Europedia の インターネット・トラベルNEWS

■「ユーロペディア」トップページへ■  ■サイト・マップに代えて■ Since 2004 February 15, 1883911
 

2011-01-31 生きるを考える雑誌「モメントまたはクロニクル」創刊

Europedia2011-01-31

[]生きるを考える雑誌「モメントまたはクロニクル」創刊

 当欄の「ヴェランダ栽培からクラインガルテン耕作へ」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050107で、「ウィーンに住んでいた頃、アパートの回りを散歩しているとクラインガルテンと呼ばれる週末の小屋と自家菜園が並ぶ一角によく出くわした。これは、市が土地を市民に安い値段で貸し、週末を菜園の手入れで過ごすという制度に基づくもので、30年前は80平米ほどで年間5千円に満たない地代だったと記憶している。このクラインガルテンは戦中戦後の食糧難の時代には貴重な食糧補給拠点となったそうだ。ウィーンの人々が見てくれの良い野菜や果物よりも滋味豊で自然な味わいのものを好むのもこのクラインガルテンのおかげで都会生活をしながらも、自ら農産物の生産者でもあるという立場に起因している気がする」という記事を書いた。

記事は、「私の今年の目標は、今までのヴェランダでのハーブ栽培から脱皮して、ヴェランダでのトマトや茄子、胡瓜などの水耕栽培を試みることと、どこか近くでクラインガルテンを借りて自ら耕してみたいというものだ。順調に進み始めたら改めて報告させていただきたい」と締めくくったが、実は、そのクラインガルテンを実現させて「晴耕雨読」の暮らしを始めようという準備をやっと本格的に始動することができるようなった。

 ちょうど、自家菜園などの勉強を始めたタイミングに、昔お世話になった先輩たちが“生きるを考える、ライフスケープ・マガジン”「モメントまたはクロニクルhttp://www.mocjapan.com/という雑誌を1月31日付けで創刊したことを知った。

 その創刊号では、「いのちを食べる特集」を組んでおり、「鷲田清一さんに聞く『食』について考えること」、「柳田邦男さんに聞く 食から見えてくるもの」、「米山義男さんの 週末農夫 食と農をめぐる」など、食と農に新たに取り組もうというものにとって、目から鱗の記事が満載されていた。

 最後に、「モメントまたはクロニクルMoment or Chronicle)」(略してMOCモック)の「自己紹介」から引用させてもらおう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さまざまな物事が複雑に入り組む現代で、人はどんな「幸せ」をイメージし、実践できるのか。

「幸せに生きたい」。なら、どうすれば幸せに、「充実した暮らし方」が出来るのか。

それを、「いま(モメント)」と「時の流れ(クロニクル)」という二つの視点から立体的に考えてみよう。

そんな想いから、誕生しました。

MOCは、「良く生きる」ことを目指している人と出会い、対話します。

MOCは、「良く生きる」「生きる充実感を味わう」ためのイメージを集め、提案します。

MOCの、小さくて、ささやかな試みが、みなさんの「良く生きる」ためのヒントになればと思っています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

当欄関連過去記事:

「ロハス」ならぬ「ロハデス」の暮らしhttp://d.hatena.ne.jp/Europedia/20060104

「アウトドアの知恵が得られるボーイスカウトのページ」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050712

「都市をエコロジカルな視点で捉えるグリーンマップ」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050225

「海外のガーデニングや花・緑・庭に関するホームページhttp://d.hatena.ne.jp/Europedia/20040526


■今日のブックマーク&記事■

□「日本クラインガルテン研究会」http://homepage3.nifty.com/jkg-ken/

□「サカタのタネ」 http://www.sakataseed.co.jp/


f:id:Europedia:20110131184316j:image


いのちの種を未来に

いのちの種を未来に

野菜の種はこうして採ろう

野菜の種はこうして採ろう

2011-01-26 「ウィーン旧市街 とっておきの散歩道」増刷が店頭に

Europedia2011-01-26

[]「ウィーン旧市街 とっておきの散歩道」増刷が店頭に

 拙著「ウィーン旅の雑学ノート」を下敷きに、カラー写真を満載した「ウィーン旧市街 とっておきの散歩道 」(地球の歩き方GEM STONE)は、初版が08年4月に出たが、毎年順調に版を重ね、昨年12月末に 第3刷が書店に並んだ。増刷とはいえ、閉店した店など何カ所かは手を加えてある。

