Europedia の インターネット・トラベルNEWS

■「ユーロペディア」トップページへ■  ■サイト・マップに代えて■ Since 2004 February 15, 1883487
 

2012-12-24 年末年始の海外旅行関連テレビ番組

Europedia2012-12-24

[]年末年始の海外旅行関連テレビ番組

 2009年までは、毎年 当ブログで「年末年始の海外旅行関連テレビ番組」を紹介していたが、年ごとに見たいと思う番組が少なくなってきたので、しばらく取り上げていなかった。今年は、スカパー・プレミアムを導入したこともあり、自分の録画スケジュール作りのためにサーチしてみた。

 毎年、興味を引くのは、「旅チャンネル」http://www.tabi-ch.net/の番組で、「旅チャンネル−海外」http://www.tabichan.jp/overseasのページで海外旅行関連番組が俯瞰できる。

「旅チャンネル」の番組では、元フジテレビアナの大坪千夏が案内する「大人のヨーロッパ街歩き」http://www.tabichan.jp/overseas/otona_europe が、年末年始に「総集編」を放送する。このほかに、「究極のアジアンスパリゾート」http://www.tabichan.jp/overseas/asian_spaや「夢のラグジュアリートラベル」http://www.tabichan.jp/overseas/luxury_travelも録画意欲をそそる。

 CSの「アニマルプラネット」http://www.animal-planet.jp/は、12月29日の深夜00:00 から「【地球ものがたり】ヨーロッパの大自然」の総集編を放送する。

BS-TBS http://www.bs-tbs.co.jp/では、元日19:00から「世界の旅行会社が選ぶ世界で最も美しい街ベスト10」を放映。世界の旅行会社が「全世界の美しい街を知り尽くしている」かは甚だ疑問だが、お手前拝見。番宣の「斬新な切り口で、観光地をあえて外し、旅行会社の人間でさえも知らない、現地人だけが知りえる、美しい街を紹介する」をよく読むと「旅行会社の人間でさえも知らない」と書かれているので、企画を進めているうちに「必ずしも世界の旅行会社が知り尽くしているとは言えない」ことがばれてしまったのだろうか。

 BS朝日は、12月30日18:00に「特等展望!ヨーロッパ鉄道紀行」http://www.bs-asahi.co.jp/tokutou/の「ドイツ:ラーン渓谷の旅」、1月5日18:30に「オーストリア:マリアツェル鉄道」を放送する。

 BS朝日は、1月5日21:00に「世界の名画 新春SP 生まれ変わった美の殿堂 オルセ―美術館」http://www.bs-asahi.co.jp/binomeikyu/も放送する。



 海外旅行関連番組をリストアップするには、Yahoo! JAPAN テレビhttp://tv.yahoo.co.jp/ の番組検索機能を使うと楽だ。

 まず、「番組を検索」のプルダウンメニューからジャンルの「趣味/教育」→「旅・釣り・アウトドア」を選択し、開いた画面で「放送波」を「すべて」にすると番組がリストアップされる。

 海外旅行関連番組は、「番組を検索」のプルダウンメニューからジャンルの「ドキュメンタリー/教養」の「さらにジャンルを絞り込む」で「歴史・紀行」や「バラエティ」→「旅バラエティ」などにも多数登場するので、手間がかかるのが難点だ。

 一方便利なのは、リストの左にあるカレンダー・ボタンを押すとYahoo!カレンダーに予定が追加され、視聴し忘れを簡単な操作で防ぐことができる点だ。

 面倒かもしれないが、「ジャンル一覧」 http://tv.yahoo.co.jp/category/ で「民族音楽ワールドミュージック」、「旅・釣り・アウトドア」、「料理バラエティー」、「会話・語学」、「自然・動物・環境」というふうに海外旅行関連番組の範囲を拡大していくこともできる。


