Europedia の インターネット・トラベルNEWS

■「ユーロペディア」トップページへ■  ■サイト・マップに代えて■ Since 2004 February 15, 1895581
 

2011-03-02   青島(チンタオ 中国)3泊4日の旅

Europedia2011-03-02

[]青島(チンタオ 中国)3泊4日の旅

2月末にエアー+ホテル+空港送迎付きの個人旅行パックを利用して“青島3泊4日の旅”に出かけてきた。目的は、“沸騰中国”の現状を垣間見たかったのと、昔から興味を持っていた第一次大戦時にオーストリア・ハンガリー帝国海軍と日本軍が戦った戦跡をたどってみたかたからだ。

 オーストリア・ハンガリー帝国の後継者フェルディナント大公は、1914年にサラエヴォで妻とともに暗殺され、それが第一次大戦の引き金となったのだが、そのフェルディナント大公が1893年の日本親善旅行の際に乗っていたのが巡洋艦「エリザベート皇后号」だ。

 「エリザベート皇后号」は、第一次大戦勃発時にも、たまたまアジア親善訪問の途にあり、ドイツの租借地青島付近の膠州湾内に碇を降ろしていた。

 1914年8月23日、日本は日英同盟に基づき連合国の一員としてドイツに宣戦布告した。しかし、ドイツ東洋艦隊のシュペール提督は開戦後すぐに港内封鎖を恐れて戦場を離脱しドイツ本国へ向かった。結局、ドイツにはたどり着けず、南米フォークランド沖海戦でイギリス海軍と戦い全滅する。

 当初、日本と交戦状態になかったオーストリアの「エリザベート皇后号」は日本の好意的勧告もあって、上海で武装解除し戦時抑留の処置を受ける積もりであった。ところが、8月26日に、オーストリア・ハンガリー帝国は日本に宣戦を布告し、「皇后号」の司令官はドイツの青島要塞守備に参加するよう命令を下された。 

 日本軍の総攻撃が10月31日に開始され、青島要塞は砲弾が尽き始め徐々に沈黙していく。11月2日、戦況の絶望的状況を見極めた「エリザベート皇后号」は青島の膠州湾内に自ら艦を沈める。11月7日には、ドイツ軍は日本軍に降伏して青島を明け渡した。

 このとき捕虜となったオーストリア・ハンガリー帝国兵は400名前後と思われるが、そのうちの226名は兵庫県加西郡富合村の陸軍演習場に新築して開設された青野ケ原収容所に収容された。

今回の旅では、ドイツ統治時代の総督府や兵舎、病院、各国領事館の跡などを訪ね、「エリザベート皇后号」が自沈したと思われる海域を遠望したが、第一次大戦時の資料等にはお目にかかれなかった。

その代わり、中国の海軍博物館で、展示用の潜水艦に試乗したり、中国海軍に関する展示を見ることができた。

青島は、市内の人口だけでも大阪市を上回り、青島広域圏の人口は800万人近いという。空港から市内へ行く道筋にも工場街や造船所、貿易港、高層ビル街などを眺めることができ、産業の急発展ぶりがうかがえた。一方、急発展に取り残された数々の矛盾も散見された。

 ホテルで、NHK総合テレビのニュースを見ていると、「北アフリカの反体制運動が中国に影響をと」言いかけたところで、画面と音声がブラックアウトしてしまうといったことにも直面した。

 中国元への両替は、日本の銀行や空港などで取り替えれば1元が14.6円前後になったが、青島空港やホテルに設置されたATMでクレジット・カードをつかってキャッシングすると手数料(金利)も含めて12.71円と15%ほど有利だった。ショッピングやレストランで直接クレジット・カード使った場合も12.5円前後だった。

f:id:Europedia:20110225102946j:imagef:id:Europedia:20110225115707j:imagef:id:Europedia:20110225123413j:image

f:id:Europedia:20110226035758j:imagef:id:Europedia:20110226040826j:imagef:id:Europedia:20110226041722j:image

f:id:Europedia:20110226043815j:imagef:id:Europedia:20110226043851j:imagef:id:Europedia:20110226045156j:image

中国へのツアーは、日中関係の軋轢からか減少気味だったようだが、今年に入って、両国のプロモーション活動の効果か、格安なものが数多く出回っているようだ。

 先日も、夕刊の広告でJTB「旅物語 とくもり上海・江南8都市大周遊 7日間」29,800円というツアーhttp://ovspkg.jtb.co.jp/pkg/tourdetail/search_detail1.aspx?courseno=P26075 を見かけた。

 「全都市当社デラックスクラスホテルに2連泊ずつ」で「蘇州料理・茶葉料理・烏鎮料理・紹興料理・南翔料理・四川料理・北京ダック・杭州料理・上海料理 全16回食事付!!」という内容だ。各都市での指定店でのショッピングにたっぷり付き合わされることになるなど、タネも仕掛けもるツアーだ。

青島の旅が面白かったので、「上海・江南8都市大周遊」にも参加しようかと検討したが、朝早くから起きて、夜ホテルに入るという日程の連続を見て体力的に無理と諦めた。

 

f:id:Europedia:20110226112103j:imagef:id:Europedia:20110226113419j:imagef:id:Europedia:20110226120008j:image

f:id:Europedia:20110227035112j:imagef:id:Europedia:20110227035611j:imagef:id:Europedia:20110227042132j:image

f:id:Europedia:20110227043208j:imagef:id:Europedia:20110227071357j:imagef:id:Europedia:20110227122742j:image

当欄関連過去記事:

「オーストリア海軍の歴史 その 5」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20100330

「オーストリア海軍の歴史 その3」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20060720

■今日のブックマーク&記事■

□The European Film Gateway http://www.europeanfilmgateway.eu/ 

チェコの友人に教えてもらった、数週間以内に正式オープンする欧州映像芸術遺産のポータル

アップルワールド「マダムヨーコの旅に役立つ情熱コラム−トシをとったら二人でダイビング」

http://appleworld.com/apl/concierge/mailnews/1180848_249284.html?mail20110224 

クラブツーリズム テーマ旅行を探す「サイクリングの旅」

http://www.club-t.com/theme/sports/cycling_tour/?li=cCaL

□Official Google Blog記事 Biking directions added to Google Maps

http://googleblog.blogspot.com/2010/03/biking-directions-added-to-google-maps.html


青島の都市形成史:1897‐1945―市場経済の形成と展開

青島の都市形成史:1897‐1945―市場経済の形成と展開

2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

  • 「ユーロペディア」トップページへ