Europedia の インターネット・トラベルNEWS

■「ユーロペディア」トップページへ■  ■サイト・マップに代えて■ Since 2004 February 15, 1882605
 

2008-05-31 NTTドコモの「WORLD WING(3G)」対応携帯

Europedia2008-05-31

[]NTTドコモの「WORLD WING(3G)」対応携帯

 3月11日より4月8日までの「1974年の欧州鉄道旅行をいよいよ再現」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20080118の旅には、「海外旅行を考えた携帯電話選び」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20070531で紹介したNTTドコモの富士通FOMA「F904i」http://www.fmworld.net/product/phone/f904i/を持って行った。

 「WORLD WING(3G)」対応で、「世界の42の国・地域で、通話も、メールも、iモードも、テレビ電話も、いつも使っているケータイを海外でそのまま使うことができます」という製品だ。

 旅行中は、日本からの携帯電話自動転送メールの送受信、自宅の留守電のチェックに使った。携帯にかかってくるセールス電話まで自動転送されてくるので、たまったものではないが、日本にいるのとほぼ同様の携帯利用ができたので、一人旅の心強い味方となった。

 出発前に、ドコモで海外利用設定の確認や利用方法の説明を受けて来たのだが、その際、タイプLという料金プラン月9,600円にに変更し(ファミ割・ひとりでも割で実質4,800円)ておいた。これだと、無料通信が6,000円分付くので得だろうという判断だ。

ヨーロッパで使ってみての感想は、とにかく自分の携帯電話番号にそのまま掛けてもらえるので便利だった。また、こちらから電話をするときも“電話帳機能”を使えば、国際電話認識番号や国番号をいちいち打ち込む必要もない。

 帰国後に請求書を見ると通話料や国際転送料、メール通信料などで2万円強の利用だったが“無料通信分”が差し引かれるので、まあ、納得の範囲だった。

 海外利用での問題点は、NTTドコモの提携通信事業者がひとつの国でも複数ある場合が多く、そのカバーエリアを越えて移動するごとにいったん“圏外”になり、次の業者のカバーエリアに入っても“自動復帰”せず、いちいちチェックした上で、圏外になっていれば電源を切って再起動する必要があった点だ。通信事業者の組み合わせによっては“自動復帰”する場合もあるのでちょっと複雑だ。

もうひとつは、電池の消耗が国内よりも激しいようで、より頻繁に充電する必要があった。出発前に電池を買い換えて行ったのだが、劣化した電池のままだとさらに充電頻度が高くなっていただろう。

携帯メールを生まれて初めて使ったが、使い慣れてないのにいきなり海外でと言うのは少々無理があった。もっとも旅の終わりにはかなりな文字数が打ち込めるようにはなったが。

 滞在したホテルのほとんどがインターネット環境を整備していたので、近い将来はモバイルパソコン携帯で旅するようになるだろう。今年の秋には、大容量フラッシュメモリーを使ったウルトラ・モバイルパソコンの進化形も発売されるようなので、それまでの辛抱だ。

当欄関連過去記事:

Wi-Fiによる無線LAN接続が普及し始めた欧州 」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20070925 

「12.1型ワイド液晶で重量768gの“旅パソ”」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20070606

「旅にカスタマイズしたパソコン“旅パソ”を作ろう」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20040921


■今日のブックマーク&記事■

□日刊トラベルビジョン05月27日朝刊

海外ロングステイサポートの「海外ぐらし」、日通と業務提携

http://www.travelvision.jp:80/modules/news1/article.php?storyid=36004

□Czech Grape and Wine Producers Association

http://www.wineofczechrepublic.cz/en.html

□TREDYnet ホーム L-Cruise “生まれ変わった伝説のホテル「ドールダー」 ”

http://trendy.nikkeibp.co.jp/lc/world/080528_zurich/

2度ほど取材したことがあるチューリッヒ市街を見下ろす The Dolder Grand http://www.doldergrand.ch/が4年の歳月をかけて全面改装・再オープンしたという記事。

携帯電話はなぜつながるのか

携帯電話はなぜつながるのか

2008-05-26 GooglのWeb 検索に「映画検索機能」が加わる

Europedia2008-05-26

[]GooglのWeb 検索に「映画検索機能」が加わる

 「Google Japan 公式ブログ」http://googlejapan.blogspot.com/2008/05/google_19.html の5月19日の発表では「Google ウェブ検索で映画検索が可能になりました」とのことだ。

