Europedia の インターネット・トラベルNEWS

■「ユーロペディア」トップページへ■  ■サイト・マップに代えて■ Since 2004 February 15, 1894767
 

2012-06-24 夏休みと引っ越しのため、しばらく更新停止

Europedia2012-06-24

[]夏休みと引っ越しのため、しばらく更新停止

 夏休みとそれに続く引っ越しのため、しばらく更新を停止させていただきます。引っ越しは、東京から長崎へと、長崎の仮住まいから新居への二重になるため、東京と長崎を慌ただしく2往復することになりそうだ。


当欄関連過去記事:http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20110713

         http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20100707

         http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20090703



■今日のブックマーク&記事■

□Frommers offer budget-travel tips Idaho Mountain Express and Guide

Writing team finds opportunities in tough time for travelers, travel industry

http://www.mtexpress.com/index2.php?ID=2005142553

□Budget Travel: Travel News From Around The World By ARTHUR FROMMER WWW.FROMMERS.COM

http://www.theledger.com/article/20120621/NEWS/120629889

The most important recent travel news has been about currency rates.......)

□ 気象統計情報  潮位表 石垣 満潮・干潮 

http://www.data.kishou.go.jp/kaiyou/db/tide/suisan/suisan.php?stn=IS

ねこ 2012年 05月号 Vol.82

ねこ 2012年 05月号 Vol.82

2012-06-17 ユーロの行く末を見定めるために

Europedia2012-06-17

[]ユーロの行く末を見定めるために

ただ今、引っ越しの準備作業で東京滞在中。段ボール詰めの作業を始めたのだが、懐かしいものが次々に現れて作業中断が頻発。中でも、ヨーロッパ取材で集めたレストランのメニューやワインリストは数百枚に及び、美味しい料理やワインの味が甦って捨てがたい。

ユーロ導入後にヨーロッパを訪れた折、フランス料理やイタリア料理がユーロでの値段表示になっているのに大変な違和感を覚えた。やはり、スパゲッティは10,000リラといったように、桁数の大盤振る舞いがなければ美味しく感じられない。

 そう思っていると、5年ほど前からフランスやイタリアで旧通貨とユーロをメニューに併記したレストランが目立ってきた。フィレンツェの知り合いのレストランで聞いてみると、年配客を中心に旧通貨建ての値段でメニュー選びをしたいというリクエストが増えてきたためという。

決して、ユーロ崩壊を予測しての下準備ではないようだ。

 当ブログでも、旧通貨とユーロの“永久固定レート”を紹介したことがあるが、そのホームページアドレスが変わっていたので改めて紹介しておこう。

 駐日欧州連合代表部http://www.euinjapan.jp/ホームページの「換算レート」 http://www.euinjapan.jp/union/emu/faq/#03に1ユーロに対するユーロ圏各国通貨の換算レートが掲載されている。

 ドイツが1.95583マルク、フランスが6.55957フラン、イタリアが1936.27リラスペインが166.386ペセタ、オーストリアが13.7603シリング、ギリシャが340.750ドラクマなどだ。

 対日本円のレートを知りたければ、OANDA HISTORICAL CURRENCY CONVERTERS http://www.oanda.com/lang/ja/currency/historical-rates/  で1990年1月までの任意の日の通貨換算レートを調べることができる。


当欄関連過去記事:

「欧州連合、現金携帯に対する新たな申告義務導入」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20070618

「中欧&クーデンホーフ・カレルギーに関するホームページhttp://d.hatena.ne.jp/Europedia/20041007

「欧州共通通貨ユーロの両替に関して」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20040601

「5月1日のEU拡大を機にEU関係のサイトを紹介」 http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20040506


■今日のブックマーク&記事■

□「t@bihoたびほ」 https://tabiho.jp/tb/Start.do

  旅行方面と年齢により保険料が異なるインターネット専用の海外旅行保険。

□長崎を舞台にした映画「ペコロスの母に会いに行く」をサポートするfacebookページ http://www.facebook.com/Pekorosu

□Café Mahler http://www.cafemahler.eu/

□EveryLodge http://everylodge.com/

 (The first service to aggregate information about “private” and “members’ only” flash sales, letting you find deals of up to 80% off hotels and resorts around the world. )

□米海軍気象海洋コマンドJoint Typhoon Warning Center (Graphic) http://www.usno.navy.mil/NOOC/nmfc-ph/RSS/jtwc/warnings/wp0512.gif

「通貨」はこれからどうなるのか (PHPビジネス新書)

「通貨」はこれからどうなるのか (PHPビジネス新書)

2012-06-03  クラインガルテンと住まい作りが進行中

Europedia2012-06-03

[]クラインガルテンと住まい作りが進行中

長崎におけるクラインガルテンと住まい作りは順調に進行中。今は、引っ越し準備のため長崎と東京を頻繁に往復しており、更新も滞りがちだ。

 クラインガルテンのハーブガーデンや野菜畑の畝作りも進み始めた。今月中には、頂き物や現地調達の樹木類の移植も始まりそうだ。

 当初の計画との変更点は、太陽光発電を見送ることぐらいだ。太陽光発電には、「本当に売電した電力は活用されているか」「周辺の電力を不安定にしたり、太陽光発電促進付加金で迷惑を掛けることはないか」「生産と廃棄時の設備処理に環境上の問題はないか」「数年後に数十倍の発電効率のものが商品化されるというのを待つべきではないか」「家庭用蓄電システムの実用化も待つべきではないか」など疑問や近い将来への期待が出てきたので、当面見送ることにした。

その代わり、大気中の熱を吸収してお湯を沸かすエコキュートhttp://www.corona.co.jp/products/ecocute/index.htmlや太陽熱温水器http://www.noritz.co.jp/product/taiyo/sora/uf、雨水活用設備は予定通り設置する予定だ。

当欄関連過去記事:

「『ロハス』ならぬ『ロハデス』の暮らしを」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20060104

クライン・ガルテン」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050107

「省エネ、太陽光利用関連サイトhttp://d.hatena.ne.jp/Europedia/20110611


■今日のブックマーク&記事■

□「買い物弱者」910万人 北海道、長崎は人口の1割 (東京新聞2012年6月3日記事) http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012060301000529.html

□「農林水産政策研究所 食料品アクセスマップ」 http://cse.primaff.affrc.go.jp/katsuyat/

□「住宅電気工事サービス・太陽光発電施策の問題点は?」http://jyu-denkou.com/soora/so_ra22.htm

□「太陽光発電の問題点〜設置する前に知っておきたい7つのデメリット」http://太陽光発電問題点.com/

□「空探(そらたん)」 http://www.travel.co.jp/soratan/

 旅行会社と航空会社の空席情報を一括で検索・比較できるサービスのベータ版。

株式会社ベンチャーリパブリックが運営。

□“海外へ長期取材に「一人で行くとき」に持っていくもの / データの安全と最軽量を重視”

  ロケットニュース24記事 http://rocketnews24.com/2012/05/30/216616/

2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

  • 「ユーロペディア」トップページへ