 ついでに、山口俊明が書いた本でAmazon http://www.amazon.co.jpの“中古品”コーナーで買えるものを下に挙げさせてもらおう。

f:id:Europedia:20100507103232j:imagef:id:Europedia:20100130151845j:imagef:id:Europedia:20100131165412j:image


■今日のブックマーク&記事■

Top 7 travel trends for 2011 and beyond(eTurboNews JAN 24, 2011記事)

http://www.eturbonews.com/20738/top-7-travel-trends-2011-and-beyond

□EyeforTravel(Online Travel Industry News, Conferences & Research)

http://www.eyefortravel.com/

ウィーン 旅の雑学ノート―ハプスブルクの迷宮を極める

ウィーン 旅の雑学ノート―ハプスブルクの迷宮を極める

フィレンツェ 旅の雑学ノート―メディチ家の舞台裏をのぞく

フィレンツェ 旅の雑学ノート―メディチ家の舞台裏をのぞく

2011-01-24   インターネット無料接続のホテルを探す

Europedia2011-01-24

[]インターネット無料接続のホテルを探す

 当欄でもインターネット接続環境のあるホテルのを探すためのサイトをいくつか紹介したが、あらためてチェックしてみると多くが「ホテルにおけるインターネット接続環境が必須となったためサイトの役割を終えます」などという表示とともに機能を停止していた。

当欄の「ポルトガル、アンダルシアを訪ねる24日間の旅」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20101206でもExpediaなどのホテル予約サイトを通じて、インターネット環境をチェックしたいきさつを書いたが、ホテル予約サイトのほとんどは、接続環境は表示しているものの、有料か無料か、回線速度、無線LANかどうか、パソコンLANコードは持参すべきか、客室でも常時接続できるのかなどの詳細は不明瞭だ。

そこで、口コミ・評価が充実した旅行情報ポータルTripAdvisor http://www.tripadvisor.com/ (日本語版 http://www.tripadvisor.jp/)を再度チェックしてみると、都市ごとにFree High-Speed Internet環境があるホテルを一覧する機能があることが分かった。しかも、クチコミ欄で、速度や接続の混み具合、ウラワザなども書き込まれているので、モバイラーには見逃せない。先日も、「客室でインターネット接続画面を開くと有料と書いてあったが、チェックアウトの際に請求されることはなかった」という書き込みが複数有り、大いにホテル選択の参考になった。

TripAdvisor の英語サイトで説明すると、各都市のホテルを選択する画面で日にち等を選ぶと左フレームにRefine searchという一覧が現れ、Free High-Speed Internet欄を見るとその都市の該当ホテル数があり、チェックを入れるとFree High-Speed Internet のホテル一覧に切り替わる。

個々のホテルの画面に移ったら、右上のDetailsのタブを開いて、Free High-Speed Internetリンクを開くと詳細が開く場合もある。

 念を入れて、予約の前にホテルのオリジナル・ホームページインターネット接続環境の確認をしておくに越したことはないだろう。

TripAdvisor は、エクスペディア・ホテルズドットコム・HotelClub.com・HotelTravel.com・agoda.jp・オクトパストラベル・旅ウェブ・予約.comなどのホテル予約サイトリンクが張ってあるので、そこから使ってみたいサイトの価格を比較してみるのもよいだろう。

なお、Googleなどでfree internet Hotel +都市名などで検索しても、旅行先のインターネット無料接続環境があるホテルを探し出すことができる。

当欄関連過去記事:

Wi-Fiによる無線LAN接続が普及し始めた欧州」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20070925

モバイラーに便利なWi-Fi Hotspots Finderhttp://d.hatena.ne.jp/Europedia/20071121

「海外でのモバイルに役立つホームページhttp://d.hatena.ne.jp/Europedia/20060622

「海外モバイルに役立つサイトを再チェック」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20100413

「WDLCの『PC de 旅』キャンペーン」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20081203

「念願の“旅パソ”をオンライン注文」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20081015

「旅にカスタマイズしたパソコン“旅パソ”を作ろう」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20040921

GoogleGmail旅人に便利!?」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20080825

Google ChromeインストールしてGmailを高速化」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20100917#p1