 「ある特定の映画がいつどこで上映されているのかという上映スケジュールや、ある地域で上映している映画情報、その映画に対するユーザーのレビューなど、瞬時に調べることができる」というもの。

 たとえば、Google 検索ボックスにふつうに「渋谷 映画」と入力することにより、検索結果画面のトップに「渋谷駅(東京)付近の上映情報」という項が現れ、現在渋谷で上映している映画映画館情報、上映スケジュール、各映画のレビュー) を見ることができる。

試しに、生まれ故郷の「唐津 映画」と検索してみたら「唐津駅(佐賀)付近の上映情報」の項は、出てきたものの唐津市内の上映館は皆無。どうやら絶滅してしまったようだ。50年前には市内の立派な映画館で「風と共に去りぬ」を見たのだが。

 なお、「最高の人生の見つけ方」と具体的な映画名を入力すれば、その映画に対する情報を調べることができるそうだ。

当欄関連過去記事:

□「映画のオリジナル・サイトロケ地探訪の旅に」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20071023

□「有名人の墓や好きな映画の舞台を訪ねるのに役立つサイトhttp://d.hatena.ne.jp/Europedia/20040322

□「海外で“シネマの旅”を楽しむのに役立つホームページhttp://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050629

□「 映画『フレンチ・キス』と南仏のワイン造りの村を訪れる旅」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050324

■今日のブックマーク&記事■

□City Mayors  http://citymayors.com/ 

ヴィジョンと情熱と能力を備え、都市を生活と働く場、観光対象とすることに力を注いでいる知事さんたちを応援するという趣旨のポータル。どういうわけか東京都知事も“Mayors of the worldhttp://citymayors.com/sections/mayors_content.htmlにノミネートされている。

映画で楽しむ世界史

映画で楽しむ世界史

世界史映画教室 (岩波ジュニア新書)

世界史映画教室 (岩波ジュニア新書)

シネマウォーク in World History〈1〉通史編

シネマウォーク in World History〈1〉通史編

2008-05-23 “暮らすように旅する”人のための情報源

Europedia2008-05-23

[]“暮らすように旅する”人のための情報

“暮らすように旅し、旅するように暮らす”を昔からモットーとしていたが、海外での長期滞在と帰国後に海外生活で得た知恵を活かすという双方に役立つのが海外在住者や在住経験者が運営するサイトだろう。

 「転勤妻」http://www.tentsuma.com/ は、「ご主人の転勤によってこんなことを得た、こんな辛い思いをした・・・」方々の経験と知恵を交換するサイトだ。異国での生活に役立つ情報や投稿を掲載し、これから海外での生活を切り開いて行こうとする人を励ましてくれるだろう。

 「転勤妻掲示板」http://www.tentsuma.com/Tentsuma/bbs/php/bbs.phpでは世界地図上の国・地域名を選んで各地に住む人の相談や情報を読むことができる。

 トップページにある「掲示板新着」の項を見ると、「家の購入、皆さんはどうされました...」、「日本の銀行へ振り込み」などの話題が飛び交っている。

 「インフォメーション」の項には、国別海外生活情報、海外生活のための便利情報、トピック別投稿&貴重な体験談、転勤妻各国料理レシピ、キッチン de 使う単語集などの実用情報が満載されている。

 「渡航・帰国時の手続」の項には、海外赴任の生活関連諸手続き、海外での旅券についての諸手続き、海外の教育施設と転校の手続き、引越し作業リスト、帰国までの諸手続き、帰国後の諸手続きなどの記事がある。


 株式会社ミッシュが運営する「Mish-Predy 」http://www.asahi-net.or.jp/~SV4Y-SITU/世界各国に滞在する女性たちによる生活情報レポートを集めた貴重なサイトだ。Special Reportの項には「世界一周ジグザク旅行記」、「海外のおみやげを語ろう」などの記事が並び、World Reportには「ロッテルダム 市場の楽しみ方」、「ヘルシンキ 港近くの市場」などの現地レポートが満載されている。世界各国のレストラン情報やレシピつきで料理を紹介するGourmetのページもある。「キレイになれてキモチいいことを追求する」Wellnesには、フットケアや英国式リフレクソロジー、タイ古式マッサージ、台湾式マッサージなどに関する記事がある。