 年末年始の楽しみのひとつは、ウィーン・フィルの「ニューイヤーコンサート」だ。当欄の「ウィーン・フィルインターネットでライヴ中継」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20041106、「ウィーン・フィル を日本で聴く。それとも..... 」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050127で紹介したようにオーストリアの公共放送ORF http://www.orf.at/のラジオ放送サイトhttp://radio.orf.at/からÖ1 局http://oe1.orf.at/programm/を選んでインターネット生中継を聴くことができる。番組ページ“Neujahrskonzert der Wiener Philharmoniker”http://oe1.orf.at/programm/324439で、トップバーの「Live」をクリックして開く画面の左下でオーディオソフトを選択して聴くとよいだろう。

オーストリア時間の元日零時には、シュテファン大聖堂の鐘の音もDie Pummerin läutet das neue Jahr ein http://oe1.orf.at/programm/324423という番組で聴くことができるはずだ。

 年末年始のウィーンにおける音楽シーンは、当欄でたびたび紹介した“ウイーンで仕事と趣味に溺れる毎日”を綴るちょっと辛口の「たまにはオーストリアちっく パート3」http://happawien.jugem.jp/で楽しむことができるだろう。

 元日18:00には、クラシカ・ジャパンhttp://www.classica-jp.com/で、ウィーン・フィル「ニューイヤー・コンサート1974」も放送される。ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートの基礎を作ったといわれるウィリー・ボスコフスキーが、時にはヴァイオリンを弾きながら指揮したコンサートだ。

 私もウィーン滞在中の77年と78年http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20040201ボスコフスキーの指揮するニューイヤー・コンサートを立ち見で聴いたことがあり、手元に当時のプログラムも残っているので、懐かしい。


 「旅チャンネル」やBS各局のほかにも、海外旅行関連番組を多く放送している放送局がいくつかある。

「鉄道チャンネル」http://www.ex-ch.tv/tetsudo/

「ディスカバリーチャンネ」http://japan.discovery.com/index.html

「クラシカ・ジャパン」http://www.classica-jp.com/

「ナショナルジオグラフィック」http://www.ngcjapan.com/tv/

「ナショナルジオグラフィック・ワイルドhttp://www.ngcjapan.com/wild/

「ヒストリーチャンネル」http://www.historychannel.co.jp/index.html

「WOWOW」http://www.wowow.co.jp/

「Twellv」http://www.twellv.co.jp/

「BS11」http://www.bs11.jp/も海外旅行関連番組を増やし始めているようなので要注目だ。

 テレビ局のリンク集としては、HIR-NET「テレビ局リンク集http://www.hir-net.com/link/tv/、「衛星放送リンク集http://www.hir-net.com/link/tv/satellite.html を挙げておこう。

当欄関連過去記事:

09年「年末年始の海外旅行関連テレビ番組」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20091230

08年「年末年始の海外旅行関連テレビ番組 その1」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20081226

07年「年末年始の海外旅行関連テレビ番組 その1」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20071213

06年「年末年始の海外旅行関連テレビ番組 その1」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20061222


■今日のブックマーク&記事■

□トラベルビジョン記事「現地レポート、イタリアに新高速列車登場−欧州を鉄道で巡る魅力」 http://www.travelvision.jp/destination/detail.php?id=56071

□HuffPost記事 Travelzoo“Our Favorite 2012 Travel Memorieshttp://www.huffingtonpost.com/travelzoo/our-favorite-2012-travel-_b_2346807.html

2012-12-09   2008年以降の海外旅行履歴

Europedia2012-12-09

[]2008年以降の海外旅行履歴

当欄「勝手ながら更新を無期限中止」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20090520でもふれたように、当ブログは「自分自身のブックマークや備忘録としても大いに役立っていたので、自分自身のメモ帳としてときどき書き込むことはあるかと思います。ご覧いただいても意味不明の内容となるかとは思います」とお断りしている。そこで、今回は、最近忘れがちな自分自身のここ数年の海外旅行履歴をメモさせてもらう。