■今日のブックマーク&記事■

□About.com Top 10 Hotels With Internet Access

http://mobileoffice.about.com/od/connectingtotheoffice/tp/hotelinternet.--I5.htm

2011-01-21   ひとり旅を応援するサイト その2

Europedia2011-01-21

[]ひとり旅を応援するサイト その2 

 6年ほど前に当欄で「ひとり旅を応援するサイトが増加の傾向」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20051025という記事を書いたが、新たに国内旅行の「ひとり旅を応援するサイト」をチェックしてみた。

 今回のチェックで気づいたのは、Googleで「ひとり旅」と検索すると、結果一覧のほか、右フレームの広告にも役立つサイトが見つかったことだ。

 もうひとつは、当欄の「エキスパートの評価を重視する検索エンジンAsk.jphttp://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050621で紹介したAsk.com http://jp.ask.com/を使っての「ひとり旅」検索だ。Ask.com は機能が大幅に縮小されているが、旅行に関する検索では昔通りに意外な検索結果を見せてくれる。

 それでは、いくつか「ひとり旅に役立つサイト」を挙げておこう。

 下段の写真は、年末の“函館買い出し旅行”で撮ったものだ(右上の写真はホッケの刺身)。

□近畿日本ツーリスト 一人旅 ツアー http://meito.knt.co.jp/1/cb/20409/

□JTB 旅館・ホテル > ひとり旅満喫プラン http://dom.jtb.co.jp/yado/List.aspx?ty=hitori_p

クラブツーリズム おひとり参加限定の旅

   http://www.club-t.com/theme/friend/ohitori/?utm_id=RST01&waad=beGO0TfJ

□じゃらんnet「一人旅歓迎の宿」

   http://www.jalan.net/jalan/doc/theme/hitoritabi/hitoritabi_index.html?vos=evpajal0029x0000500

□4travel  <一人旅応援特集>自由気ままに一人旅!

http://reserve.4travel.jp/overseas/tour/feature/10000023/

□阪急交通社 おひとり参加の旅 http://www.hankyu-travel.com/kokunai/hitori/index.php

□「e-温泉・ドット・コム★イイ女ひとり旅の宿」http://www.e-onsen.com/woman/  

□「ぶらり温泉 ひとり旅」http://homepage3.nifty.com/zigen/  

□一人で泊まれる全国の宿 大集合! http://www31.ocn.ne.jp/~komachi/hitoritabi/ 

All About のひとり旅におすすめの宿 / 日本の宿

    http://allabout.co.jp/travel/yado/subject/msub_hitoritabi.htm 

All About 国内旅行・レジャー >「一人旅」 http://allabout.co.jp/gm/gt/184/

□「ゆこゆこネットhttp://www.yukoyuko.net/

「キーワードから宿を探す」で「一人旅」を検索できる

f:id:Europedia:20101227020740j:imagef:id:Europedia:20101227020755j:imagef:id:Europedia:20101227031035j:image

f:id:Europedia:20101227025920j:imagef:id:Europedia:20101227044407j:imagef:id:Europedia:20101227070939j:image

ひとり旅 (文春文庫)

ひとり旅 (文春文庫)

ひとり旅ひとり酒

ひとり旅ひとり酒

気ままに!ひとり旅

気ままに!ひとり旅

2011-01-19 語学番組で忘れかけた外国語をブラッシュアプ

Europedia2011-01-19

[] 語学番組で忘れかけた外国語をブラッシュアプ

 近所に住むドイツの友人と話したり、必要があってドイツ語の文献を読んだときに、大昔に囓ったドイツ語をすっかり忘れてしまっていることに気づいて愕然とした。

そこで、「NHK語学番組」http://www.nhk.or.jp/gogaku/サイトをチェックして語学番組をあらためて視聴し始めようと思い立った。

 久しぶりに「NHK語学番組」のサイトを開いてみると、サブサイト「ゴガクル」http://gogakuru.com/index.htmlで、インターラクティヴなマイページ機能が無料で利用できるようになっていた(要登録)。

 お気に入りフレーズをファイリングしてオリジナルのフレーズ集を作ったり、ゴガクルのなかまのフレーズ集をブックマークしたり、日記を書いて毎日の学習にリズムを作ったりなど、語学学習に役立つ機能が備わっている。 "旅行"のタグのついたフレーズを並べる機能もある。詳しくは、「ゴガクル基本の使い方」 http://gogakuru.com/english/special/howto/index.htmlを参照のこと。