 株式会社海外支援センターのジャパンタウン事業部が運営している“海外在住女性のためのショッピングサイト「JapanTown」http://www.japantown.jp/にある「女性の為の海外生活リンク集http://www.japantown.jp/link/jlink.html も海外暮らしのノウハウを吸収するのに役立つだろう。

 海外で味わった料理を日本で再現したいという人は当欄のバックナンバー「異国の料理を事前学習するのに最適なレシピ・サイトhttp://d.hatena.ne.jp/Europedia/20040527や味の素のレシピ集「ワールドグルメレポートhttp://d.hatena.ne.jp/Europedia/20041108 などの記事も参考にしていただきたい。

海外赴任2008リロケーションガイド

海外赴任2008リロケーションガイド

海外赴任ガイド〈2008年度版〉

海外赴任ガイド〈2008年度版〉

 

2008-05-21  アメリカTravelzooの日本語版が稼働していた!

Europedia2008-05-21

[]アメリカTravelzooの日本語版が稼働していた!

 当欄の「アメリカの旅行サイトも口コミ評価情報を重視している!? 」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20060209などで3回ほど取り上げていた“格安な旅行商品をメールマガジンで紹介してくれるアメリカの旅行ポータル”にいつの間にか日本版http://jp.travelzoo.com/誕生していた。アメリカTravelzooのメールマガジンを毎週受け取りながらもその存在に気づかなかった。

 Travelzooは世界最大級のオンライン旅行情報メディアで、世界中で1,200万人を超える人々がニュースレターを購読しているという。

 Travelzoo日本語版によれば、「専門スタッフが毎週900社を超える旅行関連企業の膨大な旅行情報をリサーチ、評価、テスト予約までを行い、お客様に本当に価値のある情報を厳選してお届けしています。これら専門スタッフ(プロデューサーと呼ばれています)は、日本をはじめとしたアジア、北米、ヨーロッパの15を超えるオフィスに在籍し、世界各国で最も価値ある情報をお届けしています」とのことで、「Travelzooの媒体への情報掲載は、いくらのお金を積んでも掲載が保証されることはなく、『ユーザーメリット』に基づく編集会議での承認を得ることが必須となっています」とも書かれている。

もちろん、営利の会社がやっていることなので当然“タネも仕掛けも”あるわけだが、それをアレコレ類推してみるのも楽しい。

 「プロが選んだ旅行情報」は、以下の商品区分で表示されている。

· 航空券

· ホテル・宿・旅館

· 国内旅行

· 海外旅行

· 首都圏発

· 関西エリア発

· 中部エリア発

· その他エリア発

· 週末を利用した旅

· プレミアムな旅

· とにかく価格重視

 トップページ下部には、オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、香港、スペイン、台湾、イギリス、アメリカの「各国のTravelzoo」へのリンクもある。

トップページの右上にある「Top 20®の購読(無料)申込はこちらから」から「厳選イチオシ情報」を掲載したTravelzooの週刊メールマガジンTop 20”の無料購読を申し込むこともできる。

You Are Here Traveling With Johnnyjet.Com (You Are Here, 4)

You Are Here Traveling With Johnnyjet.Com (You Are Here, 4)

2008-05-19 新鮮情報満載の旅に役立つ現地サイトの探し方

Europedia2008-05-19

[]新鮮情報満載の旅に役立つ現地サイトの探し方

 いつも新鮮な旅行情報を送ってもらっているチェコの友人がPrague Navigator http://www.mycompanion.cz:80/en/というプラハに関する高級志向のウェブガイドブック誕生したことを教えてくれた。

そこで、思いついてチェックしてみたのだが、海外版のYahoo!Googleを使った新鮮サイトの見つけ方を当ブログで紹介していなかったようだ。

 アメリカYahoo!の場合、 Directory http://dir.yahoo.com/ の左フレームにあるRegionnalを開き> Countries で、たとえば>Czech Republic と開くとよい。

 最初の項Places in Czech RepublicにはCities (属するサブ・フォルダ数74)、Provinces and Regions (1424)が続く。

