Europedia の インターネット・トラベルNEWS

■「ユーロペディア」トップページへ■  ■サイト・マップに代えて■ Since 2004 February 15, 1884283
 

2008-01-25 ViaMichelinが使いやすく進化

Europedia2008-01-25

[]ViaMichelinが使いやすく進化

 先週書いたヨーロッパ旅行の計画作りを進めるために久しぶりにミシュランガイドブックサイトViaMichelin http://www.viamichelin.com/を開いてみると驚くほど使いやすくなっていた。カバーする国も増え続け、現在は、タイやシンガポールも対象となっている。残念ながら日本は未だカバーされていない。日本に関しては、食べログ.comに「ミシュランガイド 東京特集」http://r.tabelog.com/tokyo/michelin/という便利なページができていた。

さてViaMichelinの使い方だが、トップページの上部の青い下地の上にMapsという欄がある。ここから使い始めると簡単なようだ。

 試しに、CountryのプルダウンメニューでFranceを選び、Addressに私が次の旅行で泊まる予定のホテルがあるRue de Buciと書き込み、Postcode,City欄にParisと入れる。ここで、○Hotelsにチェックを入れて宿泊予定日、人数を入れてSearchボタンを押すと、いったんホテルの広告画面が現れるがそのまま待つと、Rue de Buciとその界隈のホテルリストが左に、右に地図が現れる。リスト上のホテルの欄をマウス・ポイントが移動すると地図上のバルーンも連動して浮上するというスグレモノだ。

 今回の旅のために私がやっている作業は、むしろ、宿泊予定のホテル周辺のレストラン探しだ。レストランは、○Michelin Guide Restaurants にチェックを入れてSearchボタンを押すと、ホテル同様にリストと地図が現れる。リスト上のレストラン名か記事末尾のmore informations をクリックすると詳細シートの窓が開く。地図や価格の目安、店の特徴、開店時間、ヴァカンス休業時期、取り扱いクレジット・カードなどとともに、たいていの店は予約メールアドレスとオリジナル・ホームページへのリンクがある。

ViaMichelinへのメンバー登録(無料)を済ませておくとAdd to My ViaMichelinボタンで、自分の旅行計画ごとに設けたマイ・ページ・フォルダにお気に入りのレストランやホテルなどを保存していくこともできる。

○Michelin Green Guide Tourist location のページを開けば、観光物件や通り/路地の由緒もリストアップされる。

My ViaMichelinにお気に入りの物件をひととおり登録すれば、自分の旅程に沿ったオーダーメイドガイドブックができあがるというわけだ。モバイルパソコンを旅に持参すればそれらの自ら編集したガイドブックを簡単に開くこともできるのだ。


■当欄関連記事:

「旅行計画作りに役立つルート・プランナー」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20040419 

ヨーロッパ42カ国のレストラン情報を網羅したViaMichelin」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20040403

「100年前のミシュラン・レッドガイド」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050617


■今日のブックマーク&記事■

□日刊トラベルビジョン 01/23記事「ヨーロッパでの免税手続きの変更」 http://www.travelvision.jp:80/modules/news1/article.php?storyid=33622 

□ab.CHINTAI http://www.abchintai.com/

賃貸情報誌「週刊CHINTAI」を発行している(株)CHINTAIの子会社、株式会社CHINTAI トラベルサービスが運営する海外ウィークリー・マンスリーアパートメント情報と海外賃貸住宅情報を紹介するサイト

☆右上の写真は カルチェラタンの4つ星ホテルHotel de Buci http://www.hotelbuci.fr/

Michelin Red Guide 2008 Main Cities of Europe: 3000 Hotels & Restaurants

Michelin Red Guide 2008 Main Cities of Europe: 3000 Hotels & Restaurants

2008-01-18 1974年の欧州鉄道旅行をいよいよ再現

Europedia2008-01-18

[]1974年の欧州鉄道旅行をいよいよ再現

当欄の「1974年の欧州鉄道旅行を今一度 その1〜6」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20071005で書いた大学2年生の1974年に行った28日間の旅の“再現版”をいよいよ実行することにした。今のところ出発は3月中旬の予定だ。