あらためて気づいたが、もう一年以上海外に出ていない。長崎への引っ越しにかかりっきりだったせいだが、そろそろ次の旅を計画しようかと思っている。

 2006年に当欄で、書いた「10年以内に周り終えたい“行きそびれた8つの旅”」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20061026 で、まだ済んでいないのは、「ヨルダン・シリアの古代遺跡を巡る旅」、「カストロさんの生きてる間に行きたいキューバ」、「アラン島(アイルランド)」、「シベリア鉄道横断とサンクト・ペテルブルク」、「名物列車“ザ・ガン”でオーストラリアを縦断した後、ノーザン・テリトリーの保護区にあるSeven Spirit Bayでヴァカンス」の5つの旅だ。


●2017年10月13日〜10月30日 「秋のウィーン・プラハ18日間の旅 その1」日本航空+オーストリア航空

長崎−羽田/成田(1泊)−フランクフルト−ウィーン(3泊)−プラハ(4泊)−ウィーン(8泊)−フランクフルト−機中(1泊)−成田/羽田−長崎 http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20171115

●2016年9月20日〜10月5日「初秋のウィーン・ブダペスト16日間の旅」フィンエアー

福岡〜ヘルシンキ〜ウィーン〜ブダペスト〜ヘルシンキ〜福岡 http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20161020

●2015年11月11日〜12月2日「3週間の“中欧音楽鑑賞旅行”」日本航空

長崎〜東京〜フランクフルト〜ウィーン〜プラハ〜ブダペスト〜ウィーン〜フランクフルト〜東京〜長崎http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20151213


●2015年1月8日〜1月15日「20年ぶりの香港旅行」全日空

長崎〜羽田〜香港〜羽田〜長崎 http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20150130


●2014年10月6日〜10月21日「ブダペスト・ウィーン16日間の旅」KLM

福岡〜アムステルダム〜ブダペスト〜ウィーン〜アムステルダム〜福岡 http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20141031


●2014年4月30日〜5月28日「ヨーロッパ28日間鉄道旅行」日本航空

長崎〜羽田〜パリ〜アムステルダム〜ベルリン〜プラハ〜ウィーン〜フィラッハ〜ヴェネチア〜ローマ〜フィレンツェ〜チューリッヒ〜ハイデルベルク〜フランクフルト〜成田〜羽田〜長崎

http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20140610


●2013年10月1日〜10月15日「ウィーン・ブダペスト15日間の旅」オーストリア航空

ウィーン〜ブダペスト〜ウィーン http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20131021


●2011年10月28日〜11月18日「ブダペスト・ウィーン22日間の旅」オーストリア航空

 ウィーン〜ブダペスト〜ウィーン

「ブダペスト・ウィーン22日間の旅 その1」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20111123 


●2011年2月25〜28日「青島3泊4日の旅」全日空

 「青島(チンタオ 中国)3泊4日の旅」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20110302


2010年11月9日〜12月2日「ポルトガル、アンダルシア、パリ24日間の旅」日本航空+AF

パリ〜リスボン〜ポルト〜コインブラ〜ナザレ〜ファロ〜セヴィリヤ〜コルドバ〜グラナダ〜

 マラガ〜パリ

 「ポルトガル、アンダルシアを訪ねる24日間の旅 その1」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20101206


2010年5月3日〜6月1日「ウィーン、チェコ、ハンガリー29日間」大韓航空

ウィーン〜プラハ〜イフラヴァ〜テルチ〜ブルノ〜ブダペスト〜エゲール〜ブダペスト〜プラハ

 「中欧3カ国1ヶ月の旅から帰ってきました」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20100614


2010年1月25日〜2月19日「ローマ、フィレンツェ、シチリア周遊26日間」日本航空+AZ

ローマ〜フィレンツェ〜ローマ〜パレルモ〜アグリジェント〜ラグーサ〜シラクーサ〜タオルミナ〜 トラパーニ〜ファヴィニャーナ〜エリチェ〜ローマ

 「シチリア周遊ひとり旅から戻ってきました」 http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20100228