 その次の項のCzech Republic Categoriesには、さらに以下のサブ・フォルダが並ぶ。Arts and Humanities (125)、Business and Economy (551)、Computers and Internet (11) 、Country Guides (9) 、Education (19)、Entertainment (97)、Government (113)、Health (2) 、News and Media (42)、Recreation and Sports (127)、Reference (8)、Science (33)、Social Science (23) 、Society and Culture (58)、Travel@ 。

 これらのサブ・フォルダにも旅行に役立つサイトが多数有るが、最後のTravel@ を開く方が近道だろう。

 ここを開いてみるとRegional Categoriesに、Cities@ 、Provinces and Regions@ 、Complete List@ の地域別サブ・フォルダがある。

Regional Categoriesの下にはAdditional Categories の項があり、Business to Business@ 、Destination Guides (15)、Lesbians, Gays, and Bisexuals (5)、Lodging@ 、Maps@ 、Shopping and Services@ 、Tour Operators@ 、Transportation (3)、Travel Agents@ のサブ・フォルダが控えている。

 更に下には、POPULAR SITESの項 があり、Lonely Planet: Czech Republic http://www.lonelyplanet.com/worldguide/czech-republic/など、国際的に利用頻度の高いものが並べられているようだ。

 ちなみに、Czech RepublicのDestination Guides で冒頭で取り上げたPrague Navigatorを探してみたが見つからなかった。優れたものでも最新のものはすぐには見つけ出してもらえないようだ。

もちろん、チェコ以外の国、地域のサイトも同様のプロセスで、旅に役立つサイトを探すことができる。

 言葉に自信のある人は各国のYahoo!ポータルから現地のサイトを探してみるのもよいだろう。各国のYahoo!ポータルYahoo! International http://world.yahoo.com/から開くことができる。


Googleの場合は、Google Web Directory http://www.google.com/dirhp?hl=enのページからRecreation >Travel http://www.google.com/Top/Recreation/Travel/と開くとYahoo!同様のサブ・フォルダが現れる。

 Google Web DirectoryからRegionalのディレクトリhttp://www.google.com/Top/Regional/を開いて> Europe > Czech Republicというふうに地域別のサイトから各国のサブ・フォルダを展開していってもよいだろう。

 Yahoo!同様に言葉に自信のある人はGoogleの各国のポータルから現地のサイトを探すとよい。Googleの場合「言語ツール」http://www.google.co.jp/language_tools?hl=jaのページの下の方にカラフルな国旗のアイコンが並んでおり、そこから各国のポータルに入ることができる。

 旅に役立つ新鮮情報満載の現地サイトの探し方については、下記の当欄過去記事も参照いただきたい。

「"The Traveler's Web"リンク集で見つけた旅行サイト その1」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20070605

「欧米のトラベル・ライターの記事を覗いてみよう」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20070406


■今日のブックマーク&記事

□Le Bistrot du Sommelier

http://www.bistrotdusommelier.com/ja/index.html

1992年の世界ソムリエ大会で優勝したフィリップ・フォール・ブラック氏がパリに開いている高級ビストロの日本語ホームページ

□週刊TREDYnet L-Cruise 特集:オシャレに健康を手に入れる! 今日から始める自転車ライフ http://trendy.nikkeibp.co.jp/lc/cover2/080514_jitensha/

2008-05-12  Googleで 22の言語と日本語の相互翻訳

Europedia2008-05-12

[] Googleで 22の言語と日本語の相互翻訳

 インターネット上の翻訳機能については、当欄の「Infoseek マルチ翻訳が欧州 5ヶ国語翻訳を提供開始」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20060608、「旅先の英字新聞サイトで鮮度の高い情報を収集」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20070807などでふれさせてもらっているが、いつの間にかGoogleで 22の言語と日本語の相互翻訳が可能になっていることをチェコの友人がメールで知らせてくれた。

 Googleの「言語ツール」http://www.google.co.jp/language_tools?hl=jaのページを開くと、「翻訳できる言語」の一覧があり、アラビア語、ブルガリア語、中国語 (簡体)、中国語 (繁体)、クロアチア語、チェコ語 、デンマーク語、オランダ語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、ギリシャ語、ヒンディー語、イタリア語、韓国語、日本語、ノルウェー語、ポーランド語、ルーマニア語、ロシア語、スペイン語、スウェーデン語、ポルトガル語の翻訳が可能になっていた。