 航空券は全日空のエコ割21WEB http://www.ana.co.jp/int/fare/eco/main/eu/eur/index_1421_w.html を使う予定だ。その時期のエコ割21WEBの料金は96,000円だが、空港使用料や燃油サーチャージは約33,000円ほどかかる。これに、後述するローマからウィーンへの区間航空券(8,000円)を追加する予定。ちなみに、1974年の2月26日発エールフランス往復の航空券代は119,000円だった。3月中旬発は、少し高い時期なので、実質的には34年経っても航空券代が同レベルと言えるだろう。

パリでは、ひとつやらなければならない宿題もできた。実は、1974年の旅行で飛行機とパリでの滞在だけ同行した友人が、そのときジュモーのアンティーク・ドールを買ってきていた。その34年前のコスチュームがボロボロになったというので、買った店に行ってコスチュームを買ってくるという仕事だ。よくぞ今まで手放さずに取っておいてくれたものだ。

 ざっと移動の行程だけを抜き書きしてみると

1日目(火)11:55成田発のNH205便でパリCDGに16:25到着。

4日目(金)パリ Austerlitz駅19:43発 Hotel Trainゴヤ号http://www.elipsos.com/htm/intro.htmでマドリッドへ向かう

5日目(土)マドリッドChamartin駅 09:13着

8日目(火)マドリッド10:25発 新幹線Alvia号 でバルセロナSants駅着 14:43

10日目(木)バルセロナFranca駅20:15発Hotel Train Salvador Dali 号でミラノへ向かう

11日目(金)ミラノCentrale駅09:59着

ミラノCentrale駅11:00発 新幹線ES 9435

フィレンツェ S.M.N.駅 13:44着

16日目(水)フィレンツェ S.M.N.駅12:53発 新幹線ES9433 ローマ・テルミニ駅  14:30着

18日目(金)ローマ・フィウミチーノ空港10:35発 OS506 ウィーン・シュベヒアート空港 12:20着

27日目(日)ウィーン・シュベヒアート空港 14:05発 NH6326

28日目(月)成田空港 08:15着

■今日のブックマーク&記事■

□全日空「そのとき、東京―大阪、1時間10分で、なんと11,000円〜」という特割値下げの案内

http://www.ana.co.jp/dom/fare/promotion/tokuwari_discount/200801/index_hnd.html 

2008-01-11 久しぶりに深刻なコンピュータートラブル

Europedia2008-01-11

[]久しぶりに深刻なコンピュータートラブル

年の初めに、「当ブログの更新頻度と内容を変更させていただきます」とブログの更新を1週間に1回程度にさせてもらう宣言をしたとたん、PCメールソフトOutlook ExpressMicrosoft)が、まったく機能しなくなった。Windows XPMicrosoft)の復元機能など知る限りのリカバリー方法を試してみたがまったく回復しなかった。

そこで、しばらくウェブメールメール閲覧して凌ぎながら、いつも困ったときに泣きついているITの専門家の友人K氏にご出馬願った。K氏でさえ珍しく手こずっていたが、結局、「“旅パソ”候補とスパム対策について」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20061128で書いた、“セキュリティスパムキラー・ソフト”とOutlook Expressの組み合わせにどうやら起因しているようだと判明。ウィルスソフトを変えることで解決できるはずとのことで、お言葉に従っておすすめのシマンテックの“オールインワンセキュリティ”Norton360 http://www.symantecstore.jp/products/package/n360.aspを導入。シマンテックNortonは、以前使っていたときに非常に重たく、操作設定も面倒だったことをK氏にこぼしたところ、最新版は軽くなっているとのこと。