●2009年11月18日〜28日「台湾縦断の旅」中華航空

台北〜日月潭〜台南〜高雄〜旗津〜台北

 「日月潭で湖水一周サイクリング」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20091120


●2009年7月16日〜8月27日「スイス一周の旅+フィレンツェ33日間」スイス国際航空

チューリッヒ〜フィレンツェ〜チューリッヒ〜ハプスブルク〜アッペンツェル〜ルツェルン〜

 リギ・クルム〜ロカルノ〜グリンデルワルト〜グローセ・シャイデック〜シニゲ・プラッテ〜

 ラオターブルンネン〜ミューレン〜フィーシュ〜ツェルマット〜ベルン〜フリブール〜チューリッヒ

ハプスブルク家の史跡巡りとアルプスの山歩き33日間の旅に出発」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20090726


●2009年4月10日〜5月12日「バルカン半島とウィーンの旅33日間」日本航空+LH+OS

フランクフルト〜ブカレスト〜シナイア〜モルドベネスク〜バイアマーレ〜シギショアラ〜ブラショフ〜ヴァルナ〜ヴェリコ・タルノヴォ〜プロヴディフ〜リラ〜ソフィア〜ウィーン

 「ルーマニア・ブルガリア・オーストリア33日間の旅」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20090515


●2008年11月16日〜22日「カンボジアの旅7日間」大韓航空+FT

 プノンペン〜バッタンバン〜シェムリアップ〜アンコールワット〜プノンペン

「カンボジアへの1週間の旅」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20081127


●2008年9月11日〜10月6日「オーストリア、ポーランド、チェコ、ドイツ26日間」中華航空

ウィーン〜マウトハウゼン〜ワルシャワ〜クラコフ〜アウシュヴィッツ〜カトヴィッツ〜

 ザルツブルク〜ダッハウ〜ウィーン

 「ホロコースト慰霊の旅」 http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20081014


●2008年7月6〜30日「マーラーの足跡をたどる旅25日間」日本航空/エールフランス航空+AZ

ローマ〜ヴェネチア〜カラルツォ・ピエーヴェ〜コルティナ・ダンペッツォ〜ドッビアーコ〜

 クラーゲンフルト〜シュタインバッハ(アッターゼー)〜チェスケ・ブディヨビッツェ〜イフラヴァ

 〜カリシュテ〜プラハ

 「マーラーの足跡をたどる旅」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20080805


●2008年3月11日〜4月8日「1974年の欧州鉄道旅行を再現する旅29日間」全日空

パリ〜マドリッド〜バルセロナ〜ニース〜フィレンツェ〜ヴェネチア〜フィラッハ〜ウィーン〜

 ブダペスト〜ウィーン

「1974年の欧州鉄道旅行を再現する旅」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20071005 


当欄関連過去記事:

「久しぶりのヨーロッパ旅行計画作りと手配」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20110924

「09年春 中欧旅行記 第1日目 東京からフランクフルトへ」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20090410

マーラーの足跡をたどる旅−イフラヴァとカリシュト」 http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20100924


■今日のブックマーク&記事■

□「JAL成田―ヘルシンキ線就航記念 ヘルシンキからその先へhttp://www.jal.co.jp/intltour/eur/hel/?Ma=3

□「JAL/BAエコノミースペシャル Winter」http://www.jal.co.jp/inter/fare/table/12b_eur_y_sp_winter.html 

 ヨーロッパ往復30,000円から(「燃油特別付加運賃」「航空保険特別料金」等約52,000円別)

「JAL/BAブリティッシュ・エアウェイズ(BA)との共同事業」http://www.jal.co.jp/jba/ba/

□「世界経済のネタ帳」http://ecodb.net/ 

世界各国の概要やランキングが掲載されている。

2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

  • 「ユーロペディア」トップページへ