他のウェブ翻訳機能同様「テキスト翻訳」、「ウェブページを翻訳する」の2つの機能があるほか、Googleらしく「検索するフレーズを母国語で入力して、外国語のページを検索できます。検索結果は母国語に翻訳されます」、「検索オプションを使用すると、検索するフレーズを翻訳することなく、言語や国で検索結果を絞り込むことができます」と検索機能との連携も見事だ。

 翻訳の出来は、有料の翻訳ソフトに比べれば数段見劣りがするが、何が書いてあるかは見当が付くだろう。

 これで、チェコの友人がせっかく知らせてくれた旅に役立つチェコ語のサイトも概要が掴めそうだ。さっそく、作曲家マーラーに関するチェコ語サイトを試してみることにしよう。

2008-05-09  JRの「高速バス乗り放題きっぷ」6日間有効で20,000円

Europedia2008-05-09

[] JRの「高速バス乗り放題きっぷ」6日間有効で20,000円

 北は北海道から南は九州まで全国の主なJRグループ高速バスが乗り放題となる「高速バス乗り放題きっぷ」が5月1日から発売開始されている。設定期間は2008年6月1日〜6月30日の1ヶ月間で、発売期間は2008年5月1日午前10時〜6月25日まで。総発売枚数2万枚限定とのことだ。

 20,000円で設定期間内の連続した6日間、対象路線を自由に利用できるという、フルに使いこなせれば大変お得なきっぷだ。

詳細は、交通ルート検索の「駅探」にある「高速バス乗り放題きっぷ」http://ekitan.com/sp/jrbus/のページを参照のこと。モデルプランも掲載されている。

 JR東海の「高速バス乗り放題きっぷ」http://www.jrtbinm.co.jp/topics/tp_detail.jsp?id=379のページからも詳細をpdfで開くことができる。

■今日のブックマーク&記事■

ソニー歴史資料館 http://www.sony.co.jp/SonyInfo/CorporateInfo/History/Museum/

保存版 最新バス デラックス (別冊ベストカー)

保存版 最新バス デラックス (別冊ベストカー)

2008-05-07  金券ショップでドルやユーロの両替

Europedia2008-05-07

[]金券ショップでドルやユーロの両替

 日経新聞の4月26日朝刊に「金券ショップ活用で節約」という記事があった。記事で取り上げられていた金券ショップ大黒屋のホームページをチェックしてみると、外貨両替のページhttp://gaika.e-daikoku.com/が見つかった。大手銀行のほぼ同時刻のレートと比べてみると、USドルのキャッシュは1円弱有利だったが、ユーロはほとんど変わらなかった。 外貨両替は、大黒屋の限られた店舗でしか扱っておらず、在庫状況等によって売買レートは変動するようだ。

 今度、ユーロの現金を調達するときにはチェックしてみることにしよう。

3月11日より4月8日までの29日間、「1974年の欧州鉄道旅行を今一度」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20071005、「1974年の欧州鉄道旅行をいよいよ再現」 その1http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20080118〜3http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20080222などで、旅行計画を書いた学生旅行の復刻版の旅に出かけてきました。その報告を、「該当する日にちに遡って書き始めさせてもらう」と書いたが、ようやく1日目を書き込ませてもらった。

書き込みが遅れてしまってい言い訳をさせてもらうと、次の旅行の計画と手配を先に始めてしまったからだ。当欄で、書いた「10年以内に周り終えたい“行きそびれた8つの旅”」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20061026のひとつ、「作曲家グスタフ・マーラーの足跡をたどる旅」だ。

 北イタリアのヴェネチア、ドロミテ渓谷、オーストリア南部のヴェルターゼー、ザルツカンマーグートのアッターゼー、チェコのイフラヴァ、カリシュト、プラハとアルプスを縫って北上する列車の旅だ。


 昔から、「もっとも海外旅行に行きたくなるのは成田から自宅へ戻る途中」と思っていたが、今回も、旅の報告は後回しに、まず、次の旅立ちのメドをつけたくなってしまった。

2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

  • 「ユーロペディア」トップページへ