NHK語学番組」のサイトには「先週放送したラジオ番組をホームページで聴くことができる」ストリーミング機能http://www.nhk.or.jp/gogaku/streaming.htmlもできていた。聞き逃したときや復習に便利だろう。

私の場合、当欄「旅行や語学のラジオ番組の録音に便利なSONYのネットジューク」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20071211でに書いたように、定期的に録音してSONYのデジタル・ウォークマンに転送し、旅先などで聴いていた。これからは、使わなくなっていた古いデジタル・ウォークマンを「語学学習専用」にしようかと思っている。


当欄関連過去記事:

「旅行に必要な最低限の単語と会話を覚えよう」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050303

「旅に欠かせなくなったデジタル・ウォークマン」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20100410

「旅先で耳に残った音をウェイクアップコールに」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20081024  

「旅の思い出を甦らせる音のアルバムhttp://d.hatena.ne.jp/Europedia/20051206

「旅行関連のラジオ番組やCDを旅先に携行するための便利な機材」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20070330


■今日のブックマーク&記事■

□ValuePress! プレスリリース 2011年1月18日記事

「自分だけの旅行プランをネットで簡単に作成できる『ソリティアツアーズ』を提供開始」

  http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=71210

□TripAdvisor Flights http://www.tripadvisor.com/Flights

このフライト検索機能を使うと各航空会社のクチコミ情報が見られるはずだが、実際には機能してないようで、検索ボックスに航空会社名を入れる方が近道だ。

2011-01-14   そろそろカセットデッキを確保しておきたい

Europedia2011-01-14

[]そろそろカセットデッキを確保しておきたい

当欄の「カセット再生機器が市場から消えていく」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20070910カセットデッキが市場から消えていっている話を書いたが、そのときから3年半が経つが、記事で紹介したパイオニアのT-D7 http://www3.pioneer.co.jp/product/product_info.php?product_no=00000254&cate_cd=034&option_no=0も生産終了し市場から消えてしまった。今売られているのは、ダビング向けのダブルデッキぐらいで、性能は今ひとつのものが多いようだ。

中古オーディオ店やインターネット上では、Nakamichiなどかつての名器が高額で売り買いされているが、修理の打ち切りやコンデンサーなど基幹部品の経年劣化が気になる。

 手持ちのカセットテープをデジタル化して保存したいという人には、TEAC系列のTascamの業務用CDレコーダー/カセットデッキCC-222SLMKII http://tascam.jp/product/cc-222slmkii/などがある。

 また、末尾に挙げたようにカセットからMP3WAV型式のデジタルに変換する機器も売られているが、クチコミを見ると使い勝手に問題のある商品も出回っているようだ。

1,000本ほどあるカセットテープをデジタル化する作業も面倒だし、CD化したものがカセットテープ自体よりも長持ちするかどうかも疑問だ。ビデオテープも同様で、ビデオやカセットテープの方がDVDCDよりも長持ちしそうだという専門誌の記事も見かけた。

 実際、手持ちの40年ほど前のカセットテープも劣化は気づかない程度だ。もっとも、久しぶりに人間ドックに行って分かったのだが、当方の耳も性能劣化が激しく8000ヘルツ以上の高音がほとんど聞こえなくなっていた。音は耳だけで感じるものではないが、気がつかないうちにカセットテープほどの音域でも不満は感じなくなってしまっていたのだ。


そこで、欲しくなったのが、再生専門に特化した高性能カセットデッキだ。録音機能を省けば、磁気ヘッドなどのメカもシンプルにできるし、コストダウンも可能だろう。

「懐かしのカセットテープ博物館」http://homepage2.nifty.com/camuse/など、カセットテープに愛着を持つ人々のサイトも少なくないので、市場ニーズは充分あるのではないだろうか。


オーディオに関しては、近い将来インターネット・テレビやインターネット・ラジオパソコン、記録装置などが融合した全く新しいマニア向けの機器(セットボックス?)が出現するだろう。

 すでに、Stereo http://www.ongakunotomo.co.jp/magazine/stereo/などのオーディオ雑誌では、外国製品を中心に最新デジタル技術を取り入れた「オーディオプレーヤーの新しい潮流」が続々と紹介され始めている。 残念なことに、日本勢は音楽著作権の問題を恐れてか、優れた技術力はありながらも大幅に出遅れてしまっているようだ。


