゲットを富裕層に絞ったサイトが続々登場

○five-star Alliance http://www.fivestaralliance.com/

 1000軒の豪華ホテルを紹介するサイト

○シャトー&ホテル・ド・フランス http://www.chateauxhotels.jp/ 

○EuropebyAir.com http://www.europebyair.com/

○Airpassworld Japanese page http://www.airpassworld.com/eba/  

 ヨーロッパ内にフライト網を持つ23の航空会社のヨーロッパフライトパスやディス カウント航空運賃とフライトスケジュールを検索するのに便利なサイト

○Seatguru.com  http://www.seatguru.com/

 主要航空会社25社が採用しているほとんどの機種の座席配置図を閲覧できる便利な英 語サイト。航空会社を選択し機種を選ぶと現れる座席配置図のトップには各クラスのシ ート・ピッチや座席幅が表示されている。その下のビデオやヘッドフォン、電源などの アイコンマウスを移動するとサービスの詳細が読み取れる。

○Whatsonwhen.com http://www.whatsonwhen.com/

世界のイヴェントを網羅し、優れた検索機能や豊富な画像を持った旅行者向けエンターテイメント・ポータルサイト。地図からもプルダウン・メニューからも各地域、国ごとに作られたポータル・ページを開くことができる。イヴェントを素早く探したい場合は国別、期間別のサーチにTheme(テーマ)別の検索を加えて絞り込めるAdvanced Searchを使うとよい。イヴェントへのアクセス情報や主催者・観光局のサイトへのリンクまである。

○旅コミネット http://tabicomi.net/

旅のクチコミ情報ポータル「旅コミネット」は、ガイドブックに書かれていないような細かな旅の疑問点などに、旅の達人や経験豊富な旅人が回答してくれるサイトだ。まず、エリア別・テーマ別旅行クチコミ掲示板「旅のコミュニケーションボード」の自分が関心のある分野を覗いてみるとよいだろう。複数の旅行掲示板、旅行クチコミ情報サイト、グルメ・宿泊クチコミ情報サイトなどを一括横断検索できる「旅BBSサーチ」機能も画期的。

○EarthNavi http://www.earthnavi.com/

株式会社アースナビが運営する海外のイベント情報専門サイト。全世界の主要30都市で予定されているイベントの日時、演目、料金などの情報が一覧できる。基本的には法人の有料会員向けサイトだが、向こう1ヶ月の情報は誰でも自由に見ることができる。都市を地図や一覧から選択し、祭&イベント、ポップス&ジャズクラシック音楽オペラ、ミュージカル&演劇、ミュージアム、バレエ&ダンス、スポーツなどのジャンルを選択する。

○RLMSoftware Flight Tracker http://www.flightview.com/TravelTools/ 

 飛行中の個々のフライトの地図位置や高度、速度を提供するサイトをFlight Trackerと呼ぶが、RLMはその代表的存在。

 Flight Trackerがどのようなものかを知るには、FlyteComm http://www.flytecomm.com/cgi-bin/trackflight  の左フレームにあるClick here to track a random flight! をクリックするとよい。

○ヨーロピアン・カルテット http://www.european-quartet.com/index.php?lang=01

歴史的ルーツ、伝統を共有するチェコ、ハンガリー、ポーランド及びスロヴァキアの中欧4カ国が観光促進のために開いた日本語ホームページ

○OfficialTravelGuide.com http://www.officialtravelguide.com/  

国際コンベンションビューロー協会(本部:ワシントン)が開設した観光局公式サイトなど公的観光促進機関のリンクポータルリンク数は1,250以上に及ぶ。

○「The Weather Underground」 http://www.wunderground.com/

 世界6万都市の多様な気象情報を日本語で提供するアメリカサイト。星座図もある

○ウェザーニューズ http://www.weathernews.com 

民間気象情報会社ウェザーニューズ社のサイトトップページ右上隅のGLOBALを開くとページ上部に世界地図が現れ、地図の右下のWORLD'S CLOUDSを押すと6時間ごとに更新される全世界の雲の動きが表示され、DAY&NIGHTでは、現時点での昼と夜の区域が表示され、WORLD'S CLIMATEでは世界の気候概況が表示される。トップページのWEATHERを押すと日本の天気のほか「空港の天気」、「世界の天気」の項目が現れる。

○海外旅行に行こう! http://www.kaigairyokou.net/

日本にある47の国・地域観光局の連合組織である在日外国観光局協議会(ANTOR)が、共同で旅行に関する最新情報やプロモーション活動を紹介し海外旅行需要の喚起を図ろうという目的で開いたサイト。ページ中央のHEADLINEには最新のプロモーション記事が並び、左フレームの「最新の記事一覧」から詳細を開くこともできる。左フレーム上部の「地域紹介」には、日本語を中心とする各国観光局のサイトへのリンクが張られている。

○VisitEurope.com http://www.visiteurope.com/ 

 「海外旅行に行こう!」のサイトのお手本となったヨーロッパの33カ国の政府観光局が結集する在ニューヨークの組織European Travel Commission在米支部が運営するホームページMajor Events 2005 http://www.visiteurope.com/events.aspx のページは検索機能を持っており、2009年までのイヴェントが検索できるようになっている。

○Bank Holidays of the World http://www.international-holidays.com/

 バンクホリデーや国際的イベントの日程、学校休日、地方ごとの祭日、国政選挙投票日などを表示するカレンダー・サイト。日本語も含めた15の言語に対応。2000年から1040年まで検索できるが、その年以外のカレンダー閲覧は有料となる。

○Airtimetable.com  http://www.airtimetable.com/

 特定都市間のタイムテーブルを検索できるAirline Timetablesや指定空港の離発着フライトを検索できるArrivals and Departuresなどのタイムテーブル機能のほか、他の優れた旅行・航空関係サイトの協力を得て膨大な旅行情報へのポータルを形成している。タイムテーブル機能以外に、下記の項目がある。Discount Airlines » Currency Converter » Destination Guides » World Time » Airline Seat Maps » Airline Codes » Airline Locator » Flight Tracker » Cruise Travel» Airport Locator» Airline Meals » Airline Phone Numbers» Air Mile Calculator» Airline Route Maps » Jetlag Calculator » Weather Center» Map Center» Travel Medicine» Auto Rental Insurance» Custom Mini Guides» Travel Warnings

○Airline Route Maps  http://www.airlineroutemaps.com/

 各航空会社のルートマップを集めたサイト

○「Global Hotel Index」 http://www.globalhotelindex.com/

 スイスに拠点を置く日本語も含めた13カ国語に対応するホテル66万軒の予約サイト

○「旅行リンク Travel Page」 http://www.ryokolink.com/ 

 内外の旅行に関するサイト43,000件のリンクを集めたリンク集

○「世界の窓」 http://www.sekainomado.com/ 

 地球上に散らばる2,070のライブ中継サイトリンク

○「Leonard's Live Web Cams」http://www.leonardsworlds.com/camera.html

 世界中に散らばる8000以上に及ぶライヴ中継カメラをリンクしている英語サイト

2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

  • 「ユーロペディア」トップページへ