Norton360の価格は、サイト上では9,775円となっていたが、近くの量販店ではお正月割引クーポン(500円)が効いたせいもあって、15%のポイントも引くと5,933円。さらに、ノートン25周年記念キャンペーンhttp://www.symantec.com/ja/jp/norton/theme.jsp?themeid=25campaignが1月15日まで展開されており、2,500円のキャッシュバックが受けられるようだ。結局、3,433円で購入できたことになりそうだ。

 Norton360の使い心地はよく、スパムキラー機能がないのが残念だが、以前のスパムキラー・ソフトにも問題があったのでたいした不満はない。


■今日のブックマーク&記事■

□BBC News “Are the old ones the best ones?”

http://news.bbc.co.uk/1/hi/magazine/7174904.stm

インターネットガイドブックに取って代わる時代が来るだろうか? いや来ない、なぜならインターネット・カフェの場所を探すのにさえガイドブックに頼るではないか”といった投稿も掲載した面白い記事。

ゴメス 海外ツアー旅行サイトランキング[2008年1月]

http://www.gomez.co.jp/scorecards/index.asp?Section_id=SC&topcat_id=218 

Eコマースサイトを評価・ランキング付けするゴメスの2008年1月4日時点でのサービスを基に評価した海外ツアー旅行サイトランキング。

□「プラハBTジャーナル」の刊行についてhttp://www.praha-btjournal.com/

Central Europe Information service社が2月に創刊号発行予定の月刊雑誌「プラハBTジャーナル」(BTはビジネスとトラベル)の案内。見本誌のページhttp://www.praha-btjournal.com/sample.pdfもある。

2008-01-04 当ブログの更新頻度と内容を変更させていただきます

Europedia2008-01-04

[]当ブログの更新頻度と内容を変更させていただきます

昨年の冒頭に、「計器飛行(デジタル)よりも有視界飛行(アナログ)を」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20070104と題して、「できるだけ、インターネットやデジタル・テレビなどに時間を取られず、旅や自然観賞、食・酒体験などなど、生々しい生命の息吹を感じられるひとときに時間を割いていきたいとの思いでいっぱいです」と書かせてもらったが、諸般の事情で昨年はその実現ができなかった。しかし、今年こそは「旅」に時間を割いていくことができそうだ。

 とりあえず、海外旅行は、「1974年の欧州鉄道旅行を今一度」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20071005や「ノスタルジック・ジャーニー・オン・ザ・ウェッブ」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050606で書いたように、大学2年生のとき(1974年)のヨーロッパ一周鉄道旅行の“再現版”から始める予定だ。

 それに続いて、「10年以内に周り終えたい“行きそびれた8つの旅”」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20061026でふれた旅を実現していきたいと考えている。

 そこで、この“インターネットの旅行活用術”紹介を中心テーマとした当ブログもここで一区切りを付けさせていただき、「ユーロペディア」http://www.geocities.jp/euro747/を開いた当時(1999年12月)、「インターネット トラベル NEWS」(ジオ・ダイアリー)で行っていたように、近況報告と旅のレポートを中心とする内容に変更し、これからは書き込みも週に1回ほどをメドとさせていただきたい。

■今日のブックマーク&記事■

□ヴィノテーク・オーストリアの新春お楽しみ袋セールhttp://www.edelwein.co.jp/news_view?id=51

 岩手県の大迫町の山奥にある第3セクターが運営するワイン博物館兼ショップ「ヴィノテーク・オーストリア」http://www.edelwein.co.jp/static/vinothek が1月4日より1月14日まで「オーストリアワイン新春お楽しみ袋セール」を開催している。福袋は、赤辛口ワイン・白辛口ワイン・甘口ワイン・混合などのタイプ別で各1万円・5千円で用意。個数限定とのことだ。

☆右上の写真は伊豆下田爪木崎に咲く水仙http://www.shimoda-city.info/da/suisen/index.html

オーストリアワインガイドブック

オーストリアワインガイドブック

2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

  • 「ユーロペディア」トップページへ