当欄関連過去記事:

「旅の思い出を甦らせる音のアルバムhttp://d.hatena.ne.jp/Europedia/20051206

「フルデジタルステレオアンプの衝撃」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20060905

「旅行関連のラジオ番組やCDを旅先に携行するための便利な機材」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20070330

「旅行や語学のラジオ番組の録音に便利なSONYのネットジューク」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20071211

「旅に欠かせなくなったデジタル・ウォークマン」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20100410

「“海外旅行の効用”でオーディオの泥沼から脱出」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050207


■今日のブックマーク&記事■

□Tnooz http://www.tnooz.com/ 

 Talking Travel Techという副題が付く旅行業関連のニュース、市場分析、コメントを集めたサイト

□スカイゲート海外航空券 特価バーゲン会場 http://www.skygate.co.jp/campaign/sale/

THOMSON カセット/SD/USB オーディオシステム CE-26 【カセット→MP3】<32872>

THOMSON カセット/SD/USB オーディオシステム CE-26 【カセット→MP3】<32872>

2011-01-12 中欧4カ国の文化・観光情報サイトmycentrope.com

Europedia2011-01-12

[]中欧4カ国の文化・観光情報サイトmycentrope.com 

当欄の[お知らせ] 勝手ながら更新を無期限中止http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20090520で書いたように、現在、当ブログ「インターネット・トラベルNEWS」は、自分自身の旅に関するメモ帳ブックマーク、備忘録として書き込んでいます。したがって、ヨーロッパ旅行などにとくに興味のある方以外は、あまり役に立たない情報が並ぶかと思います。新年に際して、再度確認の意味で書かせていただきました。

 との前振りの上で、mycentrope.com http://www.mycentrope.com/deというごく一部の人にしか興味を持たれないサイトを紹介させていただこう。チェコの友人http://d.hatena.ne.jp/Picmoch/に教えられたもので、私が個人的に興味を持っている旧ハプスブルク家の中核的地域であるオーストリア、チェコ、スロヴァキア、ハンガリーに関する、新鮮な文化・観光・グルメ情報を発信しているサイトだ。ただし、ドイツ語・チェコ語・スロヴァキア語・ハンガリー語で書かれており、英語・日本語のページはない。Google言語ツール http://www.google.co.jp/language_toolsなどで、ウェブ翻訳すれば書かれていることの大筋は理解できるだろう。

 ついでに、当欄で今までに紹介した中欧に関するサイトや記事を紹介しておこう。

 About.com Eastern European Food http://easteuropeanfood.about.com/ 

 ヨーロピアンカルテット http://www.european-quartet.com/index.php?lchan=1&lred=1

 Insight Central Europe http://incentraleurope.radio.cz/ice   

 In Your Pocket Guides  http://www.inyourpocket.com/


「ドナウ河の旅に役立つホームページhttp://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050913

「中欧4カ国の観光プロモーション日本語サイト誕生http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050502 

「中欧」の旅(リンク切れ多数)http://www.geocities.jp/euro747/central.html

「ウィーン・プラハ・ブダペストに関するサイトhttp://d.hatena.ne.jp/Europedia/20100402

f:id:Europedia:20090430124330j:imagef:id:Europedia:20090507125850j:image

f:id:Europedia:20100524143732j:imagef:id:Europedia:20100515125100j:image

■今日のブックマーク&記事■

□ロンドンからフランクフルト780円 欧米でアジアで、進化するLCC(連載「LCC革命の衝撃」4回)  J-CASTニュース 1月1日(土)

  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110101-00000004-jct-bus_all

□“Google's travel plans”

  Washington Post Monday, January 3

  http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2011/01/02/AR2011010202817.html

□The AAA Great Vacations EXPO

  http://www.aaagreatvacations.com/

  Opens Friday, January 21 and runs through Sunday, January 23, at Franklin County Veterans Memorial in downtown  Columbus. お馴染みのJohnny Jet氏もゲスト参加予定。


中欧史エッセンツィア (中部大学ブックシリーズ Acta)

中欧史エッセンツィア (中部大学ブックシリーズ Acta)

2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

  • 「ユーロペディア」トップページへ